「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

中川昭一氏の訃報に思ったこと(2)~超保守再生では日本がアブナイ!+sports

これは、『中川昭一氏の訃報に思ったこと(1)~有能な政治家
ながら、父の影響と超保守思想が・・・
』のつづきです。

最新の記事10個は欄外に。9月分は、コチラ
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 まず、台風で、被害を受けた方々には、お見舞いを申し上げ
ます。家屋などの被害もそうですけど。何ヶ月も手塩にかけて
育てて来た農作物が被害にあう光景を見るのはつらいです。

 東京は、コースをそれたので、さほど風雨もすごいとは感じず、
さしたる被害はないと思っていたのだが。23区内でも、何箇所か
で、太い枝が折れたり、木が倒れたりしているのを目撃。知人宅
の近くでは、電柱が折れたという。思ったよりも被害があった
ようで、改めて、今回の台風の威力に驚かされた。(@@)

 楽天ジャパン・オープン、クルム伊達公子選手は、単複とも
2回戦に勝利。<単は何と15歳の少女・・・本人いわく「自分の
次女ぐらいの年齢」との対戦だったですぅ。(・・) 関連記事コチラ
また日本選手では、シングルスで森田あゆみ選手、奈良くるみ
選手なども残っている。p(*^-^*)q がんばっ♪

 石川遼選手が、世界選抜の一員として臨むプレジデンツ。
カップで、何と初日、米国選抜のタイガー・ウッズ選手と対戦する
ことに決まったとのこと。<初日は、2人1組のチーム戦>
 こちらも楽しみだ。p(^-^)q 関連記事コチラ

* * * * * *
 
昨夜は、中川昭一氏のお通夜が行なわれて。自民党だけでなく、
他党も含めて、多くの政治家や、識者、支持者など3000人が
参列したという。東京は、午後には台風が去って、雨が上がった
のは、せめてもの幸いだった。
 お通夜に先立って、中川氏のひつぎを乗せた車が自民党本部や
国会、財務省などを回って、最後の別れを告げたそうだ。

 (1)にも書いたように、mewは、中川氏を頭脳明晰&勉強家
で、とても有能な政治家だと思っていたし。亡くなった後、TVで
「十勝の伝統でもある『ばん馬』は残さなければならない」と熱く
語る映像を見て、改めてばんえい競馬の存続に力を尽くしてくれた
ことに感謝したのだけど。

 ただ、それが父・一郎氏の影響なのかどうかわからないが。
<一郎氏は、石原慎太郎氏と共に、自民党内でも最右翼・タカ派と
言われた「青嵐会」というグループを作って、活動していた。>
 中川氏は、戦後体制を否定し、中朝を敵視する超保守的な
思想の持ち主だったこと、同じ思想の持ち主と日本の国家体制
や憲法9条を、教育などを変えようとしていたことから、mewとは
国家観、政治理念が完全に相容れない部分があった。(-"-)

 そして、mewは、今回の中川氏の突然の死によって、超保守
の仲間たちが、改めて自分たちの志を確認し合うと共に、政界
再編も視野に入れて、超保守系議員を集めたり、新憲法制定
などの政治活動を強めるのではないかと懸念しているところ
がある。(・・)

 中川氏は、近時、このブログに何十回(もっとかな?)か登場
したであろう日本会議系の超保守グループ「HANAの会」(平沼、
麻生、中川、安倍)の一員として活動していたのだが。<本人は
冗談めかして「AHA~Nの会」と呼ぶこともあったけど。^^;
そういうおちゃめな部分もあった人だった。(・・)>
 
 そのメンバーが中川氏の急逝の報を受けて、自宅を弔問し、
口々に「保守再生」に関して語っていたのが、印象に残った
からだ。

<注・「超保守」というのは、戦後体制や戦後憲法に否定的で、
戦前の国家体制など復古的な要素や靖国信奉などが強い保守
思想を、一般的な保守思想と区別するためにmewが作った言葉。
彼らは、自分たちこそが本当の正しい保守だと自負していること
から「真の保守」「真正保守」などと称している。>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 安倍晋三氏は、年齢が近いこともあり、弟分のような存在で、
以前から一緒に活動することが多かった。

 97年には、共に「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の
会」を設立。慰安婦問題や南京大虐殺、そして村山・河野談話など
を否定して、談話の撤回や新たな歴史教科書作りに取り組んだり、
センター試験の問題に疑義を唱えたりしていた。(コチラ参照)
また、NHKの慰安婦関連の番組編集に介入したとも言われている。
<今は「~考える議員の会」。8月までは、中山成彬氏が会長を
務めていて、日教組批判や田母神講義などを行なっていた。>

 その安倍氏は、このように語っていたという。
「安倍内閣の政調会長として、教育再生をはじめ、さまざまな
分野で大きな力を発揮してくれた」と。<東京新聞5日より> 

「本当、本当に残念だ。昭一さんを失ったことは大きな損失だ」
<10日前に電話があって>「元気そうで『保守再生のために
安倍ちゃん、がんばろう』と言っていたのだが…」
「あの件(朦朧会見)さえなければ、今ごろ昭ちゃんが自民党
総裁だった」<以上、産経新聞4日より>

 また、つい今春まで、麻生内閣で共に活動していた麻生太郎氏
は、訃報を知って、地元・福岡から急遽、帰京。
『羽田空港で記者団を前に「すごいショックだ。保守の理念を再生
するのに最も期待されていた人物だ。自民党にとっても大きい
ダメージだ」と硬い表情で語った』という。<産経新聞4日より>

<ちなみに麻生氏を支える超保守議員のグループは、NASAの
会(中川、甘利、菅、安倍)と呼ばれることがあった。>

 さらに、超保守派のリーダーである平沼赳夫氏は、「彼のような
純粋な保守の人が、少しでも活躍してほしいと思ってまして。本当
に残念な気持ちでいっぱいです」と。<FNN4日より>

 中川氏は選挙後、平沼氏にも電話をしたそうなのだが。『「新しい
正しい保守の流れをつくろうと意気投合した。連絡を密にしてやろう
と言っていたので、非常に残念」と肩を落とした。<東京新聞5日
より>』

 平沼氏は05年に自民党を離党後も、日本会議の議員懇談会の会長
を務めるなどして、自民党内の同志の議員と共に活動。07年には、
中川氏が会長になった「真・保守研究会」の設立にも協力していた。

 彼らは、自民党内外から同志の議員を集めて、超保守的な国家観を
軸にする形で、大きな政界再編を起こすことを目指していて。近い
うちに集まろうという話も出ていたようなのだが。
 その矢先に、今回の中川氏の急逝の報せがあったのだ。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 中川氏は、平沼、安倍氏らと、拉致問題の議員連盟の活動を
積極的に行なっていて。早くから、拉致被害者の相談に乗っていた
ことは、評価したいと思うのだが。
 ただ、「20年くらいの間に、日本は(中国に占領されて)、中国
の何番目かの省になるかも知れない」とか、日本も核武装の議論を
すべきだなどと、中国や北朝鮮の脅威論を煽るところもあった。

 彼は、HPで何回も「日本が危ない」と警告している。

『民主党の政策では、国家・歴史・伝統・文化が崩壊させられるし、
安保保障政策もない。財源無視で、国民にはバラマキ、国は
旧社会主義系公務員労組が全て支配する。ローマ帝国や
ナチス・ドイツの様な「パンとサーカス」、「アメとムチ」、毛沢東
中国のような「ムチと貧困」の国家になってしまう。

 内外のネットは「マスゴミ」「鳩左ブレー」とどんなに叫んでも、
マスコミは「毒入りヤミ鍋」にどんどん薪をくべ、ぐつぐつ煮立てて
国民に一生懸命食べさせようとしている。日本が衰退すれば、
マスコミ経営だって困るのに。まさに自虐的だ。
 「毒入りヤミ鍋」は否定・修正・まやかしで器が次々と変わる。』

 亡くなった人には申し訳ないが、mew的には、もうネトウヨの
ブログを見ているかのような気持ちにさえなってしまうとこがある。
 でも、政権与党の中枢にあった者が、仲間たちと、本気で、
このようなことを唱えて、国政を行なっていたのである。(-"-)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 


 中川昭一氏は、総選挙後、9月14日に自分のHPにアップした
最後の文「選挙が終わって―『十勝・日本が危ない』」に、この
ような言葉を残している。

『自民党の原点は「保守」なのだ。そして今こそ原点に戻るべき
なのだ。

 「保守」とは守るべきものを守り、保守すべきために改革する。
そして国民の活力に期待して成長のための戦略を描く。リベラリズム、
ポピュリズム政権とどう区別し、対抗していくか。しかし、前進―
地球の中で生き残り、真に国民を守るために何をなすべきか。と
言った議論が全く欠けている。

 私を含め、「保守」議員の多くがいなくなったが、まだ残って
いる。彼らがいかに保守の旗印をもう一度立て直し、日本を守り、
真の意味で国民を守るかを真摯に議論してほしい。心ある国民は
それを是非応援してほしい。
 自民党は末期的だが、今こそ日本の保守の軸を改めて確立する
ために全力を尽くすべきだ。さもなければ、日本は世界の中で埋没
しながら自壊してゆく。』

 これを読んで、尚更に、その志を強くする政治家や、保守再生を
支援しようとする人たちがいるかも知れない。(・・)

*****
 
 mewは、世の中に色々な考えの人がいてもいいと思う
けど。国政となれば、話は別だ。
 そして、このような考えの人たちが、政府与党であった自民党
の中枢にいて、日本の外交、安保、教育などの重要な国政を
司っていたことに大きな危惧感を覚えていて。そのことを最も
警戒して、このブログで「日本がアブナイ!」と訴えて続けていた
ところがあった。(**)

 彼らは戦後レジームからの脱却を望んでいるが。mewは、
平和&自由、民主主義を貫いて来た、日本の憲法精神&
戦後の体制を守りた続けたいからだ!(・・)

 そして、今、ようやく政権交代が実現して、自民党が与党では
なくなったこと、また自民党内の超保守派の議員がかなり落選して
党内でも勢力を伸ばすのが難しそうに見えることから、チョット、
ほっとしていることはあるのだが・・・。

 今までも、超保守思想の国民なんて、全国民の1~2割いるか
いないかの少数派なのに、超保守派の議員が自民党政権を牛耳って
いたし。経団連を中心に大企業のTOPの中に、彼らと同じ思想の
人たちがいたり、経済的利益のために、憲法9条改正&軍事拡大
(武器輸出規制緩和)を望んで、彼らを支援したりする人たちが
いることを考えると、決して油断はできないと思うところがある。

<経団連の御手洗会長は、安倍元首相の「美しい国、日本」構想
に合わせて、「希望の国、日本」という御手洗ビジョンを発表。
憲法改正や教育再生などを掲げていたりするし。(>_<)>

* * * * *

 中川氏は、最後の文をこう結んでいた。

『私は今後新たに決意を持って進んでいきます。発信していき
ます。「日本が危ない」から。』

 別に中川昭一氏にケチをつけたり、彼に対抗しようとしたり
する気はないのだが・・・。

 でも、mewは、自分が大切に思っている現憲法の精神
<自由&民主主義、平和主義、人権尊重>や、それを守って
築かれて来た戦後体制を否定されたくはないし。
 戦後体制を壊そうとすること自体に、「日本がアブナイ」と
いう危惧感を抱いてしまうわけで。(**)

 だから、このブログを通じて、今後も発信して行かなければ
ならないな~と。そして、多くの人たちに警戒警報を送り続け
なくてはいけないな~と。そうしないと、日本がアブナイから!
・・・と新たに決意をしたmewなのだった。(@@)

                    THANKS
  
【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内がアブナイかも?^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑こちらもTOP10がアブナイ?アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 


  
[PR]
by mew-run7 | 2009-10-09 07:01 | 自民党について | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/11320748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from お玉おばさんでもわかる .. at 2009-10-09 08:37
タイトル : 神戸市長選挙は「かしのたかひと」さん
はい、久しぶりです。東京新聞の伊勢崎さんネタを書くつもりが、新聞を家に持ち帰るのを忘れてしまい・・残念。後日この件は記事にするとして・・・・最近、お玉が記事をお休みしている間も、神戸市長選挙で検索ぎ..... more
Tracked from 護憲+グループ・ごまめの.. at 2009-10-09 17:37
タイトル : 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次
09年10月9日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞・1・2頁{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政策・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・政策・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・気になる短記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 5・ TVから連立危機{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... more