「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

黒を白、あるものをなきものに..
at 2017-05-27 04:41
与党が前川招致に応じず&民進..
at 2017-05-26 04:58
前次官が加計問題について会見..
at 2017-05-25 18:56
加計文書、前文科次官が信憑性..
at 2017-05-25 04:46
共謀罪、おぞましかった強行採..
at 2017-05-24 06:52
安倍も大西もつける薬がない!..
at 2017-05-23 02:38
安倍政権がやりたい放題できる..
at 2017-05-22 02:35
淳、松尾貴史、佐野元春なども..
at 2017-05-21 02:18
加計文書~関係者が信憑性、存..
at 2017-05-20 03:57
加計が獣医学部にこだわるわけ..
at 2017-05-19 02:56

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米大統領初の弾劾の可能性..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
時代遅れも甚だしい・今に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の脅威が日本に戸波..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
非人道兵器クラスター爆弾..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
百年後のチェルノブイリは..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
マスコミ 101 アメ..
from 邪馬台国 下関
ソフトバンクが巨額投資フ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
内閣支持率3ヶ月連続の減..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
尖閣諸島を固有の領土と日..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アベンドゲート疑惑で、今..
from 51%の真実

最新のコメント

コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30

ブログパーツ

タグ

(1220)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(151)
(149)
(146)
(143)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

アフガン戦略&増兵に揺れる米オバマ政権&米国民

最新の記事(10個)のコーナーは右欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。

 来月12日には、オバマ大統領が初めて来日する予定なのだが。

 米政府は、鳩山政権に、大統領訪日までに、普天間基地の移設の
問題や、インド洋での海自の給油活動を中止した後の代替策に
関して、鳩山政権に決断を下しておくように、かなりの圧力を
(脅しも?)かけて来ていて。
 今、鳩山内閣が大きく揺れている。(-"-)

 近日中に、この件について書くつもりでいるのだけど。
 その前に、実は、米オバマ政権も、アフガン戦略で揺れている
・・・という話を書いておきたい。(@@)

* * * * *

 米ブッシュ政権が、いわば9.11NYテロ事件の報復のような
形で、アフガンの攻撃を始めてから丸8年。

 当初は、NYテロ事件を起こしたアルカイダを攻撃&捕獲する
はずだったのだが。それをかくまった&アフガンを支配していた
タリバンを攻撃をすることに主眼が移り・・・。
 米国側は、とりあえず、中央政府の政権は取り戻したものの、 
タリバンは一度は衰退しかけた勢力を回復しつつあり、いまだに
戦況に終わりが見えないままだ。(-"-)

 米国では、アフガンに駐留していた外交官が、アフガン戦争に
抗議して辞職したというニュースが大きく取り上げられている。

『辞任したのはアフガン南部ザブール県に駐在していたマシュー・
ホー元米上級代表(36)。9月10日付の辞表で、「アフガンにおける
米国のプレゼンスの戦略目的に対する理解と自信を喪失した」と
説明。米軍の存在こそが抵抗運動を活発化させていると指摘した上
で、米国が犠牲を払う価値のない戦争だと結論づけている』という。
<時事通信27日より>

『ザブール州は反政府武装勢力が活発な地域。米メディアに対して
ホーさんは、武装勢力の戦いは「地元意識」に根ざしており、米軍
など国外からの軍隊の存在そのものが活動理由になっていると指摘。
アフガン・パキスタン担当のホルブルック特別代表の慰留を振り切り
辞職した。』
『オバマ大統領が「必要な戦争」として、米軍の追加増派を検討する
中、現状を熟知する外交官の辞職は米世論にも影響を及ぼしそうだ。』
<毎日新聞27日より・全文*1>
 
* * * * *  

 NYテロ事件に関して、何の罪もないアフガンの一般国民は、
米国が丸8年も国土を攻撃し続けて、何万人もの同胞が殺傷され
たり、生活の場を失って難民化したりしていることに、大きな
怒りを感じている。このままでは、戦争がいつ終結するのか、
国土をいつ復興させられるのかの出口も見えず。若い人たちを
中心に反米感情が広がっている上、仕事もないことから、近時は
タリバン兵に協力する者が増えており、それが尚更に、米国の
状況を困難にしているという。(ーー)

 米国内では、アフガンの一般国民まで敵に回し、泥沼化して、
出口の見えなくなっている状況を見て、「ベトナム戦争の二の舞
になりつつある」と嘆く人たちが出始めている。
 この苦境を打開するために、国防省は、兵士の増派を強く要請
しているのだが。米国民の世論も二分されていて、オバマ大統領も
なかなか今後の戦略について決断を下しにくくなっている感じが
ある。(~_~;)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

『米紙ワシントン・ポストによると、マレン議長らはこのほど、
4万4千人増派と、1万~1万5千人増派の2つのケースについて、
極秘のシミュレーションを行った。マクリスタル司令官はタリバン
を人口集中地域から排除し治安維持にあたるためには、4万4千人
が必要だと主張している。

 1万~1万5千人の増派の場合は、路上爆弾の処理など支援部隊
としての役割と、アフガン軍育成にあたる。ただ、この場合、
タリバンからアフガン南部などの支配権を奪還することは短期的
には困難だという。<産経新聞29日より>』

『オバマ米大統領は26日、アフガニスタンへの米軍追加増派に
ついて、結論を急ぐつもりはないと明言した。
 米政権のアフガン政策をめぐっては、迷いがあると批判する声も
出ている。また、アフガニスタンではこの日、軍用ヘリコプターが
相次いで墜落し、米国人14人が死亡していた。(中略)

 アフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官は、現地への増派
は最低でも4万人が必要と要請。オバマ大統領はこれを踏まえ、
アフガン戦略の練り直しを行っている。
 しかし、アフガン戦争に対する世論の支持には陰りが見られ、
民主党内でも増派の是非で意見が分かれていることから、オバマ
大統領は政治的に難しい選択を迫られている。<ロイター26日
より>』

* * * * *

『21日付の米紙ワシントン・ポストによると、ABCテレビとの
合同世論調査で、アフガニスタンへの4万人規模の米軍増派について、
49%が反対、47%が賛成し、世論を二分する結果となった。

 オバマ大統領のアフガン政策を支持すると回答した人は45%で、
9月から10ポイント減少した。今年4月は63%だった。また、
オバマ政権が明確なアフガン戦略を持っていないと答えた人は63
%にのぼり、不満の高まりを示した。一方、調査に答えた人のうち
3人に1人は、アフガン戦争がベトナム戦争のように泥沼化しつつ
あるとの認識を示した。<毎日新聞22日>』

『米メディアによると、7日には全米各地で40件余りの反戦デモ
行進などが行われた。全米25大学の学生組織も同日、各地でイベ
ントを開催した。一方、イラク・アフガン戦争では一貫して増派の
必要性を訴えてきた共和党のジョン・マケイン上院議員の地元、
米西部アリゾナ州フェニックスでは、約50人がマケイン氏の
事務所前で、「戦争は8年に及ぶ。もうたくさんだ」などと叫んだ。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、米国の戦争で最長は102
カ月のベトナム戦争。これに18世紀の独立戦争(100カ月)、
アフガン戦争(96カ月)、イラク戦争(80カ月)が続く。
<毎日新聞9日>』

* * * * *

 アフガニスタンの戦況は、どんどん悪化している。

 来月には、大統領の決戦投票が行なわれることになり、その阻止
を意図してのテロ事件も頻発している。

『タリバンは28日、複数のメディアに「この日の攻撃は第一歩。
警告した通り、決選投票を妨害する」との犯行声明を出した。
タリバンは先週末、ロイター通信に送信したとされるメールで
「選挙プロセスを失敗させるために、すべてのムジャヒディン
(イスラム戦士)が敵の拠点で攻撃を行う」と、決選投票を妨害、
威嚇することを宣言していた。』

『首都カブールの中心部は厳重な警備が敷かれているとされるが、
テロは後を絶たない。8月には国際治安支援部隊(ISAF)の
本部前で自動車爆弾テロがあり、7人が死亡し、100人以上が
負傷した。9月にはISAFの車列が狙われ、イタリア軍兵士6人
が死亡。10月にはインド大使館の周辺で17人が死亡する自爆
テロが起こっている。厳重な警備の網をかいくぐって、標的に近づき
自爆テロを決行するケースが相次いでおり、治安当局は本腰を入れ
警備体制を見直し強化する必要がある。

 米軍など外国部隊に対するタリバンの攻勢も強まるばかりだ。
27日には米兵8人が死亡し、米国の民間組織によると、10月の
月間の死者数は54人となり、2001年のタリバン政権崩壊後、
最悪となった。大統領選の第1回投票が行われた8月の死者は51
人だった。』<以上、産経新聞29日より>

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
小休止で「クリック・コーナー」を。( ^^) 旦 socha desuga・・・
「今は最後まで読む時間がない」「長文を一気に読むのは、しんどい!^^;」
「でも、応援クリックはしてあげようかな」という方は、コチラで。
<できれば、あとで時間がある時に、残りも読んで下さいね~。(~~)>

人気blogランキング ←より多くの人に読んで頂けるように、ご支援を!(~~)
   
にほんブログ村 ←お手数ですが、もうワンクリック。よろしくです。(・・)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

『ケリー上院外交委員長(民主党)は27日、オバマ大統領が増派
に関する決定を、来月11日から日本などを歴訪する前に発表する
との見通しを示した』という。<産経新聞29日より>

 現段階では、オバマ大統領は、4万人規模の増派は見送り、人口
集中地域10カ所を重点的に防衛するために1万数千人規模の増派
にとどめることを考えているようだ。

『増派される兵力の人口集中地域への重点配備は、住民の安全対策
を重視するアフガン駐留米軍のマクリスタル司令官と、大規模増派
に反対するバイデン副大統領との折衷案。イスラム原理主義勢力
タリバンを、米国への直接的な脅威はないとして完全に掃討する
ことは断念し、国際テロ組織アルカーイダへの攻撃を強化する』
ものだという。<同上>

* * * * *

 戦争大好きだったネオコン(新保守)タカ派のブッシュ政権が、
国民に「NO!」を突きつけられて、ちょうど1年。

 オバマ民主党政権に代わってから、米政府も、米国民も、色々
と苦悩して、揺れながら、だんだんと現実を見つめて、また過去
の過ちを繰り返さないようにと考えて、新たな方向を模索し
始めている感じがある。(・・)
 
 そして、日本も政権が代わったからには、もう一度、日米同盟
や安保防衛、軍事のあり方を見つめ直すことが必要なのではない
だろうか?(**)

<アフガン支援のあり方も、しかり。今、必要なのは、テロとの戦い
よりも、いかにアフガンの国土や経済、産業を復興させて、教育や
医療を充実させて、一般国民にまともな仕事や生活を取り戻させる
道を作るかということなのだ。(++)>

 何分にも、近年、自民党政権では、米ブッシュ政権べったりの
超保守、保守タカ派が中心となって安保防衛政策を担っていて。
国民の意思などそっちのけで、米国とアレコレ計画をしたり、
お約束をしたりして来たこともあって、すぐに全てを変えるには
難しい部分もあるのかも知れないし。
 鳩山内閣も、色々と揺れることがあっても致し方ないところが
あるかも知れないとも思うのだけど。(~_~;)

 でも、ここは日本にとっても重大な岐路になるだけに、どうか
過去の過ちを決して繰り返すことがないように、鳩山政権には、
米国の圧力に簡単に屈することなく、ぐっと一歩踏みとどまって、
慌てずによ~く考えて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つとも
クリックして頂けると、有難いです。・・・組織票はなく、記事を
読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓50位以内がアブナイかも?^^; 応援して下さいませ。m(__)m

人気blogランキング
   

にほんブログ村
 
↑こちらもTOP10がアブナイ?アツい応援を、よろしくです。m(__)m



 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「おわらんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 






<米外交官>辞表に波紋 アフガン戦争に抗議
10月28日11時9分配信 毎日新聞

 【ワシントン草野和彦】「アフガニスタンにいる戦略的目的への理解と自信を失った」。アフガンで復興作業を担当し、9月に辞職した米外交官が、提出した辞表の中でアフガン戦争に強く抗議していたことが分かり、米メディアが大きく取り上げている。オバマ大統領が「必要な戦争」として、米軍の追加増派を検討する中、現状を熟知する外交官の辞職は米世論にも影響を及ぼしそうだ。

 元外交官はマシュー・ホーさん(36)。海兵隊大尉を経て、国防総省からイラクに派遣され、最大5000人のイラク人を使い、復興作業を指揮した経験がある。ホーさんは今年3月、1年契約で国務省に入り、アフガン南部ザブール州で上級代表として復興チームを率いていた。

 ザブール州は反政府武装勢力が活発な地域。米メディアに対してホーさんは、武装勢力の戦いは「地元意識」に根ざしており、米軍など国外からの軍隊の存在そのものが活動理由になっていると指摘。アフガン・パキスタン担当のホルブルック特別代表の慰留を振り切り、辞職した。

 オバマ大統領が掲げるアフガン戦争の目的は、国際テロ組織アルカイダの壊滅。最大4万人とされる追加増派を巡る米政府内の議論は、反政府武装勢力タリバンも掃討の対象にするかが焦点になっている。ホーさんの辞職は、追加増派に慎重な意見に一定の正当性を与えることになる。

 ホーさんは今週、「慎重派」の代表であるバイデン副大統領の外交顧問と面談することになっている。
[PR]
by mew-run7 | 2009-10-29 10:15 | 平和、戦争、自衛隊 | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/11466697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]