「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15
安倍が朝日攻撃で大暴走~森友..
at 2018-02-15 04:07
安倍、労働裁量制でデタラメな..
at 2018-02-14 05:00
安倍シンパ・百田の朝日攻撃が..
at 2018-02-13 06:33
暴言大王の足立、ついにアウト..
at 2018-02-12 03:40
佐川は虚偽答弁の疑い濃厚。財..
at 2018-02-11 07:21
森友答弁は、佐川に指示した上..
at 2018-02-10 04:39
産経、フェイク記事で謝罪~沖..
at 2018-02-09 03:27

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本経済に暗雲・9日午前..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
他人事ではない台湾東部の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米トランプ大統領のアメリ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47
mewさん、12月16日..
by xtc4241 at 07:51

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(275)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小沢、強制起訴の内容の要旨+小沢弁護団&検察役の指定弁護士の会見

More部分に、指定弁護士の会見(一問一答)を追記しました。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 今日から2月だ~~~。(・o・)

 ここから3月末にかけて、恐ろしく忙しくなりそうで、かなり
ブル~なのだけど。(-"-)
 なのに、チョット体調がイマイチ。・・・風邪なのか。それとも、
ついに、花粉症になってしまったのか?(@@)

<今年は、去年の5~10倍も花粉が飛ぶのだとか?^^;>

 そして、この2月は、政界の方も、小沢氏の強制起訴を契機に、
大きな動きがあるかも知れない。(・・)

* * * * *

1月31日、民主党の小沢一郎氏が東京地裁に、政治資金規正法
違反(虚偽記載の罪の共謀共同正犯)で強制起訴をされた。(-"-)

 政治家が、検察検察審査会の2度の起訴相当の議決により、強制
起訴をされるケースは初めてのことだ。

 ここには、起訴された事実の要旨と、小沢氏の弁護団&検察役
の指定弁護士の会見を報じた記事をアップしておきたい。

* * * * *

起訴内容の要旨


【第1】


小沢一郎被告は、自己の資金管理団体である陸山会の会計責任者
であった大久保隆規被告と、その職務を補佐する者であった石川
知裕被告と共謀の上、平成17年3月31日ごろ、東京都新宿区
の東京都選挙管理委員会において、

 (1)陸山会が16年10月12日ごろ、小沢被告から4億円
の借り入れをしたにもかかわらず、これを16年の収入として
計上しないことにより、同年分の政治資金収支報告書の「本年の
収入額」欄に、これが5億8002万4645円であったとの
虚偽の記入をし、

 (2)陸山会が16年10月5日と同月29日、土地取得費等
として計3億5261万6788円を支払ったにもかかわらず、
これを同年の支出として計上しないことにより、真実の「支出
総額」が4億7381万9519円であったのに、収支報告書の
「支出総額」欄に、3億5261万6788円過小の1億2120
万2731円であったとの虚偽の記入をし、

 (3)陸山会が16年10月29日、東京都世田谷区深沢8丁目
の土地2筆を取得したのに、これを収支報告書に資産として記載
せず、収支報告書を都選管を経て総務大臣に提出し、もって収支
報告書に虚偽の記入をし、記載すべき事項を記載しなかった。

【第2】

 小沢被告は、大久保被告と、その職務を補佐する者であった池田
光智被告と共謀の上、18年3月28日ごろ、都選管において、

 (1)陸山会が17年中に土地取得費等として計3億5261万
6788円を支払っていないにもかかわらず、これを同年の支出と
して計上することにより、真実の「支出総額」が3億2734万
7401円であったのに、同年分の収支報告書の「支出総額」欄に、
3億5261万6788円過大の6億7996万4189円で
あったとの虚偽の記入をし、

 (2)陸山会が前記土地2筆を取得したのは16年10月29日
であるのに、収支報告書の「資産等の項目別内訳」の「年月日」欄
に取得年月日が17年1月7日であるとの虚偽の記入をし、収支
報告書を都選管を経て総務大臣に提出し、もって収支報告書に虚偽
の記入をしたものである。

<産経新聞1月31日>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 小沢氏の弁護団の会見&検察役の指定弁護士に関する記事を
こちらに。

『国民の判断により起訴が決まった小沢一郎民主党元代表(68)
が31日、ついに被告の立場となった。検察審査会の「起訴議決」
公表から約4カ月。検察官役の指定弁護士3人と小沢被告の弁護団
は同日、それぞれ記者会見に臨んだ。法廷で対決することになる
両者の発言は“前哨戦”の様相。いずれも刑事裁判の経験豊富な
顔触れで、「敏腕弁護士」同士の激しい攻防が予想される。


「完全無罪を明らかに」


 「ご本人の希望も、一日も早く無罪判決を取ってほしいという
ことだと思う」

 小沢被告の弁護団は31日午後5時から東京・霞が関の司法記者
クラブで会見に臨み、主任弁護人に就任する弁護団長の弘中惇一郎
弁護士(65)は、そう言って口元を引き締めた。

 これまで「徹底抗戦」を標榜(ひょうぼう)してきた弘中氏は
無数のフラッシュを浴びながら、「罪になるようなことはない。
(元秘書3人との)共謀もない」と強調。小沢氏自身が融資申込書
や約束手形に署名・押印をしていることなども「合理的な説明は
付くと思う」と自信を見せ、「一日も早く完全な無罪を明らかに
したい」と決意を新たにした。

 「検察さえ起訴しなかったものと戦うことはなかった」。郵便
制度不正事件で無罪が確定した厚生労働省元局長の村木厚子さん
の弁護人を務めたほか、「ロス疑惑」事件などで被告らを無罪に
導き、法曹界で「無罪請負人」と呼ばれてきた弘中氏は、「弁護士
同士」が激突することになる今回の事件をこう表現した。

 「指定弁護士が(強制起訴は)無理だと言ってくれるのではない
かという気さえした」と余裕を見せる場面もあったが、起訴議決に
ついては、「有罪判決を得られる高度な見込みが存在しないことを
事実上認めながら、『裁判で黒白をつけるべきだ』というのは、
人権を考えると適切か疑問だ」と痛烈に批判。「この事件が検察
審査会法を見直すきっかけになる予感がする」と言い切った。

 昨年10月に公表された起訴議決で、告発事実にない、土地購入
の原資となった小沢被告からの借入金4億円の不記載についても
「犯罪事実」と認定し、起訴事実にも盛り込まれたことについて
は「2度の(起訴)議決という要件も満たしていない」と反論
した。


「法曹の良心に恥じぬ」


 「小沢氏を起訴することは、法曹としての良心に恥じないと
思っている」。指定弁護士3人は31日午後3時半から東京・
霞が関の司法記者クラブで記者会見。中心の大室俊三弁護士(61)
は起訴の感想をこう語り、公判に向けた決意をにじませた。

 会見には約60人の報道陣が出席。昨年10月22日の指定
弁護士の選任から約100日、1月18日に小沢被告に聴取要請を
拒否されてから10日以上が経過した。

 結果的に国会会期中の起訴となったが、大室氏は「記録に目を
通していく中でいつごろなら起訴できるかと考え、きりのいい日と
いうことで今日となった」と説明し、政治的な配慮を否定した。

 村本道夫弁護士(56)は「小沢さんも政治家として速やかに
公判を進めたいという希望があるだろう。私どもが(準備不足で)
足を引っ張らないようにと考えた」と語った。

 会見では、検察が2度不起訴とした事件を有罪に持ち込む自信が
あるかという点に質問が集中。村本氏は「弁護士なりに(検察とは)
違った目から(事件を)見られた」と述べ、山本健一弁護士(47)
は「検審の議決に従って、有罪判決を得られるように取り組みたい」
と慎重な様子で語った。

 政治家の事案としての難しさを問われると、3人は「政治家
だからといって特に意識することはない」と声をそろえた。

 一方、水谷建設からの裏献金疑惑を公判で立証するかについては、
大室氏は「現段階ではお答えできない」とだけ述べた。裁判で争点
となる借入金4億円の不記載を起訴内容に含んだ理由についても、
「議決通りに起訴し、裁判所に委ねるのが職責。私どもの判断で
削るのは制度の趣旨に反する」と淡々と語った。
<産経新聞1月31日>』

  More部分に、指定弁護士の会見(一問一答)をアップして
おくが・・・。
 小沢氏の弁護団は、無罪を勝ち取ることに、かなりの自信&
強気の姿勢を見せているのだけど。
 検察役の弁護士の方は、東京地検による問題性のある取調べ
のために(自分たちのせいではないんだけどね)、当初、有罪の
立証に使おうと考えていた証拠が、どこまで使えるかわからない
状況になってしまったこともあって、何だか、厄介な仕事を引き
受けてしまったな~と感じているかも知れない・・・と、思って
しまったmewなのだった。(@@)

                  THANKS

       


【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】

  ↓ まずは、ポチっと応援クリックを。 m(__)m
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ さらに、ポチっと、もう一押しを。m(__)m




 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。
 






『大室弁護士ら3人の記者会見は31日午後、約30分にわたって、東京・霞が関の司法記者クラブで開かれた。

 起訴の感想を尋ねられると、大室弁護士は「ようやくここまで来た」「ほっとしている」と答え、山本健一弁護士は「これから裁判の本番が待っている」として、「さらに気を引き締めて頑張っていかねば」と述べた。

 有罪に持ち込むための捜査ができたかという質問には、山本弁護士は「できたと思う」と答えたが、ほかの2人の弁護士は「私たちの職務というのは、必ずしも、有罪だと確信したから起訴するのではなくて、起訴するのが法令で決まっており、その中で、起訴しない条件はなかった」(村本道夫弁護士)、「有罪を獲得できると思ったから起訴したというよりは、(検察審査会で)起訴が議決されたから起訴した、ということ」(山本弁護士)と述べるにとどめた。

 小沢議員は起訴内容を否認しており、その秘書たちも公判で否認する見通しとなっているが、村本弁護士は「今までの(秘書たちの)供述も支えかもしれないが、それ以外の多くの事実を立証材料として考えている」と説明した。


 記者会見でのやりとりの概略は次の通り。


 ――率直なご感想を。


 大室弁護士: ようやくここまで来たのかなというのが一つと、むしろ、これから始まるんだな、という感想です。途中、なんていいますか、いろんなことがこの間ありましたけど、やっとここまで来たということで、ほっとしている。




 村本弁護士: 最初はどういうふうにいろんな作業をしていったらいいのか、よくわかりませんでしたけど、3人で論点を詰めて、一里塚にしか過ぎませんけれども、ここまで来たというのは、ほっとしております。


 山本弁護士: 起訴するというのは、一つの、大きく、かつ、重要なステップだとは思いますけども、これから裁判の本番が待っているわけで、さらにしなければならない作業も待ってますので、これからさらに気を引き締めて、頑張っていかなければならないと思ってます。


 ――東京地検特捜部が不起訴にした事案です。補充捜査をされて、証拠などに目を通したわけですが、有罪に持ち込む自信というか、有罪の部分を埋めることができたのかお聞きしたい。


 大室弁護士: 結論から言えば、私は、できたと思っております。


 村本弁護士: 私たちの職務というのは、必ずしも、有罪だと確信したから起訴するのではなくて、起訴することが法令で決まっておる。その中で、起訴しない条件はなかった、と判断したから起訴したということです。弁護士は弁護士なりに(東京地検特捜部とは)少し違った目から見れたかなという思いはあります。


 山本弁護士: 私も別に有罪を獲得できると思ったから起訴したというよりは、起訴が議決されたから起訴した、ということではありますけども、ただし、検察官の職務を行う弁護士としてこの事件にあたるわけですから、当然、検察審査会の議決に従って有罪判決が得られるよう、できるだけのことをしたいと思っております。


 ――今まで「政治的な影響に配慮しない」とおっしゃっていましたが、きょう起訴するに至った理由を教えてください。


 大室弁護士: ある程度記録に目を通した段階で、いつ頃なら起訴ができるだろうかということから、あとは、きりのいい日ということで今日という判断になった。記録を検討する中で決まってきた日程ということです。


 ――小沢さんからの借入金4億円が起訴事実に入った。起訴状に盛り込むことにしたのは?


 大室弁護士: 私たちは、起訴議決に記載された犯罪事実を起訴するようにというのが職責なので、その中で独自に我々の判断で、これはとうてい起訴できない、法律上できないというのがあれば別だが、そうでなければその通りの事実で起訴して裁判所の判断に委ねるのが職責。被告人からの4億円というのが我々独自に削ってよいものだとは理解できなかったということで、公訴事実に含めた。


 ――4億円は起訴議決を尊重するということだと思いますが、判例の検討などをした?

 大室弁護士: 法的、事実上の検討経緯は話せないが、私どもなりに検討し、私どもだけでそれを外して裁判所の判断を仰がずに終えてしまうのは今の検察審査会の強制起訴の制度の趣旨に反するという理解。


 ――公訴事実の第1は不記載と虚偽記載、第2は虚偽記載ということ?

 大室弁護士: そう。


 ――4億円の借入を10月12日頃と特定していますが、特定したのは?

 大室弁護士: 証拠に基づいてより特定できると思ったので特定した。


 ――小沢さん、秘書3人から聴取できなかったが補充捜査は十分だと?

 大室弁護士: 可能な範囲では(捜査は)尽くしたと思う。もちろん聴取要請をしてそれが実現しなかったという意味では思い通りだったとは言えないが、必要な捜査は十分にできているというふうに思っております。

 村本弁護士: 本件について私はこうふうに指定される前から、どういう事件かとても分かりにくい事件だと思っていた。こういう職責についてから、いったいどういう事件なのか記録や収支報告書を丹念に読み込んで何が行われたかを理解したいと思っていた。そういうなかで、小沢さん、秘書3人から聞けばもう少し論点が絞れると思ったが、残念ながらそれはかないませんでしたけど、補充捜査としては不足のないことができたと思っております。


 ――論点とは具体的にはどのあたり?

 村本弁護士: 基本的には今後は、検察官の役割を、裁判所で法廷で主張し立証するのが私たちの仕事なので、この場で口頭でこうだと言うべきではないと思っている。


 ――大室先生が「いろいろあった」と言いましたが、「いろいろ」というのは、石川さんが録音してたとか、大久保さんの調書の問題とか、そういうのが入りますか?

 大室弁護士: 「いろいろ」の中にはそれは入ります。本件は特異な経過というか、石川さんの問題というよりも、大久保さんの関係だろうと思うんですが、問題になった前田検事が関わった部分があったりするので、それをどういうふうに我々として評価するのかという問題も含めて、いろいろあったと。

 ――それで(起訴の)時期がずれた?

 大室弁護士: 私の中では、それで時期がずれたということはなかったように感じております。

 ――大久保さんの調書の扱いについては方針は?

 大室弁護士: 方針は決まっておりますが、具体的にどういう方針なのかはここでは申し上げかねます。


 ――職責に基づいて起訴しなければならないというご発言があったが、一法曹人として、自分たちで有罪を立証できると考えられて起訴したのか確認したい。

 大室弁護士: まず自分たちが内心どういうふうに思っているのかというのはたぶん語るのは適切ではないと思います。ただ、抽象的な言い方をすれば、私自身は、小沢氏を起訴することが法曹としての良心に恥じない、というふうには思っています。その程度で勘弁してください。


 ――検察官と少し違った目で見られたというのは、どういうふうに違った目で?

 村本弁護士: 差し障るので、公判で明らかにしたいと思います。




 ――今回、これまでの強制起訴に比べて時間がかかった理由は?


 大室弁護士: 今までと比較したことがないのだが、このあたりのせいで遅くなったとかいう認識は持っていない。私どもとしては、十分納得いく検討を経て、その検討が終わって速やかに本日に至ったという理解でおりますので、事案の異なる他の事例との比較をされてもちょっとコメントのしようがない。


 ――小沢さんサイドが「聴取受けない」と回答してから2週間弱かかったが。

 大室弁護士: 私どもは、起訴状作成と平行して、起訴後すぐに始まるであろう公判前整理手続きに迅速に対応できるようにということでそちらの準備もしていた。なので、目立った捜査としてはほぼ終わっていたとしても、起訴後の準備のためにある程度の時間を頂いて準備を進めた。


 ――強制起訴の案件では政治家を初めて強制起訴した。相手が政治家だということ難しいことを感じた?

 大室弁護士: 相手が政治家だということで特に特別な思いというのはないだろうと思います。自分の気持ちを振り返って。


 ――政治家だから難しかった?

 大室弁護士: 政治家だから難しいというか、世の関心が強いということで、それに対する対応が難しいという感じはありましたけど、事件の処理自体に特別の感慨はございません。


 村本弁護士: 政治家の事件なんですが、ただ、これは政治資金規正法の事件。規正法固有の事実関係、問題点の洗い出し、秘書と代表者との関係等々について、私たち、ふだんあまり接することのない関係だったので、それをのみ込むまでに多少、距離があったかとは思いますが、事件の特殊性が問題だっただけで、政治家だからどうということはまったく感じたことはありません。


 山本弁護士: 私も、相手が誰であろうとそれによって何か考えるということもありませんので、今回は、被疑者、被告の方が政治家ですが、だからといってそのことを特に意識するということはありませんでした

asahi 1月31日>』
[PR]
by mew-run7 | 2011-02-01 13:11 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/14099484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]