「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実
東日本大震災の被災者救済..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
最後のコメントだ。 あ..
by リンタ at 00:53
最後のコメントだ。 あ..
by リンタ at 00:53
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:46
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:46
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

オバマが野田を(おいしい?)仕事相手として評価+野田演説、南スーダンPKOなど

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 野田首相は、23日に国連総会での演説を行ない、訪米日程を
終了。帰国の途についた。

 日米関係を最も重要視している野田首相としては、今回の訪米
の真の目的は、オバマ大統領と会談し、日米間&個人的な信頼
関係を構築することだったのではないかと思うのだけど・・・。

 昨日、行なわれた記者会見で、野田首相は「日米同盟が日本外交
の基軸だとの信念を伝え、同盟の深化を図ることを確認した。
日米間の懸案の解決に向け、オバマ米大統領と個人的な信頼関係を
築く良いスタートが切れたと自負している」とアピール。
 また、首相の同行筋(Nくんかしらん?)が、わざわざ、こんな
話を報道陣に流していたという。

『【ニューヨーク時事】21日の野田佳彦首相とオバマ米大統領との
首脳会談後、大統領が首相について「彼となら仕事ができる
(I can do business with him)」と語っていたことが
分かった。大統領周辺から日本政府関係者に伝わってきたもので、
首相同行筋が22日、明らかにした。
 大統領の発言は「彼とは取引できる」とも訳され、初の首脳会談
で大統領が首相を評価し、個人的な信頼感を示したものと受け
取れる。ただ、首相がその信頼に応えることができるかは、米軍
普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などの取り組み次第だ。
<時事通信23日>』

 ちなみに、この「I can do business with him」という
オバマ大統領の言葉に関して、こんなとらえ方をしている。 

『大統領は「実務的」(外務省幹部)と言われ、同様に実務的な
首相に対して好感を抱いたようだ。ただ、会談では米軍普天間
飛行場の移設問題で、大統領が「結果を求める時期が近い」と迫る
など、早速難問が突きつけられた。首相に具体的な成果を求める
米側の圧力が今後強まりそうだ。<毎日新聞24日>』

『「彼とは一緒に仕事ができる」という言葉は、1984年、
当時のサッチャー英首相が、ソ連の次期共産党書記長として訪英
したゴルバチョフ氏(後に大統領)を評した言葉として知られて
いる。

 東西冷戦下だったが、サッチャー氏は、ゴルバチョフ氏がそれ
までのソ連指導者と違うと見抜き、当時のレーガン米大統領に
“推薦”した。ゴルバチョフ氏は実際、米国と対話を進め、冷戦
を終結に導いた。

 日本政府筋は、「米側は当然、サッチャー氏と同じ発言だと
意識してこちらに伝えてきたのだろう。これまでの民主党首相と
違い、今度こそちゃんとやってくれ、という意味だろう」と
話した。<読売新聞24日>』

* * * * *

 ちなみに、mewなら「あいつとなら仕事がやりやすい」とか、
「彼となら、話になる」とか訳すかも知れない。

 でも、それは、米国側からの視点で見れば、「彼なら、米国の
言うことをきちんときいて(米国の意に従って、要望を積極的に
受け入れて)くれそうなので、今後の日米間の懸案事項が進め
やすい」ということを意味すると言えるだろう。^^;

 ブッシュ大統領は、何でも言うことをきいてくれる「親友
(or米ポチ)」だった小泉くんと5年半の蜜月関係を築き、
その後の安倍くんや麻生くんも親米派だったので、日本との
外交もやりやすかったのだけど。

 オバマ大統領は、最初の麻生くんが役に立たず<すぐに政権
を失った>。次の鳩山くんは宇宙人だった上、米国だけでなく、
ロシアや東アジアを重視するタイプ&対米対等外交を唱える小沢
くんがバックについていたし。
 菅くんには、日本で初めての市民運動出身ということで個人的
に興味を持ったらしいのだが、菅くん自身は、もともと日米外交
にさほど関心が薄く、世間では米追従と言われていたものの、
実際には、これぞという要求<普天間、防衛政策、TPPなど>
はスル~状態で、全く実行に移してくれなかったわけで。
 
 でも、野田首相は、もともと超親米派で、今回の会談でも、
真っ先に日米同盟が日本外交の基軸だとの『信念』を伝えて、自ら
ラブ・コールを送ってくれているだけに、オバマ大統領もやっと
おいしい仕事のパートナーに出会えてにほっとしているのでは
ないだろうか?^^;

 これから普天間基地の移設の問題を含めて、アレコレどんどんと
遠慮なしに要望をして来る&圧力をかけて来るのではないかと
ブル~な気分になってしまうmewなのであった。_(。。)_

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 さて、野田首相の今回の訪米目的は、国連での演説を行なう
ことだったのだが。昨日23日、国連総会で、約20分間、
一般教書演説を行なった。<演説要旨を*1に>

 でも、演説内容も、通りいっぺん。話し方も、よく言えば
落ち着いた感じbut淡々と原稿を読んでいるという感じで。
おそらく外国の参加者やメディアには、ほとんど関心を抱かれ
なかった&心に残るものがなかったことだろう。^^;

 野田首相は、冒頭、東日本大震災への支援について、具体例を
織り交ぜて、感謝の意を示すと共に、日本が東日本大震災を乗り
越え、防災分野での国際協力で主導的な役割を果たす決意を
示し、被災地の東北で、2012年に閣僚級の大規模自然災害に
関する国際会議を開く意向を表明した。(・・)

<所信表明などでも使ったパターンなのだけど。具体例で、日本
で働くインドネシア人の看護士やブラジルの子どもたちからの
寄付の話を挙げたところは、野田氏らしさが出ていたかも。>

 あとは、全般的&表面的に、各分野の話を網羅した演説を行なう
にとどまり、脱原発の話もナシ。核兵器廃絶を強く訴えるわけでも
ナシ。

 野田首相は、今回の訪米中に、国連の要請に応じて、南スーダン
でのPKO活動に自衛隊を派遣する準備を行なうことを正式に
決定したので<詳細後述>、今回の演説でも、それを国際社会に
アピールするネタにしようと考えていたかも知れないのだけど。
 
 世界各国は、今年、日本の震災や原子力災害に注目していたこと
を考えると、もっとその辺りでアピールできることがあったの
にな~と思った。(~_~;)

* * * * *

 また、22日には、首相や閣僚が外遊した際に行なわれる
同行記者との「懇談」(取材の集まりみたいなもの)が、そして
23日には記者会見が行なわれたのだが。こちらも通りいっぺん
の内容で、特に見るべきものがなかった感じがある。^^;
 この中で、mewが、一番、疑問に思ったことは、各社の報道を
見る限り、懇談でも会見でも、野田首相が原子力会合での演説で、
「脱原発方針」に全く触れず、実質的に「原発維持」の方針を
表明、原発の再稼動推進や輸出継続に意欲を示したことに関して
全く質問がなされていなかったことだ。(ーー)

<新聞などでは、野田首相が脱原発ではなく積極的に原発政策を
行なう方針を示したことに着目した記事が少なからずあったの
だけど。mewや知人が見たTVのニュースや番組では、そのこと
にはほとんど触れず、「原発の安全性確保を強調した」という面を
メインに伝えるところが多かったような感じがあって。
 ついつい、何だか大企業スポンサーの多い&電力を多用して
いるTV業界では、一般国民の「脱原発」ムードを抑制するような
力が働いているようにも思ってしまった。(-_-;)>

* * * * *

 ところで、日本政府は国連から南スーダンのPKO活動に自衛隊
を派遣するように求められていたのだけど。
 野田首相は、今回、国連事務総長と会談を行なうのに合わせて、
いわば手土産として、この派遣要請に応じることを決定。早速、
調査団を現地に派遣して、準備にとりかかろうとしている。

『南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊の
施設部隊派遣に関する政府検討案の全容が22日、明らかになった。
焦点の活動地域は治安が比較的安定している首都・ジュバを想定し、
分遣隊をヘリコプターで周辺地域に展開させる。防衛省は年明けに
第1陣となる300人規模の施設部隊を派遣する方針だが、先遣隊
を年内に送る案もあり、国連との調整を加速させる。

 野田佳彦首相は21日夕(日本時間22日朝)、国連本部で
潘基文(パン・ギムン)国連事務総長と会談し、「日本の得意分野
で新しい貢献をしていきたい」と述べ、南スーダンPKO参加に
向け、国連南スーダン派遣団(UNMISS)がジュバに設置した
司令部に陸自から要員2人を送る方針を表明した。これを受け、
一川保夫防衛相は22日、統合・陸海空幕僚長に司令部要員の派遣
準備を指示した。派遣は11月になる見通し。<産経新聞23日>』

 この件については、また改めて書きたいと思うのだが・・・。
 mewは、日本には積極的に国際貢献活動を行なって欲しいと
思っているのだけど。武力装備が必要な危険性の高い地域に派遣する
ことは、回避すべきだと考えている。(・・)
<たとえ正当防衛であっても、日本の軍隊が、いったん、他国の人
に武力行使を行なったら、日本が守って来た平和主義&武力不行使
を破り、パンドラの箱をあけることになると思うので。(-"-)>
 
 そして、南スーダンでは、地域によっては、いまだ激しい内戦が
続いており、8月にも部族衝突で600人が殺害されたばかりゆえ、
この派遣を決めるに当たっても、慎重な判断を行なって欲しいと
願っているmewなのだった。(@@)
                   THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mew(&日本代表?)の大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"

 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。





<野田首相>国連演説「日本を再生」 財政健全化など強調
毎日新聞 9月24日(土)2時22分配信

 【ニューヨーク高塚保】野田佳彦首相は23日午後(日本時間24日未明)、国連総会で一般討論演説を行った。首相は、東日本大震災での各国支援に謝意を示すとともに、復旧・復興に最優先で取り組み「一日も早く日本の再生を実現する」と表明した。また「世界の経済不安や金融不安が、国際社会の成長に向けた取り組みを阻害してはならない」と述べ、日本として財政健全化と経済成長の両立を図ることを強調した。

 首相は冒頭、インドネシアから来日した外国人看護師のリタ・ルトナニンティアスさんが津波の直前に患者を避難させたことや、ブラジルの恵まれない子どもたちから寄付金が寄せられたことを挙げ、「世界との絆を日本人は永遠に忘れない」と述べた。そのうえで、東京電力福島第1原発の原子炉の冷温停止を「年内をめど」に達成するよう全力を挙げると表明。「事故の総点検の結果を国際社会と包み隠さず共有し、原子力安全の水準を高めるための国際社会のさまざまな取り組みに貢献する」との姿勢を鮮明にした。

 経済問題では、日本経済を持続的に成長させるには(1)低炭素社会の実現(2)グリーン経済への移行--の推進が必要とし、再生可能エネルギー、化石燃料のグリーン化などの技術革新を目指す考えを示した。来年夏をめどにエネルギー政策に関する新しい戦略と計画を打ち出し、「大胆なエネルギーシフトを目指す」と述べた。

 また、南スーダンへ国連平和維持活動(PKO)として、司令部要員2人を派遣すると表明。インフラ整備のために、陸上自衛隊施設部隊の派遣を検討するため調査団を派遣する考えも示した。中東・北アフリカでの民主化支援で、総額10億ドル(約760億円)の円借款や、チュニジアとエジプトで選挙支援を行う方針を示した。

 北朝鮮の核開発問題は「国際社会全体の脅威で、解決に向けた北朝鮮の具体的行動を求める」と北朝鮮をけん制。拉致問題でも「すべての被害者の一日も早い帰国に向け全力を尽くす」と国際社会の協力を求めた。
<毎日新聞24日>』


******

『 【ニューヨーク時事】野田佳彦首相が23日午後(日本時間24日早朝)に行った内外記者会見の要旨は次の通り。
 【総括】
 初の海外訪問に際し、強い思いを持って臨んだのは、東日本大震災への各国の協力と支援に対する感謝の気持ちと、復興や原発事故の収束に向けた決意を伝えることだ。概して好意的に受け止めていただき、一定の成果があった。
 来年は大規模自然災害と原子力の安全に関する二つの国際会議を日本で開催する。一歩一歩着実に前進する外交を推進したい。
 【日米首脳会談】
 日米同盟が日本外交の基軸だとの信念を伝え、同盟の深化を図ることを確認した。日米間の懸案の解決に向け、オバマ米大統領と個人的な信頼関係を築く良いスタートが切れたと自負している。
 【普天間問題】
 米軍普天間飛行場の移設を含む在沖米軍の再編問題について、昨年の日米合意にのっとり、日米が協力して推進するとの考え方を(オバマ大統領に)説明した。抑止力を維持しながら、沖縄の負担をできるだけ軽減する。沖縄に丁寧に説明し、理解をいただく。沖縄も普天間の固定化は避けたい気持ちが強い。
 【日中関係】
 戦略的互恵関係の深化に努めないといけない。難しい問題が生じることがあるが、大局的見地に立った努力をお互いしていかないといけない。お互いにとって都合のいい時期を選んだ上で、訪中をぜひ実現したい。
 【北朝鮮問題】
 日米韓が緊密に連携を取りながら、北朝鮮の具体的な行動を求めていくことが基本中の基本だ。拉致被害者を一日も早く帰すために全力を尽くすと、オバマ大統領、韓国の李明博大統領、国連の潘基文事務総長に伝えた。強い気持ちを持って対応していきたい。(2011/09/24-06:43)』
[PR]
by mew-run7 | 2011-09-24 09:20 | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/15567394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]