「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実
東日本大震災の被災者救済..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
最後のコメントだ。 あ..
by リンタ at 00:53
最後のコメントだ。 あ..
by リンタ at 00:53
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:46
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:46
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

米国防長官に、首相も閣僚も米隷従の姿勢。辺野古移設&武器原則見直しなどを約束

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。





何だか昨夜から、恐ろしくPCが重くなってしまい、四苦八苦。
 もしや衆院に続いて、mewもサイバー・ウィルス攻撃を
受けたのかと、ウィルス&スパイウェアのチェックをしてみたの
だけど。そちらは大丈夫なようだし・・・。(~_~;)
<デフラグやらディスク掃除やらもやってみたんだけどね~。>

 う~ん・・・困ったぞ~。_(。。)_ shigoto demo tsukaunoni~

 ・・・というわけで、とりあえず、この記事は短縮バージョン
で。<その方が、喜ばれたりして?(^^ゞ>

 24日に、ついに米国のパネッタ新国防長官が来日。昨日、
野田首相、玄葉外務大臣、一川防衛大臣などと会談したのだが。
 超親米・保守タカ派の野田政権は、ここまでやるかとばかりに
「へ~こら」しっぱなしで。
 米国が要求する「普天間基地の辺野古移設の計画推進」「武器
輸出原則の緩和」「PKO派遣&法案改正(武器使用権限、集団的
自衛権の解釈変更含む)」などなどを前向きに検討すること
をお約束。(-"-)

 この中には、憲法改正に準じるような&日本の国や国民のあり方
に大きな影響を及ぼすような重大な政府方針の変更も含まれている
のに、国民の意思などそっちのけで、米国の言いなりでどんどんと
コトを進めて行ってしまいそうだ。(`´)

 ここでご機嫌とりのためにお約束をしたら、簡単に引き戻すこと
ができなくなってしまうのに。(-_-;)
 もう笑ってしまいたくなるぐらいに、アレもやります、コレもやり
ますと自ら申し出るような尻尾の振り方をしちゃうんだもん。(-"-)

 でも、いつも書くように、困ったことに、超親米&保守タカ派の
野田・前原政権は、もともと日米(軍事)同盟が何より大事で。
本人も米国と考え方が重なる部分が大きいし、米国に評価される
&喜んでもらえるのが何よりの喜びゆえ、何か注文を受けると
どこかの居酒屋チェ-ンのごとく「喜んで~」とばかりに、それに
に応じようとしてしまうのである。(>_<)

<きっと前原くんも非公式の形で、どこかで長官と会っている
んじゃないかな~?^^;>

* * * * *

 普天間基地の辺野古移設に関しても、沖縄県の仲井真知事や
辺野古のある名護市の稲嶺市長は、多くの県民や市民を代表して
きっぱりと拒否をしているわけで。
 当然にして、沖縄県民は日本の国民でもあるわけで、政府の
人間は、国民の代表として閣僚が彼らの意思を代弁すべき立場
にあるのに・・・。
 しかも、それこそ米国の議会が、計画の見直しを求めるように
なっているのに・・・。
 日本の首相や閣僚が、米国の国防族の手先になって、何とか
沖縄県知事&県民の説得を行なわんとして、次々と沖縄詣でを
行なったり、あの手この手を画策したりしているわけで。
 何だか滑稽&愚かにさえ見えてしまう。(-"-)

<会談で「日米同盟はわが国の外交安全保障の基軸であるという
のが私の信念だ」と語った野田首相は、早速、明日、沖縄県知事
と会談することにしたとか。^^;>

* * * * *

 ただ、日本の将来に大きな影響を及ぼすような重要な問題が
次々と出ているのに、メディア(特にTV)はほとんど報じず。

 TPPでは、与野党の議員が反対の署名を集めて対抗したり、
TVでも大きく取り上げて、アレコレ解説したりして、国民の
関心アップに寄与しているのに・・・。
 報道を見る限り、上述の問題に関して、与野党議員も声を大に
して、反対or問題性をアピールする活動を行なっている様子も
ないし。

 このままでは、マジに「日本がアブナイ!」と、危惧感を
募らせているmewなのである。(@@)

 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 以下、パネッタ国防長官と閣僚らの会談に関する記事を
いくつかアップしておくです。(・・)

 米国防省は、事前に、このような要求を行なっていた。

『米国防総省高官は20日、来週訪日するパネッタ国防長官が、一川保夫防衛相との会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画履行を再確認するとともに、日本政府が検討を進めている武器輸出三原則の緩和についても意見を交わすことを明らかにした。
 同高官は、日米防衛相会談では6月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で協議した内容が対象になると説明。米軍再編のほか、武器輸出三原則緩和やミサイル防衛、軍拡を進める中国、北朝鮮の核など地域の安全保障問題を挙げた。 <時事通信21日・全文*1>』

 またパネッタ国防長官も、来日前に、日本に目に見える形で
米国の要求に対し、結果を出すことを要望。
 米側は、非公式に年内に辺野古埋め立ての評価書を出す
ことを政府に求めていたという。>
 
『アジア歴訪中のパネッタ米国防長官は23日、インドネシア・バリ島で記者団に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古へ移設する現行計画の履行が重要との認識を表明。辺野古のアセスメント結果をまとめた「環境影響評価書」提出をめぐり「日本(政府)に前進を促したい」と述べ、早期に県側に提出するよう求めた。

 米政府は、年内に評価書を提出するよう非公式に日本側に求めていたが、高官が要求を公言したのは初めて。<産経新聞23日>

* * * * *

 で、日本政府は、米国の要望に見事に応じる姿勢を示したの
だった。

☆ 一川防衛大臣との会談 <辺野古の評価書提出を約束。
武器輸出(禁止)3原則の見直しにも前向き。>

<一川防衛大臣とパネッタ国防長官との共同会見の要旨は*2に>

『一川保夫防衛相は25日、来日中のパネッタ米国防長官と防衛省で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として日米両政府が合意した同県名護市辺野古沿岸部の環境影響評価(アセスメント)の評価書を年内に沖縄県に提出する方針を伝えた。パネッタ氏は「日本側の努力を評価する」と応じ、普天間移設を可能な限り早く進めることで一致した。

 両氏は世界的なサイバー攻撃への対処に連携していくことも確認した。一川氏は武器輸出三原則の緩和に向け検討を進める方針を伝えた。

 普天間問題をめぐって米国では、普天間移設と関連する在沖縄米海兵隊のグアム移転計画が財政削減を求める議会の反発で頓挫しかねない状況にある。パネッタ氏は「グアム移転には普天間の具体的な進展を得ることが重要だ。両国で協力したい」と述べ、進展の必要性を強調した。

 一川氏は、辺野古を移設先と確認した6月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)の合意に触れ、「今後、合意に基づいてしっかりと努力したい」と表明。パネッタ氏は「(アジア太平洋地域で)日本は重要な米国の同盟国であり、この地域の安全保障にとっての礎だ」と語った。<産経新聞25日>』

『パネッタ長官が、日本の武器輸出3原則の緩和に向けた取り組みについて尋ねたのに対し、一川防衛相は「国際環境が変化する状況の中で、幅広い観点で検討している」と説明した。<FNN25日>』

* * * * *

☆ 玄葉外務大臣との会談 <評価書提出をアピール&武器輸出原則
見直しの検討に前向きな姿勢。>

『玄葉光一郎外相は25日、来日中のパネッタ米国防長官と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として、日米が合意した同県名護市辺野古のアセスメント結果をまとめた環境影響評価書について「年内に沖縄県に提出する準備を進めている」と伝えた。
 パネッタ長官は「日本が進展させることが重要だ」と述べ、評価書の年内提出方針を評価した。<産経新聞25日>』

『玄葉光一郎外相は25日午後に外務省で行ったパネッタ米国防長官との会談で、武器輸出三原則について「今後政府の中で検討していく」と述べ、緩和に向け検討を進める方針を伝えた。<時事通信25日>』 

* * * * *

☆ 野田首相との会談 <日米(軍事)同盟・命!>

『野田佳彦首相は25日午後、首相官邸でパネッタ米国防長官と会談した。首相は「(来日を)心から歓迎する。日米同盟はわが国の外交安全保障の基軸であるというのが私の信念だ」と強調。「日米同盟の根幹は安全保障なので、引き続き安全保障、防衛面で(連携を)強化していきたい」と述べた。

 これに対し、パネッタ長官は「米国は太平洋の国家であり、引き続き太平洋地域においてプレゼンスを発揮し続ける。日本との協力によって、太平洋地域の安全保障上のさまざまな問題に取り組んでいきたい」と応じた。 

 両首脳は会談で、中国の海洋進出を念頭に、アジア太平洋地域の安全保障環境が不確実性を増しているとの認識で一致。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設について「日米合意に基づいて、可能な限り早く進めていく」ことを確認した。(時事通信25日)』

* * * * *

☆ 国防長官の来日中に、南スーダンPKO派遣をアピール。

<しかも、前原政調会長が、PKO法案内閣・外交・防衛の合同
部門会議に、PKO法案の見直しの検討を指示したため、早速、
防衛部会が検討を着手したという。(-"-)>

『政府は25日、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊施設部隊の派遣について、来月1日に決める方針を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。野田佳彦首相が一川保夫防衛相、玄葉光一郎外相ら関係閣僚と近く最終協議し、派遣を確認。藤村修官房長官が発表する。
 これを受け、一川防衛相は防衛会議で派遣に向けた準備に入るよう指示。政府は活動内容などを定めた実施計画作成に着手する。<時事通信25日>』

『民主党は25日午前、国会内で内閣・外務・防衛の合同部門会議を開いた。国連平和維持活動(PKO)やPKO協力法の問題点を議論し、年内をメドに結論を出す方針を決めた。自衛隊の武器使用基準などを定めたPKO参加5原則などが議論の対象になるとみられる。同問題に関しては、前原誠司政調会長が榛葉賀津也防衛部門会議座長に検討を指示していた。

 榛葉氏は会議後、PKO協力法改正について記者団に「変えるべきところは変え、守るべきところは守る。まずは問題点を整理する」と述べ、法改正を視野に入れていることを明らかにした。<NIKKEI25日>』

『民主党は25日午前、内閣・外交・防衛の合同部門会議を国会内で開き、国連平和維持活動(PKO)協力法の改正に向けた党内議論に着手した。

 年内をメドに方向性を取りまとめ、来年の通常国会への法改正案提出を検討する。

 合同部門会議の榛葉賀津也座長は会議後、「(PKO活動で)何が問題点かをまず整理し、問題があればその問題点を除去、修正していくのは当然だ」と記者団に述べ、法改正を具体的に検討する方針を示した。

 法改正の論点としては、PKO参加5原則に関連し、自衛隊員と同様の制約を受けている文民を対象から外し、文民派遣を容易にすることなどが検討対象になるとみられる。武器使用の制限については、施設を他国軍と共同で自衛隊が防護するケースを新たに認めることなどが検討される見通しだ。<読売新聞25日>』

* * * * *

 だから、野田&前原Gに政権をとらせるとアブナイと。彼らに
実権を握らせるのだけは阻止しないといけないって、ず~っと
言い続けていたのに~~~。(゚Д゚)

 このまま放置プレーを続ければ、日本がアブナイ方向にズルズル
と持って行かれることになるのは、目に見えているのに・・・。
 
 でも、平和志向の与野党議員がもっと積極的にこの問題に異論
を唱えてアピールしたり、一般国民やメディアやが関心をもって
批判や疑問を呈したりしなければ、野田&前原政権はやりたい放題
になるわけで。
 PCに負けないぐらい、め~っちゃ重い気分になっているmew
なのだった。_(。。)_

                    THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。






*1

『【ワシントン時事】米国防総省高官は20日、来週訪日するパネッタ国防長官が、一川保夫防衛相との会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画履行を再確認するとともに、日本政府が検討を進めている武器輸出三原則の緩和についても意見を交わすことを明らかにした。
 同高官は、日米防衛相会談では6月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で協議した内容が対象になると説明。米軍再編のほか、武器輸出三原則緩和やミサイル防衛、軍拡を進める中国、北朝鮮の核など地域の安全保障問題を挙げた。 
 2プラス2の共同発表では、日本政府が防衛装備品の国際共同開発・生産の流れに対応するための「検討を促進する」とし、米側は武器輸出三原則緩和に向けた日本の取り組みに期待を表明。野田佳彦首相も日米同盟強化の観点から三原則緩和を検討する姿勢を見せている。
 同高官は、難航している普天間飛行場移設について、「日米が合意した現行の移設計画は長年にわたる日本政府との協議を経てできたものだ」と述べ、現行計画履行に向けた方針を堅持することを改めて強調した。
 パネッタ長官は21日に日韓などのアジア初歴訪に出発。日本には24~26日に滞在し、25日に野田首相、一川防衛相、玄葉光一郎外相と会談。在日米軍兵士との対話集会も予定されている。
 訪日前の23日にインドネシア・バリ島での東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議に出席。訪日後、韓国を訪れ、金寛鎮国防相らと米韓定例安保協議を行う。(時事通信10月21日)』

*2

日米防衛相の共同会見要旨
 一川保夫防衛相とパネッタ米国防長官が25日行った共同記者会見の要旨は次の通り。
 【冒頭発言】
 防衛相 6月の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)の合意事項を進めていくことで一致した。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題は、私から「年内に(同県名護市辺野古への移設に向け)環境影響評価書を提出できるよう準備を進めている」と説明。パネッタ長官は「日本側の努力を評価する。米側としても引き続き(在沖縄米海兵隊の)グアム移転事業を含めて進展させる」と発言した。
 日米合意に基づき、沖縄の理解も得ながら、普天間の危険性を早期に除去し、移転、返還を可能な限り早く進めていくことで一致した。
 国防長官 米国は現在も将来も太平洋国家であり続ける。日米同盟は真にアジア太平洋地域における平和と安定の礎石だ。
 防衛相に対し、東日本大震災から復興に向かう日本国民の立ち直る力に対する深い称賛の念を表明した。米軍はこの災害に対応する日本政府を支援することを誇りに感じた。一連の取り組みの成功は、日米同盟の力を如実に証明した。
 【普天間移設】
 -いつ、どういう結果が出ることが進展か。
 防衛相 進展させる努力はしている。一つ一つの手順を積み重ねることが非常に大事だ。日米双方それなりの責任はある。誠意を持って実現に向け、最終的には沖縄の負担を全体として軽減していくという重要な役割を担っていきたい。
 国防長官 防衛相、野田佳彦首相、玄葉光一郎外相のコメントに非常にうれしく思った。3人とも環境影響評価書を年内に提出すべく準備を進めている、と口をそろえて言った。このプロジェクトをとにかく前進させるためにも必要な条件がそろう。
 非常に多くの時間を要したが、真の進捗(しんちょく)を日本の行動を通してはっきり見ることができる。米側も責任を遂行し、(基地の)負担軽減を実施することを約束した。
 -移設進展へ期限を求める考えは。
 国防長官 ない。環境影響評価書を提出するのは日本政府の責任だ。沖縄の状況は日本政府に委ねるつもりだ。沖縄県民、日本にとっても(移設)前進が役に立つ。日米の国益にもかなう。

<時事通信10月25日>』
[PR]
by mew-run7 | 2011-10-26 13:26 | 民主党、民進党に関して | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/16209289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2011-10-26 20:55
タイトル : 綻びの出た自由主義経済?とTPP問題と日本
[市場中心主義・自由主義経済がすべてか]  私の尊敬するブロガーの一人である「中韓を知り過ぎた男」さんが「グローバル化は格差をつくる」で米国式のグローバル化という名の市場中心主義・自由主義経済で ・200人の富豪が世界の総人口の41%分に相当する富を所有し、...... more