「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実
東日本大震災の被災者救済..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
最後のコメントだ。 あ..
by リンタ at 00:53
最後のコメントだ。 あ..
by リンタ at 00:53
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:46
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:46
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

石川が小沢公判で共謀を強く否定+PKO派遣決定&法改正も準備+JBC&秋天

  11月3日(祝)、大井競馬場でJBC3競走が行なわれる。
  地方競馬&ダートの祭典に、是非、来場or各地で参戦して
下さいませ。m(__)m (勝手に地方競馬広報係のmewより)
 

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 
豪雨災害にあった近畿地方、北海道の被災地の方々もガンバですo(^-^)o


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。


 冒頭にも書いたように、明日11月3日には、地方競馬&ダート
の祭典であるJBC3競走(2000mのグランプリ、1200mの
スプリント、牝馬重賞のレディース)が、大井競馬場で開催
される。(**)  <特設サイトはコチラ。>

 JBCクラシックでは、昨年からGI&重賞を6連勝し、圧倒的
な強さを見せているスマートファルコンと、昨年のJCダート、
フェブラリーS、南部杯と日本のGIを3連勝+ドバイGIも2着に
はいったトランセンドのGI初対決が見もの!(・・)
 
 お近くの方は、是非、大井競馬場へ。また、お時間のある方は
是非、ネットや各地の場外から参戦して下さいませ。m(__)m

* * * * *

 そして、3日遅れになってしまったのだが・・・。

 先月30日に行なわれたJRAの秋の天皇賞は、7番人気の
トーセンジョーダンwithピンナ騎手が優勝した。(*^^)v祝
 しかも、勝ち時計の1分56秒1は、日本レコード。08年に
ウオッカが同じ東京競馬場&秋天でマークしたタイムを1秒1
更新する驚異的なタイムだった。(@@)

 1番人気だったブエナビスタは、内からうまく出られず&
今ひとつハジけず4着に終わり、日本でのレースで初めて馬券
圏内(3着内)にはいれなかった。(ノ_-。)
<2着のダークシャドウ、3着のペルーサは、それなりに力が
発揮できたという感じかな?(・・)>゙

 mewはトーセンジョーダンをずっとマークしていたのだけど
<特に東京競馬場では>、今回は、あまりmew馬券に貢献して
くれていないピンナが乗るということで、評価を割引。
 それでも、ブエナが来れば三連複はとれたのだが。結果的には、
ダークとのワイドしかとれず。ちょっとショックを受けた
です。_(。。)_ masaka pinna de katsutowa

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 話は変わって・・・。

 昨日1日には、小沢一郎氏の第4回の公判が、東京地裁で
行なわれた。(・・)

 今回の公判では、前回に引き続き、元秘書&現衆院議員の石川
知裕氏の証人尋問が行なわれたのだが・・・。
<関連記事*1に。詳報は産経新聞(コチラ)に。>

 何分にも、朝10時から夕方5時半まで<途中、休廷をはさんだ
けど>、検察役、小沢弁護側、裁判官の尋問がみ~っちりと
行なわれたので、上にリンクした詳報もかなり長~いものになって
おり、ざっと読むのにも一苦労してしまうところが。(~_~;)
<仕事が終わって帰宅してから読んでいると、アタマが働かない
ので、尚更に。^^;>

* * * * *

 ・・・というわけで、石川氏の尋問に関しては、改めてゆっくり
書きたいと思うのだけど。
 重要な点を一つだけ書いておきたい。

 今回の公判で、大きなポイントになるのは、石川氏が「小沢氏に
報告し、了承を得た」と語ったとされる東京地検作成の供述調書
の存在なのだが。

 石川氏は、「小沢氏に、虚偽記載に関して、報告し了承を得た」
という点は、改めて全面的に強く否定。(**)

 東京地検が、そのような内容の供述調書を作成したことに関して
「検事が(一方的に)作った」と主張。
 また、その調書に署名・押印したことについては、「結論から
いうと、自分の弱さです。私も大変苦しく、周囲の支援者、秘書、
他の人にも苦しい思いを味わわせていました。ある程度は(検察
側に)迎合しないと大変だ、と思いました」と語った。

 石川氏は、その理由として、石川氏自身、長時間の厳しい取調べ
を受けていたこと、後援者や秘書も長時間の取り調べを受けること
になって迷惑をかけていたことを挙げた。
 さらに、検事が「小沢は起訴されることはない」と言ったこと、
自分が調書に押印しないと小沢氏の妻も取り調べを受けるおそれが
あったこと、検事が「特捜部は恐ろしいところだ」と発言しており
自ら再逮捕を恐れたことなども訴えた。(・・)

 この供述調書は、本人の公判では、検察官の誘導や威迫があった
ため、供述に任意性がないと判断され、証拠としては採用され
なかったのだが。
 果たして、小沢氏の公判の裁判官が、石川氏の供述の任意性を
どのようにとらえるのか、気になるところだ。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 さて、国会では、野田首相の所信表明に続いて、衆参で各党の
代表質問が行なわれているのだが・・・。

<衆院では、民主党の代表として、何と前原政調会長が登壇して
いたのよね。^^; soredakede nanka mukatsuite shimau tokoga>

 mewは『TPPもPKOも、武器原則も「結論ありき」で
進める野田政権を放置するのか?
 』という記事などに書いた
ように、野田首相が肝心な点に関して、きちんと国会で語らず、
陰でどんどん暴走しようとしていることにイラ立っているの
だけど・・・。

 社民党の福島党首も、同じような思いを抱いている様子。

『社民党の福島瑞穂党首は1日の記者会見で、「安全運転」と
指摘される野田佳彦首相の国会答弁について「決して踏み込んで
答弁しないだけ」と指摘した。その上で、「環太平洋連携協定
(TPP)、(ベトナムへの)原発輸出に前のめりの状況は暴走
運転だ」と批判した』という。<時事通信1日>

* * * * *

 この代表質問への答弁で、野田首相は、武器輸出原則の見直し
を行なうことを示唆。

『武器輸出三原則の見直しについては、「国際紛争の助長を回避
する基本理念は堅持する」とし、戦闘機などの国際共同開発への
参加を念頭に調整を進めていることを強調した。<産経新聞1日>

 ただ、集団的自衛権の解釈変更は行なわないと答弁したという。
<絶対にその言葉を守れよ!(`´)>

『野田佳彦首相は1日午前の参院本会議代表質問で、集団的自衛権
の行使について「政府としては憲法上、許されないと解しており、
首相としてこの解釈を変えることはない」と述べた。自民党の溝手
顕正参院幹事長への答弁。<同上>』

 野田氏個人は、以前から、集団的自衛権の解釈変更をすべきだと
主張しているのだが・・・。

 藤村官房長官は、9月にインタビューを受けた際に、「野田佳彦
首相は野党時代に集団的自衛権行使の容認を提唱したが」ときかれ、
『首相が著書『民主の敵』で述べたのは個人の今日までの考えだ。
野田政権においても従来の解釈は変えない。集団的自衛権の実力
行使は憲法9条のもとでは許されないとするのが、政府の正式な
考え方だ』と語っている。<産経新聞9月9日>』

* * * * * 

 ちなみに、その野田氏の著書「民主の敵」には、こんなことが
書かれているらしい。
<一瞬、(マジで)「民主党の敵」かと思っちゃった。(~_~;)>

『就任後の野田首相は外交で目立った発言はしていない。財務相
しか経験がないので外交哲学には無縁と思われがちだが、例えば
2年前に出版した著書『民主の敵』(新潮新書)では、次のような
思い切った主張を垣間見ることもできる。

 「アメリカは時折、人権や民主主義といった自国の価値観を
普遍化しようとして、他国にちょっかいを出します」「今中東で
起きていることは(2年前の時点=筆者注)、まさにアメリカの
寛容性の欠如の象徴だと思うわけです」「アメリカだからと言って
遠慮せずに、どんどん言わなければだめです」「(集団的自衛権
は)原則としては、やはり認めるべきだと思います」。
 前述の月刊誌では「わが国の固有の領土を守り抜くために、
主張することは主張し、行動することは行動しなければならない」
とも言っている。

 字面だけから判断すれば、戦後保守の一方の旗頭でもある対米
自主路線、自民党右派の国家主義と軌を一にしている印象がある。
<毎日新聞10月28日、mew注・先の月刊誌→
月刊『Voice』10月号の論文「わが政治哲学」>

 「アメリカは時折」から「言わなければだめです」の部分まで
は、mewも全く同意見なのだけど。<何か言ってることと
やってることが違うような気が・・・。(~_~;)>

 問題はそのあとの部分だろう。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 
  

 野田氏は、とりあえず首相としては、下手に党内や野党から
ツッコまれそうなことは言わないようにして、何とか安定路線を
確立したいと考えているようなのだが。

 その代わりに、野田首相とタッグを組む前原政調会長が、閣内に
はいらなかった分、少し自由な立場であることを利用して、
どんどん突っ走っているようなところがあって。
 何だか、mewには、この二人がしめし合わせているのか、
阿吽の呼吸なのかはわからないが、うまく役割を分担をして
<権力の二重構造っぽい感じで?>政権を運営して行こうとして
いるように見えることがある。(-"-)

* * * * *

 たとえば、南スーダンへのPKO派遣にしても、野田内閣は
昨日1日に陸自の派遣を決定し、一川防衛大臣が、来年1月には
第一陣を派遣できるように、自衛隊に準備を指示したのだが。

 南スーダンでは、先日も北部で約80人が死亡する内戦が
起きたばかりで。『南スーダンからの報道によると、軍スポークス
マンは1日、隣国スーダンで訓練を受けた武装集団500~700
人が南下、南スーダンに攻撃を加えるとの情報があると警告した』
という記事も出ているような状況なのだが。<時事通信2日>

 一川防衛大臣は、北部の内戦に関して『1日の記者会見で、
自衛隊が活動地域とする首都・ジュバが北部地域と約500キロ
離れているとして、「我々とはあまり関係ない」との認識を
示した』とのこと。<毎日新聞1日>
 また、『PKO協力法の参加5原則について「見直す必要は
ない」と述べ、今回の派遣に当たって民主党の前原誠司政調会長
が主張する武器使用基準の緩和を検討する考えのないことを強調
した』という。<毎日新聞・夕刊1日>

 野田内閣としては、おそらく<オモテ向きは>安全性には
問題がないという形で準備を進め、ともかく第一陣を送り出して
しまおうという考えなのだろう。(-"-)

* * * * *

 しかし、他方では、先月から、前原政調会長などが、民主党の
部門会議に、PKO法案の見直しを検討するように指示したと
いう報道が多数出ている。

『民主党は1日の内閣・外務・防衛合同部門会議で、自衛隊の武器
使用基準などを定めたPKO参加5原則の見直しに向け、PKO
協力法改正の検討に入った。来年の通常国会に改正案提出を
目指す。<読売新聞1日>』

『民主党執行部は「派遣される自衛隊員の立場に立って、活動
しやすい態勢を整える必要がある」として、年内にPKO協力法の
問題点について意見集約を図りたいとしています。
 具体的には、防衛部門会議などを中心に、自衛隊員が敵に襲われ
た一般の人や他国の軍隊を警護できるよう、武器の使用を正当防衛
や緊急避難など要員の生命の防護に必要最小限なものに限定した
今の武器の使用基準を一部緩和するなど、いわゆる参加五原則を
見直す方向で議論を進めることにしています。ただ党内では、武器
使用基準の緩和に慎重な意見も根強く、意見集約に手間取ることも
予想されます。<NHK10月31日>』
<関連記事*2に>

* * * * *

 これらの報道を見ていて、mewはついつい、このような邪推を
してしまうのだ。^^;

 今、野田内閣で、南スーダンの治安を問題視したり、武器使用や
集団的自衛権の話を持ち出したりすると、党内の平和志向派や野党
がうるさくなることは目に見えている。
 それゆえ、ここはとりあえず、「陸自が派遣される地域は安全だ」
「PKO法改正の必要はない」として、来年春までに300人の
派遣を敢行してしまおうと。
 
 でも、民主党はそのウラで、PKO法改正の準備を進めておいて。
 陸自が派遣された後で、現地で内戦が激化しているという情報を
持ち出し、「やっぱ、現地の治安を考えると、法を改正した方が
いい。武器使用や他国との集団的自衛権を認めるべきだ」と提案。
 反対派に対しては「今さら自衛隊を帰国させられない。自衛隊の
安全が守られなくていいのか」と主張し、来年の通常国会で、
自民党などの賛成も得て、一気に改正案を通してしまおうと考えて
いる輩(やから)がいるのではないか・・・とかね。(~_~;)

 でも、ここで、PKO部隊の武器使用や、ちょこっとでも集団的
自衛権の行使を認めたら、もうあとはパンドラの箱を開けたのも
同然で、これまで守って来た平和主義に基づく諸原則が、なし崩し
にされてしまうおそれが高いわけで・・・。

 それを考えると、やはり野田&前原政権を、早く終わらせなく
てはならないと思ってしまうmewなのだった。(@@)

<more部分におまけとして、「九電:玄海4号機、自社判断で
再稼働 地元に伝える」をアップ。結局、全てはこういう感じで
進められて行くのよね。> 


                  THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。





『 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の第4回公判が1日、東京地裁(大善文男裁判長)で開かれ、元秘書の石川知裕衆院議員(38)=1審有罪、控訴中=が証人出廷した。石川議員の証人尋問は2回目。石川議員は虚偽記載を小沢被告に報告し、了承を得たとする捜査段階の供述調書の内容について改めて否定した。

 石川議員は検察官役の指定弁護士の尋問に対し、調書に署名したことについて「検事から『ここまで書いても(小沢被告を)起訴しないから』と言われた。自分の弱さ、判断の甘さがあった」と説明。これに対し、指定弁護士は、石川議員が逮捕前から弁護士と頻繁に面会していたことを指摘し、調書には任意性があったと強調した。

 石川議員は、中堅ゼネコン「水谷建設」からの裏献金受領も改めて否定した。

 一方、弁護側は尋問で、土地購入の手続きを確認。石川議員は「小沢さんからの4億円は融資担保の定期預金に充てた」と証言。小沢被告の4億円を土地代金に充てるよりも預金担保にした方が返済しやすいと考えたと述べ、弁護側の主張に沿う発言を行った。

 公判の最後には、大善裁判長ら裁判官3人も複雑な資金操作について尋問。「(小沢被告からの4億円と融資の4億円で)陸山会として計8億円の資金が増えたと認識していなかったのか」と問われると、石川議員は「4億円を借りたのは1回だけでそう記載した」と述べるにとどめた。

 次回公判は今月30日で、大久保隆規元公設第1秘書(50)=同=の証人尋問が行われる。
<産経新聞1日>』

* * * * *

*2

『政府・民主党は25日、国連平和維持活動(PKO)協力法の抜本改正に向けた検討に着手した。


 来年8月に法施行20年を迎えるのに合わせ、自衛隊の海外派遣時の武器使用基準など、PKO参加5原則の見直しが焦点となる。

 民主党は25日の内閣・外交・防衛合同部門会議で、年内をめどに法改正の基本的考えをまとめることを決めた。榛葉賀津也・防衛部門会議座長は記者団に「変えるべきものは変えなければならない」と強調。藤村官房長官も同日の記者会見で「(政府も)党と連携をとってやっていく」と述べた。

 現行の武器使用基準では、他国軍隊への攻撃に自衛隊が駆けつけて反撃することや、離れた場所にいる文民保護のための武器使用が認められていない。これらを認めているPKOの国際基準とは異なるため、「十分な活動ができない」などの批判が出ている。<読売新聞10月27日>


*3

南スーダンPKO:陸自施設部隊の派遣準備指示…防衛相
 一川保夫防衛相は1日の防衛会議で折木良一統合幕僚長らに対し、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊施設部隊の派遣準備に入るよう指示した。政府は同日の閣議で派遣方針を決定。年明け以降、先遣隊として陸自中央即応連隊約200人が現地入りし、5月ごろに施設部隊約320人を順次派遣する。

 南スーダンでは10月末、北部で政府軍と反政府組織の衝突で75人が死亡。一川防衛相は1日の記者会見で、自衛隊が活動地域とする首都・ジュバが北部地域と約500キロ離れているとして、「我々とはあまり関係ない」との認識を示した。

 国連には自衛隊のジュバ以外での活動への期待が強く、自衛隊幹部には治安面での懸念も残る。PKO協力法の参加5原則は武器使用について、生命などの防護のために必要最小限にとどめると規定。施設部隊の派遣期間は5年程度を見込んでおり、治安情勢が変わる可能性もある。

 南スーダンは4月から9月は雨期で、整備された道路がほとんどない現地での作業は難航必至だ。重機などの輸送も隣国・ケニアからの陸路を想定していたが、道路事情の悪さから民間輸送機を活用することになった。<毎日新聞1日>』

*****

おまけ


九州電力は1日、トラブルで停止している玄海原発(佐賀県玄海町)4号機について、自社の判断で再稼働させることを玄海町の岸本英雄町長に正式に伝えた。九電の山元春義副社長との会談後、岸本町長は「国が安全と言ったので納得している」と受け入れる考えを示した。同社は一両日中に再稼働し、今週中にも通常運転する意向も明らかにした。

 再稼働は法律や協定上、地元自治体の同意が不要だが、福島第1原発事故や「やらせメール問題」などで原発と同社への不信が高まる中、地元の反発があれば無視できない状況にある。

 九電は立地県である古川康知事の理解も得た上で再稼働させる方針だが、知事は出張先の宮崎市内で報道陣に「国の責任で安全管理をやってもらうという話なので、それを全く否定することではない」と述べつつ、「国がどう考えているか確認したい」と判断を留保した。

 同じく宮崎市内にいる九電の松尾新吾会長は、取材に「ぜひ再稼働させたい」と話し、メール問題について問われると「メール問題とは直接関係ない」と述べた。【原田哲郎、百武信幸、石田宗久】

毎日新聞 2011年11月1日 )
[PR]
by mew-run7 | 2011-11-02 04:31 | 民主党、民進党に関して | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/16386662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]