「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15
安倍が朝日攻撃で大暴走~森友..
at 2018-02-15 04:07
安倍、労働裁量制でデタラメな..
at 2018-02-14 05:00
安倍シンパ・百田の朝日攻撃が..
at 2018-02-13 06:33
暴言大王の足立、ついにアウト..
at 2018-02-12 03:40
佐川は虚偽答弁の疑い濃厚。財..
at 2018-02-11 07:21
森友答弁は、佐川に指示した上..
at 2018-02-10 04:39
産経、フェイク記事で謝罪~沖..
at 2018-02-09 03:27

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本経済に暗雲・9日午前..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
他人事ではない台湾東部の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米トランプ大統領のアメリ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47
mewさん、12月16日..
by xtc4241 at 07:51
mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(275)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

八ッ場ダム、「やらせ」&「結論ありき」で建設継続を決定+沖縄への評価書、年内提出も強行か?

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 先日、アップした『八ッ場ダム建設の継続がほぼ決定・・・』の
続報を・・・。

昨日22日、前田国交大臣が会見を開き、八ッ場ダム(群馬県
長野原町)の建設工事を継続することに決定したと発表した。(-"-)

 前田大臣は、同夜、わざわざ長野原町山村開発センターに出向き、
そこで待ち構えていた群馬県知事や長野原町長らに、工事中断を
謝罪すると共に、工事再開の決定したことを報告。
「お待たせいたしました。八ッ場ダム続行という結論を出させて
いただきました」という国交大臣の挨拶を受けて、何と知事ら
関係者がその場で万歳三唱をしてその決断を歓迎する姿をTV映像
で見て、mewはあ然とさせられてしまったところがあった。(・o・)

 前田武史国交大臣(74)は、もともと建設省(現・国交省)の
官僚で、河川局建設専門官などを歴任。86年に自民党から参院
議員に当選し、国土政務次官を務めたこともある建設族系&国交省
の味方のような人である。(-"-)

 それゆえ、mewは、野田首相がこの9月に、前田氏を国交大臣
に任命したのを見て、イヤ~な予感がしていたのだが。
 官僚に理解のある野田首相は、国交省&財務省が60年の長きに
わたって計画を進めて来た、この八ッ場ダムの建設工事を継続
すべく、最初から公約を撤回するつもりで、前田氏を任命し、着々
とコトを運んで来たのではないかと思う部分がある。(ーー゛)  

 ただ、09年9月に始まった民主党政権の初の国交大臣として
「八ッ場ダムの建設中止」宣言を行なった前原誠治氏(現・政調
会長)は、この国交大臣の決定には、どうしても納得できない
様子で。
「本体工事の着工は論理矛盾である。(党としては)国交省の予算
は認めないということでありますので、国会での戦いではなくて、
閣議決定をさせない、させることはできない」と発言。
 与党の政調会長として、政府・民主三役会議の場でも、この政府
の決定に反対し、予算計上を認めない意向を示した。(@@)

* * * * *

 前原氏はMY天敵ではあるのだが、この件については、mew
は前原政調会長の主張を支持したい。(・・) <前原くんを応援
するなんて、一生に何回もないことだと思うけど。^^;>

 以前も書いたように、mewは、民主党の09年公約の中で、
この八ッ場ダムの工事中止は、最も重要なものだと考えている。
 これは、自民党政権が50年以上に及び長~い間に作り上げた
大型の公共事業を含むハコもの行政による国費のバラまき&無駄
遣い(&票集め)、地方自治体も含めた政官財の癒着の構造を
断ち切り、政官財&自治体の一部人たちで分配し合っていた国民
の税金から生じる利益を、国民に還元できる仕組みを作り直すため
には、必要不可欠なことだと思うし。 
 また、このように政官財の癒着構造にメスを入れるような
大きな政策転換は、民主党に政権が移ったからこそ成し遂げられる
ものであって。政権交代したことの意義を、最も具現化できること
だと考えるからだ。(**)
 
* * * * *

 ちなみに、鳩山元首相は、21日の夜、記者団に対して『「今の
段階でマニフェストを覆してでも必要性を国民に理解してもらえる
のか。『分かった』という気にはならない」と述べ、反対する考え
を示した』とのこと。<時事通信21日>

 でも、残念ながら、消費税増税などに関しては野田内閣の政策に
強く反対している小沢一郎氏&同グループの議員や、野党時代から
政官財の癒着構造を最も強く批判していた菅前首相が、この件に
関して、近時、何か発言しているのを(少なくともmewは)
見聞したことがない。(~_~;)

 それこそ、小沢氏は先日の合同勉強会でも、09年衆院選の
マニフェストを守るべきことを強調していたばかりなのだし。
 前田氏は自民党時代から小沢氏と同じ派閥にいて、新進党まで
行動を共にしていたのに比して、前原氏との関係はよくないの
であるが。そのようなものは度外視して、是非、この件でも、
筋を通して声を上げて欲しいと願っている。(・・)

 また、逆に八ッ場ダムの工事継続を主張していた石原都知事は
昨日の定例会見で、『前原誠司民主党政調会長について、「何様
なんだ、あの人は」と不快感を表明した』とのこと。
『「政党の中のいち三役が、政府が決めた予算にたてつくという
のは、ちょっとのぼせている」と批判。さらに、「政府が決めた
国家予算を部分的に否定したら、それで何がまかり通るのか。
彼一人が反対するなら(政調会長を)辞任せざるを得ないだろう」
とも語った』という。<時事通信22日>

 これを含め、ずっと横柄な発言を繰り返している石原氏こそ
「何様なんだ」と言ってやりたい気分だ。(ーー゛)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 この八ッ場ダムの建設計画は、1947年、カスリーン台風に
よって関東地方に戦後最大の洪水被害が受けたことを機に、国が
立てた利根川&その支流の治水計画の一環として始まったもので、
52年に正式に計画が発表された。
 ただ、そこに関東1都5県への利水なども含めた多目的ダム化
や、周辺地域の道路交通網や諸施設の開発などなども絡んで、
計画がどんどん膨れ上がって行き、当初、2110億円だった総事業費
が、4600億円に増額修正されることに。
 しかも、計画が何度か変わったり、地元住民によるダム建設反対
運動が激しかったりしたこともあり、86年にようやく着工が決定
する運びとなったのだが。その後も計画が遅れ、ダム本体の工事は
いまだに着工されていない状況だ。^^;

 その間に、地元からも何度も工事を中止すべきだという声が
上がっていたのだが。
 ただ、群馬県は、かつては首相を4人も輩出した自民党王国
だったこともあり、自民党政権下の政府では工事を見直そうとする
動きは起きず。
 他方、民主党は、政官財癒着&国費のムダ遣いの典型例として
八ッ場ダムの名を挙げ、その建設中止を政権公約に掲げていた。

* * * * *
 
 前田国交大臣は、22日の同省政務三役会議で建設再開を
決め、閣議後の閣僚懇談会で野田首相に報告したとのこと。
 そして、会見でこのように説明したという。

『国交省の政務三役会議で八ツ場ダムの事業継続を決定した。流域
の1都5県の知事、地域の安全に責任を持つ自治体の長に電話で
一報した。地元の町長にも連絡した。利根川水系には即効性のある
治水対策が必要だ。ダムは8割方完成しており、あと6、7年で
完成する。
 政権交代後、(当時の)前原国交相の下で(事業の必要性を検証
する)有識者会議を組織した。(有識者会議とは別に)関東地方
整備局に検討の場が設けられ、(事業継続が)妥当という結論を
出した。検討プロセスに瑕疵(かし)はなく、最終的には有識者
会議でダム続行が妥当という結論を出した。
 民主党の中にマニフェスト(政権公約)との関係で納得して
いない方々も大勢いる。マニフェスト通りの結果が得られなかった
のは誠に残念だが、苦渋の決断をさせてもらった。
<時事通信22日>』

* * * * *

 国交省の関東地方整備局では、09年に民主党が政権をとって
から、当時の前原国交大臣の指示で、建設計画の再検討を行なって
いたのだが。
 そもそも計画を進めようとしていた機関に、建設の是非を再検討
を行なわせること自体、mewに言わせればナンセンスなことなの
だが。案の定、関東地方整備局は、11月に建設を継続すべきだと
の提言をまとめ、国交省に報告。それを受けて、今回の決定が
行なわれることになったのである。(-"-)
<関連記事・『九電社長、郷原の人選を反省+国交省が八ッ場ダム
の建設継続を提言
』>


 その過程や問題点などに関して書かれた記事を、More部分
にアップしておきたいと思うのだが。

 先月、mewは、思わず「コレだよ」とつぶやいてしまうような
&呆れてしまうような報道記事が出ていた。
 近時、九電と佐賀県知事が、玄海原発の再稼動を推進したいが
ために「やらせ」の意見投稿をさせていたことが発覚し、問題に
なっているのだが。
 この10~11月に、国交省の関東地方整備局が八ッ場ダム
建設に関して一般に募集したパブリックコメントでも、疑問が
呈されるようなことがあったのだ。

『同整備局が25日にまとめた「パブリックコメントの結果」に
よると、寄せられた5963件のうち5739件は全く同じ内容
だった。「八ッ場ダムは利根川水系における治水、利水の安全度を
高める対策として、もっとも現実的、かつ確実に効果を見込める
事業」「速やかにダム本体工事に着手し、計画通りに事業を完成
すべきだ」などと推進を求める意見がパソコン文字で印刷されて
おり、署名だけが異なっていた』というのだ。(・o・)
『パブコメは10月6日~11月4日に全国から募集。集まった
5963件のうち埼玉県在住者の意見が5738件に上っており、
同一文書の大半は同県在住者が寄せたとみられる。』
<毎日新聞11月26日・全文*2>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 


 確かに、途中まで進んでいる工事を中止することには、コスト
も含め、マイナスの面も多々あるし。何より地元住民には、大きな
影響や迷惑を及ぼすことになることを思うと、心苦しい部分も
あるのだが。

 何十年前に建設が計画された当時とは既に諸状況が大きく変化
しており、建設の必要性が乏しくなっているのにもかかわらず、
一度決めたことゆえ、多大な費用がかかろうと、何が何でも建設
を続けなければならないという方針を貫くことは、日本の国&
国民全体にとって、決してプラスにはならないと思うし。

 また、今、全国各地には、再検証作業を行なれているダム事業
や、それに類する大型公共事業が多数あるのだが。
 不要な事業は中止するという政府の方針を、今後、具体的に
実行に移して行くためにも、ここで勇気を持って、まずは八ッ場
ダムの建設中止を決めるべきなのではないだろうか?(・・)

* * * * *

 ただ、逆に言えば、国交省や各事業に関わる自治体を含め、
政官財の癒着&利益分配の構造を崩したくない人たち<いわゆる
既得権益にしがみつこうとしている人たち、機関、企業など>は、
もし八ッ場ダムの建設が中止されることになれば、、他の公共
事業も次々と見直されたり、中止が決まったりするきっかけに
なるであろうことを強く恐れているわけで・・・。

 今後も、事業計画が中止されないように、あの手この手の策を
使って、民主党政権の方針を・・・下手すれば、民主党政権自体も
潰して行こうとする人たちも少なからずいるのではないかと予想
される。(-"-)

 しかも、この八ッ場ダムの件では、野田首相&藤村官房長官、
そして前田国交大臣が、その片棒を担いでいるのだから、性質
(たち)が悪過ぎるというか、救われようがないというか・・・
あまりにも呆れて、どう表現していいのかわからないような
ところがある。_(。。)_

<野田首相は、コンビを組んでいた前原氏も裏切って、袖に
しようとしているわけだしね。(~_~;)・・・とはいえ、代表選の
時に先に裏切ったのは、前原くんだったりもするけど。^^;
 まさか、ポスト野田を狙って動いている前原くんに恥をかかせる
ために、工事中止の撤回を画策したのではないでしょうね。(@@)>
 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 実は、今週、mewが野田首相を許せないと思うニュースが
もう一つ出ていた。
<この件にも政官財癒着の構図が絡んでいる。>

『政府は21日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県
名護市辺野古への移設に向け、移設先の環境影響評価(アセス
メント)の評価書を26日にも沖縄県に提出する方向で調整に
入った。県内移設に反対する沖縄県の反発は必至だが、米政府の
期待にも応え、予定通り年内に提出することにした。

 評価書提出を受け、沖縄県の仲井真弘多知事は90日以内に意見
を返送しなければならず、知事の対応が焦点となる。政府は意見書
を踏まえて評価書を修正するなどし、着工に向けて辺野古沿岸部の
埋め立て許可を知事に申請する方針だ。<時事通信21日>』 

<読売新聞やNHKは、27日に提出する方向だと記していた。>

 22日には、民主党の瑞慶覧長敏衆院議員や国民新党の下地幹郎
衆院議員など、与党の沖縄県選出国会議員らが国会内で記者会見し、
環境影響評価の提出(特に年内の提出)を断念すべきだと訴えて
いたのだが。
 野田内閣&防衛省は、着々と評価書提出の準備を進めている
ようだ。(-"-) 

* * * * *

 消費税増税やTPP参加の非民主的なプロセスもしかり、八ッ場
ダムの建設継続の決め方や普天間基地移設に関わる強引な手法も
しかりで・・・。
 野田氏が首相になってから、自民党の政権が続いていたのと
ほとんど変わらないようなことばかりが行なわれており、政権交代
を実現した意味がどんどん薄れている今日この頃。
 
 やはり、野田首相には1日も早く退陣してもらうしかないの
ではないかと<前原くんが次期首相になるのは、もっとイヤ
だけど>、毎日、ニュースを見るたびに、マジで思ってしまう
mewなのだった。(@@)
                THANKS

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。







民主党政権がいったん中止した八ッ場(やんば)ダム(群馬県)の建設再開が決まり、同党が09年衆院選マニフェストに掲げた目玉公約がまたも腰砕けとなった。消費税増税を含む税と社会保障の一体改革など難しい懸案を抱える野田政権に、国土交通省のつくった建設再開の流れを押し戻す余力はなく、民主党の前原誠司政調会長が12年度予算案の計上に最後まで抵抗してみせているのも「官僚主導」の印象を少しでも払拭(ふっしょく)したい思惑がにじむ。政権の弱体化が全国のダム建設継続の動きを加速させる可能性もある。【野口武則、小山由宇、樋岡徹也】

 「予算は内閣がとりまとめて国会に提出する。国会で決まった予算を執行するのは政府で、その担当が国交相ということだ」

 前田武志国交相は22日、八ッ場ダムの建設再開を表明した記者会見で、民主党政調の「事前承認」権限をちらつかせて本体工事の予算計上に反対する前原氏をけん制した。藤村修官房長官からは今月9日の段階で「担当閣僚に判断してもらうのが野田内閣の方針だ」と判断を委ねられており、首相官邸のお墨付きを得ての建設再開決定だった。

 国交相の動きは早かった。記者会見前に流域の1都5県の知事や関係自治体に建設再開を連絡。前原氏がその後の記者会見で改めて反対を表明しても、政府方針は既成事実化された形になった。

 野田佳彦首相が国交相に判断を委ねたのは、政権が複数の重い政策課題を抱える中、さらに問題を抱え込みたくないとの思惑があるからだ。消費増税のほかにも米軍普天間飛行場の移設、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加など、野田政権の課題はいずれも党内に強い異論を抱える。

 「どんな案件でも官邸に持って来すぎる。閣僚がいるのは個別事案を判断するためだ」

 首相は最近、周辺にこうぼやいた。しかし、旧建設省出身で建設再開に前向きな前田氏に任せたらどうなるかは目に見えていた。「コンクリートから人へ」を掲げたのが民主党マニフェストであり、その象徴とも言える八ッ場ダム中止の公約撤回が政権に与えるダメージも予想された。22日の同党国土交通部門会議では出席者から「この党は潰れる」との悲痛な声も漏れた。

 「予算、法案は政調会の事前承認(が必要)なので(予算計上は)認められない」

 前原氏は22日、なおも抵抗することを記者団に宣言した。前原氏は野田政権の党政調会長に就任するにあたって、予算や法案の国会提出時に党政調の事前承認を条件とするよう求めた。

 これを武器に「官僚主導」と戦う姿勢を示したわけだが、同日の記者会見では「最高意思決定機関は(野田首相や輿石東幹事長が出席する)政府・民主三役会議なので、ここでどのような判断をされるのかに尽きる」とも語った。

 党政調の事前承認に勝るのは首相の指示しかなく、最終的に首相の政治判断で建設再開となれば従うということ。官僚主導色を薄め、政治判断によるマニフェスト変更との形をとる狙いがある。

 ただ、結果的に国交省の方針通りとなれば、最後まで抵抗した前原氏の党内影響力も傷つく。党内慎重派が「マニフェスト違反」と批判を強める消費増税問題にも影を落としそうだ。

 ◇「国交相が最終決定」の検証手順が… 官僚主導に ダム復活加速も
 「前原氏は、最後は自らの判断で覆せると思っていたのではないか」。国土交通省関係者は指摘する。「建設事業継続が妥当」とした国交省の検証手順は、当時国交相として建設中止を表明した前原氏が作成に深く関わり、継続か中止かの最終判断は国交相が行う仕組みのためだ。

 検証手順を決めたのは、09年12月に設置された国交省の「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」。事業主体の地方整備局や道府県がダム以外の治水策を立案し、ダムとコストなどを比較することとした。

 前原氏は同会議の12回の会合のほとんどに出席し、座長などの人選にも関与。昨年9月に検証手順を定めた中間とりまとめの冒頭には「『できるだけダムに頼らない治水』への政策転換を進める」と記されていた。これを受け、全国83のダム事業の検証が始まった。

 だが、八ッ場ダムについて関東地方整備局は先月、「ダム建設に加え四つの代替案を検証した結果、ダム案が約8300億円で最も安く、10年後の治水効果を一番見込める」などとして事業継続が妥当と判断。12月の有識者会議の審議でも「一連の検証作業は適切に行われた」とされた。

 民主党の八ッ場ダム問題分科会に参加した議員は「この2年間、党内で八ッ場ダムの議論は盛り上がらなかった。その間に党の力もだんだん弱くなり、歴代国交相も決められなくなっていた」と、官僚側に主導権を奪われていった舞台裏を明かす。

 八ッ場ダム以外の検証作業も同様の状況にある。全国83ダム事業(国と水資源機構が建設する直轄事業30、道府県が国の補助で進める補助事業53)のうち、これまでに国交相の対応方針が示されたのは19事業(継続13、中止6)。中止事業のほとんどは、検証前から事実上止まっていたのが実情だ。

 ただ、直轄事業での「継続」判断は八ッ場が初めてとなる。国交省幹部は「八ッ場の検証手続きを各地の事業主体は注目している。これを機に、建設継続の流れが進むかもしれない」と話す。

毎日新聞 2011年12月23日 東京朝刊』

::::::::




『◇推進派が世論誘導か
 建設の是非を検証中の八ッ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)を巡り、国土交通省関東地方整備局が集めたパブリックコメント(意見公募)で、寄せられた意見の約96%が同一文書に署名だけ手書きしたものだったことが分かった。「八ッ場ダムは必要不可欠」などと印刷され、ダム推進派が組織的に署名を呼びかけた可能性が高い。ダム反対派は「世論誘導の狙いがあるのではないか」と反発。専門家は「パブリックコメントの趣旨から逸脱した行為」と批判している。

 同整備局が25日にまとめた「パブリックコメントの結果」によると、寄せられた5963件のうち5739件は全く同じ内容だった。「八ッ場ダムは利根川水系における治水、利水の安全度を高める対策として、もっとも現実的、かつ確実に効果を見込める事業」「速やかにダム本体工事に着手し、計画通りに事業を完成すべきだ」などと推進を求める意見がパソコン文字で印刷されており、署名だけが異なっていた。

 パブコメは10月6日~11月4日に全国から募集。集まった5963件のうち埼玉県在住者の意見が5738件に上っており、同一文書の大半は同県在住者が寄せたとみられる。

 同整備局は「パブコメは多数決ではないので、特に問題はない」と説明しているが、八ッ場ダム建設に反対する市民団体「水源開発問題全国連絡会」の嶋津暉之共同代表は「世論誘導のため組織的に署名を集めたと思われる。非常に問題だ」と話している。【奥山はるな】

毎日新聞 2011年11月26日 』
[PR]
by mew-run7 | 2011-12-23 09:01 | 民主党、民進党に関して | Trackback(3)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/17105752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2011-12-23 14:16
タイトル : 官僚の召使いと化した八ッ場ダム再開・野田首相の公約破りは..
 昨日からマスコミが八ッ場ダム再開を報じているが、本日12月23日(金)の日経新聞の「総合・政治」ページも関係記事を大きく報じている。 見出しは「八ッ場ダム 建設再開表明・国交省、政権公約を修正・前原氏反発「閣議決定させぬ」」で、記事の中の建設再開の理由の部分だけを引用すると、「有識者会議が建設の是非を検証し、今年12月に建設が妥当と結論づけた。‐‐‐ ‐‐‐‐ 一方で「最高意思決定機関は政府・民主三役会議だ。そこでどう判断するかにつきる」とも語る。党内には「着工費用の計上を首相が決めれ...... more
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2011-12-23 16:33
タイトル : 八ッ場ダム建設続行?と民主党
・建設継続か中止かで再検証の対象となっていた八ッ場(やんば)ダムについて、前田国土交通相は22日の閣議後の記者会見で、「建設を継続し、2012年度当初予算案に本体工事に入るために必要な経費を計上する」と発表しました。 ・そしてテレビでは前田さんが地もと...... more
Tracked from 何これニュース【2ちゃん.. at 2012-05-28 16:01
タイトル : 【原発事故】 菅前首相 「どのような権限が首相にあるか、..
1 :影の大門軍団φ ★:2012/05/28(月) 14:46:26.62 ID:???0 菅直人前首相は28日午後の国会の東京電力福島原発事故調査委員会(国会事故調)で、「原子力事故にあたって、どのような権限が首相あるいは(対策...... more