「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38
安倍が森友に100万寄付?あ..
at 2017-03-17 01:57

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実
東日本大震災の被災者救済..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20
菅直人元首相がツイッター..
by リンタ at 20:06
mewさん2月13日13..
by xtc4241 at 13:35

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

北米産牛肉の輸入再開は、アブナイ!(1)


私は今、ある意味では憲法や政治経済の諸問題よりも脅威に感じていることがある。
 それは、日本政府が、年内にもアメリカ・カナダ(以下、北米)生産の牛肉の輸入を再開
しようとしていることだ。安全性に対する保証はないままに、である。
 
 変な話、私が小泉首相を最も評価していたのは、アメリカの多大な圧力にも屈せず、
2年間にもわたって、輸入再開を行なわないことであった。こればかりは、彼の一度
決めたら頑固に信念を突き通すという姿勢が、いい方向に出ていたように思う。
 だが、ついに日本も圧力に屈する日が近づいている。

 11月中旬にブッシュ大統領の訪日する。日本政府に対する圧力もスゴイのだが、
ブッシュ大統領自身も自国&地元の関連団体などからかなりの突き上げをくらっている
ときく。そこで、彼への手土産に、11月初旬には輸入再開を正式決定したいらしい。

 だが、国民の納得を得るためにも、安全性に関するお墨付きが欲しいところである。
そこで内閣府の食品安全委員会に設置したプリオン専門調査会にしかるべき結論を出して
もらい、食品安全委員会の答申を出して、それを受ける形で正式決定をしようとしている。

 10月31日、上述のプリオン専門調査会が、答申案を作るための結論を発表した。
「データが不足しており、科学的な判断が困難だ」という前置きをしつつ「もし輸入条件 
が日本政府の責任の下に順守されれば(日本の牛肉と比べ)リスクの差は非常に小さい」
というものであった。

 だが、同調査会の吉川会長は、わざわざ記者会見で「リスクの差が小さいという言葉
がひとり歩きするのは困る」と述べ、「条件が守られない場合は、結論が崩れる」「政府
の責任の下にということだ」「あとは消費者が決めればいい」と語ったという。
 これらの発言からも、同調査会が北米産の牛肉の安全性が高いとは言い切れない状況で
あることがわかる。
 
 また、輸入再開の方針であるとの報を受けて、牛丼チェーン「すき家」を経営するゼン
ショーの小川社長は「現在のチェック体制では、安全性を確信できないため、北米産の輸入
牛肉をそのまま使用することはできない」とコメントした。他の飲食店やスーパーを経営
する企業もとまどいを示し、慎重な姿勢を見せているところが少なくないという。

 このように安全性に関して懐疑的な見解が多い状況にあっても、果たして日本政府は、
半ば強引に北米の牛肉の輸入再開を決断するのであろうか? 日本国民の身体や生命の安全
を犠牲にする危険性があっても、米国との関係を重視するのであろうか?もし問題が生じた
場合、その責任はとれるのだろうか?

 これは、ある意味で憲法云々の問題よりも、一般市民の日常生活や生命や身体に直結する
重要な問題なのではないかと思われる。

 
 <つづきは ↓Moreをクリック>



アメリカのBSEに関する調査や対策に関しては、日米のTV番組や記事などで観る限り、かなり
ズサンで不安に思える部分が大きい。
 アメリカでは、まだ2頭しかBSEに感染した牛が見つかっていないというが、そもそもアメリカは
30ヶ月以上の牛に関して、全頭数の0.1%しか検査していない。向こうのTVによれば、BSEの
疑いがあるような異常な動きをする牛が多数目撃されているが、届出のないまま処分されている
ようで、表ざたにならずに終わっている可能性が高いという。
 またヤコブ病患者の中で数十人ほど、BSE感染が原因なのではと疑いが持たれている人が
いるというが、既に死亡して国や州はその点を調査しようとしてくれないとアピールする者もいた。
 さらにアメリカはBSE感染の要因となっている肉骨粉の使用は、早くから禁止しているので、
若い牛は感染している可能性が低いと主張しているが、近時の調査では地方の小さな農家で
いまだに肉骨粉を使用している所が少なくないということが判明したという。

 プリオン調査会が「データがあまりない」というのも、このように少数で大雑把な調査では、
正確なことが把握しようがないということを意味すると思われる。

 そして、日本は輸入の条件を、20ヶ月以下の牛で、危険部位を除去したものならと決めたが。
 別に20ヶ月以下の牛が安全性が高いということではないのだ。ただ20ヶ月以下の牛の場合は
検査をしても感染しているかどうかわかりにくいので、検査しても意味がないようなのだ。それで
ヨーロッパなど他国も24~30ヶ月以上の牛に対してのみ検査をすることにしている。日本も近々、
20ヶ月以下の牛は検査対象から外すことを検討されている。それで、この条件にしたのである。
 しかも、日本の場合は、生まれた牛は早い段階で耳にタグをつけるなどして、一頭一頭の生年
月がチェックできるような仕組みが調っているのだが、アメリカの場合は、大規模な農牧業が行な
われている所が多いため、一頭一頭の牛をチェックすることは困難だという。従っておおよその
月齢で判断されるケースが多くなりそうなのである。
 さらに、現地の関係者も、日本の専門家や企業も最も恐れているのは、現地の工場で行なわれ
る危険部位の除去作業における安全性である。危険部位(特に脳や脊髄)をとり除く際は、かなり
慎重に作業をしないと、病原菌が残りの部位についてしまう危険性があるという。しかし、現地の
工場の中には、多量の頭数を流れ作業的に扱っているため、かなりズサンな除去の仕方が行な
われている所があるようなのだ。(私もTV番組でも観たがそのような印象を受けた)
 
 現地に視察に行った専門家(きいた話では、プリオン調査会のメンバーもいるらしい)、この問題
を報告しているという。ゼンショーの社長もこの点を指摘していたそうだ。
 調査会の会長が「条件が順守されれば」というのも、この点を懸念したものだと解される。きちん
と危険部位が除去されていれば、感染リスクは小さいが、そうでなければ保証はできないよという
ことである。
 
 ゼンショーの社長は、もし将来、北米産の牛肉を輸入する場合は、安全性を確保するために
自社が責任を持って管理できる牧場、工場のものを使用したいと言っていたときく。
 だが、日本政府が北米の全ての牧場や工場を監視するのは不可能であろう。政府は、抜き打
ち検査をすることを考えているというが、それで管理できるとは思えない。

 その結果が調査会会長の「消費者に決めて頂くしかない」という言葉につながるのである。

 日本では、アメリカ産牛肉の消費量が大きく、特に食品メーカーや飲食店を経営する企業では
一日も早い輸入再開が望まれている。その面では、アメリカと利害は一致しているのである。
だが、安全性確保の考え方が大きく異なってしまっていることに、問題が残ってしまう。 

 <以前、知人たちと「それなら北米産の肉牛を輸入して、こちらで検査、食肉加工すればいいん
じゃない?」と考えたのだが。生きた牛を輸入するのも検疫や輸送などの面で多大なコストがかか
るようだし、アメリカでは牛の生産、食肉加工は一連のものとしてとらえられており(実際、両者を
扱う企業が多い)、牛だけ輸出しても利益にはならないようだ。.>

 果たして、日本政府は、安全性が十分に確保できるという確信を持てないまま、北米産の牛肉
の輸入再開を正式決定するのであろうか? 国民の命を危険にさらすことも覚悟しているのだろ
うか?
 人間がBSEに感染した場合、潜伏期間は数ヶ月~10年以上(平均数年)であるという。しばらく
して、日本人の中にヤコブ病を発症する人が出た場合に、政府は果たしてどのように対応し、どの
ように責任をとるのであろうか? 最終的に決断するのは小泉首相であるが、彼の任期はあと一年
しかない。

 そして、もし北米産の牛肉の輸入が再開されてしまった場合、国民の中には、自己防衛のため
に北米産牛肉を口にすることを避けたいと考えるものも少なくないと思う。
 私の周囲でも、そのような話が出ている。
 しかし、色々考えてみると、消費者が北米産の牛肉を完全に避けることはかなり困難なことの
ように思える。              <つづく>  THANKS
[PR]
by mew-run7 | 2005-11-03 05:05 | 政治・社会一般 | Trackback(38) | Comments(10)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/1711154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 時事を考える at 2005-11-04 01:44
タイトル : 政治解決(米牛肉輸入再開問題)
米産牛肉の輸入再開が12月に内定したようです、農水相が中川さんに決まったようです... more
Tracked from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部 at 2005-11-04 02:56
タイトル : 小学生でも分かるアメリカ肉の怖さ
以前の記事、『日本の安全を破壊する米国産牛肉』で、「米国産牛肉の輸入再開は子ども... more
Tracked from 与えてこそ手に入るもの at 2005-11-04 10:35
タイトル : BSE問題〜プリオン
ヤコブ病の原因とされる「プリオン」。 「プリオン」はノーベル賞を受賞した「プルシナー博士」が発見し、名づけたものです。彼は、日本の牛の全頭検査を支持し、アメリカ議会で発言もされました。プリオンは「ウィルスよりもはるかに小さく電子顕微鏡でも見えない」そう... more
Tracked from パペッティなココロ at 2005-11-05 08:20
タイトル : 狂牛病
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10005765639 アルバイトもなんだかんだで、6年もやってます。 狂牛病騒動の時は、お客さん誰しも「牛」という言葉や文字のみで過剰な反応が見られ、その汚らわしいものをおいていく【店】自体イヤ!というヒステリックなものでした。... more
Tracked from 因果応報な日々 at 2005-11-05 20:34
タイトル : ( ゚д゚)ポカーン
科学的回答難しい=「あとは消費者が決めればいい」-プリオン調査会座長|Yahooニュース  米国産牛輸入再開の答申案を了承した内閣府食品安全委員会プリオン専門調査会の吉川泰弘座長は31日の会合後記者会見し、「(米国の)データ不足に加え、(日本向け輸出条件が守られるとの)仮説の上では、科学的な回答は難しい」と述べ、同調査会の議論に限界があったとの認識を示した。  吉川座長は「条件が守られない場合は結論が崩れる」と指摘。厚生労働・農水両省が条件の順守を米国に徹底させた上、輸入再開に踏み切れば「あと...... more
Tracked from ひなつのひとりごと at 2005-11-08 10:25
タイトル : どーなる!?米国産牛肉輸入再開
もともと肉ってあまり好きではなくて、ステーキとかも食べないから、BSE問題が起こったときも比較的私は他人事って気分でした。(といっても、エキス等知らず知らず摂取はしてるのでしょうが・・。)ふだん料理に使うのも、鳥と豚で、牛肉って買わないから、私自身は米...... more
Tracked from 斜45° at 2005-11-13 14:09
タイトル : 食品安全委員会プリオン専門調査会の苦悩
{/niwatori/}やっと肩の荷降りたワ。きつかったな、今回は。 {/buta/}なんせ、ブッシュはんの来日に間に合わさんとあかんかったさかいな。 ワシら「遅い、遅い」言われとったけど、ほんまは早かったんやで。EUとかもまだアメリカの牛肉の輸入止めたままやさかいな。日本だけやで、輸入再開がこんなに早かったんは。 {/niwatori/}そやな。ブッシュはんにも、もっと褒めてもらわんと割り合わへんな。ワシ、言葉で褒めてもらうより、物とか金がええねんけど・・・。 {/buta/}それに、今回の場...... more
Tracked from あさってのほうこうBlog at 2005-11-17 02:09
タイトル : 【アメリカ産牛肉】拙速な輸入再開に反対する ― その1
■年内にアメリカ産(正確にはアメリカ・カナダ産)牛肉の輸入を再開するそうだ。 ニュースを見ていると、20歳代後半ぐらいの兄ちゃんが 「え?輸入再開されるんすか!また牛丼が食べれますね。え?そりゃ嬉しいっすよ」 と、アホみたいな顔をしてハシャいでいた。 ■今年の4月、日本国内初の変異型ヤコブ病患者が確認された。 狂牛病(BSE)に由来する病だ。 50代の男性で、牛のBSEが大流行していた1989年にイギリスに1カ月間滞在したという。 ■この変異型ヤコブ病。 人類にとって最も悲...... more
Tracked from 雪ノ助、世の中それでいい.. at 2005-11-19 18:11
タイトル : 年内輸入再開の方針伝達 首相、米国産牛肉で
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 年内輸入再開の方針伝達 首相、米国産牛肉で 京都迎賓館で行われた日米首脳会談。 小泉首相は支持率60%、かたやアメリカ大統領ブッシュは不支持率が60%の二... more
Tracked from フツーに生きてるGAYの日常 at 2005-11-25 23:33
タイトル : タダほど怖いものはない~フリーペーパーに気をつけよう
今日は久々に「社会派ブログ」です(笑)。今日、ファミレスの入口でフリーペーパー「R25」を見つけ、食事しながら読みました。最近、駅の改札だとかコンビニの入口などに置かれているのをよく見かけます。リクルートが発行し、発行部数は60万部にも上るそうです。電車の中や駅のホームでも読んでいる人をよく見かけます。なにしろタダでいろんな情報が得られ、暇つぶしにもなりますからね。あれっ?と思ったのは「経済」の記事。「まもなく輸入再開だけど・・・アメリカの牛肉輸入、結局、全頭検査はなしでいいの?」という見出しのこの記...... more
Tracked from ひよっこ科学者のアメリカ.. at 2005-12-07 15:38
タイトル : 輸入再開後、政府の取るべき風刺的対策
ニュースによると、政府は米国産牛肉の輸入再開を12日に正式決定する方針を固めたそうだ。これを受けて、また各地で論議がかもし出されるだろう。日本人の食に対する安全思考は限りなく高い。食事は毎日のことでもあり、非常に切実な問題である。しかし各人が本当に正しい... more
Tracked from 落穂ひろい at 2005-12-13 06:38
タイトル : まだまだ、安全じゃない
「使いたいが使えない」 牛丼のすき家が見解発表 | Excite エキサイト : ニュース 小泉がブッシュへの手土産代わりに 国民の命を差し出した。 家では、アメリカ産牛肉を買わなければ、まず口にすることは無いと思う。 しかし、外食産業では安く大量に手に入る物を使うところもあるだろう。 後は、その企業の心一つというわけだ。 「国がいいってんだから、使っちゃうよ~。」てのか 「イヤ、消費者の安全が第一!うちは国産牛肉を使っています。」 と言って、アメリカ産も少し混ぜた...... more
Tracked from ロッキンダディの【caf.. at 2005-12-13 13:11
タイトル : 産地を偽るなよ
米産牛肉輸入解禁、消費者「安くてもためらう」 (読売新聞) - goo ニュース 焼き肉大好きのおいらには、肉は安い方がいいですけど 米国産は絶対に買いませんよ。 絶対なんて言い張りながら、実はなんとかプリオンやら 生後20ヵ月以前・以降なんて専門的なことは知りません。 でもグレーだからこそ、余計に不安が刷り込まれるってもんでしょ。 どうせ庶民はバカで白か黒だけなんだから、 嘘でもそれっぽく言われれば信用しちゃう。 そこを配慮してくれた説明がないんだから、 やっぱ足元ヨレヨレの牛の映像がアタマをよ...... more
Tracked from 40代の私にとっての最新.. at 2005-12-13 19:46
タイトル : 米国産牛肉12日も輸入解禁決定!
輸入解禁12日にも決定 米国産牛肉、2年ぶり 『内閣府食品安全委員会は6日、牛海綿状脳症(BSE)の発生で停止している米国産とカナダ産牛肉の輸入再開を容認する内容の答申案について、8日の定例会議で最終審議すると発表した。同日中に厚生労働省と農水省に答申....... more
Tracked from 「感動創造カンパニー」ダ.. at 2005-12-13 20:23
タイトル : 私は、「吉野家」ではなく、「すき家」に行きます!
「使いたいが使えない」 牛丼のすき家が見解発表 米国、カナダ産牛肉の輸入が2年ぶりに再開されることになった。内閣府の食品安全委員会の答申を受け、農林水産省などが禁輸の解除を決めた。近く、米国産牛肉が牛丼店で復活し、販売店の店頭にも並ぶことになる。 アメリ....... more
Tracked from 新「とっつあん通信」 at 2005-12-13 20:36
タイトル : ポチやポチ 肉を買わにゃきゃ 煮て食うぞ
それにしても きょうはブログのネタになりそうなニュースが たくさんあって嬉しい悲鳴であります(笑) で、これはその第二弾。 ついに食品安全委員会が 米国産牛肉の輸入再開を答申しました。 (12日には正式に再開が決まりました) アンケートで集まった 半数以....... more
Tracked from 斜45° at 2005-12-14 00:16
タイトル : 京都土産は米国産牛肉輸入年内再開
小泉首相は、このときのために急いで用意した、とっておきのお土産をブッシュ大統領に渡しました。 年内輸入再開の方針伝達 首相、米国産牛肉で (共同通信) - goo ニュース 小泉首相は「牛肉輸入が年内に再開できるように努力する」と言ったそうだ。 ところでちょっと聞きたいんですが、この問題で日本が米国に対して努力することってナニ? 努力するのは米側ではないの?。 日本は買うほう、すなわち客。なんで客が「努力」してまで買いたくもないものを買わなければならないの? こんな話ってありますか? まだ正式に...... more
Tracked from しゃべるマーライオン at 2005-12-14 07:04
タイトル : シンガポール お祝いの席は吉野家で!
昨日ラジオ(Class 95 FM)で日本の米産牛肉輸入再開に触れ、シンガポールの牛肉はほとんどがオーストラリア産だから大丈夫だとDJが笑い飛ばしていた。こちらの吉野家の牛肉もオーストラリア産なのだろうか? YOSHINOYAには牛丼をはじめ、日本にはないちょっと変わったメニ....... more
Tracked from 佐藤秀の徒然\{?。?}.. at 2005-12-14 12:08
タイトル : よく分からん米国産牛肉解禁
そもそもアメリカでBSEが発生したからといって、オール・アメリカで一律禁止することに意味があったのだろうか?... more
Tracked from 佐藤秀の徒然\{?。?}.. at 2005-12-14 12:09
タイトル : よく分からん米国産牛肉解禁
そもそもアメリカでBSEが発生したからといって、オール・アメリカで一律禁止することに意味があったのだろうか?... more
Tracked from エカオヤジのがんばれニッ.. at 2005-12-14 13:20
タイトル : アメリカ産牛肉、買うか?
風邪ひいて、ブログも休んじまったわ。休んどる間に、米国産牛肉の輸入再開っていうニュース聞いてびっくりしたわ。ええの?安全性はて? また、産地偽る奴でてこーへんのか?吉牛フ... more
Tracked from 雑談日記(徒然なるままに.. at 2005-12-14 18:43
タイトル : 米国産牛輸入再開に反対するアニメGIFの主張部分を募集し..
 アニメーションGIFを作りたいのだが、作り方が分からない人のための僕自身の企画... more
Tracked from 佐藤秀の徒然\{?。?}.. at 2005-12-14 20:28
タイトル : 外務省にはBSE存在せず
よく分からん米国産牛肉解禁を書いた後、念のために外務省の海外安全ホームページでBSEを検索したら、不思議なことに一つもヒットしなかった。... more
Tracked from Backpackerかく.. at 2005-12-14 22:21
タイトル : 米国産牛肉輸入ついに再開決定!
日本政府が送るサンタクロースから、日本国民へのクリスマスプレゼント! サンタさんの白い袋の中身は、 米国産牛肉の詰め合わせ これを国民が喜ぶか嫌がるかは、読者のご想像に任せるとして、 私は、、、別にどうでもいい。 米国産の牛肉を待ちこがれてたわけやないし....... more
Tracked from 斜45° at 2005-12-14 23:58
タイトル : 米国産牛肉輸入2年ぶり再開決定
{/hiyo_ang1/}そやけど長かったな。2年やで、2年。あいつら牛丼好きなくせに、よう我慢しよったもんや。日本人恐るべしやな。 {/face_kaze/}輸入再開は決まったらしいけど、その前に日本から日本向け食肉処理施設の査察に来よるらしいで。来られても大丈夫なん? {/hiyo_ang1/}何が? {/face_kaze/}何がて。見られてまずいとこ見られたりせえへんのんか? {/hiyo_ang1/}なに細かいこと気にしてんねん。おまえアメリカ人らしィないで。 え、査察? そんなん形...... more
Tracked from スター・ウォーズ エピソ.. at 2005-12-15 00:54
タイトル : 勝手にブロガー新聞 「米国産牛肉、どうすんのよ?」第4号
プリオン病が細菌やウイルスの病気とどう違うのかちゃんと教えてもらっていなかったり、全頭検査をやることの意味を理解させてもらえなかった日本国民の皆さん、お元気ですか?勝手にブロガー新聞ももう第4号です。今回はQ&A形式でまとめてみました。 1.20ヶ月齢以下の...... more
Tracked from スター・ウォーズ エピソ.. at 2005-12-15 00:55
タイトル : 勝手にブロガー新聞 「米国産牛肉、どうすんのよ?」第4号
プリオン病が細菌やウイルスの病気とどう違うのかちゃんと教えてもらっていなかったり、全頭検査をやることの意味を理解させてもらえなかった日本国民の皆さん、お元気ですか?勝手にブロガー新聞ももう第4号です。今回はQ&A形式でまとめてみました。 1.20ヶ月齢以下の...... more
Tracked from Masala MASALA at 2005-12-18 00:33
タイトル : アメリカ産の牛肉
アメリカ産の輸入牛肉が再開され第一便が届いたのだそうな。 再開され輸入されるよ...... more
Tracked from Masala MASALA at 2005-12-18 00:36
タイトル : アメリカ産の牛肉
アメリカ産の輸入牛肉が再開され第一便が届いたのだそうな。 再開され輸入されるよ...... more
Tracked from プラチナ色のセレブリティ at 2005-12-21 16:02
タイトル : 米国産牛肉輸入再開の狂気
 気がついたらアメ牛(米国産牛肉)輸入再開です。狂気以外の何物でもありません。  もちろん、私はそんな恐ろしいものを食べる気はさらさらありません。吉野家で牛丼食べて、頭の... more
Tracked from 世相春秋 at 2005-12-23 10:02
タイトル : アメリカ産牛肉輸入再開について・その1
昨日にUPする予定でした、記事にようやく手を付けています。さて、早いもので私が坂本龍一さんのPLAYING THE PIANO/05のコンサートから早一週間経過しようとしています。そのコンサートのMCで坂本龍一さんこと、「教授」は「最後の晩餐」を田中康夫氏(長野県知事)と行ったそうです。何のことかと申しますと、アメリカ産牛肉が成田へ到着するのが今月18日ということで、その前に「安全」な牛肉を食べようというロハスクラブ記者発表会&第1回トークセッションでの一幕を語っていたのです。 さて、私は随...... more
Tracked from ニュースヘッドライソ at 2005-12-23 20:29
タイトル : 米国産牛と強度偽装問題で必要な「全党検査」
けっこう有名なんですでにご覧になられた人も多いでしょうか。アルツハイマーにかかった患者が 描き続けた自画像の変遷画像。かなりショッキングな画像ですが、ご存知のとおり、この徐々に迫り来る絶望的な死から免れられない病は、狂牛病にかかった牛を食べると感染するら....... more
Tracked from 政治家・兄やんの一言モノ.. at 2005-12-24 12:23
タイトル : 輸入牛肉再開を耐震偽装に重ねてみる
もう輸入再開されたのだが、基本的に兄やんが反対しているのは、現在の条件が安全に不安がある、ということだけではなく、その検査機関が機能するのか、全く信用ができないからである。 マンションの耐震偽造すらも見抜けない、検査機関がまともにチェックすることができな....... more
Tracked from リクエストメール で時給.. at 2005-12-24 22:18
タイトル : 牛丼がっつく?
16日に 米国産牛肉 が2年ぶりに輸入再開し、 早くも今日 には焼肉店に並ぶそうです(汗) 安く買えるっていうのは、消費者の一人として嬉しいんですが、 安かろう悪かろう じゃあねぇ・・・ 同....... more
Tracked from 牛は何を食べたらいいのか? at 2005-12-27 13:20
タイトル : 頑張れ!マクドナルド(最終回)
結論です。マックにお願いしたいこと。 こんな広告を出して欲しいのです。 『これか... more
Tracked from 晴耕雨読 at 2006-03-25 21:55
タイトル : 米国BSE牛、ヨーロッパでならパニック?!
米国で今回確認されたBSE感染牛には、見かけ以上に重大な問題が隠されている。 それは、擬似患畜(感染牛と同居し感染の疑われる牛、範囲はここを参照)が全く管理されず、すでに市場に出回ってしまっていたことだ。  擬似患畜にBSEが発見される可能性は、健康な牛の10倍程度かそれ以上だ。2004年、ドイツは検査された1311頭の擬似患畜に2頭、ポルトガルでも1217頭に2頭の陽性牛が発見されている。米国の1牛群に1頭以上の感染牛が発見されるのは「高度に異例」とは保証できない。  しかも、今回のケースは1...... more
Tracked from ネット的記憶装置 at 2006-07-28 09:14
タイトル : いよいよ、アメリカ産牛のご来日ですw
しっかり産地表示してくれて、選択することが出来ればいいが絶対口の中に入るもんなー。はよ、BSEの全容解明しろよ〜、頭いい人。米産牛肉、輸入再開を決定http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060727AT3S2700B27072006.html農林水産省と厚生労働省は27日、BSE(牛海綿... more
Tracked from 浮 世 at 2006-07-29 22:16
タイトル : 米産牛肉の輸入再開!日本でシェア回復に全力
米産牛肉の輸入再開、日本でシェア回復に全力…米政府日本が米国産牛肉の輸入再開を決めたことで、米政府や関連業界は、かつて最大の牛肉輸出相手国だった日本市場でのシェア(占有率)回復に全力を挙げる方針だ。米国産牛肉輸入再開について会見する川崎厚労相=東京・厚...... more
Commented by ニケ at 2005-11-03 09:55 x
「食の安全に対しての責任」って、結果が出てからのことでは遅すぎる。

新たな危険は次々と生まれてくるのだが、結局は被害者が出てからしか対応しないし出来ないようだ。事前に予測され指摘を受けても「安全であるかも知れない」との意見を拠りどころに事を進めていく。

チェルノブイリの汚染牛肉だってどこへ販売されたのか?いま、あらゆるものが世界中に運ばれ売られていく。私もすでにハンバーグとして食べてしまっているかもしれない。
BSEは牛の飼料に牛の肉骨粉を与えたのが原因と言われているようだが、鳥インフルエンザも何か人間の仕業にも原因があったのだろうか。

人間の世界についても「風土病」と言われていたものが世界中に広がってしまう。

貿易による国と国との利害関係、権力者同士の圧力の攻防。そしてそれから得られる利益を得たいとする勢力。

私たちが子孫に対して出来ることは、個々の事に逐一抵抗していかなければ何をされるかわからない!と思います。

「なんでも反対の勢力」などの言葉に屈してはならないのだ。と・・
Commented by mew-run7 at 2005-11-04 01:16
ニケさん、コメント有難うございます。

長い歴史の中では、人間や動物や植物に対して、時に壊滅的な打撃を
与えるような病原菌が出現していますね。
日本では他人事扱いですが、アフリカでは地域によってはエイズの拡大
が続き、半分以上の住人が命を失うかも知れないところもあります。
鳥インフルエンザも、人間に感染するおそれがあると言われていますよね。
こういうことには、先進国を主体に世界が一丸となって、立ち向かって行か
なければならないと思います。

BSEに関して、確かに日本人は神経質すぎる面もあるかも知れませんが。
それが日本の国民性というものですし。
国民の命や健康に関わる問題については、各国が独自の基準があって
当然だと思います。(軍事も同様ですよね。)
こういうことに関してはグローバル・スタンダードなど考えなくてもいいのでは
ないでしょうか?

私も喜んで「抵抗勢力」を続けたいと思います。(~~)
Commented by akaboshi07 at 2005-11-25 23:34
はじめまして。
今日、フリーペーパーでBSE問題の妙な記事を見かけたことをきっかけに
こちらの記事を読ませていただきました。
とてもわかりやすく書かれていて助かりました。
当ブログから記事をTBさせていただきます。よろしくお願いします。
Commented by mew-run7 at 2005-11-26 05:25
akaboshiさん、はじめまして。TB&コメント、有難うございます。

たぶんフリーペーパーを作る側は、牛肉を使う飲食店などとの関係も
あることから、輸入再開に安心感を与える意図もあったのではないかと
察します。
また、そちらのブログにもお訪ねして、ゆっくり読ませて頂きたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
Commented by ロッキンダディ at 2005-12-13 14:10 x
TBありがとうございました。

消費者が北米産の牛肉を完全に避けることは困難どころか、絶対にムリなんじゃないでしょうか。憤りを感じずにいられません。
Commented by mew-run7 at 2005-12-14 10:13
ロッキンダディさん、TB&コメント有難うございます。

正直なところ、政府としても、何やかんや言っても、そのうち国民は現状に
慣れてしまい、または北米産牛肉を避けることをあきらめて、生産地に
こだわらずに牛肉を消費するようになるであろう、と考えているのでは
ないかと思います。
国民はすっかりナメられているように感じます。
まずは、自民党の昼食会のカレーや国会関係や官公庁の食堂などで
積極的に消費して欲しいものですね。
Commented by 真夜中の国語辞典 at 2006-01-02 16:44 x
初春を寿ぎここで一句。
再開で肉屋の笑顔に不信感
Commented by mew-run7 at 2006-01-03 04:17
真夜中の国語辞典さん、投句を有難うございます。

マジな返句を・・・
再開で わが家は牛肉 ご法度に ・・・(涙)

肉屋への不信感が、こうなってしまったですぅ。
Commented by 真夜中の国語辞典 at 2006-01-04 12:34 x
どうもです。

これからは保険を掛けて肉を食う

多くの保険はまだvCJDに対応していませんが、そのうち出てくるでしょうね。
Commented by mew-run7 at 2006-01-05 02:00
真夜中の国語辞典さん、コメント有難うございます。

問題は、そのお肉で病気になったことをどうやって立証するかなんですよね~。

商品の 裏を返して 牛混チェック ・・・買い物も大変になっています。