「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15
安倍が朝日攻撃で大暴走~森友..
at 2018-02-15 04:07
安倍、労働裁量制でデタラメな..
at 2018-02-14 05:00
安倍シンパ・百田の朝日攻撃が..
at 2018-02-13 06:33
暴言大王の足立、ついにアウト..
at 2018-02-12 03:40
佐川は虚偽答弁の疑い濃厚。財..
at 2018-02-11 07:21
森友答弁は、佐川に指示した上..
at 2018-02-10 04:39
産経、フェイク記事で謝罪~沖..
at 2018-02-09 03:27

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本経済に暗雲・9日午前..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
他人事ではない台湾東部の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米トランプ大統領のアメリ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47
mewさん、12月16日..
by xtc4241 at 07:51

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(275)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

小沢公判で、田代の捜査報告書が証拠に&裁判所が検察に審査会への提出書類を照会

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

最新の記事(10個)のコーナーはヨコの欄に。
*印のついた報道記事は、文末のMore部分にあるです。




 この記事では、小沢一郎氏の公判に関することを・・・。

 1週間ぐらい前の話で恐縮なのだが。新たな証拠が採用されそうだという話と、東京地裁が東京地検に検察審査会に提出した資料に関して照会を行なったという話を書きたい。

<実は、先週、ほぼ書き上がっていたのだけど。個人的な関心もあって、刑事訴訟法の「不当起訴の控制」について、チョット勉強し直して、記事にも書き加えようかな~と思っているうちに、何もしないまま1週間立ってしまったです。^^;>

 あ、あとコメント欄で、小沢氏の公判について不相応に詳しく書いているという意見があったのだけど。

 mewは、政治的な側面から見て、この小沢氏&秘書の捜査、起訴(検察審査会の議決含む)に問題を感じているので、捜査段階から自分なりに力を入れてこの件をウォッチして来たし。
<個人的には陰謀論のようなものは好きではないけど。でも、この件に関しては、何らかの政治的な力や思惑が働いたと思う方が、自然なのではないかと思っている。>

 しかも、mewは、もともと個人的に刑事訴訟(法律的な勉強も、ナマの刑事の捜査や裁判も)に興味があるし。
 この小沢氏&秘書の件については、検察の捜査&起訴、告発や審査申し立て、検察審査会や強制起訴制度のあり方などなどに関して、実に様々な問題が浮き彫りにされつつあると思うので、それらについて考えるためにも、この件に関しては、かなりこだわって記事を書くことに決めた次第だ。(・・)

<できれば、記事を読んで下さる方々が、この件を通じて、刑事訴訟に関する諸問題について何か気づいたり、色々考えたりする機会を得るといいな~とひそかに願っているところもある。
 ただ、mewは司法の関係者でも専門家でもないので、記事を書く前に多少は勉強や調べものをする時はあるけど、あくまでも一般の素人として、mew基準で書いているに過ぎないということを申し添えておきたい。。

* * * * *

 まず、『小沢検審に提出した捜査報告書偽造で検事を告発&ヤクザ発言記載も起訴議決に影響か』のつづきになるのだが・・・。

 13日に東京地裁で、小沢一郎氏の公判に関する進行協議が行なわれたとのこと。
 小沢弁護団は、東京地裁に新たに田代検事が作成した捜査報告書を証拠として申請していたのだが、検察役の指定弁護士が同意をしたため、証拠として採用される可能性が大きくなった。

<刑訴法326条の規定により、相手が同意した書面又は供述は、その書面が作成され又は供述のされたときの情況を考慮し相当と認めるときに限り、証拠として証拠とすることができる。
 2月17日に相当がどうかチェックしたあと、正式に証拠の採用されるかどうか決まる。>

『資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の公判の進行協議が13日、東京地裁で行われた。弁護側が証拠申請していた田代政弘検事(44)作成の捜査報告書について、検察官役の指定弁護士側が同意する方針を示し、証拠採用される見通しとなった。

 進行協議には指定弁護士、弁護団、裁判官らが出席し、非公開で行われた。

 田代検事は元秘書、石川知裕衆院議員(38)=1審有罪、控訴中=の再聴取を担当し、捜査報告書を作成。昨年12月の第9回公判に証人出廷した際、実際には石川議員が述べていないやり取りを捜査報告書に記載したことを認めたため、弁護側が新たに証拠申請していた。

 2月17日に予定されている第14回公判で採否が判断され、採用されれば証拠調べが行われるとみられる。

 弁護側は「虚偽の捜査報告書を根拠とした東京第5検察審査会の起訴議決は無効」として公訴棄却を申し立てているほか、田代検事作成の調書の任意性も争う方針。

 捜査報告書をめぐっては、市民団体が今月12日、虚偽有印公文書作成・同行使罪で田代検事に対する告発状を最高検に提出している。(産経新聞13日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 また、この後、田代検事が作成した捜査報告書には、複数の事実と異なる記載があったことも判明したという報道記事が出ていた。

『民主党元代表、小沢一郎被告(69)の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、石川知裕衆院議員(38)の取り調べ担当だった田代政弘検事(44)が、事実でないやりとりを記載した捜査報告書の全容が15日、判明した。公判で弁護側が追及した部分の他にも、「調書への署名はあなた自身の判断だ」と告げたなどと、取り調べ記録にないやりとりが記載されていた。

 捜査報告書は、小沢被告を起訴相当とした検察審査会の1回目の議決を受けた再聴取後に作成された。小沢被告への虚偽記載の報告を認める調書の作成経緯について、石川議員が「検事から『うそをつくようなことをしたら、選挙民を裏切ることになる』と言われたことが効いた」と供述したと報告書には記載されているが、弁護側は公判で、石川議員が取り調べを録音した記録にはないと指摘。田代検事はやりとりがなかったと認め、「過去の話と記憶が混同した」と説明した。

 報告書にはこの他にも「調書に署名押印するかどうかはあなた自身の判断だ」との田代検事の説明を受けた石川議員が、「署名拒否でもいいですか」と尋ね、「どうしますか、拒否しますか」と確認されると、「そんな突き放さないでくださいよ」と述べたとあるが、録音記録にこうしたやりとりはない。さらに報告書には、「虚偽記載は独断だったと供述したら、調書を読んだ人がどう思うか」と問われ、石川議員が「小沢先生が口止めしたに違いないとか、やっぱり絶対的権力者なんだなって思われますよね」と発言。「そう解釈される可能性もあるでしょうね」と返されると、「いや、みんなそう思うんじゃないですか」と述べ、過去の供述を維持することに応じたとの記載がある。
(毎日新聞16日)』

* * * * *

 また、東京地裁は、東京地検が第5検察審査会に提出した資料が、同審査会の審査や議決に影響を与えた可能性があるとの指摘を受け、東京地検に提出書類の照会を行なうことに決めたという報道もあった。

『検察審査会の議決によって強制的に起訴された民主党の小沢元代表の裁判で、元秘書の取り調べを担当した検事が、実際には供述していない内容を捜査報告書に書いていたことが明らかになったことを受けて、裁判所は検察に対し、この捜査報告書を検察審査会に証拠として提出したのかどうか回答するよう求める方針を決めました。

民主党の元代表の小沢一郎被告(69)の裁判では、元秘書の石川知裕衆議院議員の取り調べを担当した検事が、実際には供述していない内容を捜査報告書に書いていたことが明らかになり、小沢元代表の弁護団は、この捜査報告書が検察審査会に提出され、判断に影響を与えた可能性があると主張しています。これについて、13日の協議の結果、裁判所が検察に対し、検察審査会に提出した証拠のリストを明らかにするよう求める方針を決めたということです。また、関係者から事情を聞いた際に作成した検察官の取り調べのメモが残っているかどうかについて、調査して回答するよう検察に求めることも決めたということです。弁護団は、検察の違法な捜査結果に基づいて判断した検察審査会の議決は無効だと主張していて、検察の回答の内容は、判決に影響を与える可能性もあります。(NHK13日)』

『別の元秘書を取り調べた前田恒彦・元検事が公判で「建設業者の事情聴取のメモが多数あるのに、検察審に提供されなかった」と証言。地裁は、東京地検が検察審に提供した資料のリスト▽業者の聴取内容を記したメモの存否--を同地検に照会することも決めた。(毎日新聞13日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~ 

 mewは、当初より、今回の検察審査会の審査や議決に疑問を抱いていたのだが。
 もし東京地検が、田代検事が作成した事実と異なる報告書<しかも、事実と異なる部分が複数存在>を提出しており、それが、審査や議決に影響したとなれば、それらの妥当性に疑問符がつくことになるし。
<上のリンク記事にも書いたように、実際、審査会の議決書には、田代検事の捜査報告書の記載内容に影響を受けたと思われる部分がある。>

 また、検察審査会の議決では、石川知裕氏が「小沢氏に報告し了承を得た」と語ったとする供述調書は信用できるとして、この供述を重視して小沢氏の「共謀」を認定したのだが。
 もし田代検事の捜査報告書が、石川氏の供述の信用性の判断にも影響しているとしたら、この点でも審査&議決の妥当性に疑問符がつくことになる。

<まあ、これは東京地検や田代検事は認めないだろうけど、もし検察側が検察審査会の審査に影響を与える目的で、図的に事実と異なる(虚偽の)報告書を作成していたことが判明したとしたら、完全にアウトでは?(`´)>

 さらに、もし東京地検が、前田元検事が証言したように、小沢氏に有利な証拠や資料を意図的に隠し、小沢氏の起訴につながるような証拠や資料を優先して提出していたことが判明したとしたら、やはり審査&議決への影響や、それらの妥当性が問題になるわけで。

 ・・・となると、小沢氏を強制起訴されるに至った検察審査会の2回目の起訴相当議決の効力は認めるべきではないのではないかという話になる。
 それゆえ、小沢弁護団は、このような無効な検察審査会の議決に基づいた小沢氏の強制起訴は無効だと主張して、東京地裁に公訴棄却の申し立てを行なっているのだけど。
 ただ、東京地裁がどのような判断をするかに関しては、「う~ん・・・」という感じになってしまうところがある。_(。。)_

<関連記事『小沢側が、公訴棄却の申し立て~検察の虚偽報告書&証拠隠しが、検審の判断に影響か』>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆
 

 mewは、刑訴法で「不当起訴の控制」なるところを勉強した時に、検察側の捜査や起訴に明らかに問題(違法性などの瑕疵)があるなどして、被告人が不当な起訴だとして公訴棄却を申し立てた場合&実際に問題が判明している場合には、裁判所は速やかに裁判を終わらせて、少しでも早く被告人を解放すべきだと思っていたのだけど。<今もそう思っている。>

 ただ、実際のところ、不当起訴による公訴棄却は、なかなか認められていない状況だという。
 また、今回は、検察が起訴したのではなく、検察審査会の議決によって起訴されることになったので、果たして裁判所が検察審査会の審査や議決に関して、実体的な部分にどこまで関与できるのかorすべきなのかという問題も生じるように思うし。
<これも疑惑が持たれているのだが。審査員の選考方法とか、人数の不足とか、審査が行なわれていないとか明らかにわかる形式的な瑕疵があれば、また話は別かも知れないと思ったりもするが。>       

 何分にも、検察審査会の強制起訴制度は09年に施行されたばかりで、まだ強制起訴になったケースも数件しかなくて、裁判所も、検察役や弁護士も手探り状態なところがあるだけに、本当に色々と難しい問題があって、大変だな~と思ってしまうところがある。(-"-)

<しかも、よりによって、小沢一郎氏がそのような過去に事例のないようなケースに該当することになってしまったわけで。何か、その点でも犠牲者になってしまったような感じが・・・。(~_~;)
 ましてや、こんなに国政が大変な時なので、本人ももちろんだろうけど、mewも「何で、よりによって、こんな時に小沢氏がこういう目に」と思ってしまうとこがある。(@@)>

* * * * *

 ただ、文句を言ってばかりいてもしょうがないので、いいことの方に目を向ければ・・・。
 mewは、上の報道記事などを読んでいて、改めて第9、10回公判で、陸山会事件の捜査に当たった2人の検事の証人尋問は、本当に大きな意義があったのではないかとしみじみ思ってしまうところがあった。

 第9回公判では、石川知裕氏の取調べを担当した田代検事が、事実と異なる報告書を作成したことを認める証言を行なった&その書類が検察審査会に提出されると思っていたと証言を行なったことが大きかったし。

<石川氏が勇気を持って、再聴取をIC録音しておいたことも、大きかった。
この録音は、石川氏の供述の任意性を争うための材料になるだけでなく、結果的には田代検事が事実と異なる捜査報告書を作成したことの動かせぬ証拠にもなるのだから。>

 また、第10回公判では、大久保隆則氏の取調べを担当した前田元検事が、東京地検特捜部の捜査の内情を暴露して、小沢氏に有利な証拠が検察審査会に提出されていないことなどを証言したことも大きかった。

<前田元検事が、郵政不正事件の証拠改ざん事件で逮捕され(有罪確定)検事を辞めている上、検察の上司が(前田氏いわく)虚偽の主張をしていることで、検察なる組織に不信感を抱いていることもあって、すっかり開き直って、陸山会事件の捜査の状況をアレコレと証言したのがプラスに働いたように思う。>

<関連記事・『小沢の第10回公判~前田元検事が、見立て違いだった検察の捜査の状況や問題点を次々と証言

 そして、もちろん、これらの証言を引き出した小沢弁護団の手腕は高く評価すべきなのだが。
 今回は、強制起訴された公判なので、検察役を証人の身内に当たる検察官ではなく、指定弁護士が行なっているというのも、やはりプラスに働いたのではないかと思うところがある。
 彼らは、もともとは刑事裁判を扱ったり、刑事訴訟の問題点を研究したりする弁護士なので、公判でのやりとりを見ていて、ともかく検察官の味方をしようという感じではなく、真相を知りたいという感じの方が強く出ているように思えたからだ。(・・)

<指定弁護士に関して批判する人も少なくないようなのだけど。mewは、以前から書いているように、公判整理手続き&証拠の採否決定や証拠開示などの点で、相手が検察官でなく指定弁護士でよかったな~と思うことが多い。>

 それに東京地裁の裁判官も、ここまでのところ、大きな問題性を感じるようなことはしていないと思うし。<被告人である小沢氏の体調などにも、かなり気を配っているし。>
 また、東京地検に検察審査会への提出書類を照会したことは、高く評価したいと思っている。

 ・・・と考えると、小沢氏&秘書が、<妙な告発や審査申し立てによって>特捜部の強制捜査を受けたり、(強制)起訴されたりしたこと自体には、悔しいと思う部分が大きいけど。
 でも、裁判の終盤になって、思いがけずプラスになることが色々とあったので、何だかどんどん明るい光が差し込んで来ているような感じを受けていたりもするmewなのだった。(@@)

            THANKS 

【下の2つのランキング・・・できれば、2つともクリックして頂けると、
有難いです。・・・組織票はなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、
よろしくお願いします。m(__)m】


 ↓ このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)
人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 ↑ もう一押しが、mewのさらなる励み&エネルギー源に。"^_^"


 当ブログと共に、コツコツと頑張り続けている
生活重視のリベラル&平和志向系ブログも応援して下さい。(^^♪
わんばらんすさん、喜八さん、とむ丸さん、秘書玲奈さん、お玉おばさん
へのアクセス&ご支援のクリックをよろしくお願いいたします。m(__)m 

 
また、この他にリベラルor平和系のいいブログがた~くさんあるです。

ぶいっちゃんの「らんきーブログ」、iiyumeさんの「とりあえず書いて
みようか
」も必見!(**)
kimeraさんも「kimekime25」で吼えているです。

さらに現政権にノーさんが作った「THE BLOGGER」、晴天とら日和さんが
作った「【政権交代】を目指すブログ結集!」をご参照下さい。

[PR]
by mew-run7 | 2012-01-22 13:11 | 小沢&秘書の裁判 | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/17254949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2012-01-22 15:28
タイトル : 自民党の対決路線一辺倒、幹事長会議で批判
対決路線一辺倒、自民幹事長会議で批判も  自民党は22日、都内で党大会を開く。谷垣総裁ら党執行部は野田政権を早期の衆院解散・総選挙に追い込もうとしているが、21日の全国幹事長会議などでは対決路線一辺倒への批判が出た。  党内では社会保障・税一体改革など...... more
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2012-01-23 12:03
タイトル : 電力の送配電分離で雇用増大・経済成長政策の実施・官僚依存..
 本日1月23日(月)の日経新聞1面の大見出しは「東電、火力発電を分離」「支援機構、経営見直し案検討・競争促しコスト圧縮」「送配電など社内分社」である。日々の生活に追われマスコミ報道を時おり耳にし社会の動きを理解していると考えている多くの人たちは、この見出し・記事を読んで送配電分離などの改革が始まりEU,とりわけドイツのように電力料金の合理化と同時に民間の参入と雇用増大が期待できるとの印象を持つかもしれないが、この支援機構とは「政府が出資する原子力損害賠償支援機構(つまり官僚組織)であり東...... more