「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

維新の会は、安倍と連携し超保守路線を進む+維新に群がる&切られる人々

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログRのクリック反映率が、恐ろしく低下しています。(折角、応援クリックして下さっている方には、ごめんなさいです。)お時間のある方は、何箇所かのバナーをポチッとしていただければ、幸いです。




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

*印がついた報道記事は、記事の最後のMore部分にあるです。

 今回は、大阪維新の会(以下、維新の会)の話を・・・。

 維新の会が、衆院選に備えて、本格的の国政進出の準備を行ない始めた。(・・)

 ただ、その国政進出の仕方は、当初、会長の橋下徹氏が唱えていた地域政党連合という形からはかなり変容しており、、むしろ自民党を補完するような保守政党作りを行なう方向に進んでいる。(-"-)

 維新の会は、衆院選前に、国政レベルでの政党を作ることを計画しているのだが。新党結成を担う国会議員は、「保守勢力の結集」を目指しているとのこと。

 さらに、昨日は、自民党の超保守派のリーダーである安倍元首相に合流要請をした&安倍氏も連携を示唆したとの報道が出て、注目を浴びることに。^^;
 どうやら、mewがずっと警戒していたように、立派な(超)保守政党の道を歩みつつあるようなのだ。(-"-)

<ただ、橋下氏と松井氏の間には、近時、様々な部分でズレが生じているので、果たして、橋下くんが松井くん主導で作られたこの流れに完全に乗るのか、それともどこかで一線を画そうとするのか、mew的にはチョット興味深いところだ。(・・)
関連記事・『橋下維新の会に内紛、分裂のおそれ&松井も将来の解散、改編を示唆』『維新の会、連携相手で方向が合わず&候補者選定で次々と方針変更のバタバタ状態


* * * * *

 先に、安倍元首相に関する話から書くことにすると・・・。

 昨日15日、維新の会が安倍元首相に合流を要請したというが、一斉に報じられた。

『自民党の安倍晋三元首相は15日、地域政党「大阪維新の会」について「日本を変えるパワーを持っている。教育問題でも憲法改正でも、彼らの力を生かしていく道を考えていきたい。そういう観点から何回か話をした」と述べ、連携を視野に維新関係者と複数回会談したことを明らかにした。(時事通信8月15日)』
<読売新聞15日は『教育問題、憲法改正についても彼らの力を借りていくべきだ」と述べた』と報じていた。>

『大阪市の橋下市長が率いる大阪維新の会の幹部が、自民党の安倍元首相に対し、維新の会が新党を結成した際の合流を要請していたことが明らかになった。
自民党の安倍元首相は「(維新の会から協力、連携を要請されたことは?)そういう観点からではなくてですね、いかに政策を実現させていくかということについて、いろいろ議論をしたことはあります」と述べた。

 安倍氏は、大阪維新の会との合流については明言しなかったが、「わたしたちが目指している政策を、どう実現するかという観点から考えていきたい」と強調し、連携の可能性に含みを残した。
 一方、安倍氏の周辺は、維新の会の幹部から合流の要請があったことを認めたうえで、「維新の会に協力することはあっても、合流することはない」と、否定的な考えを示している。(FNN8月15日)』
 
* * * * *

 このブログを以前から読んで下さっている方は、おそらくこのニュースを見て、「やっぱね~」と思ったのではないだろうか?(・・)

 mewは、今年2月の『橋下のアブナイ変遷&維新の会が安倍や超保守勢力と連携か』という記事をアップしたのを皮切りに、維新の会の松井幹事長などが、安倍元首相や「た」党など周辺の超保守系議員と接触しており、安倍元首相らと連携して政治活動する意向を有していることを何度も書いて来た。(`´)

 わが国には、日本会議なる大規模な超保守団体が存在し、多数の国会議員や地方議員、識者、財界人などなどがそこに所属しているのだが。
<超保守=日本の戦後の国家体制(憲法や教育、社会など)を否定。戦前のような天皇をTOPに置いて、伝統や愛国心を重んじる国づくりを目指す思想> 

 安倍元首相や「た」党の平沼代表は、この日本会議系の超保守勢力のリーダー格。 他方、維新の会では、松井幹事長をはじめ20人近い議員が日本会議や関連団体に属しており、同様の政策実現を目指している。 
<関連記事・『橋下維新の会と安倍、超保守団体のつながり&維新「民意」に委ねると、日本の教育がアブナイ』>

 そのような経緯もあり、松井幹事長は、以前から安倍元首相のブレーンや関係者と交流があり、安倍元首相や周辺の議員とも何回も会って、お互いに連携する道を模索していたのだ。(~_~;)

* * * * *

 ちなみに橋下氏自身は、やや超保守的な部分はあるものの、このような団体には属しておらず。安倍元首相や松井幹事長らのように、超保守思想に傾倒していないのであるが。
 ただ、自らが提唱する大阪都構想や大阪の行政改革を実現するためには、維新の会の勢力拡大が必要なわけで。他の政策においては、党運営や支持団体などの支援などにも配慮して、松井氏らに合わせているようなところがある。^^;

 そして、松井氏らは、橋下人気をうまく活用する形で、まずは、大阪で維新の会の勢力を増大して、自分たちの思想を具現化するために「国旗国歌条例」「教育基本条例」などを制定するなどの活動を行なって来たのだが。
 今度は、国政進出によって、その勢力を全国に拡大し、安倍氏らと協力しながら、国政レベルで目標を実現することを目指しているのである。(-_-;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍氏は、実際のところ、現段階では自民党を離党する気は全くない。(・・)
 それどころか、同氏は9月の総裁選に出馬して、もう一度、総裁&首相に返り咲くことを目指していると言われている。

 安倍氏は、06年に首相に就任した際に、「戦後レジームからの脱却」「美しい国づくり」などのスローガンを抱えて、憲法改正や教育制度の改革を行なおうとしていたのだが。07年の参院選で大敗した上、米国との約束も果たせなかったことから、大きな圧力がかかり(体調が悪化して)、わずか1年で辞任することになってしまったため、大きな悔いが残っているようで。リベンジ(再チャレンジ?)を考えているようなのだ。(@@)
<関連記事・『三木睦子さんの訃報に接して~アブナイ野田&自民政権、特に安倍政権は阻止したい』>

 ただ、次の総裁選には、既に谷垣総裁(orその陣営の議員)や石破茂氏などが出馬する予定である上、安倍氏と同じ派閥の長である町村信孝氏も出馬に意欲を示していることや、安倍氏が2回目の出馬をすることに疑問を呈する声もあることから、安倍氏はチョット厳しい状況に置かれている。^^;

 そこで、mewは、安倍陣営が「安倍氏は、維新の会とのパイプがある。安倍氏が総裁になれば、維新の会との連携が可能だ」ということをアピールするために、今回の「合流要請」の情報を流し、安倍氏もわざわざ記者団に維新の会と接触したことや同会との連携を示唆する発言を行なったのではないかと察する。(・・)

<本当に合流する気があれば、安易にこんな情報はオモテに出さないし。安倍氏本人が、接触を認めるはずもないもんね。^_^;
 ただ、もし安倍氏or周辺の議員が総裁になれず、党内の勢力争いで負けた場合には、党を出る可能性もゼロではないかも知れない。>

* * * * *

 ただ、今回の報道によって、維新の会が国政進出に当たって超保守路線をとり、安倍氏らの勢力との連携を目指したり、憲法改正や教育再生(改悪)を実現すべく協力したりする意向があることが、公の場で明らかになったわけで。
 mew的には、ますます「やっぱ、維新の会はアブナイ!」と思うと同時に、何とかこの流れを阻止しなければという思いが強くなっている。(**)
 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 
http://mewrun7.exblog.jp/18559256/
 また、これは『原爆と原発+自民、生活が野田を追い込む+維新と民主造反組が連携か』の続報になるのだが・・・。

 維新の会は、衆院選のデメリット回避&国政進出後の体制作りのために、衆院選前に国政レベルで「政党」を作ることを計画。新党結成をするには5人以上の現役国会議員の協力を得る必要があるため、以前から、松井幹事長などが、民主党の松野頼久氏らの若手・中堅議員などとも何回も会って協議を進めていたのだが。

 1日には、維新の会の橋下会長が、民主党の松野頼久氏らの5人の国会議員と会談を行ない、最終的な協議を行なったようだ。

『地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長が11日、民主、自民、みんな3党の衆参国会議員5人と大阪市内で会談していたことが分かった。維新は現職国会議員5人以上を確保し、法律上の政党として次期衆院選に臨もうと動いており、会談では国会議員と維新の合流について協議したとみられる。出席者が13日、明らかにした。

 出席したのは、民主党の松野頼久、石関貴史両衆院議員、自民党の松浪健太衆院議員、みんなの党の小熊慎司、上野宏史両参院議員。維新は現在、法的には「現職国会議員5人以上」などの政党要件を満たしておらず、政治団体にとどまっている。政党化すれば、衆院選で小選挙区と比例代表の重複立候補が可能となる。(時事通信8月13日)』

* * * * *

 その後、松野氏ら各党&無所属の国会議員10名以上が、新党結成のための準備を進めているや、無所属の議員も合流を検討していることが判明した。

『新党結成を検討しているのは、松野氏のほか、民主・自民・みんなの党など、衆参両院の10人を超える国会議員。(中略)関係者によると、松野氏らは2012年2月に、超党派の勉強会「道州制型統治機構研究会」を立ち上げ、研究会参加者の1人は、「新党結成を視野に入れた勉強会だ」と明言した。(FNN8月14日)』

『民主党の松野元官房副長官は(中略)新党結成を検討していることを認めたうえで、「政界再編は、ひとつのテーマになってくる。第3極がどれだけ躍進するのかというのと同時に、有権者のきちっとした受け皿をつくらないといけない」と強調し、保守勢力が結集した強力な第3極をつくる必要性を訴えた。
「研究会」は、これまでに水面下で20回を超える会合を重ね、盆明けの20日にも、国会内で公式の会合を開いて、今後の対応についても意見交換することにしている。(FNN8月14日)』 

『衆院会派「改革無所属の会」は、民主党を離党した木内孝胤(東京9区)、中島政希(比例北関東)、横粂勝仁(同南関東)、中津川博郷(同東京)の4氏で構成。同会は維新政調会長の浅田均大阪府議会議長らと会談しており、所属議員は14日、毎日新聞の取材に対し「合流の話が煮詰まりつつある。今月中に目に見える動きが出てくる」との見通しを示した。(毎日新聞8月15日)』

『衆院院会派「改革無所属の会」の横粂勝仁衆院議員は同日、所属議員4人がそれぞれ維新幹部と接触しているとした上で、「第三極が一つになる必要がある。合流は十分あり得る」と語り、維新の会との合流を検討していると明かした。(時事通信8月15日)』

<横粂くんは、菅前首相の選挙区から出る予定なので、維新の会のパワーで打ち勝とうとしているのかな?^^;>

 ただ、松野氏らが他の議員を引き連れて離党することになれば、民主党は大きな打撃を受けるおそれがあるだけに、ここから色々な攻防が起きる可能性がある。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 維新の会は、もともとみんなの党と協力関係にあり、渡辺代表は、維新の会が国政進出を行なった場合、同党と連携or合流して活動をすることを考えていたのだが。
 結局、みんなの党と丸ごと一緒になるのではなく、政治理念や政策が合いそうな様々な党の議員と活動することに決め、松井幹事長とも考えが合いそうな、民主党の松野頼久氏ら5人が中心になって、維新の会のために新党を結成する準備を行なうことになったようだ。

『参加者の一人は「政界再編による保守勢力の結集が望まれている」と強調』していた(ANN14日)とのことだが。要は、古い体質を持った自民党とは異なる形で、新たな(超)保守政党を作ろうとしているのである。(・・)

<mewも、何かにつけて超保守の話をするのはイヤなのだが。たとえば、松野氏は、日本会議に属しているし。石関氏は、こちらも超保守グループの「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」のメンバーだし。他にも「あ~、なるほどね~」と思う人たちの名まえが・・・。(~_~;)>

* * * * *

 ちなみに、他の記事の中に、既に与野党合わせて20人以上の問い合わせが来ていると書いてあったのだが。
 ここに、次の選挙に不安を抱える議員が、無所属の人だけでなく、各党を離党して移ることも念頭に、どんどん群がって、水面下での動きも合わせれば、下手すると今月中に50人以上集まる可能性も否定できないように思われる。
<早く申し出ないと、維新の会が各選挙区の候補者を決める時に間に合わないと困るからね~。(~_~;)>
  
 また、維新の会は、大阪市役所のスタッフとして起用している前横浜市長の中田宏氏、前杉並区長の山田宏氏(2人とも、元衆院議員、現在、落選中)を擁立するほか、前宮崎県知事の東国原英夫氏(都知事選で落選)も同会からの出馬する検討しているという。^^;

<あと、この辺りのことは、また後日にでも書きたいと思うのだが。維新塾の塾生には、現職地方議員や首長、その経験者が計93人もいることが判明。現職の国会議員の秘書も約15人、名を連ねているとのこと。>

 これらの議員や候補の中には、もちろん維新の会の政策に賛同している人もいるのかも知れないが。 おそらく、国会議員なりたさor国政&地方選挙勝ちたさに、維新の会の知名度や勢い(世論調査の支持率)をアテにして、近づいて来た人も少なからずいることだろう。<「猫も杓子も維新の会」って感じ?^^;>

 維新の会側は、すっかり強気(タカビ~?)になっているようで。

『維新は早期の衆院解散・総選挙をにらみ、持論の大阪都構想を可能にする法案の今国会成立後、政党への移行作業を本格化させる。国会議員が合流する条件として、所属政党の離党に加え、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加など独自政策の受け入れや、公募に応じるよう求める構えだ。大阪府市ダブル選で圧勝した昨年秋以降、維新幹部との接触を図る国会議員が相次いでおり、維新幹部は「中途半端な議員はいらない」と強気の姿勢を示している』という。(毎日新聞9月15日)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 維新の会の方向転換は、こんなところにもあらわれている。(・・)

 維新の会は、当初、橋下氏が唱える「大阪都構想」や「三都構想」、「地方分権」を実現することをメインに活動しており、東京の石原都知事、愛知の大村知事、名古屋の河村市長などと連携して、国政にその意思を反映させて行くことが国政進出の最大の目的だったはずなのだが・・・。<去年までは、お互いに選挙の応援をし合ったりもしていたのにね~。^_^;>

 ところが、橋下氏は、近時は、大村氏や河村氏と距離を置いているようで。2人ともやや焦り気味の様子。
 先週10日には、愛知県の大村知事が突然「中京維新の会」を結党することを発表したのだが。(*1)それに対する反応も冷たかったようだ。

『橋下氏も中京維新の会との連携について「今の段階では別個独立としかいいようがない」とし、「維新の会」の名称が使われたことには「僕らが専売特許を持っているわけではないからどうこう言えないが、選挙目当てとなればちょっと勘弁してよと思う」と不快感を示している。(産経新聞8月14日)』

 また、大村知事の新党結成の話を事前に全くきかされていなかった名古屋市の河村市長は、これに怒って、決別を宣言したという。

『河村市長が出張中の10日に政治団体「中京維新の会」設立を発表した大村秀章愛知県知事に対しては、「長い間協力してきたのに、『大阪維新の会』と連携を約束したかのようなやり方は考えられない」と批判。「さよならを言うときだ」と決別を宣言した。(時事通信8月14日)』

 大村知事も河村市長も元衆院議員で、民自の議員にも顔が広いため、維新の会も国政とのパイプ役として期待する部分もあったように思うのだが。いまや、もっと大物の国会議員とのお付き合いも増えていることもあり、もはや、さほど魅力のある存在ではないかのかも知れない。^^;
 
* * * * *

 維新の会については、まだまだ書きたいことがたくさんあるものの、それはまたの機会に譲るとして・・・。

 mewが今、一番恐れているのは、多くの一般国民が、維新の会の実態や本当の方針などを知らないまま、橋下氏への期待や党のイメージだけで、または既成政党への不信感から、彼らに投票してしまうことだ。(-"-)

 もし維新の会が次の衆院選で多数の議席をとり、自民党の超保守勢力と組んだ場合、日本はとんでもなくアブナイ国になってしまうおそれがあるだけに、何とかそれだけは阻止したいと、改めて強く思っているmewなのであった。(@@)

                 THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 
↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

 
[PR]
by mew-run7 | 2012-08-16 07:22 | 政治・社会一般 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/18640067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2012-08-16 21:18
タイトル : 李明博大統領の発言への各党の反応と朝日の社説
・李さんから足元を見られている民主党政権・慰安婦問題について自己反省ない朝日新聞・ムニャムニャで終わらすな民主党政権 ブログ村政治ブログへ ・各党の反応と私の意見(括弧内) (読売新聞より) ・安倍元首相:「韓国への配慮に重きをおいた外交を、反省を込め...... more