「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

案の定、小池自ら代表に。近自..
at 2017-09-26 14:24
前原よ、安倍への怒りがあるな..
at 2017-09-25 20:00
ヒト、カネに困る小池新党?~..
at 2017-09-25 03:03
麻生が武装難民の射殺に言及+..
at 2017-09-24 04:49
財務省、データ消去を延期も、..
at 2017-09-23 17:41
もし野党4党が選挙協力したら..
at 2017-09-23 02:42
小池に党首を要請?~新党議員..
at 2017-09-22 00:11
二階、モリカケは小さな問題+..
at 2017-09-21 02:27
安保法制2年~北朝鮮情勢を利..
at 2017-09-20 03:51
12周年に日本をあきらめてみ..
at 2017-09-19 06:29

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

東京都政党が全国政党に発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の北朝鮮飛行は紛争を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍首相の突然の衆院解散..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「小池(裏番頼み)新党」..
from 51%の真実
福島原発が示す・事故が起..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍晋三の「加計・森友隠..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
解散総選挙について、そし..
from 51%の真実
 自民党が意識する野党が..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
総合電機メーカの東芝は、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
21世紀は地球規模の災害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん9月26日6:..
by xtc4241 at 06:58
mewさん9月21日16..
by xtc4241 at 16:13
mewさん、9月20日p..
by xtc4241 at 13:23
mewさん、ブログ12周..
by B4 at 21:31
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 06:05
mewさん、お久しぶりで..
by B4 at 19:05
mewさん8月28日5:..
by xtc4241 at 05:53
mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56

ブログパーツ

タグ

(1251)
(759)
(646)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(126)
(125)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

福島健康調査でも秘密会議+安倍と経団連の原発視察+ラブミーチャン

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


まず、昨日3日、大井競馬場で東京盃(1200m)が行なわれ、並み居るJRA勢を押さえて、6番人気だった笠松のラブミーチャンwith濱口が優勝した。(*^^)v祝
 
 いや~、現地に行きたかった~!めっちゃ、興奮しただろうな~。(@@)

 レースは大井のジーエスライカーが逃げて(よく4着に粘った!)、外枠だったミーチャンは3番手に。でも、これが効を奏したのか、ミーチャンはゆったりといい感じで折り合っており、4角ではバツグンの手ごたえ。<ミーチャン、いい感じ。勝っちゃったりして?> 直線で先頭に抜け出した後も、脚色は衰えず。<マジでミーチャン、勝っちゃうかも。> たぶん互いにマークし合っていた1.2番人気のJRAのTレジェンドとセイクリムズンが慌てて追い込むも、時、既に遅し。^^;<ミーチャン、頑張れ。ミーチャン、頑張れ!> 結局、ミーチャンは最速の上がりで、1馬身半の差をつけ、ゴールを駆け抜けたのだった。(^^♪

 ラブミーチャンは、<最初はJRAデビュー予定だったんだけど>笠松でデビュー&ずっと笠松を拠点にしている生粋の地方馬で、当ブログでも2歳の時からずっと応援しているので、喜びも一入。ずっと重賞で善戦していたのだけど、JRA勢に勝たれていたので(統一重賞優勝は2歳以来3年ぶり)、尚更に胸がすく思いがしたです。JBCでも、この調子でガンバ!o(^-^)o 
 園田のオオエライジンは、1600mぐらいがベストなので、1200mは短か過ぎた感じが。また次走に期待したい。o(^-^)o 

 尚、大井競馬場では、5日にJRAのWSJSの地方競馬騎手枠の出場権を争うSJT第1戦が行なわれる予定。全国の競馬場のTOP騎手が集まるので、是非、観戦&参戦して下さいませ。m(__)m
 あと土日も、JRAのレースが終わった後に、地方競馬をやっているので、「地方競馬I-PAT」をよろしくです。m(__)m

 以上、JRAより地方競馬の秋のGI戦線に燃える(?)、勝手に地方競馬広報係のmewでした。"^_^"

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 この記事では、原発関連の話を・・・。

  まず、今年5月に原子力委員会の秘密会議をスクープした毎日新聞が、新たな「秘密会議」のスクープを行なった。
<原子力委員会の秘密会議に関しては、コチラの記事など参照。>

 福島県は、原発事故を受けて県民の健康管理調査を行なっているのだが。その検討委員会を行なうに当たり、県が委員らを事前に集めて秘密裏に「準備会」を開き、
「がん発生と原発事故に因果関係はない」という認識をすり合わせしていたというのだ。(゚Д゚)
 しかも、この会合で配布した資料は回収&議事録も残さず、オモテに出ないようにした上、参加者にクチ止めを行なったりもしていたという。(ーー゛)

『東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が実施中の県民健康管理調査について専門家が議論する検討委員会を巡り、県が委員らを事前に集め秘密裏に「準備会」を開いていたことが分かった。準備会では調査結果に対する見解をすり合わせ「がん発生と原発事故に因果関係はない」ことなどを共通認識とした上で、本会合の検討委でのやりとりを事前に打ち合わせていた。出席者には準備会の存在を外部に漏らさぬよう口止めもしていた。
県は、検討委での混乱を避け県民に不安を与えないためだったとしているが、毎日新聞の取材に不適切さを認め、今後開催しない方針を示した。

 検討委は昨年5月に設置。山下俊一・福島県立医大副学長を座長に、広島大などの放射線医学の専門家や県立医大の教授、国の担当者らオブザーバーも含め、現在は計19人で構成されている。県からの委託で県立医大が実施している健康管理調査について、専門的見地から助言する。これまで計8回あり、当初を除いて公開し、議事録も開示されている。

 しかし、関係者によると、事務局を務める県保健福祉部の担当者の呼びかけで、検討委の約1週間前か当日の直前に委員が集まり非公開の準備会を開催。会場は検討委とは別で配布した資料を回収し議事録も残さず、存在自体を隠していた。

 9月11日に福島市内の公共施設で開いた第8回検討委の直前にも県庁内で準備会を開いていた。同日は健康管理調査の一環である子供の甲状腺検査で甲状腺がん患者が初めて確認されたことを受け、委員らは「原発事故とがん発生の因果関係があるとは思われない」などの見解を確認。その上で、検討委で委員が事故との関係をあえて質問し、調査を担当した県立医大がそれに答えるという「シナリオ」も話し合った。

 実際、検討委では委員の一人が因果関係を質問。県立医大教授が旧ソ連チェルノブイリ原発事故で甲状腺がんの患者が増加したのは事故から4年後以降だったことを踏まえ因果関係を否定、委員からも異論は出なかった。

 また、昨年7月の第3回検討委に伴って開かれた準備会では、県側が委員らに「他言なさらないように」と口止めもしていた。

 毎日新聞の取材に、県保健福祉部の担当者は準備会の存在を認めた上で「あらかじめ意見を聞き本会合をスムーズに進めたかった。秘密会合と言われても否定できず、反省している。(今後は)開催しない」と述べた。

 福島県の県民健康管理調査は全県民を対象に原発事故後の健康状態を調べる。30年にわたり継続する方針で、費用は国と東電が出資した基金で賄う。(毎日新聞9月3日)』(関連記事を*1に)

* * * * *

 県の担当者は「隠していたつもりはないが、積極的に知らせるのは避けた。ナーバスになっていた」と釈明。
 県民に不安を与えたくないという意図もあったようなのだが。ただ、この健康調査の費用は国と東電が出資した基金で賄われるとわかり、ますます「う~ん」と思ってしまうところが。(-"-) 

 原爆の被害や各地の公害病の被害の調査でも、「ともかくできるだけ因果関係は認めるな」という姿勢で調査が行なわれていて。少し離れた場所の人や時間が立った後に症状が出た人は、安易に因果関係が否定されたケースが多々あったので<今もその問題は続いている>、尚更に憂慮してしまうところがあるし。(ーー)
 メディアや国民が厳しい目でチェックする必要があるのではないかと思うmewなのであった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 昨日、自民党の安倍総裁が福島原発を視察し、「原発事故は収束していない」として民主党政権の対応を批判したものの、新たな原発の再稼動に意欲を示していたという。

『自民党の安倍晋三総裁は3日午後、東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)を視察した。東電によると、安倍氏は免震重要棟で高橋毅所長から状況説明を受けるとともに、作業員らを激励。その後、バスで構内を見て回った。
 安倍氏はこの後、楢葉町にある原発事故対応の拠点地であるスポーツ施設「Jヴィレッジ」で記者団に、「1号機から4号機まで視察し、深刻な状況であることを感じた。政府は(原発事故の)収束宣言をしたが、とても収束したとは言えない状況だ」と感想を述べた。(時事通信10月3日)』

『自民党の安倍晋三総裁は3日、福島県を訪れ、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災地を視察した。安倍氏の地方視察は総裁就任後初めて。第1原発の構内を視察し、警戒区域となっている浪江町の慰霊碑に献花するなどした。

 安倍氏は第1原発が立地する双葉郡の8町村長と会談した後、記者団に「私も首相経験者で、(自民党が)原発安全神話の上に立って原子力政策を進めてきた責任は大きいと反省している」と陳謝。「中長期的には原子力の比率は下げていく」としたうえで、原発再稼働については「原子力規制委員会で半年以内にルールを定め、そのルールの中で3年以内に再稼働が可能となったところから順次稼働していくべきだ」との党方針を説明した。

「復興のスピードが遅すぎる。政治の真のリーダーシップが必要だ」と政権奪還への意欲も強調した。(毎日新聞10月3日)』

* * * * *

 福島原発の現状や福島の被災者の状況を見れば、「やっぱ、原発政策には問題があるのではないか」と考えてもおかしくないと思うし。
 安倍総裁が、自民党が安全神話の上に立って原発政策を推進して来たことに反省を示したことは、評価したいと思うのだが。問題は、そのあとだ。(`´)

 mew的感覚から言えば、安全神話も壊れたし、原発事故も収束していないとなったら、原発再稼動は控えて、原発政策の見直しをしなければと考えるのがふつうなのだけど。安倍くんは、そうはならないのである。(~_~;)

* * * * *

 安倍晋三氏は、基本的にはバリバリの原発推進派。安倍氏は核武装論者であることも手伝って、安保軍事政策上も、原発ゼロにすることはできないと考えている。

 それこそ、昨年5月に菅前首相が、脱原発政策を唱えようとしていたのがわかり、安倍氏は歴代の首相ら(羽田、森、谷垣、鳩山など)と共に「地下式原発推進議連」(会長・平沼赳夫)を設立。)
 この議連は、菅前首相が脱原発を国政の政策として決めるのを阻止し、原発政策を維持するために作られたと言われている。<無事に「菅おろし」が成功したためか、それ以降、会合が開かれていないらしいけど。^^;>

 ただ、一部報道によれば、妻の昭恵さんが脱原発派であること&政権奪還のためには国民の意向も配慮すべきことから、安倍氏も近時になって、原発依存度は下げて行くべきだと言い始めているようなのだが。<依存度を下げるだけで、ゼロにする気はないのよね。>
 自民党内には、今でも原発維持、推進派が多いため<党の公約案から「脱原発」の言葉がが削除されたほど>、党としては、今後も積極的に原発再稼動を行なって行く方針で。安倍氏もその路線に乗って行くのではないかと察する。(**)

 しかも、昨日の記事『野田人事への不満&自民の工作で離党者か?+経団連と自民、真紀子』の「経団連と自民」の部分にも書いたのだが。
 自民党は原発維持を強く要望経団連の支持を得ようとしているため、尚更に原発再稼動に力を入れることになるのではないかと思うのだ。(~_~;)

* * * * *

 実は、昨日、経団連の米倉会長が浜岡原発を視察して、早期の再稼動を提言しているのである。

<浜岡原発と言えば、菅前首相&海江田前経産大臣が安全性を問題にして、昨年5月に稼動停止を指示。これも原発推進派からの反発を買う要因になったと言われている。>

『経団連の米倉弘昌会長は3日、中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)を副会長らと視察した。米倉会長の原発視察は東京電力福島第1原発事故後初めて。津波対策の要となる防波壁の工事現場や高台の非常用電源設置予定地などを視察後、米倉会長は記者団に「安全性が格段に強化されていると感じ、非常に安心した」と強調した。

 今回の視察は中部経済連合会の要請を受け、4日の中部地区経済界との懇談に合わせて行った。米倉会長は「国民生活の維持発展を考えると原子力をゼロにするわけにはいかない」と述べた。

 しかし、東海地震の想定震源域内にある浜岡原発は東京や名古屋に近く、事故時の影響が他の原発とは比較できないとされ、「再稼働のハードルが最も高い原発の一つ」(政府筋)だ。米倉会長は浜岡再稼働の是非については「地元の安全性に対する評価や原子力規制委員会が今後示す安全基準に合致するかどうかだ」と述べるにとどまった。(毎日新聞10月3日)』

 もし自民党が政権を奪還して、また経団連と一蓮托生の国政を行なうようになったら、次々と原発再稼動が行なわれて、「原発ゼロ」の実現はおろか、原発依存率の低減さえできなくなる可能性があるわけで。

 脱原発を望んでいる多くの国民が、その辺りのことを、もっと意識してくれるといいんだけどな~と願っているmewなのだった。(@@)

                 THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 
↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

 



.<福島健康調査>「秘密会」出席者に口止め 配布資料も回収
毎日新聞 10月3日(水)2時31分配信

東京電力福島第1原発事故を受けた福島県の県民健康管理調査について専門家が意見を交わす検討委員会で、事前に見解をすり合わせる「秘密会」の存在が明らかになった。昨年5月の検討委発足に伴い約1年半にわたり開かれた秘密会は、別会場で開いて配布資料は回収し、出席者に県が口止めするほど「保秘」を徹底。県の担当者は調査結果が事前にマスコミに漏れるのを防ぐことも目的の一つだと認めた。信頼を得るための情報公開とほど遠い姿勢に識者から批判の声が上がった。【日野行介、武本光政】

9月11日午後1時過ぎ。福島県庁西庁舎7階の一室に、検討委のメンバーが相次いで入った。「本番(の検討委)は2時からです。今日の議題は甲状腺です」。司会役が切り出した。委員らの手元には、検討委で傍聴者らにも配布されることになる資料が配られた。

 約30分の秘密会が終わると、県職員は「資料は置いて三々五々(検討委の)会場に向かってください」と要請。事前の「調整」が発覚するのを懸念する様子をうかがわせた。次々と部屋を後にする委員たち。「バラバラの方がいいかな」。談笑しながら1階に向かうエレベーターに乗り込み、検討委の会場である福島市内の公共施設に歩いて向かった。

 県や委員らはこうした秘密会を「準備会」と呼ぶ。関係者によると、昨年7月24日の第3回検討委までは約1週間前に、その後は検討委当日の直前に開かれ、約2時間に及ぶことも。第3回検討委に伴う秘密会(昨年7月17日)は会場を直前に変更し、JR福島駅前のホテルで開催。県側は委員らに「他言なさらないように」と口止めしていた。

 ◇「今後はやめる」

 秘密会の日程調整などを取り仕切っていた福島県保健福祉部の担当者との主なやり取りは次の通り。

 --検討委の会合ごとに秘密の準備会を開いていなかったか。

 記憶にない。

 --昨年7月、秘密会の会場を急きょ変更し、口止めを図ったことはないか。

 ……覚えていない。

 --検討委の約1週間前に委員を呼び出したり、検討委と別に会場を設けたりしていなかったか。

 ……確認のため時間をください。

 <約1時間中断>

 --確認できたか。

 指摘の通りの事実があった。毎回準備会を開催していた。

 --調査結果や進行についてあらかじめ話し合っていたのか。

 事前に調査結果を説明し、委員に理解してもらったうえで臨んでほしかった。事前に調査結果を配りたいが、それができない。

 --マスコミに漏れるからか?

 それもある。

 --なぜ隠していたのか。

 隠していたつもりはないが、積極的に知らせるのは避けた。ナーバスになっていた。

 --県民に不安を与えないように検討委を進めたかったのか。

 それはあった。秘密会合と言われても否定できず、反省している。こうした準備会は(今後)開催しない。
[PR]
by mew-run7 | 2012-10-04 01:31 | 政治・社会一般 | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/18977210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]