「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

反戦ウーマン村本、「朝ナマ」..
at 2017-08-17 05:29
M撃ち落しを主張するヒゲの副..
at 2017-08-16 05:07
終戦記念日に問う~国民は日本..
at 2017-08-15 01:55
安倍一強を崩した本人&閣僚た..
at 2017-08-14 05:47
蓮舫代表が、1年持たず。自分..
at 2017-08-13 16:06
主体性ない安倍内閣~オスプレ..
at 2017-08-13 03:40
加計、認可保留。選挙を忖度?..
at 2017-08-12 02:52
稲田隠し、真相隠しで終わった..
at 2017-08-11 02:38
安倍はどこの総理なのか?~ヒ..
at 2017-08-10 12:15
安倍、江崎の飲酒を注意。当初..
at 2017-08-10 00:35

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

地方大学活性化は良いこと..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんも、日本参戦を心配
from 御言葉をください2
米国は北朝鮮の思うつぼ・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界中に北朝鮮の存在をア..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国大統領は他国を平気で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
増え続ける国の借金・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本ファーストの会に期待..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米中を含む国連安保理事会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
加計学園の安倍自民党への..
from 御言葉をください2
退場必至の安倍政権・最後..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04

ブログパーツ

タグ

(1245)
(759)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

橋下が石原批判+石原と安倍のアブナイ尖閣戦略+田中法相は辞任を+α

  14時半に、前原氏の石原批判に関する報道記事を差し替えました。内容はほぼ同一です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 わ~い。サッカー日本代表が、フランスに勝っちゃったですよ~。\(^^)/

 ムリヤリ、早く起きた甲斐があったですぅ。(@@) nido-ne shitakedo
 本当によく守ったし。最後は、ピンチのあとのチャンスをしっかり活かしましたね~。<今野がよくドリ走った!ベストメンバーでないのは、お互い様だしね。(・・)>

 まあ、親善試合だしね。それにフランスって今、13位なんでしょ。<確か去年ぐらいは、日本も順位で並んでいたし。<とはいえ、やっぱ個々はうまい&ここぞという時のスピードはスゴイけど。> 
 まあ、さほど大喜びするようなことじゃないかも知れないのだけど。でも、完全アウェイでのフランスからの初勝利、やっぱ、うれしゅうございます。(^^♪

 あと、先週の話になっちゃけど。テニスの錦織圭が楽天ジャパン・オープンに優勝したのも嬉しかったですね~。<世界ツアーの大会になってから、日本人選手は1回も優勝していないし。ATP500というランクの高い大会で、優勝賞金が2400万円ぐらいあるんだもんね。(@@)>
 今年はいいとこまで行きながら、サーブやパッシングの精度がイマイチで突き抜けられなかったのだけど。今大会は、両方とも絶好調だった様子。このようなプレーがコンスタントに出せるようになったら、来年はベスト10入り間違いなし。うまく行けば、四大大会でもベスト4とか決勝とか行くチャンスもありそうで、と~っても楽しみだ。o(^-^)o 

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *

 今週、チラチラと触れた田中慶秋法務大臣の話から。

 田中法務大臣が、外国人から献金を受けていたことに加え、30年前に暴力団と接触があったことが発覚。本人も会見でそれを認め、謝罪したという。
 先に言えば、mewは自ら辞任した方がいいのではないかと思っている。
 
『田中慶秋(けいしゅう)法相が代表を務める「民主党神奈川県第5区総支部」が06?09年の4年間に、台湾籍の男性が経営する横浜市内の会社から計42万円の政治献金を受けていたことが分かった。田中氏の事務所は「確認を怠ったミス」としており、3日に同社へ全額返金したという。

 政治資金収支報告書などによると、同支部は横浜中華街(同市中区)で飲食店を営む同社から06~09年に年6万~15万円の献金を受けていた。事務所によると、同社の男性経営者は田中氏と長年の知り合いという。(毎日新聞10月4日)』

『田中慶秋法相が過去に暴力団幹部の宴席に出席していたなどと週刊誌に報じられた問題で、田中法相は12日の閣議後の会見で、「多くの方に心配と迷惑をかけた。私の不徳の致すところで、深くおわびしたい」と謝罪した。ただ、「襟を正し、職責を果たしていきたい」と述べ、法相の辞任は否定した。

 報じたのは11日発売の週刊新潮。田中法相が30年ほど前に暴力団組長の宴席に出席したり、別の暴力団幹部の結婚式で仲人をしたりしたとの内容だった。

 田中法相は会見で、宴席への出席と仲人を務めたという事実関係を認めた。宴席については、偶然連れられていった先に暴力団関係者がいたことに気づいたという。「形式的なあいさつだけしてすぐに帰った。一度だけだった」と述べた。
 仲人の件は「同じ福島出身の人から媒酌を頼まれた」と説明。当時は暴力団関係者と知らなかったという。暴力団を利用したり、便宜を図ったりした事実はないとし、「いずれも30年ほど前のことだが、誤解を招くこともあり、率直に反省している」と述べた。(朝日新聞デジタル10月12日)』

* * * * *

 mewは、おそらく自民党政権時代の閣僚の中にも、他党の議員の中にも、よ~く調べれば、外国人or企業から献金を受けている人はいくらでもいると思うし。
 前原誠司氏が外国人献金の問題で、外務大臣を辞任した時もそうだったけど。確かに法に反することとはいえ、わずか年に数万円とか10万円ぐらいのことで、いかにも犯罪者のように大騒ぎをするのはいかがなものかと思う部分もある。(・・)

 また、率直な話、2~30年前まで遡れば、暴力団と付き合いのあった人も少なからずいるのではないかと思うのだけど。<実際、それが明らかになっているケースもあるしね。(~_~;)>
 
 でも、だからと言って、それを是認していいということではないし。何より、田中慶秋氏は法務大臣なわけで。法務への信頼を考えても、決して好ましいことだとは言えないだろう。(-"-)

 閣僚になれば、野党からもマスコミからも、アレコレ調べられることはわかっているのだから。<ましてや、今、民主党政権を潰そうと必死になっている人たちがたくさんいるのだから。> その辺りは、本人も自覚しておく必要があるし。野田首相サイドも、きちんと調べたり、確認をとったり(いわゆる身体検査を)すべきだったのではないかと思うのだ。
 しかも、民主党は、前原問題があった時に、各議員に外国人からの献金をチェックするように指示していたのに、田中氏はそれを怠っていたとのこと。

 mewは、本人も野田首相にも、その点で大きな落ち度があったと思うし。また、ただでさえ停滞している国政への影響を考えれば尚更、閣僚としての責任を認識して、ここは潔く身を引く形で法相を辞任する方がいいのではないかと思っている。(・・)

<民主党は、一応クリーンな政党で売ってたのだし。そうした方が、今後、他党の政権においても、問題のある人が閣僚に任命されにくくなる&何かあれば、責任の追及がしやすくなるでしょ。(@@)
 それに、このままだと、秋の臨時国会が始まっても、また首相や閣僚の参院問責決議がどうのという話が出て、肝心な重要法案の審議が進まなくなって、国民の生活にも影響が出るし。(~_~;)
 それとも野田内閣は、衆院定数是正の法案が通らない方が、解散せずに済むので、そっちの方がいいのかしら?^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 7日に『安倍の改憲意欲、元CIAも予測+森の伸晃支持は父の要請+今さら石原新党? 』という記事で、石原新党の話を書いたのだけど。

 昨日、石原都知事が、健康状態さえ許せば国政進出する意向を示したという。

『石原慎太郎東京都知事は12日の記者会見で、自らを党首とする新党結成について「中央官僚の国家支配をぶち壊さなきゃいけない。私は身を捨てて何でもやるつもりだ」と意欲をみせた。同時に「後は私の年齢(80歳)と健康だ」とも語った。近く健康診断の結果が出るのを踏まえて最終判断する考えとみられる。

 石原氏は今年4月、新党構想の「白紙」を宣言。代わって、都による沖縄県石垣市の尖閣諸島購入計画を発表した。しかし、9月になり、尖閣諸島は国有化され、長男である自民党の石原伸晃前幹事長が党総裁選に敗れたことで、新党結成の障害は取り除かれたとの見方も出ていた。ただ、新党の母体となるたちあがれ日本の幹部によると、石原氏は「健康状態に相当神経質になっている」という。(産経新聞10月12日)』

『都政の課題については「あんまりないな。ほとんどのことをやったから」。後継指名についてもこれまで言及してこなかったが、「いい人がいればね。私は何も4期やるつもりはありませんでしたから」と明言した。(スポーツ報知10月12日)』

<ちなみに、東京では、石原都知事が辞任した場合、東国原英夫氏がもう一度、都知事選に出ることを考えているのではないかというウワサが根強く残っている。東国原氏が、なかなか維新の会に入党や衆院選出馬を決めないのも、そのためではないかと。^^;>
 
* * * * *

 また、先日、維新の会の橋下代表が、「憲法破棄はあり得ない。マニアのやること」と発言したことに関して、超保守派から反発を買うのではないかと書いたのだが。<関連記事・『小沢&維新の連携、近づく?+橋下の「マニア」発言は安倍、松井との関係に影響も

 以前から、「現憲法を破棄すべきだ」と主張している石原都知事も、早速、橋下発言を批判していたという。

『新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長が石原氏の主張する憲法破棄を「現実的でない」と指摘していることについては、「間違っている。しっかりした首相が出てきたら『(憲法を)破棄してこの新憲法にします』と言って国会にかけたらいい」と述べた。(読売新聞10月12日)』
<「(橋下氏は)なまじ法律家だから。占領軍がつくった憲法は廃棄したらいい」とも言ったとか。>

 この件に関しては、橋下代表も譲歩する気はないようで。<法律家の部分も、チョットは残っているのね。^^;>

『日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は12日、石原慎太郎東京都知事が同日の記者会見で「占領軍が作った憲法は廃棄したらいい」と述べたことについて、「憲法を勝手に破棄するのは権力者が絶対に踏み越えてはならない一線だ。国民としては怖いし、絶対に許されない」と批判。「この部分では石原知事と合わない」と断言した。

 石原氏が新党結成に意欲をみせる中、かねて良好な関係にある橋下氏との憲法をめぐる主張の違いが如実に表れた形。両氏は消費税増税や原発政策などをめぐっても見解の相違がある。

 ただ、橋下氏は「石原知事の政治家としてのキャリアや力は、日本にとって必要不可欠。しっかり話をさせていただきたい」とも述べ、石原氏側と維新との連携については「いろいろとお話をする中で…」と含みをもたせた。(産経新聞10月13日)』

* * * * *

 以前から何度も書いているように、橋下氏はもともとマニアックな超保守思想の持ち主ではないので、そのような思想を持つ石原都知事や自民党の安倍総裁、「た」党の平沼代表、維新の松井幹事長などなどとは、今後、様々な面で考えにくい違いが出て来るのではないかと思うし。
 mewは、その結果、維新の会と自民党や石原「た」党との連携の話がうまく行かなくなったり、維新の会が分裂したりする可能性があると思っている。

* * * * *

 ただ、石原氏が新党の党首として国政進出した場合、同氏と自民党とうまくやって行けるのどうか、ビミョ~なところがある。(~_~;)

 石原氏は、自民党で参院1期、衆院8期務めたベテラン議員だったのだが。あまりに過激な超保守的タカ派で、アブナイ発言が多かったため、1度しか閣僚になれず、総裁選にも惨敗。自民党のあり方を批判して議員辞職し、都知事に転身しているわけで。石原氏を、政権与党の一員に迎えることには、抵抗を覚える党幹部や議員も少なからずいるように思うからだ。^_^;

* * * * * 

 そもそも、今、日中関係が悪化しているのも、もとはと言えば、石原都知事が、今年4月に突然、ワシントンの講演で、東京都が尖閣諸島を購入すると発表したことに端を発しているわけで。

 昨日、前原国家戦略担当も、TV番組でそのことを指摘し、石原氏を批判していたという。

『前原誠司国家戦略担当相は12日のテレビ朝日番組収録で、沖縄県・尖閣諸島めぐる野田佳彦首相と石原慎太郎東京都知事の8月の会談内容を紹介、購入計画を表明していた都知事が中国と戦争になってもやむを得ないとの強硬論を展開したため、事態を懸念した首相が国有化を急いだとの見方を示した。

 前原氏は、首相と知事が8月19日に公邸で会談した際の同席者から話を聞いたと説明。「首相は石原氏の発言にあきれ、国として所有しないと大変なことになると(考えた)」と話した。前原氏は「都知事がこういうことを言い出さなかったら、問題は起きていない。(都は)自衛隊も持っていないのに気合だけで言ってもらっても困る」と批判。政府の国有化の意図について「中国政府の上層部まで届いていたのは間違いない」と強調した。一方、藤村修官房長官は12日の記者会見で、首相と石原氏との会談に関し「2人だけで会話しており、誰も知らないはずだ」と指摘した。(産経新聞10月12日)』


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 

 石原氏は、まず都が購入して、将来的には国に売却すると語っていたのだが。
 都が購入するに当たって、たとえ逮捕されても、自分も調査のために尖閣に上陸すると発言したり、尖閣諸島に船だまりを建築することや自衛隊を常駐させることなどを提案したりするなどを行なっていたため、中国側がかなり石原氏の言動に反発を示すようになっていたのである。

 しかも、中国と戦争になっても経済関係が失われても構わないなどと、どんどん発言がエスカレートして来たために、政府が警戒感を強め、東京都の購入を阻止するために、地権者から直接購入することにしたのだ。<地権者との交渉でも、その点を強調して説得を行なったらしい。^^;>

* * * * *

 過去の発言の記事がすぐに見つからないので、9月にはいってからの会見やインタビューでの発言をアップしておきたいのだが。実際、石原都知事はこのようなことを言っているのだ。

 たとえば、9月14日の都知事定例会見では・・・。

『私は日本をチベットみたいな国にしたくないね。そういうことになるんだったら、経済利益、失ったっていいじゃないですか。民族の伝統とか文化っていうのを抹殺されてあの国の属国になることが、私、よっぽど嫌だね。
経済権益失うんだったらほかで権益広げたらいいじゃないですか。その可能性、いっぱいありますよ。』

 また、PRESIDENT 2012年9月17日号のインタビューでは・・・。

 中国に関する質問を受けて、『その話の前に、まずその呼称からしておかしい。そもそも中国ではなくて、シナ。中国というのはわが国の岡山、広島あたりのことを指す。シナは今までずっとシナだったんだから。

 さっきも話に出たが、2月に人民日報が、漁船の衝突も含めた確信的攻撃によって日本の実効支配をぶっ壊す、と。それに対応するのに国では頼りないから、今度は東京都が尖閣諸島を買って、しっかりと港もつくるぞと言ってやった。
 シナに「戦争する覚悟はあるのか?」と問われているのだから、日本は胸を張って「覚悟がある」と堂々としていたらいいんだ。』

『領海侵犯をして、警告したにもかかわらず退去しないと言うのならば、自衛のために撃沈すればいいだけの話であって、それで紛争が起こるというのならば、そのときに日本はアメリカとも協力して、しっかりと国を守ると。場合によっては日米安保も発動する。こうしっかり言ってやればよかったんだ。

 かつて、安倍晋三君が総理大臣だったとき、シナがイチャモンをつけてきた。安倍君がそういうことにはこちらもちゃんと応えろ、と言ったら外務省がビビって「そんなこと言ったら、向こうは軍艦出してきますよ」と言った。実際に安倍君が「それなら日本も軍艦出す」と言ったら、蜘蛛の子散らすようにシューッと反論が消えていったんだ。』<この安倍晋三氏の話は、定例会見の時もしていた。>
             
* * * * *

 ここで、安倍元首相の名が出て来たことにも注目すべきだろう。(・・)

 安倍晋三氏も、基本的には石原氏と考え方が同じなのである。(-"-)

 総裁選の最中も繰り返し語っていたことなのだが。10日付けのインタビューでも、「中国は尖閣諸島を『核心的利益』と規定し始め」、「連日のように領海侵犯を続けている。どちらが実効支配しているかをあいまいにさせて、尖閣を奪おうとしている。許し難いことだ」と発言。

 自民党が政権をとったら、「真っ先に尖閣周辺での海上保安庁の体制強化に着手する。人員や装備、予算などを増やし、中国に対して『尖閣諸島を断固として守る』『われわれは一歩も引かない』という国家意志を示す。日本全体でも、海上保安庁や自衛隊の体制強化に当たる。尖閣諸島の実効支配を強めるため、公務員が常駐する施設設置なども検討する。領海侵犯した外国公船を強制排除するための法整備などにも取り組む」と語っている。

 また、安倍氏は『国益がぶつかっても、お互いがお互いを必要としていることを認識して、戦略的互恵関係を築くべきだ』と考えているものの、中国とは正面から対抗して行く方針を貫く構えを見せている。

 「この国難に、国民に伝えたいことは」と問われ・・・

 「中国は『尖閣を奪う』『西太平洋の覇権を握る』という政治目的を達成するため、経済的、軍事的プレッシャーをかけながら、日本人を動揺・分裂させる『宣伝戦』『心理戦』を仕掛けてきている。これは、民主党政権が、尖閣沖中国漁船衝突事件などで圧力に屈したため、『脅せば譲歩するだろう』と見下しているのだ。二度とわが国に『恫喝』『脅迫』という手段を取らせないために、腹をくくらなければならない。ここで脅しや謀略に屈すれば、わが国は未来永劫(えいごう)、脅され続ける。子孫にそんな国を残していいのか。日本人の胆力が試されている」とアピールしていたのだった。(ZAKZAK10月10日)

* * * * *

 正直なところ、mewは、特別な思想を持たない日本の一般の国民の多くが、たとえ中国と戦争をしても、経済的利益を失っても、日本政府には尖閣諸島を守ることに全力を尽くして欲しいとか。新しい政権には、それを真っ先にやって欲しいなんて考えているとは思わないのだけど。何で支持率が上がるんだろうな~。(-"-)

 日本の一般の国民は、本当に安倍自民党が政権をとって、日本がこのような道を歩んでもいいのだろうか。本当に安倍氏や石原氏らの考え方を知っていて、彼らを支持しているのだろうか。
 そして、このような報道&インタビュー記事を見るたびに、こんな人たちが政権を握ったらと思うと、め~っちゃブル~な気分になってしまうmewなのだった。_(。。)_

                  THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2012-10-13 11:02 | 政治・社会一般 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19029589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from web magazine.. at 2012-10-14 18:12
タイトル : リッチー・ブラックモア、ディープ・パープルがロックの殿堂..
1 : ◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★ 2012/10/12(金) 19:05:56.84 ID:???0 <ロックの殿堂(The Rock And Roll Hall Of Fame)>の2013年度にノミネートされたディープ・パープル(... more