「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

森友,いまさら開示に裁判続く..
at 2017-08-18 07:52
反戦ウーマン村本、「朝ナマ」..
at 2017-08-17 05:29
M撃ち落しを主張するヒゲの副..
at 2017-08-16 05:07
終戦記念日に問う~国民は日本..
at 2017-08-15 01:55
安倍一強を崩した本人&閣僚た..
at 2017-08-14 05:47
蓮舫代表が、1年持たず。自分..
at 2017-08-13 16:06
主体性ない安倍内閣~オスプレ..
at 2017-08-13 03:40
加計、認可保留。選挙を忖度?..
at 2017-08-12 02:52
稲田隠し、真相隠しで終わった..
at 2017-08-11 02:38
安倍はどこの総理なのか?~ヒ..
at 2017-08-10 12:15

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

北朝鮮の勝ち・北朝鮮は米..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ミサイル撃ち落しをヒゲの..
from 御言葉をください2
地方大学活性化は良いこと..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんも、日本参戦を心配
from 御言葉をください2
米国は北朝鮮の思うつぼ・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界中に北朝鮮の存在をア..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国大統領は他国を平気で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
増え続ける国の借金・国民..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本ファーストの会に期待..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米中を含む国連安保理事会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04

ブログパーツ

タグ

(1245)
(759)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍は、早速、お友達人事?+96条改憲に意欲&あの経済諮問会議も復活。

  これは12月18日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

人気ブログランキングのクリック反映率が不調です。お時間のある方は、複数のバナーを押していただけると有難いです。
ぶろぐ村(政治・社会問題)の方は1箇所でも大丈夫です。




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


安倍自民党は、衆院選での大勝を受け、早速、新政権&内閣の準備を始めた。(・・)

 それは、まさに安倍総裁がTVでお経のように唱えていた「日本を取り戻す」=「昔の日本&自民党政権を『取り戻す』」というにふさわしいものだ。
 安倍氏が政権に参画するようになった01~6年の小泉政権、そして小泉政権を承継する形で自らが首相を務めた06~7年の安倍政権を、そのまま再現するような構想を描いていることがわかったからだ。(@@)

安倍総裁は、来週、26日に行なわれる予定の特別国会で、首班指名されて正式に首相に就任した後、同日中に組閣を発表し、年内に野田内閣の閣僚との引継ぎを終えるつもりのようだ。
 そのために今週中に、党執行部の人事を発表すると共に、閣僚人事の検討も始めるとのこと。

 後述するように、官房長官や閣僚候補には、前安倍内閣にもはいっていたお友達や総裁選の功労者の名が次々と挙がっており、6年前と同様に、またまたお友達&論功人事が行なわれるのではないかと懸念する声が出ている。

 また、安倍氏は小泉政権で威力を発揮した経済諮問会議を復活させることや、憲法改正への意欲についても語っており、「ま~た、あの国民の生活そっちのけの暗黒政治の時代に戻るかな~」と、ついついぼやきたくなってしまうmewなのである。_(。。)_

* * * * *

 安倍氏は、17日の午後に、今後の政権構想に関する記者会見を行なった。
<できるだけ謙虚な姿勢を保とうとしているものの、立ち居ふるまいや話し方を見ていると、すっかり首相になった気分でいる様子。コチラの記者指名の勇ましい(?)指差しポーズにも、それがあらわれているように思う。>

『自民党の安倍総裁は17日、衆院選後初となる記者会見を党本部で開き、26日に発足予定の第2次安倍内閣について「危機突破内閣」と位置付け、憲法改正の発議要件を定めた憲法96条の改正に取り組む意向を表明した。

 また、休眠状態にある政府の経済財政諮問会議を復活させる考えも示した。2012年度補正予算案については、「大規模なものになる」と明言した。

 安倍氏は記者会見で、「経済、教育、外交安全保障、東北の震災復興において危機的な状況だ。危機を突破していく。(閣僚には)その職責を担う人選をしたい」と強調した。(産経新聞12月17日)』
 
 そして、この安倍内閣の官房長官には、同氏の盟友である菅義偉氏が内定したとのこと。

 菅氏は、安倍氏が最も信頼する盟友&大側近。前安倍内閣では総務大臣を務めており、9月に新総裁になった後には、幹事長代行として石破包囲網のメンバーを担っていた。早速、大のお友達を女房役に内定することにしたようだ。^^;

 また、こちらも盟友の甘利明氏(前内閣では経産大臣、現・政調会長)は、安倍首相肝いりで新たに創設する経済再生大臣に就任する可能性が大きいという。

 さらに、大盟友の麻生太郎氏が副総理格で外務or財務大臣に就任すると言われている。
 麻生氏とは、日本会議系の超保守仲間として長い付き合いがあり、旧・安倍内閣では、外務大臣を務めていた。しかも、今年9月の総裁選では、麻生氏は、総裁選の際に、谷垣おろしに加担&決選投票で決め手となる票を集めて大貢献してくれたとかで、総裁選終了直後から、麻生氏が重要閣僚として入閣するという報道が出ていたほどだ。(~_~;)

<ちなみに、安倍総裁は15日、選挙戦ラストの応援活動を麻生氏と共に秋葉原で行なったのよね。ネXウヨやXタクが日の丸を持って集まり、大盛り上がりだった様子をTVの映像で見たです。^^;>

 他にも、前安倍内閣や執行部にいたお友達や、安倍氏と超保守議連で一緒に活動しており総裁選を支えてくれた議員、総裁選でお世話になった先輩(高村副総裁とか)などの名が入閣&執行部の候補に挙がっているという。(~_~;)

* * * * *

 また、安倍総裁は17日、石破茂氏の幹事長留任も発表した。(・・)

 まあ、選挙の責任者の幹事長として、全国各地を選挙活動に飛び回り、これだけ圧勝したのだから、当然と言えば当然のことだし。安倍氏は地方支部から人気が高い&お友達ではない石破氏を要職に当てることで、挙党体制を築きたいようなのだが。実は、安倍陣営からは、石破氏の幹事長留任に反対する声も出ていたという。^^;

 与党の幹事長は、党首が首相として活動するため、実質的な党№1の地位となり、議員増加で多額の資金がはいる予定の金庫を預かったり、選挙の公認権も有したりして、強大な権限があるし。また、党内で党運営や政策を決定する際の責任者でもあるからだ。<産経17日には「安倍さんは結局、石破さんには参院選で共同責任を背負ってもらった方がいいと判断したのだろう」と安倍周辺の話が載っていた。>

 でも、石破氏は、安倍陣営と政治理念や政策、党運営の方針が異なる部分がある上、ややアタマが固いところがあるので、安倍陣営の思うように動いてくれないおそれがあるわけで。
 それゆえに、石破氏が党内実権を握った場合、「安倍vs.石破」の党内対立が起きたり、地方組織が石破氏側を支持することを懸念しているのではないかと察する。(~_~;)

 この2人&両者の陣営の対立に関する報道は、この2ヶ月だけでもかなりアチコチに出ているだけに、しっかりとウォッチしておきたいところだ。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、安倍総裁は、小泉政権の頃に新自由主義の経済政策を推進して、格差拡大をもたらす大きな要因になった経済財政諮問会議を復活させる方針を示したという。(-"-)

『自民党の安倍晋三総裁は17日の記者会見で、民主党政権下で活動を停止していた政府の経済財政諮問会議を復活させる方針を示し、「マクロ経済政策の司令塔」として活用する考えを強調した。当面はデフレ脱却や経済対策などが最重要テーマとして議論される見通しで、民間から選ばれる4議員の人選も焦点。
 諮問会議は、小泉政権で市場原理優先の構造改革路線を推進するなど自民党の重要経済政策を決める役割を担ったが、2009年9月の政権交代後は休眠状態だった。
 構成員は議長の首相をはじめ、関係閣僚5人と日銀総裁、4人の民間議員の計11人。特に民間議員は規制緩和などで急進的な問題提起を行うことも多く、財界人と学識経験者各2人ずつの構成が慣例。安倍総裁は、諮問会議には日銀総裁が出席するため「日銀との対話も行うことができる」と強調しており、金融緩和をめぐり日銀への圧力の場となる可能性がある。(時事通信12月17日)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E8%B2%A1%E6%94%BF%E8%AB%AE%E5%95%8F%E4%BC%9A%E8%AD%B0
* * * * *

 小泉政権の時は、この諮問会議を竹中平蔵経産大臣と、経団連の奥田会長が主導し、米国式の過度な市場競争原理を主体にした経済政策をとる方針を決定。
 大企業に利益をもたらすことを優先して、人件費などのコスト削減をできるように雇用や事業などに関して彼らに有利な規制緩和を進めたため、それがリストラや非正規雇用の増加、賃金削減などなどにつながり、一般国民の間で格差を拡大する最大の要因になったのである。(-"-)

<もちろん学者も、小泉ー竹中路線の人が起用されていた。ちなみに、01~5年にメンバーを務めていた&安倍政権では税制調査会長に就任した大阪大の経済学者のHM氏は、原宿にある国家公務員官舎(東郷台宿舎)を相場50万円を大きく下回る月7万7000円で借りて、愛人女性と生活していたことが発覚したのよね。^^;>

 安倍総裁は、政府の意思を日銀が汲む形で(内心は政府が日銀をコントロールできるような形を作り)金融緩和&インフレ・ターゲットなどの施策を実行することを提唱しているのだが。日銀の独立性を侵すと批判を浴びたこともあり、この諮問会議の場をうまく利用して、日銀を操作したい様子。<日銀との政策協定取り決めも何とか実施したいらしいし。>(~_~;)
 いずれにせよ、この会議には警戒が必要だ。(・・)

* * * * *

 ちなみに、昨日、みんなの党の渡辺代表は、安倍総裁が、自分の考えに反発を示している日銀の白井総裁の辞任を望んでいたことをTVで明かしたという。(・o・)

『みんなの党の渡辺喜美代表は17日、フジテレビの番組で、自民党の安倍晋三総裁が日銀の白川方明総裁について「はやく辞めてくれないかな」と発言したと暴露した。安倍氏はデフレ脱却のために日銀に大胆な金融緩和を求めており、同様の考えを持つ渡辺氏は、新首相に就任する安倍氏の発言を明かすことで、日銀への圧力を高める狙いがあるとみられる。渡辺氏によると、衆院選で各党党首が共演したテレビ番組の合間に安倍氏と会話。渡辺氏が、白川氏について「来年4月の総裁任期満了まで務めると経済は良くならない」と言うと、安倍氏は早期交代への期待を示したという。(毎日新聞12月18日)

 他方、安倍総裁は、選挙前に自分の施策に賛同してくれたエール大学の浜田宏一名誉教授を経済担当の内閣官房参与に起用する方針を固めたとのこと。
 こうして、古くからのお友達も含め、自分の考えに積極的に賛同したり、励ましてくれたりする人たちを周辺に集めたがるのが、安倍流の人事&政治手法なのである。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~ 

 安倍総裁は、昨日の会見で憲法改正に関する構想についても説明を行ない、改憲に関しては日本維新の会やみんなの党とも協力して行く意向があることを語った。(-"-)

『憲法改正については、「最初に行うことは96条の改正だろう。3分の1超の国会議員が反対すれば、議論することすらできない。あまりにもハードルが高すぎる」と指摘した。

 自民、公明両党は、衆院選で3分の2超の325議席を獲得したが、参院では過半数に達していない。安倍氏は「次の参院選で(3分の2以上を)達成できるかどうかはわからないが、努力したい」とし、「日本維新の会、みんなの党も96条改正については一致できるのではないか」と述べ、96条改正をめぐり両党との連携に期待を示した。自民党の衆院選政権公約は96条の発議要件を「3分の2以上」の賛成から、「過半数」に緩和すると明記している。(産経新聞12月17日)』

* * * * *

 このブログでは何度も書いていることなのだが。

 安倍総裁らの改憲派は、9条改正や一気に憲法全文を改正するのは困難だと認識しており、まずは、国民の「憲法改正」への抵抗感を和らげるため&その後に自分たちの思うような形で憲法改正をしやすくするために、96条の改憲要件の緩和の規定だけ改正するという作戦をとることにしたのだ。(~_~;)

 憲法改正&96条改正に関しては、今後また何度も書く機会があると思うので、今回はささっとだけ書きたいと思うのだが。
 mewは、96条の改正は、ある意味では、9条の改正よりもアブナイ部分があるのではないかと思っている。<衆参過半数をとる政党or会派があれば、いくらでも憲法改正の発議ができるようになって、最高法規としての憲法の硬性、安定性も失われて、国民の人権保障や国家のコントロールに支障を来たすおそれがあるので。>

 まあ、現段階では、参院で憲法改正に賛成の議員は2/3もいないので(もしかしたら、1/2もいないかも)、しばらくは安心なのだが。来年7月の参院選でも、自民党+維新の会+みんなの党が多数の議席をとった場合には、本当にアブナイ状況に陥ってしまう可能性がある。(~_~;)

 また、もし安倍氏が以前のやり方を再現する気であるなら、来年早々からでも、憲法改正の国民運動なるものを展開する可能性もあるわけで。それを思うと、国民の方も、今から心しておかなければなるまい。(**)

 でも、これは次回に改めて取り上げたいと思うのだが。安倍自民党は、憲法改正の前に「集団的自衛権の行使容認」の実現に着手する可能性が大きいだけに、こちらの方は、政権発足当初から本気で警戒をしておかなければならないと思うmewなのだった。(@@)
 
                    THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2012-12-18 17:08 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19375047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]