「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

黒を白、あるものをなきものに..
at 2017-05-27 04:41
与党が前川招致に応じず&民進..
at 2017-05-26 04:58
前次官が加計問題について会見..
at 2017-05-25 18:56
加計文書、前文科次官が信憑性..
at 2017-05-25 04:46
共謀罪、おぞましかった強行採..
at 2017-05-24 06:52
安倍も大西もつける薬がない!..
at 2017-05-23 02:38
安倍政権がやりたい放題できる..
at 2017-05-22 02:35
淳、松尾貴史、佐野元春なども..
at 2017-05-21 02:18
加計文書~関係者が信憑性、存..
at 2017-05-20 03:57
加計が獣医学部にこだわるわけ..
at 2017-05-19 02:56

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米大統領初の弾劾の可能性..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
時代遅れも甚だしい・今に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の脅威が日本に戸波..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
非人道兵器クラスター爆弾..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
百年後のチェルノブイリは..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
マスコミ 101 アメ..
from 邪馬台国 下関
ソフトバンクが巨額投資フ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
内閣支持率3ヶ月連続の減..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
尖閣諸島を固有の領土と日..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アベンドゲート疑惑で、今..
from 51%の真実

最新のコメント

コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30

ブログパーツ

タグ

(1220)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(151)
(149)
(146)
(143)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍自民は早速、防衛強化、原発ゼロ見直し。TPPも方針変更か+未来分党+東京大賞典

頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



今日29日には、大井競馬場で南関最大のイベント&統一GIの東京大賞典が行なわれる。(^^♪ (HPはコチラ

 JRAからは、JCダートの雪辱を目指すWアキュート、Rレジェンド、エスポくんなどの実力馬が参戦。
 そして今日は、南関&地方競馬のスーパースターだったフリオーソと、10歳まで頑張った大井のヒーロー・ボンネビルレコードの2頭のラストランになる。<最終レース終了後、2頭の引退セレモニーが。>

 競馬ファンの皆さん、今週はJRAの開催がないですし。大井競馬に参戦、観戦されてはいかがでしょう?(**)
<今日は、この他に帯広ばんえい、水沢、笠松、園田もやってます。(・・)>

 また、年末年始は、大晦日も元日も、地方競馬では全国で4~7箇所の競馬場で、レースが開催されているので、よろしくお願いいたします。m(__)m <日程などはコチラのHPで。>

 前開催、ごヒイキの西将太騎手onアサヒリュウセイが、ばんえいダービーで勝って、重賞&GI初制覇を果たしたのでめっちゃ嬉しかった(*^^)祝・・・
v
 勝手に地方競馬広報係のmewでした。"^_^"

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 27日、日本未来の党の分党が正式に決まった。(-"-)

 同党には、旧「生活」の議員が残って「生活党」に党名を変更&新代表は、森ゆう子氏が就任することに。
 そして嘉田代表と飯田代表代行、阿部知子氏が党を出る形で、新たに政治団体を作り、「日本未来の党」の名を維持することになったという。<阿部知子氏は、当面、無所属として活動するようだ。(~_~;)>
 そして、元祖「未来の党」が受けるはずだった政党交付金は、「生活の党」が受け取ることになるとか。(@@)

 実は、昨夜は帰宅が遅かった&今日も仕事+αが(大賞典も?)あって、十分に報道チェックや情報収集ができていない状態なので、この件は改めてゆっくり書きたいと考えているのだが

 正直なところ、mewは、もし分党するなら「生活」の議員が離党して、新たな党を作るのが筋かと思っていたので、「はあ?」と思ってしまったところもあったし。(゚Д゚) 政党交付金の分配の仕方も含めて、アレコレ疑問を覚える点があった。(-"-)
 で、昨夜の時点では、mewは旧「生活」のとった方法にかなり怒っていたのだが・・・。

 ただ、どうやら新党結成&衆院選でかかった費用(X億円~XX億円?)を、日本未来の党が負っている&旧「生活」側が負担しているので、その清算が絡んでいるとの話もあったりして。<つまり、嘉田氏らにとっては有利な面もあるらしい。>
 それゆえ、一方的に「乗っ取り」「追い出し」とは決め付けられない部分もあるようだ。(・・)

<それに、お金よりも党名にこだわったのは、嘉田氏らしい感じがあって。嘉田ファンは納得が行くと思うし。却って嘉田氏の株が上がるかも?>

 mew個人は、「家風」というか、目指す世界、やり方が異なるとわかった以上、両者が無理して一緒に同居するより、早く分かれてお互いに自分の道を行った方が、それぞれのためにいいのではないかと思うので、早く分党してよかったのではないかと思っている。
 ただ、mew的には、仮に両者が分かれることになったとしても、もう少しマシなやり方というものがあったのではないかと思うし。<党内でもそうだし。対外的な部分でもそうだし。>
 衆院選直後に、このような問題を起こした&分党のやり方をしたことに対しては、国民の目も厳しくなるのは確かだと思うし。今後、それなりの批判や報いを受けることになるのではないかな~と案じている。(-"-)

<尚、亀井静香氏ら2名が「みどりの風」に入党。(姪の亀井亜紀子ちゃんが共同代表だしね。)同党が政党要件を満たすことになったとのこと。
 mewは「みどりの風」も応援しているので、政党要件を満たしたこと自体は喜んでいるのだけど。決して静かではない静香おじさんのイメージはチョット「みどりの風」に合わない感じも。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ところで、安倍自民党は、早速、アブナイ政策をどんどん実行に移す準備をしている様子。<しかも、mewがやって欲しくないと思うことばかり。(-"-)>

 26~27日の深夜に行なわれた新閣僚の記者会見では、「防衛大綱の見直し&軍事費増額」やら、「原発ゼロ&新増設禁止の見直し」やら、民主党政権による政府の決めた方針を転換して行く意向を示していた。

『安倍内閣は政権交代に伴い、2010年末に閣議決定された防衛計画の大綱(防衛大綱)と中期防衛力整備計画(中期防)を見直すことを決めた。安倍晋三首相が26日に小野寺五典防衛相に指示。中国の台頭を受けて自衛隊の態勢や米軍との連携を強化する方針を盛り込むもので、米側との協議も本格化させる。

 小野寺防衛相が27日未明の記者会見で首相の指示内容を明らかにし、「全力で取り組まなければいけない優先課題だ」と語った。首相は日米同盟重視の姿勢を鮮明にしており、来年1月下旬にも訪米して、こうした取り組みを説明するとみられる。

 防衛大綱は11年度から10年間の防衛力のあり方、中期防は11年度から5年間の防衛装備の数量を示す。自民党は衆院選で「防衛大綱、中期防を見直し、自衛隊の人員、装備、予算を拡充」と公約している。(朝日新聞12月27日)』

『小野寺五典防衛相は28日、報道各社のインタビューに応じ、民主党政権が2010年の防衛計画の大綱で基本理念として打ち出した「動的防衛力」について、「私個人は動的防衛力という言葉が体制強化に直結するとは、すっと胸に下りない」と述べ、見直しが必要との考えを示した。

 民主党政権は大綱で、従来の「基盤的防衛力構想」から警戒監視や機動力重視の「動的防衛力」への転換を図る一方、防衛予算や人員の縮減を進めた。安倍政権は自衛隊の体制強化のため大綱を見直す方針を決めている。
 防衛相はまた、2013年度予算編成に関し、「量的にも質的にもわが国の防衛をしっかりできる体制をつくるよう指示している」と述べ、増額を目指す方針を明らかにした。(時事通信12月28日)』

* * * * *
 
『茂木(もてぎ)敏充経済産業相は27日の閣議後の記者会見で、「2030年代に原発稼働ゼロを目指す」との方針について「再検討が必要」と見直しを明言した。既存の原発再稼働についても「(原子力規制委員会で)安全性が確認された原発は、政府の責任において再稼働を決めていきたい」と語り、地元自治体の理解を前提に再稼働を進める考えを示した。

 原発の新増設については、既に着工しているJパワー(電源開発)大間原発と中国電力島根原発3号機の建設を容認する方針を表明。着工前の原発の新増設についても「専門的知見を十分蓄積したうえで政治判断していきたい」と述べ、新増設を認めないとした民主党政権の方針を白紙に戻す考えを明らかにした。国内には建設中の原発が3基、着工前の原発建設計画が9基分あり、新増設が認められれば、中長期的にも原発を一定程度活用することを意味する。

 一方、原発の使用済み核燃料を再処理し再び燃やす核燃料サイクルについては「完全に放棄するという選択肢はない」と継続する意向を示した。(毎日新聞12月27日)』

『第2次安倍内閣が、民主党政権が掲げた「2030年代の原子力発電稼働ゼロ」目標をいったん白紙に戻すことが確実になった。
 石原環境相は就任翌日の27日、福島県を訪れ、「(原発稼働ゼロは)現実的ではない」と批判し、茂木経済産業相も就任直後の記者会見で「再検討が必要だ」と述べた。自民党は公明党との連立政権合意文書で、原発依存度を下げる方向で一致しており、今後、エネルギー政策全体をどのように見直すかが焦点になる。(読売新聞12月28日)」

 経済団体や原発がある自治体や新増設が予定されている自治体からは、早い段階で原発再稼動を認めて欲しい、新増設計画の推進&工事の着工を容認して欲しいという強い要望が自民党に寄せられているとのこと。

 ちなみに、自民党の議員の中には、衆院選中も「原発依存度を下げる」ことを強調していた人がいたようだし。連立を組む公明党のとの政策合意でも、そのように明記しているのだが。<それでmew知人には、自民党も脱原発なのだと勘違いしている人がいるです。(~_~;)>

 このままでは、民主党政権が<迷走しながらも?>、何とか「脱原発」を願う国民の思いを汲む形で進めようとして来た「脱原発路線」&「2030年代までの原発ゼロ実現」の方針が、一気に崩されることになりそうだ。(ーー)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 他方、安倍自民党は、衆院選の最中は、TPP交渉参加に慎重な姿勢を示して来たのだが。
 政権をとった途端、TPP交渉参加に前向きな姿勢を示すようになっている。(・o・)

米国や経済団体は、TPP参加表明を「もう待ち切れない」様子。(@@)

『「(TPPについて)日米首脳会談でしっかり議論していきたい」。安倍晋三首相は政権発足前の18日、経団連幹部との懇談会でこう述べた。

 安倍首相が約1カ月も先の首脳会議での進展を示唆したのは「タイムリミットを意識して産業界の懸念払拭に動いた」(政府関係者)ためとみられる。実際、日本の交渉参加はほぼ「時間切れ」の状態だ。(sankei biz.12月27日)』

* * * * *

『安倍首相は28日の読売新聞のインタビューで「TPPはいいか悪いかではなく、国益を守ることができるかどうか、結果がすべてだ」と述べており、石破氏ら自民党執行部は、交渉参加の可能性を探るとみられる。

 自民党は衆院選の政権公約で、TPPについて「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、交渉参加に反対」と曖昧な表現にとどめた。しかし、交渉に参加する米豪など11か国は、来年中の交渉妥結を目指して、作業を加速しており、交渉参加が遅れると、ルールづくりで不利になりかねないという事情がある。(読売新聞12月28日)』

<昨日も、『日本商工会議所の岡村正会頭は28日午前、安倍首相と首相官邸で会談し、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の早期参加表明や、原子力発電所の速やかな再稼働による電力の安定供給を訴えた』みたいだし。^^;>

* * * * * 

 安倍首相としては、来年初めに訪米する際に、オバマ大統領にいいご報告をして
自分自身や自民党への期待を抱いてもらい、日米同盟を深化させたいところだし。
 参院選の勝利&長期安定政権作りを行なうために、経済団体の厚い支援も受けたいところ。

『自民党の石破幹事長は28日の記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加問題について、「(来年夏の)参院選で避けて通ることができない。参院選までに党として、何らかの対処方針は当然決めないといけない」と述べ、参院選までに結論を出す意向を表明した。(読売新聞12月28日)」

 ただ、自民党内には、TPP反対or慎重な議員が多いし。彼らの大部分は、今回の衆院選でも「TPP反対」の公約を掲げて当選しているだけに、安倍首相が来年早々にも方針転換を決めるとなれば、今度は、自民党が「マニフェスト詐欺」「ウソつき」と批判され、農業団体や医療・保険系などの基調な支持基盤を失うことになりかねない。(~_~;)

 昨日も早速、自民党内でTPP反対の会合が開かれたとのこと。

『環太平洋連携協定(TPP)に反対する自民党の議員連盟「TPP参加の即時撤回を求める会」は28日、政権復帰後初の会合を開いた。衆院選で「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、交渉参加に反対」と公約したことを踏まえ、森山裕会長は「どんなことがあっても約束をたがえない活動を続けていく」と強調した。(時事通信12月28日)』

 大島前副総裁をはじめ、自民党の長老派の中にも、TPPに強く反対している議員がかなりいるし。
 今度は、TPPを巡って、自民党の中で大きな対立が起きそうな感じがある。^^;

* * * * * 

 ところで、mewは、今週『アベアベ詐欺に要警戒~TPP前向き&竹島・尖閣関連の公約などを次々と見送り』という記事を書いたのだが。
<何か岡田前副総理も同様のことをブログに書いていたようなので。関連記事を*1にアップしておく。>

 コメント欄に、未来の党の分党に関連じて、「アベアベ詐欺の話どころではない」と書いていた方がおられた。

 ただ、こう言っては何だけど、未来の党の問題は、いまや衆院9人しかいない小政党の中での内輪もめ=コップの中での争いのせこい話ですからね~。(~_~;)
 投票した人に対しては期待を裏切った部分もあるけど<でも、実は小沢ファン&嘉田ファンの多くは分党してよかったと思っているかも?>、国民全体からしてみれば、たいした問題ではないように思うところがある。(・・)

 BUT、安倍自民党は、衆院で圧勝し、単独過半数&絶対安定多数を持つ、で政権与党の話ゆえ、詐欺の規模が違うというもの。
 安倍自民党の方針転換は、国の方向性、国民の生活に直結する問題ですからね~!(**)

<民主党だって、政権与党だったから「マニフェスト詐欺」だと批判され、自民党からもさんざん「ウソつき」呼ばわりされたわけだし。(~_~;)>

 しかも、mewが許せないのは、リンクした記事に書いたように、安倍自民党が、とりあえず参院選で勝つまでは安全路線で行って、一般国民やメディアから批判を受けそうな公約は実行に移さず、一般国民を安心させておいて<だまくからしておいて?>、参院選で勝ったらアブナイ政策をどんどん実行しようと考えていることなのだ。(-"-)

 それでは、「二重の詐欺」になってしまう可能性があるわけで。国民には、是非しっかりと安倍自民党の言動をウォッチして、ダブルの詐欺被害に合わないようにして欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                     THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"






『民主党の最高顧問、岡田克也氏が2012年12月27日、「安倍内閣の外交-早々の公約反故、信じた有権者に説明を」というタイトルの一文を自身のブログに掲載し、衆院選の選挙公約と矛盾する安倍政権の外交姿勢にクギを刺した。

岡田氏がブログで指摘したのは、領土問題に絡んで安倍首相は選挙期間中、「竹島の日を政府としてつくる」「尖閣に公務員を常駐させる」との主張を繰り返しながら、政権奪還後は政府としていずれも実施を見送ったことについて。「(先送りした)方向性は非常に正しい」とする一方、岡田氏は「選挙が終わってまだ1週間。あれだけ選挙で言われたことは何だったのか」「信じて投票した方々にどういう説明をされるのか」と批判している。(J=CAST12月28日)

そのブログ記事の全文もアップしておこう。・

『2012/12/27
安倍内閣の外交―早々の選挙公約の反故、信じた有権者に説明を
安倍内閣がスタートしました。

首班指名のために衆議院本会議場に入ってまず気付いたことは、席が議長から見て右手から左手の野党席になっているということ。そして、人数も2005年衆院選のあの敗北の直後よりもさらに減ってしまったということです。

私よりも当選回数が多い方というのは、横路孝弘前衆議院議長と菅直人さんだけで、同期も大畠章宏さん、高木義明さん、赤松広隆さんと、非常に少なくなってしまいました。

同期の中で連続当選してきた仲間である鉢呂吉雄さんと細川律夫さんは、いずれも社会保障と税の一体改革の大変な影の功労者です。

鉢呂さんは、与党側の筆頭理事として野党側の筆頭理事の伊吹さんと信頼関係を結び、合意に至りました。細川さんは、党の取りまとめ役として、与野党折衝に責任者として携わってきました。こういった人たちの働きがなければ、社会保障と税の一体改革は成立しなかったわけです。

いずれにしても、そういったことはほとんど有権者の皆さんにも知られることなく、政府・与党として働いてきた人達の選挙結果は厳しいものでした。

もっと政府・与党として成し遂げてきたことがきちんと伝わる、そういうことに努力すべきだったと思いますが、党の中にも「社会保障と税の一体改革は増税だけで、反対だ」という意見を持った方もたくさんいらっしゃったので、その方々の多くは新しい党をつくられましたが、十分に国民の皆さんに伝わらなかったということは、本当に残念なことだと思います。

さて、安倍政権がスタートしました。顔ぶれやこれからやろうとすることについて、今はあまりコメントをしないほうがいいと思っています。つまり、具体的に何をするかということで評価し、あるいは批判すべきであって、現時点であまり後ろ向きのことを言うつもりはありません。

ただ、すでに矛盾が明らかになっていることについては、先般の記者会見で申し上げましたが、この場でも言っておきたいと思います。

つまり、安倍さんは「外交敗北だ」と言われた。そして、特に領土問題を取り上げて、竹島については「竹島の日を政府としてつくる」と。今までの島根県だけではなくて、政府(国)としてそういう日をつくるのだと。そして、尖閣については、「公務員を常駐させる」といったことを自らおっしゃったり、あるいは、総選挙にあたっての自民党の政策集に書いてあるわけです。

しかし、竹島の日を政府として設けるということについては、すでに見送りが決まりました。公務員を尖閣に常駐させるということもしないということです。

私は、方向性は非常に正しいということでよかったと思います。外交を進めていくうえで、荒い言葉を投げつけるだけで外交は進みませんので、主権は譲らないという確固たる信念とともに、しかし、同時に二国間で様々な協議をしていかなくてはいけないということから考えると、取った方向性は正しいと思います。

しかし、選挙が終わってまだ1週間しか経っていません。あれだけ選挙で言われたことが、何だったのかという批判は残ると思います。特に選挙で、竹島の日を設定する、尖閣には公務員を常駐させるということを信じて投票した方々に対して、どういう説明をされるのかと、これはきちんとした説明が必要だと思っています。

私が思うに、もともとそれはできないということが分かっていて政策集に書かれ、あるいは安倍さんの発言があったと、常識的には考えざるを得ないと思います。そうであれば、できないことが分かっていてマニフェストに書いたということになるわけで、こういったことについてきちんとした説明は必要だと思っています。

我々も、マニフェストにできないことを書いてご批判をいただき、必死になって謝ったり説明をしたりしました。選挙が終わって1週間にして、もうすでに約束が平然と反故になっていることについて、私は、方向性は良いと思いますが、だからと言ってそれを信じた有権者の皆さんに対する説明が、いい加減になっていいとは思っていません。』
[PR]
by mew-run7 | 2012-12-29 07:50 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19427837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2012-12-29 11:36
タイトル : 未来の党解党でみどりの風復帰、マスコミ受けの自民の原発推..
 総務省は28日、政治団体「みどりの風」(共同代表・谷岡郁子参院議員)に亀井静香衆院議員と平山誠参院議員が合流したので政党になったと発表。安倍政権は原発継続・東電への国費投入を始めている、即ち28日東京電力福島第一原発の廃炉を進めるための研究開発費を、年明けにまとめる今年度補正予算案に数百億円ほど盛り込む方針を固めたと報じられた。消費者負担増の値上げはお上の一存で出来る、即ち金融庁は加入が義務づけられている自動車損害賠償責任(自賠責)保険の保険料を来年4月から2年ぶりに引き上げる方針を固め...... more
Tracked from ピュアラブRoyal/ピ.. at 2013-01-15 18:17
タイトル : ピュアラブRoyal/ピュアラブロイヤル/詐欺被害にお困..
ピュアラブRoyal/ピュアラブロイヤル/詐欺被害にお困りなら無料相談のTCA総合探偵事務所へ! ... more