「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

立憲民主&民進リベ系で、野党..
at 2017-10-17 04:57
世論はアベ続投を望まず!+自..
at 2017-10-16 03:32
前原こそ国民を愚弄~本人がツ..
at 2017-10-15 04:51
国民は安倍と北朝鮮攻撃を支持..
at 2017-10-14 05:32
希望失墜→自民圧勝はマズい。..
at 2017-10-13 03:34
希望、代表以外の役員を決めず..
at 2017-10-12 05:47
民主が希望に並んで来た!~日..
at 2017-10-11 05:18
福島原発事故で、国と東電の責..
at 2017-10-11 01:42
モリカケで抗議デモ。国民は忘..
at 2017-10-10 05:46
安倍、モリカケで朝日に気色ば..
at 2017-10-09 21:17

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

平和憲法を守れ、総選挙で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米カリフォルニア州で発生..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
結局、北朝鮮有事が起こる..
from 51%の真実
世界遺産などの登録も行っ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望党の参入は野党共闘を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福島原発訴訟の判決で被害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望の党の結成参加で見通..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
次世代を担う若者が自民党..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
鳩山由紀夫氏・カムバック
from 反戦塾
平成21年(9年前)で発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47
 コメント欄のなくなった..
by 重ねてすみません(しょう) at 17:36
 mewさんこんにちは。..
by 伊東 勉 at 02:21

ブログパーツ

タグ

(1253)
(759)
(647)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(153)
(149)
(146)
(145)
(144)
(132)
(126)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

維新が自民と連携の密約&与党気分?+安倍の教育再生メンバーに八木参入


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 今日11日に、安倍首相が大阪市内で維新の会の橋下代表代行、松井幹事長と会談を行なう。(・・)

 この件については、前記事『安倍が橋下と、新年早々に会談~橋下の取り込み&野党共闘へのくさび打ちか? 』にも書いたのだが・・・。

 mewは、この中で、維新の会の松井幹事長が、安倍首相と同じ超保守団体・日本会議のメンバーであり、橋下人気を利用する形で、超保守勢力を拡大しようとしていたことや、以下のようなことを記した。

『松井幹事長は、昨年の春頃から安倍晋三氏に維新の会の党首になることを要請。安倍氏は自民党内で頑張りたいとその要請を断ったものの、当時から両者は将来的に連携することを考えていたし。また松井氏や周辺の超保守系のスタッフ(山田&中田宏氏ら)が、平沼氏率いる「た」党や他党の保守勢力と接触を重ねていたこともわかっている。(-"-)
<松井氏から見れば、平沼氏や安倍氏は憧れの超保守派のTOP。mewに言わせれば、松井氏は安倍氏や平沼氏の手下、手先のようなものなのである。>』

* * * * *

 そうしたら、昨日の日刊ゲンダイにも、mewと同じような視点で『11日大阪で会談 安倍と維新「いつか一緒に」の密約』と題する記事が掲載されていて。その松井氏が、安倍首相の盟友である菅官房長官と接触を重ね、安倍自民党と連携することを密約していたという話が出ていたので、それをアップしておきたい。

『11日大阪で会談 安倍と維新「いつか一緒に」の密約

菅官房長官と松井幹事長が関係構築
 安倍首相が、11日午後に大阪へ行き、日本維新の会の橋下代表代行、松井幹事長と会談することになった。表向きは「地域の経済状況について意見交換」とか言っているが、このまま安倍と維新の連携が加速するのは間違いない。

 夏の参院選に向け、維新はみんなの党と選挙協力する野党共闘を検討している。しかし維新の本質は、安倍自民と同じ“右翼政党”。「憲法改正」や「教育基本法」などの考え方は一致しているし、過去には「党首」就任を要請したほどだから、安倍にかなりのシンパシーを感じているのは確かだ。

 党首就任は実現しなかったものの、「いつか一緒に」という“密約”はできている。両者は与野党の関係ではないのである。

「維新と安倍首相の関係は、実務的には松井幹事長と菅官房長官がつくってきたものです。去年の春頃から、松井さんと菅さんは何度も会って、じっくり話をしている。当時から菅さんは、安倍側近として首相再登板のシナリオを描いていて、『安倍政権ができた暁には一緒に連携し、保守合同や政界再編に踏み出そう』と約束したといいます。もともと自民党府議だった松井さんは、自民党の国会議員が自分にスリ寄ってきてくれたのがうれしくて舞い上がっていた。昨年末の衆院選後に安倍内閣が発足した際は、わざわざ『自民党の中心的な人とは電話で連絡させてもらっている』とアピールしていました」(維新の地方議員)

 維新の国会議員のベテラン勢は旧たちあがれ日本のメンメンだから、ついこの間まで国会で統一会派を組んでいた自民党との連携に何の疑問も感じないし、むしろ積極的だ。さらに、大阪の選挙区で当選した多くの新人も「松井幹事長の息がかかっている」(維新関係者)ので、安倍政権に“親近感”を持っている。

「松井さんはすっかり自民シンパ。橋下さんはみんなと自民のはざまで悩んでいる」(前出の地方議員)

 維新が第2自民党になる日は、予想以上に早そうだ。(日刊ゲンダイ1月10日)』 . 

* * * * *

 またスポーツ報知には、こんな記事が出ていた。

『安倍首相が、大阪で“橋下詣で”を行う。衆院選で294議席と圧勝した自民だが、維新の本拠地・大阪だけは圧倒できなかった。その府市2トップに2012年度補正予算案をめぐる国会審議での協力を要請するとみられる。もともと、首相と橋下氏は教育や憲法観で共通点が多く、昨年9月の自民党総裁選前から会合を重ねるなど“同志”とも言えそうな間柄。今後の日本のあり方など国家観についても話し合われそうだ。(中略)

 安倍氏と橋下氏の接近について、維新関係者は「これで、うちは与党の仲間入りをするということだ」とほくそ笑む。さらに「例えば民主党と組んだとしても、来夏の参院選では共倒れになる可能性が高い。政策面でも一致するものが少ないし、メリットもない」と断言。民主党の細野豪志幹事長(41)らが提唱していた野党各党の連携構想を否定した。

 別の関係者は「憲法改正など、自民党と合致する政策は多い。合うところを中心に両党が協力していく態勢になると思う」と述べた。自民、維新の接近で参院選での両党の対決ムードは薄れそうだ。(スポーツ報知1月10日)』

 これらの記事を見ても、維新の会が安倍自民党の補完勢力&分身であることが理解していただけるのではないかと思うのだが。
 どうか一般の国民も、参院選までに、そのことに早く&しっかりと気付いて欲しいと切に願っているmewなのだった。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ところで、前記事にも書いたように、安倍首相&超保守勢力の最大の目標は、「憲法改正」「教育再生」を2本柱とした「戦後レジームからの脱却」にある。
 彼らは、日本の戦後体制(憲法、教育、国のあり方)などを否定しており、彼らの思想に沿うような新憲法を制定すると共に、戦前に近い形の教育に改変しようとしているのである。(-"-)

 そこで安倍首相は、06~7年の政権時と同様、今回も官邸に「教育再生会議」なるものを設置して、教育制度&内容を変えるに当たって提言を得ることにしたのだが。
 昨日、発表された再生会議のメンバーの中に、あまりにもあからさまな感じで、超保守派の人たちがはいっていたのを見て、ギョッとしてしまったところがあった。(゚Д゚)

『政府は10日、首相官邸に設置する「教育再生実行会議」(仮称)の座長に鎌田薫・早稲田大総長を内定したと発表した。今月下旬に初会合を開く。有識者メンバーは次の通り。(敬称略、50音順)

 大竹美喜=アフラック(アメリカンファミリー)日本社創業者・最高顧問▽尾崎正直=高知県知事▽貝ノ瀬滋=三鷹市教育委員会委員長▽加戸守行=前愛媛県知事▽蒲島郁夫=熊本県知事▽川合真紀=東京大教授▽河野達信=全日本教職員連盟委員長▽佐々木喜一=成基コミュニティグループ代表▽鈴木高弘=専修大付属高校校長▽曽野綾子=作家▽武田美保=スポーツコメンテーター▽佃和夫=三菱重工業会長▽八木秀次=高崎経済大教授▽山内昌之=東京大名誉教授(毎日新聞1月10日)』

『教育再生実行会議は、第1次安倍内閣が2006年に設置した教育再生会議の後継という位置づけ。座長には早稲田大の鎌田薫総長をあてる。

 安倍首相のブレーンで「新しい歴史教科書をつくる会」元会長の八木秀次・高崎経済大教授や、保守系の論客として知られる作家の曽野綾子氏を起用。河野達信氏は日本教職員組合(日教組、約26万9千人)に対抗する保守系教職員団体、全日本教職員連盟(約2万1千人)の委員長を務めている。』

* * * * *

 この中でも特に注目すべきは、06~7年の安倍政権でも教育政策のブレーンとして注目された八木秀次氏がメンバーにはいったことだろう。(゚Д゚)
 八木氏は、特にこの分野での提言を出すことが期待されているのではないかと思われる。
http://p.tl/Dr43
『自民党は衆院選公約で「教育再生」を柱の一つに掲げ、教科書検定基準について「子どもたちが日本の伝統文化に誇りを持てるよう、抜本的に改善」すると明記。アジア諸国への配慮を目的に検定基準に定めている「近隣諸国条項」も見直すとしている。
 公約には、現行「6・3・3・4制」の学制を見直して多様な選択を可能にすることや、首長が任命した教育長を教育委員会の責任者にすることなども盛り込んだ。首相は新設する会議で、こうした公約の具体化を検討したい考えだ。(時事通信1月6日)』

* * * * *

 安倍首相は、90年代に故・中川昭一氏らの超保守派議員と共に「日本の前途と歴史教育を考える(若手)議員の会」を設立。(wikipedia コチラ)
 彼らは日中&太平洋戦争を正当化すると共に、南京大虐殺や慰安婦問題、沖縄の集団自決の軍関与を否定する立場をとっており、日本の歴史教育が日教組やサヨク系の学者によってゆがめられていると主張して、彼らの思想に沿うような歴史教育を行なうことを目的に政治活動を行なっていた。
 そして、その一貫として「新しい歴史教科書をつくる会」(以下、つくる会)を支援し、同会の教科書が学校教育の中で普及させることを目指していた。

 他方、八木秀次氏は法学者であるかたわら、超保守思想に基づく歴史教育を行なうことを提唱しており、第3代の「新しい歴史教科書をつくる会」の会長を務めていたことから、安倍氏らと懇意の仲に。
 その後、内紛が起きたため、同会を脱退するも、安倍氏らのブレーンとして活躍。
 06年に安倍政権が始まった時には、首相の「教育再生」策を支援するために「教育再生機構」(HPはコチラ)を創設し、今に至るまで全国で教育再生運動(タウンミーティング、講演会、出版など)を展開し続けている。

 ちなみに、昨年2月に、この教育再生会議のシンポジウムに安倍晋三氏と維新の松井氏が参加しており、2人はこれを機に交流を深めたと言われている。^^;
(関連記事・『橋下のアブナイ変遷&維新の会が安倍や超保守勢力と連携か+早大入試に都教委が関与』)

* * * * *

 また、八木氏は07年には新たに「教科書改善の会」を立ち上げ、フジサンケイグループの育鵬社から歴史&公民の教科書を出版。現在、全国の400以上の学校で採用されているとのこと。
<11年には、衆院選で維新の会から当選した中田宏氏が市長を務めていた横浜市で、同会の教科書を採択するかどうかでもめたのだが。結局、中田派の委員が押し切る形で、多数決で採択が決まったのよね。(~_~;)>

 上の記事にもあるように、安倍首相は、全国の学校でもっと自分たちの思想に基づく歴史教育を行いやすくするために、教科書検定や「近隣諸国条項」の見直しを行なったり、教育委員会制度を変えたりすることを大きな目標にしているわけで。

 今回、設置される教育再生実行会議でも、八木氏らの超保守仲間が、さらに超保守的な内容の歴史や公民の教科書を作れるように、そして、自治体の首長が教育委員会をコントロールして、そのような教科書を採択しやすくできるようにすることを考えて、それに沿った施策をまとめるつもりなのではないかと思われる。(-"-)

 この教育再生実行会議に関しては、今後も追いかけて行きたいと思うのだが。他のメンバーを見ても、ほとんど出来レースになりそうな感じがあるだけに、このままでは「日本の教育がアブナイ!」と大きな危惧感を覚えているmewなのだった。(@@)
                     THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-01-11 02:41 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19511001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]