「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍ー橋下会談の目的は、橋下のとり込み&自民・維新を含め、各党を疑心暗鬼にさせること

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

11日、安倍首相が大阪市内でのホテルで、維新の会の橋下代表代行、松井幹事長と約25分、会談を行なった。(・・)

 この会談は、首相側から申し入れたもの。首相はこの日、神戸に視察に行く日程がはいっていたのだが、厳しい予定をやりくりして、神戸に行く途中にわざわざ大阪市内に立ち寄り、わずか25分ながらも、2人と直接会って話をする時間を設けたという。(@@)

 そもそも首相が就任早々、特定の野党の幹部と会談を行なうこと自体、異例なことだし。ましてや橋下氏は党首ではなく、党の代表代行という立場。
 もし通常国会の運営や補正予算などへの協力を要請するのであれば、党代表の石原慎太郎氏や国会議員団の代表の平沼赳夫氏に会うのが筋というものだろう。^^;

 それに、安倍首相が本気で2人と連携の相談をしたいのであれば、もっとゆっくりと会う機会を設けるとか、こそっと会ったりすることも可能なわけで。
 何故、あえてこの時期に、官房長官が事前に発表をし、メディアに大きく扱われることを前提にして、2人に会いに行ったのか・・・。

 また会談では、 尚、会談の冒頭6分間は、カメラもはいる形で取材が許可されたのだが。残る20分弱は非公開とされ、3人だけで会談が行なわれたとのことで。
 3人だけで話す時間を設けたことで、尚更にアレコレと憶測のなされることになったのだが・・・。

 mewは、おそらくメディアが様々な観測を報じたり、各党の議員が疑心暗鬼になったりしているのを見て、安倍首相らは「シメシメ」と思っているのではないかと察する。(~_~;)

<たぶん安倍側近かブレーンが、世間にわかるように&謎が残るような形で橋下氏らと会うことを提案したのではないかな~と。また、維新の平沼氏や松井氏も、この計画に絡んでいるかも知れないな~と邪推しているです。>

* * * * *
 
 会談後に、橋下氏らが語ったのによれば、橋下氏は、安倍首相に規制緩和や構造改革、大阪カジノ構想などについて提言や要望を行なったとのこと。(*1)
 また、安倍首相は、橋下氏らに緊急経済対策や補正予算への協力を求めたという。

『約30分にわたって行われた会談で、安倍首相は11日に閣議決定した政府の「緊急経済対策」を説明。この緊急経済対策を受け、15日に閣議決定する予定の補正予算案の早期成立について、日本維新の会の幹部である2人に協力を求めた。

 橋下氏は会談の終了後、補正予算案への協力について、「完全な野党で『反対、反対』はもうやりませんので、政策ごとにしっかりと議論をして、まとめるものはまとめる。駄目なものは駄目、修正をかけるものは修正をかける。当たり前の国政運営を日本維新の会は目指していきますよ」と述べた。

 松井氏も「予算のつけ方については、産業構造の転換とか方向性は同じなので、徹底した議論をしていくが、従来の野党的な発想で審議を延ばすとか、後ろ向きな議論をするとか、そういうことは維新の会はやりません」と述べ、国会では徹底した審議を行うとしながらも「方向性は同じ」との考えを示した。(FNN1月11日)』

 そして、『安倍首相は、11日午後5時前に取材に応じ、「(橋下氏は)大変エネルギッシュで、とにかく頑張って地域を良くしていこうという熱意を感じた。その中において、様々な規制や行政上の課題を突破していこうという熱意を感じた。私も同意できるところもありましたから、そういうところについては、協力していきたい」と述べた』とのこと。(同上)
 橋下氏は、会談後に「構造改革をやってもらうことが歩調を合わせる大前提になる」と語ったという。(時事通信1月11日)

<尚、TVのニュースの中には、この「歩調を合わせる」という言葉を、わざわざ色づけして強調するものがあった。^^;>

* * * * *
 
  この会談については、先週『安倍が橋下と、新年早々に会談~橋下の取り込み&野党共闘へのくさび打ちか?』という記事を書いたのだが・・・。

 mewはおそらく、今回の会談では、安倍首相らはさほど具体的に連携の話を行なわなかったのではないかと。実際のところ、今回の会談でははどのような話をしたかはさして重要ではないのではないかと考えている。
 
 安倍首相にとっては、何よりも早い時期に橋下氏と会って両者の関係を強化すること&安倍氏が橋下氏の存在を重視していることを(&橋下に手をつけていることを?)本人や世間や各党の議員に知らしめることが重要だったのではないかと思うし。
 そして、参院選やその後に自民党と維新の会が連携するのではないかと関係者を疑心暗鬼にさせることで、自民党内での自分の立場を安定させると共に、みんなの党や民主党を牽制し野党共闘にくさびを打つことを大きな目的にしていたのではないかと察する。(・・)

 他方、橋下氏や松井氏にとっては、安倍首相が自分たちの存在を重視している&首相と直接パイプがあるという事実を示すことで、非自公の政党の中での維新の会の立場や、自分たちの維新の会の内部での立場を強化し得るという点でメリットがあったのではないかと思われる。^^;

 さらに、この辺りのことは追々書いて行きたいと思うのだが・・・。
 これらの動きの背後には、超保守勢力の計画、自民党内の「安倍陣営vs.石破陣営」の対立、自民党と公明党との関係、維新の会の内部での対立、民主党潰しの思惑などなど、実に様々なことが複雑に絡んでいるのではないかとも思う。(@@)
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆





 安倍首相が、この時期にあえて橋下氏らと会談を行なおうと考えた最も大きな目的は、やはり上のリンク記事にも書いたように、橋下氏の取り込みと野党共闘の分断だろう。(・・)

 安倍首相と維新の会の幹部との関係については、これまでもさんざん書いて来たので、今回はその件はざざっとだけ記すことにするが。
<関連記事・『維新は安倍自民の分身&松井が民主との選挙協力を拒否』など>

 安倍首相は、日本の戦後体制を否定する超保守(真正保守)思想の持ち主で、維新の会の平沼氏と共に、日本最大の超保守団体・日本会議の議員グループのリーダー格として活動。自民党の安倍陣営には(閣僚、執行部も)、日本会議の超保守仲間が多い。また維新の会では松井幹事長を含め、同じ団体に所属しているめ国会議員、地方議員が少なからずいる。
<ちなみに石原代表も日本会議のメンバー。かなり過激な&独自の主張をすることもあるが、基本的な思想は安倍、平沼氏と同じだ。>

 彼らの最大の目標は、戦後の憲法や教育、国のあり方をリセットして、戦前に近いものに変革することにある。<安倍首相のいう「戦後レジームからの脱却」「強い日本を取り戻す」ね。>
 そこで、安倍氏らは、自民党&維新の会を中心に(超)保守勢力を結集させ、この目標を実現することを目指している。(-"-)

 また橋下氏は、超保守思想は有していないのだが。彼らは橋下氏を自分たちのサイドに取り込んで、その人気や注目度、キャラなどをうまく活用する形で、維新の会の議席を増やす(=勢力を拡大したり)と共に、一般国民に憲法改正や愛国教育など彼らの政策への理解や支持を高めたいと考えている。(~_~;)

 そして、石原氏や平沼氏も同様の考えゆえ、橋下氏を取り込んでおくためなら、安倍首相が自分たちを差し置いて橋下氏に会談を行なっても構わないと考えているのではないかと察する。(・・)

* * * * *

 自民党と維新の会は、昨年の衆院選で大きく議席を伸ばし、衆院では既にこの2党だけで2/3の議席を確保した。
 もし次の参院選で自民単独or2党合わせて過半数をとることができれば、国会をある程度、思い通りに動かすことができるようになるし。もし2党+αで参院も2/3の議席をとれれば、憲法改正の発議も可能になるだけに、安倍首相や超保守勢力にとっては、この夏の参院選が本当に重要なものになる。(@@)

 そこで安倍氏らの超保守陣営としては、何とかうまく自民党&維新の会の議席を増やしたいと考えているのであるが。
 ところが、維新の橋下氏やみんなの渡辺氏が、次の参院選では、維新、みんなが民主党とも選挙協力をして自公と対峙すると言い出したことから、かなり焦る部分があったのではないかと察する。

 もし野党共闘などをされたら、自民党にとっては大きなマイナスになるし。維新の会がみんなの党や民主党との連携を深めた場合、参院選後に、自民党と維新の会がタッグを組むことが困難になるおそれがあるからだ。(~_~;)

 安倍自民党は、憲法改正などではみんなの党の協力を得たいと考えているのだが。
 みんなの党の議員は、一部を除いて超保守思想の持ち主ではないし。しかも、同党は維新の会に平沼氏を含む石原太陽族と分かれるようにと要望している上、安倍自民党を強く批判することも多い(=簡単に言うことをききそうにない)ため、ちょっとジャマっけな存在なのである。(-"-)

* * * * *

 橋下氏も保守系ではあるものの、安倍氏らと同じような超保守思想は有していないので、戦後体制を変革するという目標の達成にはほとんど意欲がない。<むしろ、あまりに超保守的な思想にこだわる政治家には反発を覚えているところがある。>
 
 それよりも、橋下氏が最も重視しているのは、大阪都構想や中央集権打破、そのための構造改革などの新自由主義的な政策の実現だ。(・・)

 11日の安倍首相との会談でも、構造改革などの話を中心に行ない、『首相が規制緩和実施に向けて意欲を示したのを受け、「大胆な金融緩和というか、構造改革が必要ということで、会議に竹中平蔵先生も入られたので非常に期待している」と期待感を表明』していたという。(読売新聞1月11日)

<安倍氏もそのことを意識して、今回の会談で橋下氏の構想に関する話をじっくりときき、理解を示してみせたのだろう。>

 橋下氏は、自分の構想の実現のためには、松井氏などの維新の超保守派の議員や自民党の協力を得たいと考えているし。その見返りに、憲法改正条項の緩和や愛国教育の実現に協力してもいいと考えているようなのだが。
<それで会談後にわざわざ「構造改革をやってもらうことが歩調を合わせる大前提になる」と語ったのよね。(・・)>

 ただ、橋下氏は旧態依然とした自民党と完全に連携したり、主導権を握られる形で駒のように使われたりすることは望んではおらず。
 できるなら自分と同じような考えを持つ人を、維新、みんな、民主、自民党から結集して政治活動を行ないと。その勢力を拡大して、自民党政権に影響力を及ぼしたり、いずれは自分たちで政権をとりたいという思いを抱いているわけで。

<橋下氏は、石原代表に関しては、自分と同じように中央集権打破を最大の目標にしている大事な仲間&先輩&後見役だと考えているようだ。(~_~;)> 

 で、安倍自民党&超保守勢力は、そんな橋下氏を何とかして自分たちのサイドに取り込んでおきたいと考え、アレコレと策を練っているのである。(-"-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 ちなみに、橋下氏は1月4日の会見でも、衆院選で多数を取った安倍政権については、身内の既得権を打破できない自民党が改革などできないと批判したり、「みんなの党だけでなく、民主党の一部の人たちともまとまるべきだ」と主張して、野党共闘を呼びかけていたという。(・・)
 
 リンク記事にも書いたように、松井幹事長は7日に、民主党との連携は「絶対に無理だ」と主張。
 また、みんなの党の江田幹事長も9日、『橋下代表代行が「民主党の一部の人たち」と発言した点に注目。「労組依存じゃない人と一緒にやりたいとの気持ちではないか」と推測し、名指しこそしなかったが、民主の「参院のドン」に象徴されるような労組依存体質が、政権担当時に行政改革や天下り廃止を徹底できなかった「元凶」と指摘。』
 また、『「今の段階では民主含め、えり好みせず交渉する」と話す一方、消費増税を巡るいわゆる「民自公」の3党合意を民主の新執行部がどう進めていくかにかかっていると』と語り、民主党との連携には慎重な姿勢を示していたのだが・・・。
(J-CASTニュース1月9日)

 安倍氏らは、このような橋下氏の発言を見て、みんなや民主党との野党共闘の話が進まないうちに、早めに手を打っておいた方がいいと考えたのではないかと察する。(@@)

* * * * *

 この安倍ー橋下会談のニュースに、民主党やみんなの党はかなり困惑させられている様子。

『9日午後の民主党国対役員会でも「安倍・橋下会談」が話題となった。

「与党ボケしていてはいけない。いつまでも地元にいていいのか。アンテナを高く張らないと…」
 出席者からはこんな意見も出た。高木義明国対委員長は会合後、記者団に「野党幹事長会談を早くしなければならない。誠意をもって呼びかける」と強調。その姿は、野党の結束固めの前に設定された会談への困惑ぶりを象徴していた。』

『参院選で自民、公明両党で過半数に届かなかった場合、主導権は維新が握る-。橋下氏にはそんな思惑もちらつくだけに、警戒感を強めるのはみんなの党も同じだ。特に参院選の候補者を養成する政治塾の合同開催を維新と検討している真っ最中とあって、不快感は隠せない。

 みんなの党幹部は「自公を過半数割れに追い込むことで一致している。ぶれることはない」と強がる一方で、「もし維新が自民と選挙協力ということになったら、もう…」とも語り、指で「×」マークを作った。』(産経新聞1月9日)

『民主党の海江田代表は「それぞれの政党がいろいろな話し合いをすることは別にかまわない」と述べました。
 その一方で、党内からは「自民党に野党側が分断されて、気がついたら民主党だけが孤立している状況になりかねない」として、ことし夏の参議院選挙に向けて野党間の連携強化を急ぐべきだという意見が出ています。

 また、参議院選挙で維新の会との選挙協力を目指しているみんなの党からも、「維新の会が自民党に接近すれば、みんなの党は非自民の色を濃くするだけだ」として、今後の維新の会の動向によっては選挙協力に影響が出かねないという指摘が出ています。(NHK1月11日)』

* * * * *

 渡辺氏は13日のTV番組でも、こんな話をしていたという。

『みんなの党の渡辺代表は、「維新の会では去年、安倍総理大臣を党首に迎えたいという話もあったし、もともと近い関係だ。野党分断になるかどうかは、維新の会の信念と覚悟の問題で、分断されれば、もともと自民党の補完勢力だったということが明らかになる」と述べ、維新の会をけん制しました。
 さらに、渡辺氏は、「維新の会には、『自民党の補完勢力でやっていこう』という人たちがいる。そうした路線に橋下氏らが乗れば党内分裂は回避できるので、そういう内部事情があるかもしれない」とも指摘しました。(NHK1月13日)

 このブログでもしつこく書いていることなのだが・・・。
 渡辺氏も指摘したように、維新の会には「旧太陽族vs.旧大阪維新の会」「国会議員団vs.地方議員団」、さらには「橋下氏vs.松井氏」など様々な内部対立が生じている。
<しかも、ここに来て、自己主張の強い元首長3人組(東国原英夫氏、山田宏氏、中田宏氏)が衆院議員として加わったことで、さらに対立構造が複雑になっている感じが。ちなみに、東国原氏はアンチ石原太陽だけど。中田、山田氏は親・石原&平沼の超保守派だ。^^;>

 また自民党との連携に関しても、連携積極派(or補完勢力派)、連携はOKだけど主導権を握りたい派、連携積極派に分かれているような感じがあって。
 それぞれが何とか橋下氏&その支持派を取り込もうとしているのである。(~_~;)

<やっぱ橋下氏は、よくも悪くも維新の会のシンボル&アイドルだからね~。(・・)>

 そして、このつづきはまた次回に書きたいのだが・・・。
 さらに、ここには自民党内の「安倍陣営vs.石破陣営」の対立&実権争いや公明党との関係も絡んでいるわけで。ついつい「安倍陣営も必死になのかも知れないな~」と思ってしまうところがあるのだけど。

 ただ、橋下氏はなかなか賢い人だし。自分自身に関する危機を察知する感覚や能力はかなり優れたところがあるように思うので。果たして、安倍陣営の思惑通りに橋下氏が取り込まれるかどうかは、まだまだ「???」なのではないかな~と思っているmewなのだった。(@@)

                 THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





*1

『「方向性は同じ」 橋下氏ら安倍首相との近さ強調 安倍・橋下会談
2013年1月11日(金)15:55 産経新聞


 11日午後、大阪市内のホテルで安倍晋三首相と約20分間にわたり会談した日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長と同幹事長の松井一郎大阪府知事は終了後、記者団の取材に応じ、「方向性はまったく同じ」などと安倍首相との距離の近さを改めて強調した。

 松井氏は会談の内容について、「特区を含め、大阪産業の構造転換に協力を依頼した」とし、安倍首相が「まったく同じ(考え)」と賛意を示したと紹介。「日本が東京一極集中で、東京だけのエンジンで推進していくということは非常に厳しい時代なので、ぜひ大阪が2つめのエンジンを担える都市としてしっかり再生していってくれ、とおっしゃった」と述べた。

 橋下氏らが目指す大阪都の実現に向けては時間切れとなり、「都構想までいかなかった」としたが、「都構想は、自民党さんが中心になって基本法をまとめていただいている。分権改革には賛成していただいている」と、協力は得られるとの見方を示した。

 松井氏は安倍首相が求めた補正予算成立への協力についても、「今日お話しした限りでは、予算の付け方でも産業構造の転換とか、そういう部分も方向性は同じだ」と強調。「国会審議はきちっとやらせてもらう」としつつ、「従来の野党的発想で審議を延ばすとか、後ろ向きの議論とかはやらない」(松井氏)、「野党で『(何でも)反対!反対!』はやりません」(橋下氏)と述べた。

 また、橋下氏は安倍首相に構造改革の徹底を強く求めたことを明らかにし、創薬や医療機器分野のほか、大阪府市で実施している特区での減税について、国の法人税も下げるように強く要望したところ、「非常に前向きに考えていただいた」という。橋下氏は「構造改革をとにかくやっていただくことが、僕らと歩調を合わせる大前提になると思っている」とも述べ、構造改革の成否が政党間の関係構築の前提になるとの見方も示した。

 さらに、橋下氏は公共事業による景気浮揚を目指す自民党に対し、「大阪はICT(情報通信技術)の整備をする。世界最高水準の教育環境をつくっていく」と強調。「道路とか港とかを作るだけじゃなく、教育環境の整備というところにも経済対策をあてさせてもらいたい」と伝えたことを明らかにした。

 橋下氏らが目指す統合型リゾート(IR)誘致に向けた規制緩和については、「思いっきり強くお願いした」という橋下氏が夢洲2区の地図を示したうえで、立地も含めて構想を説明。雇用など経済効果が見込めることを紹介したという。橋下氏は「僕は安倍首相のもとでできると思う。本当にいい意見交換になった」と満足げに語った。

 一方、夏の参院選も含めた政務について、政党幹部同士としての話は「この短時間では全くできていない」と強調。維新が次期国会に提案する予定の、首長と参院議員の兼職禁止規定を撤廃する地方自治法改正案に関する話も「時間がなかった」とした。』




『安倍首相、橋下市長の夢洲カジノ構想に前向き
スポーツ報知 1月12日(土)7時3分配信

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長(43)は11日、同幹事長の松井一郎大阪府知事(48)とともに大阪市内で安倍晋三首相(58)と会談し、カジノを含めた統合型リゾート(IR)を大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」に誘致する計画などをまとめた提案書を渡した。会談後「安倍政権ならできると思う」と、実現に向け期待を寄せた。

 約20分の会談後「いい意見交換ができた」と満足げだった橋下氏。「思いっ切り強くお願いした」というカジノ構想に「(安倍首相は)非常に興味を持ってくれた」と振り返った。夢洲が埋め立て地で他の地域と隔離できること、周辺にも観光地が集積していることを挙げ、誘致構想が現実的であることを強調した。

 松井氏も「IRは進めていこうということで自民党内での議論は進んでいるはず」と指摘。地元住民らの反対が懸念されるが「カジノはIRの5%。あとは会議場やホテル、ショービジネスの施設などが占める」と説明した。

 カジノを巡っては維新代表の石原慎太郎氏(80)も東京都知事時代、税収増を狙い「お台場カジノ構想」を提唱したが、法改正の見通しが立たず断念した経緯がある。現在の日本の法律では、刑法185、186条などで賭博行為が禁止されており、カジノの設置は認められていない。

 一方、安倍首相は緊急経済対策を盛り込んだ2012年度補正予算案の早期成立への協力を要請。会談後「規制や課題を突破する熱意を感じた。同意できるところもあったので協力していきたい」と、維新との連携に前向きな姿勢を示した。』
[PR]
by mew-run7 | 2013-01-13 22:34 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19531410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 私は隠れ癌患者 at 2013-01-16 01:00
タイトル : オウム真理教のように有毒ガスを噴出させる山口県警
世の中では、総選挙が実施され、数年前に私が暴走車に襲われた時の総理大臣が、再び総理大臣になったようである。 そういう情勢が反映しているのか、山口県警は私の自宅に侵入して有毒ガスの噴出や電磁波照射の攻撃を毎日加えてくる状況となっている。(侵入というのは、...... more