「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

攻めた海江田の代表質問&維新・平沼は安倍に共感も、橋下と溝+アンカツ引退

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

  実は昨日、元笠松競馬&現JRAの騎手のアンカツこと安藤勝巳が2月で引退することがわかって、胸にスポーンと穴が開けられたような衝撃を受けてしまっているmew。_(。。)_
 
 いや~、アンカツももう52歳だし。ここ何年かはかなり騎乗数を減らしていて、昨年後半からはほとんど乗っていなかったので、そろそろかな~とは思っていたのだけど。<腰痛や体重調整も大変だったとか。>
 何分にも地方競馬も好きなmewにとっては、笠松競馬に所属したまま、毎週のようにJRAで勝ちまくっていた頃から、ずっとヒ-ローみたいな存在だったし。
<今、地方騎手がJRAに移籍できるようになったのも、全てはアンカツの挑戦&功績のお陰だしね。(・・)レジェンドハンターとか懐かしいな~。>
 
 あの絶妙なまくりや追い出しのタイミングとか、馬が止まりたくても止まれない下半身追い(馬の胴体を肢ではさんで、ぐいぐい押して行く)は、アンカツならではだったと思うし。クールで淡々とした仕事師、勝負師みたいな感じもカッコよかったし。
 
 アンカツは、おそらく全盛期のユタカ(武豊)を最も脅かした騎手のひとりではないかと思うのだけど。<特にGIになると、集中力&気合が違うからね~。>
 そのユタカは、次のようなコメントを出していた。

「本人からは何も聞いてないけど…。僕自身も安藤勝さんのファンでしたし、一緒に乗れなくなるのは寂しいですね。最近は体重のこととか厳しそうでしたから…。物事に動じない人で存在、生き方がすごい。安藤勝さんを見たら自分がいかに小さい人間かと思うくらいです。プライベートでは一緒によく飲みますし、お酒の席では楽しい人です」(東スポ1月30日)

 何かアンカツについて語り始めたら、mewも止めたくても止まらないような感じがあるのだけど。
 通算36年間、笠松でもJRAでも、本当に本当におつかれさまでした。
 たくさんのワクワク&「してやったり」&「してられた~」の思い出を有難うございます!m(__)m

~* ~ * ~ * ~ * ~ *~

昨日30日から衆院で、各党の代表質問が始まり、民主党の海江田代表、自民党の高村副総裁、維新の会の平沼国会議員団代表が壇上に立った。

 昨日は海江田氏が民主党代表として初仕事だったことや、維新の平沼代表がどんなことを主張するのか興味深かったので、帰宅後に衆院TVで、この2人の質問を中心に映像をチェックしてみた。(・・)

<平沼氏は安倍氏が若い頃からお世話になっている大先輩&アニキ分であるだけに、平沼氏が登壇の際に安倍首相に一礼をしたのに対して、安倍氏の方が深々とおじぎを返していたり、平沼氏の質問を受けた答弁の冒頭で「格調高く、示唆に富むお話を頂いて」とかヨイショしていたのが、印象的だったです。^^;>

 先に全体の感想を述べるなら、mewは、『安倍の所信表明の気味悪さ~参院選勝ちたさに招きネコをかぶる?』に書いたように、安倍首相は29日に行なった所信表明において、経済政策以外の国政の重要政策についてはほとんど全く触れないという戦術をとったことが不満だったのだが。
 昨日の代表質問で、3人の代表が、首相が所信表明で避けていた憲法、TPP、原発政策などの諸課題に関してきちんと質問して、首相の答弁を引き出したことは意義があったのではないかと思う。

『安倍晋三首相は30日の衆院本会議で始まった各党代表質問で、憲法改正について「まずは多くの党派が主張している(憲法改正の発議要件を定めた)96条の改正に取り組む」と述べ、改憲発議要件の緩和から着手する考えを示した。首相は28日の所信表明では憲法改正に触れておらず、国会で言及したのは就任後初めて。現職の首相が国会答弁で憲法改正を明言するのは異例だ。』

 また、安倍首相はTPPに関しては曖昧な答弁を行なったものの、「原発ゼロ」方針はゼロベースで見直すことを明言した。(-"-)

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加は「参加した場合の影響を精査、分析して国益にかなう最善の道を求める」と述べるにとどめた。民主党政権の「30年代に原発ゼロ」方針については「具体的な根拠が伴わない。ゼロベースで見直す」と明言した。(毎日新聞1月30日)』

* * * * *

 また民主党の海江田代表が、野党第一党として、政府与党のチェック機能を果たすために、安倍自民党への対決姿勢をしっかりと示していたのもよかったと思ったし。

 そして維新の会の平沼国会議員団代表(以下、国会代表)は、mewの期待通りに超保守的な主張を並べ立ててくれていたのだけど。
 安倍氏の超保守仲間である維新の会の平沼代表は、「私どもは首相の姿勢に共感をおぼえる」と述べて、堂々と安倍首相の超保守系の政策に協力する姿勢を示している感じが出ていて(逆に民主党政権には批判的だったりして)。
 公の場において維新の会(特に石原太陽族)の立ち位置が明確になったのも、よかったのではないかな~と思ったりもした。(・・) 

 とはいえ、後述するように、平沼氏が昨日行なった主張は、橋下氏らの考えとは異なる部分が多かった上、橋下氏らが質問を求めた原発政策に関する部分が時間切れでカットされたこともあり、このことがいわゆる維新東西冷戦の新たな火種になるのではないかと思うところもあった。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


  

 さて、トップバッターで登場した民主党の海江田代表は、何分にも初の大役であっただけに、他の代表のように余裕はなく、必死に原稿を読みながら訴えているという感じは否めなかったのだが。

 でも、その分、「これから自民党に立ち向かって行くぞ」と張り切っている感じや一生懸命さがにじみ出ていたように思うし。はっきりとした口調で、自分たちが主張、批判すべきこと、追及すべきことをしっかりとアピールしており、初仕事としては上出来だったのではないかと思った。

<ちなみに安倍首相の方も、久々の国会答弁に緊張していた感じが。また読み間違えを恐れてか、こちらも国会開会前に一生懸命にクチを動かしながら原稿を読む練習をしていた姿が、カメラに映し出されていたです。^^;>

 海江田氏は、特に安倍内閣の経済&金融政策に関して、mewが言いたいことをかなり言ってくれたので、チョットすっきりした気分になったりもして。"^_^"

 ただ、昨日は柔道体罰問題&資産家殺人事件を報じる時間が長くて、海江田氏の質問は少ししかニュースで取り上げられなかったのが、残念だったのだけど。
 その分、ここで、mewが「そうだ、そうだ!」と思った質問&主張を多めにアップしておきたいと思う。(・・)
 
* * * * * 
 
『海江田氏は代表質問で「立場は違うが、互いに切磋琢磨(せっさたくま)し、日本の未来を切り開きましょう」と切り出し、首相も「困難な状況の中で就任した海江田代表に敬意を表し、同世代の者としてエールを送りたい」と応じた。

 穏やかなエールの交換から始まった論戦。しかし、海江田氏はすぐさま、安倍内閣が最重視する経済再生に照準を定め、「族議員が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する利益誘導政治、弱肉強食社会を生む新自由主義的な経済政策などが復活しようとしている」と挑発。外交・安全保障政策も「挑発的、排外的なナショナリズムを想起させる」と批判した。(毎日新聞1月30日)』

『民主党の海江田万里代表は、民主党政権からの政策変更を批判。特に、道路特定財源が復活するとも取れる与党税制改正大綱の表現や、地方への一括交付金を廃止して中央省庁が使途を差配する「ひも付き補助金」を復活させることに「政官業癒着への逆行だ。なぜ時計の針を戻そうとするのか」と追及した。

 海江田氏が狙うのは「古い自民党政治」のイメージを国民に再び印象づけることだ。12年度補正予算案の景気対策について、民主党内では「国債が財源の公共事業中心型だ」と反発が強まりつつある。(毎日新聞1月30日)』

* * * * * 

 また、海江田氏は、安倍政権の経済政策に関して、このようなことも述べていた。

「これまで自民党は「政策に財源の裏付けがない」と民主党をさんざん批判しましたが、民主党政権下では44兆円の国債発行枠を明示して財政規律の一線を何とか守ってまいりました。安倍内閣の政策メニューには歳出増加項目が目白押しのようです。しかし、その財源をどうするのか、まったく見えません。
 プライマリーバランスの黒字化は、いつまでに達成するのか」

「安倍総理のデフレ克服は、将来世代の犠牲のうえに、とにかく今が少しでも良くなればよい、一部の企業に一息つかせることができればよい、と考えているかのようであります。だからこそアベノミクスの3本の矢の一つとして「財政出動」が安易に唱えられているのではないでしょうか」

「金融緩和について、2%の実現方法、達成時期、実質賃金への影響、長期金利との関係、為替をめぐる国際的反響についてどう考えているのか

 国民生活への副作用も無視できません。円安により灯油やガソリン、食品から飼料まで輸入価格は既に上昇しています。他方で企業が雇用を増やしたり給与を引き上げたりするのは景気の先行きに自信を持てるようになってからのことです。景気回復が一過性のものなら雇用や給与はほとんど増えない可能性すらあります。その結果は、実質賃金の引き下げであります。」

「言うまでもないことですが、デフレが始まったのは自民党政権の時代です。景気対策の名の下にバラマキを繰り返し、巨額の財政赤字が蓄積されました。こうした負の遺産を背負いながら、民主党政権は財政規律にも配慮したギリギリの経済運営を行い、競争力強化のための日本再生戦略を推進いたしました。その結果、民主党政権下でGDPは増加に転じ、完全失業率も1.3ポイント改善したのであります。この政策のどこが、縮小均衡なのですか。」

* * * * * 

『だが、首相はこれには乗らず、「経済再生にこだわるのは特定の企業のためではない。長引くデフレや円高が『頑張る人は報われる』という社会の信頼の基盤を根底から揺るがしているからだ」と説明。中国、韓国との関係改善についても「個別の問題はあっても、関係全体に影響を及ぼさないようにコントロールする戦略的互恵関係の原点に戻り、大局的観点から進める」と模範的に答弁した。
 こうした首相の姿勢には民主党議員から「官僚答弁だ」などとヤジが飛んだが、首相は意に介さなかった。(毎日新聞1月30日)』

 海江田氏は、この他に震災復興、社会保障、原発、衆院定数削減などの政策に関して質問したのだが。安倍首相は、無難な答弁でまとめ、何とかこの場をやり過ごそうとしていた感じがあった。(~_~;)
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 

 2番目に質問に立った自民党の高村総裁は、身内の質問でつまらないので、スル~として。
<ただ、この件は改めて取り上げたいのだが、今、自民党内&支持者の中には、安倍首相がTPP参加に前向きな姿勢を見せていることに対してナーバスになっている人が多いので、わざわざ安倍首相にTPPに関する見解をきいていたのが、チョット印象に残った。>

 最後に登壇した維新の平沼国会代表は、さすがはバリバリの超保守派らしく、弟分の安倍首相に対して「おまえは所信表明では触れなかったけど、一体、これらの大事な超保守の政策に関してはどうするんだ?」と問いただしているような感じがあった。

『日本維新の会の平沼赳夫国会議員団代表は質問で「私どもは首相の姿勢に共感をおぼえる」と発言。自民党席から拍手が起こる場面もあった。平沼氏と首相は元々親しく、保守的な考え方も共有している。平沼氏の質問は、憲法改正の必要性や男系男子による皇位継承の維持、防衛費の大幅増などを求めるもので、首相が封印している「安倍カラー」発揮を求める内容だ。一方で民主党政権に対しては「日米関係にひびが入った」と批判した。

 平沼氏は質問後、記者団に「彼とは(保守系超党派議連の)『創生日本』で同じだから究極的には理解し合える」とラブコール。これに対し海江田氏は「民主党から維新に合流した方々の考え方とは(平沼氏の質問は)ちょっと違うんじゃないか、と思いましたね」と皮肉交じりに語った。(毎日新聞1月30日)』

* * * * *

『維新は、石原慎太郎代表が衆院予算委員会で質問1することを望んだため、平沼1氏が安倍晋三首相に論戦を挑んだ。執筆した原稿は400字詰め20枚余。先週末、早朝3時に起き、一気に書き上げたという。
 その5分の1を使い、まず地元・岡山出身で幕末期に備中松山藩の財政再建に貢献した陽明学者、山田方谷(ほうこく)を紹介し、方谷による大胆な藩政刷新が、今後の改革の参考になると首相に提言した。(産経新聞1月30日)

 平沼氏は、山田方谷の話をしばし語った後、最初に皇位継承の問題からはいった。

 そして、次に憲法の話に移り、維新の会の石原代表が「廃憲論(憲法廃止論)」を提唱していることに触れた上で、現憲法は成立過程に問題があり無効であるため、新たに憲法を作り直すべきだと主張。
<注・超保守派の多くは、無効な憲法の改正はあり得ないので、憲法改正ではなく新憲法を制定をすべきだと主張している。>
 自民党が96条(改憲要件)の改正を優先する方針を示していることに疑問を呈するような形で、安倍首相の憲法改正に対する見解を問うた。
 さらに、防衛力強化、集団的自衛権の行使、領土問題、拉致問題も含めて中韓朝に対する政策などなども強く求めていた。(~_~;)

 ただ、このような石原&平沼氏の憲法観は、橋下共同代表の考えとは異なるもので、橋下氏はこの質問部分には懸念を示していたとのこと。

 また安倍首相が<本当は現憲法無効&新憲法制定論者なのだけど>、現憲法の有効性を認める答弁を行なった上で、96条改正を優先する意向を表明したことは、平沼氏をガッカリさせたのではないかと察する。^^;

* * * * *

 そして、維新の会は、橋下氏らは新自由主義的な政策を強く訴えているのであるが。 平沼氏自身は基本的に保守リベラルの政治家で、小泉式の新自由主義的な経済・社会政策には大反対の立場である。<それで、郵政民営化法案に造反して、自民党を離党したわけだしね。>

 それゆえ、平沼氏は後半の経済・社会政策に関する質問では、安倍内閣の過激な経済・金融政策やTPP参加などに関してやや批判的な論調が多く、それらの部分において、安倍自民党や橋下維新とのくい違いが目立つことになった。(~_~;)

<それで、上の記事にあるように、海江田氏から「民主党から維新に合流した方々の考え方とは(平沼氏の質問は)ちょっと違うんじゃないか、と思いましたね」と皮肉交じりに言われちゃったのよね。^^;>

 また平沼氏は、張り切って20枚もの原稿を用意したものの、事前に読む時間&スピードをチェックしていなかったのか、途中で持ち時間が切れて、議長役から何度も注意され、議場がざわめくことに。しかも、結局、原稿を読みきれないまま、終わったという。

『30日の衆院本会議で行った代表質問で、日本維新の会の平沼赳夫国会議員団代表が予定していた脱原発依存に関する質問ができずに終わった。橋下徹共同代表(大阪市長)が特にこだわって修正を求めた部分だっただけに、大阪系議員からは「話にならない」と不満も漏れた。

 橋下氏は平沼氏と質問原稿を事前に調整。原発の安全確認体制の必要性を指摘する表現が弱い点に異議を唱え、現行憲法を廃止する石原慎太郎代表の「廃憲論」を紹介した部分にも懸念を示した。

 原発政策を巡っては脱原発依存に重点がある橋下氏と必要性を強調する石原、平沼両氏ら旧太陽の党との間にもともと溝があり、合流時にも最大の論点だった。大阪側と旧太陽側に食い違いがいまだにくすぶることが表面化した形だ。

 結局、原発に関する部分は修正され、「段階的に原発依存からフェードアウトし、次第に脱原発を達成することが望ましい」と質問する予定だった。ところが、平沼氏が原稿を読む速度が遅く、読み上げられずに終わった。

 平沼氏は質問後、記者団に「言いたいことは言ったが、時間の縛りで言えなかったことがあって残念」と語った。しかし、橋下氏は脱原発依存の質問について29日に記者団に、「本質的な質問になる」と意気込みを示していただけに、大阪系の党幹部は「まいったな」と表情をゆがめた。(毎日新聞1月30日)』
 
* * * * * 
 
 もしかしたら、橋下氏らは「長々と地元出身の山田方谷の話をしておいて、自分たちが要請した原発の話はカットするとは、どういうことなんだ」「石原&平沼氏は原発維持派なので、脱原発依存の話はしたくなくて、わざとゆっくり読んだのではないか」などの疑問や不満を覚えるのではないだろうか?(・・)

 また後日に、維新の会の保守新党作りや党内対立に関する話を書きたいと思うのだけど。
 以前も書いたように、mewは国会が始まったら、石原太陽中心の国会議員団と橋下氏中心の大阪サイド(&みんなの党)の間で、さらにくい違いや対立が生じるのは必至なのではないかと考えているし。
 それが高じた場合には、下手すれば、参院選前にも、維新の会に分裂騒動が起きる可能性も否定できないように思っているmewなのだった。(@@)
 
                      THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-01-31 04:59 | (再び)安倍政権について | Trackback(3)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19710611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2013-01-31 11:16
タイトル : 世界に誇る平和憲法の改正を許すな、根拠薄弱でも電力料金値..
安倍首相は28日の所信表明では憲法改正に触れなかったため、30日の衆院本会議で始まった各党代表質問に答え「まずは多くの党派が主張している(憲法改正の発議要件を定めた)96条の改正に取り組む」と憲法改正への意欲満々であることを示した。 火力発電でも燃料使用の多様化が進行中で、国際的に安価な供給が進んでいるシェールガス・天然ガスや石炭発電の比率が上昇しているのに、マスコミが火力発電は石油使用発電と宣伝しているため、電力8社は24日、3月の電気料金を引き上げる方針を固めた。円安で原油の輸入価格...... more
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2013-01-31 21:41
タイトル : 学校内のイジメの対策
・授業時間外の勉強の仕方、友達との付き合い方などを教える・いじめ防止の成功例に学ぶ・学校を密閉社会にしない・不法行為があり注意しても直らないときは警察を導入する ブログ村政治ブログへ  自民党の教育再生実行本部が発表した教育改革案の中に、いじめ問題の対...... more
Tracked from 【2chまとめ】ニュース.. at 2013-07-29 10:01
タイトル : 【政治】維新・橋下共同代表は続投=平沼氏明かす
日本維新の会の平沼赳夫代表代行は27日午後、橋下徹大阪市長の共同代表続投が決まったと述べた。維新の執行役員会終了後、記者団に明らかにした。時事通信 7月27日(土)15時2分配信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130727-00000066-jij-pol... more