「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍が敵基地攻撃も検討、石破が交戦準備、石原のアブナイ独演会+R1

  
  これは2月13日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


  昨日、R1グランプリが行なわれたのだが。今年の決勝出場メンバーは、、実に個性豊か&レベルが高かったし。ちゃんと「ピン芸人」として、腕がある人たちがそろっていたという感じがした。
<スギちゃんも、ワイルド・ネタの見せ方を工夫してたけどね~。ちなみにmewは、去年1月のレッド・カーペットの時から目をつけてたさ~。>

 ファイナルSに残った3人では、個人的には、ヒューマン中村に一票入れたい気持ちがあったのだけど。<一番笑った&その発想にめっちゃ感心させられた。> 
 ただ、優勝したマイルド三浦の決勝のネタ&演技は、ジーンとさせられるとこもあったりして、一つの「作品」として完成度が高かったな~と思った。<やっぱ、実体験は強い?(・・)ちなみにH中村の芸名の名付け親はM三浦らしい。>

 またうわさのアンドーひであきのパフォーマンスを初めて見ることができたのだけど。あれは、もう「芸術」の域に近いかもと思ったですず。(・o・)
<「お笑い」という点では、予選のようなネタで押した方がよかったと思うけど。決勝は、チョット自分の好みに走ったかな?でも、それもなかなかのパフォーマンスだった。(++)>
 
* * * * *
 
 mewは、スポーツとか競馬とかお笑いとか見ていると、たま~に、何かもう「別に政治のことなんて、どうでもいいかな~」って思っちゃうことがあるのよね。(・・) 
<昨夜もNHKのニュースで、やれ北朝鮮が核実験を行なった、安倍が制裁強化を決めたとかやってるウラで、な~んもなかったかのようにR-1やってて、それを見て笑っているというこの世の中&自分のギャップがコワイ。^^;>

 でも、まあ、こういう風に無邪気にスポーツやお笑いを楽しめるのも、脳力全開&マジで馬券を検討したりレースに興じたりしていられるのも、日本が平和で、安全に安心にして生活できる国であるあるからこそで。(・・)

<今日にも日中が開戦するかもとか、北朝鮮から日本に向けて核ミサイルが飛んで来るかもとか、日本でまた大規模な原発事故がなんてことになったら、R-1どころじゃないし。(~_~;)>
 
 結局、やっぱ、「平和が一番!」だな~としみじみ思ってしまうとこがあるし。
 そして、特に政治に目を光らせなくても、平和維持を目指す政治環境&周辺状況が調っていれば、こんな風に政治系ブログにアレコレ書こうとも思わないのだろうけど。
 残念ながら、日本の国政は今、もしかしたら戦後最も高いレベルで、アブナイ方向に進もうとしている感じがあるので、やっぱ、ネットの超すみっこで「日本がアブナイ!」と、(愚直にというか、バカみたいにというか)警戒警報を発する人がいてもいいかな~と思ったりもするmewなのであった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 で、前記事で、北朝鮮の核実験について書いたのだけど。
 ここに来て、日本の周辺状況が悪化している中、今、自民党を中心に保守タカ派勢力は、このチャンスに改憲やら軍事強化やらを一気に進めちゃおうっていうムードがどんどん強まっているわけで。
 逆に、平和国家を維持するために発言内容に配慮しようという考え方が、どんどん弱まっている感じがある。

 自民党は、前政権時代に、防衛大綱案などを議論していた際に「専守防衛」を見直して、防衛目的なら敵の基地などを「先制攻撃」できるようにしようという方針を決めつつあったのだけど。<「座して死を待たず」とか言ってるし~。>

 昨日の国会でも、安倍首相が「敵基地攻撃能力」の保有を検討をする姿勢を示していたとのこと。

『安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、弾道ミサイル発射基地など敵基地への攻撃を目的とした装備保有に関し「憲法上は許される。国際情勢はどんどん変化する。国民の生命、財産を守るために何をすべきか常にさまざまな検討を行うべきだ」と述べ、将来的には検討する必要があるとの認識を示した。

 首相は「政府は従来、他に手段がない場合に限り、基地攻撃は憲法上の自衛の範囲内に含まれるとしている」と述べ、敵基地攻撃論は政府見解を踏襲していると強調した。みんなの党の浅尾慶一郎氏への答弁。(産経新聞2月13日)』

* * * * *

 自民党の石破幹事長が、10日にTBS「時事放談」に出演した際に、尖閣攻撃に備えて日本独自で交戦する準備をすべきだという趣旨のことを話していたのも気になった。

『自民党の石破茂幹事長は8日、TBSの番組収録で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との対立に関し「尖閣に仮に武力攻撃があったときに、いきなり米国が出てくるかというと、そうではないだろう」と、中国を念頭に武力衝突の可能性に言及した。 その上で「まず一義的に日本が対処するのは当たり前の話だ。いきなり日米同盟、安全保障条約が適用されると思わない方がいい」と述べ、日本の主体的な対処が必要だと強調した。(時事通信2月8日)』

<この番組には、国防仲間の前原くんと一緒に出演。集団的自衛権の話なども含めて、と~っても意見が合うようだった。(-"-)>

 確かに「備えあれば憂いなし」という考え方は必要だとは思うのだけど。
 でも、軍事力&防衛強化を重視すると、結局、「防御のためには、先に攻撃した方がいい」という発想になったり、「じゃあ、最高の防御をするためには、核を持った方がいい」とかみたいな発想につながったりするわけで。しかも、それが、どんどんエスカレートしてしまう危険性があるのだ。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 さらに昨日の国会では、ついに維新の会の石原代表が登場。
「浦島太郎のように18年ぶりに国会に戻ってきた。暴走老人の石原だ」との自己紹介のあと、「これからの質問は言ってみれば、この年(80歳)になって国民の皆さんへの遺言のつもりだ」として、何と1時間40分の間、ほぼ独演会状態で語り続けたのだが。(安倍首相が、質問に答えた時間は、全部で5分だけ。^^;>

 最後のごく一部(会計や環境問題)を除いては、超保守思想に基づくような極端な意見やアブナイ話が大部分を占めていて。日本の国会で、こういう話が堂々と交わされるようになったことにギョッとしてしまうところがあった。

 とりあえず質疑の要旨をアップしておくなら・・・。<石原氏の質疑詳報は、コチラ(産経新聞)に。>

『日本維新の会の石原慎太郎共同代表と安倍晋三首相の主なやりとりは以下の通り。

 石原氏「現行憲法は第二次大戦の勝者が敗戦国を統治するための即製の基本法だ。現行憲法を廃棄する考えはどうか」
 首相「現行憲法のもとは占領期に1週間ちょっとでつくられたと認識している」

 石原氏「憲法にある天皇は『象徴』の具体的意味は」
 首相「象徴とは、日本国において、権力を持つ存在ではなく、日本の長き歴史と伝統、文化による象徴だと理解している」

 石原氏「大まかには正しい。今年、靖国神社に参拝するか」
 首相「いたずらに外交的、政治的問題にしようと思わないので、参拝するしないは申し上げない」

 石原氏「私は行かなくてよいと思う。ならば、神道の祭主である天皇陛下に参拝していただくよう、奏上してほしい」
 首相「天皇陛下の親拝について私がうんぬんする立場ではない」

 石原氏「尖閣諸島を日本が『実効支配』している具体的な実態は」
 首相「尖閣周辺の領海も接続水域もわが国の海上保安庁が管理している」

 石原氏「毅然とした態度をとるべきだ。刀を抜くのはばかだが、鯉口をパチンと切ることだ」
 首相「領土領海を守る決意を示すことだ。日本の実効支配を揺るがせられると思わせてはならない」(産経新聞2月13日)』

* * * * *

 まあ、1時間40分も話していたので、当然にして、各論点について、もっと長々と持論を展開していたわけで。

 石原氏は、現憲法の破棄を検討すべきだと提言。また、天皇は「神道の大司祭だ。神道は普通の宗教と違う。人間の崇高な感性というか情念というか、そういったものの結晶」だとして、天皇の靖国神社参拝を求めた。
 尖閣諸島と対中政策の問題では、「シナはシナでいいじゃないか」と、一環して中国のことをシナと呼び続けながら、「鄧小平が棚上げしようと言ったので、外務省が喜んで帰って来た」と批判。
 自分が青嵐海時代に灯台を作った話からはいって、魚釣島の頂上に灯台を作ることを提言。また「シナが非常に挑発して嫌がらせしている」のに対して、寄らば切るぞとして鯉口を切っておく(刀を抜けるように、刃を少し引き出しておく)必要性があると主張。
 防衛力の強化や集団的自衛権の行使、武器輸出(禁止)原則の見直し、核シミュレーションや戦略兵器の開発などを提案した。

 何分にも安倍首相は、基本的な思想は石原氏と同じなので(各論は石原氏の方が極端なのだけど)、「真剣にお話を拝聴します」という感じ。明確に賛同する回答は避けたものの、答弁の際にはやんわりながらも石原氏の考えに理解を示す言葉を添えていたのが印象に残った。

 この後、東京都知事時代に取り組んで来た横田基地の共用の話を行なった後、厚木の空母艦載機を岩国基地に移すことに疑問を呈していた。<石原氏が、岩国基地に厚木部隊を移すことには反対っぽいことは初めて知った。>
 最後には、会計制度、金融政策、そして息子の石原伸晃環境大臣の存在も意識してか環境問題を語り、安倍首相もその意を汲んでか、しっかりと伸晃氏のことに触れて、質疑が終了した。
 
 mewは、衆院TVで質疑をチェックしたのだが。昨日は、核実験や列車脱線事故などがあったため、TVのニュースではほとんど取り上げられなかったようなのだが。一般国民は、こういう石原氏&維新の会の上層部の考えをきいてどう思うのか知りたい気持ちもあったりして。

 同時に、この質疑を見て、もし維新の会が次の参院選でも議席を伸ばして、自民党との二大保守政党制が築かれることになれば、日本は本当にアブナイ国になってしまうという危機感がますます募ってしまったmewなのだった。(@@)

                    THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-02-13 14:26 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19788218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]