「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

高裁初、伊方原発差し止めの決..
at 2017-12-14 03:15
安倍退陣こそ、拉致問題を解決..
at 2017-12-13 01:38
イシグロ、ヘイワがノーベル賞..
at 2017-12-12 02:52
離島防衛を口実に、NHKも国..
at 2017-12-11 01:05
田原総も昭恵の関与に疑念~安..
at 2017-12-10 01:53
加計認可に文科省の圧力~訴訟..
at 2017-12-09 06:12
森友、ゴミ処理が10倍に?次..
at 2017-12-08 15:53
トランプがエルサレムをイスラ..
at 2017-12-07 19:36
立民党が法案提出、地方進出に..
at 2017-12-07 03:05
安倍、森友の再調査を拒否&佐..
at 2017-12-06 00:52

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米国の軟化で北は第一の目..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
民進党解体だそうだが、解..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
排出物処理が不可能だから..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トヨタはEV開発を始めて..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
消費税引き上げに関連して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の巨大企業東芝は子会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本海の日本領無人島の管..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発廃止が既定路線ではな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
発達障害の子供は本人もつ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平和憲法を持ち戦争はしな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1267)
(765)
(647)
(463)
(271)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(155)
(149)
(149)
(146)
(145)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

維新・松井と菅官房長官が会談+脱原発法案+自民から原子委同意で造反圧力


  これは2月18日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

まずは、前記事『小沢が民主に共闘を呼びかけbut民主は方向性が定まらず』に関連する話を。

 mewは前記事で、維新の会は半分は与党&自民党の補完勢力のようなものだという趣旨のことを書いたのだけど。
<関連記事・『半分与党(?)の維新が、補正予算に賛成&改憲活動』>

 今朝の朝日新聞に、自民党の菅官房長官と維新の会の松井幹事長が、17日夜に会談を行なって、連携に関する協議をしたというニュースが出ていた。(・o・)

『安倍政権と維新、連携を協議 菅長官と松井知事が会談

 菅義偉官房長官と日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事が17日夜、東京都内で会談した。夏の参院選後の政治情勢について意見交換するとともに、安倍政権と維新の連携について協議した。昨年末の安倍政権発足後、両氏が2人だけで会談するのは初めて。

 菅氏は会談で、安倍晋三首相の政権運営に理解を求め、国会審議での協力を要請したと見られる。一方、松井氏は関西の企業誘致を進める特区の規制緩和を拡大するよう要望した。

 両氏は以前から親しく、自民党が野党だった昨年4月、松井氏が安倍、菅両氏に連携を要請。政権交代後の今年1月には、両氏の調整で安倍首相と維新代表代行(当時)の橋下徹大阪市長の会談も実現している。 (朝日新聞2月18日)』

<共同通信も、同様の記事を載せていた。

『菅義偉官房長官と日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事が17日夜、都内のホテルで会談したことが18日、分かった。関係者によると、菅氏は政権運営や国会審議への協力を要請した。

 松井氏は安倍晋三首相や菅氏と親密な関係を築いており、日本維新共同代表の橋下徹大阪市長も首相の手腕を繰り返し評価している。会談では安倍政権と日本維新との今後の連携についても話し合った可能性がある。

 松井氏は「関西イノベーション国際戦略総合特区」の規制緩和促進や、大阪への首都機能バックアップ体制の構築について要望した。
 今年1月には首相が大阪を訪れ、橋下、松井両氏と会談した。(共同通信2月18日)』>

* * * * *

 両方の記事に載っているように、維新の会の松井幹事長は、安倍首相などと同じ超保守団体・日本会議に所属しており、維新がまだ国政政党になる前から安倍氏や菅氏に会う&連絡をとるなど、親しい関係にある。
<松井幹事長は、昨年、安倍氏に維新の会の党首になることを要請したぐらいだもんね。^^;>

 安倍自民党は、維新の会が参院選で民主党を上回り第二党になること&衆院に続き、参院でも自民党+維新の会で過半数、できれば2/3の議席をとることを望んでおり、mewは自民党が2~3人区では、維新に対する陰の選挙協力として、候補者を複数立てるのを控えるところもあるのではないかとさえ思っているほどだ。

 自民党は、今は公明党と連立しているものの、維新の会は野党でありながら、異例なことに先週には補正予算の衆院決議で賛成に回っていたし。参院選前も、政策によっては協力する機会が多々ありそうな感じが。
 しかも、両党は、参院選後は、憲法改正や安保軍事政策を進めるために完全に連携して行く可能性が極めて高いわけで。今回の会談のニュースを見て、改めて、維新の会は、半分、与党だととらえていいと思ったmewなのだった。(@@)

<公明党は、安倍首相や菅官房長官は維新の幹部と会っているのを知って、たぶん、いい気分はしないでしょうね~。(@@)
 先日も書いたけど、予算が成立してからでもいいから、この際「じゃあ、維新と組めば~」と言って、連立を解消しちゃえばいいのにと思うです。(・・)>

* * * * * 

 また、mewは、前記事でちらっと、民主党の輿石参院会長が、みんなの党との連携を視野に、同党を維新から引き剥がしにかかっているのではないかと書いたのだが。
 どうやら海江田代表も、みんなの党との連携を重視しているようだ。

『民主党の海江田万里代表は17日、名古屋市で記者会見し、野党各党に呼び掛けている2012年度補正予算案の修正案共同提出について「みんなの党に乗ってもらえるかの交渉になる」と述べ、同党との協力が主眼であることを明らかにした。民主党は修正案をめぐる野党間の協議を通じ、夏の参院選に向けた協力関係構築を探る考えだ。(時事通信2月17日)』

 維新の会の橋下氏は、みんなの党にしつこく合流を呼びかけているのだが、みんなの渡辺代表は、維新が石原太陽族と分かれない限り合流することはないと強く拒み続けており、スムーズに話が進みそうにない感じも。
 また、実は自民党も、参院で人数が足りないことがあり、みんなの党に接近している。<先月、安倍首相が渡辺代表と日銀同意人事の件で会食をしたのよね。>

 もしかしたら、ここから各党で、みんなの党の「とりっこ」(争奪戦?)が始まるかも知れない。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 次に、mewがと~っても期待を寄せている脱原発法案に関して、こんなニュースが出ていた。

『昨年末の衆院解散で廃案になった「脱原発基本法案」が三月にも、参院で国会に再提出される見通しとなった。野党が多数を占め「ねじれ」になっている参院で可決を目指すことで、原発維持を鮮明にする安倍政権に異議を唱えるのが狙い。 

 基本法案は作家の大江健三郎氏らが世話人を務める市民グループ「脱原発法制定全国ネットワーク」が、超党派による議員立法を呼び掛け、昨年九月に「遅くとも二〇二〇~二五年のできる限り早い時期の脱原発の実現」を掲げた法案を衆院に提出。しかし、実質的な審議もせず、衆院解散で廃案となった。

 衆院選で脱原発勢力は後退したが、参院では十人の署名で法案提出が可能。生活の党(参院勢力八)、みどりの風(同五)、社民党(同四)が中心となり、民主党やみんなの党からも賛同者を募っている。再提出にあたっては、廃案になった法案をベースに▽新増設の禁止▽運転開始四十年で例外なく廃炉とするルールの徹底▽高速増殖炉の即時廃止-などを書き込む方向だ。

 参院で可決する可能性はあるが、衆院でも可決しないと成立しない。ネットワークや賛同議員は参院の意思を示すだけでも、脱原発の運動を拡大する意義は大きいとしている。(東京新聞2月18日)』

* * * * *

 脱原発基本法案は、上の記事にもあるように、生活、みどり、社民などが中心になって国会に提出されたのだが。
 民主党でも、菅元首相をはじめ40人弱が賛同の署名を行なうなど、様々な党の議員が賛意を示している。
<ただ、民主、生活の賛同議員の数は、昨年の衆院選でかなり減ってしまったかも知れない。^^;>

 安倍自民党は、民主党政権で決めた「2030年代までの原発ゼロ実現」の政策を見直し、原発維持&推進の方向に舵を切ろうとしているのだが。
 朝日新聞が先週行なった世論調査では、早期の原発ゼロ実現を望む人が今でも6~7割いるという。
『「すぐにやめる」は13%、「2030年より前にやめる」は24%、「2030年代にやめる」は22%、「2030年代より後にやめる」は12%で、「やめる」は計71%。「やめない」は18%にとどまった』とのこと。(朝日新聞2月17日)』

 この国民の思いに応えるためにも、是非、まずは参院だけでもいいから、脱原発基本法案を可決させて、国民やメディアの関心をもう一度喚起して、自民党にプレッシャーをかけて欲しいと思うmewなのだった。(@@)

* * * * *

 もう2つ、原発関連の話を・・・。

 原子力規制委員会の有識者会合が、青森の東通原発の敷地内にある断層が、活断層である可能性が高いと認定したとのこと。
 この判断により、東通原発の再稼動は、極めて困難になった。

『原子力規制委員会の有識者会合が、東北電力東通原発(青森県)の敷地内に活断層がある可能性が高いと認定した。耐震性の見直しや前提となる活断層の詳細調査が迫られ、東北電が目指す15年7月の再稼働は事実上、困難になった。一方、規制委も、原子炉建屋など重要施設に近接した活断層がある場合の耐震性の評価方法の早期確立が求められる。(中略)

 東北電は指摘された活断層について、水を吸い込んで地層がずれた「膨潤(ぼうじゅん)」と主張してきた。規制委は、活断層を前提とした耐震評価と対策強化なしに、再稼働を認めない方針だけに、今後、東北電が今回の認定にどう対応するかも焦点になる。(毎日新聞2月18日)』

* * * * *

 原子力規制委員会は、今のところ、mewの思った以上に精力的に活動しているのであるが。 
 原発再稼動を早く進めたい自民党にとっては、可愛くない存在になっているため、近時、同委員会への圧力が強くなっている様子。
<関連記事・『原子力規制委に自民&閣僚、自治体が批判の圧力+日銀総裁も辞任に導く』>

 先日、行なわれた原子力規制委の同意人事でも、自民党の中から、田中委員長らが原発再稼動に慎重だという理由で造反する議員が出たという。(・o・)

『衆院は14日の本会議で、政府が事後承認を求めていた原子力規制委員会の田中俊一委員長と4委員を含む3機関14人の同意人事について採決し、与党と民主党、日本維新の会などの賛成多数で承認した。15日の参院本会議でも承認される見通しだ。ただ、原子力規制委関係の採決では、自民党から原発立地県選出議員を中心に少なくとも5人が棄権した。原発再稼働に慎重とされる田中氏らに反発したとみられる。
 棄権したのは高木毅議院運営委員会筆頭理事(福井3区)や細田健一氏(新潟2区)ら。石破茂幹事長は「いろいろな事情があったと思うので特段の対応を取るつもりはない」と述べ、処分しない考えを示した。(産経新聞2月14日)』

 自民党は、昨年から造反議員に対して、と~っても寛容なのだけど。<ほとんどまともに処分することがないのよね。^^;>

 ただ、原発のある地域で選出された議員「原発再稼働に慎重」であることに反発して造反したことに対して、理解を示すこと自体、<原発に慎重な委員は、同意されなくても止むを得ないって考えていることになるので>、ある意味では原子力規制委員会への間接的な圧力になるのではないかな~と。そんな懸念もしてしまうmewなのであった。(@@)
 
                                THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-02-18 15:04 | 政治・社会一般 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19815617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 普通のおっさんの溜め息 at 2013-02-18 22:34
タイトル : 10年後に崩壊寸前の農村の改革無視して良いのか
・生産性向上を無視した今の農業・地域に根ざした株式会社化・10年後には破綻寸前の農村と言うのに手を今打たねば自民党は政権陥落か  ブログ村政治ブログへ  政府の産業競争力会議の民間議員である竹中平蔵慶大教授は16日、読売テレビの番組で、18日の産業競争力...... more