「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42
昭恵、寄付は覚えてない&安倍..
at 2017-03-18 05:38

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
テレビは甦るか? ~森友..
from 51%の真実

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

自民ポスター「TPP断固反対、ウソをつかない」のウソ+自民が警告するTPPの危険性

  これは2月28日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


  27日の参院予算委員会(外交に関する集中審議)で、共産党の井上哲士議員が、あのネットで話題になっているポスターの写真を安倍首相に突きつけた。

 そう。中央に「TPP断固反対」、左右に「ウソをつかない、ブレない」と大きく記された「日本を耕す!!自民党」のポスターだ。(@@)
コチラのページに、そのポスターの写真が。鈴木候補の応援演説を行なう&「できないことは言わない」と豪語する安倍総裁の演説の映像も。>

 あ、安倍くんの場合は、安倍カラーを重視して、、色のついた「TPP、ウソ、ブレ」のとこだけ読めばいいのかな?(~_~;)

* * * * *

 これは衆院選の山形2区で貼られていたポスターだとのこと。この選挙区からは、鈴木憲和氏が立候補&当選しているのだが。同氏は、農水省の官僚出身の30歳の青年で、農水省時代に、安倍一次内閣の時に、内閣官房「美しい国づくり」推進室で仕事をしていた人だという。<尚、自民党の山形県連自体が、TPP反対の方針で戦っていた。>
 
 このポスターを見てもわかるように、農業が中心の地域の自民党の候補者は、このように「TPPには反対」ということを前面に掲げて衆院選を戦い、多くの票を得て当選しているのである。(**)
 
 安倍首相自身も、昨年11月の解散日に、「自民党は、野田総理が解散後に、国益を守るあてもなく選挙目当てにTPP交渉参加表明を行うことに反対である。仮に参加表明が行われたとすれば、極めて無責任であり、許しがたい」との見解を出していたわけで。<関連『安倍は自ら許しがたいとしたTPP参加&無責任な根回しに走る』>

 自民党の候補者の中にも、民主党が政権をとったら、TPPに参加することになると警戒感を煽っていたのに。まさか、自民党が政権をとったら、衆院選からわずか2ヶ月しか立たないうちに、安倍首相がTPP参加を言い出すとは思ってもいなかった候補者&投票者は多いことだろう。(~_~;)
 
* * * * *

 しかも、これが民主党政権の時だったら、TVなども早速、このポスターを取り上げて、「公約違反じゃないですか?」、「ウソつき、ブレてるって批判されても仕方ないですね~」とチクチクと攻撃をした可能性が大きいのではないかと思うだけど。<それこそ、国会で取り上げられているんだしね。(・・)>

 それに昨日の参院では、他党も含めて、TPPの日米共同声明が何の確約にもなっていないことを追及。安倍首相も、かなり苦しい感じの言い訳答弁に終始していたのだけど。たぶん、TVのニュースやワイド・ショーでは、ほとんど扱われなかったのではないかと思われる。(ーー)

 後述するように、もしTPPに参加することになったら、TV局や新聞社、出版社などの日本のマス・メディアも多大な影響を受けるおそれがあるのにな~。(-_-;)
 でも、これは改めて書きたいのだけど、大手メディア&広告業界は、大企業のスポンサー&クライアント確保のために、アベノミクス支援の方向で動いているとのこと。それゆえ、TPPの問題点もあまり扱わず、スル~するつもりなのかも知れない。(~_~;)


 mewは、自民党内のTPP反対派が、頑張ってもっと抵抗してくれることを期待していたのだけど。
 安倍首相&自民党の支持率が高いこと&党内対立が激化すると参院選に影響するというムードもあって、反対派も「容認やむなし」という感じになっているとのこと。(-"-)

 ただ、 昨日27日、自民党外交・経済連携調査会が会合を行ない、「TPP交渉参加に関する決議」を行なったのだが、ここで最後の抵抗を示したところがあった。

『自民党の「外交・経済連携調査会」(衛藤征士郎会長)は27日午前、党本部で会合を開き、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加を事実上容認する決議を採択した。ただ、「仮に交渉参加の判断を行う場合は、国益をどう守っていくのか明確な方針を示すべきである」との条件を付け、守るべき国益の具体的内容を示した項目も確認した。

 決議は「依然としてTPP交渉参加に対して慎重な意見が党内に多く上がっている」と指摘し、「交渉参加をするかどうか判断するにあたり、自民党における議論をしっかりと受け止めるべきだ」と反対派に配慮した。

 確認項目は、反対派の議員連盟「TPP参加の即時撤回を求める会」の考えを全面的に採用。コメや麦など農林水産品目の具体名を挙げたほか、自動車、医療、食の安全などの分野でも衆院選公約よりも踏み込んだ内容となっている。(産経新聞2月27日)』

* * * * *

 自民党内の状況に関しては、別立てで書きたいのだが・・・。

 自民党のTPP反対派は、TPPに安易に参加すれば、農産物だけでなく多岐にわたる分野において、日本の国民生活に大きなマイナスをもたらしたり、日本の社会システムを崩壊させたりする危険性があることが、よ~くわかっているわけで。

 今回の決議に関しても、重要な分野に関して、日本の国民や社会に大きな影響を与える危険性のあるものを「守り抜くべき国益」として列挙し、交渉に当たって配慮することを要求している。(・・)

<ここまで国民の利益を害する危険性が大きい協定だとわかっているなら、反対を貫けばいいのに。(-"-)>

 この決議文は、TPPの問題点を知るのに、とても参考になると思うので、最後にその全文をアップしておきたい。

 また、shimarnyさんのブログに、個々の問題点についてわかりやすく解説する記事が載っていたので、関心のある方はそちらをお読みいただければと思う。
<『TPP交渉参加に反対派は守るべき国益を提示、賛成派は守るべき国益なく無条件降伏か』>
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


TPPに関する自民調査会決議・全文

 自民党外交・経済連携調査会が27日採択した「TPP交渉参加に関する決議」の全文は次の通り。
 
 1、先の日米首脳会談を受けて、依然としてTPP交渉参加に対して慎重な意見が党内に多く上がっている。
 2、政府は、交渉参加をするかどうか判断するに当たり、自民党における議論をしっかり受け止めるべきである。

 3、その際、守り抜くべき国益を認知し、その上で仮に交渉参加の判断を行う場合は、それらの国益をどう守っていくのか、明確な方針を示すべきである。

 4、守り抜くべき国益は別紙(TPPに関して守り抜きべき国益)の通り確認する。

 ◇TPPに関して守り抜くべき国益

 ▼政権公約に記された6項目関連

 (1)農林水産品における関税=コメ、麦、牛肉、乳製品、砂糖等の農林水産物の重要品目が、引き続き再生産可能となるよう除外または再協議の対象となること

 (2)自動車等の安全基準、環境基準、数値目標等=自動車における排ガス規制、安全基準認証、税制、軽自動車優遇等のわが国固有の安全基準、環境基準等を損なわないこと、および自由貿易の理念に反する工業製品の数値目標は受け入れないこと

 (3)国民皆保険、公的薬価制度=公的な医療給付範囲を維持すること。医療機関経営への営利企業参入、混合診療の全面解禁を許さないこと。公的薬価算定の仕組みを改悪しないこと

 (4)食の安全安心の基準=残留農薬・食品添加物の基準、遺伝子組み換え食品の表示義務、輸入原材料の原産地表示、BSE(牛海綿状脳症)基準等において、食の安全安心が損なわれないこと

 (5)ISD(投資者・国家訴訟制度)条項=国の主権を損なうISD条項は合意しないこと

 (6)政府調達・金融サービス業=政府調達および、かんぽ、郵貯、共済等の金融サービス等の在り方についてはわが国の特性を踏まえること

 ▼医薬品の特許権、著作権等=薬事政策の阻害につながる医薬品の特許権の保護強化や国際収支の悪化につながる著作権の保護強化等については合意しないこと

 ▼事務所開設規制、資格相互承認等=弁護士の事務所開設規制、医師・看護師・介護福祉士・エンジニア・建築家・公認会計士・税理士等の資格制度についてわが国の特性を踏まえること

 ▼漁業補助金等=漁業補助金等における国の政策決定権を維持すること

 ▼メディア=放送事業における外資規制、新聞・雑誌・書籍の再販制度や宅配についてはわが国の特性を踏まえること

* * * * * 

 昨日も各地の自治体や農業団体だけでなく、医師会からも反対の声が出ていたのだが。<某弁護士は、法律家の仕事や、種々の法務や法律、訴訟などに大きな影響が出るかも知れないと言っていたです。>

 TPP参加による輸出益に期待する大企業だって、乗っ取りや規制ルール変更などで存立を脅かされるかも知れないし。

 実は、TV局や新聞社、出版社などのマスメディアにも多大な影響があるかも知れないのに、何故、メディアはTPPの問題点をもっと取り上げないようとしないのかと、問い詰めたいような気持ちになっているmewなのだった。(@@)

                       THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-02-28 10:03 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/19868699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from マスコミに載らない海外記事 at 2013-03-01 01:07
タイトル : もし~だったら?
Paul Craig Roberts 2013年2月21日 “もし~だったら”という歴史は読み物として面白い。面白く、考えを刺激し、想像を促してくれる。歴史の転換点で、もし違う判断、決断や状況が勝っていたら、世界はどのように変わっていただろう。確かに、(ヘイスティングの戦いで)もしハロルド王の兵士達が命令に従って、敗北... more