「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍が米中韓の対話路線にクギ刺し&北朝鮮の脅威利用で改憲、軍事強化か


  これは4月17日、2本めの記事です。 

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



 安倍首相&周辺は、どんどん強気になって、憲法改正や安保軍事強化策に関して公の場で言及するようになっているのだけど。
<後述するように、昨日も国会答弁などでアブナイ発言がいっぱいあったです。(-"-)>

 昨日、出ていたニュースの中で、mewが一番「安倍くんはアブナイ」と思ったのは、米国のケリー国務長官(日本でいう外務大臣)との会談に関する報道だった。

 ケリー国務長官は、韓国、中国、日本を回って、北朝鮮への対応で協力を呼びかけると共に、北朝鮮との対話政策も進めようとしているのだけど。
 安倍首相は、北朝鮮に断固たる対応をとるようにと強調。ケリー国務長官が対話路線をとることにクギを刺すような発言を行なったという。

『安倍晋三首相は15日、中韓を歴訪したケリー米国務長官と首相官邸で会談した。首相は核実験を重ね、弾道ミサイル発射の動きも見せる北朝鮮を「極めて挑発的な言動を繰り返し、緊張を高めていることは容認できない」と非難し、「引き続き日米で断固たる対応をとることが重要だ」と指摘。対話の前提条件として北朝鮮が態度を改めるべきだという姿勢を強調した。(朝日4月15日)』

『首相は「経済制裁も含め緊密に連携をとっていきたい」とも求めた。これに対し、ケリー氏は「韓国も中国も北朝鮮の非核化を目指しており、実現すべくやっていく」と述べ、対話を探る考えを示した』のだが。(朝日新聞4月15日)

 安倍首相は、ケリー国務長官に対して、「彼らは約束はしても守らない。何度も裏切られたことは忘れてはいけない」と指摘したとのこと。
『米国が北朝鮮に融和的な態度を示したとの見方もあっただけに首相としてやんわりクギを刺したものとみられる。(読売新聞4月15日)』

 産経新聞も、同様の見方をしている。

『「2人だけで話をさせてもらえませんか?」

 安倍晋三首相は15日、ケリー米国務長官との約1時間の会談が終わりにさしかかると突然、こう切り出し、会談に同席していた岸田文雄外相やルース駐日米大使に退席を促した。

 首相とケリー氏の2人だけの会談は「予定にはなかった」(政府関係者)ハプニングだ。通訳だけを介した約7分間のやり取りで、2人がどんな会話を交わしたのかは不明だ。

 しかし、2人きりになる前、首相がケリー氏に投げかけた次の言葉に謎を解くヒントが隠されている。

 「北朝鮮は3代にわたり瀬戸際外交を繰り返してきた。『対話』というが何度も裏切られてきている。北朝鮮は危機を醸成して、あるものを与えろ、というやり方だ。そのことを忘れないでください」

 会談でケリー氏は「韓国、中国は北朝鮮の非核化を目指すという。関係国との協力で目的を実現したい」と述べていた。

 対中融和派と目されるケリー氏の動きによっては、米国が北朝鮮との対話路線に急転回することもありうる-。こんな疑念を抱き、それを払拭するために、首相は7分間の会話で、ケリー氏にくぎを刺そうとしたのではないか。(産経新聞4月16日)』

* * * * * 

 北朝鮮が一方的に韓国との休戦協定の破棄を宣言したり、ミサイル発射、核実験を行なうとして周辺諸国への挑発を繰り返しているのに対して、米中韓は、ともかくまずは北朝鮮の暴走を食い止める方策をとることを考え、アメムチ作戦を展開。
 近時は、米国が軍事演習を控えたり、韓国や中国が対話を呼びかけたりと、やや太陽政策をとって、まずは何とか今にも牧場の柵を飛び越えようとしているような暴れ馬状態になりつつある北朝鮮を落ち着けようとしている感じがある。^^;

 ケリー国務長官も、韓国、中国を回って、2国の対話路線に理解を示すと共に、お互いに連携して北朝鮮対策を行なって行くことで一致したという。

 北朝鮮に接している韓国や中国は、直接的に損害を被るおそれも大きいだけに、ともかく北朝鮮の暴走、暴発を防ぎたいところ。
 また米国も、中東情勢が不穏である上、軍事予算などの問題、対中関係なども考えると、ここで北朝鮮と無用な争いはしたくないので、3国の利害&方針はほぼ一致していると見ていい。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


  

 しかし、日本の安倍首相だけは、相変わらず、北朝鮮に対して厳しい発言を繰り返しているような状況だ。(>_<)

 安倍氏らの超保守派は、もともと中韓朝の国や民族を好ましく思っておらず(特定の用語を使って、蔑視や敵視する人も少なくない)、日本が3国より経済&軍事的に上の立場になり(3国に勝ち)、アジアの覇権を握ることを大きな目標にしているのだが・・・。
 特に北朝鮮に対しては、安倍氏が力を入れている拉致問題もあることから、厳しい言動を行なうことが多い。

 mewは、今でも忘れられない光景がある。
 安倍首相が、前政権時の06年10月に、北朝鮮が核実験に対する制裁に関して、国会での質問に答えて、勝ち誇ったような&少し嬉しそうな表情で、このような答弁を行なった時のことだ。
 安倍氏は「(制裁は)他国より格段に厳しいものになる。私の内閣で決めることなので、北朝鮮側もそれなりの措置になると考えているだろう」「核兵器を開発すれば北朝鮮という国事態の生存の条件が厳しい状況になっていく」と発言して、あたかも北朝鮮を潰すぐらいの意気込みで、日本独自でかなり厳しい経済制裁をとることを宣言したのである。^^;

* * * * * 

 安倍内閣は、今月も北朝鮮の挑発言動が続く中、5日の閣議で、今月13日に期限が切れる北朝鮮への日本独自の経済制裁について、2年間延長することを決定。
 3月から何度も「先般の国連の制裁決議を実行することが必要だ」「日本としても制裁を強化する」と発言して、北風政策をとる意向を示している。

 首相はさらに14日には「国際社会は一致結束して、挑発的な行動は北朝鮮にとって何の利益にもならない、北朝鮮にとって状況はますます厳しくなってきていることを認識させなければならない」と発言。(朝日4.14)
 15日にケリー国務長官と会った際にも、まず「経済制裁での連携強化」を提言したのである。(@@)

 しかし、ケリー国務長官は、同盟国の韓国とだけでなく、中国との関係も重視して融和政策をとろうとしているわけで。もしかしたら、安倍首相は、そのことにある種の不快感や焦りを覚えた部分もあったかも知れない。(~_~;)

 安倍政権にはいって、尖閣諸島を巡る中国との対立がさらに激化。今も尖閣周辺では中国軍などの挑発、海保、自衛隊のギリギリの対応が続いていることから、安倍内閣は、中国に対するの防衛軍事政策で米国から最大限のバックアップを得たいところなのだが。
 米国が中国と経済面だけでなく、東アジア安保でも歩み寄りを見せていることは、安倍内閣にとって快くない&憂慮すべきことに違いあるまい。(~_~;)

<今回の日米外相会談でも、米国は日米同盟の強化、尖閣諸島の防衛協力には応じる姿勢を示したものの、尖閣諸島の領有権に関しては、改めて中立的な立場を貫くことを明言していたしね。^^;>

* * * * *

 それにmewは、安倍首相&周辺は、北朝鮮が日本の領土内に向けてミサイルを打つのは困るのだろうけど。<国民に危険のない領海ぐらいだったら、OKだったりして。^^;>
 でも、北朝鮮が、当面の間、挑発的な言動を続けていた方が、都合がいいと思っている部分があるのではないかと邪推してしまうところもあるのだ。(-"-)

 もし北朝鮮の暴走に対する国民の危機感、警戒感が増大すれば、安倍自民党が目指している憲法改正や集団的自衛権、その他の軍事強化策への理解、支持が得られる可能性が大きくなるわけで。
 それを利用して、参院選に勝利し、一気にこれらの課題を実現したいと考えているのではないかと思うからだ。(-"-)

<超保守派の中には、米国が北朝鮮を攻撃して同国を潰してしまえばいいと思っている人もいるらしい。^^; そうなったら、拉致被害者の安全はどうやって、守るのよ。(-"-)>

 安倍首相は、前政権時から、何とか政府解釈で憲法9条により禁止されている「集団的自衛権の行使」を容認したいと考えており、今回も前政権時と同じメンバーを官邸に集めて「出来レース」の有識者会議を行なわせている。

 また石破幹事長も、「集団的自衛権の行使」容認には積極的な立場で、野党時代から集団的自衛権行使を認めるための法案を準備。先週、参院選後に、この法案を国会に提出する意向を示したばかりだ。^^;
<関連記事・『石破が9条改憲、敵基地攻撃、集団的自衛権とアブナイ発言を連発』>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 

 実際、16日の衆院予算委員会でも、安倍首相は北朝鮮対策のためにも集団的自衛権の行使が必要であることを主張していたという。

『安倍総理大臣は北朝鮮のミサイル発射で、アメリカ軍の艦船などに被害の可能性がある場合、自衛隊が協力して防衛する必要性があるという考えを強調しました。

 (政治部・布施哲記者報告)

 民主党側は、北朝鮮のミサイルが発射された場合の日米の連携に関する法律の不備を問いただしました。

 民主党・渡辺周元防衛副大臣:「アメリカが日本の領土・領海内からグアムに飛んでくる北朝鮮のミサイルを迎撃することになる。ついては、日本に協力してもらいたいと言われた場合に(アメリカ軍に対し)、どんな協力ができて、どんな協力ができないのか整理はされているのか」

 安倍総理大臣:「例えば、(アメリカ軍の)イージス艦に対する攻撃が起こった時にその阻止をしなくて、果たして日米同盟が維持できるかといえば極めて難しいと言わざるを得ない」

 今の政府解釈では、近くにいるアメリカのイージス艦が攻撃を受けても、自衛隊に対する攻撃でなければ日本は対応できません。安倍総理の答弁は、これを可能にしようというものです。また、北朝鮮のミサイルが故障で日本に墜落した場合、猛毒のミサイル燃料が散らばる恐れがあるとしています。安倍総理には、北朝鮮問題を追い風に集団的自衛権の行使を可能にしたい狙いもありそうです。(ANN4月16日)』

* * * * *

 また15日には、自民党の高村副総裁(元防衛大臣)も、集団的自衛権の行使の容認を訴えていたという。

『自民党の高村正彦副総裁は15日、都内で講演し、政府が憲法解釈で禁じてきた集団的自衛権の行使について第1次安倍内閣の有識者会議が検討した4類型に限り行使を認めるべきだとの認識を示した。「4つの事例は認めてもいいという議論は正しく、党の中もほぼ統一されつつある」と語った。(日経4月15日)』

『自民党の高村副総裁は、北朝鮮のミサイル発射問題に関連し、日米同盟の維持のためにも憲法9条を改正して集団的自衛権の行使を認めるべきだと強調しました。

 自民党・高村副総裁:「北朝鮮がミサイルを飛ばしてアメリカ本土、もしくはグアムの基地を狙った時に、日本がそれを撃ち落とす能力を持っていたにもかかわらず、あれはアメリカに行くから撃てないといってやめた、そしてアメリカ本土やグアムが大打撃を受けたとしたら、日米同盟は終わりだ」
 高村氏は、今の憲法の規定では、集団的自衛権の行使は認められないとしている内閣法制局の解釈は「間違っている」と指摘しました。そのうえで、分かりにくい解釈論ではなく、憲法9条を改正して集団的自衛権の行使を認めるほか、自衛隊を軍として正式に位置づけるべきだと強調しました。(ANN4月15日)』

* * * * *

 さらに安倍首相は、16日の国会では、武器使用緩和などに関しても発言。軍事強化路線に強い意欲を示すようになっている。

『安倍首相は16日、衆院予算委員会の外交・安全保障に関する集中審議で、政府が今国会に提出する在外邦人の陸上輸送を可能にする自衛隊法改正案に関連し、将来的には武器使用の緩和が必要との認識を示した。

 首相は「武装勢力に邦人が襲撃を受けている際に、保護下にないという判断がなされた場合、(自衛隊は)救出に行けない。最高司令官として 忸怩 ( じくじ ) たるものがある」と述べた。改正案では、武器使用基準の緩和は現行の憲法解釈上は困難として見送られた経緯があるため、将来の憲法解釈変更を視野に入れた発言とみられる。(ANN4月16日)』

<今、国防族に間では、北朝鮮有事に際して、韓国などから邦人救出をする場合の検討が行なわれているようだ。>

 果たして日本の国民は、この安倍氏らの超保守タカ派の路線に乗って、北風政策や軍事強化の道を選ぶのか、それともこれまでのように、平和主義の維持を目指して、対話をベースにした外交安保政策を目指すのか、日本は本当に大きな岐路にさしかかっているように思うmewなのだった。(@@)

                      THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-04-17 14:08 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20284051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 名無しのデムパ論 at 2013-04-18 15:28
タイトル : 相手だけじゃなく自分自身も約束を守らずに態度もエスカレー..
前の記事に続いて、 生存報告と言う名の戯言第3弾ということで・・・(w 安倍首相が15日に行われたケリー米国務長官との会談で、 核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対し、対話路線を安易にとるべきで...... more