「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

米が不測事態の準備を促す+青..
at 2018-02-21 02:41
厚労相もデータのデタラメ(捏..
at 2018-02-20 09:05
墜落ヘリに中古部品&ミサイル..
at 2018-02-19 05:45
森友と財務局の交渉の録音テー..
at 2018-02-18 07:07
佐川長官の国税庁前で抗議集会..
at 2018-02-17 05:40
安倍がデータの問題を認め、裁..
at 2018-02-16 05:15
安倍が朝日攻撃で大暴走~森友..
at 2018-02-15 04:07
安倍、労働裁量制でデタラメな..
at 2018-02-14 05:00
安倍シンパ・百田の朝日攻撃が..
at 2018-02-13 06:33
暴言大王の足立、ついにアウト..
at 2018-02-12 03:40

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

世界海最大規模のマヤ文明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
30歳過ぎた小平奈緒選手..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民は怒っている・佐川長..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本は大量の牛肉を輸入し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平昌五輪でに2月15日現..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
経済変調時期到来か?世界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
高齢者ドライバーは軽乗用..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本では次々と新手の詐欺..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
2018年1~2月冬は云..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本経済に暗雲・9日午前..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、2月19日6..
by xtc4241 at 06:14
mewさん2月18日7:..
by xtc4241 at 07:54
名護市長選挙残念の一言で..
by ラ・ポスト at 02:09
沖縄 名護市長選をめぐる..
by xtc 4241 at 10:01
mewさん、15:50ご..
by xtc4241 at 15:52
mewさん、1月16日1..
by xtc4241 at 14:05
mewさん、1月12日4..
by xtc 4241 at 04:53
mewさん1月3日8:4..
by xtc 4241 at 08:51
mewさん12月3:15..
by xtc4241 at 17:02
mewさん 12月18日..
by xtc4241 at 16:47

ブログパーツ

タグ

(1278)
(767)
(648)
(463)
(275)
(262)
(255)
(240)
(224)
(163)
(161)
(159)
(156)
(152)
(149)
(148)
(146)
(141)
(126)
(125)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

長島の「日本人化」ツイート&改憲実現は他党でやれば?+中曽根の思い


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



 4月30日、東京の憲政記念会館で、毎年恒例になっている新憲法制定議員同盟(会長・中曽根康弘元首相)主催の「新しい憲法を制定する推進大会」が開かれた。

 そして、『憲法改正を掲げる第2次安倍内閣が発足したことから、今大会を「特別の意義を持つ」とし、「新憲法の制定に向けて一層の努力を尽くす」とした決議を採択した』という。(毎日新聞4月30日)

『超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」の大会で、中曽根元総理は憲法改正の論議が広がっていることに期待感を示しました。

 「国民と一緒に、最後の晩年になってもう一回よく考えてみて、あの世に持って行きたい」(中曽根康弘元首相)

 超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」の大会で、会長を務める中曽根元総理は「世界の中の日本のことが頭に浮かんでくる。是非立派な日本をつくって下さい」などとあいさつし、憲法改正の論議の広がりに期待感を示しました。(TBS4月30日)』

 会長を務める中曽根御大は、今年94歳。憲法改正をライフワークにしており、「改憲が実現するまでは死ねない」と発言していたほど。<mewは、中曽根氏に長生きしていただくためにも、改憲は実現させないでおこうと思っているのだけどね。(・・)>
 今回も用意した原稿を読まず、切々と日本のあり方を説いていたようなのだが。中曽根氏の意向も汲んで作られた自民党の改憲草案は、たぶん実現せずに終わるので、時が来たら、あの世に持って行っていただきたいと思うです。m(__)m

* * * * *

 この会合には、自民党のほか民主党、公明党など他の党の議員も参加しており、各党の代表者が挨拶を行なったという。

『自民党の石破茂幹事長は「戦争(終結)から立ち上がった日本の歴史をご存じの方々が活躍しているうちにやらなければならない」と、憲法改正論議を加速する考えを強調。

 民主党の長島昭久国民運動委員長は「いよいよ憲法改正が現実的な政治日程にのってきた。現行憲法には多くの問題点がある」と述べ、具体的には憲法前文の見直しが必要と指摘した。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は、環境権など新たな価値観を憲法に明記する「加憲」の立場を説明し、「憲法改正には、市井に生きる庶民の共感を得なければいけない」と国民的な議論の重要性を訴えた。大会には日本維新の会の小沢鋭仁国対委員長、みんなの党の江口克彦最高顧問も出席した。(時事通信4月30日)』

 この会合で挨拶をした長島昭久氏は、民主党の中で最も右寄りの超保守タカ派と言われるMY天敵の議員。<ちなみに、憲法改正で「前文」の改正を強く訴えている人は、9割がた、超保守派だと考えていい。>
 改憲推進派の筆頭ゆえ、ここから、民主党内の大きな火種になりそうな感じがあるのだが。その話は後に回すとして・・・。 
 
* * * * *

 長島氏は、GW中に国防族仲間の民主党の前原氏や、自民党の塩崎、小泉氏らと英国を訪問中なのだが。<もちろん安保の議論がらみでね。>

『自民党の塩崎恭久政調会長代理と小泉進次郎青年局長、民主党の前原誠司元代表と長島昭久国民運動委員長、日本維新の会の中田宏衆院議員の5人が1~6日の日程で英国を訪問する。
 経済界、学者らによる民間の政策対話「日英21世紀委員会」の一環で、キャメロン首相とも会談する予定だ。
 同委員会では、東アジアや中東の安全保障などをテーマに議論する。(読売新聞5月1日)』

 ところが、英国に向かう飛行機の中で、トンデモ・ツイートを行なったため、批判を受けることになった。(@@)

『空の上から初ツイート。只今シベリア上空です。出発前の控え室では、前原、塩崎、小泉代議士と今後の我が国の社会保障制度の在り方で盛り上がりました。今後の課題は、子育て支援と在宅での看取り、そして在日外国人2世3世に対する「日本人化」教育の仕組みづくりが鍵を握っているという点で合意。』

 在日外国人2世3世の「日本人化」教育って・・・。(゚Д゚)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『この「日本人化」という単語が、日本語標準語の使用や国家神道崇拝の強制を通じて、地域の伝統文化を破壊したとして悪名高い「皇民化教育」を連想させるとして、「即座に『創氏改名』の愚を思い出させられた」「これはまさに、21世紀版の『同化政策』」といった批判が次々に寄せられた。』

『長島氏は、米ジョンズ・ホプキンス大学で修士号(国際関係論)を取得している。移民の国でもある米国で教育を受けたにもかかわらず、文化の多様さへの配慮を欠いた発言が行われたとして失望する声もあった。

これらの批判を受け、長島氏は5月2日未明になって、ツイッターで、

「『日本人化教育』というのは、誠に不適切な表現でした。皆様にご不快な思いをさせてしまったことを衷心よりお詫びします」と陳謝した。その上で、

「日本で生まれた子供達に、日本の文化や歴史や言語を知ってもらい、良いところを多いに学んでもらいたい。これを国として責任を持ってバックアップすべきというのが真意でした」と釈明した。』 (J-CASTニュース5月2日)

 mewは、この説明は全く「釈明」になっていないと思うんだけどね~。(-"-)
 
* * * * * 
 
 長島氏は、米国の大学院で国際関係論や国防について学び、米国の政策研究所で研究員を務めていた安全保障&軍事の専門家。
 もともと自民党の石原伸晃氏の公設秘書を務めていたのだが。wikipedia によれば、「二世議員が多い自民党よりも、国会議員になれる可能性がある民主党への立候補を薦められ、当時石原が注目していた仙谷由人を紹介され」民主党から立候補することになったとか。(>_<) yokei na koto wo
 
 民主党の中では、同じく国防族の前原誠司氏らと活動。また、安倍首相らと同じ超保守団体の日本会議に所属しており、「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」「永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会」などで、他党の超保守派と共に活動している。
<それゆえ、党内外の左派系(サヨク)は大嫌いで。アレコレ批判を展開して、党内対立の火種になることも少なからずある。>、

 そして、おそらくは、日ごろから超保守的な思想に基づいた話ばかりしていると思われ。それが今回のツイートにもポロリと出てしまったに違いあるまい。(-"-)
<で、前原、塩崎、小泉くんたちも合意したの?(・・)>

* * * * *

 残念ながら、安倍首相も含めて、超保守派の議員の中には、ネトウヨと同じような発想でいる人たちが少なくないのが実情だ。
 しかも、仲間内で話しているだけならともかく、彼らの中には感覚が麻痺してしまっている人がいるようで。国会議員としての自覚に乏しく、まるでネトウヨが2chに書き込むがごとく、安易に、ろくに思慮や配慮もせずに、公の場での発言や書き込みをしてしまうケースがあるように思われる。(~_~;)

<安倍首相や仲間たちの国会+αの発言やSNSでの書き込みも、ちょっとアブナイものが増えているような感じが。^^;> 

 次の参院選からネット選挙が解禁になることもあって、今年にはいって、多くの議員がfacebookやツイッターなどを始めているのだけど。
 これらの媒体は、言いっぱなしになってしまうケースも少なくないし。<あとから訂正や謝罪をしても、それを見なかった人には、わからないし。>メディアも、全ての書き込みをチェックするのは困難であるため、好き勝手に言いたい放題になって、誤った情報や他者の名誉や心を傷つける表現が横行するのではないかと憂慮してしまうところもある。(-"-)
 
* * * * * 

 長島氏が、これに懲りて、少しは大人しくしておいてくれればいいのだが。何だか、「日本人化」教育のツイートに関して、さして反省はしていないような感じが。
 謝罪をした後の最初のツイートは、細野幹事長が集団的自衛権の行使を容認する考えを示したと報じる新聞記事に対して、「こういう当たり前の発言を普通に報道していただくことが、最近はとくにありがたいな(笑)」だったりして。(・o・)

 mewは、この茶化したような言い方を見て、長島氏は批判を浴びたことをアンラッキーだと思っているに過ぎないのかも知れないと。そして、自分のツイートについて取り上げた報道は、重箱の隅をつっつくようなもので、普通の報道ではないと言いたいのかと、ムッとしてしまったところがあった。(-"-)

<注・細野幹事長は、集団的自衛権そのものを認めたわけではないので、読売新聞の記事には誤解があるのだが。それはまた、別の機会に。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 憲法改正に関する話に戻すと・・・。

 長島氏は、民主党内でも、憲法改正に最も熱心に取り組んで来た議員のひとりで。
 これまでも、民主党を改憲路線に転換させようと、また保守化純化路線を進めて、民主党政権の下で、今、まさに安倍政権が行なおうとしている集団的自衛権の行使容認や海外派兵などを実現させようとアレコレと動いていた、mewから見るとアブナイ政治家なのだけど。

 安倍政権が始まって、ついに自分の願う方向にコトが進み始めていることから、妙に張り切っている様子。
 早速、自民党や維新の会、みんなの党などの改憲推進派と一緒に、何とか早期に改憲を実現しようと懸命に動いている。<もう嬉しくて、じっとしていられないって感じかも。(~_~;)>

 長島氏は、自民、民主、維新、みんなの4党有志で作る「憲法96条改正を目指す議員連盟」を主導し、3月から本格的な活動を再開。<自民党は、首相に近い古屋圭司国家公安委員長ら。維新は中田宏氏、みんなからは水野賢一氏が中心に。>
 また、国防仲間の前原氏や渡辺周氏は、民主、維新、みんな3党の有志でつくる「憲法96条研究会」の設立に参加。<維新は松野頼久氏、みんなは浅尾慶一郎氏が呼びかけ人に。>この2つのグループは、将来的に連携して活動を行なうことを考えているという。(-"-)

* * * * *  

 ただ、民主党は海江田代表、細野幹事長をはじめ幹部の多くが、96条改正先行論に反対の立場を示している上、7月に選挙を迎える参院民主党も改憲に慎重or反対の立場の議員が多いのが実情だ。(・・)

 そこで海江田代表は、4月27日にこんな発言を行なっていたのだ。
『海江田氏は「96条は安易に変えてはいけない。憲法は国民を縛るものではなく、国を縛るものだ」と説明。その上で「多くの民主党議員は同じ考えだ。党全体の考え方となるようにリーダーシップを取って議論をしたい」と強調した。山口県岩国市で記者団の質問に答えた。(共同通信4月27日)』

 しかし、長島氏は、この記事に対して、すぐにツイッターで噛み付いた。
『党内の議論も見極めず、ここまで断言されるとは。早速、党の憲法調査会で質す。私は公明党山口代表が言った憲法条文の性格に着目し、要件緩和に硬軟の差をつける考え方を評価』
 そして細野幹事長に対して『96条についての代表発言は少し慎重にしていただきたく。せめて公明党山口代表のような柔軟な発想に立っていただきたいもの。あれでも前のめりの96条先行改憲論とはかなり差別化できるはず』とツイートした。

* * * * *

 細野幹事長は、何を思ったのか<外で反発されるより、中に入れてしまえと思ったのか?>、長島氏を党の憲法調査会の副会長に起用。

 長島氏は、それを受けて、『私なりに民主党は「アンチ改憲」ではないことを訴えてきたが、昨日の党内議論でもその点はコンセンサスとなった。』『固より96条から入るのは「搦手」であり改憲の王道ではないと言ってきたが、ここまで議論が活発になったのだから党派を超えて憲法のどこをどう変えるかという中身の議論を正面からやるべきだ。幸い私も党の憲法調査会の役員に加わることになったので、民主党としての改憲草案を早急にまとめたい』とツイートして、民主党の改憲草案作りに意欲を示していたのである。(@@)

 でも、民主党が、長島氏らの超保守派が納得するような改憲草案を作ることは、不可能だろう。<ましてや、長島氏のように占領軍が作った前文をまず改正すべきだとか、集団的自衛権も海外派兵も当然に行なえるようにすべきだと主張しているような人とは、議論がかみ合うはずもない。>

 長島氏は読売新聞4月30日のインタビューで、「他党と連携することはあっても、ただちに離党とか党を割るとかいうことにはつながらない。政界再編は参院選後では?」「党議拘束を外し、政治家の良心に従って投票するのも一つのアイデア」だと語り、当面、民主党内で活動する意向を示していたのだけど・・・。

 折角、民主党も他の野党も「96条改正の先行論反対」「安倍自民党の前近代的な(戦前志向)の改憲草案には反対」でまとまりつつあるだけに、ここで長島氏にまた党内を引っ掻き回されたら、民主党は立ち直りの機会を逸する上に、政党としての存在意義も失うことになりかねない。(-"-)

 今回の記事にも色々と書いたように、長島氏と本当に考えが合う人、一緒に活動したい人は、民主党よりも他の政党の方が多いのだから。長島氏自身も民主党もそれぞれ自分の考えを具現化できるようにするためには、民主党を離れることをおすすめしたいと思うmewなのだった。(@@)

p.s. 前原誠司くんや渡辺周くん、松原仁くんやその仲間たちにも、同じ提言をしたいと思うです。
 
                     THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-05-05 07:17 | 民主党、民進党に関して | Trackback(3)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20433401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from マスコミに載らない海外記事 at 2013-05-05 12:05
タイトル : 大西洋共同体(NATO)に日本を組み込む ブレジンスキー
『オバマ危険な正体』(ウェブスター・タープレイ著)にはブレジンスキーの著書『セカンド・チャンス』の話がでてくる。 同書、185ページから引用しよう。 ブレジンスキーは、オバマの外交政策を担当しているだけではない。オバマのイメージ戦略を、あらゆる意味で創り上げた人物でもある。イメージの出どころは、ブレジンスキーの著書『セ... more
Tracked from 【2chまとめ】ニュース.. at 2013-05-19 02:06
タイトル : 【政治】民主・細野氏「安倍首相の発表した成長戦略は民主党..
1 :そーきそばΦ ★:2013/05/18(土) 21:30:11.67 ID:???0 民主党の細野豪志幹事長は18日、安倍晋三首相が発表した成長戦略第2弾について「農業の6次産業化など、かなりの部分が(民主党政権の政策の)焼き...... more
Tracked from 現代 note at 2013-09-20 06:24
タイトル : 中曽根康弘が語る、民主党政権外交
中曽根康弘が語る戦後日本外交 (2012/10/26) 中曽根 康弘 商品詳細を見る 楠綾子: 2009年8月の衆議院選挙で民主党が勝利したことを受けて、政権交代が実現しました。鳩山由紀夫新政権は、普天間基地の移転問題の再検討でありますとか、東アジア共同体構想を重視するなど、従来の自民党政権の外交と比較して、日米の同盟関係を相対化するような方向性を打ち出しました。 中曽...... more