「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

長嶋、松井の国民栄誉賞に「安倍の政治利用」の批判+中坊公平

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【訂正・アップした後で気付いたことに、私、タイトルを含め何箇所かで、長嶋茂雄氏の姓を「長島」と誤記していました。謹んで訂正いたします。】


5月5日、プロ野球で活躍した長嶋茂雄氏、松井秀喜氏の国民栄誉賞の授賞式が東京ドームで行なわれた。

 この2人(特に松井氏?)が、国民栄誉賞の対象になったことには、賛否両論があったようだが。長嶋氏が、選手、監督として日本のプロ野球界に多大なる貢献をしたのは確かだと思うし。<プレーでも言動でも注目を集め続けたという意味では、記録以上に「最も記憶に残る選手、監督」であったことは間違いない事実だと思うしね。>

 また松井氏は、スピーチでも触れていたように、自分が受賞に値する実績を残していないことを認識しており、一度は辞退しようとしたものの、長島氏に「一緒に受賞を」と言われて応じたとのことで。本人も忸怩たる思いがあったのではないかと察するのだが。多くの国民or野球ファンが、長嶋・松井の師弟コンビの受賞を喜び、祝っているのだとすれば、それもまたよしかなと思ったりもしている。

 国民栄誉賞表彰規程によれば、その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」だそうだし。
 mewは正直なところ、特に2人のファンというわけではないけど。ただ、ひとりの野球ファンとして、2人を評価している&その存在は大きいと思っているし。5日も、あちこちのニュースで彼らのドームでの光景やインタビューを微笑ましくし見ていた&長嶋氏の回復ぶりを喜ぶと共に、その努力に敬意を覚えたです。(^^)

* * * * *

 ただ、2人の国民栄誉賞受賞を喜んでいる巨人ファンでさえ、この時期の授与や受賞イベントのやり方には「政治利用された感じは否めない」と受け止めている人が少なくないようだ。(~_~;)

 実際、安倍首相は5日の受賞式の際に、『国民栄誉賞を「日本に明るさをもたらす、アベノミクス第4の矢だ」と強調した』とのこと。
「おふたりが登場した瞬間、雰囲気が明るくなった。この明るさこそ、私たちが今の日本に求めていたもの」「日本に漂ってきた暗い雰囲気を変えたい。そんな思いも込めて賞を贈った」として、<アベノミクスの3本の矢」にかけて>「みんなが夢に向かって頑張る。それが第4の矢じゃないかな」と政治的な思惑、狙いがあったことを(臆面もなく?)明らかにしていたという。(発言部分・日刊スポーツ5月6日より)
 また、安倍首相が参院選を控えて支持率キープor人気とりに走ったのではないかという見方も強い。^_^;

<おまけに読売巨人→ナベツネ(&改憲熱心)→自民党、松井→石川→森(改憲熱心)→安倍+自民党、ナベツネと森コンビの様々な政治的な動きなどなどキナくさい背景があるので、尚更にアレコレうがった見方をしたくなってしまうところが。(-"-)

* * * * *

 それでも、通常通り首相官邸でor東京ドームであっても、淡々と受賞式を行なうのであれば、まだ妙な政治的な意図を色濃く反映せずに済んだのではないかと思うのだけど。<背広のまま、賞の授与だけ行なえばよかったのにね。>
 しかし、安倍首相が、背番号96をつけた巨人軍のユニフォームで始球式に参加したことで、清々しい&ほほえましいはずの式典&イベントが巨人ファンも「水をさされて、純粋に楽しめなかった」「汚された感じになって、ガッカリした」と嘆くようなものに変じてしまったように思われた。(-"-)

 また、mewも<仲間内では、ブチブチ言ってたけど>、安倍首相が96番のユニフォームを着て登場することさえなければ、ブログでこの件を取り上げる気はなかったのだが。ちょっと「黙ってはいられないぞ」という感じになった。(@@)

<そもそも審判役の安倍首相がユニフォームを着ているのがおかしいわけで。どうしても参加したかったなら、「背広のまま(or審判服)でやればいいじゃん」と思ったりもするしね。>

 でも、どうやら安倍首相が96番のユニフォームで登場に関しては、mewだけでなく他方面から、疑問や批判の声が呈されたようだ。^^;
 
 ちなみに、安倍首相政は、96番をつけたことに関して、「96代首相だからですよ。そういえば、憲法96条だなと(後で気付いた)。まあ運命とはこういうものだから、ハハハ」と説明したようなのだが。
 96番をつければ、改憲との絡みが話題になることぐらい本人or周辺は認識していたと思うし。それがわかっていながら、実行に移してしまうところに、安倍首相&仲間たちのアブナさ、えげつなさ、あざとさ(思慮の浅さ込み)を感じてしまうところがあった。

<公明党の「9番でなくてよかった」には笑ったけど。さすがのmewも、そこまで考えていなかったよ。(>_<)
 むしろmewは、安倍首相が96が重なったことを「運命」だと語ったことにゾゾッとしちゃったりして。^_^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 まず、今回の国民栄誉賞の授与決定が「長島氏らの政治利用」「人気とり」なのではないかと指摘する声は、アチコチ出ていたのだが。
 安倍自民党(&超保守派)の応援メディアだと言われる産経新聞系のサンスポも、先月、かなり辛らつな記事を載せており、チョット驚いたところがあった。

『【甘口辛口】有名人ありき…安倍首相、参院選に向け長嶋さんを“利用”

 何十年たっても長嶋茂雄さんの軽快な守備は、人々の記憶に強く残っている。三塁方向だけでなく、遊撃手への打球までさらって華麗なランニングスローでアウトにする“名人芸”にファンはしびれたものだ。3日の国家公務員総合職合同研修開講式で安倍首相が、そんな長嶋さんの守備範囲の広さを訓示のネタにした。

 「長嶋さんはサードだったが、ショートはおろかセカンドの守備範囲まで果敢にボールを拾いにいった」。役人のたまごたちも、与えられた仕事だけでなく、守備範囲を広くしていろんな課題に積極的に取り組んでほしい。そこで登場したのが長嶋さん、というわけだ。

 長嶋さんは、松井秀喜さんとの国民栄誉賞ダブル受賞が決まった直後。ホヤホヤの「時の人」を訓示で引用すれば、インパクトは強い。賞は首相が自分で決めたことで、国民からも喝采を浴びて得意な気持ちはわかる。いわば「自作自演」というわけだが、開講式のような公式の場で長嶋さんという固有名詞を出すのは浮ついた感じがする。

 アベノミクスが一段落して7月の参院選に向け安倍首相は人気取りに懸命らしい。「月面宙返り」などのウルトラCで、五輪3大会で金5個を含む9個のメダルを取った体操の塚原光男さんや、テレビ番組のコメンテーターでおなじみになった弁護士の若狭勝さんら、例によって自民党は参院選での有名人擁立作戦も着々進行中という。(サンスポ4月8日)』

<蛇足ながら、mew周辺では、(好意的にとれば、「魅せる(見せる)プレー」なのかも知れないけど)、長島氏が守備範囲を守らないこと(その時々の雰囲気で、他人の守備範囲まで手を出してしまうこと)、正面でとれる球をわざわざトリッキーな形でとったりすること(そのためにエラーorそれに近いプレーになってしまうことがあったこと)に疑問を呈する声も少なからずあるです。^_^;>

* * * * * 

 そして、背番号96の問題点に関しては、かなりアチコチのメディアが取り上げていたようだ。

『安倍晋三首相が披露した「背番号96」の巨人軍のユニホーム姿をめぐり、自身が意欲をみせる「憲法96条」改正に引っ掛けたものではないか、と議論が過熱している。

安倍首相は2013年5月5日、東京ドームで長嶋茂雄氏と松井秀喜氏に国民栄誉賞を授与、引き続き行われた両氏による巨人対広島戦の始球式で審判役を務めた。このとき着ていたのが、問題となっている背番号96のユニホームだ。

過去の首相による始球式では、背番号はその年にちなんだ「2001」(森喜朗元首相)、コーチ役の桑田真澄さんから借りた「18」(鳩山由紀夫元首相)などの前例がある。それに比べると「96」という数字は一見中途半端にも見えるが、安倍首相本人によれば「第96代総理大臣」から取ったのだという。しかし日本テレビでの生中継中にゲストの徳光和夫アナが、

「96? 憲法改正に関係あるのかなと思った」
とつぶやいたように、首相が夏の参院選の争点にすることを公言している憲法96条改正問題が浮かんだ人もいた。翌5月6日の新聞各紙朝刊はそろって、

「背番号の意味は」(朝日)
「96代目にちなんだ?96条改正アピール?」(毎日)
「改憲を意識?」(日経)
「首相意味深 背番号『96』」(産経)
と96条に絡めて報じた。特にスポーツニッポンでは、「背番96 大はしゃぎ改憲デモ 安倍球審」と題してその「政治的アピール」を批判。公明党幹部からの「背番号9(9条)でなくて良かったが……」とのぼやきも掲載した。

韓国メディアも、敏感にこの話題を取り上げた。5月6日付の中央日報電子版(日本語)が「野球場ショー」と式典の政治性を指摘、朝鮮日報電子版(日本語)も「憲法第96条の改正に向けた意志を示そうとしたとの見方が出ている」と紹介する。(JーCASTニュース5月6日)』

<J-CASTの記事の最後の方にも書いてあったのだけど。
 MY知人は、96代首相も、96条改憲も「苦労(96)」するってことかもって解釈してたです。よし、苦労させちゃおう!(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


『安倍晋三首相は5日、長嶋、松井両氏への国民栄誉賞授与式に出席し、表彰状や記念品の金のバットなどを贈呈した。巨人―広島戦の始球式では、背番号「96」のユニホーム姿で球審を務めた。背番号は第96代首相にちなんだとしているが、憲法改正の発議要件を緩和する96条の先行改正を掲げており、ちゃっかり“アピール”した格好となった。 (中略)

 終了後、スポニチ本紙などの取材に応じ、初めて体験した審判について「ファウルチップで飛んできたらどうしようかと思った」と笑顔で振り返り上機嫌。ユニホームの背番号が「96」だったことで「改憲へのアピールでは」(自民党中堅)との臆測も呼んだが、首相は「96代(首相)だから」と説明。記者団から「改憲のアピールになった?」と指摘されると「結果としてね。運命とはこういうものだから。ハハハハ」と笑った。

 一方、公明党幹部は「背番号9(9条)でなくて良かったが、国民みんなが祝う国民栄誉賞に関係する行事で、政治的な意図をアピールするのはいかがなものか」と苦言を呈した。

 授与式はたいてい官邸で行われ、今回は異例ずくめ。大観衆の前で長嶋、松井両氏の人気にあやかって政権を盤石にしようとの“人気取り”の側面は隠せず、首相が授与式のあいさつで、アベノミクスと呼ばれる経済政策の「三本の矢」を念頭に「みんなが夢に向かって頑張っていくことこそが“4本目の矢”になると信じている」と政治色をにじませる場面も。東京電力福島第1原発事故で避難している子供たちも、グラウンドに招かれていた。政府関係者からは「参院選に向け政権の明るいイメージを維持させたいのだと思う」という声も聞こえた。(スポニチ5月6日)』

* * * * *

 まあ、11年8月に菅首相(当時)が、最後まであきらめない試合を続けてWCで優勝したサッカー女子の「なでしこJAPAN」に、「東日本大震災に打ちひしがれる国民、被災者に勇気と希望を与えた」として国民栄誉賞の授与を決めた時も、やれ「人気とり」だ、「政治利用だ」という批判の声が出ていたように、<もう首相辞任も決まってたし、選挙を控えていたわけでもなかったんだけどね~>、なかなか皆が国民の大多数が納得できるような国民栄誉賞の授与というのは、ないのかも知れないと思うとこもあるし。^^;

 それに、mewは国民栄養賞の授与自体は、必ずしも首相の支持率アップにつながるとは思っていないのだけど。<「安倍が、(自分が応援していた)長島や松井に国民栄誉賞をくれた」ということを評価して、「自民党に投票しよう」という人は、さほどいまい(と思いたい。)^_^;> 

 どの政党の政権or首相であれ、「国民栄誉賞」は、国民や社会に明るい希望を与えたor与えるることが主眼となっているものであるだけに、後から「政治利用」だと批判されてイヤな印象を与えるなど、折角の賞が台無しにならないように、授賞者の選定や授賞の仕方には、それ相当の節度や配慮を心がけて欲しいと思うmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 最後に、元日弁連会長の中坊公平氏が、5月3日に他界されたという。83歳だった。心からご冥福をお祈りしたい。

『1929年生まれ。京都大法学部を卒業し、57年に弁護士登録した。73年に、1万3千人を超す被害者を出した森永ヒ素ミルク事件の弁護団長に就いた。85年には、ペーパー商法で高齢者らから約2千億円を集めて破産した豊田商事の破産管財人に就任し、被害者救済に奔走した。
 産業廃棄物約50万トンが不法投棄された香川県・豊島産業廃棄物問題では、住民側弁護団長に就き、解決に尽力した。弱者の立場で消費者問題などにらつ腕をふるう市民派弁護士として知られ、柔らかい関西弁とは対照的な「平成の鬼平」の異名を取った。
 90年から2年間、日弁連会長を務めた。99年に司法制度改革審議会委員に就任し、弁護士の3倍増や、主に弁護士から裁判官を登用する「法曹一元」を提唱した。
 96年、破たんした旧住宅金融専門会社(住専)の債権回収に当たる住宅金融債権管理機構の社長に就任。99年に住管機構と整理回収銀行の合併で誕生した整理回収機構の初代社長に就いた。2003年、住管機構社長時代の債権回収をめぐって詐欺容疑などで告発された問題で、東京地検特捜部から事情聴取を受けたことを明らかにし、05年に弁護士を廃業した。(京都新聞5月5日)』

 中坊氏の弁護士としての活動、言動などには、様々な評価があるし。mewも疑問を覚えるようなものもなきにしあらずなのだけど。<mewは、以前から中坊氏に関心があったので、原稿やインタビューなどをかなり多数TVや活字で見たことがあるです。>

 ただ、mewは、中坊氏が、森永ヒ素ミルク事件、豊田商事事件、豊島産業廃棄物問題など、他の弁護士が引き受けるのを嫌がるような仕事を請け負って、被害者の声や現場を重視した調査を行なうことを心がけ、何とか被害者を少しでも救済しようとした姿勢には、敬意を覚えていたし。<特に森永ヒ素ミルク事件の頃は、まだ科学的・医学的に因果関係を証明するのが容易でなかったので、本当に大変だったと思う。>
 どうかこれからも多くの弁護士(&検察官、裁判官)が、現場を大切にし、また真摯に当事者の声に耳を傾ける姿勢を忘れずに仕事をして、司法の信頼を取り戻して欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                  THANKS    

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2013-05-07 08:53 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20445716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]