「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

二階、モリカケは小さな問題+..
at 2017-09-21 02:27
安保法制2年~北朝鮮情勢を利..
at 2017-09-20 03:51
12周年に日本をあきらめてみ..
at 2017-09-19 06:29
コメント・TBについてのおし..
at 2017-09-19 06:02
安倍、10月総選挙を決断。北..
at 2017-09-18 13:51
小池新党、鳩山家と連携か~邦..
at 2017-09-17 14:24
前原、共産切れずに保守から見..
at 2017-09-16 03:56
若狹、一院制を小池新党の旗に..
at 2017-09-15 13:48
国会議員まで参加?~ウヨの偏..
at 2017-09-15 11:46
第2の消えた年金問題か。多額..
at 2017-09-14 02:34

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

福島原発が示す・事故が起..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍晋三の「加計・森友隠..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
解散総選挙について、そし..
from 51%の真実
 自民党が意識する野党が..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
総合電機メーカの東芝は、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
21世紀は地球規模の災害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
人により認識には違いがあ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本でも個人情報データが..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
太陽で大型フレアが発生・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北の核実験に対しEUも反..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、9月20日p..
by xtc4241 at 13:23
mewさん、ブログ12周..
by B4 at 21:31
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 06:05
mewさん、お久しぶりで..
by B4 at 19:05
mewさん8月28日5:..
by xtc4241 at 05:53
mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59

ブログパーツ

タグ

(1251)
(759)
(646)
(463)
(267)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(126)
(124)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

あの飯島が電撃訪朝、3月から接触開始か?+北朝鮮クーデターと警官の表彰

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

 14日夕方、飯島勲内閣官房参与が、北朝鮮にはいったという報道&映像がTVで流れ、チョットしたサプライズ・ニュースになっている。(@@)

 mew的には、「あ~、本当にやったんだ~」という感じ。
 というのも、週刊誌などの一部メディアで、2~3月頃から、飯島氏が北朝鮮側と接触しており、安倍首相の電撃訪朝を計画しているのではないかという記事が何回も出ていたからだ。(・・)

 飯島氏は、今週末まで北朝鮮に滞在する予定で、宋日昊(ソンイルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使らなどの政府高官と面会する可能性が大きいという。
 
 飯島氏が訪朝を行なった目的は不明だが。北朝鮮外交筋は「飯島氏は北朝鮮外務省の招きで訪朝し、悪化した日朝関係の打開を目指して協議するのが目的だ」としている。
 日本では、拉致問題や日朝関係回復の協議再開や、安倍首相の訪朝のお膳立てをする目的で訪朝したのではないかと見られている。<外務省関係者が同行したという報道も。ただ、外務省は知らなかったという話もある。>
 
 ただ、今回の飯島氏の訪朝は、米国や韓国には知らされていなかったのこと。<米国TOPには伝えていたと思うけどね。^^;>
 もし韓国に本当に伝えていなかった場合は、今後の米中韓と連携しての北朝鮮対策に影響を及ぼすおそれがある。(~_~;)

* * * * *

 TVでは、飯島氏が平壌空港で飛行機のタラップを降りて、出迎えに来た北朝鮮・外務省アジア局の金哲虎(キム・チョルホ)副局長が握手&会話する映像が、繰り返し流れることに。<北朝鮮も日本、ひいては米中韓などでも報道されることを前提に、撮影させているってことよね。>
 また、北朝鮮でも、朝鮮中央通信が14日夜に、飯島氏の訪朝を写真つきで配信したという。(**)

 飯島氏は、長年、小泉純一郎氏の秘書を務めていた人。小泉氏が首相になってからは、総理秘書官として官邸内やマスコミを仕切り、各方面の根回しにも尽力するなどして、長期の政権を築くことに大貢献。<小泉氏は飯島氏がいたからこそ、首相になれた&長期政権を維持できたと言われているほど。>
 小泉元首相が02年、04年に北朝鮮を訪問した時にも同行しており、拉致問題解決にも寄与。今も北朝鮮に独自のパイプがあると言われている。

 飯島氏は、小泉氏が首相退任後、政治活動に関して意見が対立し、急に秘書を辞任することに。近時は、政治評論家などとして活動していたのだが。
 安倍首相は、新政権発足後、その飯島氏を内閣官房参与として官邸のスタッフに迎え入れていた。(・・)

<mewは安倍首相が長期政権を維持するために、マスコミ対策&官邸の仕切り、自民党議員の根回しなどの対策のアドバイスを得ようと思って(&肝心な時にウラで動いてもらうために?)官邸スタッフになってもらったのかと思っていたです。
関連記事・『あの飯島元秘書官が、安倍官邸で動き出した~長期政権を狙う安倍のアシスト役に』>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~ 

 ところで、民主党政権は、様々なルートを通じて北朝鮮側と接触し、昨年秋には政府官僚との下交渉を開始。昨年11月には局長会議を実現。12月には次官級協議を行なうというところまでこぎつけていたのだが。
 北朝鮮が、12月中旬に(米国本土まで到達し得る)長距離ミサイルの発射実験(同国は人工衛星だと主張)を行なうと発表したことから、次官級協議も中止に。さらに2月には核実験を敢行したことから、日本は制裁強化を発表。米国や韓国、(中国)と連携する形で、北朝鮮包囲網を築いたため、同国との対立が深まることになった。(~_~;)

<ちなみに、自民党(特に安倍氏ら超保守派)は、民主党が独自ルートで北朝鮮側と接触している(可能性が大きい)ことを大批判。昨年3月には、中井元拉致担当大臣が、国会期間中に台湾出張を申請した際に、自民党が「実際はモンゴルに渡って北朝鮮の政府高官と交渉する可能性がある」として合意を拒否。もめにもめた末、中井氏は議長裁定で台湾出張の許可はを得たのだが。本来、予定していたモンゴル行きを断念したと言われている。(・・)
(先日の川口参院環境委員長の出張に関して、民主党が強硬姿勢に出た背景には、この件も絡んでいるかも?^^;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 しかし、そんな中、2~3月頃から、飯島氏が北朝鮮側と接触している可能性を指摘する報道がチラホラ出始めることに。<安倍首相が、参院選前の6月に電撃訪朝することをもくろんでいるなんて情報も出ていたりして。>
 mewも「なるほど~。飯島氏はそういうことでも、使えるのか~」なんて思っていたのだけど。^^;

 安倍首相は3月30~31日にモンゴルを訪問。その目的の一つには、北朝鮮と国交のあるモンゴルで、同国の情報収集をするためだと言われているし。安倍首相または同行者が北朝鮮と接触したという報道もあったのだが。<オバマ大統領からのメッセージを伝えたらしいなんて話も。>
 首相訪問の前後に、飯島氏がモンゴルを訪れ、根回し&セッテイングをしていたという記事も出ていたことがあるし。
 また飯島氏自身、TVに出演した際に、安倍首相が訪朝する可能性は十分にあると発言していたこともあった。(・・)

 今朝はあまり時間がないので、それらの記事を検索して見つけ出す余裕がないのだけど。
 先月も「女性自身」(4月25日号)にこんな記事を出している。

『安倍総理直轄の情報機関である内閣情報調査室の関係者は、「安倍総理が3月30日、1泊2日でモンゴルを訪問しましたが、この際、別便で飯島氏が密かにモンゴル入りしたとの情報が流れた」と語る。

 安倍首相のモンゴル訪問は、北朝鮮と国交のあるモンゴルを通じて、北朝鮮の情報を入手する狙いがあった。
飯島氏の入国情報だけではない。政府拉致対策本部の三谷秀史事務局長が、極秘で4月10日から13日までモンゴルを訪問しているのだ。

「三谷氏は小泉政権時、警備局外事情報部長から局長、事務次官を飛び越えて内閣情報官に就いた。当時、“三段跳びの抜擢人事”と話題になりました。テロ対策の専門家で、北朝鮮情勢に精通していることを安倍官房長官(当時)が評価した」(政治部記者)

飯島氏は「個人の見立て」と主張するが、安倍首相、飯島氏、三谷氏が協力して北朝鮮情報を入手、分析している構図が浮かび上がる。具体的な「クーデター」情報まで入手した「官邸のラスプーチン」。彼が暗躍したとき、再度の「電撃訪朝」が実現する可能性がある。』

 昨日の毎日新聞にも『政府関係者は「飯島氏は3月ごろから動いていた」と入念な準備の上での行動との見方を示しつつ、「安倍首相の親書を託されたとの情報はなく、まだ様子見の段階ではないか」と述べた』という一文が載っていた。

* * * * *

 今回の飯島氏の訪朝に関して、日本政府は完全にノーコメントを貫いている。(・・)
 報道によれば、安倍首相や菅官房長官など内閣TOPは予め知っており、一部の議員も官邸筋から話をきいていたとのこと。
 ただ、飯島氏が安倍首相の特使として訪朝したのか、それとも個人として訪朝したのかは定かではない。<北朝鮮側は、飯島氏を招待したと伝えているらしい。>

 また、外務省の関係者が飯島氏に同行しているという報道がある一方で、外務省などの官僚は全く訪朝を知らされていなかったという話も出ている。^^;
<外務省の関係者と言っても、元官僚(OB)である可能性もあるしね。>

 そして、韓国政府は、今回の訪朝に関して事前に知らされていなかったと。さらに、韓国の報道によれば、米国も知らなかったという。

『北朝鮮の非核化を目指し、韓国と米国が中国との連携を強める姿勢をみせているなか、飯島勲内閣官房参与が14日に訪朝したことが分かり、韓国政府が神経をとがらせている。
 北朝鮮問題で韓国政府と協力してきた日本政府は、韓国側に飯島氏の訪朝を伝えなかったもようだ。外務省は訪朝したのが内閣官房参与のため、事前に把握できなかったと釈明したという。韓国政府消息筋は「外務省も知らなかったし、われわれも知らなかった」と述べた。韓日間系が冷え込んでいることが背景にあると懸念する声もある。
 米国も飯島氏の訪朝を把握していなかったようだ。来韓中のデービース北朝鮮担当特別代表は林聖男(イム・ソンナム)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と会談後、飯島氏の訪朝に関する記者団の質問に対し、「聞いていない。日本のカウンターパートと会談する時に議論する」と語った。

 韓国政府では北朝鮮の核問題解決に向けた国際的な連携が必要な時期に日本が単独行動をとることを警戒している。安倍政権が拉致問題解決のため、大規模な北朝鮮支援を行えば、北朝鮮の態度変化を引き出すための韓米両国の圧力が弱まる可能性もある。また、今回の訪朝は7月の参院選を控えて行われており、訪朝の結果が北朝鮮の核問題に与える影響に注目している。(聯合ニュース 5月14日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 米国のデービース北朝鮮担当特別代表は、日本メディアに対しても「きいていない」と語っていたとのこと。

『アメリカのデービース北朝鮮担当特別代表は、飯島氏の訪朝について「日本側から事前に聞いていなかった」と話しました。
 「聞いていません」(デービース北朝鮮担当特別代表)
 その上で、16日から訪問する日本で説明を求める考えを示しています。(TBS5月14日)』

 ただ、mewは、安倍首相は、米国のオバマ大統領などのTOPには、事前に連絡し、了承を得ていたのではないかと思っている。(・・)

* * * * *

 ただ、安倍首相が、韓国政府に事前通告していなかった可能性は十分にある。

<情報漏れを防ぐ目的もあったかも知れないけど。安倍氏らは韓国とそんなに仲良くしようという気持ちはないし。韓国にアレコレ言われるのが面倒だった&出し抜いちゃおうとか、カヤの外に置いちゃおういう思いもあったのかも。^^;> 
 
 でも、韓国にしてみれば、日米韓で連携して北朝鮮対策を行なおうとしている中、官邸スタッフが、事前連絡もないままに訪朝したことを「出し抜かれた」「安倍のスタンド・プレーだ」と受け止めて、日本政府への不信感をさらに増大させるおそれがあるようにも思うし。
 ただでさえ、4月末から安倍内閣や自民党の高市政調会長の言動(靖国参拝、村山談話など)、維新の橋下代表の慰安婦に関する発言などなどで日韓関係が悪化しているところがあるだけに、今後の韓国との関係や北朝鮮対策などへの影響が気になるところ。(~_~;)

 とりあえず、今後の飯島氏の動向や成果に注目をしてみたいと思っているmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 最後に、おまけで(?)、飯島氏がチョット絡んでいる話を・・・。

 先日、北朝鮮の22歳の女性交通警察官が、「革命の首脳部を決死の覚悟で守った英雄」として、「共和国英雄」の称号を与えられることになり、泣きながらその表彰を受ける映像がニュースで流れていたのだが。見た方もいるのではないだろうか?<革命首脳部=金正恩第1書記>

 女性警官は「不意の状況で英雄的犠牲精神を発揮し、その安全を守った」とされているのだが。何をして賞賛されたのかはわからず。ただ、「共和国英雄」の称号は、最高の栄誉であり、若い女性に与えられるのは異例なことだという。
<一部には、金書紀を交通事故から守ったとの説も出ているのだが。それだけでもらえる称号ではないとの反論も。>

* * * * *

 実は、mewは、そのニュースを見た時にこの話を思い出したのだ。
<実際には、別のメディアで見たのだが。とりあえず女性自身の記事から。>

『4月12日、BSフジの『プライムニュース』に急遽出演した「官邸のラスプーチン」こと飯島勲内閣官房参与(67)が、「個人の勝手な見立て」と前置きしながら、驚きの話を披露した。

「安倍内閣の誕生が(昨年)12月の26日。ちょうどこの日に平壤で金正恩の暗殺未遂事件が起きた。しかも、ダウンタウンというんですか、商業ビジネス地域、東京でいったらですね。そういうところで軍と軍のたいへんな、その~、銃撃戦があった。はい」

 隣に座る石破茂自民党幹事長が苦笑いしながら聞いている。女性キャスターが驚きの表情で「クーデターということですか?」と聞き返した。

「未遂ですね。それがですね。そのダウンタウンのなかで起きたと。軍と軍との戦いが。これはね、たいへんな問題ですね。日本でいったらどこですか。日本橋とかあそこらへんあたりで衝突が起きたとみるべきですね」

 キャスターが「どこからの情報なんですか?」と問いつめても、「それはちょっと言えません。はい。すいません」と拒否。そこで、確認のため飯島氏に直接電話するも、「取材には応じないから」とつれない。官邸の参与室に取材を申し込んでも、「コメントすることはない」と拒否された。そこで、飯島氏に直撃取材を試みたが、やはり「知りません」の一点張り。(女性自身4月25日)』

 そして、もしその女性警官が、街中で銃撃戦が起きた際にor金書記の命を狙おうとする勢力が迫っていた際に、金書記の命を救おうとするような行動をとったとしたら、「「革命の首脳部を決死の覚悟で守った英雄」「不意の状況で英雄的犠牲精神を発揮し、その安全を守った」として、「共和国英雄」の称号を与えられても不思議はないかな~と思ったりもした邪推好きのmewなのであった。(@@)

                       THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-05-15 09:38 | 東アジア、北朝鮮問題 | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20492848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]