「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

共謀罪~小林よしのりがゴーマ..
at 2017-04-27 17:53
籠池、財務省との交渉を録音~..
at 2017-04-27 02:17
文書破棄、財務省は不適切と検..
at 2017-04-26 13:47
今村復興相、ついに更迭。今度..
at 2017-04-26 01:49
北朝鮮、火力訓練で済ますも、..
at 2017-04-25 18:11
官邸がメルマガで警戒警報。北..
at 2017-04-25 07:37
安倍は拉致でもウソを?~被害..
at 2017-04-24 03:42
安倍、こんな時に外遊って&反..
at 2017-04-23 16:15
【全国民必読】もし「共謀罪」..
at 2017-04-23 02:38
自民、中川俊を強引に離党させ..
at 2017-04-22 04:07

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

インターネットマーケット..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
韓国でも自国防衛の筈のミ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
頼んでもいないアメリカの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
仏大統領選でEU支持のマ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
Linux などのOS以..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革をスローガンだ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福岡約4億円強奪事件、福..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
5年毎の国勢調査の度に選..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
除染作業の中身を知らない..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
127年前の熊本直下地震..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20
mewさん2月13日13..
by xtc4241 at 13:35
お手数をおかけしてすみま..
by mew-run7 at 02:18

ブログパーツ

タグ

(1208)
(757)
(644)
(463)
(264)
(258)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(150)
(149)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(117)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍は訪朝の決断できず、飯島のイラ立ち募る&拉致解決は遠のく?




頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
 

 この記事では『飯島訪朝~安倍は拉致解決に意欲but総連のパイプ、米国の不信感がネックに』『安倍、オバマに相互不信に増大?+拉致重視で、日米同盟に亀裂のおそれも』の続きを・・・。

 北朝鮮から帰国した飯島内閣官房補佐官が、かなりイラついているように見える。(~_~;)

 mewは、もしかしたら飯島氏が折角、北朝鮮である程度、話をつけて来たのに、安倍首相の態度が煮え切らないことが、イラ立っている理由の一つなのかも知れないな~と思ったりもしている。(・・)

『23日朝、首相官邸に姿を見せた飯島参与は記者団に対し、今後の北朝鮮との交渉について、「私から見ると事実上、事務的協議は全部終わった。あとは首相と官房長官の判断だ」と述べ』『訪朝した際の北朝鮮要人との会談で、日朝双方の主張や提案に関する意見交換を終えたことを示唆した。』(NNN&産経新聞5月23日)

『今後、外務省ルートで交渉が進められる可能性が取り沙汰されていることについては、「何で交渉する必要があるのか。あとは、お互いにどうやって考えてやっていくかというだけだ。(今後の)事務協議、何をしようとしているか、よく分からない」と述べた。(産経新聞5月23日)』

『飯島勲内閣官房参与は24日午前、先の北朝鮮訪問に関連し、権哲賢(クォンチョルヒョン)前駐日韓国大使が韓国紙に安倍晋三首相が早ければ今月末にも訪朝する可能性があると指摘したことについて「そんなことあるわけがない」と否定した。首相官邸で記者団に語った。
 韓国紙・ソウル新聞が、北朝鮮が「特定失踪者」2人の帰国を提案したと報じたことについても「あるわけがない。(ソウル新聞は)取材も何もなく、接点もない。日朝(交渉)がうまくいかないための妨害工作だ」と批判した。(毎日新聞5月24日)』

『「南北対話も大事なら、日本政府との協調が大事だ」と述べ、韓国側に不快感を示した。首相官邸で記者団に語った。
 飯島氏は「(日本人拉致問題、核開発、ミサイル問題の)全体像がうまくいくには協調が必要だ。(日本が)抜け駆けすることはあり得ない」と説明した。さらに、「韓国は一番冷静でなければいけないのに、上から下まで『日本外し』みたいな状態の発言とか『天罰』とか(言っている)」と語った。(朝日新聞5月24日)』

<23日、24日とも、ややムッとした表情をして、チョット語気を強めて返答することがあったです。^^;>

* * * * *

 飯島氏は19日に北朝鮮から帰国した後、同日と20日に菅官房長官と会談。そして21日には安倍首相と会い、北朝鮮での会談内容を改めて報告した。
 その帰り道、『飯島氏は首相との会談後、記者団に「(訪朝を)判断材料のひとつとして首相が不退転の決意で実行していく」と述べ』、安倍首相の決断と行動に期待を示した。(産経新聞5月21日)
 
 また、22日には自らの再訪朝の可能性を否定し、あとは安倍首相らに全てを託す意向を示していた。

『「(再訪朝は)百%ない。老いた68歳の血の叫びはもう終わりました」――。北朝鮮高官との会談を終えて帰国した飯島勲内閣官房参与は22日、首相官邸で記者団にこう語り、再訪朝の可能性を否定した。
 飯島氏は「ある程度やることはできた。そのうち分かる」と述べ、日本人拉致問題などの進展に含みを残した。(朝日新聞5月22日)』

 25日の報道によれば、飯島氏は既に北朝鮮の高官とお互いの要求や条件に関して意見交換を終えているとのこと。そして拉致問題の協議は期限を設けて進めるべきだと主張して来たという。

『今月中旬に訪朝した飯島勲内閣官房参与と北朝鮮側要人の会談概要が24日、判明した。飯島氏は拉致問題解決に向けた協議を「期限を設けて進めるべきだ」と主張。北朝鮮側は、日本独自の経済制裁解除を求めると同時に、日本国内で北朝鮮の大使館的な機能を持つ在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部ビルの継続使用も要請した。日朝関係筋が明らかにした。

 拉致に関し、北朝鮮側は「日本の意向を金正恩第1書記に伝える」と回答したものの「拉致は解決済み」との従来姿勢を変更する用意があるのかは明らかになっていない。ただ、双方が具体的な主張をぶつけ合ったことで、中断している政府間協議再開に向けた駆け引きが活発化しそうだ。
 飯島氏は朝鮮労働党で外交を仕切る金永日書記(党国際部長)や宋日昊朝日国交正常化交渉担当大使との会談で要求を出し合った。(産経新聞5月25日)』

* * * * *

 おそらく飯島氏としては、今回の交渉を成功させるためには、下手に外務省を間に入れたり、他国に配慮したりすることなく、飯島氏がまとめて来た条件をベースにして、首相官邸が主導して一気にカタをつけるべきだと考えているのではないかと察する。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 今回の飯島訪朝については、様々な報道が出ているのだが・・・。

 菅官房長官は22日の会見で、今回の飯島訪朝に関して「私が判断し、安倍晋三首相の了解のもとに飯島参与に訪朝してもらった」と説明。また他の報道などを総合すると、どうやら飯島氏のところに朝鮮総連ルートから話が来て、同氏と菅官房長官が相談して訪朝することを概ね決めた上で、安倍首相に了承を得る形をとった可能性が大きい。

<ちなみに、保守系ジャーナリストの青山繁晴氏は、飯島氏が直接、安倍首相と相談し、首相がすぐ行ってくれと即断即決したと説明。逆に週刊文春は、安倍首相は、当初余り乗り気ではなかったものの、菅官房長官に説得されたと報じているという。
 mewは、当初、菅氏は安倍首相に過度の責任を負わせないために、会見でそう説明したのかな~と思っていたのだけど。あとからの安倍首相の言動を見ていて、もしかしたら、安倍首相には多少はとまどいがあったかもな~と思い始めている。(・・)>
 
* * * * *

 また通常であれば、他国との交渉に関しては、外務省と相談して行なうものなのだが。首相官邸は、飯島氏の訪朝に関して、外務省には事前に相談を行なっていなかったという。
<韓国紙が、日本の外務省は知らなかったと報道。また『岸田文雄外相は21日の参院外交防衛委員会で、飯島氏の訪朝について「直前に連絡を受けていた」と答弁したが、調整には関与せず、飯島氏訪朝が官邸主導だったことを暗に認めた』という。(産経新聞5月21日)>

 もしそれが本当だとしたら、飯島氏らが外務省に事前に相談しないことに決めたのは、一つには、今回の訪朝が外務省ルートによるものではない非公式な(極秘予定の)ものだったということがあるのではないかと思うのだけど。
 同時に、外務省に知られると同省ルートの協議に関してアレコレ言い出したり、米国や韓国に(特に米国には)伝えろと言い出したり(こそっと米国に知らせちゃったり?)する可能性があるため、面倒に思う部分があったからなのかも知れないなと思ったりもする。(~_~;)

<そもそも外務省の官僚同士が協議をすると、お互いのメンツや役人気質が絡んで、却って話がややこしくなったり、その場で結論を出せず、とりあえず持ち帰って検討するというパターンが多いので、余分な時間がかったりするし。
 それに、もし米国にもナイショで訪朝するつもりだった場合、日本の外務省は、米国重視の体質があるので、米国にお伺いを立てて了承を得ることが必要だとか言い出す人が絶対にいそうなんだもん。^^;>

* * * * *

 ところが、飯島氏の帰国後、首相官邸は同氏の意に沿わぬ方向に動こうとしていたのだ。^^;

 21日には、菅官房長官が『「拉致問題は対話と圧力が基本的な考え方だ。ありとあらゆる可能性を探りながら、内閣を挙げて取り組んでいきたい」と強調。「外務省ルートも含まれるのか」との質問に「当然、そうなると思う」』と発言。(毎日新聞5月21日)
 これを受ける形で、22日には『政府は飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問を受け、昨年11月以降途絶えている日朝政府間協議を近くモンゴルで再開する検討に入った』『政府は課長級で協議を再開する方向で検討している』(以上、毎日)という趣旨の記事がいくつか出たからだ。^^;

 しかし、飯島氏にしてみれば、今から外務省が間にはいって、しかも、今さら課長級レベルの協議から始めるなんていうことは「あり得ない」ことなわけで。
 それで、冒頭の記事にあったように、「事実上、事務的協議は全部終わった」「何で交渉する必要があるのか」と不満をあらわにしたのではないかと思うのだ。(@@)

『「事務的協議は終わった」とする飯島氏の発言は、昨年11月を最後に開かれていない日朝政府間の局長級協議再開に否定的な見解を示したものだ。飯島氏は「あとは首相と官房長官の判断だ。お互いどうやって考えてやっていくかというだけだ」とも指摘し、問題の行方は日朝双方のトップの政治決断に委ねられていることを強く示唆した。(時事通信5月23日)』 
 
 また飯島氏としては、韓国が何らかの情報or報道を出すことによって、日朝間やメディアで余計な詮索をされて、スピーディに交渉が妨げられたり、安倍首相が訪朝の決断をしにくくなり、タイミングを逃したりすることが、一番困るわけで。
 それゆえに「日朝交渉がうまくいかないようにするための妨害工作だ」と、あえて強い表現を用いて不快感を示したのではないかと思われる。^^;

<韓国としては、事前連絡もなく訪朝されたことに怒っているので、これからもバンバンと情報を出しちゃうかもしれないけど。(>_<)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 でも、飯島氏が最もイラ立っているのは、やはり安倍首相がどこか煮え切らないような態度を示しているからなのかも知れない。(~_~;)

 安倍首相は、昨日までミャンマーを訪問していたのだが。現地で取材陣に対して、こんな言い方をしていたという。

『「6者協議、あるいは日朝協議ですが、今の時点でははっきりしていないわけで、見通しがついているめどが立っているということではないと」(安倍晋三総理大臣)
 北朝鮮の高官は中国を訪問した際、6か国協議に復帰する姿勢を示していますが、安倍総理は訪問先のミャンマーで記者団に、日朝の政府間協議を含めて開催するめどが立っているわけではないという認識を示しました。その上で、「日本として拉致、核、ミサイル問題を包括的に解決していく基本姿勢は変わらない」と強調しました。(TBS5月25日)』

* * * * *

 安倍首相としても、長い間、拉致問題に関わって来ているだけに、自分の手でこの問題を解決したいという気持ちは強いのではないかと思うのだが。
 ただ、今回、飯島氏が北朝鮮でまとめて来た話に乗ることには、抵抗感やためらいを覚える部分が大きいのかも知れない。^^;

 安倍首相は、19日にも「拉致被害者全員の帰国、真相の究明と拉致実行犯の日本への引き渡し、こうしたことを安倍政権の中において、必ず実現させていく決意で交渉、対話をしていきたい」と語っていたのだが。
<拉致議連は、「拉致問題の解決」には、この3つの条件をクリアすることが必要だと主張し続けている。尚、拉致被害者には拉致された疑いが強い特定失踪者も含む。>
 もし多少は譲歩したとしても、拉致被害者全員の帰国という線は譲れないところだろうし。小泉元首相の時のように、数人だけ帰国させるという条件では、OKできないのではないかと思われる。(・・)
 
 今回、北朝鮮が拉致問題の解決に関して、飯島氏にどの程度の具体的な提案をして来たのか定かではないのだが。もし「拉致被害者の再調査をする」とか、「何人か帰国させる」というような話であったとしたなら、安倍首相は交渉には応じられないと判断する可能性が大きい。(-"-)
 
* * * * *

 また、安倍氏らの超保守派は、以前から、朝鮮総連を「悪の巣窟」扱いして敵視しておりおり(拉致問題にも関わっていると公言していた)、朝鮮総連を潰すことを目指して、様々な活動をして来たし。
 また、安倍氏は前政権の時から、拉致問題の解決を行なうためには、北朝鮮への制裁を強めることが重要だと主張し、国連の安保理や米国や韓国にも制裁への協力を求めて来たのである。
<関連記事・『飯島訪朝の陰に朝鮮総連の存在?+事前通告ないと米韓はカンカン』など>

 しかも、安倍氏は、小泉元首相が、拉致問題を解決するために、北朝鮮に物資の援助をしたことに批判的な立場でもあった。<一説によれば、数千億円から1兆円規模の資金、食料などを支援したと言われている。^^;>

 でも、飯島氏は安倍氏らが敵視している総連のルートで訪朝している上、北朝鮮側は、総連の建物の継続使用や、日本の経済制裁解除を要求して来ているわけで。<何かしらの大義名分の下に、物資の支援の求めて来た可能性も高い。>
 そのような要求に応じるのは、安倍氏の政治思想やこれまでの言動と相反することだし。他の超保守仲間からも、理解を得られない(orかなり批判される)おそれがある。^^;

* * * * * 

 さらに、今回の飯島訪朝で米国(&韓国)の怒りや不信感を買ったのも、安倍首相にとっては痛手なのではないかと思われる。(-"-)

 オバマ政権は、日米中韓が連携して北朝鮮対策を行なうことを考え、安倍首相や日本政府に繰り返し韓国や中国との関係を改善するように要求していたのだが。
 安倍内閣は、両国となかなか関係改善ができないばかりか、4月下旬には、靖国参拝や村山談話に関する発言によって怒りを買い、<おまけに他党のこととはいえ、維新の橋下代表の慰安婦発言などもあって>以前よりも関係が悪化しているような状況にある。^^;
 そこに、今回、飯島氏が米韓に事前に連絡をせずに訪朝したことが重なったため、日米関係までが悪化しそうな感じになっているのである。^^;

 またオバマ政権は、拉致問題よりもミサイル&核開発の問題を重視していることから、日本政府が拉致問題の解決だけを優先して、単独で北朝鮮との交渉を行なうことを不快に思う(or許容しない)に違いない。(~_~;)

 ついでに言えば、このまま外務省を無視or軽視して、北朝鮮と交渉を行なうことにすれば、同省からの反発を買い、手痛いしっぺ返しをくらうおそれもある。(-"-)

 そのように考えると、よほどのことがない限り、安倍首相には、拉致問題の解決のために、すぐに北朝鮮を訪問するという選択肢をとることは極めて困難なのではないかと思うし。
 結局、飯島ルートによる拉致問題の協議&安倍訪朝は、ぽしゃってしまう可能性も否定できないように思うmewなのだった。(@@)

                  THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-05-27 04:53 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20557031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]