「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

自民圧勝も、公明不振&野党分..
at 2017-10-24 07:08
衆院選待って、加計学園の獣医..
at 2017-10-23 02:59
投票しないとナメられる!安倍..
at 2017-10-22 05:19
国民=下からの政治目指す民主..
at 2017-10-21 01:56
自民のネトサポ、選挙活動にも..
at 2017-10-20 05:10
米軍ヘリ、やりたい放題。遺憾..
at 2017-10-19 16:35
自民圧勝なら、安倍のやりたい..
at 2017-10-19 05:42
国民は安倍&閣僚たちの責任は..
at 2017-10-18 03:23
立憲民主&民進リベ系で、野党..
at 2017-10-17 04:57
世論はアベ続投を望まず!+自..
at 2017-10-16 03:32

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

希望の党の出馬が野党共闘..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自公の別動隊小池新党のた..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
期日前投票が過去最高を記..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
都政と国政が同じように運..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
小池新党は失望の党に変化..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米軍へり、やりたい放題(..
from 御言葉をください2
原発使用の燃料は増え続け..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
モリカケや憲法問題までダ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平和憲法を守れ、総選挙で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米カリフォルニア州で発生..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47
 コメント欄のなくなった..
by 重ねてすみません(しょう) at 17:36
 mewさんこんにちは。..
by 伊東 勉 at 02:21

ブログパーツ

タグ

(1253)
(762)
(647)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(146)
(146)
(144)
(132)
(126)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

維新が猪木出馬&安倍とのパイプで挽回はかる+安倍の「正しい方向」のアブナさ


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



 今週で、参院選の告示まで1ヶ月を切ることに。

 安倍首相は4日、参院選の準備のために集まった自民党の全国幹事長会議で、このような挨拶を行なったという。

『参院選の公示までちょうど1カ月。戦いの火ぶたは事実上切られている。この参院選に勝ってはじめて、私たちは日本を取り戻すことができる。私たちがやりたい政策をもっとスピーディーに前に進めていくことができる。歯を食いしばってでも勝たなければならない。
 6年前は(当時首相だった)私の責任において自民党は惨敗した。その後、自民党が政権を失う、そして、日本が迷走していく引き金になった。この参院選に勝ってはじめて、日本を正しい方向に導いていくことができる。(朝日新聞6月4日)』

 mewは、この「日本を正しい方向に導く」という言葉に、ゾゾ~ッとしてしまうところがあった。(@@)

* * * * *

 mewが、安倍政権でアブナイ&ある意味で「正しくない」と思うのは、政権の中枢にいる安倍首相&超保守仲間たちのこのような部分なのである。(-"-)
 彼らは、まるでカルト宗教の信者のように、自分たちの思想や国家観に沿った国こそが「正しい日本の姿」なのだと。そしてそれを具現化することこそが、自分たちの使命だと信じ込んでいるからだ。(-"-)

 民主主義を採用した現憲法の下では、国民こそが国の最終的なあり方を決める主権者だ。そして、国会議員や閣僚の使命は、国民の代表&奉仕者として、「国民を国の中心、主体」に考え、できるだけ国民の意思を反映し、国民の利益に資するような国会活動や行政を行なうことにある。(・・)

 しかし、安倍氏らの超保守派は、国民を国の中心には考えてはいないのだ。(`´)
 彼らにとって、天皇こそが日本国の中心(国体)であり、国民はあくまでも天皇&お国のために貢献すべき従たる存在に過ぎないわけで。
 そして、国民が敬愛する天皇&愛するお国の繁栄のために貢献するような、富国強兵策に励み、経済的にも軍事的にも強い日本を築くことに喜びと誇りを感じるような国を作ること・・・それが安倍氏らの目指す「正しい日本の姿」なのである。(-_-)
  
 6日に安倍首相が議長を務める経済諮問会議の「骨太の方針」の素案が発表されたのだが。その素案の「目指すべき経済社会の姿」の冒頭にも、彼らの考え方を象徴するようなフレーズが記されていて、ギョッとさせられたところがあった。(゚Д゚)

「強い日本、強い経済を実現することを通じて、全ての日本人が日本に生まれた
喜びと誇りを持てる国を創る。これが日本経済再生の先に目指すべき姿である。」

* * * * * 

 逆に言えば、彼らにとって、日本の戦後体制(憲法、教育、国&社会のあり方)は「正しくない」「間違った」ものであるわけで。
 何とか参院選で勝って、「日本を正しい方向に導き」「強い日本を取り戻す」ために、1日も早く「私たちのやりたいこと」=「憲法改正」「教育再生」などを実現しようと必死になっているのである。(-"-)

 彼らは、もはや日本を天皇主権国家に戻す気はないようなのだが。<その方が戦争責任や政治責任を問われることがないのでベターだしね。>
 たとえ民主主義の下でも、国民が自発的に天皇を敬愛・崇拝し、お国の繁栄のために尽すことを喜びや誇りに抱けるように、「教育再生」という名の下に、子どもの頃からしっかりと愛国教育(ある種の刷り込み、洗脳)を行なおうとしている。。(~_~;)

 また彼らは、憲法にも自分たちの思想に基づく「正しい国の姿」を明記して、国民がそれに従うような体制を作ることを目指している。
 自民党の憲法改正草案に、「天皇元首制」「国旗・国歌尊重義務」「国防義務」「公益のための人権制限」(「個人」の文言の削除)、「国民の憲法尊重義務」などの条項が設けられているのもそのためだ。(ーー)

* * * * *

 いつも書くように、mewは世の中、様々な思想、考え方があってもいいと思っているのだけど。<逆に国民みんなが同じ思想だったら、コワイ&アブナイ。>

 ただ、少なくとも民主主義のわが日本において、国の代表である首相が、実質的に国民主権を否定するような国家観に基づいて、国政を行なおうとすることは、アブナイ&正しくないことだと思うし。
 どうかひとりでも多くの国民が、安倍氏らがこのような思想の具現化を目指していることに認識して、彼らに国政を委ねることが妥当なことなのかどうか、しっかりと判断して欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 安倍氏らと同じような超保守思想を持つ議員が多いのが、日本維新の会だ。(・・)

 石原代表や平沼国会代表&旧「た」党議員の大半、松井幹事長などなどは、みんな安倍氏と同じ超保守団体「日本会議」のメンバー。特に平沼氏らは自民党時代はもちろん、同党を離党した後も、安倍氏と共に超保守議連「創生日本」で共に活動している。(~_~;)
<「創生日本」のHPはコチラ。平沼氏が顧問、安倍氏が会長を務めており、今の安倍内閣&自民党幹部には、この議連のメンバーが10人以上はいっているのよね。(>_<)>

 自民党としては、とりあえず維新とは一線を画し、次の参院選では、まずは自公で過半数をとって安定政権を築くことを主眼に置いているのだが。
 でも、超保守思想に理解のない公明党と連携していても、自分たちの目指す政策を実現することは極めて困難だ。^^;

 それゆえ、安倍首相&仲間たちは、衆院に続き、参院選でも自民党&維新で院の2/3以上の議席を獲得することを期待。そして、参院選後に維新の会と組んで、上述したような「憲法改正」「教育再生」「軍事強化」などを早期に実現することを目指していたのだけど。
 先月、橋下代表が慰安婦等に関して問題発言を行ない、国内外から大批判を浴びて維新の支持率が低下して、計算が狂ってしまったことから、かなりガッカリしている部分があるのではないかと察する。(~_~;)

* * * * *

 しかし、それでも安倍首相は、維新との連携をあきらめ切れないようで。6日には、首相官邸で維新の橋下代表、松井幹事長と会談を行ない、何とか維新とのパイプをつなぎとめよう&維新を少しでもサポートしようとしている感じがあった。

<大阪維新が、大阪にオスプレイの訓練移転を提案をしていることについては、別記したい。ただ、mewはこれも、安倍陣営&維新の連携プレーなのではないかと邪推している。>

『橋下氏サイドから面会の打診があった際、官邸内には「従軍慰安婦発言で世論の批判を浴びる橋下氏に会っても得はない」との声もあった。それでも首相が面会に応じた背景には、訓練移転の進展へ突破口を開きたいとの思いがあったとみられる。参院選後の政権運営をにらみ、維新との関係をつないでおくのが得策との判断もありそうだ。(時事通信6月6日)』

『首相や菅氏にとっても、悲願である憲法改正を実現するには維新の存在は欠かせない。参院で与党の自民、公明両党が過半数を占めるだけでは不十分。憲法改正の発議に必要な3分の2以上の改憲勢力を得て、改憲に慎重な公明党を牽制(けんせい)する存在として、維新を完全失速させるわけにはいかないという心理が働く。

 布石は政権発足直後から打っていた。1月に首相が大阪を訪問し橋下氏らと会談してから、菅氏と維新幹事長の松井一郎大阪府知事によるナンバー2同士の会談も含め、計5回も会談を行っている。

 これに対し、自民党の大阪選出議員からは「維新は選挙で戦う野党だ。その代表を官邸は相手にしていることを忘れている」と不満が漏れる。菅氏は6日の記者会見で「共通項があれば維新だけでなく、どの政党とも協調したい」とも強調した。

 菅氏は最近、慰安婦発言でたたかれる橋下氏に関し、周囲にこう漏らした。

 「本人にとって初めての危機だ。ここをどう乗り切るか。(政治的に)まだ死んでないぞ」(産経新聞6月7日)』
 
* * * * *

 維新の会は、この日、東京で政治資金パーティを開いたのだが・・・。

『橋下氏は石原慎太郎共同代表と対談。憲法改正について「自民党は選挙に負けるからと引っ込めた。維新ははっきりと打ち出し、参院選をたたかう」と表明すると、石原氏も「政治生命を賭けた命がけの仕事だが、誰かがやらねばだめだ。私たちがやりましょう」と応じた。(同上)』

『終了後は記者団に「自民党の皆さんは慰安婦問題に口を閉ざしている。自民党政権ができないことを維新がやる」と戦闘モードもみせた。
 さらに、全国遊説の第1弾となった東京・渋谷の街頭演説では「僕は慰安婦を肯定したことも、容認したこともない」「二枚舌を使わないのが政治哲学です」と、釈明のオンパレードを繰り広げた。(産経新聞6月7日)』

 石原氏や橋下氏は、オモテ向きは、自民党に対抗するような表現を使ってはいるのだが。実際には、安倍氏らの超保守仲間が、公明党などに配慮してクチにできないことを、同志として、彼らに代わってアピールしているようにも感じられる部分があった。(-"-)
<よく言えば、改憲&超保守の仲間orパートナーだけど。結局は、安倍自民党の補完勢力なのよね。(・・)>


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 まあ、維新としては、今からでも何とか支持率を挽回したいところではないかと思うのだが。
 橋下代表も、6日に渋谷で行なった街頭演説で「むちゃくちゃたたかれることも経験した。信頼が揺らいでいるところがあるが、日本維新の会に力をお貸しください」と、維新への支援を訴えていたそうだが。
 ただ、実際のところ、どこまで支持率が回復するかは、まだ不透明な状況だ。(-_-)

 維新の会は、支持率挽回策として、アントニオ猪木氏を参院比例区で擁立することに決めたのだが。正直なところ、mewは、これには少しクビをかしげてしまうところがあった。^^;

 石原代表は、5日に行なわれた猪木氏の出馬会見に同席。
「強いパートナーが現れた。ありがたい福音だ」「集中砲火を浴びてグロッギーになっていた維新の会と、タッグを組んで戦ってくださることになった」と猪木氏を紹介し、「猪木さん、どうもありがとう。頼りにしています」とうやうやしく期待を述べていたとのこと。
 猪木氏は「私が飛び出して逆風を変えることができたら」と応じ、維新幹部は「猪木氏出馬で数十万票は上積みできる」とそろばんをはじいていたとのこと。<以上、産経新聞6月5日>

 また、猪木氏は早速、6日に渋谷で行なった維新の街頭演説にも参加していたという。

『日本維新の会の街頭演説が6日、東京・渋谷のハチ公前広場で開かれ、石原慎太郎、橋下徹の両共同代表と、参院選比例代表で出馬する元プロレスラーのアントニオ猪木氏(70)=本名・猪木寛至=がそろい踏みした。猪木氏は「難しいことは代表が話してくれたので」と政策的な話題には触れず、「元気があればなんでもできる」「行くぞーっ。イチ、ニィ、サン、ダーッ!」と気勢を上げた。(中略)

 「維新伝心」。猪木氏は手元の紙に書かれた文章を読んだ。「踏み出せばその一足が維新となる。迷わず行けよ、行けばわかるさ」。若者からは歓声が飛んでいたが、聴衆には冷めた見方もあった。
 演説を聞いていた東京都中野区の大学生(21)は「タレント議員に頼るなんて、維新の会も既成政党と一緒になった感じがする」と感想を漏らし、「橋下さんの演説は慰安婦発言の言い訳をしに来ただけの印象」と冷ややかに話していた。(産経新聞6月6日)』

<ちなみに石原氏は出馬会見で猪木氏と闘魂注入のビンタの真似事を行なったようなのだが。橋下氏はこれを拒否。7日の会見では、体罰問題を意識してか、「そういうことを推奨しているような形はあってはならない。単なるショーでは終わらない」と述べ、公の場で「闘魂注入」は受けない考えを明らかにしたという。>

* * * * *

 猪木氏は、89年の参院に「スポーツ平和党」から出馬して当選。95年には落選したものの、6年間、参院議員を務めていたことがあるのだが。
 新聞に湾岸戦争時にイラクに渡って日本人人質の解放に尽力したと記されていたのを見て、「あ、そんなこともあったっけ?」と思い出したものの、どのような政治活動や主張を行なっていたかは、さっぱり記憶にないというのが実情だ。<個人的に北朝鮮に何回も渡航しており、日朝平和交流のパイプ役になりたいと語っていたのを耳にしたことはあるけど。^^;>

 それに、mewは猪木氏個人は、嫌いではないし。これからもそのカリスマ性やキャラを発揮して、世間に元気や気合を与える原動力になって欲しいとも思っているのだが。
 果たして、猪木氏が維新の国家観、政策にどこまで共感しているのか「???」だし。また、「難しいことは代表が話してくれたので」と政策的な話題には触れずということでは、まさに人寄せパンダ&票集めのために出馬することを示しているようなものだし。政治家になることで、却って猪木氏の魅力が活かせず、猪木氏にも維新にとってもプラスにはならないようにも思える。(~_~;)

* * * * *

 また、先週には、またまた維新ゾンビ族の中山成彬氏が問題発言を行なって、国内外から批判が出ていたとのこと。
 、
『日本維新の会の中山成彬代議士会長は7日の党代議士会で、橋下徹共同代表(大阪市長)の従軍慰安婦発言に関連し「韓国は日本人をおとしめようとしている。20万人を強制連行したと言うが、(当時の人口2000万人の)100人に1人の子や近所の娘が連れていかれるのを黙って見ていたのか。そんなに朝鮮人は弱虫だったのか」と発言した。これに対し、橋下氏は記者団に「歴史家がやるようなさまざまな発言は控えなければいけない」と苦言を呈した。(毎日新聞6月8日)』

 維新としては、何とか橋下発言のリカバーをしたいところだと思うのだけど。石原代表をはじめ、過激な問題発言をしそうな議員がウヨウヨいるだけに、またいつ国内外から批判&攻撃を受けることになるかわからない危険性もはらんでいる。^^;

 mewとしては、ともかく次の参院選で自民党&維新の会の当選者をひとりでも少なくしたいと強く願っているのだけど。
 何分にも大手TVなどのメディアは、なかなか安倍首相や維新の超保守派の思想のアブナさを伝えようとはしないだけに、より多くの国民にそれを知らしめることが今後の大きな課題になるのではないかと思っているmewなのだった。(@@)

                   THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-06-09 07:04 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20626742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]