「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

稲田の夫、籠池の交渉立会いで..
at 2017-03-26 05:06
昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米国民は健康保険の実施を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

返信しろ!俺はサミンだ!..
by リンタ at 09:36
しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(264)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍がfbで元外務官僚批判&その背景+安倍右傾化の外交への影響を懸念


  これは6月15日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  

 今週、安倍首相が、外務官僚&OBに関して行なった2つの大きな言動が、mewの「日本がアブナイ」警戒アンテナをビクビクとさせることになった。

 一つは、安倍首相が12日に自らのfacebookで、田中均元外務審議官に関して「外交を語る資格はない」として痛烈な批判を行なったことだ。(・o・)

 もう一つは、14日に安倍首相ごヒイキの斎木外務審議官を、異例な形で外務事務次官(外務省TOP)に昇進させることを決めたことだ。(@@)

 この2人の外務官僚は、02年の小泉訪朝やその後の拉致問題の対応に深く関わっていたのだが・・・。
 安倍氏と斎木氏は、北朝鮮に対して強行姿勢をとることを主張。他方、田中均氏は外交バランスや将来の日朝関係などを重視する立場にあったため、当時から考え方が強く対立する関係にあったのだ。^^;

 今回、安倍首相は、田中氏を批判&斎木氏の次官起用を決めたことで、今後、北朝鮮に対して(対中国も?)、かなりの強硬姿勢をとる意思を示したのではないかと思うのだが。
<ちなみに、安倍首相は、田中氏の同期&ライバルだった谷内元次官も、飯島勲氏らと共に内閣官房参与として、官邸スタッフに起用しているのよね。^^;>
 果たして、それが日本の国の外交政策の面でプラスに働くのかどうか、mewは、かなり憂慮している部分がある。(-"-)

* * * * *

 この記事では、安倍首相がfbで田中均批判を行なった件を中心に扱いたい。(・・)
 
 ことの起こりは、田中均氏が毎日新聞12日朝刊に掲載されたインタビューの中で、安倍政権の右傾化や北朝鮮対策に懸念を示す発言を行なったことにあった。
 これを読んだ安倍首相が、同日にfacebookに田中批判をアップ。また菅官房長官も13日の会見で、田中氏の発言に反論し、首相擁護を行なったのである。

『安倍首相は12日、会員制交流サイト「フェイスブック」で、2002年の日朝首脳会談に際し、北朝鮮と独自交渉を重ねた田中均元外務審議官を「彼は交渉記録を一部残していない。外交を語る資格はない」と強く批判した。

 首脳会談後に帰国した拉致被害者5人を北朝鮮に戻さないと決めた際、田中氏が北朝鮮との関係が切れると懸念したとして、「田中氏の判断が通っていたら5人の被害者や子供たちはいまだに北朝鮮に閉じ込められていた。外交官として決定的判断ミス」とも断じた。(読売新聞6月12日)』

 また、菅官房長官も13日の会見で、田中氏を批判。安倍首相の書き込みに理解を示す発言を行なったという。

『義偉官房長官は13日午前の記者会見で、田中均元外務審議官が12日付の毎日新聞のインタビュー記事で、国際社会で日本の右傾化が進んでいると思われ始めていると指摘したことについて「記事の内容を見て驚いた。指摘は全く当たらない」と批判した。「歴史認識や日中関係に対するわが国の立場は、外交ルートを通じて国際社会に説明してきている」と強調した。(時事通信6月13日)』

『安倍晋三首相が自らの交流サイト「フェイスブック」で田中氏に反論したことには、「首相は拉致問題(の解決)に強い意欲を持っている」としながらも、「(双方の)見解の相違がある。首相自身、自ら体験したことだから、その中で書かれたのではないか」と論評を避けた。(産経新聞6月13日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 では、田中均氏は、毎日新聞のインタビューでどのような発言を行なったのか。・・・先に、その記事をアップしてみたいと思う。

 田中均氏は、1979年に米大使館赴任以降、対米関係の専門家として、安保・政治・経済いずれのポストも経験。
 また2001年にアジア大洋州局長に就任後、北朝鮮の高官ミスターXとの交渉を重ね、02年の小泉訪朝を実現させた立役者として名が知られるようになった人だ。

 02年に外務審議官に就任し、外務次官の候補にもなっていたのだが。拉致問題などの対応などで批判を浴びたこともあり、05年に退官。その後は、日本国際交流センターシニア・フェローや東京大学公共政策大学院特任教授などを務めながら、外交の研究や評論などを行なっている。

 そして、先に書いておくなら、mewはこのインタビューで田中氏が発言した内容に関しては、7~8割がた共感できるし。今後の日本の外交のあり方に関して、重要な提言が含まれているようにも思う。(・・)

 ただ、安倍首相の超保守思想や、それに基づく外交に対する考え方とは、かなり大きな開きがあるかも知れない。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『保守主義と歴史認識:/1 右傾化、日本攻撃の口実に 田中均氏に聞く

 安倍政権発足後、日本の保守化、右傾化に国内外で警戒感が強まっている。安倍政権はどこに向かおうとしているのか、そして、それは国益に合致しているのか。政治家、有識者に聞いた。

~~諸外国で日本の右傾化に懸念が強まっていると聞きます。

 ◆外国での国際会議などで、日本が極端な右傾化をしているという声が聞こえる。一方、安倍政権ができ、アベノミクス効果などで日本も政治の停滞を抜け出すのではないかという期待の声もある。しかし、安倍晋三首相の侵略の定義や河野談話、村山談話をそのまま承継するわけではないという発言や、麻生太郎副総理らの靖国参拝、日本維新の会の橋下徹共同代表の従軍慰安婦についての発言などで、いわゆる右傾化が進んでいると思われ出している。

 ~~日本の右傾化を諸外国が利用している面もあるのでは。

 ◆中国との尖閣問題、韓国との竹島問題などで、日中、日韓関係が厳しい状況にある中、中韓に日本を攻撃する口実を与えてしまっているという面はあるのだろう。この機会に日本をたたけと。 

 ~~米国はどうですか?

 ◆米国は中東からアジアへの関心の「リバランス(再均衡)」政策を図っている。中国を大事にする、しないではなく、東アジアを安定的な地域にしないと、米国の経済的、政治的利益が担保できないから、中国と向き合うことが必要だと。しかし、日本が中韓との関係で孤立しているように映っている。それは米国の国益にもそぐわないという認識が強い。中国と建設的に向き合うためにも日本の協力が必要だが、日中が角を突き合わせている状況は具合が悪いとの認識がある。

 ~~安倍首相は批判が出るとブレーキはかけますね。

 ◆侵略の定義とか、村山談話、河野談話、憲法96条の改正などで現実的な道をとろうとしていると思う。しかし、あまりそれを繰り返すと、根っこはそういう思いを持っている人だということが定着してしまう。参院選までは抑えるけど、それ以降はまた出てくるのではないかとの印象を生んでいる。それが日本の国益のためにいいかと。

 ~~飯島勲内閣官房参与が訪朝しました。米韓への事前の説明が不十分だったと指摘されています。

 ◆私が北朝鮮と交渉した時もそうだが、日本の課題があるから、すべてを他の国に相談してやっていくということではない。拉致問題は極めて重要で、日本が自ら交渉し解決していかなければならない。だが、核、ミサイルの問題は日本だけでは解決できず、関係国との関係を損なわないようにうまくやっていかなければならない。小泉純一郎元首相が常に言っていたように、拉致と核、ミサイルを包括的に解決するのが日本の政策なのだと思う。飯島さんの訪朝がスタンドプレーだとは言わないが、そう見られてはいけない。

 ~~最近の日本外交は二言目には、中国をけん制するというのが出てきます。

 ◆ロシアやインド、東南アジアとのパートナーシップを強化すること自体は正しい。だが、それを価値観外交と言えば、中国を疎外する概念になる。価値観外交と掛け声をかけることが正しいとは思わない。中国が将来覇権をとるようなことがないように共にけん制しようというのは、静かにやること。声を大にして「けん制しますよ」というのは外交じゃない。政治家は勇気を持って日中関係はいかに大事かを語らないといけない。

 ~~課題山積です。

 ◆日本が自己中心的な、偏狭なナショナリズムによって動く国だというレッテルを貼られかねない状況が出てきている。日本の再生は可能だと思うし、政治の力でそれを実現してほしい。日本に国際社会からこれだけ注目が集まることは、1年前は良くも悪くもなかった。それを無にしないことが大切でしょう。【聞き手・高塚保】(毎日新聞6月12日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~

 このインタビューを読んで、安倍首相は12日のfacebookで、田中均氏に関して(毎日新聞も?)このような批判を行なった。

『毎日新聞のコラムで元外務省の田中均氏が、安倍政権の外交政策について語っています。
 このインタビューを読んで、私は11年前の官房副長官室での出来事を思い出しました。

 拉致被害者5人を北朝鮮の要求通り返すのかどうか。
彼は被害者の皆さんの「日本に残って子供たちを待つ」との考えを覆してでも北朝鮮の要求通り北朝鮮に送り返すべきだと強く主張しました。
私は職を賭してでも「日本に残すべきだ」と判断し、小泉総理の了解をとり5人の被害者は日本に留まりました。
... 予想通りその判断は毎日新聞や一部マスコミからも批判的に報道されました。

 しかし、その後 田中均局長を通し伝えられた北朝鮮の主張の多くがデタラメであった事が拉致被害者の証言等を通じ明らかになりました。
あの時田中均局長の判断が通っていたら5人の被害者や子供たちはいまだに北朝鮮に閉じ込められていた事でしょう。

 外交官として決定的判断ミスと言えるでしょう。それ以前の問題かもしれません。
そもそも彼は交渉記録を一部残していません。彼に外交を語る資格はありません。』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 mewは、そもそも一国の首相が、わざわざfacebookで、今は外交の研究・評論活動を行なっている元外務官僚や特定の新聞を名指しして、批判を行なうこと自体、いかがなものかとクビをかしげてしまうところがあるのだが・・・。
 
 安倍氏は、02年の小泉訪朝&拉致被害者の返還に関して、田中氏と強く対立するところがあったため、安倍氏の中には、おそらくその確執や不快感が今でも根強く残っているのではないかと。それゆえ、田中氏の存在や外交に対する見解を、全面的に否定したいと思い、このような記述を行なったのではないかと察する。^^;

<「小泉純一郎元首相が常に言っていたように、拉致と核、ミサイルを包括的に解決するのが日本の政策なのだと思う。飯島さんの訪朝がスタンドプレーだとは言わないが、そう見られてはいけない」というところにも、カチンと来たかな?>

* * * * * 

 安倍氏らは、田中氏が外務省の正式な外交ルートを用いず、北朝鮮高官のミスターX(金正日総書記の側近で軍部関係者との話も)と極秘交渉を行なって、小泉訪朝や拉致問題の解決、その見返りの条件などについて決めたことを快く思わず。
 また小泉元首相は、当初、日朝国交回復を主目的にしていたこともあり、田中氏が拉致問題の解決をメインに考えず、諸問題の一つとして扱ったことや、安倍氏らから見て北朝鮮寄りの意見を主張することが多かったことにかなり立腹。果ては北朝鮮のスパイ扱いをするなど、超保守派から激しい批判がなされることに、<mewは、特にこの石原氏の発言は許容できないのよね。(-"-)>
 それが安倍氏の今回のfacebookでの批判につながっているのである。(~_~;)
  

 その当時の経緯を、wikipediaから引用すると・・・。

『小泉純一郎政権の2001年にアジア大洋州局長に就任すると、同年末から30回以上に及ぶ北朝鮮代表者「ミスターX」との水面下の交渉を担当。官邸・外務省の限られたスタッフしか交渉の詳細を知らないという極秘の形で進められたが、総理とはこの間80回に渡って面談して官邸主導のスタイルで北朝鮮側との信頼関係を築き、2002年9月の歴史的な首脳会談実現の立役者となった。

 首脳会談そのものは高く評価されたが、田中はこれらの交渉の中で日朝国交正常化を優先し、拉致被害者問題を軽視したとの批判が大きく、普天間基地交渉でも行なわれた隠密交渉を好む「秘密外交」スタイルとも相俟って、一官僚としては異例な程に、マスコミから激しく糾弾された。なお、同年10月に帰国した拉致被害者5人については、北朝鮮への一時帰国が事実上合意されていたことを明らかにしている。

 こうした批判は一部でエスカレートし、 2003年9月には「建国義勇軍国賊征伐隊」を名乗る右翼団体によって、自宅ガレージに爆発物が仕掛けられる事件が発生。 この事件に対し、石原慎太郎東京都都知事は「(売国的行為をしたのだから)当ったり前の話だと思う」とコメントした。

 同年12月12日の東京国際フォーラムで開かれた日本とASEANとの交流を記念したレセプションでは、拉致議連の顧問を務めている中川昭一経産相(当時)に対して「大臣、北朝鮮のような小さな問題ではなく、もっと大きな事に関心をもってくださいよ」と発言し、中川は「北朝鮮による拉致で、子どもや家族が26年間も帰ってこない人たちがいる。それでも小さい問題なのか。 あなたみたいに北朝鮮のスパイみたいなようなことをしていては駄目なのだ」と激怒したと伝えられる(『週刊新潮』2004年1月1・8日合併号)。wikipediaより』 

<ちなみに先日、「韓国の売春婦うようよ」発言で維新の会を離党した西村慎吾衆院議員(石原氏と懇意)は、建国義勇軍の会長と懇意で、同会長と「刀剣友の会」で共に活動。また、政治献金を受け取っていた。
 また、中川昭一氏は、安倍氏のアニキ分として拉致議連その他のグループで共に活動していた日本会議系超保守派のリーダー格。>

* * * * *

 何か中途半端で申し訳ないのだが。時間とスペースが尽きてしまったので、つづきはまた後ほどor後日にアップしたいと思う。
<拉致被害者の帰国に関する経緯に関しても、もう少し詳しいものをアップしたい。>

 北朝鮮との交渉の仕方、拉致問題への対応の仕方には、色々な考え方があるのではないかと思うし。安倍氏らの考え方や主張も理解できる&彼らの拉致問題解決への努力には敬意を抱いているのだが。

 ただ、彼らが自分の考え方を絶対的に正しいものだと思い込み、自分たちと考え方が違う人を過激なまでに批判し、排除しようとする姿勢には、ある種のコワさ、アブなさを感じてしまうところがあるmewなのであった。

                    THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-06-15 12:38 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20657561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Dendrodium at 2013-06-15 14:03
タイトル : 週刊新潮「天皇の生前退位」報道騒動に思う
週刊新潮「生前退位」報道 内閣官房と宮内庁が抗議 2013.6.13 19:35  内閣官房と宮内庁は13日、同庁の風岡典之長官が、天皇の生前退位や皇位継承の辞退を可能にする皇室典範改正を安倍晋三首相に要請し...... more