「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

GW中も共謀罪審議を強行。B..
at 2017-04-30 04:28
続・籠池聴取~安倍の辞任の必..
at 2017-04-29 14:30
民進、籠池から聴取~昭恵への..
at 2017-04-29 02:22
逆ギレした二階のマスコミ批判..
at 2017-04-28 08:22
共謀罪~小林よしのりがゴーマ..
at 2017-04-27 17:53
籠池、財務省との交渉を録音~..
at 2017-04-27 02:17
文書破棄、財務省は不適切と検..
at 2017-04-26 13:47
今村復興相、ついに更迭。今度..
at 2017-04-26 01:49
北朝鮮、火力訓練で済ますも、..
at 2017-04-25 18:11
官邸がメルマガで警戒警報。北..
at 2017-04-25 07:37

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

インターネットマーケット..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
韓国でも自国防衛の筈のミ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
頼んでもいないアメリカの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
仏大統領選でEU支持のマ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
Linux などのOS以..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革をスローガンだ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福岡約4億円強奪事件、福..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
5年毎の国勢調査の度に選..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
除染作業の中身を知らない..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
127年前の熊本直下地震..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20
mewさん2月13日13..
by xtc4241 at 13:35
お手数をおかけしてすみま..
by mew-run7 at 02:18

ブログパーツ

タグ

(1208)
(757)
(644)
(463)
(264)
(258)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(150)
(149)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(117)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

橋下vs.石原、改憲でも対立+安倍&超保守派の教育改悪+ボンネビルレコード

  これは6月28日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 競馬の話もご無沙汰状態なのだけど・・・。

 26日には大井競馬場で帝王賞が行なわれ、ホッコータルマエwith幸が優勝した。(*^^)v祝
 地方勢は今、JRAに対抗できるコレと言った有力馬がいないため、6着までをJRA馬が占めるという地方ファンにとっては残念な結果に終わったのだけど。^^;
<早くフリオーソに次ぐエースが出現して欲しいな~。(・・)>

 残念ながら現地に行けなかった&ナマ中継も見られなかったのだけど。mewが一番が楽しみにしていたのは、現役時代ずっと応援して来た&この帝王賞で勝ったこともあるボンちゃん(ボンネビルレコード)が、26日に誘導馬デビューを果たしたこと。(^^♪
 現役時代のようにクビを左右振ることはあった&耳あてつきのお飾りをつけてはいたけど。ずっと訓練をして来た古川トレーナーの手腕もあってか、ヨコを返し馬がする馬が通る中も、チャカつくこともなく、じっと我慢してほぼ全工程を並足で通して、合格点がもらえるような誘導パフォーマンスを行なったです。(^^)b g.j.<華代ちゃんの南関魂に映像が。>

 友人が、「的場を乗せて誘導したら面白いのにな~」と言っていたのだけど。確かにmewもその光景を見てみたいけど。もし的場さまを乗せたら、ついつい走っちゃうかも知れないので、よほど誘導馬らしくなってからでないと無理かな。(@@)

 あと23日、JRAで行なわれた宝塚記念は、ゴールドシップwith岩田が優勝。(*^^)v祝
 ジェンティルドンナwith岩田は、直線で今ひとつ伸びず。3着に敗れた。<凱旋門賞はどうするのかな~。> mewが応援していたダノンバラードが2着と大健闘。でも、実は三連単は3着付けにしていたので、ゴール前で思わず「ジェンティル、差せ!」とつぶやいてしまったmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ *~
  
話は変わって・・・。

 これは『橋下がメール謝罪するも、維新の亀裂は修復になるのだが。不能?&改憲勢力の目論見はずれる』『橋下&石原、和解し切れず?+石原暴言に怒&千春の言葉』の続報

 維新の会は、橋下徹氏、石原慎太郎氏の2人の共同代表が和解したとアピール。
 平沼国会代表も、参院選に向けて、このような意気込みを語っていたのだが・・・。

『石原慎太郎、橋下徹両共同代表を先頭に憲法改正を訴えていきたい。両代表も憲法改正を争点にしたいと発言している。(改憲の発議要件を定めた)96条の改正以外にも、集団的自衛権の行使容認なども訴えていく。(時事通信6月27日)』

 しかし、実際のところ、やはり両者の亀裂を修復するのはかなり難しい様子。

 維新の会は参院選の公約に「憲法改正」&「96条改正先行案」を掲げているのだけど。橋下氏と石原氏は、上のリンク記事にも書いたように、もともと国家観、憲法観が異なるため、今度は参院選公約(憲法改正)の内容で、また対立が生じているようだ。^^;

『日本維新の会は27日に発表した参院選公約に「衆参合併による一院制導入」など大胆な統治機構改革を盛り込み、憲法改正の発議要件を衆参両院の3分の2以上の賛成から過半数に緩和する96条の先行改正を掲げた。石原慎太郎共同代表らが主張する「自主憲法の制定」などの文言は明記せず、東京の国会議員団と大阪側の温度差も浮かび上がった。(日本経済新聞6月27日)』

『日本維新の会の石原慎太郎共同代表は26日、国会内で開かれた党代議士会で「大阪の本家は憲法について寝ぼけたことを言っている。これでは話にならない」と述べ、憲法観の異なる橋下徹共同代表(大阪市長)ら在阪幹部を批判した。

 橋下氏による従軍慰安婦発言で両氏の歴史観の違いが表面化したが、憲法観でも見解の相違をあらためて見せつけた。党内の不協和音が再び強まる可能性もある。

 石原氏は「憲法を丸ごと変えないといけない。日本を解体するために占領軍が作った憲法だ」と、持論の「憲法廃棄」を重ねて主張した。(産経新聞6月26日)』

『この発言に対し、橋下氏は大阪市役所で記者団の取材に「党としては十分論議した上で(廃棄ではなく)『改正』を綱領にしたんでね。石原氏が綱領まで否定したとは聞いていない」と受けた上で、「綱領はそれこそ、党の憲法そのもの。個人の見解があるのは仕方ないけど、『改正』の方針でやっていきます」と、こちらも主張を譲らなかった。(スポーツ報知6月26日)』
 
* * * * * 

 維新の会の憲法調査会は、改憲草案づくりを行なっているのだが。先日、発表された中間報告では、以前前より保守色を弱める内容に変えられていたとのこと。(@@)

『原案段階では、自衛隊について「軍隊であることを明確にする」と表記していたが、中間報告では「自衛隊を憲法に位置付ける」と変更した。参院選を前に、「軍隊」という表現に批判的な意見があることに配慮し、保守色を弱めたとみられる。

 また、首相公選制の導入を前提に、首相は「行政府の長」、天皇は「象徴的な元首」と位置付けを明確にした。「国会を一院制へと再編成する」「道州制を採用することを明記する」ことも盛り込んだ。一方で、憲法改正の発議要件を定めた96条改正に関して、現行の「3分の2以上」から「過半数」へと改正する方針は、原案通り採用した。中間報告は25日の役員会で了承される見通しだ。(読売新聞6月25日)』

 もし石原氏が役員会でこれを見たとしたら、ますます維新の改憲方針に失望することになったのではないかと察する。(~_~;)

 しかし、『橋下氏に近い若手の間では石原氏に対する不満が高まっている。これを代弁するかのように、浅田均政調会長は27日の記者会見で「何をどう変えるのかを訴えないとリアリティーがない」と指摘』していたとのこと。(産経新聞6月27日)』

 維新の会では、参院選の最中も、選挙後の東西分裂を睨んで、主導権争いや駆け引きがオモテでウラで活発に行なわれそうな感じがしているmewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 

 その石原慎太郎氏が都知事を務めていた東京都では、ある意味で石原氏の置き土産とも言える都教委に関して、アブナイ話が報じれられていた。(-"-) 

 安倍晋三氏や石原慎太郎氏らの超保守勢力は、戦後の教育体制や教育内容を否定。自分たちの思想や解釈に沿う形で、愛国教育や歴史教育など国家主義的な教育を行なおうとしているのだけど。

<これは近日中に大きく大きく取り上げる予定なのだけど、自民党は、衆参院選公約で教科書の検定&採択制度を見直しを明記しており、安倍内閣&自民党は、参院選後に、国が教科書の記述をチェックしたり、教科書採択に関与できるような制度や法律を作る計画を立てているのよね。(-"-)

『自民党教育再生実行本部の「教科書検定の在り方特別部会」(主査・萩生田光一総裁特別補佐)は25日、安倍晋三首相に対し、教科書の記述や検定制度の在り方を包括的に示す「教科書法」(仮称)の制定を盛り込んだ「中間まとめ」を提言した。首相は教科書法について、「時代の変化を踏まえ、しっかりと検討を加えてほしい」と述べた。
 提言は歴史教科書について「いまだ自虐史観に強くとらわれるなど教育基本法や学習指導要領の趣旨に沿っているか疑問を感じるものがある」と指摘。教科書検定に関し、(1)確定的な見解・学説がない事項は確定的に記述しない(2)検定申請時に提出させる編集趣意書を改善する(3)長年にわたり特定の教科書を採択している現状に検討を加える-などの改善策を挙げた。(産経新聞6月25日)』>

 実は石原氏は、それに先駆けて、都知事時代に愛国教育の強化に取り組んでおり、都の教育委員会の委員に、自分と考えの合う人を任命。全国に先駆けて、学校の式典での国歌斉唱&国旗掲揚を命じる通達を出したことで、知られている。

* * * * * 

 そして、昨日、東京都の教育委員会が、今度は、自分たちが気に食わない記述のある教科書を採用しないように、都立高校に通知したという恐ろしいニュースが出ていたのだ。(ーー゛)
 
 都教委は、実教出版の日本史Bの教科書に、国旗国歌について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記載のあることを問題視したとのこと。
 でも、東京も大阪も条例や通達を用いて、国歌を指示された通りの形で斉唱しない教員に(大阪は一般公務員にも)罰則を科すなどして、強制しているのは事実だし。教育委員会が、各校の教科書選定に介入すること自体、かなり問題があるように思う。<これも、ある種の強制だよね。(`´)>
 

『来年春から使用される高校教科書について、東京都教育委員会は27日、学習指導要領で指導を義務付けられた国旗掲揚、国歌斉唱を「強制」と記述した実教出版(東京)の日本史教科書を「使用は適切でない」との見解を示し、選定作業が行われる全ての都立高校など計216校に通知した。

 文部科学省によると、事前にこうした見解を伝えるのは全国的にも極めて異例。都教委は「各校で適正に教科書を選定できるよう、より分かりやすく考えを伝えた」としている。(産経新聞6月28日)』

『都教委が問題視しているのは、実教出版の「日本史A」と、来年度向けに改訂された「日本史B」。国旗国歌について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記載している。

 都教委は2003年、学校行事で日の丸に向かい君が代を斉唱することを通達で義務付け、従わない職員は懲戒処分にする厳しい対応を取ってきた。最高裁は11年、起立斉唱の職務命令を合憲と判断したが、12年の判決では「減給や停職には慎重な考慮が必要」との判断も示している。

 実教出版の日本史Aには11年度の検定で「政府は国旗掲揚、国歌斉唱などを強制するものではないことを国会審議で明らかにした。しかし現実はそうなっていない」との記述に文部科学省の意見がつき、後半を「公務員への強制の動き」などと書き換えて合格。文科省によると、日本史Aの全国シェアは約14%という。

 だが、都教委は昨年3月以降、各校に電話で「都教委の考えと合わない」と伝え、13年度の教科書に選定しないよう要求。採択の最終判断は都教委ができることもあり、この教科書を選定した高校はなかった。

 14年度から使う教科書を決める昨年度の検定では、同じ記述がある日本史Bも合格。都教委は不使用を徹底するため、今回は文書で通知することにしたという。都教委幹部は「『公務員への強制』という表現は明らかに間違っており、採用するわけにはいかない」と話している。(毎日新聞6月27日)』

* * * * *

 かつて安倍晋三氏らもやっていたことなのだけど。超保守派の議員や識者、メディアなどは、各社の教科書(特に歴史、公民)の記述をチェック。自分たちの意に沿わない記述があると、検定を批判すると共に、その記述を修正させようと様々な形で働きける(圧力もかける?)活動を行なっているのだが・・・。
<これもまた改めて書きたいのだが。自民党の教育再生部会が、先月、記述に問題があると判断した教科書の出版社3社を呼び出していて。その中に実教社もはいっていたのよね。(-"-)>
 
 この産経新聞の記事を見ると、実教社の歴史教科書は、やはり超保守派に目をつけられていた可能性が大きい。(~_~;)

『同社は、国旗国歌について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と、指導を徹底する都教委などを念頭に置いた記述で平成23年度の文部科学省の教科書検定を合格した。

 教育関係者から「法に基づく指導を『強制』と表記した教科書が検定をパスするのはおかしい」との声が出たが、文科省は「権限のある者が職務命令をもって命ずることを『強制』と表現することは誤りと言えない」として認めた。

 昨年度の検定でも、同社は慰安婦について「女性が強制的に集められ、日本兵の性の相手を強いられた人たち」と記述。「強制連行を直接示す資料はない」とする日本政府の見解に反する可能性もある表現だが、これも検定をパスした。安倍政権もこうした偏向的な記述の横行を問題視。4月に教科書検定制度の見直しを表明し、自民党部会などで議論を重ねている。(産経新聞6月27日)』
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 

 また、少し前には、こちらも09年まで維新の会の中田宏氏が市長を務めていた横浜市の市長選に関して、こんな驚くべき記事が出ていた。(・o・)

『今夏の市長選への出馬を表明した横浜市の林文子市長(67)が、自民党から推薦を受けた際に締結した政策協定の中に、愛国心の育成などを掲げた改正教育基本法の精神に基づいた教科書採択に向けて取り組むことや、「正しい歴史認識に立った領土教育」の推進などを盛り込んでいたことが17日、分かった。

 政策協定では「あらゆる教科において、新しい教育基本法の精神に基づいた教科書が採択されるよう、引き続き取り組む。また、正しい歴史認識に立った領土教育を進める」と記載されている。

 林市長は13日の会見で、政策協定の内容について「公約に反映させていく」と話している。

 教科書採択は市教育委員会が行い、市長は直接採択に関与できないが、教育委員の任命はできる。同市は市立中学の歴史と公民で、自虐史観を批判した扶桑社の教科書事業を継承した育鵬社版を用いており、次回の採択は平成27年度に行われる。(産経新聞6月17日)』

* * * * * 

 横浜市では、前市長の中田宏氏(現・維新の会の衆院議員)がかなりの超保守派で。在任中に、安倍氏らが以前から支援していた&超保守系の識者が作成する「つくる会」系の教科書を採用するようにアレコレ動いていたのだが。
 09年8月に、ついに市内18区のうち8区の市立中学校で使う歴史教科書に、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)が主導し、自由社が発行する教科書を採択することに成功。横浜では、これを『中田市長の置き土産』と呼んでいたという。

<その09年8月当時の記事をちょこっと。>

『来春から、145校ある横浜市立中学校のうち約半分の71校で使われることになった「つくる会」主導の歴史教科書は、任期満了を待たずに辞職表明した中田宏市長の「置き土産」とみる関係者が多い。というのも、教科書の採択権限を持つ教育委員は、市長が「意中の人」を市会の同意を得て任命する仕組みだからだ。

 6人の委員のうち、元市総務局長の今田忠彦委員長は、前回の2005年の採択の際、委員としてただ一人、「つくる会」主導の教科書採択に賛成した経緯があり、同会の歴史観に好意的な立場の委員として知られていた。

 今田氏を除く当時の委員はその後の人事で入れ替わったが、同氏は現在3期目で、06年7月から委員長を務めている。「つくる会」系の教科書採択に反対する市民団体は、今田委員長の下で初めて行われる今回の教科書採択では、同氏を重用した中田人事の当然の帰結として「つくる会系の教科書が採択される可能性が高い」と身構えていた。

 中田市長は自身のホームペ-ジで「自分が今ここにいることの裏付けとなる『日本の歴史』を肯定できなかったら、自信をもつことなど不可能」と記述している。
 今田委員長は会見で、採択した教科書についてこう論評した。「日露戦争における勝利が日本人に誇りを取り戻させたことなどが、物語として体得できる素晴らしい内容だ。(神奈川新聞2009年8月5日)』

『つくる会が主導する2社の教科書は、「自虐的な歴史観を払拭する」ことを主眼に、近現代史に多くのべ-ジを割いている。太平洋戦争を「大東亜戦争(太平洋戦争)」と記述するなど、従来の教科書と記述内容で一線を画す部分が多い。そのため、国内外で「戦争を美化し、歴史を歪曲している」と批判の声が出ている。
 この日の教育委員会には市民などから310件の請願と要望が提出され、すべて両社の教科書を採択しないよう求める内容だった。

◆自由社の歴史教科書
拓殖大学の藤岡信勝教授が会長を務める「新しい歴史教科書をつくる会」が主導して自由社が出版。同会の中心メンバーが2001年に扶桑社から出版した教科書がペースになっている。扶桑社版と異なるのは、見開きで昭和天皇を紹介したり、戦艦「大和」に1ページを使うなどしている点。(同上)』

* * * * *

 mewが、安倍氏や石原氏らの超保守派による国政を容認し得ない最も大きな理由は、彼らが戦後体制を否定して、憲法だけでなく、学校教育まで戦前と同じような国家主義的なものに戻そうと。
 そして、戦前、そうであったように、子供のうちから、お国に喜んで尽くすような愛国少年少女を育成すべく、学校教育の中で洗脳してしまおうとしていることにある。(-"-)

 彼らは、明治から戦前までのような日本の体制こそが日本の正しいあり方、国柄なのだと固く信じ、「占領軍」が与え、「日教組」が広めた戦後の教育は誤ったものなので、早く是正しなければならないと思い込んでいるのである。^^;

 mewは、ひとりの国民として、日本を心から愛しているし。<で、愛する日本の平和を守りたいからこそ、このブログを7年半も続けて「日本がアブナイ」とわめいているのら。>
 愛する日本が、また戦前のように、国益ばかりを重視して、国民の生活や人権を軽視するような前近代的な国には戻って欲しくないし。また自国の(超保守が固執するような内容の)伝統やら誇りやらを重視するあまりに、他国と協調できないような国に戻ったりもして欲しくないのである。(-"-)

 安倍氏らは、よく中朝韓が反日的な偏向教育を行なっていると批判しているのだが。mewから見れば、彼らが行なおうとしている学校教育も、国家主義&国粋主義的な偏向教育にほかならないように思える。^^;
 
 でも、残念ながら、安倍首相が行なおうとしている学校教育の内容に関しては、一般国民にほとんど伝わっていないのが実情だ。
 それゆえ、これから参院選までに、できるだけ多くの人が(特にお子さんのいる人)が、安倍自民党の教育政策に関する方針や公約に関して知って欲しいと。その上で、安倍自民党を支持するのか否か考えて欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

                       THANKS 


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"



 
[PR]
by mew-run7 | 2013-06-28 15:42 | 教育問題 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20721936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2013-06-28 20:21
タイトル : 7月の参院選では生活の党候補全員を当選させよう、電力会社..
 参議院選挙は7月4日公示21日投開票と決定した。マスコミは争点はアベノミクスと報じ支援しているが、みどりの風、生活の党、共産党、社民党は、真っ向からアベノミクスに反対している。国民の生活を破壊する経済政策だからだ。生活の党は、「現政権の経済政策は、世界で最も格差のある社会を、さらに深刻化させる」と批判し、「成長戦略、社会保障の安定、充実によって、実体経済を成長軌道に乗せる」と約束している。 東日本大震災の復興予算が電力会社の支援に流用されていた。 流用は外部には分からない基金の形で行わ...... more