「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

イシグロ、ヘイワがノーベル賞..
at 2017-12-12 02:52
離島防衛を口実に、NHKも国..
at 2017-12-11 01:05
田原総も昭恵の関与に疑念~安..
at 2017-12-10 01:53
加計認可に文科省の圧力~訴訟..
at 2017-12-09 06:12
森友、ゴミ処理が10倍に?次..
at 2017-12-08 15:53
トランプがエルサレムをイスラ..
at 2017-12-07 19:36
立民党が法案提出、地方進出に..
at 2017-12-07 03:05
安倍、森友の再調査を拒否&佐..
at 2017-12-06 00:52
安倍、敵基地攻撃ミサイルの購..
at 2017-12-05 06:09
今度は市長が朝日を排除攻撃&..
at 2017-12-04 02:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

排出物処理が不可能だから..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トヨタはEV開発を始めて..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
消費税引き上げに関連して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の巨大企業東芝は子会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本海の日本領無人島の管..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発廃止が既定路線ではな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
発達障害の子供は本人もつ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平和憲法を持ち戦争はしな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮が繰り返すミサイル..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮アメリカ攻撃可能な..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1267)
(765)
(647)
(463)
(271)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(155)
(149)
(149)
(146)
(145)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

菅直人が安倍を提訴。安倍が原発対応の虚偽情報をメルマガで流布&修正せず放置

  これは、7月17日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


  菅直人氏(元首相)&福島原発事故&「菅叩き」のことに関しては、選挙が終わったら、ゆ~っくり書くことにしようと思ってたのだけど・・・。
<安倍くんのデマ記事に対して、提訴する意向を示していることも。あと民主党を追い出されかねない状況にあることとか。>

 何と、昨日、菅直人氏が、参院選中であるにもかかわらず、安倍元首相を名誉毀損で訴えたという。(・o・)

『民主党の菅元首相は16日、東京電力福島第一原子力発電所事故を巡り、当時首相だった菅氏の対応を批判した安倍首相のメールマガジン記事について、虚偽で名誉を傷つけられたとして、首相に対し、記事の削除と謝罪、慰謝料など1100万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状によると、首相は2011年5月20日付のメルマガ記事で、同原発1号機への対応に関し、「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だった」などと記載した。菅氏側は「海水注入が中断された事実そのものが存在しない」と指摘している。

 首相経験者が現職の首相を提訴するのは異例だ。菅氏は16日、国会内で記者会見し、「何度も訂正と謝罪を求めたが、参院選期間に入っても掲載を続けている。民主党や民主党政権にもマイナスイメージを植え付ける内容で、選挙の公平性を損なう」と述べた。

 この件に関し、首相側はコメントしていない。(読売新聞7月16日)』

* * * * *

 この安倍首相のデマ記事に関しては、当ブログでも何度か取り上げているのだが。

 実のところ、mewは、安倍氏のデマ情報をついて知った時に(しかも、今もその虚偽の事実をHPにアップしたままだということがわかって)、「菅が安倍を名誉毀損で訴えてやればいいのに」と言っていたのだ。
 そうすれば、安倍氏がどのようなルートで、この情報を仕入れたのかわかるかも知れないし。また、公判の場で、より詳細な事実、真実が明らかになる可能性もあるからだ。<当時は、まだ吉田所長が存命中だったので、吉田氏に証人になってもらって、全てを語って欲しいという思いもあった。>

 とはいえ、「やっぱ、腐っても元首相(?)だし。国会議員を辞めるまでは、提訴をするのは無理かしらね~」などと仲間内で話していたのだけど。<しかも、そのうち、安倍くんが党総裁、首相になっちゃったしね。^^;>
 でも、菅氏は、今回、思い切って、安倍氏を提訴することに踏み切ったようだ。(@@)
 
<言われてみれば、安倍氏も元首相だったのに、安易なデマ情報やら批判投稿を流しっぱなしにしているので、元首相同士で、おあいこのバトルなのね。(~_~;)>

* * * * *

 菅直人氏が、問題にしているのは、安倍氏のメルマガの11年5月22日付けの記事(コチラ)だ。

『菅総理の海水注入指示はでっち上げ 最終変更日時 2011年5月20日

福島第一原発問題で菅首相の唯一の英断と言われている「3月12日の海水注入の指示。」が、実は全くのでっち上げである事が明らかになりました。

複数の関係者の証言によると、事実は次の通りです。

12日19時04分に海水注入を開始。
同時に官邸に報告したところ、菅総理が「俺は聞いていない!」と激怒。
官邸から東電への電話で、19時25分海水注入を中断。
実務者、識者の説得で20時20分注入再会。

実際は、東電はマニュアル通り淡水が切れた後、海水を注入しようと考えており、実行した。
しかし、 やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです。

この事実を糊塗する為最初の注入を『試験注入』として、止めてしまった事をごまかし、そしてなんと海水注入を菅総理の英断とのウソを側近は新聞・テレビにばらまいたのです。

これが真実です。

菅総理は間違った判断と嘘について国民に謝罪し直ちに辞任すべきです。』

 ちなみに安倍氏は、同じ日に記者団に対しても、菅氏が「注水停止をした」ことを伝え、「万死に値する」と批判している。

『自民党の安倍元首相は20日夜、京都市内で記者団に対し『首相が誤った判断で(海水注入を)止めてしまった。万死に値する判断ミスで、ただちに首相の職を辞すべきだ』と首相を強く批判した。(読売新聞11年5月20日)』

 さらに翌21日に、東電もこの情報に沿うような経緯を発表したことから、多くのメディアが菅首相(当時)が「海水注入を止めた」と報道することに。
 中には、菅氏が海水注入を止めたことがメルトダウンにつながったかのように説明するものもあり、これが、さらなる「菅叩き」「菅おろし」の動きにつながることになったのである。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 しかし、安倍氏が書いた&語ったことは、「真実」ではなかったのだ。(**)

 吉田所長は、事実とは異なる報道がなされていることを知り、自ら東電に真相を報告。東電はそれを受けて、5月26日に真実を発表した。

『統合対策室は21日、海水注入中断の経緯を公表。その中で、東電は3月12日午後7時4分に海水の試験注入を始めた後、原子炉の再臨界を懸念した官邸の意向に配慮し、7時25分に独断で注入を中断。その後、首相の指示を受け、8時20分に再開し、55分間の中断が起きていたとしていた。
 しかし、実際には、官邸詰の東電社員から「首相の了解が得られていない」との連絡を受け、東電は東電本店と第一原発を結んだテレビ会議で中断を決定。吉田所長は、この場で反論はしなかったが、独断で注水を継続した。

 午後8時20分に注水を再開したとの連絡が、吉田所長名で入ったため、東電は中断が起きたと判断した。東電は今月24、25の両日、吉田所長らに聞き取り調査を実施。吉田所長は事実を明かした理由について「国際原子力機関(IAEA)の調査もあり、正しい事実に基づき評価が行われるべきだと考えた」と説明したという。吉田所長は1979年入社。昨年6月から所長を務めている。

 東電の松本純一・原子力立地本部長代理は「最初に公表した調査結果は、本店の関係者と、本店に残っているメモだけを基にした」と調査が不十分なまま公表したことを認めた。(読売新聞2011年5月26日)』

* * * * *

 これは、また改めて書きたいのだが。
 ちょうど安倍氏がメルマガにこの情報を投稿した11年5月の中旬というのは、菅首相が政府として脱原発の方向に舵を切ろうとしていた(浜岡原発停止。G8で脱原発依存発表。経産省&電力会社の再稼動計画に不快感などなど)ことから、安倍氏を含め原発推進派の議員や官僚、電力会社、その他原子力ムラの住人も、一斉に「菅おろし」を目指して、激しいバトルを展開していた時期だったわけで。<自民党+αも、何とか「菅おろし」をして政権奪還をしようと懸命に動いていた時期でもあったしね。^^;>

 おそらく安倍晋三氏は、20日に東電orその関係者から、この不十分な調査による情報のリークを受けて、これは菅首相を攻撃する絶好の材料になると思って、飛びついたのではないかと。(~_~;)
 そして、(おいしいネタを掴んだ喜びのあまりか?)東電が調査結果を公表する前夜に、取材陣に情報を提供した上、自分のメルマガにも書き込んだのであろう。(@@) 
 
* * * * *

 そして、もし吉田所長が、海水注入を継続していたことを東電に報告しなければ、菅首相は、東電&安倍氏の流した事実と異なる情報によって、「海水注入を中止させて、メルトダウンを引き起こした」と誤解されたまま、さらなる非難や責任追及の声を浴びせられていたのではないかと思うし。吉田所長の注水継続&真相告白の英断には、改めて感謝と評価をしたいと思うのだけど。(・・)

<これも改めて書きたいけど。吉田氏は、事故以前に、津波対策に問題があると考えながらも、それを言い通せないところがあって、後悔していたとのこと。海水注入は評価されるべき正しい判断だったし。IAEAの調査に対してまでは、ウソはつけないので、今回は、きちんと真実を語ろうと思ったのかもです。>

 ただ東電側は、「菅首相(当時)が海水注入を中断を指示したたわけではない」とは認めたものの、今度は、菅首相が海水注入の問題点(再臨界など)をアレコレきくので、官邸にいた東電の武黒フェローが、首相が納得していないとおもんばかって、吉田所長に電話をし、注水を止めるように指示をしたと主張。一部メディアも手助けして、あくまでも菅首相に問題があったからだという印象づけを行なおうとしているところがあった。^^;

<東電の映像によれば、武黒フェローは注水中止に難色を示す吉田氏に「うるせえ。官邸がぐじぐじ言ってんだよ」と恫喝してたりして。(-_-)
 菅氏が質問しまくっていたのには理由があるのだけど。いずれにせよ、常識的には、菅氏の意向を確認してから中止命令を出すのが筋では? ・・・ちなみに、東電本社は海水注入をすると、原子炉が使えなくなって廃炉にせざるを得ないことに抵抗感を覚えており、最後まで注水をためらっていた&官邸のせいにして注水を中断し、考える時間を稼ごうとしたという見方をする人も少なくないということも、書き添えておこう。(・・)>

 
 そして、安倍氏も、このような事実が東電側から発表されたにもかかわらず、記事の修正や削除を行なうことはないまま放置。メルマガの記事のバックナンバーは、HPにアップされ、ずっと閲覧可能な状態にあったようだ。(-"-)
      
* * * * * 

 菅氏は、後にこのことに気づき、昨年、自らのブログでこのことを公表。安倍氏に対して、記事の訂正や謝罪を求めたのだが。それでも、安倍氏はこれを全く無視して、今もメルマガの記述を削除も修正もせずに、虚偽の情報を公開したままにしている。(>_<)

<先日の記事に、安倍首相が、facebookで民主党の細野幹事長の発言を批判。細野氏がそのような発言は行なっていないと主張して訂正を求めても放置したままだし。他にも例があるのだけど、安倍氏はウラをとらずに批判を書き込んで、言いっぱなしにしちゃう傾向があるのよね。^^;>

 そこで、菅氏は、先週、改めてこの件を自分のブログで訴えると共に、安倍氏に修正と謝罪を要求。翌週の週明けまでに要求が応じられない場合、提訴する意向を示していたのである。

<菅氏は、今回の参院選で、脱原発派候補を応援するために全国各地を飛び回ると共に、ツイッターなどで有権者と意見交換を行なっているのだが。それらの活動を通じて、この安倍氏のデマ情報から生じた誤解が今も根強く残っていることに、問題性や怒りを感じたらしい。>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 菅氏は7月11日に、自分のブログにこのように記している。

『選挙戦を戦っていて、 多くの人の間でいったん定着した誤解を解く事がいかにむつかしいかを痛感している。福島原発事故で、当時の菅総理が海水注入を止めたためメルトダウンを引き起こし、福島原発事故がひどくなったという今も広く信じられている誤解。この嘘の情報を最初にネット上に発表したのが2011年5月20日付けの安倍晋三氏のメルマガ。この総理経験者のメルマガ情報を翌日の読売新聞と産經新聞が大々的に取り上げた。さらに何度も国会で同趣旨の質問を自民党議員が繰り返すことでマスコミに取り上げさせた。そして、6月2日に提出された菅内閣不信任案の理由の一つとされた。敵ながらあっぱれとでもいうべき見事な一連の情報操作だ。

 その後海水注入は停止されていなかったことが故吉田所長自らの発言で明らかになったが、そのことは一般の人にまで伝わらず、菅総理が海水注入を止めて、メルトダウンが起きたという誤解だけが広く今日まで残っている。安倍氏と自民党のこうした一連の行為は私個人に対するだけでなく、民主党に対しても重大な名誉毀損に当たる。

 誤解を解くためには安倍晋三氏に誤りを認めさせて、謝罪させる必要がある。安倍氏の発表がネット上のメルマガであったので、私もネット上でこれまで何度も誤りを認めて訂正と謝罪をするよう求めてきた。しかし、一切の反応はない。ネット選挙が解禁された中で、ネットを利用して嘘の情報を選挙開始前に流しておいて、それを訂正しないという事は選挙の公平性からも許されない行為だ。しかもそれを行ったのが当時でも総理経験者で今再び総理の座に在る安倍晋三氏本人となればなおさらのことだ。ネット選挙解禁を強力に進めた安倍総理の責任は重い。週明けまで安倍総理から何らかの反応がない場合には名誉毀損を正す他の手段を検討せざるを得ない。』

* * * * * ☆

 それから、約1週間。菅氏は、その後もブログにこの問題について書いていたのだが。結局、安倍氏からは、何の反応もなかったとのこと。
 そこで、菅氏は、昨日、安倍氏を提訴することにして、会見でこのようなコメントを出した。

『名誉棄損の訴えを起こすにあたって   2013年7月16日 衆議院議員 菅直人

 今回ネット選挙が解禁されましたが、参院選挙期間中のネットを使った悪質な名誉棄損行為を放置できないと考えて提訴しました。

 訴状にありますように安倍晋三氏は2011年5月20日付のメールマガジンで「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」と題する記事を掲載し、私が何度もネット上で訂正と謝罪を求めたにもかかわらずそれを無視し、参院選の期間中に入った今日現在に至るまで、ネット上で掲載を続けています。内容は全くの虚偽の情報に基づき私の名誉を著しく傷つける中傷記事であるだけでなく、民主党と民主党政権に対しマイナスとなるイメージを植え付け、選挙の公平性をも損なうものです。

 安倍晋三氏は現職総理大臣として公平な選挙の実施に責任を持つ立場であり、記事内容が虚偽であることは明白であることから裁判の結果を持つまでもなく、直ちに誤りを認め、参院選挙期間内に記事の削除と謝罪を行うことを強く求めます。

 なお、総理経験者として現職総理を訴えることが適当かどうか。熟慮しました。その上で、安倍総理自身が当時すでに総理経験者であり、虚偽情報に基づいて私に対し総理の辞任まで要求していたことを考えて、あえて、提訴に踏み切りました。ご理解下さい。

             以上です。

 なお訴状や証拠についても出来るだけネット上に載せる予定です』

* * * * * 

 とりあえず、菅元首相が、今回、安倍首相の提訴に至った経緯をざっと書いてみたのだが。チョット中途半端ながら、ここまででいったんこの記事を終わらせることにしたい。(・・)

 菅氏は、首相辞任後も、脱原発を提唱し続けていることもあってか(野田政権に「原発ゼロ」方針をとるように導いたし。海外や全国各地のアチコチに行って、脱原発派と一緒にほえていたりするし)、今でも原発推進派&原子力ムラ(メディアを含む)からの「菅叩き」は続いているし。

 特に安倍自民党は、この参院選が終わったら、本格的に原発再稼動を推進して行く方針を決めているので、菅氏の言動や存在は、自民党にとっても、原子力ムラにとっても、はますますジャマ&不快なものになっているのではないかと思うのだが。<また、一部メディアから叩かれそうな感じが。^^;>
 
 今回も、菅氏は叩かれることを承知で、あえて(捨て身で?)この時期に安倍首相を提訴することで、今後の日本の原発政策、安倍自民党の原発政策に関して、参院選の投票日の前に多くの国民に再考してもらう機会を作りたかったのではないかと察する。(・・)

<菅氏は昨年の衆院選で、選挙区で落選&比例復活をした時に、自分は「脱原発」を実行に移すために救済されたととらえ、今後は、政治生命を賭けて「脱原発」実現に邁進して行こうと決意したので、かなり開き直っているところがあるのよね。^^;>

 果たして、菅氏の行なったことが、元首相として好ましいことなのかどうかは、国民の判断に委ねたいところだけど。
 ただ、このブログでも何度も書いているように、今、日本は、原発ゼロの方向に進んで行けるのか、それとも今後も原発政策を推進して原発の再稼動&輸出をどんどん行なって行くのかという大きな岐路に立たされているだけに(しかも、原発ゼロの方向に行くとすればのは、今回がラストチャンスになるかも?)、どうか参院選の投票日までに、もう一度、じっくりと、日本の原発政策に関して考えてもらえるといいな~と、心から願っているmewなのだった。(@@)

                        THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-07-17 18:21 | 政治・社会一般 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20810503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from たんぽぽのなみだ~運営日誌 at 2013-07-21 00:08
タイトル : 菅直人が安倍を訴えた
一部で話題になっていることですが、7月16日に菅直人元首相が、 なんと安倍晋三現首相を名誉毀損で訴えたので、ご紹介したいと思います。 「安倍総理を名誉棄損で提訴」(菅直人の公式ブログ) 「菅元首相が安倍首相を提訴 「メルマガで名誉傷つけた」」 「菅元首相:「…... more