「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

イシグロ、ヘイワがノーベル賞..
at 2017-12-12 02:52
離島防衛を口実に、NHKも国..
at 2017-12-11 01:05
田原総も昭恵の関与に疑念~安..
at 2017-12-10 01:53
加計認可に文科省の圧力~訴訟..
at 2017-12-09 06:12
森友、ゴミ処理が10倍に?次..
at 2017-12-08 15:53
トランプがエルサレムをイスラ..
at 2017-12-07 19:36
立民党が法案提出、地方進出に..
at 2017-12-07 03:05
安倍、森友の再調査を拒否&佐..
at 2017-12-06 00:52
安倍、敵基地攻撃ミサイルの購..
at 2017-12-05 06:09
今度は市長が朝日を排除攻撃&..
at 2017-12-04 02:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

民進党解体だそうだが、解..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
排出物処理が不可能だから..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
トヨタはEV開発を始めて..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
消費税引き上げに関連して..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の巨大企業東芝は子会..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本海の日本領無人島の管..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
原発廃止が既定路線ではな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
発達障害の子供は本人もつ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平和憲法を持ち戦争はしな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮が繰り返すミサイル..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1267)
(765)
(647)
(463)
(271)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(155)
(149)
(149)
(146)
(145)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍政権での日米関係悪化を、池上彰、大前研一も懸念。国民にも悪影響が。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 今回の参院選で、安倍自民党の外交政策が、あまり争点にならなかったことも、mewには、残念なことだった。(-"-)
 mewは、もし参院選で安倍自民党が大勝した場合、安倍自民党政権の外交政策、とりわけ米国や中韓との関係がどうなるのか、強く懸念しているところがあるからだ。(-"-)

 安倍政権が始まってから、中国、韓国との関係がさらに悪化している上、安倍自民党が最も重視している米国との関係まで雰囲気ビミョ~な雰囲気になっている。(~_~;)

 中国や韓国のことを好むか好まないかはさておき、もし日本の国民が本当に今後の経済成長&景気回復を望むのであれば、中韓との関係改善なくして、これを実現することは極めて困難だと言えるだろう。<というか、実際、mew周辺の、中国に進出or連携している中小の企業や工場の人は、既にかなり困っているです。^^;>

 また、安倍首相&自民党は、「民主党政権で日米同盟の関係が悪化した」と批判し、「安倍自民党政権では、日米同盟が深化する」と懸命にアピールしているのだけど。
 でも、米オバマ政権は、露骨なほどに、安倍首相と距離を置こうとしている感じがあって。21世紀にはいって、日米関係が最も悪化していると見る専門家もいるほど。^^;

 安倍首相は、中国&北朝鮮と対抗するため、何とか米国と関係改善をして味方につけたいと思うあまりに、安保軍事(集団的自衛権、辺野古移設、武器・航空機導入)や経済政策(TPP交渉を含め、規制緩和や債券等のお貢ぎなどで?)などなどで、国民の利益を考えずに、米国のご機嫌をとろうとする可能性も大きい。(~_~;)

<しかも、よくも悪くも世界の常識を超えたアベノミクスは、欧米も含め世界の国々から警戒されているため、今後、他国から日本の金融政策に対する批判が集中したり、財政再建圧力が強まったりするおそれもある。(財政再建がらみでは、今後、消費税増税をするか否かで、政府与党内がもめそうな感じもある。^^;)>
  
* * * * *

 これは、『安倍政権の米中韓外交の危うさ&孤立化のおそれも+公明は早くも靖国参拝を懸念』や『あり得ない歴史認識を唱える安倍&超保守仲間+右ではなくド真ん中だと主張』のつづきになるのだが・・・。

 前記事の最後で、mewは、『安倍自民党の閣僚や党幹部、議員の中には、このような考え方や教育を「ド真ん中」だと思い込んでいる人が少なくないわけで。このように偏ったor歪んだ感覚を持った人たちに、国政を委ねることを危惧感を覚えざるを得ないし。
 それゆえに、近時は、中韓朝から批判を受けているだけでなく、欧米のメディアや米国の政府や議会からも、「右翼」「国家主義」「国粋主義」「民族主義」などと評価&警戒されているのが実情だ。^^;
<関連記事・『安倍内閣はウルトラ国粋主義、歴史修正を警戒~米議会調査局の報告(要旨原文も) 』など>』と書いたのだけど・・・。

 実際のところ、参院選が終わった後、日本の外交がどうなるのか、憂慮している人は少なくない。(ーー)

 池上彰氏も、米中韓との外交に、懸念を示していたようだ。

* * * * *

『池上彰氏「米国と関係悪化の安倍政権は、中韓に舐められる」- NEWSポストセブン(2013年7月19日07時00分)

 自民党の圧勝が予想される今回の参院選。有権者としては、安倍政権を信任するか、しないかが問われることとなる。そこで、池上彰さんが今回の参院選のポイントを、安倍政権の外交政策にスポットを当てて解説する。

 口 口 口

 安倍政権の評価のポイントに、外交があります。実は今、アメリカが日本と距離を置き始めています。先日、中国の習近平主席と会談したばかりのオバマ大統領は、安倍総理とは会おうとしません。なぜかというと、アメリカは、安倍総理の発言に怒っているからなんです。

 安倍総理は「村山談話を見直す」とか「従軍慰安婦は強制連行ではなかった」とか、日本がアメリカと協力して作りあげてきた戦後の秩序を否定する発言を繰り返しています。日本国内では、これを評価する声もあります。

 しかしアメリカにしてみれば、これまでやってきたことが全面否定されているようで、面白くないわけです。日本とアメリカとの関係が悪くなれば、中国や韓国は、日本をさらに舐めてかかるでしょう。はたしてそのとき、日本は毅然とした態度を貫けるでしょうか。非常に厳しい局面に立たされるはずです。アメリカとは関係なく独自の路線を進むかどうか。これも判断ポイントです。

 さて、みなさんは、安倍政権を信任しますか? それとも不信任ですか? 信任するなら、政権与党に一票を、そうでなければ野党に一票を、ということになります。

※女性セブン2013年8月1日号』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 mewは、今年の初め頃から、安倍首相が超保守思想をオモテに出すと、日本は中韓とだけでなく、米国との関係も悪化して、東アジア外交において孤立化するのではないかと懸念を示して来た。

<『米が安倍の中韓対応にクギを刺す発言+オバマに敬遠され、お貢ぎに走る安倍』『安倍がオバマに嫌われる?&欧米中韓からも危険視され、ピンチになるかも』などなど。>

 中韓(朝)は、安倍晋三氏が日本の首相になることに強い警戒感を示していた。

 安倍氏らの超保守派の中には、中韓朝の国や民族を敵視、嫌悪している人が多く、欧米の政府やメディアから、「レイシスト」(民族主義者)の要素があると見られている。

 しかも、前記事にも書いたように、彼らは「慰安婦の強制連行」「南京大虐殺」「日本の侵略性」などを認めず、教科書の記述からの削除を目指す歴史修正主義者の側面があるし。閣僚の靖国参拝への懸念も強まっている。
 ましてや、彼らは尖閣諸島、竹島の領土保全にはただならぬ思いがあるので、その点で、中国、韓国と正面から対決して行く姿勢を見せていることから、尚更に、両国との溝が深くなる一方なのだ。(~_~;)

 ただ、安倍首相は、基本的に、自らが中国や韓国に歩み寄ってまで、両国との関係を改善して行く気はないのである。<そんなことをしたら、超保守派のお仲間や支持者に、めっちゃ批判を浴びてしまいそうだしね。^^;>
 
* * * * * 

 それでも、安倍首相は、日米同盟関係さえうまく行って、米国が日本を強固にバックアップしてくれれば、中国や韓国を抑え込めると考えていたようなのだが。それがうまく行っていないのである。(~_~;)

 まず、オバマ大統領は、リベラル志向の政治家で、安倍首相&超保守派のような「国家主義」「国粋主義」「民族主義」の政治家や国は好みではない。(嫌っていると言ってもいいかも。)

 また、米国は以前から中国の軍事&領土拡大政策を強く警戒しているものの、中国を経済的なパートナーとして(おそらく日本よりも)重視しているところがあるので、米中関係を発展させて行きたいと思っているし。
 オバマ政権は、財政再建のため国防費の削減を余儀なくされる中、安保外交面では、中東の方に力を入れたいと考えており、東アジアの安保&北朝鮮対策は、米国が日中韓の協力体制を築く形でおさめて行きたいと考えているのだ。(・・)

 それゆえ米国は、安倍政権発足後から、中国、韓国との関係改善を強く要望していたのだが。
 ところが、米国に最も協力してくれる(米国の言うことに最も従う)と思っていた日本が、中国や韓国との関係をどんどん悪化させていて。特に尖閣諸島をめぐっては、一つ間違えればプチ戦闘が起きかねない状況にあるし。
 日中韓とも首脳が交代したので、通常であれば、ご挨拶がてら早期に首脳会談を行なうところなのだが。いまだに、定例のものも含めて、一度も首脳会談が行なえないような状態にあるのだ。(-"-)

<また、米国は、安倍首相が中国包囲網を築くために、ロシアや全アジア地域に次々と遠征をして、(国によっては、バラまき工作をして)日本の味方につけようとする外交政策にも、懸念を抱いていると見る人もいる。>

* * * * * 

 安倍氏は、首相に就任したらすぐ、1月にもオバマ大統領と会談をして日米同盟の強化をアピールしたいと思っていたのだが。オバマ側は、これを拒否。ようやく2月下旬になって、とりあえず、首脳会談には応じたものの、共同会見も行なわず。個人的に交流する時間も設けず。ワーキングランチをはさんで、2時間程度会っただけという、実に冷たい対応だった。(>_<)

<その後、訪米した韓国の朴大統領とは、共同記者会見や個人交流(お散歩)を行なったし。中国の習国家主席とは、非公式会談の形をとったものの、2日間にわたって8時間以上も協議。個人交流の時間もとり(演出し?)、メディアも公開した。>

 しかも、安倍首相は、6月の英国サミットでオバマ大統領との首脳会談を行なう予定だったのだが。それも、キャンセルされてしまったのだ。(~_~;)
<日本にとっては、直接会うことに意義があるのだが。米国は、サミットの前週に、オバマ大統領が安倍首相に電話をかけてプチ会談を行ない、それで終わりにしちゃったのよね。>

 他方、中国と韓国は、どんどんと接近しており、6月末には韓国の朴大統領が中国を訪問。中韓首脳会談を行ない、両者で今後もアジアの安定のために協力関係を強化して行くことで合意し、共同声明を発表した。<この際に、日本の(安倍政権の?)歴史認識の問題でも協調して行くことを確認したという。^^;>

* * * * *

 このような状況を見て、国内外のメディアの中には、米中韓の東アジア外交から孤立するのではないかという記事を出すところも、チラホラ出始めた。

<今週も、『米中新時代? 中韓歴史共闘でけん制? “日本はずし"は本当か』(WEDGE 2013年07月18日掲載)なんて記事が出ていたです。(mew倉庫コチラに)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍自民党&親日派の米議員は、おそらく日米関係が悪化しているように見られることを、かなり危惧している様子。<日本政府は、米中会談の内容の報告をほとんど受けていないという話もオモテに出ちゃったしね。^^;>
 そのためか、キャンベル前国務次官補が、今頃になって、わざわざ日本で(とってつけたように?)、こんな発言を行なったりもしたようだ。

『キャンベル前米国務次官補は16日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、6月に米カリフォルニア州で行われた米中首脳会談のやりとりに言及、習近平国家主席が日本への懸念に触れようとするのをオバマ大統領が遮り、「(発言は)そこまでだ。日本は(米国の)同盟国であり、友人だ。あなたはその点をはっきり理解する必要がある」と指摘していたことを明らかにした。
 キャンベル氏はその上で、「日米間には重要な絆があり、それは他国との間にはないものだ」と述べ、日米の特別な関係を強調した。(時事通信7月16日) 

<朝日新聞16日によれば、キャンベル氏いわく、オバマ氏は「Let me stop you here(ここまでにしよう)」「Japan is an ally, a friend, and a democracy(日本は同盟国で、友人で、民主主義国だ)」「「You need to understand that very clearly(はっきりわかってもらわないと)」と伝えたんだって。>

* * * * *

 でも、mewは、安倍首相自身や、内閣や自民党の中枢を占める超保守派が、中韓に対する姿勢を変えない限り、米中韓との外交は、うまく行かないのではないかと考える。(・・)

 それこそ、もし参院選後、首相や閣僚が靖国参拝を行なったり、歴史認識への言及や教科書の記述修正の動きを行なったりしたら、米中韓との関係は、容易に修復し得ないぐらいに悪化する可能性が大きいのではないだろうか?(@@)

 また、米国は水面下で、中韓との関係改善のために、領土問題の解決(棚上げ?)も要望して来るに違いない。^^;

 大前研一氏も、SAPIO8月号にこんな記事を書いていた。

『菅義偉官房長官は、米中首脳会談開催時のテレビ番組で「日本の考え方はアメリカに伝えている。そこはしっかり主張してもらえる」と述べ、オバマ大統領が尖閣諸島問題で日本政府の立場を踏まえて発言するとの見通しを示していた。

 ここでの「日本の考え方」とは、「尖閣諸島が日本固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らかであり、現に我が国はこれを有効に支配している。尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題はそもそも存在しない」というものである。つまり話し合うテーマではない、というのが日本の立場なのだ。

 オバマ大統領は「領有権の問題」を「話し合うべき」と述べた。ということは「日本の考え方」は、オバマ大統領には全く伝わっていなかった可能性が高いのである。これは極めて大きな日米間のギャップであり、由々しき事態と言わざるを得ない。

 悲劇的なのは、この国のトップにそうした認識がないことだ。

 日中首脳会談の翌週、安倍晋三首相はオバマ大統領と電話会談し、日本の立場を踏まえた対応をしてくれたことに感謝の意を示したうえで「中国と協議するドアは常に開いている」とまで語った。歴史的にも国際法的にも「日本の領土」であることが明らかな尖閣問題が米中首脳会談の俎上に載ることだけでも屈辱的なのに、「話し合うべき」としたオバマ大統領に謝意を示して“はい、話し合います”と答えるとは、安倍首相の外交センスに大きな疑問符が付く。

 中国抑え込みをアメリカ頼みにしている一方で、安倍首相は国内では中国や韓国に強い姿勢を見せる内弁慶ぶりが際立っており、それがかえってアメリカで「ストロング・ナショナリスト(強硬な国家主義者)」と警戒される原因になっている。「安倍、石原(慎太郎氏)、橋下(徹氏)の日本の中枢3人」が右傾化しているというのがアメリカの最近の論調で、私はG8での日米首脳会談見送りはこのことが関係しているとみている。(SAPIO2013年8月号)』

* * * * *

 実は、安倍首相は、前政権の時も最後は米国に嫌われて、首相を辞任せざるを得なくなったことから、今度は、米国の後押しを受けて、安定政権を築きたいという思いが強い。(・・)

<07年9月にブッシュとの首脳会談で、米国と約束していた「海自のインド洋派遣継続」+αが困難になったことを強く批判され、怯えた目で会見を行なうことに。(これで体調がさらに悪化したかも?)で、帰国後に、辞任を発表したです。^^;
 ちなみに、mew&周辺は、もし安倍首相が中韓関係において、オバマ陣営の期待や要望に応えない場合には、米国も「安倍おろし」に加担(主導?)するのではないかという邪推ごっこをしてたりもして。>

 ただ、冒頭にも書いたように、安倍首相は、オバマ政権を味方につけようと思うあまりに、日本の国民の利益を度外視して、経済や安保軍事政策で、米国の要望を呑もうとする可能性が大きいのではないかと思うし。
<安倍くんは、国民の利益より、日本国の富国強兵&中国に勝つという自分の思いが優先しちゃうからね。しかも、それが国民の利益にもなるのだと思い込んでいるのが困りものなのよね。>

 もし安倍自民党が強固な政権を築いたら、外交の面でも「日本のあり方」が、どんどんアブナイ方向に行ってしまうのではないかと。またそれが日本の経済や国民の生活にも、悪影響を及ぼすことになるのではないかと危惧する部分が大きい。
 そして、明日の参院選では、今後の日本の外交に関してもアタマにおいて、自民党に投票していいものか否かを考えて欲しいと願っているmewなのだった。(@@)

                       THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-07-20 19:57 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20824217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 【2chまとめ】ニュース.. at 2013-07-25 06:01
タイトル : 安倍首相、8月15日の靖国参拝は見送り 中国・韓国への配..
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/07/25(木) 02:40:18.90 ID:NdmObJFq0 ?PLT(12000) ポイント特典<安倍首相>終戦記念日の靖国参拝見送りへ 中韓に配慮 7月25日(木)2時31分配信安...... more