「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

今日、自衛隊が米軍の手足に~..
at 2017-05-01 07:02
財務省、森友のために必要な申..
at 2017-04-30 16:45
GW中も共謀罪審議を強行。B..
at 2017-04-30 04:28
続・籠池聴取~安倍の辞任の必..
at 2017-04-29 14:30
民進、籠池から聴取~昭恵への..
at 2017-04-29 02:22
逆ギレした二階のマスコミ批判..
at 2017-04-28 08:22
共謀罪~小林よしのりがゴーマ..
at 2017-04-27 17:53
籠池、財務省との交渉を録音~..
at 2017-04-27 02:17
文書破棄、財務省は不適切と検..
at 2017-04-26 13:47
今村復興相、ついに更迭。今度..
at 2017-04-26 01:49

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

今村雅弘復興相・辞任のメモ
from たんぽぽの礼拝堂
インターネットマーケット..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
韓国でも自国防衛の筈のミ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
頼んでもいないアメリカの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
仏大統領選でEU支持のマ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
Linux などのOS以..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
働き方改革をスローガンだ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福岡約4億円強奪事件、福..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
5年毎の国勢調査の度に選..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
除染作業の中身を知らない..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20
mewさん2月13日13..
by xtc4241 at 13:35
お手数をおかけしてすみま..
by mew-run7 at 02:18

ブログパーツ

タグ

(1208)
(757)
(644)
(463)
(264)
(259)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(150)
(149)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍が年内にも集団的自衛権の解釈変更か&公明・米の連携に期待?+東アジア杯


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


 1日遅れの話になるのだが。韓国で行なわれていたサッカーの東アジア杯で、日本は中国と3-3で引き分けたものの、豪州を3-2、韓国を2-1で破り、初優勝を果たした。(*^^)v祝

 今回、日本代表は、WC予選やコンフェデに出場or選出されていなかった選手を中心に構成。若手・中堅選手が、どこまで自分のプレーをアピールできるかも大きな焦点になっていたのだが。
 FW・MF勢では、以前から期待されていた柿谷が3点、大迫が2点のゴールを決めたほか、原口、高萩、豊田などなども持ち味を出すプレーをし、いいアピールができたように思えた。"^_^"

 特に28日の日韓戦は、印象深いものがあった。<自室でひとりで試合を見ながらも、何度も拍手したり、「よし」と声を出したりしてしまったです。(^^ゞ>
 というのも、守備にせよ、攻撃にせよ、何かこれまで日本が韓国や他国にやられていた(&悔しい思いをさせられて来た)ようなプレーを、逆にやってみせような試合だったからではないかと思う。(@@)
 
 韓国が、ともかく地元で日本に勝つところを見せようと、かなり積極的で激しいプレー&攻撃をして来る中、日本は、原口いわく「89分間守備をしている」状態に。^^;
 日本は、急増チームだった上、各選手とも点をとりたいという意識が強かったためか、守備がイマイチで。前の2戦では計5点とられていたのだけど。
 優勝がかかったこの韓国戦では、前線も含め、みんなしっかりと守備を意識して1点しかとらせず。1点めは柿谷が後方からのロングパスに走り込むカウンターで。<A代表じゃ見たことがないようなプレーだったかも。>2点めは、何とロスタイムに原口の突破からのシュートのこぼれ球を、柿谷が決めることに。最後にまた韓国に攻め込まれるもの、GKが飛び出して不在になっていたゴールを途中出場の豊田がヘッドで守り、見事に勝利&優勝を手にしたわけで。何か「してやったり」という気分になれるような試合だったのだ。"^_^"
<ちなみにMVPは、柿谷でなく山口だったとのこと。渋い。(・・)> 

 今回の大会&試合の結果や内容は、フル代表TOP選手にもかなりの刺激になるだろうし。来年のW杯に向けて、さらに選手間の競争意識も高まって、全体のレベルアップにもいい効果をもたらしたのではないかな~と思われ・・・。
 コンフェデ・ショックはどこへやら(?)、またウキウキと期待が高まって来たmewなのだった。(@@)

<今回は、mewごヒイキの駒野が主将に。何とかTOPチームにカムバックできるといいんだけどな~。(・・)
あと韓国の監督が洪明甫に代わったことに、何か時代の変遷のようなものを感じてしまったです。^^;
 そして韓国サポーターの一部が、政治的な横断幕を掲げたのは本当に残念なことだった。(-"-) >
 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ところで、しつこいほど書いているように、mewが今、一番憂慮しているのは、安倍首相&自民党が安定多数をとったことで、「集団的自衛権の行使の容認」の憲法解釈変更に踏み切るのではないかということだ。

 憲法改正には、まだまだ時間がかかりそうなのだけど。もしこれが容認されれば、日本は憲法9条を改正することなく、他国の防衛のためという大義名分(口実)の下に、海外で武力行使をできるようになってしまうからだ。(-"-)

<関連記事『自衛隊を海外で武力行使させないために、安倍自民の集団的自衛権の行使容認の阻止を』『石破が集団的自衛権に意欲~自民の参院選大勝を阻止しなければ、日本がアブナイ

* * * * *

 しかし、安倍首相は、参院選にも大勝したことに気をよくしてか、選挙直後に訪問した東南アジア3国で、憲法改正や集団的自衛権の行使に関して各国首脳に説明し、会見などでもその実現に意欲を示すことに。
<関連記事・『安倍の国民より中国包囲&軍拡重視のアブナイ外交+橋下は辞任パフォーマンス』>

 そして、今朝の毎日新聞によれば、政府は年内にも解釈変更を行ない、来年の通常国会で関連法案の成立を目指す方針を決めたという。(>_<)

『政府は、憲法解釈で禁じている集団的自衛権の行使について、秋の臨時国会での答弁で容認を表明する検討に入った。複数の政府関係者が明らかにした。安倍晋三首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)が秋に報告書をまとめるのを受け、首相か関係閣僚が解釈変更を表明。あわせて行使の具体的な範囲を巡る議論を加速し、法的裏付けとなる「国家安全保障基本法案」などの来年の通常国会への提出を目指す。(毎日新聞7月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 下の記事にもあるように、内閣法制局は、集団的自衛権の行使は憲法9条が禁止していると解釈。日本の歴代内閣も、これまで、その解釈に従って、これを認めない方針を示して来た。それゆえ、本来なら、これを行使容認するには、憲法9条を改正する必要があるはずなのだけど。

 安倍首相&仲間たちは、「集団的自衛権は現憲法下でも認められている。9条を改正しなくても政府が解釈変更をするだけで、行使容認できる」と主張。安倍陣営の中には、安倍内閣が「閣議決定」さえすれば解釈変更は実現すると考えている人もいるようだ。

『憲法上、自衛権の行使は(1)わが国に対する急迫不正の侵害がある(2)これを排除するために他に適当な手段がない(3)必要最小限度の実力行使にとどまる--の3要件に該当する場合に限って認められるというのが政府の公式見解。他国が攻撃された事態を想定した集団的自衛権の行使は「わが国を防衛するための必要最小限度の範囲を超えるもので、憲法上許されない」(1981年政府答弁書)など、歴代首相や内閣法制局長官らの答弁を積み重ねて憲法解釈上、禁じてきた。


『憲法の番人」とも呼ばれる内閣法制局の集団的自衛権に関する政府見解を首相が見直すよう指示すれば極めて異例の事態となる。だが政府見解を全面的に見直すのか、政府見解を大筋で維持した上で、対米協力の範囲で「例外」として容認するのかなど法解釈上、不透明な部分が多い。与党の公明党も集団的自衛権の行使容認に慎重姿勢を崩しておらず、関連法案の策定段階で、政府・与党内で激論となりそうだ。』(毎日新聞7月30日)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 実は、先週末に行なわれた毎日新聞の世論調査で、集団的自衛権に反対する人が51%(賛成37%)だという結果だったとわかって、mewは、チョットほっとさせられていたとこがあったのだ。(・・)
 
『毎日新聞は27、28両日に全国世論調査を実施した。現在は憲法解釈上行使できないとされる集団的自衛権について、行使できるようにした方がいいと「思わない」とした人が51%に達し、「思う」の36%を大きく上回った。一方で、安倍晋三首相に一番に取り組んでほしい国内の課題は「景気回復」が35%と最多で、首相がこだわる「憲法改正」は3%にとどまった。首相は改憲や集団的自衛権の行使容認など保守色の強い政策に意欲を示しているが、世論の関心は経済に集中している。

 集団的自衛権は、自国と密接な関係にある国が攻撃を受けた場合、自国に対する攻撃とみなして実力で阻止する権利。首相は27日、外遊先のマニラで行った記者会見でも「集団的自衛権の行使に関する検討を進めていく」と改めて意欲を示している。

 調査では、集団的自衛権を行使できるようにした方がいいと「思う」と答えた人は、自民支持層でも43%にとどまり、「思わない」の45%と拮抗(きっこう)した。連立政権を組む公明支持層では「思わない」が45%と「思う」の35%を上回った。(毎日新聞7月28日)』

<公明党支持層で、「思う」が35%もいたのには、ちょっとビックリしたけど。^^;>

* * * * * 

 とはいえ、残念ながら、衆参院選とも集団的自衛権のことはほとんど争点になっておらず、国民の関心も薄かったのだけど。<だからmewは「国防軍」云々より、こっちの方をもっと取り上げるべきだって言ってたのにな~。^^;>
 
 安倍首相としては、自民党が「集団的自衛権の行使容認を含む安全保障基本法案の成立」を公約にして、衆参院選で大勝している以上、それも国民が支持したことになると解釈&主張することができるわけで。
 日米軍一体の軍事活動の計画を進めるために、秋に行なわれる予定の米国との2プラス2(日米防衛の方針を決める会議)や年末の新防衛大綱(日本の今後の防衛方針)作成を控えて、一気に解釈変更を行なうつもりでいるようなのだ。(-"-)

『安倍首相が国会答弁でこれまでの政府見解を修正することは理論上は可能。政府は今回、国会答弁で集団的自衛権の行使を容認し、年末に策定する新しい防衛計画の大綱(防衛大綱)に反映させることを検討する。ただ、実際に自衛隊が集団的自衛権を行使するための法的枠組みがないことから、国家安全保障基本法の制定や自衛隊法改正などが必要になる。(同上)』

* * * * *

 そして、本当なら、こういう時にこそ、野党が結束して、安倍自民党の暴走を抑えて欲しいところなのだけど。

 哀しいかな、維新、みんなの大部分、民主、生活の一部は、集団的自衛権の行使容認に賛成の立場なので役に立たないし。(ーー)
 共産党の躍進がせめてもの救いではあるものの、民主の中道左派、社民、みどりなどの平和志向勢力は激減しており、国会内でどこまで抵抗できるかわからないというのが実情だ。_(。。)_ 

 となると、安倍自民党の暴走を抑制するには、政権与党である公明党、米国、そして国民世論に期待するしかないのかも知れない。^^;

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍首相が集団的自衛権の行使など安倍カラーの軍事強化策を実行に移すために、大きなネックになっているのが、公明党と中韓、そして中韓との関係改善を迫る米国だ。(@@)

 特に中国は、以前から、日本政府が集団的自衛権の行使を認めることに強い警戒感を示していることから、安倍政権が強引にこれを進めれば、中国との関係がさらに悪化する可能性が極めて大きい。(-"-)

 安倍首相は、個人的に中国を敵視しているので、ホンネでは、自ら譲歩してまで中国との関係改善をはかる気はあまりないように見えるのだが。
 連立与党(創価学会)を組む公明党が、もともと集団的自衛権にも反対である上、日中関係をめっちゃ重視しているし。
 米国は、ブッシュ政権の頃から、集団的自衛権の行使容認を強く求めてはいるのだが、オバマ政権は、安倍政権発足当初から日中関係改善の努力を行なうように繰り返し要望しており、チョット堪忍袋の緒が切れそうになっているところがある。^^;

* * * * *

 そんな中、昨日、公明党の山口代表が9月に訪米し、バイデン副大統領やケリー国務長官ら要人との会談を行なう計画があることがわかった。(・o・) 

『公明党の山口那津男代表は29日、9月に米国を訪問する方針を固めた。バイデン副大統領やケリー国務長官ら要人との会談を打診している。山口氏は1月の訪中で国家主席就任前の習近平氏と会談しており、日中関係改善に果たす同党の役割もアピールする考え。党代表の訪米は平成15年3月の神崎武法氏以来。(産経新聞7月29日)』

 公明党は、今年1月に山口代表が訪中して習近平総書記(当時)と会談し、その際に、安倍首相の親書を持参したのだが。米政府の報道官も、これに期待するコメントを出していたことがあった。(・・)

 実際、公明党と米国は、今も、日中関係の改善+安倍政権の右傾化抑制という点では、お互いに目指すところが一致するわけで。
 mewは、米国が山口代表の訪米&と政府要人との会談(&その打ち合わせ)を通じて、公明党と安倍首相の暴走抑制で手を結ぼうとする可能性があるかもな~と、期待しているところがある。。(**)  

<他方、この件はまた後日に書きたいが。安倍首相も、米国に強く言われてか、今月から中国との首脳会談実施を行なうべく動き出しているのだけど。うまく行くかはビミョ~な状況のようだ。^^;>

* * * * * 

 また、国民の間でも、1日も早く「集団的自衛権」に関する議論が広がって欲しいところ。

 mewは、一般ピ~プルが見るようなTVのニュース&ワイド・ショー番組で、集団的自衛権のことをほとんど扱わないことに、ずっと不満を覚えていたのだけど。
 今週の日曜日には池上彰氏の番組で、月曜にはみのもんた氏の「朝ズバッ」で、集団的自衛権のことを取り上げており、マスコミの中にも警戒感を強めている人が出ているようだ。(・・)

 安倍首相や賛成派の議員は、国民に理解を得たいがために「隣にいる米艦船が攻撃された時に、自衛隊が守れないのはおかしい」「アメリカに向けて発射されたミサイルを、日本が撃ち落とせなければ、日米同盟は破壊する」などと、かなり限定的な例ばかりを挙げて、集団的自衛権の行使の必要性を強調しているのだけど。

 これらの特別なケースは、集団的自衛権の概念を用いないでも対応し得るという見解もあるし。
 実際に安倍首相らが目指しているのは、もっと広範囲で集団的自衛権を認めて、日本の自衛隊が米軍との一体活動を行なったり、他国ととも安保軍事の活動を行なったりすることは明らかだ。(`´)
<実際、安倍首相は、インド、豪州を含むアジア諸国やNATOと本格的な安保協定を締結する準備を進めているのよね。(-"-)>

 安倍自民党は、この夏が明けたら、一気に暴走するおそれもあるだけに、何とかそれまでに平和&リベラル勢力が少しでも結集できないものかと。<民主党の保守化も阻止したいしね~。>
 また、どうかより多くの国民が「集団的自衛権」のことに関心&警戒心を抱いて、日本のアブナイ流れに何とか歯止めをかけて欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-07-30 10:49 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20866272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2013-07-30 11:45
タイトル : ドイツを模範として非正規雇用非合法化を推進せよ、年金所得..
名目は幾らでも付けられるが、アベミックスの正体は弱い者イジメ・年金所得者への課税強化・介護保険の自己負担割合(1割)のアップなどで、検討中とのことだ。 非正規雇用者への賃金に雇用主が社会保障負担を支払う改正だけで、年金所得者への課税強化だけで?十倍もの税収増があるのに、弱い者いじめであることを、ドイツの非正規雇用抑制策が実証している、参照「ドイツにおける派遣および「見せかけの自営」労働者 - 労働政策研究・研修 ... http://www.jil.go.jp/foreign/lab...... more
Tracked from 韓国ファンのための2ちゃ.. at 2013-08-11 18:11
タイトル : 【国際】日本の“右傾化”非難は中韓のみ 「アジア諸国が反..
 日本の安全保障や歴史問題を考えるときのアジアという概念を根本から変える時期がきたようだ。日本の首相が憲法改正を唱える。政治家が靖国神社を参拝する。慰安婦問題の虚構を指摘する。と、反対派からは...... more