「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

国民=下からの政治目指す民主..
at 2017-10-21 01:56
自民のネトサポ、選挙活動にも..
at 2017-10-20 05:10
米軍ヘリ、やりたい放題。遺憾..
at 2017-10-19 16:35
自民圧勝なら、安倍のやりたい..
at 2017-10-19 05:42
国民は安倍&閣僚たちの責任は..
at 2017-10-18 03:23
立憲民主&民進リベ系で、野党..
at 2017-10-17 04:57
世論はアベ続投を望まず!+自..
at 2017-10-16 03:32
前原こそ国民を愚弄~本人がツ..
at 2017-10-15 04:51
国民は安倍と北朝鮮攻撃を支持..
at 2017-10-14 05:32
希望失墜→自民圧勝はマズい。..
at 2017-10-13 03:34

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

都政と国政が同じように運..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
小池新党は失望の党に変化..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米軍へり、やりたい放題(..
from 御言葉をください2
原発使用の燃料は増え続け..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
モリカケや憲法問題までダ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
平和憲法を守れ、総選挙で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米カリフォルニア州で発生..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
結局、北朝鮮有事が起こる..
from 51%の真実
世界遺産などの登録も行っ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望党の参入は野党共闘を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47
 コメント欄のなくなった..
by 重ねてすみません(しょう) at 17:36
 mewさんこんにちは。..
by 伊東 勉 at 02:21

ブログパーツ

タグ

(1253)
(761)
(647)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(153)
(149)
(146)
(146)
(144)
(132)
(126)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

オスプレイが着陸失敗&滋賀で共同訓練を計画+安倍閣僚が次々と沖縄訪問

  これは8月28日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 この記事では、オスプレイの事故&滋賀県での訓練、安倍内閣の沖縄への対応の話を・・・。

 『汚染水が非常事態も、国は動かず?+集団的自衛権の攻防&辺野古、オスプレイ』の最後に書いたように、日本政府は15年にも自衛隊にオスプレイ(MV22)を導入することを計画しているのだが・・・。  

27日に、米ネバダ州の空軍基地近くで、オスプレイが訓練中、着陸に失敗した(地面に叩きつけられるように着陸した)というニュースが出ていた。(・o・)

『【ロサンゼルス時事】米西部ネバダ州のクリーチ空軍基地近くで26日午後3時半(日本時間27日午前7時半)ごろ、通常の訓練飛行をしていた米海兵隊新型輸送機MV22オスプレイが着陸に失敗した。乗組員4人にけがはなかった。着陸失敗の詳しい状況などは明らかになっておらず、海兵隊が事故原因を調べている。

 海兵隊によると、着陸に失敗したのはカリフォルニア州のミラマー海兵隊航空基地に所属するオスプレイ。現場はクリーチ基地から北西約5キロの高速道路沿いの公有地。乗員はいずれも歩いて機体から離れたという。これまでのところ、機体の損傷状況は明らかになっていない。
 着陸に失敗したオスプレイは沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に配備されているものと同型機。オスプレイについては開発段階で事故が相次いだことから、安全性に対する懸念も指摘されていた。(時事通信8月28日)』

 在日米軍は、オスプレイの事故が発生したことを防衛省に通報したとのこと。27日に岩国基地から普天間基地に移す予定だったオスプレイの移動を中止したという。

『在日米軍司令部は27日、防衛省に対し、米ネバダ州で米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが着陸に失敗する事故が発生したと通報した。同省によると現地時間26日午後、同州クリーチ空軍基地近くで、通常の訓練中だった第3海兵航空団所属のオスプレイが、地面にたたきつけられるように着陸する「ハードランディング」を起こした。搭乗員4人は脱出して無事だったという。

 一方、米軍は普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に追加配備するオスプレイ12機の残り1機を、27日に岩国基地(山口県岩国市)から移動させる予定だったが、「今日は移動は行わない」と同省に通知した。

 沖縄県で米軍基地問題を担当する又吉進知事公室長は、今回の事故について「オスプレイへの県民の不安は払拭(ふっしょく)されていない。日米両政府に説明を求めていきたい」と語った。(毎日新聞8月27日)』

* * * * *

 菅官房長官は、28日、米側に事故原因の情報を提供するように求めたことを明らかにした。
 しかし、普天間基地に配備されているオスプレイ運用には、影響がないとの見方を示したという。(-_-)

『菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、米ネバダ州で海兵隊新型輸送機オスプレイが着陸に失敗したことについて、原因に関する情報を速やかに提供するよう米側に求めたことを明らかにした。情報が得られれば、沖縄県など関係先への提供を「丁寧に進めていきたい」と語った。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されているオスプレイの運用への影響については「着陸失敗ということだから、それはないだろう」との認識を示した。(時事通信8月28日)』

* * * * *

 沖縄のキャンプ・ハンセンでは、今月初めに住宅地からわずか2kmの地点で、米軍のヘリコプターが訓練中に墜落事故を起こしたばかり。(兵士ひとりが死亡)

 沖縄県知事などは、この事故の原因を究明するまで、オスプレイの追加配備(岩国基地からの移動)を中止するように求めたのだが。米軍は、これに応じず。1機を残して、岩国基地から次々とオスプレイを移動させ、早くも訓練に用いているという。(-"-) 

<しかも、日曜日に訓練飛行を行なわないというルールを破ったのよね。(`´)

『通常訓練のため山口県の岩国基地に派遣されていた在沖米海兵隊所属のMV22オスプレイ3機のうち2機が25日午後、普天間飛行場に帰還した。
 日米合同委員会で合意した航空機騒音規制措置(騒音防止協定)には「日曜日の訓練飛行は差し控え、任務の所要を満たすために必要と考えられるものに制限される」と記載されており、協定に反した飛行とみられる。
 2機は25日午後2時19分と同25分にそれぞれ飛来した。本土での通常訓練のため、23日にオスプレイ3機が離陸していた。(沖縄タイムス8月26日)』>

 今回のオスプレイの事故は、普天間基地に配備されたものと同型機である上、普天間基地周辺は住宅が密集していることもあって、周辺の住民の不安や不満がさらに募っているのではないかと察する。(ーー)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 オスプレイは、特に発着陸の飛行モード転換時に、事故が起きる可能性が高い)上、機体が発する騒音や振動が大きいため、住宅地が近くにある基地に配備して、訓練や運用を行なうのには適さないと考えられている。
 それこそ米国のハワイでも、基地周辺住民が反対したため、オスプレイの飛行訓練を中止したほどなのだ。(-_-;)

 ということは、普天間基地はもちろんだが、基地や空港の近くに住宅密集地が多い日本では、オスプレイを通常配備して&日常的に訓練を行なうこと自体に問題があるわけで。普天間基地以外のところで訓練を行なえばいいというものでもないし。<でも、米軍は既に東北から九州にかけて、6つのルートでの飛行訓練を計画しており、既に一部では訓練を実施している。> 

 ましてや自衛隊まで、オスプレイを導入することになれば、日本全国にオスプレイに対する不安や騒音被害などが広がることなりかねない。(-_-;)

 でも、日本政府は、国民の安心や安全などを優先する気は全くないようで。10月にはオスプレイを用いた日米共同訓練を、滋賀で行なう計画を立てているという。(~_~;)

<あなたの街にも、オスプレイがやって来る~次は滋賀県の巻になるかも。(・・)>

『沖縄県の普天間基地に配備されている輸送機「オスプレイ」を使ったアメリカ軍と自衛隊による日本国内で初めての訓練が、10月に滋賀県で行われる方向で最終調整されていることがわかった。

 政府関係者によると、日米両政府は、陸上自衛隊と米海兵隊が、10月上旬から中旬にかけて、滋賀・高島市にある饗庭野(あいばの)演習場で行う共同訓練「フォレスト・ライト」で、普天間基地に配備されているアメリカ軍のオスプレイを使用する方向で、最終調整を行っているという。
オスプレイは、10月10日に、空中で停止した機体から隊員が陸上に降下する「ヘリボーン」と呼ばれる作戦で初めて使われ、10月16日の「陣地攻撃」訓練でも使用される方向。
演習場外の低空飛行訓練などは予定されておらず、防衛省は今後、周辺自治体への説明を行う方針。(FNN8月22日)』

『滋賀県の嘉田由紀子知事は24日、日米両政府が陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場(高島市)でオスプレイを使う合同訓練を検討していることについて、政府から説明があれば、関西広域連合で対応を協議する考えを表明した。大津市内で記者団に述べた。

 嘉田知事は、オスプレイの訓練が沖縄の基地負担軽減策であることを念頭に、「負担軽減になるならどう具体的になるのか、きちんとしたデータがあって初めて県民に説明ができる。地元もあり、軽々しく(受け入れについて)言えるものではない」とし、政府の説明を待つ意向を示した。

 また日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事らが八尾空港(大阪府八尾市)での受け入れを提案した経過を踏まえ、「わたしたち(滋賀県)はやりたいと言っていない。八尾と言っていた人のところになぜ(訓練が)行かないのか」と述べた。(京都新聞8月24日)』

* * * * *

 日本政府は、沖縄の負担を軽減するために、普天間基地に配備されているオスプレイの訓練を、本土の他の地域で行なうことを計画している。<しかも、辺野古移設を実現するためにも、早く沖縄の負担軽減に努めている姿勢を見せたいと思っているのよね。>

 しかし、当然にして国内の他の地域でも危険なオスプレイ訓練の受け入れに積極的に手を上げる地域はないわけで。安倍内閣&防衛省も困っているところがあった。(~_~;)

 そんな中、今年6月に維新の会の幹部でもある大阪の松井知事、橋下市長が、突然、八尾空港で訓練を行なうことを安倍首相に提言して、物議をかもしたことがあったのだけど。<でも、八尾市周辺も住宅が多い&設備的にもムリがある上、市長も反対する姿勢を示したため、話が進展していないようだ。>

 橋下市長らは、安倍内閣のアシストしようとする意識が強いようで、7月には関西広域連合に加盟する地域に訓練の受け入れを呼びかけ、政府に申し入れ書を送ることを提案したとのこと。しかし、滋賀県の嘉田知事は難色を示していたという。
<嘉田氏は、滋賀県の饗庭野分屯基地がターゲットになっていることがわかっていたのかも。>

『関西広域連合が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備の米軍輸送機オスプレイ件について、「各地での飛行訓練の受け入れも含めた基地負担軽減策」の検討を政府に求める申し入れ案をまとめたことが分かった。25日に大阪市内で開かれる非公式の首長会合で協議する見通し。ただ、滋賀県の嘉田由紀子知事は申し入れに強く反対しており、紛糾する可能性もある。

 6月の前回会合では、橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事が、全国の空港や自衛隊基地で、訓練受け入れが可能かどうか検討するよう広域連合として政府に申し入れることを提案。他知事からは「性急だ」などと異論が相次ぎ、表現を再検討することになった。

 25日に協議される案に対し、嘉田知事は申し入れを行った場合、同県高島市にある航空自衛隊饗庭野(あいばの)分屯基地が訓練候補地となる可能性が出てくることを懸念、申し入れに反対する意向を固めた。25日の会合でも、こうした考えを主張すると見られる。(毎日新聞7月25日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 結局、7月25日の会合では、他の自治体の首長も、橋下市長らが提案した申し入れ書の文面には賛同せず。大幅に文面を修正することになったようなのだが・・・。

『橋下市長と松井知事が提案した文面は「国から要請があった場合は真摯(しんし)に受け止め、必要な対応を行う」と記し、沖縄県外で訓練が可能な自衛隊基地などを具体的に示すよう政府に迫る内容だった。

 だが当初から受け入れに慎重な知事・市長が多く、米軍基地の負担軽減を全面に出す方向で連合長の井戸敏三兵庫県知事が調整してきた。この日の非公式会合で嘉田知事は、訓練受け入れに関して特定地域を想定せず、負担軽減の対応だけを求める内容に見直すべきと主張し、最終的には全員が了承した。

 嘉田知事は報道陣に「まだ県民に十分説明できておらず、踏み込むべき段階ではない」と述べた。(京都新聞7月25日)』

 前段に挙げたの記事にもあったように、防衛省は10月に行なう日米共同訓練withオスプレイを、滋賀県で実施すべく、最終調整にはいっている(=アメムチで圧力をかけ始めている?)というのである。(-"-)

<申し訳ないことに、mewは今回のニュースで初めて、滋賀県内に自衛隊の基地があることを知ったです。m(__)m> 

* * * * *

 しかも、防衛省は、滋賀県&高島市が共同訓練を引き受けると踏んでいるのか、小野寺防衛大臣は、来月、訓練移転に関して沖縄に説明しに行く予定だという。

『小野寺防衛相が9月7日から沖縄県を訪問し、仲井真弘多知事と会談する方向で調整していることがわかった。
 小野寺氏は会談で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)に配備されている新型輸送機MV22オスプレイの訓練移転などの取り組みについて説明することにしており、普天間飛行場の同県名護市への移転問題をにらみ、県への配慮を示す狙いがあるとみられる。

 小野寺氏はこのほか、来年度から米軍基地周辺の認可外保育所を、国の防音対策の助成対象に加える方針を伝える。助成対象の拡大は、沖縄県が要望していた。
 オスプレイをめぐっては、陸上自衛隊と米海兵隊が10月に滋賀県・饗庭野(あいばの)演習場で行う共同演習で活用する方向で調整している。(読売新聞8月28日)』

* * * * *

 安倍内閣は、できるだけ早く(できれば年内にも)沖縄県から辺野古の海の埋め立て許可を得て、移設計画を推進したいことから、沖縄への(アメムチ作戦の)働きかけ&アピールを強めようとしていて。今月にはいって山本沖縄担当大臣や菅官房長官が相次いで、知事を訪問したばかり。

 山本大臣は、振興予算増をアピール。菅官房長官は自らの夏休み中に、プライベートで沖縄を訪問して知事と会食を行ない、協議を行なったという。^^;
<政府が新たなアメとして、沖縄本島を南北に結ぶ鉄道構想に財政支援を検討しているという報道も。*1>

『山本沖縄相は22日、那覇市で仲井真弘多(ひろかず)沖縄県知事と会談し、2014年度の沖縄振興予算について協議した。
 内閣府は概算要求で、最大約3500億円の振興予算を要求する方針。政府としては沖縄県側への配慮を見せることで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を前進させる思惑があるとみられる。

 会談で仲井真氏は、今年度並みの振興予算(約3001億円)を維持した上で、那覇空港の第2滑走路整備費を別枠で確保するよう求めた。これに対し山本氏は、「必要な予算は確保できるように全力で努力をしていきたい」と応じた。仲井真氏は会談後、記者団に「いい形で年末に(予算案を)まとめていただけるのではないか」との見通しを示した。(読売新聞8月23日)』

『菅官房長官は23日夜、沖縄県名護市のホテルで、仲井真 弘多 ( ひろかず ) 知事と会食した。
 21~24日に夏休みを取っている菅氏が夫婦で訪れた静養先で懇親の場を設けた。菅氏は、「沖縄振興策に全力で取り組んでいく」と仲井真氏に伝えたという。

 菅氏としては、仲井真氏との信頼関係を強化することで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設の前進につなげる狙いがあるとみられている。(読売新聞8月23日)』

* * * * *

 mewは、沖縄の基地負担を軽減すること自体には大賛成だし。そのことは、いつもこのブログでも訴えているのだけど。同時に日本全体の米軍基地の負担を軽減すべきだとも考えている。(・・)

 でも、オスプレイの訓練を移転することは、他の地域に新たな負担(危険性への不安や騒音等の被害)をたらい回しにするだけのことであって。根本的な基地負担の軽減にはつながらないのではないかと思うし。普天間基地の辺野古への移設も、沖縄&日本全体から見れば、負担のたらい回しに過ぎないと言えるだろう。(-"-)

 それゆえ、毎度ながら書いてしまうことなのだが。もっと日本の国民全体が基地負担やオスプレイに関して当事者意識を抱いて、根本的な問題の解決を目指すべきなのではないかと思っているmewなのだった。(@@)
                      THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"






政府、沖縄鉄道構想の支援を検討 普天間跡地に駅

産経新聞2013.8.21

 政府が沖縄本島を南北に結ぶ鉄道構想に財政支援を検討していることが20日、分かった。沖縄県が計画する構想は、返還される米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)跡地に駅を設置し地域の再開発と一体的に進めるもので、政府も沖縄の基地負担軽減と経済振興の象徴になると判断。仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事も支援を要望しており、普天間飛行場の名護市辺野古(へのこ)移設に向けた環境整備の一環と位置づける。

 政府は8月末が期限となる平成26年度予算案の概算要求で、鉄道構想の調査費を内閣府予算に盛り込む。

 沖縄県が検討している鉄道構想は、沖縄本島南部にある那覇空港から北部の名護市までの約70キロを1時間程度で結ぶ。県は計画をより具体化させた上で、26年度から市町村との調整に入る方針だ。

 那覇と名護に加え、その間に位置する普天間飛行場跡地に設置する駅が3つの拠点となる。普天間の跡地で都市開発を進め、バス路線など総合的な交通インフラ網も整備。経済発展を引き出し「南北格差」の是正を図り、北部振興として観光活性化も目指す。

 沖縄には戦前まで県営鉄道があったが、終戦後の米軍統治下で鉄道整備は進まなかった。県が鉄道構想を検討するのは「沖縄振興のシンボル的な存在」(内閣府幹部)という意味合いもある。

 ただ、鉄道の整備費は総額5千億~8千億円まで膨らむほか、沖縄県はマイカー利用者が多いため鉄道事業で採算がとれるかが課題となる。県は鉄道にするかモノレールにするかなど複数の案を検討しており、政府としてもどのような形態で鉄道構想を進めるべきか独自に調査し、採算性を見極める。

鉄道計画の前提となる普天間飛行場の返還は、日米合意で34年度以降に予定される。それには名護市辺野古への機能の移設が不可欠で、政府は今年3月、辺野古での埋め立て申請を仲井真氏に提出している。

 仲井真氏は年内にも埋め立ての可否を判断するとみられ、政府は鉄道構想への支援をテコに埋め立て許可を得たい考えだ。
[PR]
by mew-run7 | 2013-08-28 19:14 | 平和、戦争、自衛隊 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/20991712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2013-08-29 10:43
タイトル : 消費増税で各省庁の来年予算請求額は過去最高額、イラク・リ..
消費増税実施が既定路線?と見られ政府の懐が膨らむとみて各省庁が来年度予算を過去最高の99兆円台を要求、懐が膨らむのは自公政府と官僚のみ。国民の生活は耐乏の一途へ。 米英仏など中東に権益を持つ国は、中東各国の民族対立を利用して反米政権打倒親米欧政権樹立を展開。2003年3月20日より米軍主体の連合軍が大量破壊兵器保持を理由にイラクに進行したが、世界の悪者に仕立て上げられていた当時のフセイン政権は大量破壊兵器を持っていなかった。イラクの民衆は悲惨な経験を強いられているが、米国は親米政権を樹...... more