「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

沖縄慰霊の日~翁長が辺野古移..
at 2017-06-25 02:44
前川が会見。キーパーソンは和..
at 2017-06-24 09:47
前川次官、萩生田発言の文書に..
at 2017-06-23 15:11
自民には凶暴男子がいっぱい(..
at 2017-06-23 10:32
文科省、安倍&萩生田発言の文..
at 2017-06-22 07:39
籠池が国策捜査&安倍にだまさ..
at 2017-06-21 08:01
安倍、萩生田の指示を示す文書..
at 2017-06-20 08:29
内閣支持率ダウンに、ゲスの極..
at 2017-06-19 07:17
加計、共謀罪*記憶しておきた..
at 2017-06-18 09:12
追悼…野際陽子が語った戦争を..
at 2017-06-18 06:04

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

加計学園問題、キーパーソ..
from dendrodium
アメリカファーストの影響..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
豊田衆院議員、秘書に暴行
from 虎哲徒然日記
加計学園優先に安倍総理が..
from dendrodium
憲法改正絶対反対・軍隊を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
東京ガスの株を買いませんか
from 椿峰のまち
東芝半導体事業の買取先は..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
漸く安倍内閣も支持率急落..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国人の隣国キューバへの..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
加計学園問題とは、獣医学..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04
mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37

ブログパーツ

タグ

(1224)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(144)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍が米ロのヨイショで図に乗る?&安保軍事でも連携強化+中韓とご挨拶

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 シリア情勢が混沌とする中・・・昨夜、帰宅後にPCをつけた時に、真っ先に目に飛び込んで来たニュースがコレだった。(>_<)

<もし日本が集団的自衛権行使を認めていたなら、米国主導の多国籍軍のシリア攻撃に参加(後方支援含む)するのかと懸念する声が出ている時に、あえてこのような発言を行なうとは・・・。^^;>


『安保法制懇>北岡座長代理 多国籍軍参加を提言へ

 安倍晋三首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の座長代理を務める北岡伸一国際大学長は5日、毎日新聞のインタビューに応じた。北岡氏は年内にもまとめる報告書で、集団的自衛権の行使容認に加え、国連決議に基づく多国籍軍などへの自衛隊の活動を広げられるよう新たな憲法解釈を提言する方針を明らかにした。

 北岡氏は報告書の構成について、集団的自衛権、個別的自衛権、集団安全保障の3本柱になるとの見通しを示した。集団安全保障のうち、国際平和協力活動への参加に関しては「国際社会の一員としての義務」と強調。国連決議に基づく多国籍軍に自衛隊が参加し、輸送などの後方支援を可能とする憲法解釈をまとめる考えを示した。(毎日新聞9月5日)』

* * * * * 

 安倍首相は、早く集団的自衛権を認めて、海外でも自衛隊の武力行使参加をできるようにしたいのだけど。安倍陣営のタカ派ぶりに強い懸念を示す公明党や国民の懸念に配慮して、国内では、自分のクチでそのような主張を行なうことは避けている。(~_~;)

 安倍首相は、国内向けの建前としては、官邸に設けた私的懇談会の議論&報告を待って判断すると言っているのだけど。この懇談会は2月に顔合わせの会合を行なったきり、一度も会合&議論は開かれていないというのが実情だ。
 既に首相&懇談会幹部を務める安倍ブレーンの間では、「全面的に集団的自衛権の行使を認める」という結論が決まっているからだ。(-"-) 

 実際、安倍首相は既に、中東&アジア訪問の際には、他国の首脳に「日本が集団的自衛権の行使容認」を行なうことに関して説明し、理解を求めているし。それを前提にして、各国と安保協定を結ぶための交渉もスタートしている。^^;

* * * * *

 安倍首相は、昨日5日、ロシアで行なわれているG20首脳会合の場で、オバマ大統領、プーチン大統領と首脳会談を行なったのだけど。
 
 安倍首相は、日米首脳会談で、オバマ大統領にも、日本が集団的自衛権行使を含む軍事強化策をとる方針を伝えたとのこと。

『安倍首相は地域と国際社会の平和と安定にこれまで以上に積極的に取り組んでいく決意を表明し、「国家安全保障会議(NSC)の設置や防衛大綱の見直し、情報の保全、集団的自衛権の見直しに取り組んでいく」考えを示し、「日米同盟の抑止力を高めるため、在日米軍再編を着実に推進していく必要がある。普天間問題をめぐる難局も打開していきたい」と述べた。オバマ大統領も会談の冒頭で、日米同盟は日米安保の礎だけでなく、世界の多くの国にとっても礎になると述べた。(ロイター9月6日)』

 またプーチン大統領との日ロ首脳会談では、11月に2国の防衛方針を協議する「2プラス2」を行なうことで合意したという。(・o・)

『プーチン氏とは日ロ間で初めてとなる外務・防衛担当閣僚級協議(2プラス2)を11月1、2両日に東京で開くことで合意した。
 首相とプーチン氏の会談は約40分間で、第2次安倍政権で3度目。日ロの2プラス2は4月の首相訪ロの際に創設で合意したもので、日本にとって2プラス2は米国、オーストラリアに続き3カ国目になる。安保分野の具体的な協力策を検討していくことで一致した。(日本経済新聞9月5日)』

 2プラス2というのは、2国の外務&防衛大臣が集まって協議し、2国間で協力しての安保防衛の軍事政策に関して取り決めを行なうもので。通常は、軍事的な同盟関係、安保協定を結ぶことを前提として行なうものだ。(-"-)

* * * * * 

 日本政府は、これまで日米同盟を絶対的な機軸にして安保政策を構築して来たし。(豪州とは、米国の要望もあって07年、安倍前政権の時に安保協定を結び、同盟関係になった。)
 もし集団的自衛権の行使を認めても、今後も米国と連携(従属?)する形で安保&軍事活動を行なうものだと思われていたのだが。

 天敵・中国を何とか押さえ込みたい安倍首相は、中国包囲網を敷くために、ロシアをはじめアジアに中国周辺諸国とも、どんどん安保協定を締結して、軍事的な結びつきを強めて行こうとしているところがある。(@@)
 しかも、もし日本が全面的な集団的自衛権の行使を容認すれば、下手すると、他国で何かあるたびに自衛隊(国防軍?)を派遣しまくらなければならなくなるわけで。
<MY知人は、安倍首相は、「大東亜帝国の夢をもう一度」で、日本が「アジアのリーダー」「アジアの警察」になることを夢見ているのではないかと言っていたです。(>_<)>
 
 このま安倍政権が続いたら、また集団的自衛権の行使を容認することになったら、日本は本当にアブナイ国になってしまう可能性が大きいだけに、もっと公明党&野党や、メディア、国民に頑張ってもらって、何とかこのアブナイ流れを阻止しなければと改めて訴えたいと思うmewなのだった。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 今回のプーチン&オバマ大統領との会談では、安倍首相がシリア情勢に関して、両首脳にどのような見解を示すかも注目されていたのだが。
 米ロの板ばさみになっている(&両国から東京五輪招致の票を得たい)安倍首相は、「国際社会との緊密な連携が必要だ」という当たり障りのない発言をして乗り切ったようだ。^^;

『日露首脳会談では、安倍首相が、「シリアの事態改善のためにロシアを含む国際社会と緊密に連携していく」と述べたのに対し、アメリカによる軍事攻撃に強く反対しているプーチン大統領は、シリアでの化学兵器使用についてのロシア側の分析などを説明したという。また両首脳は、11月1日から東京で2プラス2(=外務・防衛担当閣僚級協議)を開催することで一致した。

 一方、アメリカのオバマ大統領との会談で、安倍首相はシリア情勢について、「大統領の考えは十分理解している」「重い決意だと受け止めている」と強調した上で、化学兵器の問題について「北朝鮮などとの関係にも波及する」と懸念を示した。
 オバマ大統領からは軍事攻撃についての言及はなかったということだが、両首脳は国際社会が結束していかねばならないという認識で一致した。また、会談では安倍首相がオバマ大統領を日本に招きたいとの意向を示したのに対し、オバマ大統領からは「ぜひ調整したい」と前向きな返答があったという。(NNN9月5日)』

 安倍首相はオバマ大統領とTPPについても協議して、『環太平洋連携協定(TPP)について、年内妥結を目指す考えを示した。両首脳はTPPについて、年内に妥結しないといけないとの認識で一致した』とのこと。 (ロイター9月5日)
 また先述のように、集団的自衛権やNSC創設などの日本の軍事強化策についても説明したという。

* * * * *

 オバマ大統領は、これまで安倍首相にはやや冷たいところがあったのだが。<当ブログを含め、安倍氏はオバマ氏に嫌われているのでないかという見方が広まっていたほどに。^^;>
 日本からイラク攻撃の支持を得たいオバマ大統領は、今回は、安倍首相にかなり気を使っている部分があったようで、「バラク」「晋三」と呼び合い、親密さをアピールしていたとか。
 また、安倍首相が一番喜ぶであろう中国をけん制する発言も行なってくれたようだ。(・・)

『安倍総理はシリアへの軍事介入を決断したアメリカのオバマ大統領と会談しました。
 両首脳は「G20で世界のリーダーが集まるなかで、日米でしっかり連携しよう」と確認し合いました。また、安倍総理は、日本はシリア難民の支援など人権問題でも役割を果たすと強調しました。会談で安倍総理とオバマ大統領は、互いに「晋三」「バラク」と呼び合い、親密ぶりをアピールしました。(ANN9月6日)』

『オバマ米大統領は5日午後(日本時間同日夜)の安倍晋三首相との会談で、中国が沖縄県・尖閣諸島周辺で挑発行為を繰り返していることに関し、力による現状変更には反対との立場を示した。(時事通信9月5日)』

 安倍首相は2月に訪米して会談を行なった際に、オバマ大統領にあまりに素っ気無い対応をされたため、「遠くから来たのに冷たい」と嘆いていたようなのだが。
 今回は、オバマ大統領からの申し出で会談を行なっている&かなり愛想もつかってくれていることから、映像を見ると、安倍首相も気分的にチョット優位に立っているようにも感じられるところがあったりして。^^;

<オバマ氏は当初は、G20でも安倍氏と会談する予定はなかったのだが。シリア攻撃の理解を得たいがために会談を要請したものの、3日の電話協議で安倍首相が「支持」を表明しなかったためか会談をキャンセル。BUTまた翌日になって、再度、会談を申し込んで来たのよね。(・・)>

* * * * *

 ただ、オバマ大統領が安倍首相をまともに相手にしているのは、あくまでもシリア攻撃での支持を得たいがため(&金銭的な支援を得たいがため?)であって。オバマ氏が本当に安倍氏を好んでいるわけでも、親密なパートナーとして頼っているわけではないのは明らかだと思うし。
<ましてや、いまや米国と冷戦状態になりつつあるロシアと仲良くしようとしている安倍首相は、ますますかわいくないと感じているかも?^^;>

 mewは、安倍くんが自分が大物になったとカン違いしてしまうのではないかと案ずるとこもあったりして。「あまり図に乗り過ぎない方がいいかもよ~」と忠告したい気持ちになっている。(~_~;)

<安倍首相は、5日夜にG20の首脳会合で「アベノミクス」をアピールしたのだけど。プーチン露大統領らから、「日本で新しい動きが起きている」と、好意的な評価を得たとのこと。またアベノミクスに不信感を抱いている新興国の不満も、うまく押さえ込んでいてくれたようだ。
 これも議長国であるロシアが、日本を取り込みのためのヨイショであることは明らかなわけで。あまり調子に乗らない方がいいと思うです。(**)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 とはいえ、オバマ大統領は、どんどん窮地に追い込まれている様子。_(。。)_

 G20では議長国であるプーチン大統領が囲い込み運動を展開しつつあるという。

『ロシアのサンクトペテルブルクで5日開幕した20カ国・地域(G20)首脳会合では、対シリア軍事行動への不支持を表明する動きが広がり、国連安保理の承認を得られなくても軍事介入に踏み切る構えを見せているオバマ米大統領への圧力が強まっている。
 ロシアと中国、両国を含む新興5カ国(BRICS)のほか欧州連合(EU)もこの日、相次いで安保理の承認なしでシリアへ軍事介入する危険性を訴えた。
  中国財政省の朱光耀次官は「軍事行動は世界経済に悪影響を及ぼし、特に原油価格に対しては上昇要因になる」と指摘。

BRICS首脳は、シリアに対する軍事介入が実施されれば世界経済が阻害される恐れがあるとの懸念を表明した。
EU首脳は、シリアでの8月21日の化学兵器使用を「忌まわしい」行為と非難する一方、「軍事的な解決はあり得ない」とし、米国主導の軍事介入への支持を表明しなかった。(ロイター9月5日)』

<ロシア、中国は新興国を巻き込んで、米国の量的緩和縮小の観測が出ていることに関して、世界経済への影響を指摘したり、シリア攻撃による政情不安で経済混乱&原油高騰が起きる可能性に言及したりして、経済分野の議論の中でも、米国を追い込もうとしているです。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、米議会では、上院の外交委員会でシリア攻撃案が可決されたものの、下院の外交委員会では、かなり厳しい状況になっているという。

『4日に下院の外交委員会で開かれた公聴会では軍事攻撃に異論が相次いだ。
 民主党・ドイチ下院議員「なぜアメリカは、いつも世界の警察である必要があるのか」
 ケリー国務長官「アメリカは他の国とともに行動している」
 共和党・ウィーバー議員「軍事攻撃を行ったとしても、(シリアに化学兵器を使わせないという)目的を保証できないのではないか」
 ヘーゲル国防長官「状況は複雑で、それは予測できないが、外交や軍事、国際連携で対応しようとしている」

 下院議員に対する新聞「ワシントンポスト」の調査では、態度未定の議員が多いものの、定数435人のうち、日本時間5日午前8時半現在、軍事行動に「反対」が78人なのに対して「賛成」は17人にとどまっている。(NNN9月5日)』

 mewは、いまだにオバマ大統領が何故、急にシリア攻撃の意向を表明したのか、いまだに理解できていないとこがあるし。
 一部には、オバマ大統領は、ホンネではシリア攻撃はしたくないため、否決されることを期待して、急に議会の承認を得たいと言い出したのではないかという深読み話まで出たりもしているようなのだけど。
 
 もし下院に否決された場合、オバマ大統領の国内外での求心力が著しく低下するのではないかと見られているだけに、今後の展開が気になるところだ。(・・)
 
~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ところで、今回のG20では、安倍首相が中韓首脳と接触するのかどうかという点も注目されていた。(++)

 安倍首相は昨年12月に首相に復帰。韓国では朴槿恵氏が2月に大統領に、中国では習近平氏が3月に国家主席に就任したことから、本来なら、春にでもまずは顔合わせの首脳会談を行なうところなのだが。
 安倍政権が始まってから、ますます中韓との関係が悪化していることから、いまだに一度も両国首脳との会談が実現せず。
 米国は、安倍政権に中韓との関係改善を要望。早く両国と首脳会談を行なうように強く求めており(圧力をかけており)、そろそろタイム・リミットを迎えていると見られていたからだ。(@@);

<一部報道によれば、オバマ大統領は、中韓首脳と会談を行なわない限り、安倍首相と会わないと言っていたとか。実際、オバマ氏は6月の英G8サミットで、安倍氏との会談をキャンセル。安倍首相は、7月にバイデン副大統領と会談を行なった後、「日本は、中国、韓国との扉をオープンにしている」と盛んにアピールするようになっていたです。^^;>

 そこで、日本政府は、何とかG20の前orG20の場で、安倍首相が中国、韓国首相と首脳会談を行なうことを目指してアレコレの働きかけを行なっていたのだが。
 中国は、首脳会談を行なう条件として、尖閣諸島の領有権問題を棚上げすることを要求。韓国は、安倍首相が歴史問題を率直に認めることを要望していたことから、首脳会談の実施は難しい状況に。
 それでも、日本側は、何とかそれぞれの首脳と立ち話ぐらいはできないものかと考え、ギリギリまで努力を重ねていたのである。(・・)

* * * * *

 でもって、安倍首相は5日夜、G20首脳会合の夕食会が始まる直前の待合室で、ついに中国の習近平国家主席、韓国の朴槿恵大統領と初めてのご挨拶&立ち話を行なったという。

『安倍晋三首相は5日夜(日本時間6日未明)、20カ国・地域(G20)首脳会議の首脳夕食会前の懇談の場で、韓国の朴槿恵大統領と立ち話の形であいさつを交わした。これに先立ち首相は、中国の習近平国家主席とも4、5分間会話した。
 就任後、首相が朴大統領と話すのは、電話会談を除けば初。習国家主席との接触も初めてだ。中韓両国とは、歴史認識や領土をめぐる対立が続いている。儀礼的なあいさつとはいえ首脳間でのやりとりが実現したことを受け、日本側は今後の関係改善につなげていきたい考えだ。
 首相と中韓首脳との具体的な会話の内容は明らかになっていないが、首相は関係改善に向け対話の用意があることを伝えたとみられる。(時事通信9月5日)』

『安倍首相と中国の習近平(シージンピン)国家主席が5日夕(日本時間5日深夜)、主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)に出席する首脳が待機する待合室で、4~5分間会話した。
 日本政府関係者によると、両首脳が直接言葉を交わすのは初めて。握手をした上で、丁重にあいさつを交わしたという。(読売新聞9月5日)』
 
 こんなことが大きなニュースになること自体、「何だかな~」と思ってしまうところがあるのだが。
 安倍首相が尖閣諸島の領有権や歴史認識(特に慰安婦問題)で、簡単に譲歩するとは思えないだけに、この接触を機に、一気に中韓との関係が改善される方向に進むのかは「???」だろう。(~_~;)

* * * * *

 ちなみに、安倍首相は、6日のG20首脳会合はパス。IOC総会の東京五輪招致のプレゼンに参加するために、5日夜にはロシアを後にして、アルゼンチンに向けて出発してしまったのだけど・・・。

 現地の会見や取材では、日本の関係者に対して、福島原発の汚染水に関する質問が相次いでいるようで。日本側は、開催を決定づけるために、安倍首相が「東京五輪の開催には、原発事故の影響は全くない。政府が責任を持って対応する」と断言してくれることを期待しているという。^^;

 とはいえ、汚染水の状況は日々悪化しているのが実情で。常識的に考えれば、とてもじゃないけど「影響は全くない」などと断言することはできないようにも思うのだけど。
 もし東京での五輪開催が決まった後に、さらに汚染水の問題が悪化した時には、一体、誰が責任をとるのかと、ついつい案じてしてしまうmewなのだった。(@@)

                           THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


  
[PR]
by mew-run7 | 2013-09-06 10:06 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21030249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]