「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

どうなる、維新&橋下・~堺市長選+麻生が増税対策で、安倍の抵抗勢力に

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 今日は、いよいよ堺市長選の投開票日だ。(**)

橋下が堺市長選で口撃が通用せず、弱気に?・・・』などにも書いたように、この選挙は単に地方の自治体の首長を決める地方選ではない。(・・)

 もし大阪都構想に反対する現職の竹山市長が勝った場合には、橋下氏の最大の目標である大阪都構想の実現が困難になるし。
 しかも、維新は今年にはいって東京都議選、参院選と惨敗しており、この堺市長選に負ければ、橋下氏の求心力がさらに低下して、維新の党運営や政界再編に大きな支障が生じる可能性があるだけに、政界全体やmewが大注目している選挙なのである。(@@)

 先週の段階では、現職の竹山市長が一歩リードしていたのだが。竹山陣営としては、最後まで油断することなく、きっちりと締めておきたいところ。
 昨日の選挙戦最終日には、何と自民党の野田聖子総務会長が応援に駆けつけたという。(・・)
 
『「最後まで気を抜いたらあかん」と市議からはっぱをかけられると、選挙カーでマイクを握り、何度も訴えてきた言葉を口にした。「堺のことは堺で決める」
 泉北高速鉄道泉ケ丘駅前(南区)での演説には、自民党の野田聖子総務会長が応援に駆けつけ、自民党の対応が推薦より弱い支持にとどまったことについて「支持というのが嫌ならば、推薦に格上げされたと思ってもらってもいい」と強調した。自民府議は「党三役が応援に来るなんて、自民党が本気という証しだ」と胸を張った。(産経新聞9月28日)』

 大阪維新の会と敵対関係にある自民党の大阪府連は、竹山氏を「推薦」したいと申し出ていたのだが。維新との連携を重視する安倍自民党の本部は、「推薦」でなく一つランクが下の「支持」しか認めず。自民党支持者の票が、維新候補に流れるのではないかという懸念が生じていた。^^;
 しかし、最後に党三役&有名議員の野田聖子氏が応援に訪れたことで、竹山陣営もかなり心強く感じられたのではないかと察する。(・・)

 同夜の最後の街頭演説の雰囲気もかなりいい感じだったようで・・・。
『聴衆から「市長、頼むぞ!」との声が飛び、ボルテージが最高潮に達した中でマイクを受けた竹山氏は「維新の独裁と野望を堺の地でついえさせる」とこぶしを突き上げ、こう締めくくった。「堺はひとつ。堺は永遠に自治自由の街でありつづけたい」(同上)』

* * * * *

 他方、維新の会の方は、なかなか西村氏の知名度が広がらず、橋下氏頼みの選挙戦を展開することになったのだが。都構想における堺市解体への疑念も払拭できず、どうやら最後まで手ごたえがつかみづらかった様子。

『西林氏の演説会では、西林氏、橋下氏とともに並んだ松井氏が「未来ある大阪をつくりたいというのが彼の思い。橋下徹を信じてください」と訴えかけ、「3人セットで大阪の改革をやらせてください」と絶叫。橋下氏は「都構想は夢みたいな話かもしれないが、政治には夢が必要。みなさんと夢をみたい」「本当にピンチ。大逆転させてください」と訴えかけ、演説後車に乗り込んだ後も、有権者に向かって拝むようなしぐさをみせた。(同上)』

 マスコミや維新内部では、もし堺市長選に負けたら、橋下氏が代表を辞任するのではないかと憂慮する声が出ているのだけど。
 維新幹部は、早くも負けた場合のことを想定して、予防線を張るような発言を行なっているという。

『日本維新の会の石原慎太郎共同代表は26日、産経新聞社のインタビューに応じ、29日投開票の堺市長選で維新傘下の地域政党「大阪維新の会」の公認候補が敗れた場合、橋下徹共同代表が辞任する可能性があるとの見方を示した。その際は「絶対に辞めさせない。『辞める』と言ったら政治に嫌気が差したと取られかねない」と慰留する考えを示した。(産経新聞9月26日)』

『大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事(49)は27日、29日投開票の堺市長選で公認候補が敗れても、代表の橋下徹大阪市長(44)や自身の進退には直結しないとの認識を示した。「僕らは大阪を変える責任を負っている。やっていることを完成させるのが使命だ」と強調。「大阪都構想」などに取り組む考えを示した。(日刊スポーツ9月27日)』

 橋下氏は、辞任に関して『「(石原氏に)心配させているんでしょうね」と述べた。自身の進退については明言を避けた』ようなのだが。(産経新聞9月28日)
 責任をとって代表を辞任したいと言い出す可能性は十分あるし。もし代表を続投したとしても、橋下氏の政治への意欲が減退してしまう可能性もある。
 また、いずれにしても、維新の勢いが低下することは必至だろう。^^;

* * * * *

 安倍自民党は、もし連立政権を組む公明党との関係が悪化した場合には、維新の会の協力を得て、憲法改正や集団的自衛権の行使を含む軍事強化策を実現したいという思いが強い。
 また、同じく改憲実現を切望している石原代表も、産経新聞のインタビューに対して、こんなことを語っていたという。

『維新が安倍晋三政権に参画する可能性について「事の成り行きだ。そのきっかけは憲法だ」と述べ、憲法改正で首相に協力する考えを表明。公明党については「憲法を変えるときに必ず(政権の)足手まといになる。内閣法制局長官を代えるよりも、公明党を代えたほうがいい」と語った。(産経新聞9月26日)』

 もし堺市長選の敗戦で、維新の勢いが減じたり、維新内部に混乱が起きれば、安倍自民党は、公明党にますます頼らざるを得なくなって、早期の改憲実現や、集団的自衛権の行使容認も難しくなる可能性が大きいわけで。
 日本の平和主義を守るためにも、今日の堺市長選では、是非、竹山市長に勝利して欲しいと、切に願っているmewなのだった。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 話は変わって、『安倍が党内派閥の力に押され、諸政策でブレブレに。復興法人税廃止に異論続出』『安倍が「右翼の軍国主義者」宣言?&営業活動+増税対策で政府与党間の対立』の続報を・・・。

 昨日、ニューヨークから帰国した安倍首相は、来月1日に会見を行なって、14年4月に消費税率を8%に上げることを発表する予定でいるのだが。
 安倍陣営は、経済成長の腰折れが生じるのを防ぐために、復興増税廃止の前倒しなどの法人税減税の具体的な施策を、消費税増税とセットで発表したいと考えている。(・・)

 安倍首相は、ニューヨークの証券取引所での演説で「日本に帰ったら直ちに成長戦略の次なる矢を放つ。投資を喚起するため、大胆な減税を断行する」とか豪語しているだけに、米国や大企業の期待に応えるべく、より多くの減税策を発表したいところなのだが。
 自民党や公明党が、かなり難色を示しているため、なかなか話がスムーズにまとまらず。^^;

 しかも、ここに来て、安倍内閣の閣僚までもが、抵抗勢力になろうとしている感じがあるのだ。(@@)

* * * * *

 先週には、何名かの閣僚(政務官含む)が、復興増税廃止の前倒しを中止するように、官邸に要望書を届けたという。

『自民党の岩城光英参院議員ら福島県選出国会議員団は26日午後、首相官邸を訪れ、復興特別法人税の前倒し廃止に反対する安倍晋三首相宛ての要望書を木村太郎首相補佐官に提出した。
 要望書は「法人のみ1年前倒しで廃止するのでは、国民皆で(復興を)支えようという『絆』の趣旨が踏みにじられる」としている。木村補佐官は「しっかりと首相に伝える」と応じた。
 要望書には同県選出の根本匠復興相、森雅子少子化担当相、亀岡偉民内閣府政務官、佐藤正久防衛政務官も名前を連ねた。(時事通信9月26日)』
<ただし、根元、森大臣は、勝手に署名を使われたと抗議しているらしい。>

 また、安倍首相とタッグを組んでいる麻生副総理&財務大臣も、先週、改めて安倍陣営の減税案に対して反発を示したという。

『「経営者は簡単に給料を上げられない」。26日の自民党税制調査会の会合に出席した麻生太郎副総理兼財務・金融相は、企業経営に携わった経験を踏まえ、政府が描く筋書きに疑問を投げ掛けた。麻生氏は「俺のセンスではない」と復興法人税打ち切りに難色を示していただけに、つい本音がこぼれた格好だ。
 発言後、早々に会場を後にした麻生氏に代わって政府の廃止方針を説明した甘利明経済財政担当相は、麻生氏の発言に「あの人お得意のジョークだから」と、苦笑いで取り繕ってみせた。(時事通信9月26日)』

『麻生太郎副総理兼財務・金融相は27日の閣議後記者会見で、法人実効税率の引き下げに関し、「国際競争の観点から、中長期的な視点で考えていかなければならない」と指摘した。その上で、「今そのようなことを考えているわけではない」と強調した。(時事通信9月27日)』

* * * * *

 実のところ、mewは、(久々に)麻生氏に、安倍首相の抵抗勢力になることを期待&応援したい気分になっている。(**)

 メディアの中には、安倍、麻生、甘利氏の3人を「AAAトリオ」(証券などの評価に用いるトリプルAに引っ掛けているとこも)と呼ぶこともあるのだが・・・。
 安倍氏にとっては、麻生氏(&故・中川昭一氏)は超保守派のアニキ分で、旧政権でも、昨年の総裁選でも自分を支えてくれた大事な存在。
 また、甘利氏は、前政権で安倍氏の総裁選に担ぎ出した立役者&経産大臣としてサポートしてくれた盟友で。2人とも経済&財政政策に明るいため、内閣の中核に置き、と~っても頼りにしているのである。(・・)
 
 ただ、麻生氏は、もともと経済政策では現実的&リベラルな面があるので、安倍ブレーンが唱えるアベノミクスの超・新自由主義的な政策には、全面的に共感していないところがあるのだ。^^;

<ちなみに、麻生くんは、小泉郵政民営化にも反対の立場で。08~9年の麻生政権時には、郵政民営化法案を改正したり、鳩山邦夫総務大臣と共に郵政人事やかんぽの宿の売却に異論を唱え、小泉元首相&改革派と大バトルを繰り広げたことも。(結局、負けちゃったんだけど。^^;)この時、mewは麻生くんを大応援していたです。(・・)>

 それゆえ、麻生氏は、安倍氏がブレーンの主張に左右されて、消費税増税の判断で迷っている時も、ずっと増税回避は不可能だと主張し続けていたし。
 しかも、麻生氏は、経営者一族っ子であるだけに、安倍首相らに比べれば、はるかに現実の社会を知っているので、「そんな政府や学者の思惑通りに、都合よく行くはずはねぇだろう」とわかっているとこがあって。安倍陣営が提唱する減税案にも、疑問を呈し続けているのだ。

『麻生太郎財務相は13日の会見で、法人税の実効税率引き下げが、自民党税制調査会などで議論されていることに対し、「企業の7割が法人税を支払っていない。(その中では減税の)効果が極めて限られる」との見解を示した。
 その上で、設備投資減税や償却期間の短縮など、これまで麻生財務相が言及してきた手法の方が「よほど現実的」と強調した。

 また、復興特別法人税の前倒し終了の意見が出ていることに対し、「そういった声は了承しているが、消費税は引き上げて、企業の法人税を下げるというのが、世間で通るのか。おれのセンスじゃない」と、批判した。(産経新聞9月13日)』

『18日夕、首相官邸の総理執務室。副総理兼財務相の麻生太郎は首相の安倍晋三と向き合っていた。消費増税に備えた経済対策づくりが山場を迎えていた。安倍が復興法人税を撤廃して企業減税に踏み込み、将来の賃上げにつなげたいという考えを切り出すと、麻生はこう答えた。
「日本は共産主義国家じゃないですから、政府に言われて賃上げする企業はありませんよ」
 麻生は安倍の思いを受け入れる一方、企業の内部留保を使わせる政策を考えるよう促した。(朝日新聞9月22日)』


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 メディアなどの一部には、麻生氏がこのような発言を繰り返し行なっているのは、安倍首相の提案に反対する与党内の議員や国民のガス抜きを行なうためのお芝居に過ぎないと見る向きもあるようなのだが。
 それがガス抜きに過ぎないのかどうかは別として、mewは、麻生氏の見解は、まさに現状に即した正しい分析だと言えるのではないかと思っている。(・・)

 実際、26日には、高村副総裁や石破幹事長ら党三役などが経団連幹部と会談を行ない、「減税する場合には、賃金を上げて欲しい」と要請したのだが。<これぞ、ガス抜きのためのパフォーマンスだよね。>
 経団連の米倉会長に、あっさり受け流されてしまった様子。

『復興特別法人税の前倒しが検討される中、自民党は経団連に対して、改めて賃上げを求めた。

 「廃止した(復興特別)法人税の分が賃上げに回るんだという道筋が見えないと国民の理解を得ることは、なかなか難しいのではないか」-自民党・高村副総裁はこのように話した上で、「デフレから脱却したら賃上げするというのではなく、デフレから脱却するために賃上げするという強い決意を示してほしい」と述べ、経団連に対し、賃上げを求めた。

 これに対し、経団連の米倉会長は「今の明るい経済の中で企業の収益が改善していくと必然的に賃金は上がっていく」との見方を示すにとどまり、政府に対し、賃金上昇のためにも大胆な規制緩和を進めるよう求めた。(NNN9月26日)』

『会談で高村氏は「何で法人減税の前倒しなんだという国民感情がある」と指摘。高市早苗政調会長は「国民に納得してもらうことだ」と語り、野田聖子総務会長も重ねて賃上げを要請した。
 同席した石破茂幹事長は会合終了後、記者団に「(賃上げの)強制はできないが、できればベースアップ(ベア)が望ましい」と述べた。
 経団連の米倉会長は「ベアで毎年一律に賃金を底上げするのは難しい」としながらも「明るい経済で企業収益も改善するなか、雇用情勢も改善している。賃金は必然的に上がっていく」と話した。(産経新聞9月26日)』

* * * * *

 要は、経団連は、景気向上&収益改善が何年か続いたら、そのうち賃金にも反映されるようになるかも知れないけど、当分は、まともに賃金アップをすることはできないと拒否わけで。
 一部の大企業は、一時金を出すことは検討しているようなのだが。ベースアップは見送る予定の企業が圧倒的に多いという。(-"-)

 また、経団連などに加盟している大企業は、まだ一時金を出す可能性があるだけマシなのだが。
 日本の企業の9割以上は、中小企業であることから、その一時金さえ得られない労働者が多いのが実情だし。燃料をはじめ諸原料や物価が高騰していることから、むしろ経営が苦しくなっている企業も少なくないと言われている。(~_~;)
<だから、国民の7~8割以上が、いまだにアベノミクスの効果を全く実感できないと言っているのよね。(~_~;)>

 しかも、麻生氏も懸念していたことだが、日本では実際に法人税を支払っている企業が3割前後しかないため、いくら法人税を減税したところで、7割の企業は何の利益も得られないし。それが、賃金や雇用増加につながる可能性は乏しいと見られているし。
 安倍首相が、米国や安倍ブレーンの提案に応じて、どんどんと減税策をとれば、復興費用などが不足したり、財政再建に支障を来たしたりするおそれが大きいだけに、麻生大臣&財務省は気が気でないところがあるのではないかと察する。(・・)

<財務省の場合は、本当に財源不足でなくとも、自分たちの思惑通りにコトが進まないと、ムカついてしまうとこがあるんだけどね。^^;>

* * * * *

 とはいえ、安倍内閣の閣僚も、自公与党の議員も、今、安倍政権の経済政策の足を引っ張るのは得策ではないと考えているようで。<安倍内閣の支持率が高いので、尚更に。(-"-)>
 おそらく今月末までには、かなり譲歩を行なって、復興増税廃止の前倒し案や、一部の法人税率の低減策は了承するのではないかな~と思うのだけど。^^;
 
 自公内では、派閥の長も含めて、安倍首相がトップダウン方式で政策決定を行なう手法をとろうとしていることには、かなり不満が募っているようだし。
 経済政策だけでなく、対中関係なども含めた安保外交政策でも、異論が出ているだけに、安倍内閣の支持率が低下するようなことでもあれば、一気にその不満が爆発する可能性が十分にあるように思われる。(~_~;)

 また、安倍内閣の中では、今、安倍首相に対して、正面からはっきりとものを言える閣僚がほとんどいないことから、麻生副総理には、国民の生活を守るためにも、今後もオモテでウラで、言うべきことをしっかりと言って欲しい&世間に安倍陣営の経済政策の問題点を知らしめて欲しいしと思っているし。<安倍陣営は、経済的な数字を上げることや、机上の空論っぽいプランしか考えていないんだもの。^^;>

 もし今後も、安倍首相が麻生副総理の助言を軽視するようなケースが続き、2人の間に溝が生じた場合には、安倍内閣の足元がぐらついて来る可能性が否定できないようにも思う。(~_~;)
<麻生氏は、安倍氏よりもずっと、派閥の長や公明党などとも関わりが深いしね。>
 
 そして、もしそれが自公与党内の「安倍おろし」の動きにつながれば、尚よしかも・・・と思ったりもしているmewなのだった。(@@)

                     THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-09-29 04:24 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21130486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]