「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

立憲民主&民進リベ系で、野党..
at 2017-10-17 04:57
世論はアベ続投を望まず!+自..
at 2017-10-16 03:32
前原こそ国民を愚弄~本人がツ..
at 2017-10-15 04:51
国民は安倍と北朝鮮攻撃を支持..
at 2017-10-14 05:32
希望失墜→自民圧勝はマズい。..
at 2017-10-13 03:34
希望、代表以外の役員を決めず..
at 2017-10-12 05:47
民主が希望に並んで来た!~日..
at 2017-10-11 05:18
福島原発事故で、国と東電の責..
at 2017-10-11 01:42
モリカケで抗議デモ。国民は忘..
at 2017-10-10 05:46
安倍、モリカケで朝日に気色ば..
at 2017-10-09 21:17

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

平和憲法を守れ、総選挙で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米カリフォルニア州で発生..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
結局、北朝鮮有事が起こる..
from 51%の真実
世界遺産などの登録も行っ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望党の参入は野党共闘を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福島原発訴訟の判決で被害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望の党の結成参加で見通..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
次世代を担う若者が自民党..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
鳩山由紀夫氏・カムバック
from 反戦塾
平成21年(9年前)で発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47
 コメント欄のなくなった..
by 重ねてすみません(しょう) at 17:36
 mewさんこんにちは。..
by 伊東 勉 at 02:21

ブログパーツ

タグ

(1253)
(759)
(647)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(153)
(149)
(146)
(145)
(144)
(132)
(126)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

民主・細野がクーデター?+安倍のアブナイ安保戦略&側近が年内参拝を示唆+真央

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


フィギュアのアメリカGP、女子は浅田真央がSP、フリーとも1位で優勝。(*^^)v祝

 今期は初戦から3アクセルを入れて来たのだが、SPは両足着地、フリーは転倒。転倒の影響もあってか、コンビも予定通りには行かず。まだ試合で安定したジャンプをできる状態にはない様子。
 でも、他の要素はほぼ完成しているし。(ジャンプがイマイチ、転倒減点でも204.55点と自己ベストに準じる点数だった。)何か、エースらしい堂々とした演技ができているような感じもしたし。シーズン後半に向けて、徐々にジャンプの完成度も上げて行けるといいな~と思うです。(・・)
<3位のロシア14歳ラジオノワは、あどけない顔&細い体でピョンピョン飛んでて、ついつい長野五輪優勝のリピンスキーや昔の真央ちゃんを思い出したです。。"^_^">

 また、アイスダンスのリード姉弟は、SD6位からFDで順位を上げて5位に。母がデザインしたという着物風の衣装は、五輪シーズンにはGOODかもです。(^^)

~  * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 さて、今日も安倍政権のアブナイ・ニュースから・・・。

まず、安倍首相が新たに設置した(安倍ブレーンが主導する)有識者懇談会が、21日、「国家安全保障戦略」の概要をまとめたとのこと。
 安倍首相が最近、盛んにアピールしている「積極的平和主義」基本理念にを掲げ、PKO参加、「武器輸出三原則」の見直し、対中国防衛増強などを明記しあっという。(-"-)

『政府は21日、安倍首相が出席して首相官邸で有識者会議「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・北岡伸一国際大学長)を開き、今後の安保政策の指針となる「国家安全保障戦略」の原案をまとめた。首相が提唱する「積極的平和主義」を基本理念に掲げ、国連平和維持活動(PKO)への積極的な参加や武器輸出3原則の見直しなどを明記した。(読売新聞10月21日)』

『急速に軍備増強する中国や核・弾道ミサイルを開発する北朝鮮を安全保障上の脅威と位置づけた。
 民主主義や人権など普遍的価値観を広げる「価値観外交」の推進も盛り込み、対中国シフトの強化を打ち出した。「愛国心の涵養(かんよう)」の文言も入れた。(日経10月21日)』

* * * * *

『武器輸出三原則見直しに踏み込んだのは、自衛隊装備品の研究開発費や生産費が膨らんでいる事情がある。航空自衛隊が配備する最新ステルス戦闘機F35など複数国が共同で開発する装備品が増加。戦闘機やミサイル防衛などの装備品を国際共同開発の形で技術協力を進めれば、防衛産業の技術水準を維持・強化でき、装備品の調達コストも抑えられるとの判断だ。』

『米国や英国なども同様の戦略をつくっている。日本の防衛力強化には「矛は米軍、盾は自衛隊」としてきた日米の役割分担の見直しとともに、財政再建との両立も課題になる。懇談会では「防衛関連予算を増やす必要がある」との意見が出た。』(以上、日経10月21日)

<尚、集団的自衛権については、北岡伸一氏が座長代理を務める「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が扱っており、別個にとりまとめを行なうので、こちらでは触れられなかった。>

* * * * *

 安倍首相&仲間たちは、日本が戦後「2度と戦争をしないように」と誓い、70年近く貫き続けて来た平和主義や、その下で決められた「専守防衛」「武器輸出禁止」のルールを守る気はさらさらないのである。(~_~;)
 
 彼らのアタマの中には、日本が早く軍事力を強化して、中国を上回る力を持つと共に、早く米国などのようにアチコチに軍隊を派遣できるようにしたいと。<「積極平和主義」というのは、武力行使を用いてでも平和を維持するということだからね。>
 また、日本での武器生産&輸出をどんどん増やして、軍事的にもメリットを得たり、防衛産業が経済的に多大な利益が得られるようにしたいと。
 そして、他国との戦い得ることを前提にして、愛国心を育てたいというような、mewから見れば「非平和主義」的な願望(欲望?)が渦巻いているのだ。(-"-)

 mewは、果たして、日本の国民は、自分たちの国がそのような「軍事国家」に転換することを望んでいるのか、大きな疑問を抱いているのだけど。ただ、国民の多くは、安倍政権の安保軍事政策には無関心である様子。
 そして、もしこのまま放置しておけば、日本はトンデモなくアブナイ国になっちゃんだぞ~と、大きな声でわめきたいような心境になっているmewなのだった。(・o・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~

 また、20日には、安倍首相の側近である萩生田総裁補佐が、首相が年内に靖国参拝を行なうとの見方を示したという。(@@)

『自民党の萩生田光一総裁特別補佐は20日、フジテレビの報道番組で、安倍晋三首相(党総裁)の靖国神社参拝について「(首相)就任1年の中でその姿勢を示されると思う」と述べ、就任1年となる12月末までに参拝に踏み切るとの見方を示した。

 萩生田氏は首相側近で、今年8月の終戦記念日には「総裁代理」として参拝し、首相が私費で出した玉串料を納めた。今回の発言は、首相が同日までの秋の例大祭で参拝を見送ったことへの保守層の不満を和らげる狙いもあるとみられる。

 萩生田氏は番組で「今のまま中国や韓国と会談すると『参拝しない』との前提を付けられた会談になる。それを首相は考えていない」と指摘。今回の参拝見送りは両国への配慮からではないとの見方を強調した。その後、記者団に「1年間の時間軸の中で参拝すると信じている。任期は3年というスパンになるが、1年に1度という意味だ」と述べ、任期中は毎年参拝することへの期待感を示した。(毎日新聞10月20日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 萩生田氏は、こんな発言もしていたという。

「(安倍首相は)『痛恨の極み』という言葉を使って、靖国への思いを国民の皆さんに伝え続けているわけですから。わたしは、就任1年という時間軸の中で、きちんとご本人は、その(参拝の)姿勢を示されると、そう信じております」(FNN10月20日) 
 
<安倍氏は、国民に靖国への思いを十分に伝えているのだから、国民も参拝を容認してくれるはずだという意味も込めて言ってるのかな?^^;mewは、ずっと「痛恨」のままでいいと思っているのだけど。(・・)>

 ちなみに萩生田氏(東京・衆院3期)はバリバリの超保守派で、安倍首相が信頼を寄せている側近のひとり。
 安倍氏は、同氏を総裁特別補佐に任命。安倍氏は首相になる前、春秋の例大祭などには萩生田氏と共に参拝していたとのことで、今年の終戦記念日には、首相は同氏を代理に立てる形で、靖国神社に参拝&玉串料を納めている。^^;

<安倍首相は、若い頃から、自分たちの超保守思想や歴史認識に沿う教科書を作ることに力を注いでおり、今の教科書の検定制度を見直す方針を示しているのだが。萩生田氏は、その方針を実現すべく、自民党の教育再生の「教科書検定の在り方特別部会」の主査を務めており、国が教科書の内容に関与できるような法律を作る準備を行なっていたりもするのよね。(-"-)
 関連記事・『安倍政権のアブナイ教育再生~国が教科書の内容に介入&歴史修正』>
 
 萩生田氏が、TVでこのような発言を行なったのは、首相の参拝見送りに不満を抱いている超保守派の議員や支持者のガス抜きをすると共に、彼らの思いを代弁して、なかなか参拝を実行に移せない首相の背中を押す意図があったのではないかと。
 さらに、首相の考えを代弁し、靖国参拝をプチ予告しておこう<&自分の発言への反応も見ておきたい>という思惑もあったのではないかと察する。(・・)

<そう言えば、内閣参与の飯島勲氏も7日に大阪での講演で、「秋の例大祭には何としてでも安倍晋三という政治家として参拝してもらいたい」と。中国の習近平国家主席周辺に接触したとし「中国指導部からは『靖国に行くな』との発言は全く出ていない。首相が例大祭に行っても、遠くない時期に日中首脳会談は実現する」と発言して、靖国参拝を促していたのよね。^^;>

 もし先日アップした産経19日の記事が本当なら『首相自身も最近、周囲に淡々とこう語った。靖国参拝に反発する中国、韓国との関係についても「しばらく首脳会談がなくても別にかまわない」との考えも示している』とのこと。安倍首相は、もともと中韓を敵視&嫌悪しているので、自らが譲歩してまで、彼らと仲良くしたいとは思っていないはず。(-_-;)

 とはいえ、公明党も靖国参拝には反対しているので、今すぐというわけには行かないかも知れないけど。秋の臨時国会で、NSC&秘密保護法案を成立させることができれば、年末にも参拝の決意を行なうかも知れない。(>_<)

<近いうちに書きたいと思うけど。mewは、安倍首相はいざとなったら、来年は、公明党を切り捨てて、平沼維新と組むことも検討しているのではないかな~と邪推しているです。(@@)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 話は変わって、昨日、民主党の細野氏に関して、mew的に注目すべきニュースが出ていた。

『民主党の細野豪志前幹事長(42)が、自身のグループ「基本政策研究会」の会合を、前原誠司前国家戦略担当相(51)のグループ「凌雲会」と同じ曜日、時間帯に開催することを決めた。前原氏とかつて“師弟関係”にあった細野氏が反旗を翻した格好で、党内の世代交代は下克上の様相を呈してきた。

 細野グループは国会会期中、毎週水曜の昼に定例会を開催してきた。だが、臨時国会が開会し、久しぶりの開催となった16日、今後は木曜の昼に変更することが提案され、了承された。理由は執行部入りしたメンバーの参院議員の日程が立て込み、水曜だと参加が難しくなったため。

 だが、党内では変更の理由を額面通り受け止める向きは少ない。木曜の昼には前原グループが定例会を開いているからだ。前原、細野両グループを掛け持ちしている議員は少なくない。16日の会合で細野氏は「グループのあり方も考えたい」と語った。緩やかな「グループ」から、結束を重んじる「派閥」への脱却を狙っているとみられ、次期代表選出馬に向けた「足場固め」との見方も強い。

 細野氏は前原グループに所属したこともあるため、「M&A(企業の合併・買収)だ」「クーデターだ」との声が上がるが、前原氏は周辺に「俺も40歳でグループをつくり、43歳で代表選に出た。いいんじゃないか」と漏らしており、細野氏の“挑戦”を受けて立つ構えだ。民主党切ってのイケメン2人の覇権争いから、しばらくは目が離せそうにない。(産経新聞10月21日)』

<客観的に見て、細野くんは、少しイケメンかと思うけど。どう見ても、前原くんはイケメンじゃないと思うんだけどな~。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 民主党は、昨年末の衆院選終了後、海江田万里氏を代表に選出。民主党の保守化に失敗し、リベラル派に実権を奪われた前原Gなどの保守派勢力は、維新、みんなと新党を結成するのではないかと見られていた。
 実際、今年にはいってから、民主党の保守系六人衆(前原、野田、岡田、玄葉、枝野、安住)が何回か集まって、今後の行動について協議していたのだけど。
 ところが、維新とみんなの折り合いがつかず。しかも維新の勢いが、橋下氏の慰安婦発言をきっかけに低迷したこともあって、新党結成の話は進まないまま、参院選を迎えることになった。^^;

 そして、参院選で惨敗したものの、海江田代表の下で党内が結束し、改めて党の立て直しをはかることを目標に掲げて再始動することに。
 また、前原氏らの六人衆は、何度か会合を重ねていたものの、結局、当面は民主党に残って、様子見をすることに決めたようで。野田氏を除く5人は、この9月から、海江田代表直属の「総合政策調査会」の各部会の会長として活動している。(・・)

<この辺りのことは改めて書きたいが。前原氏らは、民主党の実権奪還も狙いつつ、もう少し他党の動きや状況を見極めながら、今後の動きを決めたいと考えているようだ。^^;>

* * * * *

 そんな中、細野氏は党内外で積極的に動き回っており、今後、民主党の台風の目になりそうな感じがあるのだ。(~_~;)
 
 細野氏は、7月21日の参院選の党開票日の当日に、みんなの党の江田憲司氏、維新の松野頼久氏と会って、勉強会立ち上げに関して協議していたことが発覚。(・o・)
 よりによって選挙当日に、党運営&選挙の責任者である幹事長の職にある3人が密会していたことから、様々な意味で注目を浴びることに。(@@)

 特にみんなの党の渡辺代表は、この密会報道に激怒して、江田氏を幹事長職から更迭。今も「新党結成をしたいなら、離党した方がいい」と党を離れるように促しているような状況だ。(~_~;) 

 また、細野氏も、選挙惨敗の責任をとる形で(実際には、海江田代表や党幹部と亀裂が生じ)、幹事長を辞任することになった。
 細野氏は、選挙直後、党の再出発をするためにも、非公認候補を支援した菅元首相の離党勧告or除名を行なうべきだと主張したり、改めて代表選を行なうことも提唱したりしていたのだが。菅氏除名も代表選実施も、役員会などで支持が得られず。
 しかも、江田、松野氏との密会していたこともあって、「海江田おろし」や「党の分割&新党結成」をもくろんでいるのではないかとの疑念や不信感を買うことになったからだ。^^;

* * * * *
 
 しかし、フリーになった細野氏は、その後も江田氏や松野氏と接触を継続。今月15に、ついに超党派による勉強会グループを立ち上げたのだが、その初会合には、3党の議員が60人以上集まったという。<発起人は*1に。また民み維の防衛に関する勉強会グループも発足した。(*2)>

『民主、日本維新の会、みんな3党などの若手・中堅議員は15日、社会保障制度改革に関する研究会を設立し、衆院議員会館で初会合を開いた。3党などから63人が出席。野党再編をにらんだ動きの一環で、年内に改革案をまとめる方針。
 初会合では民主党の柚木道義、維新の馬場伸幸両衆院議員、みんなの川田龍平参院議員が研究会の共同代表に就任。柚木氏は会合後の記者会見で、研究会について「野党の連携や(その後の)大きな流れを必ずしも否定するものではない」と述べた。
 新党結成による野党再編に前向きな維新の松野頼久国会議員団幹事長やみんなの江田憲司前幹事長も参加した。(時事通信10月15日)』
 
<ここには橋下徹氏に近い議員が多く、維新の分裂後、西側陣営が新党に加わるのではないかという見方が強いようだ。^^;>

* * * * *

 また、細野氏は、昨年11月に、党内に若手議員を集めて勉強会のグループを結成したのだけど。<鳩菅を第一世代、前原・野田を第二世代、自分たちを第三世代と位置づけ、今後の民主党のあり方や政策を議論する会なのだとか。辻元清美氏も参加しており、必ずしも保守系ではないようだ。>
 上の記事によれば、この勉強会グループを派閥化して、前原Gなどと対抗することを考えているのではないかというのである。^^;

<ただ、細野氏は前原Gの一員ではあるのだけど。まだ42歳と若いし、柔軟性があるのか、まだ30代だった小沢代表の時代は、小沢氏の側近のように働いていた時もあるし。(小沢氏も新党結成した際の代表候補として期待していたようだ。)菅政権では、首相補佐官や特命大臣として、首相をサポートしていたことも。そして、海江田代表の下では、幹事長として党の立て直しに当たっており、前原Gべったりという感じでもないのよね。>

 果たして、細野氏が、このグループをベースに代表の座&党の実権掌握を狙う気なのか、それともグループで離党して維新、みんなと新党結成を目指しているのか、現時点では「???」なのだけど。
 民主党が徐々に世代交代を進めて行くことには反対ではないものの、ここで野党各党がバタバタすれば、安倍自民党の思うツボになる可能性もあるだけに、細野氏には、党を混乱させるような妙な動きは控えて欲しいな~と思ったりもするmewなのだった。(@@)

p.s.でも、「いざ離党する場合には、前原くんも連れて行ってね」とお願いしたいmewだったりもして。(^^ゞ
 
                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"





*1

『民主党、日本維新の会、みんなの党の中堅・若手らが15日に設立する勉強会「新世研」の発起人は次の通り。

 【民主党】小川淳也(比例四国)▽大串博志(比例九州)▽大西健介(比例東海)▽岸本周平(和歌山1区)▽玉木雄一郎(香川2区)▽柚木道義(比例中国)=以上衆院

 【日本維新の会】遠藤敬(大阪18区)▽小熊慎司(比例東北)▽桜内文城(比例四国)▽馬場伸幸(大阪17区)▽東国原英夫(比例近畿)▽村岡敏英(比例東北)=以上衆院

 【みんなの党】青柳陽一郎(比例南関東)▽井坂信彦(比例近畿)▽井出庸生(比例北陸信越)▽林宙紀(比例東北)▽畠中光成(比例近畿)=以上衆院

 川田龍平(比例)▽柴田巧(同)=以上参院

 【無所属】柿沢未途(東京15区)=衆院(敬称略) 』

『民主党と日本維新の会、みんなの党の若手議員は16日、防衛政策に関する勉強会を国会内で開き、3党の約30人が参加した。各党の主張が異なる防衛分野で共通認識を培い、連携強化へ地ならしする狙い。将来的には野党再編の議論につながる可能性もある。

 これとは別に3党の若手議員らによる社会保障制度改革の勉強会が15日に発足している。

 防衛政策の勉強会は、日本維新の石関貴史、みんなの党の山内康一両衆院議員が先の通常国会で開催していた。新たに民主党の小川淳也衆院議員も主催者に加わり3党の枠組みに衣替えした。(共同通信10月16日)』

<2グループの主催者になっている小川淳也氏は、細川豪志氏と親しいんだよね。>
[PR]
by mew-run7 | 2013-10-22 07:03 | 政治・社会一般 | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21225918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]