「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

9条違反の敵基地攻撃能力、自..
at 2017-03-31 04:42
籠池の手紙に満額回答?+安倍..
at 2017-03-30 05:43
安倍は幕引き希望も、菅が籠池..
at 2017-03-29 11:55
予算通して、次は共謀罪+菅が..
at 2017-03-29 00:30
松井が安倍批判で、維新と安倍..
at 2017-03-28 02:20
昭恵秘書が国外左遷?~安倍&..
at 2017-03-27 05:33
慎太郎の百条委員会、小池批判..
at 2017-03-26 18:42
稲田の夫、籠池の交渉立会いで..
at 2017-03-26 05:06
昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

福島原発事故の前に戻った..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「森遠問題」で民進党を引..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国民は健康保険の実施を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記

最新のコメント

逆ギレするなよ‼ 現実..
by サミン at 00:09
返信してほしい。
by サミン at 18:27
辻元と玉木の件は取り上げ..
by サミン at 09:30
返信するまでコメントする..
by サミン at 20:09
返信するまでコメントする..
by サミン at 20:08
返信するまでコメントする..
by サミン at 20:08
久しぶり。 相変わらず..
by サミン at 23:03
返信しろ!俺はサミンだ!..
by リンタ at 09:36
しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45

ブログパーツ

タグ

(1195)
(756)
(644)
(463)
(264)
(258)
(255)
(232)
(220)
(163)
(159)
(156)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(117)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

秘密法で天敵・中国に近づく安倍+名護市長選、2人めの保守系出馬で混乱

  これは10月31日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今月30日、中国・北京市の天安門前に自動車が突入し、炎上。自動車にはね飛ばされるなどして、観光客が2人死亡、日本人を含む負傷者は40人以上出たという。(-"-)
<死傷者の方々にお見舞い申し上げたい。>

 中国当局は、事件に関してすぐに公表せず。警察は、周辺でカメラ撮影をしようとしていた人を制止。またネットにアップされていた事件現場の写真も、次々と削除されたという。

 北京市の公安局は、イスラム教徒のウィグル族によるテロ事件だと断定したとのこと。(*1)
 ただ、TV報道によれば、中国国内では、地域によって、詳しい情報は公表されていないという。<ウィグル自治区への弾圧がひどくなるのではないかと心配だ。(ーー)>

* * * * * 

 中国では、今でも政府によって、メディアによる報道や国民間での情報交換が統制されており、ネットも監視下にあることは、皆さんもご承知だと思うし。
 今回の事件の情報統制の仕方を見て、いかに国家が国民を強権で統治しようとしているか、いかに国民の人権が保障されていないか、実感させられた人が少なからずいるのでがないかと思うのだけど。

 そして、中国を敵視する安倍首相は、二言めには中国への批判を行いたいがために「民主主義、自由主義の価値観を共有できる国と、平和な世界を構築して行きたい」とアチコチで言いまくっているのだけど。

 でも、安倍首相がやろうとしていることは、中国と変わらないのである。(-"-)

 何分にも、安倍政権は、アブナイ秘密保護法案を強引成立させようとしているのだからね~。(`´)
 秘密保護法ができたら、首相官邸に車が突っ込む事件が起きて、それがテロ行為だとみなされた場合、おそらく犯人や関連組織、事件の背景などの情報の中には「特定秘密」に指定されるものが出ることだろう。
 そうなれば、国民には、犯人に関する詳しい情報や、政府にとって不都合な事実などは公表されない&報道されないことになるわけで。

 mew&周辺は、北京でのテロ事件のニュースを見ながら、「結局、安倍は、自分が大嫌いな中国と同じようなことをやろうとしているんじゃないね~」「戦後、発展して来た日本の民主主義、自由主義を後退させちゃうってことが、何故、わからないのかな~」とブ~ブ~言ってたのだけど。

 結局、右であれ左であれ、国家主義、国粋主義の政治家や政府は、国民個々の人権や生活はそっちのけで、国権や国益の強化しか考えないし。いかに国民の自分たちの思想や価値観を押し付けるか、国民を自分たちの思うようにコントロールするかしか考えていないわけで。<そのために情報統制も行なうわけだしね。安倍政権は、中国と同じように、これから教育も自分たちの思想に合うように統制するつもりなのよ。^^;>

 できるなら、日本の国民が、秘密保護法案も含め、もう少し安倍政権の恐ろしいたくらみに気づいてくれればいいのにな~と願っているmewなのだった。(@@)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ちなみに、「特定秘密」は5年単位で指定されて、30年まで延期が可能であるとのこと。<内閣がOKすれば、30年以上でもOKなんだって。>

 防衛省によれば、過去5年間、「防衛秘密」(自衛隊法)に指定された書類のうち約3万4300件が既に廃棄されているとのこと。(・o・)
 しかも、指定解除されたケースは1件しかないという。^^;
 もし書類が廃棄されてしまえば、何年立ったって、国民に公開されることはないし。政府の行為や歴史を検証することも、その情報が「防衛秘密」に指定したことが妥当だったのかを検証することも、できないんだよね。(ーー゛)

『特定秘密保護法案を先取りする「防衛秘密」を管理する防衛省が、二〇一一年までの五年間に廃棄した秘密指定文書は計約三万四千件に上ることが、同省への取材で分かった。一方、〇二年に防衛秘密の指定制度を導入して以来、指定が解除されたのは一件だけにとどまる。

 文書が廃棄されてしまえば何が指定されたか、指定は妥当だったかの検証は不可能。指定解除の少なさも併せ、政府の情報公開の姿勢が問われている。

 防衛省によると、自衛隊の運用や計画、収集した電波・画像情報、防衛力の整備計画などが防衛秘密の対象で、〇七年から一一年までの五年間に計約五万五千件が指定された。保存期間は文書によって一年未満から三十年で延長もできる。一一年末の時点で三万七百五十二件の防衛秘密がある。保存期間をすぎた文書は、幹部が承認して廃棄するか、期間を延長するが、防衛省は五年間で計約三万四千件を廃棄した。(東京新聞10月29日)』

 このことが明るみになったためか、小野寺防衛大臣が、同省に防衛秘密の書類を廃棄しないように指示をしたらしいのだけど。昔、外務省や厚生省もやっていたように、こそっと廃棄したり、どこかに隠したりしちゃう可能性だって十分にあるように思うです。(~_~;)

『防衛省は29日、自衛隊法で規定する「防衛秘密」の文書について、保存期間が過ぎたとして平成19~23年の間に計約3万4300件を廃棄していたと明らかにした。防衛秘密は国防上、特に秘匿が必要とされるものが指定され、保存期間は段階的に最長30年。小野寺五典防衛相は同日の衆院安全保障委員会で、特定秘密保護法案が成立し秘密の管理方法が見直されるまでの間、原則として廃棄しないよう指示したことを明らかにした。(産経新聞10月30日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 話は変わって、辺野古の海がある沖縄の名護市の市長選に関して、安倍自民党が大あわてするような動きが起きた。(@@)
 
 これは『安倍自民が、辺野古移設に向け、知事の翻意&市長選勝利のためアレコレ画策』の続報になるのだけど・・・。

 自民党側は、来年1月に行なわれる名護市長選で、普天間基地の辺野古への移設に反対して再選を目指す現市長の稲嶺進氏に対抗馬を擁立することに決めたものの、人選が難航。すったもんだの挙句、ようやく現・自民党県議の末松文信氏を正式に候補者に決めて、24日には末松氏自身も記者団に出馬する意向を表明していたのだけど。
 ところが、昨日30日になって、同じ保守系&移設推進派の前市長・島袋吉彦氏が記者会見を開き、自分も名護市長選に出馬する意思を表明したのである。(゚Д゚)

 もし市長選に、保守系から、2人の候補が立つことになれば、移設容認派&保守系が割れることになって、市議会内の勢力争いでも、市長選でも、反対派の稲嶺市長が断然に有利になる可能性が高い&名護市から辺野古移設の同意がとりにくくなるわけで。
 安倍自民党としては、この事態にかなり困惑している&アタマを抱えているのではないかと察する。(~_~;)

* * * * *

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設が争点となる同県名護市長選(来年1月12日告示、19日投開票)で、前市長の島袋吉和氏(67)が30日、名護市内で記者会見し、立候補することを表明した。日米両政府が合意する普天間の名護市辺野古への移設容認を明確に掲げた。既に出馬表明している自民党県議の末松文信氏(65)と移設容認派の票を奪い合うことになり、政府・自民党は分裂回避に向けた一本化を模索している。

 市長選には辺野古移設反対を掲げて再選を目指す稲嶺進市長(68)に対し、条件付きで移設を容認する市議団は末松氏の擁立を決めている。ただ、末松氏は現段階で普天間問題へのスタンスを明確にしていない。
 島袋氏は記者会見で「名護の閉塞(へいそく)感を打破するため、辺野古移設を進めて地域振興を図っていく。選挙は対立軸がなければ市民が迷う。市民主体の選挙をやっていく」と述べた。候補一本化に向けた調整については「仮定のことは言えない」と語った。(毎日新聞10月30日)』

 島袋氏は、また「辺野古移設なくして北部の振興発展はない」「辺野古移設を明確に掲げて戦い、民意を問わないといけない」と主張し、移設推進を前面に打ち出す姿勢を示したという。(発言部分、琉球新報10月30日)

『末松、島袋両氏の出馬となれば保守分裂選挙となるため、政府・自民党は「島袋氏は一体どういうつもりか」(党幹部)と困惑している。党本部は末松氏で一本化したい考えで、市長選の構図が固まるまでには曲折も予想される。(時事通信10月29日)

『自民党の石破幹事長は「普天間基地の名護市への移設の『容認派』と言われるグループで、候補者を一本化することが望ましい。市長選挙まで時間はあるので、党本部としてあらゆることをしていかなければならない」と述べ、現職の対立候補の一本化が望ましいという考えを示しました。(NHK10月30日)』

* * * * *

 これまでの経緯に関しては、上のリンク記事に書いたので、関心のある方はそちらをご覧いただきたいのであるが。

 その記事にも書いたように、mewは、てっきり島袋前市長が、今回の名護市長選に出馬するものだと思っていた。(・・)

 島袋前市長は、10年1月の市長選で反対派の稲嶺市長に敗れたものの、その後も地元の保守系団体&経済界と一緒に移設推進活動を続けていたし。民自の国防族議員や閣僚、政府官僚なども島袋陣営と定期的に連絡や面会を行なって、推進活動をバックアップしていたからだ。(~_~;)

 実際、自民党関係者を含め、地元の移設推進派&経済界も、それこそ末松県議の後援会までもが、当初は、島袋氏を擁立する気でいたし。<10月中旬には候補者として推薦することを決定していたという報道も。>しかも、末松氏自身も、自分は出馬する気はないと語っていたため、島袋氏も記者団に出馬の意向を示していたりもしたのだけど・・・。^^;

 ところが、先週になって、安倍内閣や自民党を本部はじめアチコチの思惑やら圧力やらが働いてか、島袋氏ではなく末松氏の方を、対立候補として擁立容認することが決まり、末松氏自身も出馬表明を行なうに至ったのである。^^; 

 ただ、これまで島袋氏と共に、移設推進活動を行なって来た地元経済界+αは、この人選に納得が行かなかった様子。<何かトンビが油揚げをさらって行くような幹事だしね~。^^;>
 しかも、末松氏が出馬表明を行なった際に「辺野古への基地移設を容認する」と明言しなかった
ことが、島袋陣営の強い反発を招いたようだ。(~_~;)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『島袋氏は以前から今回の市長選への出馬を検討していた。島袋氏を支持する経済界関係者でつくる「和の会」も擁立を模索していたが、今月22日、末松氏に出馬を要請した市議らとの協議で容認派の候補者一本化と末松氏擁立に同意した。
 ところが末松氏が24日に出馬を表明した際、辺野古移設容認を明言しなかったことに和の会の一部で不満の声が上がり、島袋氏の擁立論が再浮上し、島袋氏も出馬を決断した。(産経新聞10月30日)』

『関係者によると、島袋氏はこれまで「辺野古移設を曖昧にすべきではない」と主張。末松氏が容認姿勢を明確にしない場合、自らが立候補して移設問題を争点化する意向を示していた。こうした島袋氏に対し、野党陣営では、自民党幹部らが出馬を思いとどまるよう説得工作が断続的に行われた。(沖縄タイムス10月30日)』

* * * * *

『名護市長選には今年5月、現職の稲嶺進市長(68)が移設反対を掲げて出馬を表明。移設容認派の市議団や経済界は今月に入り、末松氏の擁立を決めた。辺野古移設を巡り、沖縄県では「県外移設」要求が強まっており、末松氏は移設問題への姿勢を明らかにしない「あいまい戦術」を取っている。選挙戦の主要争点を「地域振興」にしぼり、県外移設を目指す公明党県本部との選挙協力も見据えたものだ。

 しかし、市長時代に移設容認に踏み切った島袋氏は30日の記者会見で、「名護の閉塞(へいそく)感を打破するため、辺野古移設を進める」と述べ、地域振興のための普天間受け入れを明言。「選挙の対立軸をはっきりすべきだ」とも語り、移設容認を明確にしない末松氏への不満をのぞかせた。

 政府・自民党は困惑の色を隠せない。島袋氏が立候補に踏み切れば、「選挙戦で普天間移設問題が争点になり、末松陣営の戦略に影響する」(自民党幹部)。三つどもえの戦いは稲嶺氏を利する展開になりかねず、自民党の石破茂幹事長は29日夜、島袋氏に電話し、出馬を見送るよう説得したが、不調に終わった。関係者は「島袋氏は移設問題を引っぱってきた自負心がある。容認派が島袋氏を軽んじた結果だ」ともらす。(毎日新聞10月31日)』

* * * * *

 末松氏に関しては、『軍の指揮官に酔う安倍のアブナイ訓示+名護市長選の対抗馬の正体&移設派の思惑』という記事に書いたのだが。
 末松氏は、名護市役所に務めていた頃(最後は副市長になった)、辺野古への移設計画に深く関わっており、防衛省や自民党議員ともつながりがあるとのこと。また、仲井真知事とも旧知の仲であることから、島袋氏よりも知事との連携がスムーズに行くし。自民党&政府の思い通りに動くと評価されたのではないかと察する。
 
 また、沖縄県内では、県民の8割以上は「辺野古移設に反対」している&名護市議会も、現時点では16対9で移設反対派の方が多数であるため、保守系陣営は、「移設推進or容認」を前面に掲げて市長選を戦うのは得策ではないと考えた様子。<公明党も沖縄では「県外移設」を主張しているため、もし「移設推進」を前面に掲げた場合には、選挙協力は行なわず、自主投票にすることを示唆していたのよね。(~_~;)>

 それもあって、末松氏は、周辺のそのような考えを受け入れて、出馬表明をした際にも、あえて辺野古移設に対する自分の考えは示さず。知事や市民の意向を尊重したいと答えていたようなのである。(・・)

<今の県内世論は軽視できないため、仲井真知事も10年の知事選では、移設容認から県外移設に公約を転換。自民党県連も衆参院選で「県外移設」を公約にしていたし。去年の宜野湾市(普天間基地のあるところ)の市長選でも、自民系候補は、(本当は容認派だけど)辺野古への移設に関しては曖昧にして、経済活性化を中心に主張し当選したので、今回もその戦法をとった方が得策だと考えているのかも。^^;>

* * * * *
 
 でも、これまで懸命に移設推進の活動を行なって来た島袋陣営にしてみれば、本来であれば、「辺野古移設に賛成か反対か」を最大の争点になるはずの名護市長選で、移設に対する考えをオモテに出さずして戦うことは、耐え難い部分があるし。

 それに島袋陣営では、北部振興会などの経済団体も一緒になって、この何年かの間に、いずれ移設計画が実行に移された後、国からの多額の支援を受けて、どのように名護市内外の経済活性化を行なうか(どのように移設工事+αの利権に絡むかも含む)、それなりのビジョンも立てていたのではないかと思うのだけど。
 もし末松氏が市長になれば、そのビジョンを彼らの思っていたように実現できないおそれもあるわけで。もしかしたら、ここには、名護市内での政官財の癒着&利権も絡んでいる可能性があるかな~と思ったりもする。(~_~;))

<仮に島袋氏がおりることになったとしても、ここで自己主張して、恩を売っておけば、それなりに強い影響力を行使できるかも知れないしね。(・・) あと、自民党の幹部の中にも、末松派と島袋派の対立があるらしいとか。移設推進派の中には、下手すると仲井真知事&末松氏が県内世論の流れを見て、すぐに埋め立て許可を出さないのでは(=辺野古移設実現が遅れる)という疑念を抱いている人がいるらしい。^^;>

* * * * *

 おそらく安倍自民党は、おそらく党本部が主体になって、多少強引な手法を用いてでも候補者の一本化を行ないたいところではないかと思うのだが。
 もしうまく調整をしないと、両陣営の間に遺恨が残って、選挙に影響する可能性もあるだけに、どうしたもんかと悩んでいるのではないだろうか?(・・)

 でも、自民党側がもめればもめるほど、市民も「何だかな~」と思うだろうし。そうなれば、ますます移設反対派の稲嶺市長が有利になるわけで。候補者調整がなかなかつかない方が有難いかもと、喜んでいたりもするmewなのだった。(@@)

                          THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"






天安門車両突入:中国当局テロと断定 ウイグル族5人拘束

毎日新聞 2013年10月30日 

 【北京・石原聖、工藤哲】中国・北京市公安局は30日、北京中心部の天安門前で起きた車両突入事件で、新疆(しんきょう)ウイグル自治区在住の男とその妻、母の3人が乗車し観光客に突っ込んだ「テロ襲撃」と断定。逃亡中の容疑者5人も拘束したと発表した。名前から全てウイグル族とみられる。

 一部ウイグル族と治安当局の衝突やテロは新疆などで散発してきたが、今回、首都中心部の天安門前という中国を象徴する場所で政府批判の凶悪なテロが発生したことになる。共産党や政府が強い衝撃を受けたのは間違いなく、当局は背景解明を急ぎウイグル族の監視を強めるものとみられる。

 事件では観光客2人が死亡、負傷者数は2人増えて日本人を含む40人となった。当日は習近平(しゅうきんぺい)国家主席ら党政治局常務委員(7人)が天安門前の人民大会堂での会合に臨んでいた。

 北京市公安局によると、車が毛沢東主席の肖像画前にかかる金水橋に衝突した後、車内で男らがガソリンに火をつけた。車内からガソリンの入った容器や鉄の棒、宗教的なスローガンを掲げた旗が見つかった。拘束された容疑者は死亡した3人と面識があったと語り「事件後わずか十数時間で拘束されるとは思わなかった」と供述。容疑者の滞在場所では「聖戦」と書かれた旗も見つかったという。

 これまでの情報を総合すると、車の3人はイスラム教徒で、政策改善を求め地元政府に陳情を繰り返していたという。事件前に突入ルートを何度も下見していたとされる。

 中国政府は新疆をチベットや台湾とともに「断固として守る国家の核心的利益」と位置づけ、ウイグル族の分離・独立運動を警戒している。このうち非合法組織「東トルキスタン・イスラム運動」は米国もテロ組織に指定。今回の容疑者8人との関連も当局が調べているとみられる。

 ◇弾圧強化を懸念

 在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」副総裁のイリハム・マハムティさんは「捜査は秘密で行われ、事実関係は疑わしい。当局の弾圧が強まり、ウイグル人の反発を招かないか心配」と話した。』
[PR]
by mew-run7 | 2013-10-31 10:26 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21262417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]