「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍、やる気も謙虚もなし、最..
at 2017-11-20 07:11
党内外から、安倍官邸への反感..
at 2017-11-19 07:25
維新・足立、「朝日、死ね」と..
at 2017-11-18 06:35
安倍、米に高価な武器買わされ..
at 2017-11-17 09:27
加計問題は朝日の捏造と自民・..
at 2017-11-16 15:06
希望の党、小池代表の辞任と玉..
at 2017-11-16 07:54
加計長男もいずれは教授、学長..
at 2017-11-15 06:33
加計新妻が大学建設企業の取締..
at 2017-11-14 04:58
安倍内閣は「戦時内閣」になる..
at 2017-11-13 05:38
米国が衆院選、小池、前原も支..
at 2017-11-12 15:01

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

先の総選挙で勝利した自公..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民の安全が第一だ・原発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
幼児教育の重要性を無視し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日米軍事演習についてのm..
from 御言葉をください2
人類の日常の楽しみは酒で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公明党は平和憲法擁護を明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
年収250万円未満の所帯..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮は解決済みとしてい..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1262)
(764)
(647)
(463)
(269)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(147)
(146)
(144)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍のアブナイ「夢」&愛国心が国家戦略に&秘密法施行早まる?+東国原が維新批判

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


 今年の漢字が、「輪」に決まった。(・・)

 五輪決定や富士山の世界文化遺産登録で「日本中が輪になって歓喜に沸いた」、台風や集中豪雨の被災地への支援で「つながりの輪を感じた」などが理由として挙げられていたのだけど。
 この漢字を見た途端、思わず「笑っていいとも」の「トモダチの『輪!』」(ポーズと共に)を思い出して、「あ~、今年は、いいともの終了も決まっちゃったしな~」とつぶやいていたTVっ子のmewだけ?(^^ゞ

 でもって、安倍首相が選んだ、今年の漢字は「夢」なのだとか。(@@)

 理由として、2020年の東京五輪開催決定を挙げ、「みんなで頑張れば夢はかなうとみんなで実感できたのではないか」と説明。「アベノミクス」にも触れ、「三本の矢の政策で今年は昨年と大きく空気が変わった。株価は上昇し、頑張れば今年よりも来年はもっと良くなるという夢を、みんなが見ることができた1年だったのではないか」と語っていたらしい。^^;

<あ、そう言えば、安倍っちは、06年に首相だった頃、官邸のぶら下がり会見で、今年の漢字をきかれた際に、なかなか一文字で答えられず。
「総理にとって、今年の一文字は?」「そうですね~。・・・今年は私にとって、『変化』の年でしたね。」「いや、一文字にするとすれば?」「(しばし考える)・・・それは『責任』ですね。」「・・・^^;」なんてやりとりが、ニュースで流されて、さんざんバカにされちゃったのよね。(~_~;) それもあって、今回は、ちゃんと今年の漢字を準備していたかも。(・・)>

* * * * *

 確かに、安倍首相&仲間たちは、今年は参院選に勝利して安定政権化を果たし、秋からは安倍カラー政策推進に燃えているわけで。今は、まさに「夢」いっぱいなのかも知れない。(~_~;)

 特に今は、官邸に7年越しの悲願だった「日本版NSC」(国家安全保障会議)を創設できたし、
「強い日本=戦争ができる国」作りに向けて、アブナイ国家安保戦略&防衛大綱が出来上がりつつあるので、毎日、ウキウキ、ワクワクなのかも。(>_<)
(前政権では、NSC創設法案を国会に提出したものの、廃案にされちゃったからね~。(~_~;)>

 安倍首相は、12月4日、自らのfacebookに早速、NSCの写真をアップしていたのだけど。
(リンクがうまく行かないので、このままでhttps://www.facebook.com/photo.php?fbid=446394572150658&set=a.132334373556681.21871.100003403570846&type=1&theater)

 前政権の時に、ホワイトハウスのようなNSCを作りたいと言い出してから7年余り。米大統領みたいに背後に大きな世界地図、ヨコには制服の軍幹部を従えるというような、この写真の構図のような場面をずっと思い描いて来たわけで。
 ここをベースに、来年からさらに安保軍事政策を強化して行かんと、本当に「夢」いっぱいの時期なのかも知れないのだ。(ーー゛)

* * * * *

 日刊ゲンダイの『安倍の「秘密保護法」強行成立 安倍首相が進める暗黒の“3年計画”』と題した記事の中で、安倍首相&仲間たちが今年1月に集まり、前政権のリベンジを誓ったという話が出ていた。^^;
 
『「安倍首相は政権に返り咲いた直後の今年1月、第1次安倍内閣のコアメンバーを集めて『すべては7月の参院選で多数を握ってからだ。あの時、やれなかったことをすべてやる』と宣言しています。第1次内閣の時、挫折したのは日本版NSC、秘密保護法、集団的自衛権、国防軍創設、改憲……です。参院で過半数を押さえた首相は、予定通り、スケジュールを進めているのでしょう」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)<日刊ゲンダイ2013年12月7日>』
 mewは、昨年末、安倍首相の新内閣を『超保守のお友達を集めた安倍のアブナイ「夢よもう一度」内閣』と名づけたのだけど。彼らは、本当に「夢よもう一度」とばかりに、7年前にできなかったことをリベンジ実現しようとしているのである。(-"-)

 そして、安倍首相は、このような夢を具現化するために、官邸に「安全保障と防衛力に関する懇談会」なる有識者懇談会を設けて、政府が初めて策定する「国家安全保障戦略」(NSS)作りに熱心になっているのだけど。
 この概要案が、また恐ろしいものだったりして。(-"-)(概要案の要旨を*1にアップ。具体的な話は、追々、取り上げて行きたい)

 でも、mewが、今回の安保戦略を見て、ある意味で最も驚いたのは、「国家安保戦略」に「愛国心の養成」を盛り込んだことだった。(゚Д゚)

『政府は11日、外交・安全保障の包括的指針となる「国家安全保障戦略」の中で安保政策への国民の理解を高めるため、愛国心を養う必要性を打ち出す方針を固めた。2006年に成立した改正教育基本法の表現を踏襲し、「わが国と郷土を愛する心を養う」と明記する。
 「国を愛する心を育む」としていた当初の政府案に対し、公明党が改正教育基本法を踏まえるべきだと主張した。(産経新聞13年12月11日)』

 安倍氏らの超保守仲間は、前政権で教育基本法を強引に改正して「愛国心」を教育目標に書き込むことに成功。今政権で、「愛国心」教育を推進することに意欲を燃やしているのだけど。
 こともあろうに、日本の国や国民全体を対象にした政府の「国家安保戦略」にまで、愛国心を盛り込むとは・・・。(~_~;)

 これを見た知人が、「安保戦略」に愛国心を書き込むということは、「要は、愛する国を守るために尽くして、国を守るために死ねって、国民に教え込んで行こうってことだよな」と立腹していたのだけど。(-"-)
 そこまで行かずとも、これから何かのたびに国民に対し「愛国心」を主張(強要?)するケースが増えるかも知れず。(>_<)

 このまま安倍政権が「夢」を追い続けると、日本はどんどんとアブナイ国になって、mewにとっては「悪夢」のようなアブナイ日々が続くことになりそうで、何とか早くこの政権を阻止できないものかと、改めて強く思っているmewなのだった。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 そして、ここからは10日にアップした『要警戒・安倍が秘密法を早期施行を示唆・・・』の続報になるのだが・・・。
 
 安倍首相は、当初は来年春に創設を予定していたNSC創設を、来年1月に前倒しすることに決めたのだけど。ここに来て、尖閣対中関係が悪化しているとして、かなり強引に今年12月4日に創設することにしてしまったのだ。<だから、まだ事務局ができておらず、スタッフがそろっていない状況なのよね。^^;>

 そして、情報分析を行なうNSCを創設するからには、同時に国内外の情報を集めるために「秘密保護」をできる体制が必要だと考え、NSC創設とセットで、秘密保護法案も強引に成立させることにしたのだが。
 今さら言うまでもなく、あまりに乱暴でズサンな内容である上、法的に見ても不備の多い欠陥法ゆえ、このままではとても運用することができず。
 政府与党も、問題になっている第三者機関の設置の議論を急ぐと共に、実務的な法の運用基準に関するルール作りを行なう準備をしているのだけど・・・。

<ふつうなら、法案を作成する際にそういうことも全て決めてから、国会に法案提出するのよね。(-"-)>

 何と安倍内閣は、まだまともに法律の体をなしていないような&今から修正や関連法作りを行なう予定のこの欠陥法を、今日13日に公布することを閣議決定してしまったとのこと。(@@)
 しかも、当初は約1年後に同法を施行する予定だったのに、ここに来て、同法の施行を早めることを考えているようなのだ。(゚Д゚)

『安倍内閣は10日、国の安全保障に関する情報漏れを防ぐ特定秘密保護法を、13日に公布することを閣議決定した。公布と同時に内閣官房に準備室を立ち上げ、特定秘密の指定の妥当性などを検証する「保全監視委員会」や「情報保全監察室」といった新組織を施行までに設置するよう準備を進める方針だ。

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で「国家安全保障会議の審議をより効率的に行うため、可能な限り早期に施行することが重要だ」と説明。森雅子担当相もこの日の会見で、準備室の規模について「立ち上げ時は十数人を予定している。必要に応じて規模を検討する」と述べた。

 公布とは成立した法律を官報に掲載し、国民に広く知らせることをさす。法律が効力を持つ施行日について、同法は「公布日から起算して1年を超えない範囲内において政令で定める日」としている。菅氏は「国民の懸念を払拭(ふっしょく)するには丁寧に説明しながら万全の準備をすることが大事だ。(施行日は)適切な時期を判断する」と説明した。(朝日新聞13年12月10日)』

* * * * *

 先週、『秘密法~施行までの1年が勝負+安倍自民&保守勢力の暴走を阻止しよう』という記事を書いたのだけど。

 mewが、秘密保護法の施行が約1年後だと思っていたのは、それまでの政府与党関係者の発言や関連報道の中に、法の施行までは1年ぐらいかけるという方針を示すものが少なからずあったからだ。(・・)
  
 キープしてった関連の報道記事をかなり削除してしまったので、これぞという根拠を提示できないのが残念なのだけど。
 たとえば、今年10月には、こんな記事が出ていた。

 世耕弘成官房副長官が10月28日に衆院国家安全保障特別委員会で、秘密保護法の施行までに時間がかかることを前提に、同法施行前に秘匿性が高い情報を管理する厳格なルールを策定するという考えを表明したことを伝える記事だ。

『(前略)安倍政権は日本版NSC設置法成立後、来年1月の日本版NSC発足を目指している。NSCが扱う秘密については特定秘密保護法の成立後、有識者の意見を聴いて指定の統一基準を作り、これに基づき秘密に指定する仕組みだ。
 ただ、特定秘密保護法は公務員に加え、民間の防衛産業なども厳罰化するため、一定の周知期間を置き、公布日から1年以内の施行となる。世耕氏が言及した「厳格なルール」は、NSC発足から同法施行まで秘匿性が高い情報を管理する必要があるため、空白期間を埋めるものだ。(朝日新聞13年10月29日)』

<10月下旬には、NSC創設は来年1月に発足を目指しているような段階だったのに、この後、いきなりバタバタと&強引に全てが進められてしまったのよね。^^;>

 秘密保護法のように厳しい刑罰を伴う重要な(&複雑な)法案は、その内容を国民や対象者にきちんと知ってもらう必要があるので、一定の周知期間を設けることが求められる。
 政府与党も、そのことや法成立後に細かい基準作りをすることを前提に、1年ぐらいの周知期間を設けることが必要かもと考え、最初から「公布日から1年以内に施行する」という規定を置いていたのである。(**)
  
* * * * *

 おそらく政府与党の議員もそれを前提にして、「約1年後に施行」という言葉を使っていたのではないかと思うし。<菅官房長官も、法案が成立した直後に、そう言っていた。>
 ニュースや報道系番組でも、そのような言葉がきかれていたのだけど。<NHKは今月10日のニュースでも『政府は10日の閣議で、特定秘密保護法を13日に公布することを決定し、およそ1年後の施行に向けて・・・』と言ってたです。>

 ところが、上にリンクした「要警戒~」の記事に書いたように、安倍首相が9日の会見で急に『施行期日は「1年ありきでもない」と述べ、秘密の指定や解除に関する統一的な運用基準など制度設計が整い次第、施行に踏み切る意向を示』すことに。(・o・)

 それに続いて、菅官房長官も「可能な限り早期に施行することが重要だ」と発言を転換。森担当大臣も秘密保護法施行のために、内閣府の「準備室」の設置を急ぐ方針を表明していて。何だか、ここからまたバタバタと強引に、短期で秘密保護法を施行しようとしているような感じが。
 それゆえ、改めて「警戒警報」を鳴らしておきたいと思うmewなのである。(**)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 話は変わって・・・。

 維新の会の東国原英夫氏が、10日に同党に離党届けを出したとのこと。同氏は、また衆院議員も辞職する意向も表明した。(@@)

 正直なところ、衆院の1年生議員の東国原氏が議員を辞めたからと言って、安倍政権や国政にはさしたる影響はないわけで。
 mewは、10~12日にアチコチの報道番組やニュース・ワイドショー番組がこの件を大きく取り上げることに、「何だかな~」とぼやいていたところがあったのだけど。<mew的には、石破幹事長の問題発言とか、アブナイ秘密保護法や安保戦略について、もっと扱って欲しかったのにな~。(-_-;)>

 ただ、今回の東国原氏の離党や発言は、今後、維新の東西対立を激化させたり、党を分裂させたりする引き金になる可能性があるので、このブログでもちょっと扱っておこうと思う。(・・)

 東国原氏は、自らのブログの記事に、離党する理由をこのように記していた。(全文は*1に)

① 党の原点回帰・刷新が今のところ又は今後とも困難であると思われること。

 今年6月30に橋下代表に原点回帰と刷新、解党的出直し等について進言したが、遅々として進んでいない。維新結党時から、維新の原点である理念、政策、方向性等が残念ながら変質・変容しており、自分の理念や政策、方針とは乖離して来た。
(秘密保護法案に関しても、継続・慎重審議をすべき。維新が修正案に妥協や歩み寄りをすべきではなかった」という考えていた。党のルールに従えなければ辞めるべき。次回から従える自信がない。)

② 党内の東西二元体制の弊害、党内(特に国会議員団)のマネジメント・ガバナンス、運営、政策決定プロセス、多数決の原理等が今一つ有機的に機能していない。

③ 日本維新の会の中で、私の一定の役割は終わった。(ていうか、最初から余り役に立っていないですが(笑))。
 
④今年の6月30日、橋下氏からある重大な意思・決意を伺った。その事を今回(12月10日)再度確認させて頂いた。(詳細についての言及は差し控える。)

⑤ 参議院選挙後、党や党執行部の刷新や選挙総括等を求めて、両院総会を開催すべく、署名運動等をしたが叶なかった。あの時、既に何らかの責任を取る覚悟でいた。』

* * * * *

 東国原氏は、会見やTV出演の際も、維新の党が石原&平沼太陽族に支配され、変容していることを強調。^^;
 
『日本維新の会に離党届を提出した東国原英夫衆院議員は12日の日本テレビ番組で、石原慎太郎共同代表ら「旧太陽の党」系議員について「老練で、自民党の中心に30年、40年いた永田町の妖怪。戦うのはえらいことだ」と批判した。
 旧太陽系議員への不満を離党理由に挙げ、「理念や歴史認識、憲法観が全然違う。地獄みたいな1年だった。もう限界だ」と述べた。(産経新聞13年12月12日)』

 また『橋下氏との10日夜の会談に関しては、党改革のため石原慎太郎共同代表ら「旧太陽の党」系議員を執行部から外すよう求めたと説明。』(スポニチ13年12月11日)
 アチコチで、早く維新の会が分裂して、野党再編を進めるべきだと提言しまくっていた。(・・)

* * * * *

 東国原氏に関するこれまでの経緯に関しては、機会があれば、改めて書きたいのだけど。

 同氏は、07年に宮崎県知事に当選後、全国的に注目されており、08年に大阪知事選に橋下徹氏が出馬した際には、その応援活動で当選を後押し。またその後も、定期的に2ショット会見を行ない、橋下氏の人気アップにも一役買って、橋下氏もその点は恩義に感じている様子。
 やがて、2人がリーダーとなって、首長経験者や地域政党を集め、国政政党を作ることを計画するようになったのだが。橋下氏は石原都知事(当時)と懇意になったのに対し、東国原氏は石原知事には評価されず。
<知事退任予定だった石原氏が11年の都知事選に出馬を決意したのも、「石原氏が出馬しない場合、東国原が当選する」という調査データを見せられたからだと言われているぐらいで。^^;>
 
 東国原氏は、12年に維新が国政進出することになった際、橋下氏に協力することを約束し、比例選で出馬して票集めに貢献し、一定の役割を果たしたのだけど。
 昨年末から橋下氏に、大阪維新派が中心になって他党と連携するように進言するも、橋下氏がなかなか動こうとせず。<6月30日の会談も、今後の維新の運営&橋下派の動きに関する話だったらしい。>
 そこで、東国原氏は、太陽族支配から脱するため、7月の参院選後に、今、実質的な太陽族のリーダーである平沼赳夫氏が務めている国会議員団代表を選挙で決めるべきだと提唱し、党内で署名活動を行なってプチ・クーデターを起こそうとしたのだが、1/3の署名を得られず、これに失敗。<橋下派の議員も非協力的だったとか。^^;上のブログで責任をとると書いていたのは、このこと。>

 しかも、9月に橋下代表が唱える「大阪都構想」を争点にした堺市長選に負けた上、橋下代表が地方自治に専念したいと言い出したことから、橋下派の議員は勢いを失い、維新の会はますます石原・平沼太陽族に牛耳られることになったのである。(-"-)

* * * * *

 mewは、別に東国原氏の擁護や支持をする気は全くないのだが。TVメディアが維新の変節や、安倍自民党への接近についてなかなか報じてくれない中、東国原氏が、今の維新の問題点をアチコチで話してくれたことは、GOODだったと思うし。
 そして、太陽族が支配する維新が、野党のフリをしながら安倍自民党と陰で連携して、安倍政権のアブナイ政策をアシストを行なう前に、維新の分裂を促すいいきっかけにならないかな~と、ひそかに願っているmewなのだった。(@@)

                        THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 



*1

政府の国家安全保障戦略概要案の要旨は次の通り。
 【策定の趣旨】国家安全保障のための方策に政府全体として取り組む▽国際社会の主要なプレーヤーとしてこれまで以上により積極的な役割を果たしていく。
 【国家安全保障の基本理念】略
 【わが国を取り巻く安全保障環境と国家安全保障上の課題】中国・インド等新興国の台頭で国家間のパワーバランスが変化▽大量破壊兵器・弾道ミサイル等の移転・拡散・性能向上に係る問題や北朝鮮・イランによる核・ミサイル問題は、わが国や国際社会にとっての大きな脅威▽海洋、宇宙空間、サイバー空間といったグローバルコモンズ(国際公共財)に対する自由なアクセス、その活用を妨げるリスクが拡散、深刻化▽金正恩体制の確立が進められる中、北朝鮮内の情勢を引き続き注視▽中国は東シナ海、南シナ海等の海空域で、既存の国際秩序とは相いれない独自の主張に基づく、力による現状の変更の試みとみられる対応(尖閣諸島付近の領海侵入・領空侵犯、独自の防空識別圏の設定)。
 【わが国が取るべき国家安全保障上の戦略的アプローチ】核兵器の脅威に対しては、核抑止力を中心とする米国の拡大抑止は不可欠▽同盟国・パートナー国との防衛装備・技術協力の強化や、平和貢献・国際協力案件への積極的対応、わが国の防衛生産・技術基盤の維持・強化の観点からも、適切な輸出管理を実施しつつ、武器輸出三原則等の在り方について検討▽中国には、大局的見地かつ中長期的見地から、「戦略的互恵関係」の構築に向けて取り組み、地域の平和と安定、繁栄のために責任ある建設的役割を果たすよう促すとともに、力による現状変更の試みとみられる対応については冷静かつ毅然(きぜん)として対応▽諸外国やその国民に対する敬意を表し、国を愛する心を育む。(時事通信2013/12/11)

*2

東国原英夫のそのまんま日記

2013-12-11
ご報告
テーマ:ブログ

 本日、党に離党届を提出させて頂くこととなりました。尚、この届け出が受理されれば、私は比例選出でありますので、当然、議席はお返し(=議員辞職)したいと思っております。
 理由としては以下の通りであります。

① 党の原点回帰・刷新が今のところ又は今後とも困難であると思われること。
 今年6月30日、広島で橋下共同代表と食事をしながら意見交換をさせて頂きました。その時、党の原点回帰と刷新、解党的出直し等について進言させて頂きましたが、私の力不足も勿論ありますが、その後、遅々として進んでいません。
 維新結党時から、維新の原点である理念、政策、方向性等が残念ながら変質・変容している感が否めません(少なくとも私の理念や政策、方針とは乖離して来ました)。
(※例えば、この度の秘密保護法案等に関しても、今回は党のルールに従い、合同部会の多数決に従いましたが、個人的には「審議時間が足りない。継続・慎重審議をすべき。当初、維新が提案した修正案に妥協や歩み寄りをすべきではなかった」という考えです。そして、党のルールに従えなければ、党を辞めるべきであるとも考えております。今回は従いましたが、次回から従える自信がありません)

② 党内の東西二元体制の弊害、党内(特に国会議員団)のマネジメント・ガバナンス、運営、政策決定プロセス、多数決の原理等が今一つ有機的に機能していないと思われます。私も私なりに改革・改善すべく、微力ながらこれまで発言・主張・行動をとって参りましたが届かず、不本意ながら今日までに改革・改善されたとは言い難い状況であります。

③ 日本維新の会の中で、私の一定の役割は終わったと考えております(ていうか、最初から余り役に立っていないですが(笑))。

④今年の6月30日、橋下氏からある重大な意思・決意を伺いました。その事を今回(12月10日)再度確認させて頂きました。尚、相手のあることなので、その詳細についての言及は差し控えます。

⑤ 参議院選挙後、党や党執行部の刷新や選挙総括等を求めて、両院総会を開催すべく、署名運動等をさせて頂きましたが、叶いませんでした。私は、あの時、既に何らかの責任を取る覚悟でいました。

 これまで、熟慮に熟慮を重ね、以上の理由(特に④が大きい)等をもちまして今回の結論・決断に至った次第であります。皆様方におかれましては、どうかお心広くご理解・ご配慮を賜りますことを切にお願い申し上げる次第です。
      
以上、ご報告です。  
[PR]
by mew-run7 | 2013-12-13 11:22 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21445651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]