「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

稲田の夫、籠池の交渉立会いで..
at 2017-03-26 05:06
昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米国民は健康保険の実施を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

返信しろ!俺はサミンだ!..
by リンタ at 09:36
しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(264)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

衆院勝利1年で、安倍カラーが全開。集団的自衛権にも強い意欲&公明切りの準備

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 安倍自民党が、昨年12月16日の衆院選で大勝してから(=mewにとっては悪夢のような日から)1年と1日。

 昨日17日、安倍内閣が、まさに安倍カラー(=超保守タカ派)むき出しの国家安保戦略(NSS)、新防衛大綱、中期防を閣議決定した。
<これらの詳細な内容については、改めて別立てで書きたい。> 

 しつこく書くように、安倍首相&仲間たちは「強い日本を取り戻す」をスローガンに掲げて、日本が経済的にだけでなく、軍事的にもアジアのTOP国&世界のリーダーになることを目指しているわけで。
 安倍内閣は、最初の1年は、国民の支持を確保して、安定政権を築くために、安倍カラー政策を抑制し、アベノミクスの3本の矢による経済政策に力を入れて来たのだが。その間にも着々と、安保軍事政策の準備を進め、ついに「安保保障の3本の矢(FNN)を放つことに。(^_^;)
 
 安倍首相は、誇らしげに「国際協調主義のもとの積極的平和主義によって、今まで以上に、国際社会の平和と安定のために貢献していきたい」と語っていたのだが。
 それは、「これから日本も他の国々と共に、平和維持の大義名分の下に、積極的に軍事力を発揮して、武力行使に参加しますよ」という意味にほかならないし。
 また、中国、北朝鮮の脅威を利用して、防衛力強化の必要性を大義名分にして、日本を「戦争ができる国」「戦争をする国」に変革する行為ほかならないわけで。

 もしこのまま安倍政権が続き、これらの施策が実行に移されることになれば、日本はとんでもアブナイ国に転じてしまうことになるだけに、mewは、めっちゃブル~な気分になっている。(-"-)

* * * * *

 ただ、mewにとって、大きな救いが一つあるのだ。(・・)

 それは、mewがこのブログでしつこく「これだけは絶対に認めたくない」と訴え続けている&安倍首相が最も実現したいと思っていた「集団的自衛権の行使の憲法解釈変更」が果たせなかったことだ。"^_^"

『NSSの策定にあたって、連立を組む公明党との間で議論になった「愛国心」に関する条項は、「我が国と郷土を愛する心を養う」との表現を入れた。

 NSSでは「国際協調主義に基づく積極的平和主義」を基本理念とした理由を「国際社会において我が国に見合った責任を果たすため」と説明。これは、安倍晋三首相が目指す、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認を視野に入れたものだ。ただ、安倍政権は行使容認に慎重な公明党に配慮して解釈変更を来春以降とする方針で、NSSでは集団的自衛権に直接は触れなかった。(朝日デジタル13年12月17日)』

 安倍首相&仲間たちにしてみれば、最も肝心なことが抜け落ちた安保戦略を決定することになったわけで、かなり不満が大きいだろうし。さぞ悔しい思いをしていることだろう。<ざまあ。(@@)>
 
 日本政府(歴代内閣)は、「集団的自衛権の行使は憲法9条で禁止されている」という内閣法制局の憲法解釈を踏襲して来ているのだが。
 これを不満に思う自民党の保守タカ派は、安倍前政権で、何とかこの憲法解釈を変更しようとしたものの実現できず。そこで安倍首相らは、今度こそという強い決意を抱いて、年内に解釈変更を実行に移すことを最大の目標にして、準備を進めていたのだけど。
 連立政権を組む公明党が、強い抵抗を示しているため、年内の解釈改憲、NSSや防衛大綱への明記を見送らざるを得なくなったのだ。(++)

 正直なところ、公明党には、「安倍政権の暴走のブレーキ役」をアピールするからには、秘密保護法+αで、もう少しガンバって欲しいと思うところもあるのだが。<一説によれば、秘密保護法に協力する代わりに、集団的自衛権の解釈改憲の見送り、消費税の低減税率を税制大綱に明記することを求めたらしいのだが。>

 集団的自衛権に関して、最後まで譲らなかったことは評価したいし。今後も絶対に妥協することなく、抵抗を続けて欲しいと願っている。(**)

* * * * *

 mewとしては、何とかこのまま集団的自衛権の解釈改憲だけは阻止しておきたいとところなのだけど。

 安倍首相&仲間たちにしてみれば、集団的自衛権の解釈改憲が実現できないと、自分たちが目指す「積極的平和主義という名の軍事国家的な世界の警察ごっこ&戦争ごっこ」はできないわけで、昨日も早速、その実現への意欲を示していたという。

『安倍晋三首相は17日、集団的自衛権に関する憲法解釈変更に取り組む強い意欲を表明した。自らが設置した有識者懇談会の会合で「個別的自衛権だけで国民の生存を守り、国家の存立を全うできるのか。弾道ミサイルなどの脅威が容易に国境を乗り越え、瞬時にわが国にやってくる時に集団的自衛権が必要ないのか」と訴えた。(共同通信13年12月17日)』

『菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、同日閣議決定した「国家安全保障戦略」に関連し、集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈変更について「来年度以降の課題になる」との見方を示した。政府は既に結論を来春以降に先送りする方針を固めているが、正式に認めたのは初めて。(毎日新聞13年12月17日)』

<NSCの初代事務局長に内定している安倍ブレーンの谷内内閣官房参与(元外務次官)も、先週、都内の講演で『集団的自衛権について、「行使できるような法的基盤を整備することは、日米共通の抑止力を高めていくことにつながり、日米同盟に大きな貢献をする。行使を可能にするような作業をこれからやっていく」と述べ、行使を容認する必要性を強調』していたんだよね。(NHK13年12月13日)(-"-)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 安倍自民党は、とりあえず来年3月の予算編成が終わるまでは、公明党との連立関係を重視して、集団的自衛権の解釈改憲は控えるつもりでいる様子。^^;

 自民党の中には、何とか公明党の理解を得て、連立関係を維持しながら、解釈改憲や法案化を実行に移したいと考えている議員もいるようなのだが。<公明党と連立解消しちゃうと、15年の統一地方選、16年の衆参院選が乗り切れないであろう地方支部&議員が多いしね。^^;>

 安倍陣営は、いざとなったら公明党を切ることもアタマに置いて、渡辺みんなの党や、維新の会(特に石原&平沼太陽族)を取り込んで行くことを考えているようだ。(-"-)
<公明党にプレッシャーをかけて、譲歩を引き出そうとする意図もあるだろう。^^;>

* * * * *    
  
 みんなの党の渡辺代表は、もともと集団的自衛権の行使容認派。ただ、党内には江田氏らのようなプチ・ハト派(穏健な保守派)がいたため、なかなかそれをオモテに出せずにいたのだけど。
 渡辺代表は、先月、安倍首相と会った際に、安保軍事政策でも協力することを協議したようで、11月下旬には、党として新たな安保政策を提言する意向を示していたのである。^^;

『みんなの党の渡辺喜美代表は日本経済新聞のインタビューで「安倍晋三首相や自民党の改革勢力とは主張が重なるところが多い」と述べた。修正合意した特定秘密保護法案に続き、集団的自衛権の問題でも安倍政権と連携できるとの認識を示し、近く行使容認を盛りこんだ党提言をまとめる考えを示した。(日経13年11月24日)』

<実際、みんなの党が12月初旬にまとめた安全保障に関する党提言(素案)には、集団的自衛権の行使容認が明記されていたという。>

 先週、江田氏ら14人が離党を決めた背景には、渡辺代表が秘密保護法案だけでなく、安保政策でも安倍自民党に擦り寄って行こうとしていたこともあったという。(・・)

* * * * *

 他方、維新の会の石原・平沼太陽族は、安倍首相に劣らぬ超保守タカ派ゆえ、彼らが集団的自衛権の行使容認に反対するはずはない。^^;

 平沼国会代表は、11月の講演会で「自民党と共闘し、改憲で大同団結する選択肢も十分にある。正しい考えで貫かれた憲法草案を作らなければいけない」と語り、安倍カラー政策で協力して行く意向を示しているし。
 石原代表は、今月20日に安倍首相と会談して、今後の連携について協議する予定。(^_^;)
<関連記事・『たけしが維新分裂を予言?+石原と安倍の会談は、猪瀬切りと五輪、事件の相談かも』> 

 自民党は、衆院では単独過半数、維新と合わせて2/3の議席があるし。参院でも、あと9議席あれば、過半数に達するわけで。
 安倍陣営は、もし公明党と連立解消をしても、安定した政権運営が維持できるように。さらには参院でも2/3の議席をとって改憲発議もできるように、着々と連携相手を集めているのである。(>_<)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ただ、維新の会では東西対立が強まっており、橋下代表を中心にする大阪維新系の議員は、太陽族が自民党に接近することに抵抗を示していたのだけど・・・。
 ところが、昨日、大阪維新の会にとって、最悪の事態が起きたという。(@@)

 大阪維新の会は、松井幹事長が大阪府知事を務めている上、府議会でも同党が単独過半数の議席を有する完全与党だったのだけど。
 昨日、大阪府議会で、泉北高速鉄道などを運営する府の第3セクター株を米投資ファンドに売却する議案について採決が行なわれた際に、賛成方針だった大阪維新の会の府議4人が造反。議案は否決されることに。
 大阪維新の会は17日、4人を除名したため、単独過半数を割ることになってしまったのである。(゚Д゚)

『北高速鉄道を運営する大阪府の第三セクター「大阪府都市開発」(OTK、和泉市)を米投資ファンドに売却する議案を巡り、大阪府議会は16日、反対多数で否決した。賛成方針だった大阪維新の会から4人の府議が反対した。

 橋下徹大阪市長が府知事時代に「民間でできることは民間に委ねる」として取り組んできた肝煎りの政策が、身内の「造反」で否決されたことで、今後、橋下氏や維新の府政・市政運営に影響は避けられない情勢だ。

 OTK株売却を巡っては府の公募に最高額の約781億円で入札し、優先交渉権を得た米投資ファンド、ローンスターより、720億円を提示し次点だった南海電気鉄道の方が運賃の割引額が70円高く、沿線を地元とする議員から「住民の納得が得られない」と反対論が相次いでいた。

 同議案は、本会議前の16日午前の府議会委員会でも維新府議1人が反対し否決され、維新が引き締めを強化していた。(日経13年12月16日)』

                             つづく

* * * * *

 すみません。急に仕事で外出することになったので、超ハンパながら、ここで記事を止めてアップすることにするです。m(__)m 
 もし早く用事が済んだら&その後、時間が作れたら、今日中に続きを書きたいと思っていますけど。どうなるかはビミョ~なところです。(^_^;)

                         THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2013-12-18 11:00 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21464989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]