「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

検査院、森友への国有地売却の..
at 2017-11-23 01:36
安倍のウソ~教科書に自衛隊違..
at 2017-11-22 12:53
二階が安倍、稲田をヨイショ!..
at 2017-11-21 17:31
枝野、安倍に真っ向勝負。立憲..
at 2017-11-21 03:02
米イージス、民間船と接触+空..
at 2017-11-20 21:09
安倍、やる気も謙虚もなし、最..
at 2017-11-20 07:11
党内外から、安倍官邸への反感..
at 2017-11-19 07:25
維新・足立、「朝日、死ね」と..
at 2017-11-18 06:35
安倍、米に高価な武器買わされ..
at 2017-11-17 09:27
加計問題は朝日の捏造と自民・..
at 2017-11-16 15:06

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

子供はスマホに興味津々、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
衆院代表質問 「安倍改憲..
from 自分なりの判断のご紹介
運転再開に絶対反対を表明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍首相 所信表明 「..
from 自分なりの判断のご紹介
わたしも、安倍一強にはほ..
from 御言葉をください2
先の総選挙で勝利した自公..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民の安全が第一だ・原発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
幼児教育の重要性を無視し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1263)
(764)
(647)
(463)
(269)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(148)
(146)
(145)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍安保の要、集団的自衛権&辺野古移設阻止を~結いの党&仲井真に期待

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 

今週、mewが一番引っかかった(ムカついた?)のは、菅官房長官のこの言葉だった。(・・)

『菅官房長官は18日夜に東京都内で開かれた自民党の議員グループの会合で講演しました。(中略)
 菅官房長官は「集団的自衛権の行使容認と普天間基地の移設が実現すれば、向こう50年にわたって日本の安全保障は盤石なものになっていくだろう」と述べたということです。(13年12月19日)』

 ご存知のように、この2つはmewが国政の全ての施策の中で、最も反対しているものなのだけど。(**)

 安倍首相&仲間たちは、何よりもこの2つを実現させて、この先50年、米国隷従の日米軍事同盟、日米安保体制を確保したいと。
 それをベースに、米国と共に「戦争ごっこ」をしながら、他方で戦前志向の富国強兵&強い国づくりを進めたいと。しかも、自分たちの重視する国益&軍国ロマンを実現するためなら、国民や沖縄県民の意思や犠牲はお構いなしだと思っているわけで・・・。

 mewは、この記事を見て、暗澹とした気持ちになってしまったです。_(。。)_

 mewから見れば、軍事力を拡大し、「戦争ごっこ」を繰り返すような安保体制は、平和主義を最大の理念として掲げる日本の国の安全保障のあり方としては、容認しがたいものだし。
 おそらく国民の多くは、そのような日本の国のあり方や、そのような安保体制の構築を望んでいないと思うのである。(-"-)

* * * * *

 しつこく書くように、安倍首相&仲間たちの最大の目標は、軍事的にも経済的にも中国に勝って、アジアTOPの国に、また世界のリーダーになることなのだけど。
<ホンネでは、いつか米国に依存しなくても世界のリーダーになれるような軍事力を構築したいと考えているのだけど。とりあえず、まずは米国と2TOPで世界のリーダーになれるようにしたいのよね。>

 しかも、今は安倍氏らが敵視する中国との尖閣諸島+αを巡る争いが生じている時だけに、その中国に勝つためにも(&北朝鮮を倒すためにも?)、何とか米国との軍事同盟を強化して、アジア・太平洋地域の支配権を確保したいところ。
 そして、米国との関係強化のために、1日も早く(米国とお約束してある?)集団的自衛権の行使容認、辺野古移設を実行に移さなければと必死になっているのが実情だ。(-"-)

 そこで、このブログでもずっと書いて来ているように、安倍政権は、時に強権を用い、時にアメムチ作戦を用い、もはやなりふり構わないような感じで、年内に沖縄県の知事から辺野古の埋め立て許可を得ようと、懸命になっているし。
 また、『衆院勝利1年で、安倍カラーが全開。集団的自衛権にも強い意欲&公明切りの準備』に書いたように、来年の早い時期には、集団的自衛権の行使容認の解釈変更を実現しようと、アレコレ画策しているのである。(>_<)

* * * * *

 ただ、集団的自衛権の行使に関しては、mewにとってプチ朗報があった。(・・)

 18日に、みんなの党を離党した江田憲司氏らが、「結いの党」を結党したのであるが。
 同党は、自民党に対抗する野党勢力の結集を目指すことを最大の目標に掲げると共に、安倍政権の目指す「集団的自衛権」のあり方に、反対する意向を示していたからだ。"^_^"
 
『みんなの党から離党した江田憲司氏ら国会議員15人が18日、新党「結(ゆ)いの党」を結成した。党綱領の冒頭に、自民党に対抗する野党勢力の結集を掲げ、「党の発展的解消も辞さない」と宣言した。だが、野党再編への道筋は見通せず、国会活動も制約されるなど前途多難だ。

 江田氏は結党会見で「政治理念と基本政策の一致を大前提に野党勢力を結集し、自民党に代わりうる政権担当能力のある一大勢力をつくる」と力を込めた。

 さらに「次の総選挙までに、野党再編も政界再編も起きなかった暁には衆院議員を辞したい」と語り、政治生命を野党再編にかけることを誓った。(朝日新聞13年12月18日)』

『みんなの党に離党届を出した江田憲司前幹事長ら衆参国会議員14人と無所属の柿沢未途衆院議員の計15人は18日、都内で「結いの党」設立総会を開き、代表に江田氏、幹事長に小野次郎参院議員、政調会長に柿沢氏がそれぞれ就任した。綱領には野党勢力を結集するための「触媒」として、党の発展的解消も辞さないことを盛り込んだ。

 基本政策は、憲法解釈見直しによる集団的自衛権の行使容認について「現行憲法下で、まずは可能な自衛権行使のあり方を具体化」と慎重な姿勢を示した。規制改革の断行や道州制による地域主権確立などは、みんなの政策を踏襲した。(産経新聞13年12月18日)』

『結いの党の江田代表は19日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し、集団的自衛権について、「同盟国が攻撃された時に日本の自衛隊が一緒に戦うことは完全に否定する」と述べた。
 憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使容認を目指す安倍政権と距離を置く考えを示したもの。(読売新聞13年12月20日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 江田氏らがみんなの党から離党することを決断した最大の理由は、渡辺代表のワンマン的な党運営や自民党への擦り寄りへの反発が高じたことであるのだが。
 もう一つ、渡辺代表らが、党の安保政策を独断で作り直して、集団的自衛権の行使容認などを綱領に書き込もうとしたことに、反発したこともあった。^^; 

 渡辺代表は11月14日に安倍首相と会食を行なった後、大学の講演で、集団的自衛権の行使容認に強い意欲を示していたからだ。(-_-;)

『みんなの党の渡辺喜美代表は24日、東京大学で講演し、政府が集団的自衛権の行使容認に向け憲法解釈見直しの検討を進めていることについて、「昨今の情勢は変わってきている。行使を認めなくて良いのか」と述べ、容認を急ぐべきだとの考えを示した。

 渡辺氏は、安倍政権が公明党の慎重姿勢に配慮して憲法解釈の変更を先送りしていることに「公明党が行使や憲法改正は嫌だと言うから棚上げしている」と言及。「原理原則を度外視した連立でいいのか」と、公明党の対応に批判をにじませた。渡辺氏は特定秘密保護法案にいち早く賛成の方針を打ち出しており、安全保障政策でも安倍晋三首相との近さをアピールした格好だ。 

 集団的自衛権をめぐり、渡辺氏は行使は可能との前提で、行使できる範囲を法律で明確にすべきだと主張している。みんな幹部は24日、行使容認を盛り込んだ党見解を今国会中に取りまとめる考えを明らかにした。(時事通信13年11月24日)』

<何だか昨日になって、先送りすると発表したらしいけど。^^;
『みんなの党の渡辺喜美代表は20日の記者会見で、年内の決定を目指していた、集団的自衛権行使を容認する党提言について、来春以降に先送りする考えを示した。「政府が先送りしたので、われわれが先走って決めることはない」と述べた。党内の慎重派に配慮した側面もありそうだ。(産経新聞13年12月20日)』

* * * * *

 mewは、これから政界再編(与野党再編)を進めるに当たって、できるだけ「集団的自衛権の行使」に対する考え方を重視して、その姿勢が一致する人たちが一つの党やグループにまとまって欲しいと願っているのだけど。

<mew個人は、それが「日本の国や国民のあり方」を決める最も重要なことだと考えているし。特に、来年からは、安倍自民党が強引にでも、解釈改憲をしようとする可能性が大きいので、反対勢力をきちんと集めておきたい。>

 もし政界再編を第一の目標に掲げる結いの党が、安倍自民の解釈改憲に反対or慎重の姿勢を示した上で、同じ方針の党や議員の結集を呼びかけてくれれば、国民にもわかりやすい、いい形の再編ができるのではないかと期待する面が大きい。(・・)

<民主党がいい例(悪い例かな?)なんだけど。党内で9条改憲や集団的自衛権に関する見解が大きく分かれていると、中途半端な政治行動しかとれないので。それが積極派を利することにつながるし。国民にもわかりにくいと思うのよね。(-"-)>

* * * * *

 ちなみに、江田氏は、離党後間もなく出演したインターネットの番組でも、このように語っていたのだが・・・。

『江田憲司衆院議員:「個別か集団的かというのはルビコン川ですよ、憲法上の歯止めね。ルビコン川を渡る時には慎重にも慎重にするべき。日米同盟の効果的運用のために何が支障かを一つずつ潰していこうじゃないか」
 そのうえで江田氏は、いま想定される事態は「すべて個別的自衛権で対応できる」と説明しました。(ANN12月14日)』

 実は、この考え方は、安倍自民の解釈改憲に反対している公明党の山口代表らと極めて近いものがあるし。mewの考えとも7割ぐらい重なるところがある。(・・)
 江田氏もそのことは意識しているようで、公明党に結党の挨拶に行った時に、連携を呼びかけたとのこと。

『江田氏らは公明党の山口那津男代表と会い、会派離脱問題で理解を求めた。また、公明党が集団的自衛権行使容認に慎重なことから、江田氏は「連携できることがあれば政調会長間で相談させていただきたい」と呼び掛けた。(時事通信13年12月20日)』

 というわけで、江田氏&結いの党が来年、安倍自民の集団的自衛権行使の解釈改憲に反対&慎重な政党や議員の結集に大きく貢献してくれることを切に願っているmewなのだった。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 
 
 そして、これは『徳洲会の東京進出に手を貸したのは・・・+仲井真よ、政府と共に県民をだますな! 』の続報になるのだが・・・。

 安倍内閣は、何とか年内に沖縄の仲井真知事に、辺野古の海の埋め立て許可を得ようと、必死になっているのだけど。
 仲井真知事は、19日に改めて安倍首相と会談を行なった後、県の幹部に「いろいろなケースを想定し、不承認も含め、スケジュールを作ってほしい」と指示をしたという。(@@)

 19日の会談は、恩納村にある沖縄科学技術大学の体制拡充に関する要請を行なうためにセッティングされたもので。何人もの関係者が同席していたのであるが。(*1)
 首相と知事は、途中から関係者に外してもらい、2人で7分間、話をしたという。^^;

『安倍晋三首相は19日、沖縄県の仲井真弘多知事と官邸で会談した。仲井真氏が求めている米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止や、普天間の移設に向け政府が申請した名護市辺野古沿岸部の埋め立ての可否をめぐり意見交換したとみられる。

 仲井真氏は会談後、普天間問題のやりとりは「全くない」と否定。沖縄科学技術大学院大の整備拡充を要請したという。随行の県幹部らは途中で席を外し、2人きりで約7分間話した。菅義偉官房長官は記者会見で、普天間問題について「県側からの要請を受け止め、首相は『最大限努力する』」と発言。(共同通信13年12月19日)』

* * * * * 

 そして20日の午前中に、県幹部が病院で知事に面会した際に、このような指示を受けたというのである。^^;

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画にともなう国の埋め立て申請について、沖縄県の仲井真弘多知事は20日、入院先の病院で面会した県幹部に「(申請の)承認、不承認のいずれの場合も想定してスケジュールを作っておいてほしい」と指示した。県幹部が明らかにした。

 移設先の名護市辺野古の埋め立て申請については、県土木建築部が審査の最終段階に入っており、早ければ24日にもまとめる。

 知事は17日、安倍晋三首相に普天間飛行場の5年以内の運用停止などを求めた。知事は、要望への政府回答なども踏まえて「総合的に判断する」としている。承認、不承認いずれの判断をした場合でも、政府や県民に説明できるように準備を求めたとみられる。県幹部は知事の容体について「まだ検査が必要だ」と語った。(朝日新聞13年12月20日)』

『埋め立て申請の判断時期について知事は早ければ今月27日との見通しを示しているが、県幹部は「申請書類の審査は現在でも続いている」と説明。
 その上で、知事が17日の沖縄政策協議会(沖政協)に提出した要請書についても普天間の5年以内の運用停止や日米地位協定の改定などのハードルが高いとし、「(政府の具体的な回答が)1週間そこらで示せる内容ではないはず」としており、知事の判断時期は依然として不透明だ。(沖縄タイムス13年12月20日)』

* * * * *

 前回の記事に書いたように、仲井真知事は17日に安倍首相に会った際に、「5年以内に普天間基地の運用停止」「日米地位協定の改訂」など具体的な形で県側の要請を列挙する書面を手渡しているのだが。
 政府の回答を待って、最終的に埋め立てを許可するか否か判断するつもりでいるようなのだが、安倍内閣は四苦八苦しているような状況にある。^^;
 
 安倍首相らは「要請に応えるよう全力を尽くす」と約束。大盤振る舞いのアメアメ作戦で、振興費を積み増ししたり(知事の要望額を上回る3460億円とし、那覇空港第2滑走路の事業費の財源を従来の振興策と別枠で確保)、大学の拡充を含め、政府でできる範囲に関しては最大限の配慮を示しているのであるが。(*1)

 しかし、米国が絡む「基地の運用停止」や「日米地位協定の見直し」に関しては、米政府が要請を拒否する姿勢を明らかにしていることから、要請を実現できる可能性は極めて乏しいor不可能な状態にある。(~_~;)

 閣僚らは、米国との交渉に努めると言っているのだが。米国がOKする見込みはほとんどないし。 また、仲井真知事は、いわば約束の担保をとるために、安倍内閣に、諸事項の閣議決定をするように求めたと言われているのだが。閣内では、全てを閣議決定することは難しいという意見が出ているという。^^;

* * * * *

 知人が、「仲井真知事は、『要求できるだけのことは要求してやろう』という感じになっているな~」と言っていたのだが。

 日本政府は、これまで沖縄県が様々なことを要求しても、その負担や犠牲を軽視して、ほとんど相手にはしてくれなかったわけで。今回は、沖縄県の要求を政府に呑ませる最大のチャンスだと思うし。<実際、予算の面も含めて、ポンポン応じてくれちゃうので。「一体、今までは何だったの?」ってツッコミたくなったりもして。^^;> mewは、「言うだけ言ってやればいい」と思っている。(・・) 
 
 そして、仲井真知事が、県幹部に「不承認」の場合も含めてスケジュールを立てて欲しいと指示した背景には、19日に安倍首相と話した感触で、県の要請を実現できる可能性が乏しように思えた部分があったのかも知れない。<同時に「不承認」にすることを匂わせて、もっと政府に努力させようとする思惑もあるかも知れないけど。^^;> 

 もし経済振興策で、政府の譲歩(誠意?)を引き出せたとしても、基地負担の軽減策が実行に移される保証がなければ、結局、沖縄はお金で頬面を叩かれながら、基地負担を押し付けられる日々が続くことになるわけで。<菅官房長官の考えによれば、日本の安全保障を磐石にするために、今後、少なくとも50年は負担が続くことになるのかも。(-_-;)>
 知事の判断は、まさに沖縄の将来、そして日本の将来を大きく左右することになると言っても過言ではないだろう。(**)

 それゆえ、毎度の繰り返しになってしまうが。仲井真知事には、どうか政府と結託する形で、安易に埋め立て許可を出すことだけは避けて欲しいと思うし。
 また、沖縄県民はもちろん、どうか日本国民の多くが、もっとこの県に関心を持って、知事が勇気をもって不承認の判断を下せるように後押しをして欲しいと願っているmewなのだった。(@@)
 
                     THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2013-12-21 14:44 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21476718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]