「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

政界の流れを左右する民進党の..
at 2017-08-21 07:35
石破が佐川国税長官を批判+加..
at 2017-08-20 08:44
加計の補助金96億、今治市は..
at 2017-08-19 07:12
森友,いまさら開示に裁判続く..
at 2017-08-18 07:52
反戦ウーマン村本、「朝ナマ」..
at 2017-08-17 05:29
M撃ち落しを主張するヒゲの副..
at 2017-08-16 05:07
終戦記念日に問う~国民は日本..
at 2017-08-15 01:55
安倍一強を崩した本人&閣僚た..
at 2017-08-14 05:47
蓮舫代表が、1年持たず。自分..
at 2017-08-13 16:06
主体性ない安倍内閣~オスプレ..
at 2017-08-13 03:40

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

小沢一郎氏が代表にならな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
親が出生届を出す制度は出..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中東での戦争を止めなけれ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の勝ち・北朝鮮は米..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ミサイル撃ち落しをヒゲの..
from 御言葉をください2
地方大学活性化は良いこと..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんも、日本参戦を心配
from 御言葉をください2
米国は北朝鮮の思うつぼ・..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
世界中に北朝鮮の存在をア..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国大統領は他国を平気で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04

ブログパーツ

タグ

(1246)
(759)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

岸&安倍は、実力行使で反対派を排除する暴君宰相+東京大賞典&Fウェーブ


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】
 

 はじめに東京大賞典とフジノウェーブの話を。(いつもより長めなので、関心のない方はすっ飛ばして下さい。)

昨日は大井競馬場で東京大賞典が行なわれ、ホッコータルマエwith幸英明が優勝した。(*^^)v祝

 昨日は直線でギアチェンジしてから、上がり36.0の末脚できっちりと前を行く馬をとらえ、力でねじ伏せ、JCダート3着の悔しさを晴らした。
 今年のプレゼンターはTCK(大井)のCMを務める香里奈だったのだけど。イケメン&騎手としては長身の幸は、香里奈並んでも、めっちゃサマになっていたです。(コチラ
 
 ワンダーアキュートwithユタカが、先に抜け出して勝ちに行ったものの、タルマエに交わされて、GI7度目の2着に。(大賞典は、2.3.2位)来年は8歳になるけど、現役続行で頑張る予定。
 Nピロアワーズが3着にはいり、1.2.3番人気で、三連複1.6倍、三連単5.6倍の恐ろしく固い決着になった。^^;

 昨年の覇者&才能バツグンも気性面がイマイチで、なかなか安定した走りができないローマンレジェンド(with岩田)は、昨日もゲートで暴れた上に出遅れて6着どまり。 
 今回、初挑戦となった3歳馬サトノプリンシパル(with北村宏)が果敢に逃げたのだが。直線で3頭に交わされても4着に残り、そこそこ力があるところを見せた。

 地方&南関勢では、カキツバタロイヤルwith大賞典初騎乗となる本田正重が、直線で懸命に追い込んでRレジェンドを交わし、5着に入賞。本田くんは、mewがデビューからずっと応援している騎手なのだけど。今年10月には初めて重賞(平和賞)も制覇しており、来年はさらなる飛躍を期待したい。(^^♪

<10年7月にカキツバタロイヤルに騎乗し、サンタアニタで優勝し、人馬ともに重賞初制覇となった本多正賢騎手のことを思い出していたです。(この日、現地で大拍手を送っていたのよね。)本多は、翌年、落馬で意識不明の重体となり現在も療養中。どうか1日も早い回復をと願っているです。>

* * * * *

 そして、昨日は、おかげさまで、7年ぶりに東京大賞典の売り上げ&1日の売り上げで、地方競馬の新記録を達成。(*^^)v祝 (*1)
 お天気にも恵まれて、入場者も昨年より増えて4万人を超え、と~っても盛り上がった大賞典デ~になった。"^_^"

<JRAが早く終わると、大賞典の売り上げ&入場者がアップすることに。(・・) 昔はJRAは年末年始の地方競馬に配慮して24日以降は開催しないという合意があったのだけど。それが28日以降に変わってからは、7年に1度、ビッグ・チャンスが訪れるのよね。>

 大井競馬場に来場して下さった方々、参戦して下さった方々、有難うございます。m(__)m 

 そして、年末年始の地方競馬参戦も、よろしくお願いいたします。m(__)m 

<昨日は、ばんえいで軽量スプリント・地吹雪賞が。軽々と山を越え、ほとんど最後まで走っていたオイドンは、早すぎ&強過ぎ。(@@)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 実は、今年の東京大賞典で最も楽しみにしていたのは、mewの敬愛馬フジノウェーブが誘導馬デビューすることだった。(・・)

 フジノウェーブは、04年9月に笠松でデビューし、05年10月から大井に転入。3歳の秋からずっと大井で走っていて、C→B→Aクラスと上がって行くのをずっと見て来ただけに、思い入れが強いし。(途中で10連勝して大注目されたです。)
 07年、5歳の時にはJBCスプリントでは御神本騎手を背に、JRA勢を下して優勝した時には、大興奮&大感動させてもらって。(もちろん現地で大絶叫!?(@@))

 大井重賞の東京スプリング盃では、10年(8歳)から13年(11歳)まで、59kgの斤量を背負いながら4年連続で優勝して、南関ファンに大きな感動と勇気を与えてくれた、まさにヒーローと言えるような馬だったのだ。<しかも、年を経るごとに、どんどん白くなって、神の馬みたいに見えたのよね。"^_^">

 たぶんこのブログでも、最も多くの回数、取り上げた馬だったのではないかと思うです。(++) 
 でも、3月のレース後に剥離骨折、種子骨靭帯炎が判明して、引退することに。大井の誘導馬になることに決まって、東京大賞典でのデビューを目指して準備を進めていたのだけど・・・。
 今年10月23日、去勢手術を受けた際に、事故が起きて(麻酔が覚めないうちに立ち上がろうとして転倒し、骨折。予後不良になったとか)、他界してしまったのである。(ノ_-。)

 もうこのニュースを知った時は、あまりにもショックが大きくて。しばらくは、ウェーブのレース映像を見ては、涙ぐむ日々を送っていたりして。立ち直るのに時間がかかってしまったのだけど。
<ショックが大き過ぎて、ブログにも書けなかったほど。忙しかったこともあるけど、それ以来、大井にも行っておらず。大賞典もどうしようか迷っていたです。> 
 
 フジノウェーブには、本当にたくさんの感動と喜びと勇気をくれて有難うと、心から感謝したいし。天国で楽しく軽やかに走り続けて欲しいと祈っている。
 また、どの馬も無事に元気に走れるように。そして、いつかウェーブのように、スプリントGIで勝てるような馬がまた大井や地方競馬から出るように、一緒に見守っていて欲しいと願っているです。(ー人-)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 前記事『非民主的&無責任な辺野古の埋め立て承認but民意の力で抵抗を!』の関連記事を・・・。

 沖縄県が27日に、辺野古の海の埋め立て許可を出したことから、政府(防衛省)は早速、年明けから工事着工に向けて最初のステップとなる現地調査を開始するという。(-"-)

『普天間基地の移設で、沖縄県の仲井真知事が名護市辺野古の埋め立てを承認したことを受けて、政府は、年明けから移設先の辺野古での工事に向けた作業に着手します。防衛省は、今後、地質についてのボーリング調査や代替施設の設計のため業者との契約などを進める方針です。

 当面は、およそ1年間かけて調査や設計を進めたうえで、1年後をめどに建設工事を開始したい構えですが、名護市内での妨害工作も予想され、予定通りに進むかは流動的です。(TBS13年12月28日)』

* * * * *

 ただ、移設反対派の市民の反発が強い上、他県から反対派の団体や市民運動家なども集まりつつあるようで。現地では、調査や埋め立てに抵抗する活動が激化するのではないかと予想されている。(・・)

 これに対して、1日も早く移設工事を進めたい安倍政権下の政府は、刑事特別法を適用し、海保も導入して、強権発動による実力行使で反対派の活動を封じる方針を決めたという。(@@)

『政府は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古への移設について、辺野古での代替施設建設に対する妨害を排除するため、米軍施設・区域への侵入を禁じる「刑事特別法」を適用する方針を固めた。建設場所のキャンプ・シュワブ沿岸部は立ち入り制限海域で、同法の適用が可能だ。海上保安庁と沖縄県警を積極投入して妨害を厳正に取り締まる。

 政府は、今年度中に代替施設の設計で民間業者と契約する。設計は通常1年かかり、その間、辺野古のシュワブ沿岸部で海底地盤の強度などを調べるボーリング調査も業者が実施。その後、5年かけて埋め立てる。

 平成18年にシュワブ沿岸部に2本の滑走路をV字形に建設する計画で日米合意したのは、反対派の妨害を排除する狙いもあった。14年に決定した辺野古の沖合に滑走路1本を建設する移設計画のボーリング調査が、過激な妨害を受け頓挫したことを教訓にした。

 来年度から実施するボーリング調査でも反対派がボートやカヌーで近づき、妨害する恐れが強い。ただ、14年決定の移設計画と異なり、米軍の排他的使用のため常時制限されるシュワブ周辺海域から作業を進めていくため、海域に侵入した時点で刑事特別法の適用で即座に検挙できる。

 「反対派の活動に威力業務妨害罪は適用しにくい」(防衛省幹部)と指摘される点も、刑事特別法の適用でカバーできる。

 妨害の監視と摘発のため、海保の巡視艇を周辺海域に常時配備する。陸上部分でも座り込みで工事車両の通行を妨げる行為が予想されるが、政府は沖縄県警に道路交通法の適用で積極的に摘発させる方針だ。

 刑事特別法の適用例としては今年9月、普天間飛行場に無許可で侵入した男を宜野湾署が逮捕している。(産経新聞13年12月29日)』

* * * * *

 安倍首相が秘密保護法案の強行採決させたことや辺野古移設を実現させるために強行手段を用いたのを見て、mew周辺では、「まさに、岸ジュニアだな~」という声が出ていたのだけど。
 
 上の記事を見て、mewは、思わず安倍晋三氏の祖父である岸信介元首相が、60年安保闘争の時に、国会で安保条約を批准するために、学生デモを含め反対派を押さえつけたあり排除したりするために実力行使に出て、ついには自衛隊まで出動させようとした話を・・・。
 また、安倍内閣が前政権時の07年に、辺野古移設に反対する住民の活動を抑えつけるために、辺野古の海の近くまで海上自衛隊の艦船を差し向けたことを思い出してしまったです。(@@)

* * * * *

 岸内閣は、国民の意思などそっちのけで、米国側と安保改定を協議して、1960年1月に新安保条約を締結。<この時、岸元首相は、できるだけ早く憲法改正、日本の軍隊復活(再軍備)を実現することをアタマに置いて、交渉を行なっていた。>
 そして、5月に有形力を行使する形で衆院の委員会で強行採決し、本会議で可決したことから、安保反対運動がエスカレートすることになったのだ。

『委員会採決では、自民党は座り込みをする社会党議員を排除するため、右翼などから屈強な青年達を公設秘書として動員し、警官隊と共に社会党議員を追い出しての採決であった。これは、6月19日に予定されていたアイゼンハワー大統領訪日までに自然成立させようと採決を急いだものであった。(wikipedia「安保闘争」より)』

『本会議では社会党・民社党議員は欠席し、自民党からも強行採決への抗議として石橋湛山、河野一郎、松村謙三、三木武夫らが欠席、あるいは棄権した。』

<昔は後述する赤城元防衛長官自民党にもバランスのとれた&気骨のある政治家が結構いたのにな~。いまや、国民よりも暴君宰相の安倍氏の顔色ばかり見て、何も言えない人ばかり。(~_~;)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



『その結果、「民主主義の破壊である」として一般市民の間にも反対の運動が高まり、国会議事堂の周囲をデモ隊が連日取り囲み、闘争も次第に激化の一途をたどる。反安保闘争は次第に反政府・反米闘争の色合いを濃くしていった。
 これに対して岸信介は、警察と右翼の支援団体だけではデモ隊を抑えられないと判断し、児玉誉士夫を頼り、自民党内の「アイク歓迎実行委員会」委員長の橋本登美三郎を使者に立て、暗黒街の親分衆の会合に派遣。松葉会会長・藤田卯一郎、錦政会会長稲川角二、住吉会会長磧上義光、「新宿マーケット」のリーダーで関東尾津組組長・尾津喜之助ら全員がデモ隊を抑えるために手を貸すことに合意した。

『さらに、右翼とヤクザで構成された全日本愛国者団体会議、戦時中の超国家主義者もいる日本郷友会、岸自身が1958年に組織し木村篤太郎が率いる新日本協議会、以上3つの右翼連合組織にも行動部隊になるよう要請した。当時の「ファー・イースタン・エコノミック・レビュー」には「博徒、暴力団、恐喝屋、テキヤ、暗黒街のリーダー達を説得し、アイゼンハワーの安全を守るため『効果的な反対勢力』を組織した。最終計画によると1万8000人の博徒、1万人のテキヤ、1万人の旧軍人と右翼宗教団体会員の動員が必要であった。岸は創価学会にも協力を依頼したが、これは断られたという。彼らは政府提供のヘリコプター、小型機、トラック、車両、食料、司令部や救急隊の支援を受け、さらに約8億円(約230万ドル)の『活動資金』が支給されていた」と書かれている。

 岸は、「国会周辺は騒がしいが、銀座や後楽園球場はいつも通りである。私には『声なき声』(サイレント・マジョリティの意)が聞こえる」と語った。』

<安倍首相も、ネトウヨからfacebookに「いいね!」をたくさんもらうたびに、私には真の日本国民の「声なき声」がきこえると、カン違いしちゃっているのかも。(>_<)>

* * * * *

『6月15日には、ヤクザと右翼団体がデモ隊を襲撃して多くの重傷者を出し、機動隊が国会議事堂正門前で大規模にデモ隊と衝突し、デモに参加していた東京大学学生の樺美智子が圧死。中継をしていたラジオ関東の島碩弥も警棒で殴られ負傷する。国会前でのデモ活動に参加した人は主催者発表で計33万人、警視庁発表で約13万人という規模にまで膨れ上がった。

 このように激しい抗議運動が続く中、岸は15日と18日に、防衛庁長官赤城宗徳に対して陸上自衛隊の治安出動を要請した。東京近辺の各駐屯地では出動準備態勢が敷かれたが、国家公安委員会委員長石原幹市郎が反対し、赤城も出動要請を拒否したため、「自衛隊初の治安維持出動」は回避された。』

* * * * *

 天木直人氏が、2007年05月12日のブログに、この自衛隊出動に関する話を書いているのだが。

 天木氏が、この話を思い出したのは、07年5月に安倍内閣が辺野古の海に海上自衛隊を出動させたというニュースを見てのことだった。

 当時、辺野古ではV字滑走路の建設が決まったことを受けて、環境調査が行なわれることに。しかし、移設反対派の市民が、座り込みや監視活動を展開し、調査の中止を政府に強く求めていた上、ボートなどで海に出て調査を妨害する計画をしていたとのこと。
 そこで、当時の久間防衛大臣が、調査団の護衛という名目で、横須賀港から辺野古に向けて掃海母艦を出したのである。(-_-;)
 
『このニュースを知って、すぐに私の頭に浮かんだのは、最近読んだ保阪正康著の「60年安保闘争の真実」(中央文庫)の次のくだりである。多くの犠牲者を出して強行採決された改定安保条約は、6月19日午前零時をもって自然成立するのであるが、その前から騒乱が起こっており、岸首相はおそれていた。そういう背景での歴史的エピソードである。

  ・・・午前零時が近づくと、岸は蒼白になってふるえだした。不安になったのか、しきりに自衛隊を出動させろと迫った。自衛隊の一部は市ヶ谷に待機していると報告されているが、もっと近くに置けないかと催促したりした。防衛庁長官の赤城宗徳が強硬に反対し、自衛隊出動は見送られた・・・赤城は「自衛隊を出動させることは国民の血を流すことです。同胞を撃つ事はできません」と断固はねつけた。そのうえで、「もしどうしても自衛隊を出動させるというなら、私を罷免してからにしなさい」と岸につめよったという。それで岸はあきらめたとされている・・・(もしあのとき)自衛隊が出動して鎮圧することになっていたら、それ以後の自衛隊は国民の共鳴、共感を受ける事なく、憎しみの対象として存在する事になったはずだ。同時に、日本に、自衛隊のような軍事組織が存続しえたか否か、疑問である。なぜなら自衛隊は首相の私兵であり、国民に銃を向ける組織である、との理解が根付いてしまったに違いないからだ。この点で、私は赤城防衛庁長官こそ戦後日本の危機を救った政治家だと思う・・・』

* * * * *

 安倍首相は、オバマ大統領と勝手に決めて来た約束を守るためにも、靖国参拝で失った米国政府からの信頼を回復して沖縄の対中軍事拠点化を推進するためにも、辺野古移設の早期実現に向けて、これまで以上に強行な手段を用いて来る可能性が大きい。(-"-)

 しかも、安倍首相&仲間たちや、石破幹事長などは、自分たちの考え(自分たちが国益だと思い込んでいること)に反するような活動をする人たちは、ウヨのいう「反日」(非国民)やテロ行為者であり、排除してもいいor止むを得ないという感覚を有しているだけに尚更だ。(>_<)
  
 政府は、今の段階では、沖縄県警と海上保安庁で対応するつもりのようなのだけど。海上保安庁を使うこと自体、異例なことだと思うし。
 そして、もし反対派の市民の抗議活動がエスカレートした場合には、自衛隊を出動させようと言い出すのではないかと憂慮しているmewなのだった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 




*1

『大井・東京大賞典】1競走&一日の売り上げが地方競馬新記録に


 東京大賞典の売り上げは26億824万5900円で、1競走での売り上げとしては地方競馬の新記録となった。従来は07年東京大賞典の約25億円だった。対前年比116・3%。JRAのIPATによる発売は27%だった。29日の大井競馬総売り上げ47億873万500円(前年比115・8%)も一日当たりの地方競馬売り上げレコード。IPAT発売の割合は21・9%。大井競馬場入場人員は4万1410人で前年比116・3%だった。
(スポニチ13年12月30日)』
[PR]
by mew-run7 | 2013-12-30 11:49 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21510040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 御言葉をください2 at 2013-12-30 21:54
タイトル : 辺野古埋め立ての準備作業について
岸&安倍は、実力行使で反対派を排除する暴君宰相+東京大賞典&Fウェーブ  前に、沖縄で辺野古基地建設に反対して、市民達が反対した海での戦いのことは、映像で知っているのだが、今後のたたかいの困難さを思う。沖縄辺野古基地建設に反対の方は、上のブログは参考になろう。 人気ブログランキングへ... more
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2013-12-31 13:28
タイトル : NHKの受信契約に世界の常識が適用されることを願い新年を..
天下り崇拝・庶民イジメ裁判制度にも変革の嵐が吹いてきたようだ。契約は必要な人だけが結ぶという世界の常識・契約制度を尊重する裁判官が現れた。東京高裁の下田文男裁判長は、12月18日に「NHKからの契約申し込みと受信者による承諾という双方の意思表示がなければ、受信契約は成立しない」というNHKに不利な基準を12月18日に下したのだ。来年以降はこの世界の常識が日本の常識となることを切に願い、2013年を終へ新年を迎えたい、に関連する最新のWeb情報を引用すると、... more