「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

維新・足立、「朝日、死ね」と..
at 2017-11-18 06:35
安倍、米に高価な武器買わされ..
at 2017-11-17 09:27
加計問題は朝日の捏造と自民・..
at 2017-11-16 15:06
希望の党、小池代表の辞任と玉..
at 2017-11-16 07:54
加計長男もいずれは教授、学長..
at 2017-11-15 06:33
加計新妻が大学建設企業の取締..
at 2017-11-14 04:58
安倍内閣は「戦時内閣」になる..
at 2017-11-13 05:38
米国が衆院選、小池、前原も支..
at 2017-11-12 15:01
「排除」「モリカケ」のない流..
at 2017-11-12 06:52
前川が認可すべきでないと主張..
at 2017-11-11 15:23

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

国民の安全が第一だ・原発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
幼児教育の重要性を無視し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日米軍事演習についてのm..
from 御言葉をください2
人類の日常の楽しみは酒で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公明党は平和憲法擁護を明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
年収250万円未満の所帯..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮は解決済みとしてい..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
このインターネット時代に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日本の将来は独身社会が進..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
喉元過ぎれば熱さを忘れる..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1260)
(764)
(647)
(463)
(269)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(147)
(146)
(144)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍は、右翼のルーピー。米オバマ政権が安倍を見捨てる日は近い? 

  これは1月2日、3本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


mewとしては、1日も早く、日本の国民の多くが、安倍首相の超保守思想や、戦前志向の国づくりを目指す方針に気づいて、安倍政権を早く終わらせてくれることを望んでいるのだけど。

 残念ながら、国民の多くは政治(特に国家観や安保軍事の分野)には無関心である上、日本のメディアがなかなか安倍氏の思想や真の目標を伝えようとしないこともあって、そうなるには、かなり時間がかかりそうな感じがある。(~_~;)

 しかし、安倍内閣が、今春にも「集団的自衛権の行使容認」の解釈改憲を実行に移そうとしていることを考えると、そうのんびりと構えてはいられないわけで。
 ここは「他力本願」になってしまうのだが。mew的には、外国の力、とりわけ、米国の力にも期待したいところ。^^;

 mewは、日本が米国と対等な関係になることを強く望んでいるし。米国政府の支持や判断によって、日本の首相が代わらざるを得なくなったり、政策の変更を余儀なくされたりすることは、好ましくないと思っているのだけど・・・。

 ただ、mewは、日本が戦前志向の国家主義、軍国主義の国に戻らないことを切に願っているし。その点では、米国のオバマ政権と考えが一致しているのである。(・・)

<もともとオバマ氏は、米国でも最も平和志向&リベラルな大統領のひとりだとして知られており、考えが合う部分が大きいし。
 自国の都合や利益を考えてとのこととはいえ、米国が日中韓の関係改善やアジアの平和と安定を望んでいることも、mewにとっては都合がいい&利益のあることなのよね。(++)>

* * * * *

 その米国が、昨年末の安倍首相の靖国参拝にかなり怒っている様子。^^;

 米国は、安倍首相が参拝を行なった数時間後に、在日米大使館から「失望した」「戦争の反省をすべき」という強烈な批判声明を発表。翌日には、米国務省(日本の外務省)も同様の声明を発表し、政府として抗議の意をあらわすことに。
 また米国防省も、先月27日に、沖縄の辺野古移設の計画が一歩進むのを受けて行なわれる予定だったヘーゲル国防長官と小野寺防衛大臣の電話会談を中止すると発表。間接的に抗議の意を示したと見られている。(~_~;) 
 
 米国の有力紙も、次々と安倍首相を「危険なナショナリスト」などと批判する記事を出しており、安倍政権は、米国が目指す自由・民主主義社会の構築という点でも、またアジアの平和や安定の構築という面でも、世界や米国の利益を害する存在だとみなされつつある。^^;
http://mewrun7.exblog.jp/21498749/
 昨年『安倍の靖国参拝に、米が怒りの声明。中韓からの批判に止まらず国際問題に?』にも記したように、米政府は当初から、安倍首相が特異な超保守思想の持ち主であることを警戒。<就任当時から、スーパー右翼だとか、国粋主義者だとか書かれていたほど。^^;>

 安倍首相に対して、何度も中韓との関係改善に努めるように、歴史認識や靖国参拝によって中韓との関係を悪化させないように、様々な形で何度も念を押していたのに、安倍首相は見事にその要請を裏切ったわけで。
 米国から見れば、何て「理解力のない&空気の読めないおバXなやつなんだ」ということになるのではないかと察する。(@@)

* * * * *

 そのような安倍首相を、何と站谷幸一氏は、米政権にとって「右翼のルーピー」だと表現。(゚Д゚)
 09年に普天間基地の移設に関して「最低でも県外」発言を行ないルーピー扱いをされた鳩山元首相と同様、米国に切られる可能性があることを示唆した。^^;
  
 まあ、mew個人は、「県外移設派」ゆえ、鳩山元首相の発言は評価しているのだけど。
 ただ、米国から見れば、自分たちの描く日米同盟路線を逸脱する「トンでもないやつ」であるという点では、まさにそうなのかも知れないと思うところがある。(~_~;)

 站谷氏は、昨年6月に知日派の研究者が発表した論説にこのような記述があることを引用。

『安倍首相が、1.村山談話の廃止、2.第二次大戦の日本の侵略と人権侵害の否定、3.それらに類する行為を継続した場合、安倍首相は、米国政府高官と会えなくなるだろう。要するに鳩山由紀夫と同じ扱いを受けるのだ。』

 安倍首相が、今後も歴史認識の問題(侵略戦争や慰安婦の強制連行の否定)や靖国参拝を続け、米国の見解や要望に背くような行為を行なえば、米政府が首相辞任に追い込む可能性があると記している。(@@)

 mewはアゴラでこの記事を目にしたのだが。実に興味深い記事ゆえ、ここに全文をアップしておきたいと思う。(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



安倍首相は、オバマ政権にとっての鳩山由紀夫(右翼のルーピー)となった

站谷 幸一 13年12月28日
.

 安倍首相の靖国参拝は本人、その側近及び信者には驚くべき、世界の人間からは当たり前の反応をもたらした。その中でも、米国からの一撃はかなり衝撃的だった。この「disappoint」という米政府の言葉、実は外交用語としてはかなり重いのだ。この言葉は、最近ではオバマ大統領がスノ―デンを匿うことを決断したロシアに、ネタニヤフ首相がテロ攻撃を放置するアッバス議長に使っている言葉であり、外交儀礼上はかなり上位の警告とされている。少なくとも、上記でみたように仮想敵国一歩手前の国家に使う言葉であって、同盟国に対して使う言葉ではない。

なぜ、日米同盟という世界でも類を見ない同盟関係でこんな言葉が使われてしまったのだろうか。それは、米国から見れば安倍首相が鳩山氏と同じだからである。ありていに申せば、安倍首相は、左翼ではなく、右翼のルーピーなのである。

なぜ、親米派のはずの安倍首相は、鳩山氏と同列なのか。
それは、今年の6月、日本の米国専門家に衝撃を与えた、知日派の研究者、ウィリアム・グライムスが執筆した「安倍首相は米国に出入り禁止となる」というWEB論考にヒントがある。(天木直人が東洋経済に転載された抄訳を紹介しているが、ここでは彼が見落としている部分も含めて紹介する)

このグライムス、リベラルな研究者が多いボストン大学の国際関係部長であり、しかも大蔵省財政金融研究所、日本銀行金融研究所にも所属したことがある。つまり、オバマ政権の見解に近く、それもかなり日本の事情に通じている生粋の知日派なのである。彼の主張をまとめて補足すると以下のようになる。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

安倍首相がワルトハイムになる日(2013年6月)

自分は安倍首相の初の訪米は成功だったと思う。TPP参加はオバマ政権にとって魅力的だったし、ワシントンで同盟の団結を示すことによる日本の対中抑止力の強化は意味があったからだ。
しかし、安倍首相は幾つかの欠陥を抱えている。
第一に、中国に対する過度の敵意はいただけない。
第二に、安倍首相の無神経な言動である。
この点において、朴大統領が議会演説の機会をもらい、安倍首相はもらえなかったことは重要だ。要するに、オバマ政権は、安倍首相に議会演説の機会を与えた場合、彼がそれを歴史問題の為に利用するのではないかと思ったのだ。実際、安倍首相は、朴大統領に彼女の父親と自分の祖父が親友同士だったとワシントンで発言し、韓国人を侮辱してしまった。これは安倍首相が歴史問題について驚くべき発言をするという疑いを増幅させた。だいたい、731の戦闘機にのった問題もそうだ。米国人にとっての911、日本人にとっての311と同じように、ある種の歴史を思い出させる数字だ。しかし、安倍首相とその側近たちは、何故かそれに気が付かなかった。日本でだって、731の意味するところはよく知られているのに。(注:これはそうだ。確かに、朴大統領が311と書いた戦闘機に乗ってサムズアップしたら私も含めて日本人は激怒するだろう。まったくもって、安倍の外交アドバイザーは客観性が無い)

こうしてみると、安倍首相は、オバマ政権のアジア重視政策の少なくとも部分的な障害である。しかし皮肉な話だが、一方で、安倍首相は、米国が望む政策を多数進めている。アベノミクスは、米財務省が長年勧めてきた路線と一致しているし、構造改革やTPPも推進している。安全保障政策では、日本の軍事力を強化し、米国との一体性を高めてくれている。これらの安倍政権の政策のすべては米国政府にとって非常に魅力的だ。

しかし、問題は「安倍晋三」という 個人 なのだ。彼は非常に問題だ。安倍首相は、日本を政治的安定させたようにもみえる。他方で、安倍首相の言動は日本の隣国ともめ事を起こすだけなく、それ自体が米国の立場として弁護できない行為なのである。何故ならば、米国は、日本が過去に侵略を行い、戦争犯罪を犯したというのが公式見解であり、「慰安婦問題」も本当の問題だからだ。この点は、安倍首相や彼以外の歴史修正主義者の為に変えられる話ではない。

要するに、オバマ政権は、政策問題では安倍首相と一致する、他方で、安倍首相が米国のアジアにおける道徳的なソフトパワーを蝕んでいる、という苦境にいるのだ。

思うに、安倍首相は日米同盟を様々な意味で変えた。かつての日本は、米国に見捨てられる恐怖、米国の戦争に巻き込まれる恐怖におびえていた。しかし、今やこの恐怖におびえるのは米国なのだ。例えば尖閣問題がそうだ。

今後、安倍首相が、1.村山談話の廃止、2.第二次大戦の日本の侵略と人権侵害の否定、3.それらに類する行為を継続した場合、安倍首相は、米国政府高官と会えなくなるだろう。要するに鳩山由紀夫と同じ扱いを受けるのだ。安倍首相は、大統領や国務長官クラスとは会えなくなり、重要な問題は事務レベルでしか話せなくなる。
これは、米国と政策調整ができなくなり、同盟にとってはキツイ展開となる。実際、鳩山由紀夫はオバマと会えなくなったことで、政治的なダメージを受け、彼の政権の終わりを速めた。

自分の望みは、こうした措置を受けることへの懸念により、安倍首相が自重してくれることだ。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



適当な訳で申し訳ないが、グライムスの大体の趣旨は以上のようなものである。

要するにグライムスは、
1.安倍政権の政策は米国にとって素晴らしい
2.しかし、安倍首相個人は問題だ
3.安倍首相の無神経な言動は米国の公式的見解からして弁護不能
4.その為、安倍首相の行動は周辺諸国との衝突と相まって、米国のアジア政策における影響力を低下させる障害でしかない
5.このままいくと米国は鳩山由紀夫と同じような処分を下すことになる

と言っているのだ。
では、現実の安倍首相の行動はどうか。これまで、国務省と国防総省が珍しく一体となって警告(注1)する等、度々注意してきたにもかかわらず、米中韓に当てつけるかのように靖国神社を参拝し、当人は「不戦の誓い」等とまったく悪びていない。

まさしく、グライムスが指摘するように、米国にとって無神経極まりなく、アジア政策の障害である。しかも、安倍首相一派は気付いていないが、この英語で「靖国行ったけど喧嘩売ってないよ」と声明文を出す「無神経際さ」がオバマを苛立たせるのである。加えて、安倍首相周辺が常々語る、「オバマ政権はレイムダックだから何もできない(だから今参拝するべき)」という見解はより怒りを倍加させる。

私は皆さんに聞きたい。この独善性、米国から見れば鳩山由紀夫とどこが違うのか。
右翼か左翼かだけで同じではないか。

しかも、安倍首相の側近たちは、各種新聞の報道等によれば、最初は「所詮は、大使館声明に過ぎない」といい(普段、大使館のパーティーに嬉々として参加し、大使との関係を自慢するのに)、国務省が声明を出せば、国防総省は違うといい(国防総省は靖国やADIZで日本を見捨てている)、国防総省が防衛大臣会談を断れば、ヘーゲルが忙しいだけという(彼らは女性に「忙しいから」と振られたら、それを真に受ける純朴なタイプなんだと思う。)。
まさに彼らも安倍首相と同じ独善性を抱えている。

では、このまま安倍首相が妥協しない場合、どうなるのか。
グライムスが言うように、安倍首相は、オバマ大統領、バイデン副大統領、ケリー国務長官、ヘーゲル国防長官には「時間が無い」、「国内的に忙しい」、「また来月」、「電話なら考えてやらなくもない」との理由で延々とあしらわれてしまい、会えないだろう(注2)。当然、日米ガイドライン策定や共同作戦計画等は出来ない。なんせ政治的合意が必要なのに、事務レベルでしか話せないのだ。こうした状況は、軍事的な問題は言うまでもないが、なによりの問題は、米国は日本を助けないという印象が広がることだ。

これはまさに中国と韓国の思うつぼである。特に韓国がそうだが、国内の対日穏健派は政治的に死滅し、強硬派がより力を強めるだろう。また、日米離間を嗅ぎ取った中国は尖閣諸島問題で一層の圧力を強めるだろう。
なにせ、対日挑発しても、米国が介入する可能性を安倍首相が低下させてくれたのだ

最悪の場合、中国が尖閣諸島を奪うが、米国は議会承認を巡って紛糾し、日本が持久戦で敗北する、というより米国に圧力を受けて妥協させられる場合もかなりの可能性であるだろう。なにせ、オバマ政権は、発足時にG2論を唱え、尖閣諸島問題で妥協(注3)しようとした前科者である。

ここに至って言えるのは、安倍首相は、日本の対中抑止力強化と日本の国際イメージ改善のために即刻辞職し、小野寺でも林芳正でも何でもいいので、米国からリベラルと評価されている自民党議員に禅譲することだ。
これは安倍首相の為でもある。一説によれば、第一次安倍政権は、小沢に会えなくなったというよりも、その結果で給油支援ができなくなったことで、ブッシュ政権から否定的な反応を受けたことでどうしようもなくなり精神的に持たなくなり崩壊したという。そういった精神力しかない人間に一国の首相という重責を担わせるのは、非人道的というべきものである。

今の我が国を取り巻く戦略環境において、日米関係を悪化させ、日本の品位を低下させる、第二の鳩山由紀夫を存在させる余裕はどこにもない。亡くなった英霊も靖国の為に日本が焦土になることを望んでいないだろう。(正確には、安倍首相は、対中挑発を繰り返し、ブッシュ政権に見捨てられた陳水ヘン総統に近いと思うが)

注1:過日、訪日したヘーゲル国防長官とケリー国務長官は、40年振りの高官として、千鳥ヶ渕戦没者公園を訪問し、「ここが日本版アーリントンだ」とした。なお、安倍首相は、その前に共和党の中でもかなり変な学者の意見を採用して、「靖国はアーリントンです」と答えていることから、米国の明確な警告と言えよう。また、ジョセフナイ氏も靖国訪問は日本にとって大変なことになると、彼のtwitterで先日呟いている。

注2:事実、安倍首相は衆院選勝利の直後に会おうとしたが断られ、就任後に会おうとしたがまた断られ、2月までオバマに会えなかったり、その後もシリア問題でオバマがピンチになるまで会えなかったりをしている。

注3:オバマ政権は、発足当初に微妙なニュアンスを変えることで、尖閣諸島防衛を放棄するような発言の示唆したことがある。その後の中国の問題行動によって、路線変更は放棄されたが、これは警戒すべき事象である。 
                        以上

* * * * *

 何分にも米国は、自国の考え、利益をと~っても優先する国だし。しかもオバマ大統領は、安倍氏のような思想を好んでいない上、かなりの現実主義者だ。
 それゆえ、安倍政権は米国のよきパートナーにはなり得ないと判断する日も近いのではないかな~と思ったりしている(&期待が高まっている?)mewなのだった。(@@)

                         THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-01-02 20:23 | (再び)安倍政権について | Trackback(1)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21524351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from マスコミに載らない海外記事 at 2014-01-03 22:29
タイトル : 日本が戦争をできるようにしたい安倍首相とオバマ大統領
アン・ライト元陸軍大佐2013年11月8日War is a Crime 強烈な攻撃下にある日本の素晴らしい“非戦”憲法条項 第二次世界大戦終結後、敗北した日本国民の為に、ある程度は、アメリカ合州国が書いた日本憲法は、紛争を解決する手段としての戦争を否定している。日本憲法前文は、第二次世界大戦中、アジアでの日本政府の残虐... more