「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

黒を白、あるものをなきものに..
at 2017-05-27 04:41
与党が前川招致に応じず&民進..
at 2017-05-26 04:58
前次官が加計問題について会見..
at 2017-05-25 18:56
加計文書、前文科次官が信憑性..
at 2017-05-25 04:46
共謀罪、おぞましかった強行採..
at 2017-05-24 06:52
安倍も大西もつける薬がない!..
at 2017-05-23 02:38
安倍政権がやりたい放題できる..
at 2017-05-22 02:35
淳、松尾貴史、佐野元春なども..
at 2017-05-21 02:18
加計文書~関係者が信憑性、存..
at 2017-05-20 03:57
加計が獣医学部にこだわるわけ..
at 2017-05-19 02:56

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米大統領初の弾劾の可能性..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
時代遅れも甚だしい・今に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の脅威が日本に戸波..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
非人道兵器クラスター爆弾..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
百年後のチェルノブイリは..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
マスコミ 101 アメ..
from 邪馬台国 下関
ソフトバンクが巨額投資フ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
内閣支持率3ヶ月連続の減..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
尖閣諸島を固有の領土と日..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アベンドゲート疑惑で、今..
from 51%の真実

最新のコメント

コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30

ブログパーツ

タグ

(1220)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(151)
(149)
(146)
(143)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍は米主導で中韓と関係改善?+ロシア外交にも影響+経済団体の苦しい反応


頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 昨年末の報道記事になるのだけど・・・。
 安倍首相の靖国参拝を受けて、経済団体のTOPの反応が面白かったので、ここにアップしておきたい。

『安倍晋三首相が26日、靖国神社を参拝したことにについて、経済界では一定の理解を示しながらも、ビジネス面への影響に配慮してか、参拝の是非に関する言及は避けた。

 長谷川閑史経済同友会代表幹事(武田薬品工業社長)は「一国の首相が熟慮に熟慮を重ねて決められたことですから、責任もご自分でおとりになるでしょう。それ以上のコメントはありません」と語った。

 小林喜光・経済同友会副代表幹事(三菱ケミカルホールディングス社長)も「ノーコメント。コメントを出さない理由はいろいろあるんだよ」とのみ語った。東京都内のホテルで記者団の質問に答えた。

 日本商工会議所の三村明夫会頭は「安倍総理が熟慮された上でのご判断であると理解している。それ以外のコメントは控えたい」とのコメントを発表した。(産経新聞13年12月26日)』

* * * * *

 実際のところ、これらの経済団体に加盟している企業の中には、中国に進出しているところ 韓国と商売をしている企業がかなりあるのではないかと思うし。
 ただでさえ、安倍政権が始まってから中韓との関係が悪化して困っているところに、靖国参拝
までされて、かなり立腹している部分があるのではないかと察する。

<経済同友会は、小泉元首相が靖国参拝を続けていたため、日中関係が悪化していた06年に、「日本の自主的な判断として、首相が参拝を控えるとともに、民間人を含む戦争の犠牲者を慰霊し、不戦の誓いを行う追悼碑」を国として建立するように政府に提言を行なったりもしていたのにな~。(・・)>

 でも、アベノミクス・ムードによる円安株高や景気回復や、安倍首相の外交セールスの恩恵に頼るしかない今日、経済団体のTOPたちも、言いたいことが言えない、批判したくても批判できないような状況に陥っているんだな~としみじみ実感させられる記事であった。(@@)

<さすがに「理解or支持できる」とまでは言えず。「責任もご自分でおとりになるでしょう」「コメントを出さない理由はいろいろあるんだよ」とクチにするのが、精一杯の非難だったのかもね。(~_~;)>
 
 ただ、このような大企業がスポンサーになっているメディアの多くも、安倍首相を正面から叩くことは難しくなっちゃうわけで。
 それがまた安倍首相の暴走を助長させることにつながるのかと思うと、ぞ~っとしてしまうmewなのである。_(。。)_

* * * * *

 こうして、国内では「敵なし」のような状態の安倍政権なのだけど・・・。

 今回の靖国参拝に怒りの声明を出した米国は、今年は年初から、日本政府に中韓との関係改善に努めるように、思いっ切り圧力を強めて来そうな感じがある。(~_~;) 
  
今月4日、小野寺防衛大臣と米国のヘーゲル国防長官が、電話会談を行なったという。(・・)

 この電話会談は、もともと先月の27日に行なわれる予定だったもの。
 この日に、沖縄の仲井真知事が辺野古の海の埋め立て許可を出すのを受けて、米国が日本政府の努力を評価して謝意をあらわすと共に、普天間基地の移設に協力し合うことを確認することになっていた。
<これは、米国から、安倍内閣が辺野古移設推進の約束を守ったことに対して「よくやったぞ」とお褒めをあずかるための電話となるはずだった。^^;>

 ところが、その前日の26日に安倍首相が靖国参拝を強行したことに米国が怒り、「失望した」との声明を出したこともあってか、米国側から27日の電話会談は中止したいとの申し入れがあり、今月4日まで延期されていたのである。(~_~;)

『小野寺五典(いつのり)防衛相は4日、ヘーゲル米国防長官と電話で会談した。ヘーゲル氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、沖縄県が名護市辺野古の埋め立てを承認したことに関し、日本側の取り組みに謝意を表明。沖縄の基地負担軽減に向け、緊密に連携していく方針を確認した。
 小野寺氏は、安倍晋三首相の靖国神社参拝に触れ「不戦の誓いが本意で、中国や韓国の気持ちを傷つけるつもりは全くない」と強調。ヘーゲル氏からの言及はなかった。(産経新聞14年1月4日)』

『小野寺氏は会談後記者団に、安倍首相の靖国神社参拝についてヘーゲル氏に「二度と戦争を起こしてはならない(という)過去への痛切な反省の上に立って参拝したのが首相の意向だ。決して中国、韓国の皆さんの心を傷つけるものではない」と理解を求めたことを明らかにした。小野寺氏によると、ヘーゲル氏は特にコメントしなかったという。(読売新聞14年1月14日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 日本のメディアは、ヘーゲル国防長官が、中韓との外交について語ったことについては、何も報じていなかったのだが・・・。<おそらく防相や防衛省が、その点については語らなかったのだろう。>

 米国の国防総省の方は4日、この電話会談について、このように発表した。

『米国防総省は4日、ヘーゲル国防長官が同日朝(日本時間同日夜)に小野寺五典防衛相と電話で協議した際、日本が近隣諸国との関係改善に取り組む重要性を強調したことを明らかにした。安倍晋三首相の靖国神社参拝による中国、韓国との関係悪化を念頭に置いた発言とみられる。米国は首相の靖国参拝について国務省報道官らが「失望」を表明したが、閣僚が近隣諸国との関係改善を直接促したのは初めて。

 米国防総省によると、ヘーゲル長官は、日本が近隣諸国との関係改善に向けて行動するとともに、地域の平和と安定という共通目標のために協力を進めることが重要だと指摘。また「21世紀の安全保障上の課題に対処するため、同盟強化に向けた継続的な日米間の議論を期待している」と語ったという。(毎日新聞14年1月5日)』

 ヘーゲル国防長官は、4日の電話で、安倍内閣に、近隣諸国との関係改善に向けて行動するように要望をしていたのである。(・・)

* * * * *

 実は、米政府は2日にも、新藤総務大臣の靖国参拝の報を受けて、このようなメッセージを出している。

『米国務省のハーフ副報道官は2日の記者会見で、新藤義孝総務相が安倍晋三首相に続いて靖国神社を参拝したことについて「われわれは日本に対し、近隣諸国と協調し、対話を通じた友好的な方法で歴史(認識)をめぐる懸念を解消するよう働き掛け続ける」と述べた。
 ハーフ氏は「(日本と近隣諸国の)建設的な関係が平和と安定を促進し、米国の国益にもかなうと信じている」と強調。「われわれはすべての当事者に緊張を高める行動を取らないよう促す」と語った。
 首相参拝の際と同様に米国は「失望」したかとの問いに対しては「それぞれのケースは異なる。今回は違った地位にある違う人物(の参拝)だ」と述べるにとどめた。(時事通信14年1月3日)』

 また、『「われわれは問題がどの方向にいくかに焦点を移している」とし、沈静化に向けた日本側の対応を注視する考えを示した』という。(共同通信14年1月3日)

* * * * * 

 オバマ米政権は、今後日本に対し、中国や韓国との関係改善に向けた具体策を求める方針であるとのこと。

 今年4月には、オバマ大統領が日本を公式訪問するプランがあって(日中韓など全て回るんだけどね)、安倍首相もこの来日&首脳会談を楽しみにしているようなのだけど。
 オバマ政権は、この日本訪問も、安倍首相に中韓との関係改善を迫るカードとして利用する可能性がある。<日本だけ来日しないことになれば、安倍首相は面目丸つぶれになっちゃうもんね。>

『安倍晋三首相の靖国神社参拝を受けて、オバマ米政権が今後日本に対し、中国や韓国との関係改善に向けた具体策を求める方針であることが、3日分かった。複数の米政府高官が明らかにした。米側は、日本の指導者の靖国参拝は地域の不安定化を招くとして、首相が参拝を継続する可能性についても見極めたい意向だ。
 米政府の方針は、現状のままでは同盟関係への悪影響を避けられないとの認識を反映している。 
 オバマ政権は首相の靖国参拝に対し、「disappointed(失望)」を表明した。複数の日米外交筋は「特別に厳しい表現をしたのではなく、『がっかりした』という正直な気持ちを的確に表した」と説明。同盟国である米国の反対の立場が聞き入れられなかったことへの不満があると述べた。

 米国の靖国参拝への反対姿勢に対しては、衛藤晟一首相補佐官が昨年11月に訪米した際、ラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が「(参拝すれば)日米関係に悪影響が出る」と明確に伝えている。衛藤氏はこのとき、首相の靖国参拝は選挙公約だなどと主張したという。
 安倍首相が靖国参拝をした昨年12月26日、米側に「首相の決断」が伝えられたのは、参拝の約1時間半前だった。

 オバマ政権が懸念しているのは、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の再改定に対して中国を含む周辺国の反発が高まったり、アジア戦略の基礎となる日米韓の枠組みに亀裂が入ったりすることだ。現在の情勢は、域内の安定を最大の目標とするオバマ政権の「アジア重視」外交に水を差している。

 ハーフ国務省副報道官は2日の記者会見で、新藤義孝総務相が安倍首相に続いて靖国参拝したことを受けて「われわれは日米関係の今後の方向性を注視している」と改めて強調した。
 オバマ大統領は今年4月にアジアを歴訪する。約3年半ぶりの日本訪問が検討されているものの、地域の緊張がいつにも増して高まっている中、日本が中韓両国との関係改善策を打ち出せなければ、米政府内で訪日に否定的な声が高まる可能性もある。(時事通信14年1月3日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 さらに、中国や韓国には、安倍首相の靖国参拝を「ここぞ、チャンス」とばかりに、米国を「アンチ安倍日本包囲網」の方に呼び寄せたいという思惑がある。
  
 中国政府は、昨年末から、早速、米国、ロシア、韓国、ドイツ、ベトナムに電話をかけて、安倍首相の靖国参拝に対する問題意識を共有するように呼びかけを行なうなど、積極的な動きを見せていたのだけど。
<関連記事・『ブリンカー状態の安倍、靖国参拝で日本包囲網が&07年の小沢戦略で、野党の追い込みを。 』>

 韓国の外務大臣も、今週、米国を訪問し、ケリー国務長官らとの間で、安倍首相の靖国参拝や日本との関係について協議を行なう予定だという。

『韓国の尹炳世外相は5日、米国訪問のため、韓国を出発した。YTNテレビによると、尹外相は出発前、記者団に「最近の日本のさまざまな動きが韓日関係の発展や、北東アジアの協力関係への大きな障害物となっている」と強調。「米国もこうした問題への関心が高い。韓国の立場をはっきり伝えてくる」と述べた。
 尹外相は7日にケリー国務長官と会談するほか、オルブライト元国務長官、アーミテージ元国務副長官とも会談する予定。こうした場で、安倍晋三首相の靖国神社参拝などを取り上げる方針とみられる。 
 尹外相は、「張成沢処刑後の北朝鮮情勢や北東アジア情勢などを(米国と)年の初めに包括的に話し合えるいい機会だ」と語った。(時事通信14年1月5日)』

* * * * *

 問題は、安倍首相が、米国の要請にどのように応じるのかということだろう。^^;

 米国は、オバマ大統領が4月に訪日する条件として、それまでに中韓との首脳会談を行なうこと(最低限、会談をセッティングすること)を求める可能性が大きい。(・・)

 また、中韓は、安倍首相が、先の大戦の侵略性や、南京大虐殺や慰安婦の強制連行などの事実を強固に認めない歴史認識の持ち主であることを強く批判していて。
 安倍内閣が、今年から教科書検定制度を変更して、愛国心を検定基準に加えたり、歴史の教科書に政府見解を書き込ませたりしようとしていることに、大きな反発を示しているのだけど。

 米オバマ政権も、中韓と同様、安倍首相が、先の大戦の侵略性や、南京大虐殺や慰安婦の強制連行などの事実を強固に認めない歴史認識の持ち主であることを好ましく思っていないことから、首相に歴史認識や教育政策を改めるように求める可能性もある。(~_~;)

 実際、米政府は、昨年末、靖国参拝後に出した批判声明に「米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する」と記していたのである。(・・)

* * * * *

『日本政府は「対話のドアは常にオープン」と呼び掛け、首脳会談の機会を探ってきたが、首相の参拝で中韓との亀裂は深まり、「積み上げてきた努力が全て崩れた」(外務省筋)格好となった。
 同省幹部は「日中には冷却期間が必要。最低でも半年かかる」と語る。韓国とは、来年が国交回復50周年に当たり、事務レベルで関係改善を模索する動きもあったが、今月予定されていた日韓次官戦略対話の開催は困難な見通しだ。

 3月にオランダ・ハーグで開かれる核安全保障サミットには日中韓のトップも集う見通しだが、対話の糸口がつかめるかは未知数。今秋、北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議などを見据え、関係修復を探ることになりそうだ。(時事通信14年1月2日)』

 こうして見ると、3月の核安全保障サミットが中韓首脳と会談できる大きなチャンスになりそうな感じなのだけど・・・。
 ただ、もし安倍首相が、自ら譲歩する形で中韓との首脳会談の実現をはかろうとすれば、首相の支持基盤である超保守派からは、大ブーイングが起きることになるだろう。^^;

* * * * *

 保守勢力の中には、安倍首相の靖国参拝が、ロシアとの関係悪化につながり、北方領土の返還交渉に悪影響を及ぼすのではないかと懸念する声も出ている。(~_~;)

『日ロ関係は、プーチン大統領と昨年4回の首脳会談を重ねるなど、一定の進展があった。今月31日には、北方領土問題を話し合う外務次官級協議の2回目が東京で開催される。ただ、「領土問題を動かすのは首脳同士」(政府筋)。首相は2月のソチ冬季五輪開催中の訪ロを検討しており、プーチン氏の年内訪日も実現させたい考えだ。(時事通信14年1月2日)』

 安倍首相は、昨年、ロシアのプーチン大統領と積極的に会談を行なっており(オバマ2回に対して、プーチン4回だもんね)、北方領土の返還交渉の進展に期待を寄せる声が強まっていたのだけど。
 しかし、首相の靖国参拝に対しては、ロシア外務省も声明を出し、『「遺憾の念を呼び起こさざるを得ない」と批判』
『声明は、参拝の背景について「過去の歴史を正しく理解することは、日本と近隣諸国が今日、関係をつくる上で重要な基礎となっている」と指摘。その上で「第2次世界大戦の結果を巡り、世界で受け入れられている評価から日本社会を離れさせようとする試みが強まっている」とした。(朝日新聞13年12月27日)』

 ロシアは、戦勝国側として、日独伊のファシズムによる侵略から欧州やアジアを守ったと主張している立場だし。北方領土問題でも、あくまでも「日本は第2次大戦の結果を認めた上で交渉すべきだ」と考えているため、安倍首相の歴史認識に大きな問題性を覚えている様子。

 安倍首相は2月にプーチン大統領と会談を行なう可能性があるのだが。果たして、そこで靖国参拝や歴史認識の問題に関してどのような話がするのか、おそらく米国や中韓も、超保守派も注目しているのではないかと思うし。そこでの発言が、今後の安倍外交の行方に、大きな影響を及ぼすのではないかと思っているmewなのだった。(@@)
                          THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-01-06 14:26 | (再び)安倍政権について | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21538827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]