「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

安倍、今治からカツアゲ?加計..
at 2017-08-23 12:00
佐川国税長官の罷免を求める1..
at 2017-08-22 17:00
枝野、小池新党を自民党の補完..
at 2017-08-22 04:15
政界の流れを左右する民進党の..
at 2017-08-21 07:35
石破が佐川国税長官を批判+加..
at 2017-08-20 08:44
加計の補助金96億、今治市は..
at 2017-08-19 07:12
森友,いまさら開示に裁判続く..
at 2017-08-18 07:52
反戦ウーマン村本、「朝ナマ」..
at 2017-08-17 05:29
M撃ち落しを主張するヒゲの副..
at 2017-08-16 05:07
終戦記念日に問う~国民は日本..
at 2017-08-15 01:55

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

夏の日は熱いものとはいう..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
モリカケが内閣支持率に与..
from 51%の真実
欧米諸国では残業なしのフ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
小沢一郎氏が代表にならな..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
親が出生届を出す制度は出..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中東での戦争を止めなけれ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の勝ち・北朝鮮は米..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ミサイル撃ち落しをヒゲの..
from 御言葉をください2
地方大学活性化は良いこと..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
mewさんも、日本参戦を心配
from 御言葉をください2

最新のコメント

mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04

ブログパーツ

タグ

(1247)
(759)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

慰安婦問題でも米国の忠告軽視~安倍の偏向思想が人権問題化&日本の孤立化を招く

  これは、3月1日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】
 
 この記事では、『安倍は米韓にケンカを売るのか?河野談話の見直し示唆&TPPの交渉妥結も難航』(以下、前回の記事)の続報を・・・。

 菅官房長官が、先月28日の衆院予算委員会で、政府として河野談話の根拠となった元・慰安婦調査の再検証を行なうことを明言した。(@@)

 前回の記事にも書いたように、安倍首相&超保守仲間たちは、かねてから慰安婦の強制連行の事実はないと主張しており、河野談話の撤回or見直しを行なうべく、活動を続けている。
 また、安倍首相らは、先の大戦は自衛のための戦争だったと正当化し、日本の侵略性を否定しており、村山談話も見直すことを考えている。(~_~;)

 そして、来年は戦後70年、日韓国交回復50年を迎える節目の年になるだけに、安倍首相らとしては、日本の侵略性を認めた村山談話や、慰安婦に関する河野談話の撤回、見直しを進めたいところ。

 今回の政府による再検証は、河野談話の見直しを行なうことも視野に入れて行なわれるのは明らかなであるだけに、<まさに、前回の記事に書いたように「ケンカを売っちゃった」って感じで>韓国だけでなく、米国や中国からも強い反発を受ける可能性が大きいし。
 さらには、欧州諸国なども含め、世界からも批判を受け、日本が外交的に孤立化するおそれさえある。(-"-)

<それこそ安倍政権も米国とのパイプ役として頼りにしているアーミテージ元米国務副長官までもが、前日に従軍慰安婦問題に関して、現代の日本の人権保障や日本国民に対する高い国際評価を傷つけていると指摘し、それを否定する安倍首相らの言動をけん制していたほど。^^;>

 mewは、最悪の場合、オバマ大統領が4月に予定されている来日をとりやめることもあり得るのではないかと懸念している。(~_~;)

* * * * *

『菅義(よし)偉(ひで)官房長官は28日午前の衆院予算委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の根拠となった元慰安婦の聞き取り調査などの再検証について「秘密を保持する中で、政府としてもう一度確認することが必要だ」と述べ、政府内に検討チームを作る方針を表明した。再検証後には国会に報告する用意があるとの考えを示した。日本維新の会の山田宏氏への答弁。

 菅氏は、石原信雄元官房副長官が20日の衆院予算委で、慰安婦問題をめぐる韓国側の対応に関し「河野談話を出した当時の日本政府の善意が生かされていないのは非常に残念だ」と述べたことに対し「石原氏の誠に偽らざる思いだった」と指摘した。談話作成にあたり韓国側とすり合わせが行われたことについては「どのような形で行われてきたか、しっかり検証したい」と語った。

 安倍晋三首相は、世論調査などで再検証を求める声が高まっていることに関し「政治家は歴史に対して謙虚でなければならない。同時に政治家の仕事の評価は歴史家や専門家に任せるべきだという思いを新たにしている」と述べた。(産経新聞14年2月28日)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 しかも、実にタイミングが悪いことに(それとも、わざわざ、このタイミングを狙ったのかしら?)、折りしも、韓国では3月1日に「3.1独立運動」の記念日を迎えることから、反日ムードを高まっている時期だけに、安倍政権への反発も強くなっているような感じがある。

 菅官房長官が、国会答弁を行なった当日にも、早速、韓国外務省の報道官が、安倍内閣の歴史認識や河野談話見直しの動きを批判する論評を発表したとのこと。

 『韓国外務省報道官は28日、菅義偉官房長官が従軍慰安婦制度への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話の検証チームを設置する方針を示したことについて、「歴代内閣の歴史認識を継承すると口癖のように言っていたが、国際社会の誰も日本の言葉を信じなくなる」と批判する論評を発表した。

 報道官は「何かにつけてわれわれと対話を望むと言いつつ、一方で歴史を否定する言動を繰り返している」と批判し、「日本政府のこれまでの言葉がいかに虚構に満ちていたかを如実に示している」と指摘。「歴史の真実を否定すればするほど、日本は国際社会からさらに孤立し、日本政府が標ぼうする『積極的平和主義』も空虚な掛け声に終わるだろう」と主張した。(時事通信14年2月28日)』

* * * * * 

 朴大統領も「3.1独立運動」の式典で、安倍政権の動きを強くけん制する発言を行なったという。

『韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は一日、日本の植民地支配に対する「三・一独立運動」九十五周年の記念式典の演説で、旧日本軍慰安婦問題に直接言及して日本政府に「勇気ある決断」を強く求めた。慰安婦への軍の関与を認めた一九九三年の河野談話を日本政府が検証する方針を示したことにも「歴史の真実は、生きている人々の証言だ」と真っ向から反論した。

 朴氏は「無念と悲痛の中を生きてきて、今は五十五人しか残っていない日本軍慰安婦の被害者たちの傷は当然、癒やされなければならない」などと指摘。大統領就任直後の昨年の式典でも演説したが、慰安婦問題に直接触れたのは今回が初めて。

 朴氏は「人々の陳述と証人の声に耳を傾けようとせず、政治的利害のために証言を認めないのであれば、自ら孤立を招くだけだ」と強調。日本政府が二月二十八日に河野談話の根拠となった元慰安婦証言を検証する方針を正式に表明したことに対し、朴氏は即座に翌日の式典演説で批判した形だ。
 さらに朴氏は、日韓関係がこれまで発展してきたのは「(日本政府が)村山談話と河野談話を通じて植民地支配と侵略を反省し、未来に向かおうという歴史認識があったためだ」とも指摘。「日本政府が正しく、勇気ある決断をすべきだ」と述べ、日韓関係改善には歴史認識問題での安倍晋三首相の政治的決断が必要との立場を示した。(東京新聞14年3月1日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 困ったことに、安倍首相&超保守仲間たちは、中韓朝を敵視、嫌悪しているため、もともとこの三国とは、あえて仲良くしたいとは思っておらず。
 おそらく菅官房長官も、韓国からの反発や批判は承知の上で今回の発言を行なっていると思うのだが・・・。 

<これも困ったことに、超保守仲間やネトウヨなどの安倍首相の支持者の中には、首相&周辺が韓国を怒らせる言動を行なうと、むしろ喜んだり、賞賛したりするため、首相らはそちらの評判や支持を優先してしまう傾向がある。^^;>

 ただ、実のところ、米国も、安倍政権発足当時から、首相の靖国参拝と共に河野談話の見直しを警戒していた上に、安倍政権に対して日韓関係の改善を強く要望し続けているだけに、今回の安倍内閣の動きには、さらに「disappointed(失望)」すると共に、日本への不信感や不満が高まる可能性が大きい。(~_~;)
 
 つい先週には、米国の議会調査局が、安倍政権の慰安婦問題への対応を注目するとの報告書を発表したばかり。^^;

『米議会調査局は日米関係に関する報告書を公表し「安倍晋三首相の歴史観は第2次大戦に関する米国人の認識とぶつかる危険性がある」として、靖国神社参拝に踏み切った首相の歴史認識や周辺国との摩擦に懸念を示した。報告書は靖国参拝に米政府が失望を表す声明を出したことは「異例だった」と指摘。「首相が米国の忠告を無視し靖国を突然訪問したことは両政府の信頼関係を一定程度損ねた可能性がある」とした。(中略)

 首相や閣僚が歴史に関する発言や行動を重ねるのは、首相が強固な政治基盤を持っていることに起因しているとの見方も示した。また旧日本軍の従軍慰安婦問題が韓国系団体の運動によって「米国内でも認知されてきた」と指摘、安倍政権の対応が注目される問題の一つに挙げた。(共同通信14年2月26日)』

『報告書は、安倍総理大臣の靖国神社参拝について「東京とソウルの関係の冷え込みをアメリカ政府関係者は一段と懸念している。同盟国どうしの緊張は北朝鮮や、台頭する中国といった問題への連携した対応を妨げている」として、日韓関係の冷え込みは、アメリカの国益を損ねると懸念を示しています。(NHK14年2月25日)』

* * * * *

 また、27日に米国務省が公表した人権報告書にも、在日韓国人などに対するヘイトスピーチや慰安婦問題のことが取り上げられているという。

『米国務省は27日、2013年版の人権報告書を公表、在日韓国・朝鮮人の排斥を掲げる「在日特権を許さない市民の会(在特会)」のヘイトスピーチ(憎悪表現)を取り上げ、懸念を表明した。北朝鮮や中国の人権状況も批判した。
 報告書は同時に、日本政府高官らが公式にヘイトスピーチを差別をあおるものだとして退け、人権保護を約束しているとも指摘した。また従軍慰安婦問題で「取り組みを求める声に対して、日本政府は従来の謝罪を堅持している」と12年版とほぼ同じ表現で言及した。旧日本軍による関与と強制性を認めた、1993年の河野洋平官房長官談話を指すとみられる。(共同通信14年2月28日)』(全文*1)

 ちなみに、この報告書には、北朝鮮の強制収容所や公開処刑、中国の人権弾圧、シリアのアサド政権による化学兵器使用なども併記されており、米政府が、慰安婦問題を、これらと同列の人権侵害の問題としてとらえていることに留意すべきだろう。(・・)

 しかも、前回の記事にも書いたように、米国の政府や議会では、日本軍が従軍慰安婦の強制連行に関与していたことは、既成事実として認識されているところがあるため、安倍氏らの超保守派がそれを否定することを危険視、問題視する人たちが多いのが実情なのである。^^;

<それも、折角、報告書に『従軍慰安婦問題で「取り組みを求める声に対して、日本政府は従来の謝罪を堅持している」』と記しているのに、その堅持をやめてしまうとなれば、尚更に警戒されてしまうかも。(~_~;)>
 
* * * * *

 そして、実は、菅官房長官が、国会で上述のような答弁を行なう前日には、安倍政権も米国とのパイプ役として頼りにしているアーミテージ元国務副長官が日本政府に対して、こんな警告を発していたという。(・・)

『知日派の重鎮アーミテージ元米国務副長官は27日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について中国が外交的に利用できるとの観点から「反対だ」と述べた。参拝自体は、日本の指導者が国全体の利益を踏まえて判断すべきだとして、日本国内の問題だとの認識も示した。ワシントンでの会合で述べた。
 従軍慰安婦問題に関しては、現代の日本の人権保障や日本国民に対する高い国際評価を傷つけていると指摘。「安倍政権は21世紀の模範となるように日本を世界の舞台に押し上げてほしい」と求めた。
 シンクタンク「日米研究インスティテュート(USJI)」が開いた会合での発言。(共同通信14年2月27日)』

* * * * * 

 ちなみに、アーミテージ氏は、かつて海軍に所属。国防省の情報部員などを務めた後、ブッシュ政権では政策顧問団のメンバーとして活動。<スキンヘッドでやたらにガタイのいい人で。イラク攻撃の時に、日本政府に「Boots on the ground」(戦うための靴を履いて、グラウンドに立て!)と言って、協力を求めたことで有名に。^^;>

 日本やアジアの安保情勢に精通しており、今でも、たびたび来日したり、日本の政府や国防族の関係者と会ったりして、米政府や国防関係者の意向を日本に伝える(&従わせる?)パイプ役を務めており、いわゆるジャパン・ハンドラーズのひとりだとも言われている。^^;

<昨年11月、衛藤晟一首相補佐官が、安倍首相の靖国参拝に関して米側の意見をきくために訪米した際にも、アーミテージ氏に会っているし。参拝後にも、自民党議員が同氏の意見を求めているです。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 アーミテージ氏は、安倍首相が集団的自衛権の行使や9条改憲などに熱心に取り組み、米軍と共に太平洋・アジア地域の安保軍事戦略に協力する姿勢を示していることはおおいに評価しているのだが。
 他方で、安倍首相の超保守思想に基づく言動は、米国のアジア戦略にマイナスになると考えており、昨年から、安倍政権に対して、何度も慰安婦問題にタッチしないように(河野談話の見直しに着手しないように)、何度も警告していたという。

『知日派のアーミテージ元米国務副長官が30日に東京都内で講演した。「慰安婦問題での政治家の良識なき発言は人権尊重の模範だった日本の戦後70年の態度と非常に反する」と強調。「政治家はこの問題で発言すべきでない」と語った。
 アーミテージ氏は「安倍政権は右翼のナショナリスト政権だと思われている」と指摘。そのうえで「日本の政治家が発言すれば、中国は『ほら、見たことか』と喜ぶだろう。中国の拡張主義から目をそらしてしまうことにもなる」という見方を示した。(14年5月31日)』

『「来日中のアーミテージ元米国務副長官が自民党幹部と東京都内で会談し、歴史認識問題を巡って『従軍慰安婦問題に触れないでほしい』として強い懸念を伝えていたことが31日分かった。安倍晋三首相の靖国神社参拝に関しても『これまで積み上げたものを全て壊すインパクトがある』と強調した。日中、日韓関係の悪化を憂慮する米政府内の雰囲気を間接的に伝えたものだ。

 会談に同席した米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)幹部は慰安婦問題について『米政界のロビー活動は韓国が上手だ。日本が強硬姿勢を続ければ米議会が背を向ける』と指摘。旧日本軍の関与を認めた『河野談話』の見直し論が高まれば、日米関係にも悪影響を与えかねないと警告した。(毎日新聞13年11月1日)』

 しかし、「アーミテージ&米国の心、安倍知らず?」で・・・。

 安倍首相や自民党は、これまで共和党系の国防族との付き合いや助言を重視して来たのであるが。。今回の行為で、オバマ政権だけでなく、彼らの不信感も買ってしまった可能性がある。(~_~;)

* * * * * 
http://mewrun7.exblog.jp/21718449/
 『靖国参拝&側近発言で、最初からスレ違いだった日米の不満がお互いにプチ爆発』にも書いたのだが・・・。

 オバマ大統領は、もともと安倍首相のような戦前志向の国粋主義、民族主義的な超保守思想を好んでいないし。米国の政府やメディアも、安倍氏が首相に就任して以来、ずっとその右翼的な思想や歴史認識を警戒しているところがあったのだ。(-_-)

 それでも、米政府は、アジアでの安保戦略を考えて、オバマ大統領本人も含め、安倍政権にず~っと韓国や中国との関係改善を行なうように、粘り強く要請を続けていたのであるが。<それで、アーミテージ氏も、上述したようなアピールを続けていたのよね。>
 しかし、安倍首相が、米国の忠告を無視して昨年末に靖国参拝を決行したことで、ただでさえギクシャクしていた日米関係が悪化することに。

 その上、安倍内閣が、政府として慰安婦問題の再検証を行なうと明言したことで、米国の怒りや不満はさらに高まることは必至だし。下手すれば、今度はプチ爆発どころででは済まなくなるおそれがある。(@@)

* * * * *

 安倍首相は、天敵の中国に対抗するためにも、日米同盟を強化したいと考えており、昨年来、オバマ大統領に来日するように強く要望。ようやく今年4月、オバマ大統領が、アジア歴訪の一環として、日本を訪問することに決めたのだけど。

 しかし、日本側がオバマ大統領を国賓待遇でおもてなしするために、2泊3日の日程をとるように要望していたにもかかわらず、米政府は韓国の要望をきき入れて、日本には1泊2日しか滞在せず、その分、韓国を訪問する日程を組むことに。^^;
 これには、安倍首相の靖国参拝への不快感&韓国を日本同様に重視していることを示す意図があったと言われている。(~_~;)

 しかも、一説には、米政府は、オバマ大統領が来日する条件として、日本政府が早期の日韓首脳会談を実現することを挙げたとのこと。
 そこで、政府は、3月24,25日にオランダ・ハーグで開かれる核安全保障サミットの際に、、安倍首相と朴大統領の首脳会談をセッティングすることを検討し、外交ルートや関係者を通じて、打診を行なっていたようなのだけど。
 今回の慰安婦問題に関する政府の動きで、今月、日韓の首脳会談を行なうことは極めて困難になったと言えよう。(~_~;)

* * * * * 

 また、この辺りのことは、改めて書きたいのだが。ここに来て、ウクライナ情勢が悪化しており、オバマ大統領をはじめ、欧州各国の首脳は、ロシアの軍事介入に強い警告を発するなど、一触即発の状態に陥りつつある。(~_~;)

 ところが、安倍首相は、プーチン大統領とこの1年で5回も首脳会談を行なっており(オバマ大統領は、まともな首脳会談は1回だけ)、最近は、オバマよりプーチン寄りだという見方も出ているほど。<ソチ五輪の開会式も、欧米の首脳は、プーチンの人権抑圧政策に抗議する意図もあって、欠席したのに、安倍首相はしっかりと出席したしね。^^;>

 もし今後、ウクライナ情勢に関して、さらに「欧米vs.ロシア」の対立が激化した場合、安倍首相がはっきりとオバマ寄りの立ち位置をとらなければ、ますます日米関係が悪化する可能性があるし。
 下手すれば、オバマ大統領は、靖国参拝+慰安婦問題の怒りもあることから、(オモテ向きは、ウクライナ情勢が緊迫していることを大義名分にして?)、日本への訪問を中止する可能性も否定できず。
 さらに、日本は欧米&アジアの先進国や大国の中で、本当に孤立することになるかも知れないと、深く憂慮しているmewなのだった。_(。。)_
                          THANKS  、

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)





にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"




が在日韓国人へのヘイトスピーチに懸念



 米国務省は27日、2013年版の人権報告書を公表、在日韓国・朝鮮人の排斥を掲げる「在日特権を許さない市民の会(在特会)」のヘイトスピーチ(憎悪表現)を取り上げ、懸念を表明した。北朝鮮や中国の人権状況も批判した。

 報告書は同時に、日本政府高官らが公式にヘイトスピーチを差別をあおるものだとして退け、人権保護を約束しているとも指摘した。また従軍慰安婦問題で「取り組みを求める声に対して、日本政府は従来の謝罪を堅持している」と12年版とほぼ同じ表現で言及した。旧日本軍による関与と強制性を認めた、1993年の河野洋平官房長官談話を指すとみられる。

 北朝鮮については、約10万人を無期限に政治犯収容所に入れ、命を落としかねない過酷な環境に置いていると明記。恣意(しい)的な処刑の一例として、張成沢元国防副委員長の粛清を挙げた。ケリー国務長官は記者会見で、先週公表された国連報告書も踏まえ「ありとあらゆる拷問と人道に対する罪の証拠がある」と非難した。

 国務省の報告書は、金正恩第1書記の愛人を含む音楽家ら12人が公開処刑されたとの韓国メディアの報道も盛り込んだ。

 中国をめぐっては、インターネットの利用制限や政治腐敗に抗議する人々に対する弾圧を強化していると批判。司法制度の独立性の欠如が国家ぐるみの弾圧に拍車を掛けていると指摘した。

 報告書は13年に起きた深刻な人権侵害について、シリアのアサド政権による化学兵器使用を冒頭で取り上げた。

 報告書をまとめたゼヤ国務次官補代行は27日、ヘイトスピーチを取り上げたことについて「少数派への社会的差別や不寛容を正す必要がある」と説明。北朝鮮については、人権侵害を追及する強力な決議を3月の国連人権理事会で採択するよう各国に働き掛ける考えを示した。(共同)

 [2014年2月28日17時54分]
[PR]
by mew-run7 | 2014-03-01 17:44 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21737401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]