「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

党内外から、安倍官邸への反感..
at 2017-11-19 07:25
維新・足立、「朝日、死ね」と..
at 2017-11-18 06:35
安倍、米に高価な武器買わされ..
at 2017-11-17 09:27
加計問題は朝日の捏造と自民・..
at 2017-11-16 15:06
希望の党、小池代表の辞任と玉..
at 2017-11-16 07:54
加計長男もいずれは教授、学長..
at 2017-11-15 06:33
加計新妻が大学建設企業の取締..
at 2017-11-14 04:58
安倍内閣は「戦時内閣」になる..
at 2017-11-13 05:38
米国が衆院選、小池、前原も支..
at 2017-11-12 15:01
「排除」「モリカケ」のない流..
at 2017-11-12 06:52

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民の安全が第一だ・原発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
幼児教育の重要性を無視し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日米軍事演習についてのm..
from 御言葉をください2
人類の日常の楽しみは酒で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公明党は平和憲法擁護を明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
年収250万円未満の所帯..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮は解決済みとしてい..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
このインターネット時代に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1261)
(764)
(647)
(463)
(269)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(147)
(146)
(144)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍がついに米韓に屈して「河野談話」継承を明言+ロシアに思い届けるも、G7との間で苦悩


頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】


  昨日14日、安倍首相が、参院予算委員会で、河野談話や村山談話などを含め「安倍内閣は、歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる」「河野談話を見直さない」と明言したという。 (・o・)

 安倍晋三氏は、以前から河野談話の前提となっている慰安婦の強制連行の事実を否定。新政権になってからも、河野談話に関しては、「官房長談話なので、首相である自分はコメントしない」として、明確に言及するのを避けて来た。
 それゆえ、安倍首相が「河野談話を継承する、見直さない」と明言したのも、また村山談話も含め、歴史認識まで継承すると公言したのは、初めてのことではないかと思われる。(・・)

 何故、安倍首相は、この日、急に、このような国会答弁を行なったのか?(@@)
<しかも、わざわざ超保守っ娘で、稲田朋美氏の妹分・有村治子氏に質問させる形で。>
 
 複数のメディアによれば、斎木外務事務次官が12日に訪韓した際に、韓国側に14日の国会を見るように事前に伝えていたとのこと。
 また、NHK14日によれば、『政府はアメリカと韓国に対し、安倍総理大臣の14日の発言に注意を払うよう外交ルートを通じて事前に連絡していた』とのこと。『政府関係者は「韓国側に最大限配慮したものであり、日本の姿勢を理解してもらいたい」と述べて』いるという。(~_~;)

 つまり、昨日の安倍首相の国会答弁は、国民に向けたものというより、米韓の要求に応え(米韓の圧力に屈して?)、韓国&米国の政府向けに首脳会談をOKしてもらうために行なったパフォーマンスだったのである。(**)

<超保守派がよく、日本は中韓に土下座外交を行なっていると批判しているのだけど。土下座までは言わないものの、米韓に屈して、深~くアタマを下げたような感じがあるかも?^^;>

* * * * *

『安倍晋三首相は14日午前の参院予算委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」について「安倍内閣で見直すことは考えていない」と明言した。すでに菅義偉官房長官が記者会見で談話見直しを否定しており、首相が改めて強調した格好だ。自民党の有村治子氏への答弁。

 首相は「政治家、特に行政のトップにあるものは歴史に謙虚でなければならない」と説明。その上で、慰安婦問題に関し「筆舌に尽くし難い、つらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む」と語った。

 過去の「植民地支配と侵略」への「心からのおわびの気持ち」などを表明した7年の「村山富市首相談話」にも触れ、「歴史認識については歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる」と言明。さらに「歴史問題は政治・外交問題化されるべきものではない。歴史の研究は有識者や専門家の手に委ねるべきだ」との考えも示した。(産経新聞14年3月14日)』

『「この問題については、いわゆる河野談話があります。この談話は官房長官の談話ではありますが、菅官房長官が記者会見で述べているとおり、安倍内閣でそれを見直すことは考えていないわけであります」(安倍晋三総理大臣)(TBS14年3月14日)』

『安倍晋三首相が14日、従軍慰安婦制度への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話の見直しを初めて明確に否定した。慰安婦問題で誠意を示すよう求める韓国の朴槿恵大統領に対し、関係改善に向けたメッセージを送った形で、首相は、24日からオランダ・ハーグで開かれる核安全保障サミットに合わせた日米韓3カ国首脳会談の実現につなげたい考えだ。

 「金曜の集中審議を見てもらいたい」。政府関係者によると、外務省の斎木昭隆事務次官は12日、ソウルでの韓国外務省の趙太庸第1次官との会談でこう語り、14日の参院予算委員会では、首相から踏み込んだ発言があることを事前通告した。
 実際、首相は同日、河野談話について「安倍内閣で見直すことは考えていない」と明言。「官房長官が答えるのが適当」などとはぐらかしてきた従来の姿勢を転じた。元慰安婦に対しても「筆舌に尽くし難いつらい思いをされたことを思い、非常に心が痛む」と語り、気遣いを見せた。(時事通信14年3月14日)』 

* * * * *

 このブログでは、安倍前政権から何回も書いて来たことなのだが。<最近だと『菅の反論に反論~安倍は歴史に逆行してる!&安倍仲間は南京大虐殺も河野談話も否定』とか。>
 安倍晋三氏&超保守仲間は、若手議員の頃から、歴代内閣の談話や歴史認識を否定。特に慰安婦の強制連行の事実を強く否定しており、それを認めて謝罪した河野談話は撤回、見直しをすべきだとして、今に至るまで様々な活動を続けている。(~_~;)
 
 韓国は、安倍首相がそのような超保守思想&歴史認識の持ち主であることをよ~く知っていて。朴大統領や韓国政府は、安倍首相が、河野談話+αや、その前提となる歴史認識を肯定しない限り、首脳会談は行なえないと明言。これに対し、安倍首相らは、首脳会談に条件をつけるべきではないと主張していたため、安倍新政権が始まってから、日韓首脳会談が1回も行なわれないまま今日に至っている。^^;

 他方、米オバマ政権は、昨年来、日米韓で協力して北朝鮮対策を行なう計画を立てていること&東アジアの安定を望んでいることから、安倍政権に日韓関係の改善を行なうことを強く要求していたのだが。安倍首相が、昨年末に靖国参拝を行なったことで、日本と米韓との関係がさらに悪化することに。(~_~;)

 オバマ政権は、4月に大統領が来日する前に、日韓首脳会談を実現するように要望。米国が仲介にはいって、日米韓3国による首脳会談を行なってもいいとまで言ったため、日本政府は、3月下旬、オランダの核サミットの場で日韓or日米韓の首脳会談を行なうことを検討していたのだけど。
 何と先月末に菅官房長官が、河野談話の根拠となった元慰安婦の調査の再検証を行なうと言い出したことから、いわば米韓にケンカを売るような形になり、2国の大きな怒りを買うことになったのである。(@@)
<関連記事・『安倍は米韓にケンカを売るのか?河野談話の見直し示唆&TPPの交渉妥結も難航』>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 そして、ここからは、『米の警告で「河野談話見直し」を否定も、再検証とロシアに固執する安倍外交の行方』の続きになるのだが。

 この菅官房長官の再検証発言に対し、米国は、日本政府に歴史認識を肯定するように警告。<4月のオバマ来日を中止すると脅したという話も?^^;>
 菅官房長官は、この警告に応じる形で、10日の記者会見で、安倍内閣は「河野談話を見直すことはない」と発言したのであるが。米韓はこれだけでは、満足しなかった様子。(~_~;)

 安倍首相は、12日に斎木外務次官を韓国に派遣し、韓国側とオランダでの首脳会談に関して協議を行なうつもりだったのだが。韓国側との協議がうまく行かず、斎木次官は韓国で1泊する予定が、12日の夜に帰国することに。
 
 おそらく米韓は、首脳会談を行なう条件として、安倍首相自身が、河野談話の継承すると明言して、誠意ある対応をとることを要求していたと思われ・・・。
 安倍首相は、米韓に事前通告した上で、14日の国会で、上述のような発言をするに至ったのではないかと察する。(・・)

* * * * *

 この安倍首相の発言を受けて、韓国の朴大統領が、「韓国にとって幸いだ」と評価するコメントを出したとのこと。 (・o・)

『韓国の朴槿恵大統領は、安倍晋三首相が河野洋平官房長官談話の見直しを否定した一連の発言に関連し、「安倍首相が村山談話と河野談話を継承する立場を発表したことは(韓国にとって)幸いだと考える」と述べた。大統領府が15日発表した。朴大統領が安倍首相の歴史認識を肯定的に評価したことで、日韓や日米韓の首脳会談に前向きな姿勢に転じる可能性が出てきた。
 朴大統領は「慰安婦被害者の傷が小さくなり、韓日関係と北東アジアの関係が強まる契機になることを願う」とも述べた。(時事通信14年3月15日)』

<韓国外務省当局者も、14日に異例の評価コメントを出していたのよね。『「(日本の植民地支配を謝罪した)村山談話を含め、歴代内閣の歴史認識を継承すると言及したことを評価する」と述べた。韓国が歴史問題で日本の対応を前向きに評価するのは異例。(毎日新聞14年3月14日)』>

 また、米国も、安倍首相の発言を歓迎する意向を示しているようだ。^^;

『米国務省当局者は14日、安倍晋三首相が国会で従軍慰安婦問題に関する「河野談話」などを見直さないと表明したことについて、毎日新聞の取材に「我々は首相の答弁を歓迎し、明確な進展だとみている」と答えた。日米韓3カ国の連携を重視する立場から、首相の答弁が日韓関係改善に向けた一歩になるとの認識を示したものだ。
 当局者は、河野談話や、日本の過去の植民地支配と侵略を謝罪した「村山談話」について、「日本が近隣諸国との関係を改善するための取り組みの上で重要な節目となった」と指摘。首相答弁を歓迎し、「日韓両国が対話を通じた友好的なやり方で意見の相違を解決するため共に取り組むよう促す」と強調した。(毎日新聞14年3月14日)』

* * * * *

 これで日韓首脳会談の実現に向けて、大きく一歩を前進したような感じがあるのだが、まだ韓国側の安倍内閣の不信感は残っているように見える。^^;

『ただ、河野談話の作成経緯の検証表明など韓国側には依然不信感も根強く、外務省当局者は「安倍首相の発言が真摯(しんし)なものかどうかは、今後日本政府や政治指導者がどう行動するかにかかっている」と強調、慎重に見極めたい考えを示した。核安全保障サミットまでに、韓国で問題視される日本の政治家の発言などがなければ、日米韓首脳会談に応じる可能性がある。(毎日新聞14年3月14日)』

 その大きな要因の一つには、菅官房長官が、「河野談話は見直さない」ものの、14日の国会でも『河野談話の作成経緯の検証に関し、韓国側とのすり合わせについて「談話作成過程の実態を把握することが必要だ。しかるべき形で明らかにすべきだ」と重ねて言及』していることがあるだろう。(時事通信14年3月14日)』

 菅官房長官は、検証の内容に関しては大きく後退させる意向を示したのだが。政府による再検証に固執し続けているのである。
 
『菅義偉官房長官は13日の参院内閣委員会で、従軍慰安婦への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の「河野談話」について、作成の過程で日韓両政府によるすり合わせがあったかどうかに絞って検証する方針を明らかにした。元慰安婦への政府の聞き取り調査結果の信ぴょう性は「検証は不可能だろう」と明言し、当時の調査も含めて検証するとのこれまでの説明を修正した。(中略)
菅氏は「聞き取りは非公開で行われ、表に出さない約束なので、当時の文書を確認するだけにとどめたい」と答弁した。有識者による検討チームの役割について、「(石原氏が)すり合わせが行われた可能性に言及したので、日韓間のやりとりを検証したい」と述べた。(毎日新聞14年3月13日)』

* * * * *

安倍首相は、日本最大の超保守団体・日本会議に所属する自民党や維新の太陽族(元自民党が多い)の議員、そして同じ思想を持つ識者や国民の強い支持を受けて、総裁&首相の座に復帰し、政権を運営している。(・・)
 
 そして超保守派の多くは、安倍首相が河野談話の撤回や見直しを行なうことに大きな期待を寄せていたことから、首相が今回、米韓の圧力に屈して、河野談話や村山談話&その歴史認識を継承すると発言したことには、大きな失望感や不信感を抱くのは必至だろう。
 それゆえ、菅官房長官は、「政府として河野談話の再検証を行なう」ことをアピールし、超保守仲間&支持者の期待をつなぐ最後の砦にしたいと考えているのだ。(~_~;)
  
 ただ、菅氏が中途半端に再検証にこだわり続けた場合、米韓の不信感も払拭できず。しかも、超保守派の期待も取り戻せないという状況に陥りかねないようにも思われ・・・。
 安倍首相は、欧米とロシアの間と同様、こちらでも米韓と超保守派の板ばさみになって、どっちつかずのコウモリくんになってしまうおそれがある。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍首相は、ウクライナ問題に関しても、相変わらず欧米とロシアの板ばさみになって、苦しい状態が続いている。(@@)
  
 これは、『安倍はオバマの主張(ロの脅威や制裁)に同調できず。ロとの板ばさみに苦悩し、安保外交が迷走か』『米の警告で「河野談話見直し」を否定も、再検証とロシアに固執する安倍外交の行方』の続報になるのだが・・・。

 
 安倍首相は、12日に自分の外交ブレーンでもある谷内安全保障局長をロシアに派遣。谷内氏は、ロシア外相やプーチン大統領の側近と会談を行ない、日本側の立場を伝えたという。

『谷内正太郎・国家安全保障局長が12日、ロシアのラブロフ外相と会談。ウクライナ情勢をめぐりロシアと欧米の関係が悪化している中でも、日ロ間の対話は継続していく考えを伝えた。

 モスクワのロシア外務省で行われた会談の冒頭、ラブロフ氏は「国際情勢は緊迫しており、共にあらゆるレベルで解決方法を模索することが大切だ」と述べた。谷内氏は「いかなる問題があったとしても、日ロ間では対話を続けることが重要だ」と強調。「安倍晋三首相からもロシア政府要人と議論するよう指示を受けている。安倍晋三首相とプーチン大統領との信頼関係を基礎に日ロ関係をますます発展させたいと考えている」と述べた。

 会談後の日本側の説明によると、谷内氏はウクライナ新政権との直接対話に応じ、事態を平和裏に収拾するようラブロフ氏に求めた。(朝日新聞14年3月13日)』


『【モスクワ時事】谷内正太郎国家安全保障局長は14日、モスクワのホテルでロシアのパトルシェフ安全保障会議書記と会談し、ロシアがウクライナのクリミア半島を掌握した問題で自制を求めた。パトルシェフ氏はロシア側の立場を説明した。

 谷内氏は、ウクライナの主権と領土を尊重すべきだとする日本の立場を伝達。ウクライナ新政権との直接対話や、クリミアやウクライナ東部への国際監視団受け入れに応じるよう促した。

 パトルシェフ氏はプーチン大統領の最側近で、両氏の会談は谷内氏の国家安全保障局長就任後初めて。両氏は、今後も接触を継続することで一致し、タス通信によると、パトルシェフ氏は「安倍晋三首相と大統領の良好な関係をさらに発展させるのがわれわれの仕事だ」と述べた。(時事通信14年3月14日)』 

* * * * *

 安倍首相は、先週、谷内氏をロシアに派遣する意向を発表した時には「日米などG7やEUの考えを伝えるため」と言っていたのだけど。14日の国会では「日本の立場を伝えるため」と答弁。

 上のリンク記事にも書いたように、安倍首相がこの時期に安倍ブレーンの谷内氏をロシアに送った主目的は、安倍首相のプーチン大統領への思いを伝えて、折角1年かけて築き上げて来た2人の関係を保持したいという思いが強かったからだろう。(・・)

<つまり日本政府はG7の一員として、欧米と同じ歩調をとらなければならない立場にあるけど。でも、安倍首相は、本当はプーチン大統領やロシアとの関係をと~っても大事に思っていて、ロシアと敵対する気は毛頭ないんですよ~と、念を押しに行ったんだよね。^^;> 

* * * * * 

 ただ、ウクライナ問題は、ロシアのクリミア編入に関して、明日にも大きなヤマ場を迎えようとしている。(@@)

 というのも、明日16日に、クリミア自治共和国で、ロシアの編入に関する住民投票が行なわれようとしえちるからだ。^^;

 欧米諸国は、ロシアがクリミア地域を実質的に軍事力を用いて占拠して、クリミア地域が視察団を受け入れようとしないことを強く批判すると共に、ロシアがウラで主導する形で、クリミアに住民投票を行なわせて、ロシアに編入しようとしていると指摘。
 G7は、住民投票を中止するように要求。もし住民投票を強行して、ロシアがクリミアの編入を実行に移そうとした場合には、追加制裁をとると警告している。^^;、

『日米欧の主要7カ国(G7)と欧州連合(EU)の首脳は12日、ロシアに対し、ウクライナ南部クリミア半島の編入に向けた取り組みの停止を求める共同声明を発表した。クリミア自治共和国が16日に予定するロシア編入の住民投票は、法的効力を持たず「結果を承認しない」と強調。ロシアがクリミアを編入すれば「さらなる行動をとる」と追加的な制裁を発動すると警告した。(日本経済新聞14年3月12日)』

 そして、安倍首相も、このG7の警告に従い、12日の参院予算委員会で、ウクライナ情勢について「ロシアによるクリミア併合は、国連憲章やロシア・ウクライナ両国の条約などの明確な違反になる」と発言。ロシアのクリミア編入を認めない方針を示したという。(・・)

* * * * *

 米国のケリー国務長官はロシアを訪問し、ラブロフ外相と会談。クリミア編入を強行しないように求めたものの、ロシア側は、これに応じなかったとのこと。

『ウクライナ危機を巡り、ロシアは14日の米ロ外相会談でも強硬姿勢を崩さなかった。ラブロフ外相は記者会見で、2月の政変に伴うウクライナの政権移行の「合法性」確保をあくまで求める立場を表明。クリミア半島で16日に行われるロシアへの編入を問う住民投票について「クリミアの住民の意思表明を尊重する」と述べ、欧米やウクライナ新政権が譲歩しなければ「編入」も辞さない方針を示唆した。(中略)
 ラブロフ外相はまた「(親ロ派住民が多い)ウクライナの南部や東部を侵略する計画はない」と強調、クリミア半島以外に軍を展開しない考えを示唆した。(日本経済新聞14年3月15日)』

 欧米もロシアも、軍事衝突や過度の経済制裁合戦を避けたい点では、考えが一致しているようなのだが。下手に妥協すると、オバマ大統領もプーチン大統領も、国内&周辺国からの支持を失いかねないだけに、お互いにコブシを振り下ろしにくくなっているような感じも。

 そして、その間にはさまれた安倍首相は、明日から両者の対立がどのような方向に発展するのか、今頃、ハラハラドキドキしているのではないかと察するmewなのだった。(@@)

                      THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-03-15 14:10 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21786302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]