「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

立憲民主&民進リベ系で、野党..
at 2017-10-17 04:57
世論はアベ続投を望まず!+自..
at 2017-10-16 03:32
前原こそ国民を愚弄~本人がツ..
at 2017-10-15 04:51
国民は安倍と北朝鮮攻撃を支持..
at 2017-10-14 05:32
希望失墜→自民圧勝はマズい。..
at 2017-10-13 03:34
希望、代表以外の役員を決めず..
at 2017-10-12 05:47
民主が希望に並んで来た!~日..
at 2017-10-11 05:18
福島原発事故で、国と東電の責..
at 2017-10-11 01:42
モリカケで抗議デモ。国民は忘..
at 2017-10-10 05:46
安倍、モリカケで朝日に気色ば..
at 2017-10-09 21:17

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

平和憲法を守れ、総選挙で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米カリフォルニア州で発生..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
結局、北朝鮮有事が起こる..
from 51%の真実
世界遺産などの登録も行っ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望党の参入は野党共闘を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
福島原発訴訟の判決で被害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
希望の党の結成参加で見通..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
次世代を担う若者が自民党..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
鳩山由紀夫氏・カムバック
from 反戦塾
平成21年(9年前)で発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47
 コメント欄のなくなった..
by 重ねてすみません(しょう) at 17:36
 mewさんこんにちは。..
by 伊東 勉 at 02:21

ブログパーツ

タグ

(1253)
(759)
(647)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(153)
(149)
(146)
(145)
(144)
(132)
(126)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

北朝鮮ミサイルに破壊措置命令~情報を隠す安倍NSC。秘密主義&独断的な軍事強化はアブナイ


これは、4月5日、2本めの記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 4日に『安倍自民は、北朝鮮有事を想定して解釈改憲を急ぐのか?+渡辺を辞任に追い込む新証拠メール』という記事の中で、北朝鮮の情勢が不安定になっていて、いつどのような形で暴発するかわからないらしいという話を書いたのだが・・・。

 小野寺防衛大臣が3日に、北朝鮮がミサイル発射に備えて、破壊措置命令を出していたことがわかった。(@@)
 米韓では、北朝鮮が核実験に先駆けて、または同時に中長距離のミサイル発射実験を行なうのではないかという観測が出ているという。(-_-;)

 破壊措置命令の発令は5回目。過去3回は北朝鮮によるミサイルの発射予告を受けて発令され、国民にも公表されていたのだが。安倍新政権では、昨年4月、北朝鮮の予告がないにもかかわらず、発令。公表もされなかった。(-"-)

 もちろん政府が知り得た情報を、全て国民に公表することはできないとは思うのだけど。
 安倍政権は、昨年12月に、NSC(国家安全保障会議)を設置(&同時に秘密保護法も制定)しており、首相や周辺閣僚、スタッフの間だけで収集した情報をキープ、分析して、独断で判断を行なおうとする傾向にある。(ーー)

<後述するように、先月、北朝鮮ミサイル発射した際も、情報の公表が遅れ、自民党内からも不満が出ていたんだよね。^^;>

 NSCや&秘密保護法が作られた時にも書いたことだが・・・。
 主権者たる国民(他の政治家、識者など含む)が、国や自分たち国民の安全に関する情報が得られないこと、そして政府が国民の知らない間に恣意的な判断によって、重大な安保軍事政策を決めて、実行に移して行くようになることほどコワイ&アブナイことはないわけで。
<どんどんと戦前に近づいて行っていると思いません?(`´)>

 mewの警戒アンテナは、ビクビクと動き出しているです。(**)

* * * * *

『北朝鮮による弾道ミサイル発射の可能性が高まっているとして、小野寺五典防衛相が3日、自衛隊法に基づく破壊措置命令を出したことが分かった。命令は公表されていない。北朝鮮との拉致問題などをめぐる政府間協議が続いており、影響を考慮したとみられる。政府関係者が5日、明らかにした。

 北朝鮮は3月26日に中距離弾道ミサイル「ノドン」2発を日本海に発射した。命令は追加の発射に備えるためで、海上配備型迎撃ミサイル「SM3」を搭載した海上自衛隊のイージス艦が、日本海に展開している模様だ。命令期間は北朝鮮軍の創建記念日に当たる今月25日まで。地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」の配備を見送るなど、規模は最小限にとどめた。

 北朝鮮のミサイル発射に備えた破壊措置命令は、2013年4月に続く5回目。

 今回は配備が北朝鮮にすぐに伝わるPAC3の展開は行わない方向で、北朝鮮を過度に刺激することを避ける狙いもあるとみられる。(毎日新聞14年4月5日)』

『破壊措置命令は自衛隊法に基づき、小野寺防衛相が発令した。迎撃ミサイル「SM3」を搭載したイージス艦を25日まで日本海に展開し、弾道ミサイルが日本に落下する恐れがあれば、自衛隊はミサイル防衛(MD)システムで破壊する態勢を取るとみられる。地上配備型の地対空誘導弾「PAC3※」部隊は、配備が国民の目に触れやすいため、展開していない。

 破壊措置命令の発令は5回目。過去3回は北朝鮮によるミサイルの発射予告を受けて発令され、公表された。昨年4月は予告なしで発令され、公表もされなかった。(読売新聞14年4月5日)』

* * * * *

『【ワシントン共同】日米韓の情報当局が、「新たな形態の核実験も排除しない」としている北朝鮮について、核実験より先に中・長距離弾道ミサイル発射実験を行う可能性があると判断、監視を強化していることが5日分かった。複数の外交筋が明らかにした。ただ、いずれの実験も差し迫った兆候は確認できないとしている。

 3月30日の北朝鮮外務省声明は、米韓両軍の合同訓練に対処するため、北朝鮮軍の訓練には「中・長距離目標に対して異なる打撃力を活用する訓練」が含まれると明言。これを米国が「挑発」と問題視するようであれば、核実験も排除しないとの主張を展開している。(中日新聞14年4月4日)』

『4日付の韓国紙、東亜日報は、北朝鮮が北東部豊渓里(ブンゲリ)の核実験場での核実験と、北西部東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場での長距離弾道ミサイル発射実験を同時に実施すべく準備していると報じた。韓国軍高官の話としている。韓国国防省報道官は、報道を否定した。

 核実験と長距離弾道ミサイル発射実験を同時に行ったことはなく信憑(しんぴょう)性は不明。同時実施に踏み切れば、いずれも国連安全保障理事会の決議違反となり、国際社会の強い非難を招くのは必至だ。
 同紙によると、3月末から豊渓里と東倉里で人や物資の動きが継続的に確認されており、米韓当局は、北が今月中に核実験と発射実験の準備を終える可能性が高いとみて集中的に監視中だとしている。 (共同通信4月5日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆




 mewには、安倍首相&周辺が、北朝鮮の情勢について、どのような情報を得ているのか知る由もないのだけど。

 mewは、安倍首相が、3月5日の参院予算委員会で、北朝鮮で内乱が起きることを想定して、米国に日本人拉致被害者の救出を要請しているという答弁をしたことが、妙に引っかかっていたりもする。^^;

『安倍首相は、参議院予算委員会で、北朝鮮で内乱が発生した場合に備えて、アメリカに日本人拉致被害者の救出を要請していることを明らかにした。
安倍首相は「北朝鮮の内乱のような事態に際して、拉致被害者を救出することは困難であると考えます。わたしたちは、拉致被害者等々の情報も、米国側に提供しながら、必要なときの協力は常に求めている」と述べ、北朝鮮で内乱が起きた際に自衛隊の特殊部隊を拉致被害者救出のために派遣することは、憲法上難しいとの認識を示したうえで、同盟国のアメリカに協力を要請していると話した。(FNN14年3月5日)』

 また、昨日も書いたように、安倍首相と韓国の朴大統領が、(イヤイヤながらも、双方ともに大譲歩して?)オバマ大統領が主導する日米韓首脳会談に応じることに決めたのも、北朝鮮情勢を危惧してのことかな~と思ったりもしている。^^;

* * * * *

 安倍首相は、前政権の時から、日米が共同して北朝鮮のミサイルに対応するためにも、集団的自衛権の行使容認が必要だと主張しているのだけど。
 思えば、3月31日の参議院決算委員会の答弁でも、その点をやけに強調していたし。小野寺防衛大臣も、北朝鮮に関して、状況が緊迫していることを示唆していた。
 
『安倍総理大臣は、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射したことに関連して、「集団的自衛権に関しては、例えば日本海側に配備されているアメリカのイージス艦が迎撃に当たる際、手薄になる周りのイージス機能を自衛艦がカバーできるのであれば、より一層、わがほうの守りは堅くなる。抑止力の向上につながり、結果としてそれを打ち破ろうとする国がそうしたことをしない可能性が高まってくる」と述べ、集団的自衛権の行使容認に重ねて意欲を示しました。

 また小野寺防衛大臣は北朝鮮の弾道ミサイルについて、「『スカッド』の改良型の場合も、『ノドン』を途中で燃料をカットした場合も考えられ、断定には精査が必要だ。北朝鮮のほうから砲撃があり、韓国側が対応するというように状況も緊迫しており、しっかり警戒・監視を続けていきたい」と述べました。(NHK14年3月31日)』

<安倍首相は、今日5日、来日中のヘーゲル国防長官と会談を行なって、北朝鮮への対応について協議したとも報じられている。>

* * * * *

 mew個人は、北朝鮮の情勢には詳しくないのだけど。北朝鮮ウオッチャ~(?)などに話をきくと、若い上、国政経験がない金正恩第一書記は、国全体や幹部をハンドルできず、権力闘争が激化&権力構造が複雑化しているようだし。金書記自身も周辺も、お互いに&中国に対しても疑心暗鬼になっているようで。国内はグチャグチャ状態で、いつ何が起きてもおかしくないし。他国への対応や軍部の行動も、これまで以上に読めないような感じになっているようなのだ。(-_-)

<昨日の記事にも書いたように、昨年末に張成沢元国防副委員長が処刑されたのを機に、国内ではどんどんと粛清が進められているし。米国に接近している&北朝鮮への支援が低減している中国に対しても疑心暗鬼になっているようで。今年1月には、国内の親中派3000人が拘束されて、山間部に追放されたとの報道もあったし。中国高官も北朝鮮訪問を断られたという話もあったりして、中国もコントロールできない状況にあるという見方も出ている。また、兵士にも食料が行き渡らず、地方では、金正恩批判をしている人たちが増えているなんて話もあり、国内の統制も乱れているらしい。(それで、尚更に粛清などの強権的な統治、対外への攻撃的な姿勢を強めることになる一方で、朝鮮総連確保や日本からの支援、日本と米韓との分断などなども考えて、急に横田夫妻と孫の海外での面会や日朝局長会議に応じたりしているのかも?)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 ただ、mewが問題だと思うのは、北朝鮮の情勢や日本政府の方針などに関して、ほとんど情報が得られないことだ。(**)

 実は、先月、安倍NSCの情報公開の問題に関して、こんな記事が出ていたのだ。

『自民党が5日開いた安全保障調査会などの合同部会で、昨年末に発足した政府の国家安全保障会議(NSC)が情報発信を抑えているとの不満が続出した。北朝鮮が3日朝発射した短距離弾道ミサイルに関する政府発表が同日深夜だったことにも批判の声が上がり、出席者が「『国民への周知が遅い』と民主党政権を批判してきたのに、同じことをしている」と声を荒らげる場面もあった。

 自民議員側は、北朝鮮が先月27日に発射したミサイルに関する情報が発表されていないことについて「なぜか」「特定秘密だからか」などと批判。政府側は「探知能力を知られたり(情報提供元の)他国との関係に影響しかねない」と理解を求めたが、これでは収まらず、日を改めて議論することになった。

 米政府は既に、北朝鮮が先月27日夕、短距離弾道ミサイル数発を日本海に向けて発射したことを明らかにしており、韓国国防省当局者も認めている。(毎日新聞14年3月5日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 前半部分に記した北朝鮮の核実験やミサイル発射実験に関する情報も、米国や韓国の政府関係者やメディアなどが出している情報なのであるが。
 私たち日本国民は、自国の政府+αから十分な情報が得られず。外国のメディアを通じてでないと、今、起きていること、おきているかも知れないことの情報を得られないような状態に陥りつつあるのが実情だ。(-"-)

<自民党の議員が「特定秘密だからか」と批判したというのには、笑いたくなってしまうとこがあったけど。あんた達が、安倍首相&仲間たちの言いなりになって、ちゃんと党内議論もせずに、あんなアブナイ悪法を安易に通しちゃったせいで、結局は、自分たちのクビまで締めることにつながるんだよ。(-"-)>

 一般国民が情報を得られないことも大きな問題なのだが。上の記事にもあるように、与党である自民党の安保調査会の国防に詳しい議員たちも、NSCが重要な情報を抱え込んでしまい、必要な情報を得られないことに不満を抱いている様子。

<「NSCが情報発信を抑えているとの不満が続出」「声を荒らげる場面もあった」、「これでは収まらず、日を改めて議論」という報道が事実なら、おそらく先月のミサイル発射実験に限らず、昨年末にNSCが発足してから急に、以前に比べて様々な情報を得るのが困難になっており、不満が鬱積しているのではないかと察する。^^;>

* * * * *

 NSCができるまでは、何か日本の安全が脅かされるような事態が生じた時には、自民党内の安保、海外情勢に詳しい国防・外交系議員も、パイプのある官僚その他から情報を収集し、その分析に努めて、首相&閣僚の判断をアシストして来た&時には抑制して来たところがあるし。<たとえ、国民には公表しなくても。^^; ただ、自民党内でも動きがあると、メディアも感知しやすかった面も。(・・)>

 専門的な知識を有する政治家や識者が、情報を共有して、様々な見解や主張を行なうことで、政府の判断の誤りや暴走を是正することも可能になると思うのだけど。<ひいては、一般国民の意思も反映しやすい&国民も心の準備がしやすいなどのメリットもあると思うです。(++)>

 でも、NSCが始まってからは、早くも情報分析も判断も密室の中だけで行なわれるようになっているようだし。<しかも、安倍ブレーンは偏った思想や主張の持ち主が多いだけに、彼らの助言や判断に頼ると尚更、誤った判断をする危険性が。^^;>
 これで、秘密保護法が施行された暁には、も~っと全てが密室の中に閉じ込められることになるわけで。日本は、とんでもアブナイ国になってしまうおそれが大きいのである。(ーー)

* * * * *

 しかも、安倍首相は、まだ与党内や国民の理解も得られていないというのに、勝手に解釈改憲の断行することを決めているようで。
 今日5日に米国のヘーゲル国防長官と行なった会談の中でも、あたかも集団的自衛権の行使容認は既定路線であるかのように伝えているのである。(>_<)

『安倍総理大臣は5日来日したアメリカのヘーゲル国防長官と総理大臣公邸で、およそ40分にわたって会談しました。
 この中で安倍総理大臣は、「アジア太平洋地域の安全保障環境が大きく変化し、日米同盟の重要性が高まっているなかで、アメリカがアジア太平洋地域を重視する政策を堅持する姿勢を明らかにしていることを歓迎する」と述べました。
 そのうえで安倍総理大臣は、「日米同盟が有効に機能し、地域の平和と安定につながるための法的基盤の整備も進めている」と述べ、憲法解釈の変更によって集団的自衛権の行使を容認するための検討を進めていることを伝えました。
 これに対して、ヘーゲル国防長官は日本の取り組みを歓迎する考えを示したうえで、「この1年で4回目のアジア歴訪となるが、その理由は、この地域におけるわれわれの友好国、同盟国に対し、アメリカのコミットメントを再び保証するためだ」と述べました。

 そして、両氏は、日米防衛協力の指針、いわゆるガイドラインの見直しをはじめとする、安全保障や防衛分野での協力を引き続き進め、今月下旬のオバマ大統領の日本訪問の機会も活用して、日米同盟を一層強化していくことで一致しました。
 また両氏は、海洋進出を強める中国や、核・ミサイル開発を進める北朝鮮、ウクライナ情勢を巡っても意見を交わし、力による現状変更の試みを決して容認しないことを確認しました。(NHK14年4月5日)』

* * * * *

 mewは、北朝鮮への対策を含め、日本の国や国民の安全を守るための防衛策を講じることは、もちろん重要だと考えているのだけど。

 ただ、安倍首相や保守タカ派勢力が(安倍前政権の時もそうだったのだけど)、北朝鮮や中国の危険性をアピールすることで(しかも、曖昧な情報によって)、国民の不安や恐怖心を煽り、それを大義名分にするような形で、集団的自衛権の行使を容認する解釈改憲を強行したり、日米ガイドラインの改定を行なって、日米軍一体化の活動を推進すたりすることには大きな問題を覚えている。(-"-)

 そして、どうか日本が戦前のように、国民が十分な情報を得られないような状況の中で、(どこかで?)戦争に参加したり、やがては他国との戦争に突入するような秘密主義の軍事国家に戻ることがないように、日本の与野党の政治家もメディアも、そして国民も、しっかりと声を上げて行かなければならないのではないかと思うmewなのだった。(@@) 

                          THANKS


【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


 
[PR]
by mew-run7 | 2014-04-05 21:37 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21861037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]