「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

今度は、山本がオウンゴールか..
at 2017-07-21 04:31
稲田も防衛省幹部も、曖昧な説..
at 2017-07-20 05:23
稲田、日報隠しで虚偽答弁か&..
at 2017-07-19 07:38
京産大、急に30年4月開学を..
at 2017-07-18 14:31
安倍、護憲勢力の反撃を実感?..
at 2017-07-17 05:08
下村、加計闇献金のデータ、元..
at 2017-07-16 11:49
前川、加計問題で、官邸の関与..
at 2017-07-15 03:53
安倍より前に和泉、木曽などを..
at 2017-07-14 06:11
読売の社長賞にア然。安倍の改..
at 2017-07-13 04:54
マスコミが加計理事長を扱い始..
at 2017-07-12 05:04

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

加計学園獣医学部は、大学..
from 星にも老いと死があるからといって
2011年3月の東日本大..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
中国で蠢動する日本人の振..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
ヒアリ定着は絶対阻止せよ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍内閣は終わりだ・内閣..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
災害の世紀のため北九州の..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
災害の世紀、今年の梅雨末..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「日本がアブナイ!」さん..
from 御言葉をください2
「都民ファーストの会」が..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
民進党・壊滅はまぬがれた
from たんぽぽのなみだ~運営日誌

最新のコメント

mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56
mewさん、7月3日5:..
by xtc4241 at 05:36
mewさん、6月25日p..
by xtc4241 at 14:59
築地市場移転問題につきま..
by 藤村眞樹子 at 11:32
mewさん、6月15日P..
by xtc4241 at 14:34
mewさん、6月9日pm..
by xtc4241 at 15:59
mewさん、6月8日pm..
by xtc4241 at 16:00
mewさん5月30日PM..
by xtc4241 at 16:04
mewさん5月28日4:..
by xtc4241 at 04:50

ブログパーツ

タグ

(1237)
(758)
(645)
(463)
(266)
(259)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(144)
(144)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

官邸が別の解釈改憲も計画~他国の紛争参加はOKに+安倍の尻尾振りに、オバマ振り向かず


  これは4月18日、2本めの(mewにしては短めの)記事です。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 まず、これは『大ウソだった限定容認論~多国籍軍参加も首相判断でOKの官邸の解釈改憲計画』の関連記事になるのだが。

 安倍首相が官邸に設けた有識者会議(安保法制懇)が、またまた妙な&どう見ても異端でアブナイ憲法解釈案を報告書に盛り込む方針を固めたという。(@@)

 彼らは、9条1項は、日本が当事国になっていない「国際紛争」への参加や武力行使は禁じていないという勝手な憲法解釈に変更することを提言。自衛隊は、他国が紛争している地域であれば、多国籍軍やPKOに参加して、武力行使&その支援活動を行なってもいいことにしようと主張しているらしい。(>_<)

『安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)は16日、憲法9条が武力行使を禁じる対象とする「国際紛争」に関する解釈の見直しを求める方針を固めた。武力行使を禁じるのは、日本が紛争当事国のときに限定する。国連平和維持活動(PKO)での武器使用基準の緩和などが狙いだ。5月に首相に提出する報告書に盛り込む。

 憲法9条1項は、国際紛争を解決する手段としての武力の行使は放棄すると規定。政府は「全ての国際紛争」が該当すると解釈しており、自衛隊が海外で活動するには、場所を「非戦闘地域」に制限したり、武器使用を必要最小限にしたりしてきた。

 安保法制懇は、従来の憲法解釈を見直し、武力行使を禁じる対象は「日本が当事者の国際紛争」に限定するよう求める。実現すれば、日本が当事国にならない限り、PKO参加中の自衛隊員が、離れた場所で攻撃を受けた外国隊員を救援する「駆け付け警護」ができるようになる。国連安全保障理事会決議に基づき戦闘中の多国籍軍への給油や弾薬提供などの後方支援も可能となる。(時事通信14年4月16日)』 

* * * * *

 憲法9条1項は、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と規定している。

 これまで憲法学者の大部分&政府は、この「国際紛争」は、日本が紛争の当事国か否かにかかわらず、全ての国際紛争を意味すると解釈して来た。

 だから、イラク戦争でもアフガン戦争でも、紛争地域に自衛隊を出すことはできないと。
 自衛隊をイラク戦争が終わった後の復興活動に派遣する時も、(まだ戦闘や内戦を行なっている地域があったので)あくまでも「非戦闘地域」に限って活動していいと。武力行使も急迫不正の侵害の事態に直面した時に自らを守るための最小限度のものに限るという条件をつけていたし。多国籍軍の武力行使に参加するのはもちろん、戦闘に参加する航空機や艦船への給油や、兵士や武器の運搬など、武力行使と一体となるような後方支援する活動も禁じて来た。(・・)

 そして、そのように9条1項の文言や趣旨を解釈し、できる限りそれを守ろうと努めてして来たからこそ、日本は、戦後70年近くにわたり、他国と武力衝突することもなく、他国の人をひとりも武力で殺すこともなく、自衛隊員に武力による死傷者を出すこともなく、「平和主義」の理念をを具現化して来られたのだ。(**)

<また、多くの国々から、日本は平和を誓い、決して他国とは戦わない、他国の人を武力で殺傷しない国だと見られ、尊敬や安心感、信頼感を抱かれて来たし。日本が戦後、早く復興して、経済成長できたのも、その平和主義の理念が、国際社会や様々な国々に受け入れられたことが大きいと言われている。(++)>

* * * * *

 ところが、安倍官邸の有識者会議は、大雑把に言えば、憲法9条1項は日本が他国と戦争するのを禁じたものであって、他国同士の戦争について規定したものではないと。だから、他国同士が戦争をする場合に、日本がそこに参加して、武力行使しても構わないというのである。 (゚Д゚)

 有識者会議は、とりあえず、多国籍軍の武力行使に直接加わることは考えていないようなのだが。上の記事にあるように、まずは、武力行使の後方支援や、武力を用いて他国軍を警護することなどをできるようにしたいと考えている様子。(-"-)

 ただ、たとえ前面に出て武力行使をせず、後方支援を行なうだけでも、武力行使に参加することには変わりはないし。<刑法で言えば、共犯ね。後方支援でも、共同意思があれば、幇助犯ではなく共同正犯になる可能性が大きい。>
 また、おそらく対峙している相手国やその関係国などの人から見れば、日本がどこかの国の軍隊や多国籍軍の武力行使の支援をしていれば、もうそれは敵の一味になってしまうわけで。
 そうなれば、日本はもはや他国と戦わない、武力を行使しないという「平和主義の国」ではなくなってしまう&そうは思われない国になってしまうのだ。(-"-)

* * * * *

 このことについては、また改めてゆっくり取り上げたいと思うのだが。

 もし安倍内閣が、上述したような解釈改憲を実行に移して、多国籍軍に参加するようになった場合には、安倍首相や仲間たちは、これで日本も「戦争ができるふつうの国」になれる、「兵士が血と汗を流して、戦える国になれる」と誇りや喜びを感じるのかも知れないのだが。

 実際のところ、もちろん自衛隊員が他国の人を殺傷したり、されたりする可能性が大きくなることを覚悟しなければならないし。
 また国内外で、自衛隊とは何の関係もない日本人が敵国の一味だと見られて、殺傷されるようなことがあったり、テロを含めた武力攻撃の標的になることも覚悟しなければならないと。つまり一般国民の命や生活も巻き込むおそれが大きいということも、強調しておきたいと思うmewなのだった。(`´)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 話は変わって・・・。これは、『安倍「私がワンと吼えただけで大騒ぎ」~but怒られて「ク~ン」の河野談話&日米韓首脳会談』『安倍がオバマをムりに国賓待遇に。but異例尽くしの省略&米ポチの尻尾振り再開か』の続報になるのだが・・・。

 安倍首相は、オバマ大統領を何とか国賓待遇で日本に迎えて最大級の「おもてなし」をして、ギクシャクしている日米関係の修復を行なうと共に、国内外に日米同盟の強さをアピールしようと必死になっていて。
 河野談話を見直さないと宣言するなど、めっちゃ譲歩して、日米韓首脳会談に応じたし。米国の勧めに応じて、日韓の局長級協議も開催。
 また、この辺りは、機会があればゆっくり書きたいと思うのだけど。安倍首相は、オバマ来日に考慮して、靖国神社の春季例大祭への参拝見送りを早めに決定。さらに昨日は、米国の意向も受けて、ついには、岸田外務大臣のロシア訪問も中止を決めたという。(~_~;)

 こうして安倍首相は、「そこまでするか」と思うぐらいにアレもコレも譲歩や配慮をして。まさに意を尽くす形で「ク~ン」や懸命な尻尾振りをしてまで、オバマ大統領を国賓待遇で迎えようとしているのに、オバマ大統領の方は、相変わらず安倍首相に歓待されることに、さほど積極的ではない様子。(>_<)

 オバマ大統領は、国賓であるにもかかわらず、なかなか2泊3日の滞在時間を確保しようとしない上、ミッシェル夫人も同行せず。公式な首相主催の晩餐会も、国会での演説も行なわないなど異例づくめの日程に。
 また新たにわかったことに、オバマ大統領は国賓招待のために存在する迎賓館にも宿泊せず、ホテルに泊まることになっているのだという。 (・o・)

 それでも、日本政府は、何とか23日の夜早めに日本に到着して、日本で2泊3日して欲しいと。そして、できればせせめて非公式でいいから、首相主催の夕食会に参加して欲しいと強く要望していて。一時は、夕食会開催で調整が進んでいると報じられていたのであるが。
 今週にはいって、また23日の夜何時に到着するか未定ゆえ、夕食会もどうなるかわからないという政府筋の話がアチコチで出ているようだ。(~_~;)

* * * * *

『国賓待遇で23日に来日するオバマ米大統領が、迎賓館(東京都港区)に宿泊せず、都内のホテルを利用することが16日、分かった。国賓で迎えられる海外の要人は迎賓館に泊まるのが一般的で、オバマ氏の対応は異例。日本への到着時刻も確定しておらず、日米間では環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の日米協議とともに大統領の“日程調整”も難航している。

 昨年6月に国賓で来日したオランド仏大統領をはじめ、国賓の要人は迎賓館に泊まるケースが大半だ。米大統領では18年前に国賓として来日したクリントン氏も迎賓館に宿泊している。
 オバマ氏が今回、迎賓館に宿泊しない理由は明らかになっていないが、「合理性」を重視するオバマ氏が使い勝手のいいホテルを選んだ可能性もありそうだ。

 23日夜の到着予定時刻が固まらないことも、警備態勢を含めて日本側をやきもきさせている。日本政府は同日夜に安倍晋三首相主催の非公式晩餐会(ばんさんかい)を開く方向で調整しているが、詳細は決まっていないという。
 クリントン氏の時は、橋本龍太郎首相(当時)が迎賓館の和風別館に大統領夫妻を招いて晩餐会を開き、カリフォルニア産ワインでもてなした。(産経新聞4月17日)』

* * * * *

 ただ、これをオバマ大統領のせいにするわけにも行くまい。(・・)
 
 だって、オバマ大統領側は、「1泊しかできないので、国賓待遇でなくていい」と。「24日の朝までには日本に行く」と言っていたのに、「ど~しても国賓待遇にしたい。天皇との面会や宮中晩餐会を実現させたい」「何とか23日中に日本に着いて、2泊3日滞在する形をとってくれ」としつこく頼み込んだのは、日本の方なのだから。(@@)

<それも、韓国への対抗意識ゆえに!?^^;『1泊2日では韓国と同等になってしまう。朴大統領を出し抜くためにも、たとえ午後11時59分着でもいいから23日中に来日して欲しいというのが安倍首相の要望なのです。そうすれば日本に2泊3日したことになりますからね」(自民党関係者) (日刊ゲンダイ14年4月5日)』>

* * * * *

 ちなみに、今週、甘利TPP担当大臣が、米国を訪れて、日米TPPの閣僚級の協議を行なっているのであるが。
 オバマ大統領は、TPP協議の結果によって、日本への到着時間を決めるのではないかという見方をしている人やメディアもある。(~_~;)

『オバマ大統領の到着時間は最終調整中で、23日の夜に安倍総理大臣主催の夕食会が開催されるかどうかは決定していません。日本政府関係者は、TPP=環太平洋経済連携協定の交渉がまとまらなければ、大統領の到着は23日の深夜になり、夕食会開催は困難になるとみています。(ANN14年4月15日)』

『甘利TPP担当大臣:「残されている問題は、農産品の5品目と自動車の並行協議。双方譲れないぎりぎりの線に来つつある。何とか良い知恵を出していきたい」

 甘利大臣とアメリカのフロマン通商代表との協議は、16日の夕食会も含め、18日の午前中まで予定されていて、日米首脳会談に向けた最終調整が行われます。先週、日本で行われた閣僚協議は2日間で延べ18時間続いたものの、牛肉など農産品の関税などを巡って大きな隔たりを残したままとなりました。日本の関係者によりますと、アメリカ側は今回の閣僚協議の進展度合いを踏まえてオバマ大統領の日本到着のタイミングを判断するとみられ、日米関係にとっても重要な局面を迎えることになります。(ANA14年4月16日)』

 いくら安倍首相が「国賓待遇」にこだわっていたとしても、まさかオバマ大統領に23日夜の早い時刻に日本に到着してもらって、夕食会を行ないたいがために、TPP交渉で大幅な譲歩をして、日本国民に犠牲を強いるな~んてことはしないと思いたいんだけどね~。(@@)

 先日も書いたように、mewは、安倍首相は鹿児島の衆院補選なども意識して、今月中は牛肉などの関税の数字はオモテに出さないようにするのではないかと邪推しているのだけど。
 ただ、今回の閣僚級協議で、(ウラでは?)それなりに合意目標となる数字の設定をする可能性が大きいし。米国がどの程度満足できる数字を日本が提示したのかは、オバマ大統領の23日夜の到着時刻によって推計できるのかも、と思ったりもしているmewなのだった。(@@)
   
                       THANKS
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-04-18 15:09 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/21904785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]