「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

前川のバー通いを批判して、官..
at 2017-05-28 02:45
黒を白、あるものをなきものに..
at 2017-05-27 04:41
与党が前川招致に応じず&民進..
at 2017-05-26 04:58
前次官が加計問題について会見..
at 2017-05-25 18:56
加計文書、前文科次官が信憑性..
at 2017-05-25 04:46
共謀罪、おぞましかった強行採..
at 2017-05-24 06:52
安倍も大西もつける薬がない!..
at 2017-05-23 02:38
安倍政権がやりたい放題できる..
at 2017-05-22 02:35
淳、松尾貴史、佐野元春なども..
at 2017-05-21 02:18
加計文書~関係者が信憑性、存..
at 2017-05-20 03:57

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

米大統領初の弾劾の可能性..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
時代遅れも甚だしい・今に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮の脅威が日本に戸波..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
非人道兵器クラスター爆弾..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
百年後のチェルノブイリは..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
マスコミ 101 アメ..
from 邪馬台国 下関
ソフトバンクが巨額投資フ..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
内閣支持率3ヶ月連続の減..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
尖閣諸島を固有の領土と日..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アベンドゲート疑惑で、今..
from 51%の真実

最新のコメント

コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 04:50
mewさん5月16日14..
by xtc4241 at 14:44
xtcさんへ・・・おわ..
by mew-run7 at 02:28
mewさま、いつも拝見さ..
by tnakama at 06:37
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 19:08
このブログを見たのが間違..
by サミン at 21:47
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30

ブログパーツ

タグ

(1220)
(757)
(645)
(463)
(265)
(259)
(255)
(232)
(221)
(163)
(159)
(158)
(151)
(149)
(146)
(143)
(142)
(123)
(121)
(118)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

焼身自殺の続報&報道自粛の不思議+安倍が豪を特別な準同盟国関係に+JDD


  台風や発達した前線が近づいている地域の方は、どうか十分にお気をつけて下さい。上陸したら、スピードが速くなるので、今夜には、関東まで近づいて来るかも。

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】



 昨日、大井競馬場でJRAと地方競馬の3歳馬TOPを決めるJDD(ジャパン・ダート・ダービー)が行なわれ、2番人気のカゼノコwith秋山が優勝した。(*^^)v祝
 
 今回のJDDは、地方代表のハッピー・スプリントwith吉原に注目が集まっていて、1.4倍の1番人気に。何分にもダートでは負けなし。既に南関2冠を制して、トーシンブリザード以来の3冠が期待されていたのであるが。3番手につけ、ゴール少し前で、粘るフィールザスマートを振り切りTOPに出たものの、大外から一気に追い込んで来たカゼノコにハナ差交わされてしまい、実に悔しい負け方をすることに。 (ノ_-。)

 とはいえ、やや重ながら2分3秒9というのは、かなりの好タイムで。この馬としては、それなりに能力を発揮しているのだけど。今まで、道中、マイペースで走って勝っており、ゴール前で競ったことがなかったし。固めの馬場が、芝もこなし、切れ味のあるJRA馬にやや有利だったことが、敗因になったかも知れない。<吉原は、もう一押ししていればと悔いているかも。ゴール板の前で、カゼノコがピュッてアタマを伸ばした分、負けちゃったんだよね。^^;>

 でも、ハッピースプリントがJRA勢と対等に戦えることは証明できたので、これから北海道に帰るのか、大井に残るのかわからないけど。チョット休んだら、また秋から地方代表馬として、統一GI、重賞制覇を目指して頑張って欲しいです。 o(^-^)o
  
<尚、カゼノコは、アグネスデジタルっ仔。<ママのタフネススターも重賞馬> パパのデジタルは芝ダともGI、重賞勝ち経験があるオールマイティ馬だったのだけど。(でも、JDDは大敗だったんだよね。^^;)カゼノコは、芝でデビューでするも、なかなか勝てず。ダートに変わって勝ち上がって。(ダでは)未勝利戦から3連勝しており、まだ底を見せていない感じが。今回の上がり36秒台の鋭い追い込みは、ちょこっとパパが秋天で大外から飛んで来て差し切った光景を思い出させるものがあったです。(・・)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 
http://mewrun7.exblog.jp/22157448/
 ところで、これは『集自権に抗議して焼身自殺に、海外も注目・・・』の続報になるのだけど。

 先月29日の午後、新宿南口の横断橋の上で、集団的自衛権の行使容認に抗議する演説をしていた60代ぐらいの男性が、自らガソリンをかぶって焼身自殺をはかるというショッキングな事件があった。(-"-)

 男性は病院に運ばれ、顔や手にやけどを負い重傷であるものの、命は取りとめたとの報道がなされたのだけど。その後、新聞もTVも、全くこの男性や事件に関して、続報を出さず。
 NHKに至っては、このような事件があったことさえ、一切報じなかったという。(~_~;)

<ただし、ニュース番組で、アナウンサーの後ろに映っていた「ネットの注目ワード」の画面には、大きな「焼身自殺」の文字が。報道スタッフのひそやかな抵抗だったのかしらと思ったりもして。^^;>

 mewも、つい何日か前に、知人と「一体、あの男性は誰だったのだろう?」「どこにも出ていないね~」と話していたばかりだったのだけど。
 東京新聞8日の朝刊が、この男性に関する記事を載せていた。(**)

 非公開の記事なので、その一部の要旨だけをアップするなら・・・。(mew編集)

『自殺未遂を起こしたのは、さいたま市桜区の無職男性(63)。目撃者によると、男性は「70年間平和だった日本が本当に大好きでした。集団的自衛権で日本が駄目になってしまう」などと主張。歌人の与謝野晶子が日露戦争に従軍した弟を思ってつくった詩「君死にたまふことなから」の一部を朗読した後、ペットボトルに入れたガソリンのような液体をかぶり、ライターで火を付けた。 男性は、一命は取り留めたものの、重篤な状態が続いており、4日現在の情報では都内の病院に入院中だが、警察も事情が聴けない状態だ。

 新宿署などの調べでは、男性は政党や政治団体に所属していた形跡は確認できていない。一部テレビ局には、今回の件を予告するような文書を送っている。
 男性の自宅は、JR埼京線沿線の三階建てワンルームマンション。一人暮らしだったとみられ、駅などで集めた雑誌を売るなどして生活費の足しにしていたようだ。』

『なぜ慎重な報道が目立つのか。歯止めの一つになっているのが世界保健機構(WHO)がまとめたメディア関係者向けの手引きだ。センセーショナルに自殺を報道しない▽自殺を問題解決法であるかのように扱わない-などを求めている。法政大の水島宏明教授(ジャーナリズム論)は「命は何よりも大事。自殺の助長を防ぐ観点は決して忘れてはならない」と指摘する。』
 
* * * * *

 mewが(mewならずとも)不思議なのは、何故、ここまでこの男性の自殺行為や主張が、まるで報道統制orかん口令を敷かれたかのように、メディアで報じられないのかということだ。(・・)

 mewも、WHOが提唱しているように、センセーショナルに自殺に関する報道を行なうことは、避けられるべきだと考えている。自殺の報道は、それを見ている者に心理的に強い影響を与えて、新たな自殺や、自殺の連鎖を招くおそれが大きいからだ。(-"-)
<通り魔事件などの一部の犯罪にも同様のことが言える。>

 ただ、そうであるとしても、NHKのように事実関係さえも報じないのは、異常だとしか思えないし。
 上のリンク記事にも書いたのだけど。国内では、海外の様々なメディアに取り上げられていたのと対照的に、当日も事実関係をあまりに短く淡々と報じるところが多かった上、その後、事件に関する続報は一切出ていないのも異常にしか思えないところがある。(~_~;)

 ましてや、もし本当に一部TV局に予告文書が送付されていたとしたなら、mewは一国民、一視聴者として、その内容を知りたいと思うし。通常であれば、それをスクープとして公開するケースも少なくないと思うし。せめて事後でいいから、その事実や内容を多少は報じてもいいのではないだろうか?(・・)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 J-CASTニュースも、事件翌日に、このような報道の仕方に疑問を呈するような記事を載せていた。

『現場が大騒ぎだったのは対照的に、国内大手紙の多くが社会面のベタ記事で報じるにとどめるなど、比較的反応は冷淡だ。テレビも、事件について最も長く扱ったフジテレビの情報番組「Mr. サンデー」で現場中継を含めて7分弱といったところで、大半が1分程度で事実関係を淡々と伝えていた。 

 AP通信「まれにみる暴力的な政治的抗議」

これに対して国外のメディアは、事件そのものについては日本メディアを引用する程度だが、男が主張していた集団的自衛権の問題について背景を長めに報じている。AP通信は、事件を「まれにみる暴力的な政治的抗議」だとした上で、行使容認については、
「戦争放棄を定めた憲法9条を壊すものだと批判する人もおり、反対派グループは首相公邸の外で持続的だが平和的な抗議を行ってきた」
と伝えた。AFP通信も「日本ではこういった事件はきわめてまれ」と驚きを隠さない。事件の様子がツイッターなどで瞬く間に伝わる日本独特の事情も伝えた。
「ソーシャルメディアは、通行人の間の前で起きた火事に関する書き込みや写真であふれた」

英BBCは、
「国内で意見は二分されている。動きを批判する勢力は軍国主義の高まりを警告し、保守派は、(集団的自衛権を保持しているが行使できないという)制約は日本に押し付けられたダブルスタンダードだと主張している」
と解説。ロイター通信は、今回の動きが大きな転換点になりうることを伝えた。
「戦後平和主義から離れる大きな1歩で、日本の軍事的選択肢を広げることになる」
「主張を強めている中国をいらだたせそうだが、同盟国の米国からは歓迎されそう」   
 
 官房長官会見で質問したのもAFP通信記者

菅義偉官房長官は6月30日午前の会見で、事件に関する質問には、
「そうした事件があったことは承知している。現在その動機や背景を警察で調べているところなので、個別の事案についていちいちコメントすることは控えたい。集団的自衛権の問題については、与党で最終調整の段階であり、その結果を受けて閣議決定を行っていく」
と答えるにとどまった。質問をしたのはAFP通信の日本人記者だった。(J-CASTニュース6月30日)』

* * * * *

 7月3日になって、THE PAGEが「新宿での焼身自殺未遂事件 報道が少なかったのはなぜ?」という記事を掲載。
 WHOの手引きを紹介した後、朝日新聞の事件報道の指針も載せた上で、報道抑制に理解を示していた。

『朝日新聞社は、事件報道の指針の冊子「事件の取材と報道 2012」(191ページ)を公表しており、この中で自殺報道にもページを割いている。1986年のアイドル歌手の岡田有希子さんの事例などをあげ、自殺を報道することによって「連鎖自殺」が引き起こされる危険性を指摘。このため、報道の注意点として(1)自殺の詳しい方法は報道しない (2)原因を決めつけず、背景を含めて報道する (3)自殺した人を美化しない、の3点を示す。

 そして、報道する対象としては、(1)政治家や芸能人などの著名人 (2)時代を色濃く反映するケース (3)手段や動機が特異な場合、などの3つをあげる。これを元に、個別のケースに応じてデスクらが判断することになる。今回のケースは、通常なら私人の自殺は報道対象ではないものの、(3)に該当するのは明らかで、なおかつ集団的自衛権に言及していたようなので(2)にも当てはまる可能性がある、と判断されたようだ。

 朝日に限らず、各社とも似たり寄ったりの判断基準だろう。また、今回の場合、政治的主張があり、報道することでその主張を広く伝えてしまえば、今後、同様の手口で自らの主張を行う模倣、もしくは同一人物による再発の可能性も考えられる。そういう意味でも、報道を抑え気味にした理由があったと言えるだろう。(THE PAGE14年7月3日)』

* * * * *

 上の基準に照らすなら、今回の場合は、(2)時代を色濃く反映するケース (3)手段や動機が特異な場合に該当するのは明らかなわけだし。
 しかも、各社が「戦後安保の大転換」として伝えたほど、日本の戦後のあり方を大きく変える「集団的自衛権の行使」(&一部のネット情報に寄れば、その他の安倍政権への批判)という重大な問題に関する主張をなしていることを思えば、尚更に(2)の場合に該当する重要な事件として扱うべきだと判断してもいいのではないかと思われる。(・・)

 結局、各社は、模倣者が出るのを避けるべきだという判断の方を重視したのかも知れないのだけど。この模倣者を広い意味でとらえれば、集団的自衛権の行使や解釈改憲への抗議活動を助長したくなかったというホンネなのではないかな~と。
 
 ちょうど、1日の閣議決定を目前に控えて、集団的自衛権の行使や解釈改憲に反対する人たちが全国各地で抗議活動を展開していた時だけに、彼らがこの事件を機に、活動をエスカレートさせて、安倍政権or国政に影響を与えるのはマズイ(&安倍政権に睨まれる?)と思って、ついつい自粛した部分があるのではないかな~と・・・。<もしかして、他社と相談しちゃうとこもあったりして?^^;>

 ・・・と、ついついそんな邪推をしたくなってしまうmewなのだった。(@@)
 
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 とはいえ、安倍内閣は、反対派の抵抗など意に介さず、1日に集団的自衛権の行使の解釈改憲を強行してしまったわけだけど。(-"-)

 mewが、できるだけ早く安倍政権を倒さなければと訴えているのは、安倍首相が、その功績(?)を引っさげて、アチコチの国と安保協定の話を進めようとしているのを、早い段階で阻止する必要があるからだ。^^;

 安倍首相が、通常国会中に、遅くとも7月初旬までに、解釈改憲の閣議決定を強行したかった大きな理由として、1・同盟国の米国と年末の日米ガイドライン(防衛協定の指針)の改定作業を早く進めたいから、2・6日から訪問予定だった豪州と準同盟国としての「特別な関係」を築く協議を行ないたかったからということが挙げられる。(@@)

 安倍首相は、閣議決定後に早速、米国に小野寺防衛大臣を派遣。小野寺大臣は、集団的自衛権の行使容認の報告を行なうと共に、ガイドライン改定の協議を行なう予定だという。^^;

 そして、自分は6日から豪州を含むオセアニア3国訪問の旅に向かった。(・・)

『安倍晋三首相は6日から12日の7日間、ニュージーランド、オーストラリア、パプアニューギニアの3カ国を訪問する。豪州では経済連携協定(EPA)に加え、日本の潜水艦技術など防衛装備品の共同開発に関する協定に調印する。集団的自衛権の行使の限定容認を決めた日本の閣議決定に対して、豪州側から歓迎の意が示される見通しだ。太平洋への強引な進出をはかる中国への牽制(けんせい)を念頭に、米国に次ぐ“準同盟国”とみなし、安全保障面での連携を強化する方針だ。(産経新聞14年7月6日)』

 実際、首相は、今回の豪州で訪問で、首脳会談を行なっただけでなく、豪NSC(国家戦略会議)に出席して全閣僚と議論を行なったり、議会(国会)で演説を行なったりして、両国の安保協力強化の姿勢を国内外に示すことに努めることに。<安倍くんの場合は、特に中国に豪州との関係&包囲網形成をアピールしたいのよね。^^;>
 しかも、議会の演説では、安保軍事面で「豪州と日本が新たな『特別な関係』へ歴史的脱皮を遂げた」と強調。この後、「特別な関係」という言葉をしつこいぐらいに連発して、日豪が準同盟関係を築こうとしていることを訴えたのである。(~_~;)

『こと安全保障に関し、日本は長らく内向きでした。しかし日本には、いまや一つの意思があります。世界の恒久平和を願う国、また世界有数の経済力をもつ国としてふさわしい貢献を、地域と、世界の平和を増すため行おうとする意思です。
 皆さん、まさしくその意思を実行に移す具体的行為として、日本は、豪州との関係強化を選択したのでした。』

『そうです。本日はあたかも、平和を愛し、自由と、民主主義を重んじて、人権と、法の支配を大切に思う両国が、新しい特別な関係に命を吹き込む日。いわばその誕生日です。皆様お一人、お一人にわたるだけの、超特大のケーキをもってくるべきでした。』だって。(>_<)

<また、中国への皮肉も込めてなのか、『日本に対する敵意は、去るべきだ。常に記憶を呼び覚ますより、未来を期待するほうがよい。戦後、日本との関係を始める際、R.G.メンジーズ首相が語った言葉です』とも語っていた。^^;>

* * * * *

 安倍首相を含め自民党政権は(民主党の野田政権も)、日本が米国、豪州、インドと連携して、太平洋・アジア地域の安全保障を担うダイヤモンド構想を実現することを目指している。<4つの国を結ぶと、ひし型のダイヤみたいな形になるのよね。^^;>

 米国は、以前から同国の同盟国である日本と豪州が安保軍事面で連携して活動する(&米国のアシストをする)ことを強く要望していたし。また、安倍首相は、中国包囲網を築きたいという思いが強いことから、地理的な面でも豪州との軍事協力を強化したいところ。(・・)

 そこで、安倍首相は前政権の07年に、日豪共同宣言に署名。その後の政権も、日豪2プラス2を重ねて、合同訓練などは行なっていたのだけど。ただ、日本が集団的自衛権の行使や武器輸出が認められていなかったことから、なかなか本格的な連携活動を行なうことができなかったのである。^^;

 しかし、安倍内閣は今政権で、武器輸出(禁止)原則を実質的にほぼ撤廃した上、ついには集団的自衛権の行使容認も実行に移したことから、安倍首相は、その実績を引っさげて、意気揚々と豪州を訪問。
 アボット首相との会談でも、「共通の価値と戦略的利益に基づく特別な関係」と位置付け、首脳が毎年、交互に訪問して会談することや、安保防衛、経済面での協力して行くことを確認。また、潜水艦などの武器を含む防衛装備品と技術の移転に関する協定、経済連携協定(EPA)にそれぞれ署名したのだった。(~_~;)

* * * * *

 また、安倍首相は11月に開かれるAPECを前に、できるだけ多くのアジアの国々を日本の味方につけたい(アンチ中国グループを作りたい)と考えていて。こちらでも、バラまき戦略に加え、集団的自衛権の行使や武器輸出をアピールして各国との関係強化をして行くつもりでいるし。
 いずれは、欧州のNATOなどとも安保協定を結ぶことを考えているのである。(-_-;)

 でもって、このまま安倍首相を放置しておくと、(まだ法制化もしていないのに)解釈改憲をしたのをいいことに、国民の知らないうちに、アチコチの国と勝手に軍事協力の話を進めてしまうおそれが大きいわけで。<何分にもロシアとも2プラス2を始めちゃったぐらいだし。(>_<)>
 
 ようやく内閣支持率が低下して、不支持率とかなり接近しているし。できるなら、この秋頃までに、遅くとも年内には、支持率と不支持率を逆転させて、日本が本当にアブナイ状況に陥る前に、安倍政権を終わらせたいとマジで考えているmewなのだった。(@@)
 
                        THANKS
 
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"


  
[PR]
by mew-run7 | 2014-07-10 05:30 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/22187413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2014-07-10 14:48
タイトル : 外国人技能実習制度の廃止のみでなく非正規雇用禁止の政策を..
 日本は貧困促進経済政策、即ちフリーター・派遣社員等の非正規雇用増大政策を採用しているので、正規雇用のみのEU諸国のみでなく、非正規雇用の割合が低い米国のシデバカ無任所大使が8日、上院外交委員会の小委員会で開かれた公聴会で証言し、日本政府が運営する外国人技能実習制度が「強制労働」の温床になっていると改めて懸念を示した。低賃金・休暇制度の適用もほとんどない非正規雇用は、「強制労働」と解釈されても不思議ではない、日本の経済政策が先進諸国とかけ離れたもので、今だに技能実習生が時給300円程度とい...... more
Tracked from 御言葉をください2 at 2014-07-10 18:41
タイトル : 準同盟国などゆるされるのか
焼身自殺の続報&報道自粛の不思議+安倍が豪を特別な準同盟国関係に+JDD 安倍首相は、かなり勝手なことを、国民に相談もなしに進めようとしているように見えるが、どうなのか 。... more