「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

案の定、小池自ら代表に。近自..
at 2017-09-26 14:24
前原よ、安倍への怒りがあるな..
at 2017-09-25 20:00
ヒト、カネに困る小池新党?~..
at 2017-09-25 03:03
麻生が武装難民の射殺に言及+..
at 2017-09-24 04:49
財務省、データ消去を延期も、..
at 2017-09-23 17:41
もし野党4党が選挙協力したら..
at 2017-09-23 02:42
小池に党首を要請?~新党議員..
at 2017-09-22 00:11
二階、モリカケは小さな問題+..
at 2017-09-21 02:27
安保法制2年~北朝鮮情勢を利..
at 2017-09-20 03:51
12周年に日本をあきらめてみ..
at 2017-09-19 06:29

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

東京都政党が全国政党に発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
米国の北朝鮮飛行は紛争を..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍首相の突然の衆院解散..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
「小池(裏番頼み)新党」..
from 51%の真実
福島原発が示す・事故が起..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
安倍晋三の「加計・森友隠..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
解散総選挙について、そし..
from 51%の真実
 自民党が意識する野党が..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
総合電機メーカの東芝は、..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
21世紀は地球規模の災害..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん9月26日6:..
by xtc4241 at 06:58
mewさん9月21日16..
by xtc4241 at 16:13
mewさん、9月20日p..
by xtc4241 at 13:23
mewさん、ブログ12周..
by B4 at 21:31
コメントを下さる方々へ ..
by mew-run7 at 06:05
mewさん、お久しぶりで..
by B4 at 19:05
mewさん8月28日5:..
by xtc4241 at 05:53
mewさん7月31日15..
by xtc4241 at 15:47
mewさん7月14日14..
by xtc4241 at 13:56
mewさん7月6日pm2..
by xtc4241 at 13:56

ブログパーツ

タグ

(1251)
(759)
(646)
(463)
(268)
(261)
(255)
(233)
(222)
(163)
(159)
(159)
(152)
(149)
(146)
(145)
(144)
(126)
(125)
(121)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

安倍自民は、沖縄でも福島知事選でも県連と対立して苦悩。屋台骨が揺らぎ始める


頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

今回も昨日に続いて、「地方首長選で、安倍政権にNO!」をキャンペーン&関連する話を。

 安倍首相は、自民党が5日に地方支部の幹部を集めて行なった会合で、こう言ったという。

『5日、自民党本部で開いた同党の全都道府県連を対象とした政策説明会で「来年4月の統一地方選に勝って、初めて日本を取り戻す戦いが完成する。さらに続く衆院選、(再来年の)参院選に結びつく大切な選挙だ」と述べ、今後の衆院解散・総選挙も念頭に体制整備を進めるよう呼びかけた。(毎日新聞14年8月5日)』

 そもそも「日本を取り戻す」という発想自体「どうよ?」って感じなのだけど。(>_<)

 日本の戦後体制を否定する安倍首相&超保守仲間たちは、その思想を実現するために富国強兵を進めて、戦前のような「強い日本を取り戻す」ことを目標にしているのであるが。
 彼らは同時に、09~12年に民主党のサヨク(反日?)政権に侵された国や地方の政治政(法律や条例、制度などを)安倍カラーで染め替えると同時に、国や地方の議会でサヨク勢力をできるだけ排除することが、日本を「自分たちの手に取り戻す」と考えているらしい。(~_~;)

 でも、mewは、日本の戦後体制、そして戦後憲法の平和主義、民主主義、基本的人権の精神を守って行きたいと。そして、安倍カラーに染められ始めている日本を、安倍氏らの手ではなく、国民の手に取り戻さなければと思っているわけで。
 そのためには、まずは地方から「安倍政権にNO!」を突きつけて行くしかないと考えているです。(**)

* * * * *

 ところで、安倍自民党が今年後半の地方首長選の中で最も重視しているのが、福島と沖縄の知事選だ。(・・)

 福島では、安倍官邸&自民党が思うように、スムーズに震災復興&原発事故の対応を進めるために、できれば自民党系の候補を知事にすえておきたいところだし。
 もし国の原発政策が大きな争点になって、自民党系候補が負けた場合には、今後の国政運営に影響が出るおそれもある。(~_~;)

 また沖縄の場合は、辺野古移設の工事や対中国の防衛強化(軍事拠点化)を進めて行くために、ど~してもそれらに理解のある自民党系の候補を知事にしたいところ。
 もし辺野古反対派の知事が誕生して、移設工事や軍事的な計画に支障が生じた場合には、日米ガイドライン(防衛協力指針)の改定にも影響が出るおそれがあるし。米国との関係がさらに悪化して、政権の崩壊につながりかねないわけで。ある意味で、安倍政権の命運がかかった選挙と言っても過言ではないのである。(@@)

 それゆえ、本来であれば官邸や党本部、県連が一体となって、この2つの重要な選挙に臨まなければいけないのであるが。
 ところが、福島でも沖縄でも、自民党本部と地方県連の間で、候補者選定に関する考え方の違いが埋まらず。県連が、本部の意向に従わずに独自候補の擁立に動いているため、党本部が困ったちゃん状態に陥りつつあるのだ。 _(。。)_

 国政選挙でもそうなのだが。特に地方選では、官邸&党本部と地方支部の間でゴタゴタが起きると、選挙準備が遅れたり、現場の士気が落ちたりして、選挙結果によからぬ影響を与えるし。
 TOPの求心力や党全体の結束力も低下し、政権の屋台骨を揺るがすおそれが大きい。(@@)

 しかも、沖縄知事選では自民党と公明党の考え方にも違いが生じていることから、このまま行くと、安倍自民党は大きなピンチを迎えているのだ。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 まず、福島県知事選の話を。

 これは、前記事『弱腰の安倍自民、負け回避のため、地方首長選で「相乗り戦術」に走る?』の続報になるのだが・・・。

 安倍自民党は7月の滋賀県知事選の敗北にショックを受け、10月に行なわれる福島県知事選では「負けを回避」する戦術をとることに。
 党本部は、県連が目指していた独自候補の擁立を断念させ、民主党系の佐藤雄平知事に自公も相乗りすることを検討。河村選対委員長が4日に菅官房長官と会ってその方針を確認した後、5日に福島県連会長にその意向を伝えた。^^;

 しかし、この党本部の意向に対して、福島の岩城県連会長は「独自候補擁立の方針は変わらない」と発言。昨日8日、県連幹部で協議し、佐藤知事(or後継候補)の対立候補として、日銀神戸支店長の鉢村健氏を擁立する意向を固めたという。(@@)


『東日本大震災と福島第1原発事故後、初めて行われる福島県知事選(10月9日告示、26日投開票)で、自民党福島県連は8日、日銀神戸支店長の鉢村健(たけし)氏(55)を擁立する方針を固めた。(中略)
 
 県連の岩城光英会長(参院議員)と杉山純一幹事長が8日、東京都内で会談し、鉢村氏の擁立で一致した。鉢村氏は東京都出身で、立教大を卒業後、1982年に日銀に入行。05~08年に福島支店長を務めた後、11年に政府に出向し、内閣官房審議官として東日本大震災の福島現地対策本部事務局で復興にかかわった。こうした業績を「被災地への思いがある人」(県連幹部)と評価した。
 県連は9日の役員会で鉢村氏擁立の方針を確認した後、正式決定し、党本部に推薦を要請する方針。県連幹部は「鉢村氏には今後、正式要請する」としている。(毎日新聞14年8月8日)』

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 ただ鉢村氏は、県民の間での知名度が低いことから、県連の中でも佐藤雄平氏の対抗馬としては不十分なのではないかと不安視する声も出ている様子。<滋賀県知事選もそうだったけど、もうエリートっぽい役人さえ連れてくれば、県民に期待を買える時代ではないんだよね。(・・)>
 党本部も改めて独自候補の擁立断念&相乗りを指示するつもりのようなのだが。<鉢村氏に出馬要請に応じないように圧力をかけちゃうかも?^^;>、

 もし佐藤知事が出馬した場合、鉢村氏が対立候補では負ける可能性が大きいし。
 また党本部が押し切って、佐藤知事に相乗りすることになった場合には、「負けは回避」できるが、県連との関係がギクシャクして、他の地方支部との関係も含め、党全体の結束力に影響が出る可能性が大きいように思われ・・・。
 今後の地方首長選や来春の統一地方選にマイナス要素をもたらすおそれがある。(・・)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 そして、沖縄知事選でも、党本部と沖縄県連が候補者の選定で対立することになった。(~_~;)

 安倍首相は13年2月に、米オバマ大統領に普天間基地の辺野古移設計画を具体的に進めると約束。仲井真知事&周辺をアメムチ作戦で説得。また沖縄県連の国会&地方議員に圧力をかけて「県外移設」の公約を転換させて、昨年12月に知事から辺野古移設の工事の承認を得ることに成功し、急ピッチで辺野古移設工事を進めようとしている。(-"-)

 普天間基地の辺野古移設は、米軍再編&日米の軍事協力においても重要なファクターになっているだけに、安倍首相としては、この県知事選でしっかりと自民党系の候補を勝たせて、どんどんと計画を実行に移して行きたいところ。(・・)

 沖縄県連は、現職の仲井真知事を擁立するつもりでいたのだが。党本部は、仲井真氏は支持率が低下しているため、他の有力候補が出馬した場合、勝つ見込みがないと判断。他の候補を探すように県連に要請していたのだが。
 沖縄県連は、党本部や公明党が難色を示しているにもかかわらず、仲井真氏の擁立を決定し、7日に3選出馬を表明したため、安倍自民党はその対応に苦悩しているのである。_(。。)_

* * * * *

 仲井真知事は当初、辺野古移設に条件付賛成の立場だったのだが。県民の8割以上が「県外移設」を求めていたのを受けて、10年の知事選では「県外移設」の公約を掲げて再選。仲井真氏を支えていた自民党県連や公明党県本も、10年以降は「県外移設」を公約にして、国政選挙や地方選を戦って来た。(・・)

 しかし、安倍首相らは辺野古移設を進めるために、仲井真知事に辺野古移設工事を承認するように、多額の支援&振興策をエサにして説得。また仲井真氏周辺の求めに応じて、沖縄県連に強権を用いて「県外移設」の方針を転向させるに至った。
 仲井真知事は、オモテ向きは最後まで「県民や名護市の意思を尊重する」と辺野古移設を否定するかのような発言を行なっていたのだが。13年12月末に、安倍首相を訪ねて、移設工事を承認すると伝達。この裏切り行為が、多くの県民の怒りと失望を買い、仲井真氏への支持や期待は激減することになった。(~_~;)

 しかも、安倍自民党は、この強硬策により、大きなしっぺ返しをくらうことになる。(@@)

 今年1月には、辺野古のある名護市の市長選が行なわれたのだが。自民党は国政選挙並みの体制で自党が擁立した候補を支援したものの、移設反対派の稲嶺進市長が再選することに。
 しかも、この時、公明党県本は自民党候補を支援せず。自主投票することに決めたため、それも稲嶺市長の勝利に大きく寄与することになったのである。(++)

 さらに今度は、党本部への反発を強めた自民党の那覇市議の一部が、知事選に移設反対派の那覇市長・翁長雄志氏を擁立することを計画したのである。 (・o・)
 翁長氏は元自民党県議&県連幹部の保守系政治家ながら、ひとりの沖縄県民として、また那覇市民代表として、以前から「辺野古移設」や「オスプレイ配備」に強く反対している立場だ。(・・)

 そして、この動きに何と共産党も含む野党5党や、県内の有力企業&財界の一部も翁長氏の支援を表明し、出馬を後押しすることに。県内では翁長氏に期待する声が広がっており、もし翁長氏が出馬した場合、仲井真知事に勝つ見込みが極めて高いと見られている。

 もし翁長氏が出馬することになれば、自民党は分裂選挙になる上、翁長氏が勝利する可能性が大きいことから、自民党は那覇市議に除名処分で脅すなど、何とか出馬回避をさせようとアレコレ画策していたのだが。那覇市議らは後には引かず。^^;
 
 翁長氏本人もアチコチからの熱~い出馬要請コールを受けて、『周囲に「沖縄のために誰かが身を捨てなければならない」などと語っている』とのこと。(毎日新聞14年7月26日)
 5日に名護市長に出馬要請を受けた際も、『翁長氏は「自分の気持ちも大変盛り上がってきた。皆さんの思いを真剣に受け止め、方向性は一緒だから私も輪の中に入って頑張っていきたい』と発言。(琉球新報14年8月5日)
 複数の報道によれば、これから準備を進め、9月初めには出馬表明をする予定だという。(**)

* * * * *

 そこで自民党本部は、仲井真氏の出馬を回避して、何とか翁長氏に勝てるような候補を擁立したいと考えたのであるが。沖縄県連も後に引こうとしなかったのである。(~_~;)

 県連にとっては、何分にも仲井真知事は、この8年間、県連の議員や首長などと協力して県政や選挙活動行なって来た仲間&恩人であるし。しかも仲井真氏は、元通産官僚&沖縄電力会長だったことから政府や地元財界とのパイプも強く、中央からお金を持って来て振興策を進める力のある頼りがいのある存在で。同氏に代わるような知事候補を見つけるのはそう容易ではないからだ。^^;

<要は仲井真知事&周辺と自民党系の国会・地方議員や首長、地元の有力企業や自治体の間で、中央からゲットした振興策&その資金や利権の分配計画が固まっているのではないかと察するです。^^;>
  
☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 また、仲井真氏は県民を裏切ってまで辺野古移設の工事を承認したわけで。陣営の中には、仲井真氏は、安倍自民党にとっても「恩人」のはずだと豪語している人もいるとか。
 仲井真氏の中央&地元財界とのパイプは、安倍自民党の沖縄戦略(軍事拠点化&バラまき振興策[+建設、カジノ利権?])にも役立つはずで。
 自民党県連の中には、安倍首相や自民党本部は、仲井真氏の出馬や選挙支援を拒否することはできないだろうという見込みを立てている人も少なからずいるという。(~_~;)

 実は、仲井真氏は今週、オモテ向きは予算陳情のため、実際には出馬の挨拶も兼ねて上京。安倍首相や石破幹事長らの党幹部、また公明党の山口代表とも会談を行なったのであるが。仲井真氏の選挙支援の要請には、誰も応じなかったという。(~_~;)

『沖縄県の仲井真弘多知事は6日、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、県知事選(11月16日投開票)の3選出馬について、7日に正式表明する考えを伝えた。仲井真氏は「いよいよ明日出馬表明するので、よろしくお願いします」と支援を要請。自民党は仲井真氏への支援決定を見送っており、首相も具体的な返答は避けたという。

 仲井真氏は2015年度予算の概算要求に関する要望のため、首相官邸を訪ねた。今年度と同様、3000億円台の沖縄関連予算を確保することや、沖縄本島への鉄道導入を要請。首相は「21年度まで毎年3000億円台の予算を確保することにしている。要望を踏まえて、しっかり取り組みたい」と応じた。
 仲井真氏は自民党本部で、同党の石破茂幹事長とも会談し、県知事選への支援を要請した。(毎日新聞14年8月6日)』

『「満額というか予算額の確保をよろしくお願いします」
 仲井真氏は4日、公明党の山口那津男代表らと国会内で会談し、来年度予算に向けて沖縄振興予算の確保を求めた。山口氏は「沖縄振興について知事を支える立場で推進してきた」と応じたが、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が争点となる知事選は話題に上らなかった。(中略)
 仲井真氏の擁立を決めた自民党県連は会長の西銘恒三郎衆院議員らが4日、党本部を訪れ、河村建夫選対委員長に対し「全面支援をお願いしたい」と求めた。しかし、河村氏は「公明党も含めてしっかりした対応をつくりたい」と述べ、慎重な姿勢をみせた。(産経新聞14年8月4日)』 
  
* * * * *

 しかし、仲井真氏は党本部の了承を得ないまま、7日に那覇市内で記者会見を開き、知事選に3選出馬する意向を正式に表明したのである。 (・o・)

『会見で仲井真知事は、経済振興や基地問題など、沖縄が抱える課題の解決が順調に進んでいると、これまでの2期8年の実績を強調した。
そのうえで、「この流れを変えずに、さらに加速されるため、もう1期仕事をさせてほしい」と述べ、3期目の出馬を正式に表明した。
また、最大の争点になるとみられる普天間基地の移設問題については、「普天間基地の危険性の除去に向けて、現実的なスピードで前に動き始めている。これに反対して、もう一度元に戻すと混乱する」と述べ、辺野古への移設を容認する立場を明確にした。(NNN14年8月7日)』

* * * * * 

 安倍官邸や党幹部の中には、仲井真氏が出馬表明した以上、党として支援するしかないという声が出ているようなのだが。公明党は、沖縄県本が仲井真氏の支援に反対しているため、今でも慎重な姿勢を示しているため、ますますアタマを抱えることに。/(xx)\

『自民党の石破幹事長は同日、国会内で記者団に対し「知事の思いを成就するような態勢で臨んでいかねばならない」と述べ、支援に前向きな姿勢を表明した。党本部推薦の是非については「判断材料がそろえば、遅滞なく判断する」と語った。(中略)
 山口代表は7日の記者会見で「県本部の意見を聞き、自民党本部や首相官邸の意向も忖度(そんたく)しながら対応を考えたい」と述べるにとどめた。(読売新聞14年8月8日)』

 ただもし公明党県本が名護市長選の時と同様、仲井真支援を拒否し、自主投票などに決めた場合は、公明票が翁長氏に流れるのは確実だし。公明党との関係が悪化すれば、9月に行なわれる沖縄の地方選や、他の地方選での協力にも影響が生じるおそれがある。(-"-)

* * * * *

 自民党としては、何とか翁長氏の出馬を阻止したいところだろうが。もしあまり強引な手段を使えば、地元の党員や県民からの反発がますます増大しかねない。

 とはいえ、もし仲井真氏支援を決め、翁長氏と戦うことになれば、安倍政権の命運をかけた沖縄知事選で敗北することになる可能性が大きいことから、複数のメディアでで奇策論が出ることに。
 「最後には、仲井真氏を切り捨てて、翁長氏に相乗りする」抱きつき戦術を検討しているとか(翁長氏が知事に当選してから説得するor反対しても工事は粛々と進めるらしい)、「安倍首相が沖縄知事選に合わせて解散総選挙を行ない、知事選を有利に運ぶ」なんて話まで飛び交っている有様だ。(@@)
 
 mew的には、安倍首相らが、沖縄県民の気持ちを考えず、辺野古移設だけでなく教育、軍事その他様々な政策において強権発動をして来たツケが、見事に回って来たような感じがしているのだけど・・・。<つい「ざまあ」って言いたくなっちゃうところが。(・・)>

 まあ、安倍自民党がこのまま受身でじっとしているとは思えず。何らかの手を打って来るとは察するのだけど。ここでも県連や党員との対立は、党の結束力や今後の政権運営に影響を与えることになることは間違いないし。^^;

 できるなら、前政権の時から様々な面で安倍首相にイヤな思いをさせられて来た沖縄の県民にこそ、「安倍政権にNO!」の鉄槌を下して欲しいと、そして安倍政権を終わらせる大きなきっかけを作って欲しいと切に願っているmewなのだった。(@@)

p.s 尚、沖縄知事選には元国民新党の衆院議員・下地幹郎氏も出馬を表明。辺野古移設に関しては、県民党票で決すべきという公約を掲げて戦う予定だという。
  
                         THANKS 

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-08-09 11:34 | (再び)安倍政権について | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/22274922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 国民の生活が第一は人づく.. at 2014-08-09 14:17
タイトル : 子供の貧困率を改善する経済政策を採用し不登校も改善せよ
 今日は長崎原爆被爆の日、原爆は人類を滅亡させる戦争道具、平和を愛する人は絶対に許すことは出来ない。(子供の)貧困も強者が弱者を苛める一つの指標だが貧困は増え続け、いじめの表面化の一指標の子供の不登校が増えている。子供の貧困率を改善する経済政策を採用し不登校も改善せよ。お役所の発表では、2013年度に全国で不登校(年間30日以上欠席)だった小中学生は約12万人で、前年度より約7000人増えたことが、文部科学省が7日公表した「学校基本調査(速報値)」で分かった。12年度まで5年連続で減少して...... more
Tracked from 御言葉をください2 at 2014-08-09 14:30
タイトル : 下記の「日本がアブナイ!」さんの記事をぜひお読みください
安倍自民は、沖縄でも福島知事選でも県連と対立して苦悩。屋台骨が揺らぎ始める 福島県知事選でも、自民党は必ずしもまとまっていないとのこと。この記事は、ぜひお読みください。... more