「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

昭恵が否定するも、秘書FAX..
at 2017-03-25 01:06
籠池、昭恵秘書FAXの新爆弾..
at 2017-03-24 02:03
昭惠が言えば8千万の予算?~..
at 2017-03-23 01:18
制御不能の昭恵、籠池夫人への..
at 2017-03-22 00:49
おニャンコちゃん稲田、答弁ボ..
at 2017-03-21 04:35
浜渦、百条委で逆ギレ。移転交..
at 2017-03-20 12:09
安倍ー松井ー籠池を結ぶ戦前志..
at 2017-03-20 02:51
南ス、陸自5人を拘束&宿営地..
at 2017-03-19 14:18
森友学園問題・発言集~問題に..
at 2017-03-19 03:57
稲田、またカヤの外~南スPK..
at 2017-03-18 15:42

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

証人喚問に自ら出席すべき..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
from 虎哲徒然日記
国防費大幅増は戦争への道..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
南スーダンPKO陸自5人..
from 51%の真実
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
アメリカファースト主義で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
籠池氏証人喚問へ
from 虎哲徒然日記
南スーダン日報は陸自も保..
from 51%の真実
気の始まりか? ガン治療..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
IT領域の革新は物流業界..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

しつこくコメントして申し..
by リンタ at 23:50
こんなブログ見なきゃ良か..
by リンタ at 21:45
リンタさんやサミンさんが..
by マヤーク at 08:42
mewさん3月9日13:..
by xtc4241 at 13:26
つまらない記事を書いて面..
by リンタ at 12:25
mewさん3月7日5:5..
by xtc4241 at 06:04
mewさん、おはようござ..
by B4 at 05:41
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 19:30
mewさん、いい加減にし..
by リンタ at 21:26
更新お疲れ様です。 連..
by ときわ at 16:20

ブログパーツ

タグ

(1194)
(756)
(644)
(463)
(263)
(258)
(255)
(231)
(219)
(163)
(158)
(155)
(149)
(148)
(146)
(143)
(137)
(123)
(121)
(116)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

まやかし&二枚舌。弱気が見えた安倍の所信表明~マズイ話はスル~。物産紹介でごまかす?

頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 昨日はテニス界にとって、すごいニュースが2つあったです。(^^)

 まずアジア大会の男子シングルスで、19歳の西岡良仁が、坂井利郎以来となる40年ぶりの金メダルに。(*^^)v祝
<西岡は、修造チャレンジを経て、中3から錦織と同じ米国のテニスアカデミーに入所した今年プロデビューしたばかりの逸材。先日の全米予選も突破。小さいけど、第2の錦織、Mチャンとして期待されているです。>

 そして、楽天OPでは、伊藤竜馬(25)が何と世界3位&全豪王者のバブリンカにストレートで勝利。 (・o・) バブリンカはやや調子落ちぽかったとはいえ、世界3位にはそう簡単に勝てるものではありませぬ。(・・) <これで自信がついて、まずは50位ぐらいまで上がるといいな~。>

 尚、錦織も内村とのダブルスで1回戦を突破。今日シングルスの初戦を迎える。
<楽天OPでは、錦織は第4シードなのだけど。上位シードのフェレール、バブリンカ、ツォンガなどが次々と1回戦で敗退。みんな疲れが出る頃なのかもね~。^^;果たして、錦織は順当に勝ちあがれるか?(@@)>

* * * * *

 さて、29日から秋の臨時国会がスタート。初日は安倍首相が衆参で所信表明演説を行なったのだけど。
 今、本当の意味で国政の最重要課題である「アベノミクス&真の景気回復」「消費税増税」「集団的自衛権などの安保政策」「原発再稼動」などについては、ほとんど触れず。<「アベノミクス」「消費税」「集団的自衛権」の言葉は1回も出て来なかったですぅ。(~_~;)>
 あまりにも中身がない演説だったため、アチコチから酷評されている。(>_<)

 Japan In-Depthに「所信表明はグルメ漫遊紀行?」(by山田厚俊)というタイトルの記事が。

『「福島は、今、実りの秋を迎えています。先日訪れた広野町では、復興を成し遂げた水田に黄金色の稲穂が輝いています」「今が旬のサンマは、ベトナムではトマト煮が大人気。北海道の根室から輸出されています」「鳥取・大山の水の恵みを活かした地ビールは、全国にリピーターを広げ、売り上げを伸ばしています」「島のさざえカレーを年間2万食も売れる商品へと変えたのは、島にやってきた若者たちです」

 いやはや、随所に盛り込まれた全国各地のふるさと紀行。安倍首相は、この臨時国会は「地方創生、女性の活躍が2本柱だ。国民の皆さんに分かりやすい説明を心掛け、アピールしていきたい」と述べているが、野党議員がボヤくまでもなく、ものの見事に情緒に訴えるだけの中身のない演説といえるだろう。(Japan In-Depth14年9月30日)』

<安倍首相(のスタッフ)は最近、演説に具体例を盛り込む米国流のやり方がお好みのようで、国連の演説でも、やたらにこのパターンを用いてたのだけど。(「XX国orロロ町の○○さんは、こんなことをやっている」みたいな。)今回は多用し過ぎて、しつこいとさえ感じるところが。>

* * * * *

 この演説には、野党の党首たちも、かなり呆れていたようだ。^^;

『民主党の海江田代表は、記者会見で、「はっきり言って、非常にずさんな演説だった。安倍総理大臣の政策とは関係なく頑張っている人たちの手柄を、まるで自分がやったことのように騒ぎ立てているだけであり、国民が心配している経済の先行きや、雇用状況の不安定さ、集団的自衛権の行使容認の問題などについての発言は、ほとんど無かった。国民の不安にどう応えるのかを安倍総理大臣に問いただしていきたい」と述べました。(NHK14年9月29日)』

『維新の党の松野代表代行は「何か、全国うまいもの展、物産展みたいな演説だった。国でしかできない政策を出してほしかった」と述べた。(NNN14年9月29日)』

<そう言えば、民主党の岡田代表代行は、『聞いていて、安倍さんらしいなと思いました。「安倍さんらしい」という意味は、いろいろ成果が出てきたものは、すべて自分のお手柄。』だとして、民主党政権時代に着手して、今、成果が出始めたものの、全て安倍政権がやったことのように言っちゃうことを批判していたです。

 あとこれは所信表明の話ではないけど。菅官房長官は、土井たか子氏の他界の報を受けて「女性初の衆院議長に就任し、安倍内閣が進める『女性が輝く社会』の実現に先駆的な役割を果たした政治家だった。心からご冥福をお祈りしたい」と弔意を示していたのだが。
 安倍内閣ような超保守タカ派の人たち(女性蔑視も含む)と戦って来た土井さんの頑張りを「安倍内閣の施策の実現」に結びつけるアザトさに、ちょっとムカついてしまったとこも。(`´)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



 さすがに、安倍氏のアニキ分である次世代・平沼党首も「パンチに欠けていて、優秀な高校生の作文のようだ。『自主憲法の制定』には、ひと言も触れておらず、安全保障の問題でも中国や韓国に対して腰が引けている。もっときぜんとした姿勢を示すべきだ」と、あまり感心していなかった様子。(NHK14年9月29日)

 産経新聞も、首相が「安全運転」に徹しようとしていることを認めつつ、その思惑について説明していたのだが。正面から批判しにくい(?)ものの、その逃げの姿勢に何となく懸念を示しているようにも思えた。^^;

『29日の安倍晋三首相の所信表明演説は、重点政策の「地方創生」の推進を前面に打ち出す内容だった。来春に統一地方選を控える中、景気が伸び悩む地方への配慮は不可欠な状況。安全保障法制といった野党との対決法案も絞り込み、安全運転に徹しようとの思いがにじむ。

 「鳥取・大山の水の恵みを生かした地ビールは売り上げを伸ばしている」「隠岐の海に浮かぶ島根県海士町(あまちょう)のサザエカレーを年間2万食も売れる商品へ変えたのは島にきた若者だ」
 首相は演説で、北海道から沖縄まで地方創生の成功例を列挙した。今国会のもう一つの目玉の「女性活躍」への言及に比べると、地方創生への力の入れようは非常に大きいといえる。

 その背景には、秋以降に11月の沖縄県知事選や来春の統一地方選など重要な地方選が続くことがある。首相としては、地域振興策を積極的に打ち出すことで、地方の支持をつなぎ留めたいところ。「地方創生という目的自体は野党も反対しにくい」(政府高官)という思惑もある。
 演説では「かつて裏付けのない言葉だけの政治が沖縄の皆さんを翻弄した。こんな無責任な政治を繰り返してはならない」と民主党政権時代を厳しく批判する場面もあったが、これも「知事選を意識した」(首相周辺)という。

 対決法案を回避する姿勢は野党から「難問先送り」との批判も予想される。この作戦が吉と出るか、凶と出るか、今後の国会論戦が注目される。(産経新聞14年9月29日)』

* * * * *

 もちろん、安倍首相が、安倍カラー政策に力を入れなくなるのかと言えば、決してそうではないのだ。(・・)

 安倍首相は、先週、国連総会の演説でも、しっかりと「積極平和主義」をアピールしていたし。ハイレベル会合では、「集団的自衛権の行使」を容認する安保法制整備にも触れて、PKOに積極参加する意向を示している。

『安倍晋三首相は26日午前(日本時間同日深夜)、米ニューヨークの国連本部で、国連平和維持活動(PKO)に関するハイレベル会合に出席し、自身が掲げる「積極的平和主義」に基づいて、積極的にPKOに参加する考えを表明した。
 首相は会合のスピーチで、7月の安全保障政策に関する閣議決定を踏まえて安全保障法制の整備を進めることを説明し、「今後ともPKOの早期展開を支援し、質の高い活動を実現するため、自衛隊によるさらなる貢献を検討する」と強調。現地部隊の司令官を念頭に、司令部の重要ポストに自衛官を派遣することにも触れた。(産経新聞14年9月27日)』

 米国との間でも、集団的自衛権の行使を前提に、日米ガイドライン(共同防衛の方針)改定の協議を着々と進めているし。
 海上自衛隊は、何と今月、NATO軍との共同訓練を行なったという報道も。 (゚Д゚)

『海上幕僚監部は26日、北大西洋条約機構(NATO)部隊と海上自衛隊がアフリカのソマリア沖アデン湾で共同訓練を実施したと発表した。海自とNATOによる共同訓練は初めて。(時事通信14年9月26日)』

 日本政府は、ここには書き切れないぐらい、次々と安保軍事政策を推進しているのだけど。安倍内閣は、支持率や地方の首長選、統一選への影響を懸念。また、公明党への配慮から、日本国内ではそれらにはできるだけ触れず。一般国民にはわからないようにしているのである。^^;
<要は国外と国内で使い分けて、いわば「二枚舌の国政」を行なっているんだよね。^^;>

 安倍首相としては、何とかここから半年、難題に対処して支持率を維持し、来年の春の統一地方選を乗り切って。そこから、またイケイケで安倍カラー政策にまい進したいところであるのだが。

 安倍内閣は、今でもとりあえず50%台の高支持率を得ているものの、実際には、かなり窮地に追い込まれており、いつ国民の支持が離れるかわからないような状況にあるからだ。(-"-) 

<安倍首相には、前政権時の07年に支持率が急落&参院選大敗して、電撃辞任に追い込まれたトラウマがあるのではないかと察するです。^^;>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 安倍首相は、ともかく「アベノミクス」による「景気回復」を最大の売り物にして、国民の支持をキープして来たし。
 それさえ上手く行けば、国民の反対が多い「集団的自衛権の行使」「原発再稼動」「消費増税」などを実行に移しても、大きな反発を受けることなく長期政権を築けると考えていたようなのであるが。<北朝鮮の拉致問題を解決して、さらに支持率をアップ。で、最後には「憲法改正」実現に持ち込みたいと。^_^;>

 しかし、アベノミクスは、一般国民まで実感できるような景気回復につながらず。実体的な所得は下がるばかりだし。デフレ脱却や急激な円安による物価高で、むしろ消費は落ち込み、庶民の生活や小規模事業者の経営は圧迫しているのが実情だ。(ーー)
 
 国民の中には「そのうち、庶民にもアベノミクス効果が届くのではないか」と期待して、ここまで安倍内閣を支持していた人もいたのではないかと思うのだけど。
 でも、安倍政権発足後、2年立っても8割近くが効果が届かず。ようやく(?)一部の人たちだけが利益を得て、格差が拡大しているのを認識し始めているとこがあるわけで。
 この認識やアベノミクスに対する失望感、嫌悪感が広がると、前政権の07年に、安倍内閣の支持率が急落(&参院選で大敗)した時のように、一気に国民の支持が離れるおそれがある。^^;

 しかも、消費税増税や原発政策に反対する国民の方が多いにもかかわらず、安倍首相は経済界の要望を受けて、年内には消費税率アップ(法人税はダウン)や原発再稼動を決断せざるを得ないわけで。<その見返りに、経団連は自民党への政治献金の実質的な斡旋を行なうことに決めたのよね。(-_-)>
 もしこれらを発表した場合、やはり支持率ダウンにつながるおそれが大きい。^^;
 
 それゆえに、安倍首相は、今回、声高にアベノミクスをアピールするのを控えざるを得ず。ともかく「地方創生」や「女性活躍」を前面に出して、新たな政策への期待を持たせると共に、他の政策が見えないように肝心な部分をカバーしてしまうしかないのである。^^;

<今回の所信表明では「やればできる」「前進あるのみ」「頑張れば、報われる」と国民を鼓舞するような(自分にも言い聞かせるような?)言葉が次々と登場。
 また、「この国会に求められているのは、若者が将来に夢や希望を持てる地方の創生に向けて、力強いスタートを切ることです。皆さん、一緒にやろうではありませんか」、「悲観して立ち止まるのではなく、可能性を信じて、前に進もうではありませんか」などと、やたらに「~ではありませんか」という呼びかけのフレーズを多用していたのが、目に(耳に?)ついたのだけど。
 何か空しく響くとこもあったりして。(~_~;)>

* * * * *

 安倍首相は、「日米同盟の深化」「地球儀を俯瞰する外交」も売り物にしようとしていたのだけど。外交面がうまく行っていないことも、だんだんバレ始めている。^^;

 米オバマ政権とは、今でも良好な関係を築けないままだし。今秋、プーチン大統領を国賓として日本招聘して、平和条約の締結をし、北方領土返還の道筋をつけるという計画も断念せざるを得なくなった上、最大のウリにしたいと思っていた北朝鮮の拉致問題の解決も、暗礁に乗り上げている。(-"-)
 また米国や国内の政財界からは、中国、韓国との関係改善を強く求められているものの、年内に首脳会談を行なえるのかどうか、まだわからないのが実情だ。(~_~;)

 ちなみに、今回の所信表明の外交分野では、安倍首相は米国については一切触れず。^^;

 11月のAPECで韓国、中国との首脳会談を行なえないと、米国や政財界からの評価が下がるのは必至ゆえ、その実現に必死になっているようで。
「最も重要な隣国である、韓国との関係改善に向けて努力を重ねる」「日本と中国は、切っても切れない関係で・・・日中両国が、安定的な友好関係を築いていくために、首脳会談を早期に実現し」など、今まで使ったことのないようなフレーズを使って積極的な姿勢を示し、両国にメッセージを送ったほどだった。(・・) <知人の知人の保守派は、「安倍まで土下座外交するのか」と嘆いていたとか。^^;>

 あとはロシアとの対話継続や平和条約締結、北朝鮮との拉致問題解決への意欲を示したものの、全体的にあっさり終わってしまったような感じがある。(~_~;)
 
* * * * *

 mew的には、これまでの安倍首相の国会での演説に比べて、妙に国民に媚びるような、弱気な内容の演説に思えてしまったとこがあったのだけど。それも、何とかこの半年をしのぎたいという思いからなのかも知れない。^^; 

 でも、逆に言えば、この半年こそが、安倍内閣の支持を下げて、政権終了をさせる大きなチャンスになるわけで。安倍政権のまやかしを、より多くの国民に気づいてもらうために、悲観して立ち止まることなく、「頑張れば報われる」の思いで、どんどん安倍政策の問題点を追及して行きたいと改めて強く思ったmewなのだった。(@@)
                          THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"

[PR]
by mew-run7 | 2014-10-01 09:39 | (再び)安倍政権について | Trackback
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/22434412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]