「平和で平穏で楽しい生活が一番!」 今はアンチ超保守&安倍政権の立場から、mew基準の(時に偏向した?)視点で、政治や競馬、スポーツなどについて書いています。写真は溺愛馬トロットスター


by mew-run7

画像一覧

参加ランキング

クリックは、各ランキング、一つのIPで1日1回だけ有効です。
1日1回、ポチッx2つの応援をよろしくです。m(__)m


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

人気ブログランキングへ
↑ バナーをクリック・プリ~ズ

最新の記事

維新・足立、「朝日、死ね」と..
at 2017-11-18 06:35
安倍、米に高価な武器買わされ..
at 2017-11-17 09:27
加計問題は朝日の捏造と自民・..
at 2017-11-16 15:06
希望の党、小池代表の辞任と玉..
at 2017-11-16 07:54
加計長男もいずれは教授、学長..
at 2017-11-15 06:33
加計新妻が大学建設企業の取締..
at 2017-11-14 04:58
安倍内閣は「戦時内閣」になる..
at 2017-11-13 05:38
米国が衆院選、小池、前原も支..
at 2017-11-12 15:01
「排除」「モリカケ」のない流..
at 2017-11-12 06:52
前川が認可すべきでないと主張..
at 2017-11-11 15:23

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

カテゴリ

コメント・TBについて
My Policy 憲法・戦争
憲法&憲法改正
民主主義、選挙
民主党、民進党に関して
政治・社会一般
小沢&秘書の裁判
自民党について
安倍政権に関して
(再び)安倍政権について
新自由主義&小さな政府
治安、犯罪等に関して
靖国参拝に関して
堀江氏逮捕に思うこと
共謀罪、教育基本法改正
スポーツ・競馬
東アジア、北朝鮮問題
平和、戦争、自衛隊
ふぞろいのワンダラーズ
教育問題
09年衆院選
超保守の団体、候補者
未来の党・生活・自由

最新のトラックバック

自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
自己破産するシニアが多く..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
国民の安全が第一だ・原発..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
幼児教育の重要性を無視し..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
日米軍事演習についてのm..
from 御言葉をください2
人類の日常の楽しみは酒で..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
公明党は平和憲法擁護を明..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
年収250万円未満の所帯..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
北朝鮮は解決済みとしてい..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり
このインターネット時代に..
from 国民の生活が第一は人づくりにあり

最新のコメント

mewさん、お仕事お疲れ..
by B4 at 07:29
mewさん11月6日12..
by xtc4241 at 12:49
小川氏の発言には、良識の..
by Yorimo at 12:39
mewさん10月14日p..
by xtc4241 at 18:11
矢部宏治さんの 「誰が..
by 和久希世 at 14:09
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 18:26
「このままだと自民は圧勝..
by しょう at 20:11
mewさん、お疲れ様です..
by B4 at 06:06
mewさん、初めまして。..
by JAXVN at 20:58
mewさん、10月1日1..
by xtc4241 at 01:47

ブログパーツ

タグ

(1260)
(764)
(647)
(463)
(269)
(261)
(255)
(233)
(223)
(163)
(159)
(159)
(154)
(149)
(147)
(146)
(144)
(138)
(126)
(122)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

政治・経済
時事・ニュース

画像一覧

次の首相は9条の平和賞を喜ぶ人に+言論への脅迫行為を許さぬ社会を


頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o 

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

昨日10日、ノーベル平和賞が発表されたのだけど。残念ながら「日本国憲法9条を保持する日本国民」は、受賞できず。 (ノ_-。)
 パキスタンでイスラム武装勢力に銃撃されながらも女性の教育権を訴えたマララ・ユスフザイさん(17)と、児童労働に反対する世界的な運動を組織しているインドのカイラシュ・サティアルティ氏(60)が受賞することになった。(^^) (関連記事*1)

<mew的には、9条をヨコに置けば、この2人が受賞するといいな~と思っていたので(今後の活動がしやすくなるし、賞金も有意義に使ってもらえそうだし)、拍手を送りたい。"^_^">

 おそらく憲法9条が授賞を逃したことを、残念に思っている国民はかなりいるのではないかと察するのだけど。<9条の受賞で、解釈改憲&集団的自衛権の法制化封じ、憲法改悪封じをしたかったのにな~。(・・)>

 でも、安倍首相&改憲派の議員たちは、「憲法9条」が受賞しなかったことに、ほっとしたに違いあるまい。^^;

* * * * *

 もしこれが村山元首相とか菅元首相の時であれば、「是非、9条に受賞して欲しい」と言って、もっと前から色々アピールしてくれていたのではないかと思うのだけど。
 安倍官邸は、ひたすらスル~。<まさか受賞しないように陰で逆アピールしたりはしてなかったでしょうね~。(-"-)>

 昨日の朝の会見でも、この件についてきかれた菅官房長官は『「未確定なことであり、単なるうわさや予想に過ぎない」とし、「答えることは控えたい」と語った。仮に受賞した場合の憲法改正議論への影響についても、「仮のことに政府として答えるべきではない」と述べるにとどめた』とツッケンな対応をしていたとか。(時事通信14年10月10日)

<ちなみに、信濃毎日8日のコラム(斜面)には、こんな一文も載っていたです。
『菅義偉官房長官の場合はどうか。6日の記者会見。ノーベル平和賞に「憲法9条を保持してきた日本国民」が筆頭候補との予測がある―と感想を求められた。菅氏は「まったく予測にすぎない」と苦笑しながら一蹴した。首相官邸ホームページの映像で、かすかな笑いが聞き取れる(中略)

「微笑みのたくらみ」が紹介している実験がある。うその説明をする場合、事前に準備時間が与えられていると、意図的な笑顔が多い。とっさの思い付きのうそは当惑のほほ笑みが表れる。菅氏の笑いは…。よもや9条や市民運動への冷笑ではない、と信じたい。』>

* * * * *

 また、安倍内閣では、閣議前にこんな会話が交わされていたという。(~_~;)

『2014年のノーベル平和賞候補に憲法9条と日本国民が取り沙汰されていることに関し、安倍晋三首相と石破茂地方創生担当相が、平和賞の選考は「政治的」との認識で一致する場面があった。
 10日午前の閣議に先立つ閣僚の写真撮影の際、石破氏が隣席の首相に「9条が受賞したら誰がもらうのか。政治的ですよね」と水を向けると、首相も「結構、政治的ですよね」と応じた。

 自民党は憲法改正を綱領に掲げ、「国防軍」創設を盛り込んだ改憲草案をまとめており、首相も石破氏も熱心な改憲論者で知られる。「政治的」発言は9条受賞に警戒感を示したとも受け取れるが、石破氏はこの後の記者会見で「新しい発見や技術に対する物理学賞や化学賞とは異なるという事実を言った」と説明するにとどめた。(時事通信14年10月10日)』

<昨日の午後に、この記事を読んだ時には、mewは、たとえ「政治的」でも何でもいいから、どうにか9条が選ばれないものかと。で、安倍首相や石破大臣をはじめとするタカ派議員の渋~い顔が見たいと、尚更に強く思ったところが。(++)>

* * * * *

 9条が受賞しないことがわかって、『憲法改正を党是とする自民党内からは「受賞すれば改憲の障害になりかねなかった」(党関係者)との本音も漏れた』なんて記事も出ていたりして。^^; (毎日新聞14年10月10日)

 そもそも受賞対象が「9条を守って来た日本国民」なのに、支持率の高い首相をはじめとして、政権政党の議員の多くは、憲法9条を改正すべきだと主張しているとなれば、ノーベル財団も授与しにくい部分があったかも知れない。^^;、

<ただ、谷垣幹事長は、9条が有力候補として挙がっていたことに「結構なことではないか。最後まで行ってほしいという気持ちがないわけではない」「戦後の日本の歩み全体に対する評価は国際的に非常に高いと感じている。また、そのことを誇りに思っている」と言ってたし。
 公明党の井上義久幹事長は「9条は世界に誇るべき理念が表現されている」と受賞に期待感を示していたんだよね。(・・)>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


 ただ、「憲法9条にノーベル平和賞を」の呼びかけを始めた鷹巣直美さんや市民団体も、今後もさらに活動を続けて行くことに意欲を示していたとのこと。

『戦争放棄をうたった憲法9条を保持してきた日本国民。今年初めてノーベル平和賞の候補とされたが、即受賞とはならなかった。署名活動などを進めてきた市民団体メンバーは10日、「ここまで来た」「まだまだこれから」と口々に手応えを語った。

 「『憲法9条にノーベル平和賞を』実行委員会」のメンバーは相模原市内でネット中継による発表を見守った。活動の発案者である神奈川県座間市の主婦鷹巣直美さん(37)は、マララ・ユスフザイさんの受賞に「心からの敬意と応援の声を届けたい」と喜んだ。
 昨年、署名集めを始めたころ、「軍事力を否定して日本を守れるのか」などの批判の声にくじけそうになった。「マララさんに比べれば恥ずかしい小心者」と話す鷹巣さんを、仲間が支えた。

 この日までに44万人以上の署名が集まった。うち約7万人がインターネット署名。ネット上では、日英中韓4カ国語で受け付けており、刻々と数を増やしている。「100万人を目指す。まだまだこれからだ」とメンバー。決意を新たに活動を世界に広げていく考えだ。(時事通信14年10月10日)』 <候補選定や署名集めのために尽力した方々には、本当に有難う&おつかれさまと言いたいです。m(__)m>

* * * * *
 
 今回、受賞を逃したのは、かえすがえすも残念だったのだけど。mewは、今回、憲法9条がノーベル平和賞の候補になったこと自体、スゴイ&有意義なことだと思うし。
 これが、日本の一般国民に、もう一度、憲法9条の存在、大切さを認識してもらう機会になるといいな~と思っている。(・・)

 それに、この活動は、今年スタートしたばかりなわけで。<マララさんは、確か昨年も候補になっていたのだけど。その後も積極的に活動を続けていたことが評価されたと思うです。>
 来年以降の受賞を目指して、今度はもっと多くの国民の支持を得て、より大きな力で世界にアピールできるようになるといいな~と。
 それこそ、国民運動と呼べるぐらいの規模で、9条の受賞を望む声が高まるといいな~と願っているmewなのだった。(**)

<その前に、まずは「憲法9条」を本当に愛して誇りに思ってくれるような&国民と共にノーベル平和賞を受けることを本気で喜んでくれたりするような首相にチェンジしなくっちゃだわ。(@@)>

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 話は変わって、『朝日OBのいる大学2校に脅迫状・・・』に関連する話を・・・。

 前回も書いたように、北星学園大には、非常勤講師を務める元朝日新聞記者の植村隆氏を辞めさせないと学生に危害を加えるという内容の脅迫状が2回、届いているのであるが。
 この他に、大学には、いわゆるネトウヨと見られる者からの抗議のメールや電話が相次いでいるとのこと。
 さらに、植村氏の高校生の娘の顔写真がネットに公開され、「売国奴の娘」などと書かれていたという話もある。<さらに植村氏の息子と人違いされた高校の同級生の顔写真もアップされて、迷惑をかけることになったとか。>

 このような事態を受けて、学者や弁護士、ジャーナリストらが6日、同大を支援する「負けるな北星!の会」を結成。北星学園大&植村氏を支援する活動を始めたという。(・・)

『北星学園大(札幌市)に、非常勤講師を務める元朝日新聞記者を退職させるよう脅迫状が届いた事件を受けて、学者や弁護士、ジャーナリストらが6日、同大を支援する「負けるな北星!の会」を結成した。東京都と札幌市で記者会見を開き、「学問と言論の自由を守るため市民は結束すべきだ」と訴えた。
 この元記者は今春、朝日新聞社を早期退職した植村隆氏(56)。2年前から北星学園大の非常勤講師を務めている。

 呼びかけ人には元共同通信編集主幹の原寿雄さんや精神科医の香山リカさん、北海道大大学院准教授の中島岳志さんらが名を連ねる。野中広務・元自民党幹事長や上田文雄・札幌市長ら約400人が賛同しているという。

 東京での記者会見で、呼びかけ人の一人で弁護士の海渡雄一さんは「言論を暴力で封じ込めるのはテロリズム。テロが放置されないよう市民も結束して『許さない』というメッセージを社会に送るべきだ」。小森陽一・東大院教授は「学問の自由の封じ込めで、憲法違反だ」と主張した。市民文化フォーラム共同代表の内海愛子・恵泉女学園大名誉教授は「外部からの脅迫で大学がいかようにでも動くという先例を作ってはならない」と訴えた。

 小林節・慶応大名誉教授は、ネット上に元記者の長女の写真などがさらされていることに触れ「10代の女の子の顔写真や名前までが公開され、自殺を教唆する書き込みもされている。テロとしか言いようがない」と語気を強めた。
 会は今後、北星学園大を支援するための署名活動や集会を呼びかけていく。(朝日新聞14年10月7日)』<呼びかけ人のリストは*2に>

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

長いので、チョットお休みタイム。( ^^) _旦~~so-cha o douzo!
よろしければ、2つのバナーの応援クリックをお願いします。m(__)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆


  
『同会は呼びかけ人のメッセージを発表した。

■池澤夏樹さん(作家)

 たくさんの人が一人の人を非難している。その非難に根拠がないとしたら、もっとたくさんの人が立ち上がってその人を守らなければならない。

 ぼくは喜んでその一人になる。

 ぼくたちは言葉を使う。暴力は使わない。

■原寿雄さん(元共同通信主幹)

 植村さんの勤務先である北星学園大学への脅迫に加え、娘さんに対するひどい脅迫めいたバッシングは、単なるヘイトスピーチではなく、明らかな犯罪だ。こういうことが見過ごされるようになったら、日本社会の自由な言論が封じられ、ものが言えなくなる。これは、大学の自治だけの問題ではなく、日本社会の大問題である。

■森村誠一さん(作家)

 戦時報道の問題で、今「朝日」が他のマスメディアのバッシングの的にされています。同業者が同僚の報道内容を餌にして叩(たた)きまくっているのは、「叩けば売れる」からです。次は自分が的にされるかもしれないのに、“武士の情”どころか、売上第一主義で叩きまくっています。

 しかし反対者が「朝日」の元記者と家族・学生に至るまで、暴力的脅迫をあたえるとなると、思想、表現、報道、学問などの自由を弾圧するテロ行為となります。

 日本はいま憲法をめぐって永久不戦と集団的自衛権が争っています。この両派のどちらからでも、反対思想、反対表現者に対するテロリズムが発生すれば、テロ派が民主主義の天敵であることを自ら露悪することになります。植村隆氏に対する暴力的弾圧を、広島、長崎、三百万を越える犠牲を踏まえて得た民主主義の名にかけて、絶対に許すべきではありません。(同上)』

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 そんな中、今週、今度は小渕優子経産大臣宛てで、カッターナイフの刃などがはいった脅迫状が届いていたことがわかったという。(-"-)

『小渕件優子経済産業相宛てに9月、カッターナイフの刃などが入った封筒が届いていたことが警視庁丸の内署への取材で分かった。九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に反対する趣旨の手紙が同封され、同署は脅迫容疑で捜査している。
 丸の内署によると、封筒は9月下旬、東京・霞が関の経産省に届いた。差出人名が書かれており、実在するかなどを調べている。(毎日新聞14年10月6日)』

 何度も書いてしまうが。mewは、いかなる理由があれ、このような脅迫行為は絶対に許すべきではないと思うし。
 ましてや、もしこれが本当に原発再稼動に反対する者の仕業だとしたら、マジメに地道に原発再稼動の反対を訴えて活動している人たちまでもが、批判的な目で見られて迷惑を被ることになる&活動の足を引っ張りかねない行為になるとも思うので、尚更に許しがたいものを感じたところがあった。(`´)

* * * * *

 原寿雄さん(元共同通信主幹)のメッセージにもあったが。このような暴力的な脅迫行為が見過ごされるようになったら、日本社会の自由な言論が封じられることになるし。ひいては、日本の民主主義の崩壊にもつながりかねないわけで。

 このような脅迫行為が安易に行なわれたり、社会で横行したりしないようにするためにも、ここで日本の国民が、しっかりとこれらの事件を国の根幹に関わる社会の大問題だととらえる必要があるのではないかと思うし。
 そして、いわば言論封じのテロ行為とも言えるような脅迫行為は、絶対に許されないという社会規範&風潮を作って行くことが必要なのではないかと思うmewなのだった。(@@)

                            THANKS

【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・) 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"






*1

ノーベル平和賞、マララさんとサティアルティ氏

 【オスロ=柳沢亨之】ノルウェーのノーベル賞委員会は10日、2014年のノーベル平和賞を、パキスタンでイスラム武装勢力に銃撃されながらも女性の教育権を訴えたマララ・ユスフザイさん(17)と、児童労働に反対する世界的な運動を組織しているインドのカイラシュ・サティアルティ氏(60)に授与すると発表した。生命の危険を賭して子供の権利を非暴力で訴えてきた行動力などを評価した。マララさんの17歳での受賞は、ノーベル賞全賞を通じて最年少で、未成年者の受賞は初めて。授賞式は12月10日、オスロ市庁舎で開かれる。


 マララさんは10日夕(日本時間11日未明)、英中部のバーミンガムで記者会見し、「パキスタン人として初めて、また最年少で受賞できることは非常に名誉なこと」と述べて喜びを表すとともに、「受賞は終わりではなく、私の活動の始まりを意味します」と語った。受賞決定の瞬間については、「(学校で)化学の授業を受けていた」と笑顔を見せた。

 マララさんはパキスタン出身。11歳の時に英BBCのブログに投稿を始め、イスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動」の実効支配下で弾圧される学校の実情などを告発。殺害の脅迫を受け、12年にはこの武装勢力から頭などを銃撃された。事件後搬送された英国の病院で一命を取り留めた。

 治療後の13年から人権活動を開始し、同年7月には国連本部で「私たちの最も強力な武器である本とペンを持とう」と演説した。共同設立者を務める「マララ基金」は、ヨルダンに逃れたシリア難民の子供や教育の機会を持たずに結婚するナイジェリアの女性らを支援。活動の場を世界に広げている。

 ノーベル賞の授賞を開始した1901年以降の最年少記録は、ローレンス・ブラッグ氏(1915年物理学賞、英国)の25歳だった。

 サティアルティ氏は、インド出身。親の借金と引き換えに石材加工やじゅうたん製造の現場で奴隷的な労働などに駆り出される約8万人の児童を救出してきた。

 98年には、児童搾取に反対する計700万人規模の大行進を世界各地で実行したほか、2000年には、奴隷的な児童労働などを禁じる「最悪の形態の児童労働即時廃止条約」(新児童労働条約)の発効に大きく貢献した。サティアルティ氏は発表後、インドの地元テレビの電話インタビューに応じ、「インドの何千万人もの子供たちにとって非常に名誉なことだ」と興奮気味に語った。

 ノーベル賞委員会のトールビョルン・ヤーグラン委員長は10日の授賞発表で、児童労働者が世界で1億6800万人いると指摘し、「子供の権利尊重は世界の平和的な発展に不可欠」と強調した。今回の候補数は、史上最多の278個人・団体に上った。賞金800万スウェーデン・クローナ(約1億2000万円)は、受賞する2人で均等に分ける。 (読売新聞14年10月11日)

*********

*2

「負けるな北星!の会」の呼びかけ人は以下の通り。

池澤夏樹(作家)

伊藤誠一(弁護士、元日弁連副会長)

内田樹(神戸女学院大名誉教授)

内海愛子(市民文化フォーラム共同代表)

太田原高昭(北海道大名誉教授、元北星学園大助教授)

岡本仁宏(関西学院大教授、ワシントン大客員研究員)

荻野富士夫(小樽商科大教授)

小野有五(北海道大名誉教授、北星学園大教授)

海渡雄一(元日弁連事務総長)

桂敬一(元東京大教授)

加藤多一(絵本作家)

神沼公三郎(北海道大名誉教授)

香山リカ(立教大教授)

姜尚中(聖学院大学長)

神原勝(北海道大名誉教授)

古賀清敬(牧師・北星学園大教授)

後藤乾一(早稲田大名誉教授)

小林節(慶応大名誉教授、弁護士)

小森陽一(東京大大学院教授)

斎藤耕(弁護士)

佐藤博明(静岡大名誉教授・元学長)

新西孝司(元高校教師)

鈴木賢(北海道大教授)

高橋哲哉(東京大大学院教授)

田中宏(一橋大名誉教授)

千葉真(国際基督教大教授)

中島岳志(北海道大准教授)

中野晃一(上智大教授)

西谷修(立教大特任教授)

西谷敏(大阪市立大名誉教授)

原寿雄(ジャーナリスト、元共同通信編集主幹)

秀嶋ゆかり(弁護士)

福地保馬(北海道大名誉教授、医師)

藤田文知(元BPO〈放送倫理・番組向上機構〉)

藤原宏志(元宮崎大学長)

真壁仁(北海道大教授)

松田正久(前愛知教育大学長)

水越伸(東京大教授)

森村誠一(作家)

山口二郎(法政大教授)

結城洋一郎(小樽商科大名誉教授)

渡辺達生(弁護士)

和田春樹(東京大名誉教授)
[PR]
by mew-run7 | 2014-10-11 04:45 | 政治・社会一般 | Trackback(2)
トラックバックURL : http://mewrun7.exblog.jp/tb/22462931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from マスコミに載らない海外記事 at 2014-10-11 08:19
タイトル : エボラ対策より厳格なアメリカの対ロシア経済制裁
Paul Craig Roberts2014年10月9日 我々はそれを知って久しい ...というか、我が国当局が無能であることを我々が知らなかったのは、いつのことだったろう。連中の無能さは常に高くつくが、今回はエボラの世界的流行の危険性があるのだ。 命にかかわる病気について、ほとんど知られていないのだから、エボラが猛威... more
Tracked from 御言葉をください2 at 2014-10-11 16:32
タイトル : 「日本がアブナイ!」さんのブログを久しぶりにトラックバック
次の首相は9条の平和賞を喜ぶ人に+言論への脅迫行為を許さぬ社会を  いつもながら、mewさんは詳しく伝えてくれる。わたしも書きたいことを書いてくださっているので、感謝してトラックバックさせていたただく。... more